FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

≫ EDIT

2018年8月13日(月)

剛「どうも、堂本剛です。えー、東京都のすずりんさんがですね『私の父は関西出身なので、剛くんに親近感を感じているのか会話の最中に剛くんの話し方や剛くんが言いそうなことをモノマネでちょいちょい挟んできます。全く似ていないというわけでもないんですが、だからといって似てるわけでもない微妙なクオリティで正直反応に困ります。このことを剛君にラジオで報告するねと言ったところ、嬉しそうにしていたので投稿させて頂きました。剛さん、こんな父になにかメッセージをお願いします』ということは、ま、会話の途中に、自家用ジェットとか、ん~~、40億円の豪邸とか、そういうフレーズが出てくるんですかねえ。うん・・マイフェリーとかね、そういう・・ワードが結構出てるんですかね。どういうワードをお父さんが選んでるかっていうのありますけど、昔からですよね、ほんとに街中歩いてても、まあ、彼氏の方が気付くんですよ。カップルでも、あれ?剛・・っていうのは、男の人なんですよ。で、おじさんとか、同世代ぐらいの人とかも、なんか知らんけどすれ違う時に、頑張ってとか、ガンバレよとか、すーごい男の人が多いから、なんかこの、男の人に親近感をもたれるなんかがあるんでしょうね。

そうですね、お父さんには今後もだからワードは、ちょっと色々入れていってもらわないと・・コツですか?やっぱゴージャスですよね。んふふふふふ(笑)ゴージャスな、宇宙規模の言葉使ってってもらった方が、うん・・あとは、世の中金や、これはもう、僕がいつも言ってるフレーズですからね。ちょいちょい、2分に1回ぐらい言ってる、金や金や金やで、ね、うん・・金や金や金やでTシャツも作ったぐらいですからね、自分で実際プライベートでも着てますから、うん・・お札で作ったこともあるんですけどね、結局なんか、紙なんでね、汗かいた時にアレやなってことで、うん・・普通に30万ちょっとですか、パーなっちゃいましたけど、夏に着ちゃったんで。うん。金や金や金やで、ね、このおきまりの、7才から言ってるこのフレーズはやっぱりね、間に入れていってほしいなと、いうふうに思ってます。それではどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
これ読んでる人だけじゃなくて、聞いてる人も、もしかしたら本気にする人が出てもおかしくないトーンでしゃべってましたけど、大丈夫かな?今はお札じゃない、金や金や金やTシャツ着てますけどね(嘘)


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 東京都いこちゃんですね『以前剛さんが金田一37才の事件簿について、僕にあててきてます?と、そしたら応えなというふうにおっしゃってましたが、原作者さんが正直あててますと、SNSでつぶやいてたと。連ドラは負担が大きいかなと思いつつ単発でもと期待しちゃってます』うーん・・・あ、ほんまや・・・『はいはい、わかりました、正直に言いましょう、あててます』っていうふうに言ってくださってるんですね。まあ、僕も正直に言いますけど、連ドラはイヤですね。うん、あとは時期によるね。すっっごいヒマな時やったらいいけど。こういうのって、忙しい時に来んねんな、なんか。だいたい、あの、単発でスペシャルとなると、夏とか春とか、そのあるやん、季節が。すっっごい平和な時に来てほしいよね。何かをやりながらやるとか、もうイヤやわ。家帰ってもセリフ覚え、前室でもまたセリフ読んだりとかして。ちょっとここわかりづらいから、コレをあの、鉛筆っていうよりかは、ペンってことにしましょう、みたいな。ペン?!・・それが変わるだけで、家では鉛筆みたいなんで覚えてるから、ペン?!になった時に頭がもう・・うわああってなって。

そんな中、ともさかさんはそんなにセリフないから、なんか普通に楽しそうに紅茶とか飲んで・・・僕がへくったら時間かかるからさ、あの長ゼリフって。でもともさかさんも緊張するって言ってたね。はじめちゃん・・・って、その言わなアカンから、そのタイミングを忘れたら、アカンから、めっちゃドキドキしていつも聞いてるって。うん・・はじめちゃん・・・・う・・、そ、それは・・・古尾谷さんとかも緊張する言うてはったもん。それはっ・・ど、どういうことなんだ、みたいな。ちょいちょい色んな人がいるからね、聞いてるから推理を。なんだって?とか、それはわかるよ、緊張するのはわかる。ね?すーごいわかる、大先輩でも緊張すんねん、それはわかる、わかるけども、何十ページというセリフを覚えて現場で、しくっちゃダメだよ、へくっちゃダメだよっていう、このプレッシャーもう大変でしたから。学校のテストもあったりとかしてね。色んなことやりながらやってたわけですから、そりゃもう勉強で覚えたやつ入ってないよ、セリフ入れへんかったら、ハコいっぱいやねんもん、だって。全部覚えた学力、全部捨てたもん。全部捨てて、またセリフ入れてやから、捨ててるから、またセリフ捨てるやん、違う仕事する時に。ハコなんも入ってへん、だから、もう。空っぽやで。かっるいハコや。ほんとに(笑)んふふふふ(笑)かるいハコしょって生きてんねんな、これ。寂しいもんですわ。

さあ、そしてあやかさん、三重県の方がですね『熊谷市の最高気温、国内最高記録をしたと、アルフィーの坂崎さんが一般人として映りこんでいたという(笑)お仕事以外でテレビに映ったこと、インタビューで声をかけられたことありますか』と。ちょっと待って、これほんまにリアルに映ってたんや。いや、テレビの人やからさ、やっぱりこう、あ、坂崎さんだって、ならんと。坂崎さんも、写真撮ってはったんやね、趣味写真やから。カメラ構えてる写真、坂崎さんの上に、観測史上最高41.1℃って、いや、それよりもぉ、こっちの方が気になるしぃ~っていう画ですよね。アルフィーの人映ってるよぉ~っていう。僕はアレですね、あの~、パーラメントファンカデリックのライブに、NHKホール行って、んで、どうしてもジョージ・クリントに目がさしたかったんで、めっちゃハデな服を着ていったんですよ、めちゃめちゃファンクな服を。ド変態の服を着ていったんです。で、そこでファンクサイン出しながら、イエェ~~っていってたら、カメラさんがぶわーって来て、下からパンナップ、ワンショットこう・・色んな人こう撮っていってはったんです、一般の人、お客さん、うん、その中の一部としてなっちゃったんで、事務所に電話して、すいません、今カメラでワンショット抜かれたんですけどって言うて、言うといてもらっていいですかって言って(笑)じゃ、そのワンショットだけは使わないようにしようみたいになって、でも引きでは、残念ながら映っちゃうから、うん・・ほんとは流してもらっても良かったんですけどね、うん。

最後にね、奈良県のあにゃ・・あにゃんさんがですね『やすとものお二人と友近さんがMCをつとめる関西ローカルの番組、海外に行くときの出入国カードの職業欄になんと書くかという話になって、やすよさんはコメディアン、その時は色んな人が集まってきて大変だったそうで、友近さんはたまにジャーナリストと書くことがあると話されていました』オレ、なんて記入してんねやろ。覚えてないなあ?・・・・・あれ、なんて書いてんねやろ。でもだいたい、仕事で行くから、タレントって書かれてるんじゃないのかな。自分で入れてないかもよ。あの・・テレビ局の人とかが、ばーって書いて、絶対大事なとこだけ書く、みたいな。うん・・宇宙人とか書いてみたいですけどね。エイリアンとかね。ALIEN?って言われるよね?REALLY? YES!I'm ALIEN・・・言いたいですけどねえ。なるほどねえ。やすともさんも、こないだホンコンさんが耳聞こえへんようになってきた言うて。ホンコンさんも、ちょっと耳患って、耳鳴りが止まらへんって。ちょっと剛に聞いてくれって言われたから連絡してんけどって言われて(笑)んで、オレは剛よりも先になってるからなってなんか、わけのわからんこと言うててんけど、って言って。んで、こういうのも効くやろうし、こうもこうもいいんじゃないですか・・うん、わかった、じゃブサイクにそう伝えとくわって言うて。いや、ブサイクってオレ言われへんから、ホンコンさんのこと・・あ、そうですか、言うて、伝えといてくださいいうて。いつもね、気にかけてくれはるんですよ。先輩に対してもさ、そうやってブサイクいじりする感じとかね。うん、ほんとにだから、気ぃつかいな人達やからね、お二人とも。すっごい優しくしてくれるんですよ。

いつかねえ、それこそいつか、関西ローカルでね、一緒にやれたらなあ、思たりする人達ですよねえ。ま、みんな言ってくれるんですけどね、芸人さん。うん、こないだも地方行ってテレビ見て、関西ローカル見て安心したわあ、なんか。うん・・関西が好きみたい。うん・・か、関西が首都になればいいよねえ。うん・・・でんがなまんがな首相ね。それ違いまんがなー!言うて。うん、こうしますわー、うん。プーチンはん!ね、言うてるほうがいいでしょ、なんか。プーチンの方も、はんって今まで聞いたことのない感じでくるな、プーチンはんっていうのは、どういうことなんだ、みたいな。&%#◎*▲@・・・って通訳に聞いて、アレ関西弁なんですよ、みたいな、ん~~、みたいな。なんかね、それぐらいの感じで、なんかこう、世の中・・・なんかね、関西ローカルの方が安心する、ほんわかしてんのよなあ。東京のテレビが悪いと思わへんけど、スピードが速いから、ほんわかしてへんから、あのスピードが速い感じをもうちょっと緩く元に戻すことによって、もうちょっと人のなんか、生活とか、脳みそとか落ち着くんちゃうかなっていう。ちょっとね、それにあわせたような感じで作ってった方が、時間ゆっくりに戻した方がいいような気するなとか思うけどね。うん・・まあ、そんなこんなでね、世の中金やって、ことですね。さあ、なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
じゃあ、どうですか?関西を舞台にした金田一にして、関西で撮影するから関西で暮らしていいですよ、みたいなんやったらいいかな?っていうか、もう帰ってきーさ!もういいんちゃう?キンプリとかいるし!(笑)


《剛のフィッシング天国》
剛「剛のフィッシング天国 高知県コロコロヒロコさんですね、お久しぶりですね『先日TOKIOの長瀬くんが番組で高知県の四万十川にある自然公園で外来種のウシガエルを釣り上げた。なかなかの大きさのカエルを釣り竿で捕獲する姿はなかなかの釣り師でした。長瀬くんも釣り歴が長いみたいですが、釣りのお話したことありますか』最近釣り行ってんの? あ、全然行ってない で終わりましたけどね、こないだも。うん・・そうね、長ちゃんも、長ちゃんバス釣りかな、メインやってんねやろね。お仕事でね、色んなとこ行って、それこそ釣りの、シーンもなんかやったりとかね、してはるから。釣りしたいねぇ~。釣りしたいね~って思いながら、なかなかこう・・・出来ないよねぇ。まあね、長瀬君も同い年っていうか、同世代でね、1個上ですけどね、こんなに長い付き合いになると思ってないもんね、お互いね。なんかこう・・いい意味でよ。昔でいうとね、ジャニーズ事務所ってところで、お仕事して。だいたいこれくらいの年になったら、こういうことを考えてって、なんかその世の中のなんか、事務所以外でも流れあったじゃないですか。だいたい何歳ぐらいになったら、こういうことする人が出てきたり。それがちょっと時間軸が変わってるから、うん、これだけ長い間一緒のね、時代を共にした人となんやかんややってるって、あんまり思ってなかったから。たまにお仕事でご一緒したりすると、なんか不思議な感じするよね。うん、長瀬君もほんとに、男前な、男らしい感じで、年とってますね。あのままダンディでいってほしいですけどね。

ほんで、京都府のまみっぺさんがですね『職場で釣り好きな方からシュールな話を聞きました。その人によるとタコを釣った時は、ぬめりを取るために塩で揉む、その後かなりしっかりと洗わないといけないので、大量に釣る人は塩もみしたタコを洗う用の洗濯機を持っているそうで、大量のタコが洗濯機の中で回っているのを想像するとかなりシュールじゃないですか。それ以来スーパーなどでタコを見るとその話を思い出してしまいます』いや、そのタコの回されてるタコ?めっちゃ可哀想やなって気がするけど、一番は洗濯機ですよね。え?オレタコ回すってこと?やから。あれ?オレ思ってたのとちゃうなあ、やから。シャツとか、パンツ、靴下・・?アレ?ちょっと待ってよ?みたいな。なんかちゃうヤツ入ってるよな、毎回・・・っていう。こんな・・あれ、ちょっと待って、オレ一生これ、まってや?ってなるよね、洗濯機からしたら。横の洗濯機は衣類洗ってて、言うたら、レジェンドというか、成功してる方ですよね。洗濯機界で成功、ちゃんとした道をいってるわけ、異端児すぎるよね、タコ洗ってんねんから。いや、だって、機能があるやん、衣類を洗うための機能を備えてるのに、それ一切使ってないわけでしょ、なんかあの、ここにはコレいれて、ここには柔軟剤いれてとか、色んな機能が付いてるわけで。ウィンウィン・・洗浄を最大に力を引き出すための構造を作ってるわけやから、それやのに、タコと塩て!みたいな、なんかその・・・専門外もいいとこやで、これ(笑)すごいねえ、一瞬タコ可哀想やなと思ってん。実際可哀想やねんけど、回されるねんから。一番は洗濯機やなっていう。どうしよ、シールでタコとか貼られてたら。間違えへんのに、なんか貼られるやつ(笑)なんか貼られてたりとか、ちょっと赤い塗装されてたり、可哀想ですね。そうじゃないことを願いたいですけど、ま、そんなところでタコ、赤。The Red Light、聞いてください」

【今日のポイント その3】
コロコロヒロコさん、お久しぶり!って思ってたら、剛さんも言うてくれはって嬉しかったわー(*^_^*)
タコ回してる洗濯機見たことありますけど、洗濯機の気持ちになったことはなかったわ。意外とイケてる!と思ってるかもよ?たぶん二層式やし、柔軟剤いれるところもないヤツやわw



《今日の1曲》『The Red Light』

《お別れショートポエム》

剛「お別れショートポエム。今週はですね、ラジオネームにあいにゃんさんです『帰り道男子中学生2人が大声を出しながら私の方へ向かって歩いてきた。なんやろ、コワイなと思ってその会話を聞いていたら、その男子中学生は叫びながらしりとりをしていた。しりとりとわかり、思わず声を出して笑ってしまった』すごいね、たーこー!こおーりー!みたいなことですかね。りーーんごーー!ごーりーら!らーーんどせるー!るびぃーー!みたいな、コワイよね。うん・・すごいね。することなかったんやろな。ちょっと大声でしりとりやりながら帰らへん、みたいな。おもろいけど・・うん。いいですね、是非みなさんも、お試し下さい。さ、ということでございまして、お相手はKinKi Kids堂本剛でした、それでは引き続きレコメンでお楽しみください」


【今日のポイント その4】
無駄にそんなことするからお腹減るねんな、男子中学生!!(笑)


| 剛どんなもんヤ | 12:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年8月6日(月)

光「はい、堂本光一です」
剛「堂本剛です。まずラジオネームかえちゃんさんです『シュークリームを食べるとよく横からクリームがあふれ出してしまいますよね。キレイに食べるにはどうしたらいいかご存じですか。答えは逆さまにして食べることだそうです。逆さまにするとクリームがくぼみに収まり安定して食べることが出来るそうです。これで汚さずにシュークリームが食べられますね。是非シュークリームを食べるときは試してみてください』」
光「上下を逆さまにするってこと」
剛「ってことですかね。知らんかったな」
光「そうなんや」
剛「割れちゃうのか、普通やと」
光「食べると横からびゃーっと出てきちゃうの」
剛「ん~~・・そこまで溢れるかな?」
光「何度か食べたことありますけど、確かにこうびゃーって、わゃ~ってなるやつはあるよね」
剛「うん、種類によってはね、うん」
光「あるある・・・・・・・」
剛「はい、だそうですーーー」
光「はい」
剛「ちょ、すいませんね、キャンプで疲れちゃってるんですよね」
光「もうね、ほんま、ほんまね、太陽にあんな長時間当たるのダメね」
剛「うん・・」
光「頭ボーッとする・・」
剛「ボーッとするね。んー・・どんなもんヤ!はじめます!」

【今日のポイント その1】
珍しくリアルタイムで聞いたんですけど、
光一さんがほんとにお経でびっくりしたよ(笑)んで、シュークリーム食べたのが「何度か」って程度なんですねw


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さあ、普通のお便りですけど、ラジオネームえびちゃん、18才の方がですね『先日2018年上半期の女子高生、女子中学生流行語大賞を発表してその結果女子中高生が今年一番使っていたことま・・言葉部門の1位に、あげみさわが選ばれました。気分の高まりを意味する「あげ」になぜか高見沢さんがミックスされ、あげみさわになったとのこと。ちなみに2位以下は、2位あげまる水産、3位ないたー、4位くせがすごい、5位いい波のってんねえになったとのこと。お二人が知ってる言葉この中にありましたか』」
光「あげみさわはいつ使うの?」
剛「いつ使うねやろね?こう、気分が高まった時に」
光「上がったー!みたいな時?」
剛「うん・・ライブ見終わって、あげみさわー!あげみさわだったよねー、光一~・・・ややこしいな、人が2人出てきちゃうから」
光「そんな感じ・・」
剛「ってことだそうです」


剛「ラジオネームまいまいさんがですね『お二人はおっぱい関数選手権ご存じですか。高校の数字で習う関数を利用しておっぱいの形を作り出すという、名だたる大学の理系学生が本気で競い合うと。おっぱいネタがお好きなキンキさんの胸を打つものがあると思うので疲れが溜まったとき是非ご覧下さい』なんですか、このおっぱい関数って」
光「まあ、そのグラフをおっぱいのような形にする・・計算式?というものをこう・・」
剛「逆に作ってくみたいな?」
光「でしょうね」
剛「うーん、いやもう・・頑張ってくださいという・・」
光「おっぱい関数・・」
剛「まあ、おっぱい関数って曲はかっこよさそうですけどね、なんか・・」
光「すごいな・・・・こんな・・・」
剛「ほんまにね、おっぱいみたいになってますね、なんかグラフが」
光「数字が好きな人がこういう計算作るんでしょうね」
剛「すごいねえ。アレかね、なんかその、ちっちゃい頃におしっこしてる時に絵描いてる時の・・上手く描けるか描けないかみたいなさあ・・」
光「うん・・・」
剛「ちょ筆で描くのとはちょっと違うからさあ、上手くいくかどうかみたいななんか・・」
光「ふふふふふ(笑)すいません、おしっこで絵描いたことないですねえ」
剛「太陽をこう、描いてみたりとか・・」
光「ふふふふ(笑)野ションしてる時じゃないですか、それ」
剛「こう、ばぁ~~~~・・・って描いて」
光「子供の頃はね」
剛「うん・・・まあ、ちょっとおっぱい関数を広げるには限界がありました」
光「ちょっと楽しく勉強・・これで、楽しく勉強するよという」

剛「ね。東京都のですね、もちこさんが『最近子供達の間で、おしりたんていという絵本が流行っているそうです。顔面がおしりの形をしている名探偵が数々の難事件を、しつれいこかせていただきますという決めぜりふと共に謎を解き、犯人を追いつめ必殺技のおならを繰り出し解決するというお話です』」
光「こかせてって(笑)」
剛「『大人でも爆笑してしまいましたので、是非お二人も読んでみてください』なるほど」
光「ふふ(笑)ニコちゃん大王の逆になってますけどね」
剛「口癖は、ふーむ、においますねえ・・色々かけててうまいですね」
光「オマエのケツがにおってんちゃうかって話になってなってきますけど(笑)へえ、ちょっと面白いですね」
剛「このおしりたんてい実写化とか言い出したら大変ですね、これね」
光「大変ですよ」
剛「ずっとこれかぶってなアカンから・・うん。すごいですね」
光「ちょっと面白いですね」
剛「まあ、ちょっと機会があれば」

剛「そしてかえでさん、東京都の方が『私は8月でハタチになります。この前ミソジの方からのお便りがありましたが、私は10代から大人に変わる節目の方がよっぽど怖いと思います。そこで質問ですがキンキのお二人は10代のうちにやっておけばよかったと後悔していること、またこれはやっておいて良かったと思うことありますか』なんやろね」
光「まあ、10代のうちにやっておけばよかったなと思うこと、そんなの・・言い出せばいっぱいあるけどね」
剛「うん・・・普通に、手つないでデートとかね」
光「そうね!女の人とね」
剛「しときたかったよねえ。普通のことが逆にしたかったね、普通じゃないこと経験する機会が多かったからね。うん・・」
光「逆に勉強という意味でも、やっぱり10代の学生の時とかの勉強もしたくなかったりするけど、今思えばアレもうちょっとちゃんと学んでおけば良かったなとか」
剛「ありますね」
光「っていうのもね、あったりすると思いますし、うん。まあ、ですから今をとにかく、大事に、生きるということじゃないですか」
剛「うん・・」
光「10代だろうが、20代だろうが、30代だろうが。もう30代我々終わりますから」
剛「終わりますねえ」
光「怖い怖いっ」
剛「うん・・はい」
光「はいっ、以上なんでも来いやのフツオタ美人でした」


【今日のポイント その2】
手つなぎデートを「女の人とね」ってわざわざ言うと、男の人とは手つないでデートしたんですか?って思いますよ?(爆)


《報告します》
光「報告します。ラジオネームおりひめさん『この前GYAOの光ちゃんこれやってみたい?でこうきゅうさ・・・高級車を乗る回で光一さんが車についてすごく熱く語っているのを見て、私もそろそろ運転免許を取っちゃおうかと思いました。今まで運転にあまり興味がなく先延ばしにしてしまっていたので時間がかかりそうですが免許をとったらまた報告します』まあ、ほんとに自分の趣味にあった企画内容で楽しかったですけどね。ただちらっと見ましたけど、あー、あそこ伝わってないかもしれへんなっていう誤解があったと思うので言っておくと、オートマ車とマニュアル車の違い、みたいなところ?オートマ車っていうのは、要するに車の機構的にトルクコンバーターというものを使って動いているんですね、ギアを変速していってるんですね、だけどフェラーリはトルクコンバーター方式ではなく、F1マチックといってパドルシフトでクラッチをコンピューターが操作をしていて、左足はないけどクラッチ機構なんだよっていうことは伝えたかったです」
剛「ちょ、全然、なんも入ってこない」
光「ひゃひゃひゃひゃ(笑)」
剛「どーでもええっていうか、もうなんか全然入ってこないですね」
光「そこだけはちょっとね、ちゃんとお伝えしたかったの。あの、フェラーリはオートマ・・・オートマというのはないんですよ、フェラーリに」
剛「ん~~~」
光「うん・・・要は、なんだろ・・・ま、クラッチなんですよ、とにかく」
剛「ん、スクラッチね」
光「うん・・そうしとこか・・・そう、オートマではないんですね、フェラーリ、そう、そこは勘違いしたらいけないよって」
剛「いう話でした!」

光「東京都こうちゃとパンさん『最近脱毛する男性が急増してるらしく、そういう男性をハイジ男子と呼び、下半身を脱毛する男性が増えてるそうです。光ちゃんは自分のキャラ的に仕事で表に出るときはヒゲはNGと言っていた』別にNGではないですよ?『と言っていた気がしますが、お二人は永久脱毛しようと思ったことはありますか』」
剛「いや、永久脱毛って痛いんでしょ。レーザーみたいなやつ、とかするんでしょ」
光「これ、なんで・・キャラ的に仕事で表に出る時ヒゲはNG・・」
剛「なんかで言ったんかな?」
光「いやあ・・オレのキャラ的にヒゲは、まあそんな似合わないでしょ、って言ったのが、NG!になったんですかね。こうやってなんか、噂って」
剛「曲がっていくね」
光「変わっていっちゃうんですね」
剛「永久脱毛とか、もう絶対イヤやな、通わなアカンねんもんね?」
光「でもオレ、知り合いで男だけど下半身の毛ない、なくしてる・・なくしてっていうか、剃ってる人知ってるよ」
剛「脱毛じゃなくて?あの、その・・レーザーで」
光「永久とかではなくて、ただ単に・・なくしてる」
剛「涼しそうやけどね」
光「ふふふふふ(笑)」
剛「夏場とか、うん・・たまにでも思うよね、いる?!って思うよね、たまになんか・・」
光「まあ、でも逆になんか、なんでそうしてんの?って。これがいいんですよ~・・(笑)これがいいんですよ・・って言ってた」
剛「まあ、いいとおっしゃるならねえ?」
光「ふふふふふふふ(笑)」
剛「んふふふ(笑)」
光「え、いや、いいんだって、それは」
剛「まあ、別にね、否定しなくてもね、逆にその・・生えてる側に対して、なんでそれがいいの? いや、これがいいねんっていうのとまあ、変わらないっちゃ変わらないですけどね」
光「まあ・・まあ、女性も多いんでしょうけど」
剛「女の人はすね毛とかもそうやけど、永久脱毛してる人多いよね、普通に。剃んのめんどくさいし、っていうのもあるやろうけど」
光「まあ、あまり突っ込むとまたエロい・・エロくなってしまうので、やめときます」

光「三重県しらすさん『一昨年まで白髪が1本もなかったのですが娘の受験、進学やらが重なり、昨年あたりから一気に白髪が目立つようになりました。お誕生日目前に初めて白髪染めなるものを経験しました』あー、この前眉毛にあったわー」
剛「まゆげ」
光「まゆげあったな」
剛「まいげ・・・まいげあるかな、ないと思うな、オレ、白髪」
光「眉毛にこの前、おっ、白髪や、ってピッて抜いた。ヒゲは?」
剛「ヒゲもない、ヒゲはなんか・・」
光「あ、そう!」
剛「金みたいなやつ・・何あれ?」
光「ああ・・あるよね」
剛「あれ、なんやろ、混じって・・誰?!って思って」
光「それもちょっとやっぱり、そし・・色素が」
剛「ってことやんな」
光「薄くなってきて」
剛「黒の中に、何本かさ、金みたいなやつ。誰?!っていうやつ」
光「ある。人によってね、頭髪に出やすい人・・」
剛「そうそう、髪の毛はめっちゃ出るなあ」
光「色んな人いるかと思いますけど・・まあ、そりゃもう40になりますからね」
剛「40になりますからねー」
光「色んな、いたるところがそうなって・・そうなっても、KinKi Kidsに、我々に」
剛「Kidsって名前ついちゃってるからな」
光「ね、そうなっても我々に応援をこう・・傾けてくれる人がいるという、みんな共に、一緒に年輪を重ねていこうという・・ふははははは(笑)」
剛「そういう意味では逆に、アレか、永久脱毛してたら」
光「わからんでしょうね」
剛「あー、歳とったなあ、みたいな感じが、ないってことですね、例えばね」
光「ないでしょうね、気持ち的にも若くいられる」
剛「若くいられるのかもしれませんね」
光「色んな意味で(笑)」
剛「何のまとめやねん、色んな意味で・・・(笑)」
光「はい(インフォメーション)歌でーす、KinKi Kidsで薄荷キャンディー、どうぞ」


【今日のポイント その3】
剛さんが眉毛を「まいげ」って言うの、いいなあ。っていうか、2人で白髪の話してるのが、なんていうか、時の流れwww

《今日の1曲》『薄荷キャンディー』

《お別れショートポエム》

剛「お別れショートポエム。今週京都府のほっちさんです『普段から父親にそっくりと言われる小1の息子、新しく変えたスマホのロックが顔認証なことを知り、自分もお父さんのメガネをかければいけるんじゃないと言って実践しようとしていた。その発想が可愛いと思った』」
光「うん」
剛「なるほど。お父さんの顔認証・・いけるんじゃないかと」
光「うん、だよね」
剛「いけなかったってことですね、これたぶんね」
光「ま、いけなかったんじゃないですか」
剛「これでいけちゃうとね、どうや?って話ですもんね」
光「誰やっけ、ザ・たっちがいけたんやっけ?確か・・」
剛「あ、双子で似てはる人達はいける可能性高そうやよね」
光「なんかそんな・・そんなんやった気がする。ごめん、全然誤情報やったらごめんなさいですけど。だけど指紋認証よりも、もう何倍も、安全だという」
剛「まあ、顔やからね」
光「こと・・ですよ。お相手は堂本光一でしたっ」
剛「はい、堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみ下さい」

【今日のポイント その4】
光一さんこの間から、ふんわり情報ばらまきすぎ(笑)

| 2人どんなもんヤ | 11:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年7月30日(月)

光「はい、堂本光一です」
剛「はい、堂本剛です。まずは長野県のうみさんですが『昔今日もらえる千円と1年後にもらえる1万円、どちらをもらう?という問いに対して、嵐の二宮くんが1年後にもらえる1万円、ぼーっとしてると1年あっという間だからと即答していました。私は確かにと思ったんですが、お二人は今日もらえる千円と1年後にもらえる1万円どちらを選ぶとしたらどうしますか』どっちもいらないですね」
光「うーん・・・」
剛「そもそもいらないですね」
光「今日もらえる千円と1年後にもらえる100万やったら、1年後の方がいいけど」
剛「うん、まあそうやね、1万円と千円やと・・うん、いらないですね」
光「ふふふふふふ(笑)う、うん、そうねえ」
剛「どっちでもいいですわ、逆に言えばね」
光「まあ、タダでもらえる金はないですよ」
剛「うん・・・まあでもいらないですね」
光「うん」
剛「頑張って働いて、していきましょうということですね」
光「そう。働こう」
剛「働きましょう。働こうということで、どんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
1年後に100万やったら・・と思ってたら、光一さんに言われたので、爆笑してもうた(笑)


《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 東京都ベルリンさん『テレ東音楽祭お疲れさまでした。去年お二人で歌えなかった愛されるより愛したいを改めて歌ってくれて凄く嬉しかったです。ジェットコースターロマンスでの、光一さんのハーフアップの髪型も気になりました。そのほかに何か裏話などあったら教えてください』」
剛「なんかありました?裏話」
光「いや、なんかありましたか?」
剛「ナンにもなかったけどねえ」
光「まあ・・・」
剛「うん・・・」
光「ハーフアップっていうの?髪をむすぶこと、ハーフアップって言うねんや。オールアップってあんの?ハーフがあるのであれば・・へぇ~~」
剛「まあ、どっちも・・どっちでもいいですね」
光「そうなん・・そんなんがあるんや」
剛「どっちもいらないですね」←突っ込んであげて(笑)
光「いやもう、伸びてきたんでね、普通におろしてると非常にウザったいんですね。オープニング結ばずやってたんですけど、うちのメイクが、もう結びます?って言ってきたんで、じゃ、もう結んでつって。で、ジェットコースターロマンスで結んでたんですけどね。最近は結ばないとウザったいです、はい」

光「新潟県ひろさん『毎朝近所で見る小学生は、ほぼみんなダッシュしています。ただ走りたいのか時間に追われてるのかわかりませんが、小学生の時から時間に追われたくはないなあと思いながら見送っています。お二人の小学生の頃はどんな子供でしたか。ダッシュする派でしたか』」
剛「たいして走んなかったですねえ、僕は、うん」
光「時間が、もう間に合わないからダッシュしてるってこと?」
剛「いやいや、たぶん遊んでる時でも、なんか目に入ったら、なんか走ってるってことを言いたいんじゃないかな」
光「ふーん・・まあ、子供やから走るやろ」
剛「うん・・」
光「うん、と、思うねん」
剛「僕はずっとすり足でしたからね、小学生の時は。能のアレでやってたんで、うん・・」
光「なるほどね」
剛「ずっとすり足でね。ちょ、砂利道厳しかったですけど、うん」
光「幼稚園の時はハダシでしたけどね」
剛「ほぉ」
光「どこへいってもハダシ、うちの幼稚園の変な習わしみたいな」
剛「ああ、そうですか」
光「素足でウンコ踏む人たくさんいましたよ」
剛「ああ・・切ないですね」
光「はい、いました。次の日から、そいつあだ名ウンコやもん」
剛「まあ、そうなりますよね。非常に悲しいお話、ありがとうございました」

光「北海道図書館しそ・・司書歴21年『某テレビ番組で身長の高い女性がデートでヒールをはいて男性の身長をこえてしまうのは男性的にアリかナシか話題に上がっていました。最終的にスタジオではデートをしている時点では男性は身長のことを気にしていないという結論でしたが、いつも自分の身長を嘆いているお二人は自分より身長の高い女性は恋愛対象としていかがですか』」
剛「どうでもいいですね」
光「うん・・・そうですね、どうでもいいです」
剛「うん、まあ、2メーター超えてこられるとちょっと・・色々考えますけどね」
光「チェホンマンか!・・ってね」
剛「ちょっとやっぱり色々、2メーター超えてこられると・・」
光「チェホンマンか!ってね、うん」
剛「考えますよね。なんかこう・・寝る時とかね、足出てるやろうからね」
光「チェホンマンか!ってね」
剛「まあ、でもそれ以外は大丈夫かな」

光「えぇ~、栃木県青赤バケネコ『ワールドカップも終わりましたが日本代表の試合はご覧になりましたか。ワールドカップの事前練習の時、日本代表の選手達がもう君以外愛せないを歌っていたそうで、まさかサッカー選手が試合前にキンキの曲を歌うなんてとびっくりしました。長友選手がSNSにあげていましたがお二人はご存じでしたか』」
剛「なんで歌ったんですかね」
光「見せてもらいましたよ~」
剛「へぇ」
光「なんか、事前練習終わって、帰って行く・・・光景?みたいな動画でしたけどね」
剛「ふ~~ん」
光「♪もう~きみいーがいってみんなが歌ってました」
剛「たまたまテレビで見はったんですかね」
光「ね」
剛「どういう心境で、もう君以外愛せないいくかですよね。君が一瞬でも・・不安になると・・・ちょっとその先出てこないんですけどね」
光「ふふふふ(笑)出てこなかったか(笑)」
剛「出てこなかったですね、やっぱ読むと出ないですね」
光「うん・・まあありがたい。嬉しいですね」
剛「なんらかの・・アレになってたら嬉しいんですけどね」
光「いやあ、ワールドカップ見てましたよ。残念ながらさすがに最終戦は見れんかったなあ」
剛「あぁ~~・・・釜本さんでしたっけ」
光「・・・・・え?」
剛「あれ?釜本さんっていなかったでしたっけ?」
光「・・・・ぁえ?誰ですか?・・・だれ?」

(スタッフざわざわ(笑)昔・・昔・・言うてる)

剛「え?釜本さんですよね?・・釜本さん、出てなかったですか?あれ?なんか釜本さん、どうしてはるかなと思ったんですけど」
光「誰のことをおっしゃってるのか・・ちょっと、僕には・・」
剛「いや、サッカー選手なんですけどね。釜本さんは出られてなかった?」
光「たぶん出られてないんじゃないですか」
剛「そっかそっかー・・申し訳ないっ」
光「はい、以上なんでも来いやのフツオタ美人でした」


【今日のポイント その2】
ボケが古すぎて伝わってないシュールなコントになってる(笑)そうか・・光一さん、釜本さん知らないか?つか、>剛さんが知ってるのが不思議なのか(笑)
アルシンドくらいにしておけばよかったねえwww




《これってアウトかな》
剛「これってアウトかな? えー・・愛知県の黒猫ママさんが『私は鰻丼のタレフェチです。ご飯に鰻丼のタレだけをかけて食べるのが大好きです。卵かけご飯も食べますが、ほぼほぼ朝は鰻丼たれかけご飯です。別に鰻自体はあってもなくても全然かまいません。こんな私はアウトでしょうか』まあ・・気持ちはわからなくでもないっていうか、焼き肉のタレと同じ感じですね。焼き肉にかけて食べて美味しいけど、焼き肉のタレだけでも、結果もしかしたらいけるんじゃないかっていう。そういうことですよね」
光「まあね、まずめの肉だろうが、まずめな鰻だろうが、タレうまけりゃ旨くなるからね」
剛「っていうような、タレの信仰がすごいですよね」
光「ふふ(笑)信仰してんの」
剛「うん。タレの信仰がすごいですから、まあ、そのうちこの人はタレをね、家で奉るんでしょうけど、あの・・これは全然アウトじゃないと思いますよ」
光「うん」
剛「うん、今日のゆりあんの水着から出てるニップレスに比べたら全然アウトじゃないですね」
光「うん・・すごかったなあ」

剛「広島県のねねさんですね『私はわさびによる刺激フェチです。私はわさびが大好きです。家でご飯を食べるときは基本的に何にでもワサビをつけないと気が済みません。しかもワサビは匂いで涙が出るくらいのレベルでつけます。泣きながらワサビを食べるのが快感。いつも泣きながら食事をしています。これってアウトですか』まあ、好きな人いる・・辛さ好きとかと似てるんでしょうけどね」
光「でも、どうやろ?」
剛「ちょっと身体には悪そうな気しますけど」
光「そこまでいくと、味うんぬんちゃうんちゃうん」
剛「確かにね」
光「感じになりそうですけどね。ほら、あの、堂本兄弟じゃねえや、ブンブブーンにも来てくれた、ジェジュン・・ジェジュンくん」
剛「あのさあ」
光「から・・あの、辛さね」
剛「じぇじゅんじゃないの?」←イントネーションが違う
光「ジェジュン・・ジェジュン・・」
剛「ジェジュンくんなの?じぇ・・ジェジュンくん?じぇじゅんくんじゃないの?」
光「ふふふふふ(笑)」
剛「オレずっと、じぇじゅんくんって呼んでてんけど」
光「じぇじゅんくん・・・」
剛「ジェジュンくんじゃないかっていうふうにちょっと、友だち界隈で言われまして」
光「ジェジュン・・オレは、ジェジュンと思ってる」
剛「ずっとじぇじゅんって呼んでましたよ・・え?じぇじゅんくんじゃないの?いやいや、関西弁丸出しみたいな、そんなんじゃないですよ、ジェジュンくんですよ」
光「うん・・」
剛「え、じぇじゅん・・・ジェジュンですよっていう、ちょっと口論になったんですけど、ジェジュンくんなんですね」
光「じぇじゅんでしょうね・・いや、じぇじゅんじゃない、ジェジュンですよね」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「もう、頭アホウになってんねん、もう」
剛「ちょっと心配するよね、あそこまでいくと、全然からくない、大丈夫って言われると」
光「辛いのが好きだつってね、そうそう。いるんですよ、そう言う人いるんですよ」
剛「ちょっとねねさんもね、ちょっと心配してるよという意味もこめて、アウトにしときますね。まあ、ほんというと、どっちでもいい、どうでもいいんですけどね、アウトにしておきます」

剛「富山県のえりかさんですね『耳かきが大好きで1日最低1回はしないと気が済みません。さらに綿棒を鼓膜に軽くあてるくらいの深さで掃除するのが好きで、シャワーを浴びたあとに耳の奥に水が染みて、痛いのが快感になります。これってアウトですか』」
光「あぁ~~~っ」
剛「これやめたほうがいいんじゃない」
光「これはアカンやつやな」
剛「だって、痛いんでしょ?水が、しみるんでしょ?」
光「ねえ?」
剛「本来染みないですから」
光「綿棒を奥まで、ほんとに奥まで毎日のようにやるのは」
剛「よくないって言ってたよ」
光「アカンって・・そう」
剛「先生言ってたよ、これ」
光「これはアウトですよ」
剛「アウトにしておきましょうね」

剛「最後に奈良県のあにゃんさんがですね『能面フェチです。なんだかわかりませんが(笑)小さい頃から能面が好きで』」
光「すごいね」
剛「『何をするわけでもありませんが』変なリンクですね『ずっと見ていたくなりますと。もちろん般若のお面をかぶったイケメンも好きで、昔山Pがコンサートで般若のお面をかぶって登場し、そのお面をとるという演出がたまりませんでした。単体で見てこのお面は何を考えているんだろうと思うのが一番好きなポイントです(笑)こんな私はアウトではないですよね』」
光「すごいね」
剛「能面、僕も嫌いじゃないですからねえ~、怖いっていう人いるけど」
光「何かを感じるんやろうね」
剛「何かを感じるんでしょうね」
光「能面に」
剛「ま、結婚してからとかが勝負かな、急に嫁がね、なんか能面買ってきて、リビングに1枚1枚。。月1で増えていったらちょっとやっぱり離婚とかの問題になる可能性あるから」
光「でも、やっぱそういう能面とか、そういう方向性じゃないとグッと来ないのかね、仮面ライダーのお面とか・・」
剛「・・は、違うでしょうね」
光「それは違うのか、やっぱ」
剛「ちょっとこう、不気味さっていうか、その奥にある神秘みたいな、たぶんそこにグッと来ちゃってるんだと思うんですよね」
光「その奥にあるやつね」
剛「そうそう、なんか・・」
光「ちょっとわからんでもないな」
剛「奥深いとこに行っちゃう可能性あるよね」
光「全然ちゃうかもしれへんけど、なんか、はい・・廃墟に感じる何かみたいな」
剛「そうね、奥の中にある・・神秘という意味では」
光「そう・・それと似たような部分、気がしないでもない」
剛「自分の、なんかこう、心の目で見るような感じね。これちょっと将来のこと考えるとアウトって言っといてもいいかもしれないけど、まあまだ・・そういう感じじゃないのであれば、セーフっていうところでいいんじゃないかな。ま、この奥深い世界にのめり込むのも悪くないですからね、ということで、セーフということで(インフォメーション)それでは、もう君以外愛せない、聞いてください」

【今日のポイント その3】
ジェジュンは、まだ関西はオンエアされてないんで、その辺も楽しみに見ますけども、未だに堂本兄弟って言ってしまう光一さんラブ


《今日の1曲》『もう君以外愛せない』

《お別れショートポエム》

光「お別れショートポエム。静岡県のゆうりさんからのポエムです『先日今小学校では、タンバリンのことをタンブリンと教えていることを知った。とたんにモンスター感が出るのはなぜだろう』うん・・」
剛「あれ?タンブリンってドラゴンボールいーひんかったっけ?」
光「タンバリンや」
剛「あれは、タンバリン?」
光「タンバリン」
剛「シンバルンとタンバリンか」
光「シン・・シンバルとタンバリンね・・タンブリン、なんで?」
剛「へえ・・ちょっとオシャレにしてるね」
光「ウソでしょ?タンブリンで検索したら出てくるってこと?」
剛「出てくると思う」
光「あ、アナタはタンバリンと間違ってませんかって出てこーへん?大丈夫?」
剛「もう、わかって打ってんねん!って時あるよね。なんか、うん」
光「タン・・ブリン・・おおっ!楽器として出てきたぁ~」
剛「ふぅん、じゃあ、タンバリン世代とタンブリン世代で、これまた分かれてくるよね」
光「そうね」
剛「え、タンバリン・・え?タンブリンって言いましたよ、みたいな。なんやねん、タンブリンって。うちタンバリンやったでみたいな、どうでもいい話が繰り広げられることになりますね」
光「タンブリン・・タンバリン・・・タンバリーンと発音する、が、英語ね」
剛「うん」
光「どっちでもええんですよ」
剛「タンバリン、タンブリン・・たぶんもうあと10年ぐらいしたら、タンボリンぐらいいきますね、このままいったら」
光「そうね・・・タンバリーン、タンブリーンになる・・」
剛「んふふふふ(笑)」
光「タンバリーン・・りーんですから」
剛「なるほどね、今日のゆりやんの水着姿みたいな感じですね、タンブリーンみたいな」
光「タンブリーン!ねえ・・タンバリンが活躍する曲まで出てきましたけど」
剛「ふうん・・ま、情報としてはいらない」
光「いらないですか」
剛「はい」
光「関ジャニ∞の楽曲も載ってます」
剛「タンバリン?」
光「ばり・・バリンタン・・っていう曲があるらしいです(笑)」
剛「うぉおお、それはちょっと、ブリンタンに変えなきゃいけない可能性出てきますよね」
光「ブリンタン、そうやんなあ、そういうことですね」
剛「なるほどね」
光「はい、タンブリン情報でした」
剛「ありがとうございました。さあ、ということでございまして、KinKi Kidsのどんなもんヤ!来週も2人でお送りいたします。週の始まりの月曜日、来週も2人のどんなもんヤ!でお楽しみください。KinKi Kidsの堂本剛と」
光「堂本光一でした」

剛「さよなら~~」

【今日のポイント その4】
っていうことは、ゆりやんがゲストでブンブブーンの収録したあとなんですかね?何の説明もせず平然と話題にするKinKi Kidsクオリティ(笑)

| 2人どんなもんヤ | 11:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年7月23日(月)

光「はい、堂本光一です、奈良県のひっころさんからです『アメリカである大物歌手の女性が飼っていた愛犬のクローン犬を誕生させたことで賛否両論、物議を醸しているそうです。愛犬が死んでしまったので事前に採取していた愛犬の細胞からクローン犬を作ったそうです。日本ではそれをやってくれるところがあるのかどうかわかりませんが、光ちゃんもパンちゃんのクローン作ってみたいと思いますか?』・・はぁ~~・・いやもう、ほんっとに正直言ったら、思う。うん、気持ちはわかる。だけどオレ的に思うのは、いくらクローン、同じ細胞といっても、その子ではない、よね?その子ではないから、もちろん同じような愛情を与える、どんな子でも、というのは前提として、前提なんだけど、その子ではないから。この子にはこの子なりの接し方っていうのがあるだろうし、ということは、結果的にクローンじゃなくていいんじゃないか、って思うんだよね。その子じゃないもん。うん・・気持ちはめっちゃわかるよ。今のうちの子がいなくなった時、また・・でもやっぱりその子はその子やん、やっぱりそこやな。オレはそう思う。ってことは、クローンにしなくったっていいんじゃないか、って思うな。うーん・・・いやあ、クローンとか、すごい時代だよね。ねえ・・ほんとね、すげー、気持ちはわかりますよ。はい・・ね、KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
クローンって見た目だけの話ですもんねえ・・中身は違うんだもんねえ。光一さんのクローン作っても、全員座長になるわけじゃ・・・なるかな?



《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 大阪府チララさん『マツコデラックスさんは休みの時カーテンを開けて全裸でくつろいでいたら、外で窓ふきのお兄さんがマツコさんの家の窓を拭きにこられて、全裸のマツコさんと目があってしまったそうです。気まずくなったマツコさんはそのまま石像のように窓ふきのお兄さんが去るまで動かず固まっていたそうです。光ちゃんも全裸時代窓ふきの人に遭遇したことありますか』いや、今でもあるよ。全裸ではないけど、リビングとかで、過ごしてたら、ウィ~~~ンって降りてくんねん、ビクってするよね、アレ(笑)もう、アレさあ、もうちょっとなんか・・なんかないんかな、システム。急に来んねん。書いてるよ?何日から何日は、清掃が来ますのでみたいな。でも何日から何日って、じゃあ、その間ずっと閉めとけっていうんかって話やん。もうちょっとさ、細分化・・そりゃマンションの組合か何かに言えばいいのか(笑)ここで言うことじゃなくて(笑)でもみんなそうやと思うわ。だからマツコさんもそうやったんやと思う。急に来んねん、アレびっくりするわ、オレ、そういう時ダッシュで逃げるもんね。その部屋から。いかにも、なんやろな?別にそんなん気にしてないよって雰囲気で、ダッシュはせーへんけど、気にしてないよって感じで、ちょっと早歩きで、何か思いついたかのように、別の部屋に行く。ふふふふふ(笑)アレ、困んねん~~、あれ・・結構・・・これ、あるあるやと思うわ。

ラジオネームかえちゃん『あったら欲しい超能力ランキングの結果が発表されていました。その結果、5位動物と会話、4位飛行、3位予知、2位テレポーテーション、1位タイムスリップという結果でした。ちなみに私も2位のテレポーテーションが移動時間も交通費もいらないので、行きたいところがいっぱいです。光ちゃんどんな超能力が欲しいですか』うん、なんか飛行かな、オレはやっぱ。飛べると便利やん。ふふふ(笑)便利やと思う。テレポーテーションもいいよ。いいけど、すごくいいけど、ほら、車も好きやから、っていうか乗り物自体が好きやねん。それがなくなるやん。ま、飛行やってそうやんけって思われるかもしれないけど、飛行は飛行で、飛行という、あの・・移動手段になるやん、そうそう、楽しむ。今日車でのんびり行こうかな、今日飛んでいこうかな、みたいな、選択権として。テレポーテーション、んなもんいらんやん、ハイッ・・っていったらつくやろ。うん、なんか情緒もクソもないなっていうさ、旅行するにしてもさ、飛行がいいかなあって気するよね。タイムスリップ・・1位なんだ、タイムスリップが。なんやろ、どっちに行きたいの?過去行きたいんかなあ。未来行きたいんかなあ。ま、人によるよね・・・うん・・タイムスリップはいいわ。なんか今を生きよう、今を。そう、今を生きるんだ(笑)

そういった意味では予知もいらん。うん、予知出来たらおもんないやん。全部・・なんか、その予知が出来るから、ああ、これは間違った方向性になるから、違う風にすればいいんだみたいなさ、感じになるやん、ああ、これしたら失敗すんねんや、って。わかりきったことになるわけじゃん。そしたらね、学べるものって非常に少ないと思うんですよ。やっぱり失敗して失敗して、んで、道がすごく行きたい方向とは違った方向に行ったかもしれんけど、そこで学んでることっていう枝は沢山いっぱいあると思うんですよね。じゃないとすげー薄っぺらい人間になると思いますよ。ね、たまにいいこと言うんだよな~~~、ふふふふふ(笑)と、思いますね、なんかほんとに、近道じゃなくて、ほんとに遠回りして、遠回りしてっていうか、そこで得たことの方がとっても自分のためになったり、重要なものだったり、そこに、それが重要なものかどうかも気付かれへんやん、予知してそこだけにたどり着こうと思って、ぽんって行ったら。なんか、それよりも失敗したり、道間違えたり寄り道、ちょっとしてしまったりとかっていう方が色んなことに気付ける、なおかつそこにたどり着いた時には、それの大事さっていうものに気付ける、そんな気がしてならないんでね、あんまり予知っていうのも、あんまりしたくないかな、と、思いまーす。以上なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
光一さん・・遠征に情緒は必要ないんです(遠い目)時間とお金、それに尽きるんです(力説)っていうか、光一さん、まだ飛び足りないんですね( ´艸`)



《報告します》
光「はい 報告します。北海道図書館司書歴20年『嵐の大野くんが小型船舶2級に挑戦していると話題になっていましたが無事に合格したそうです。大野君は自分の船でマグロを釣りに行くことらしいので、2級で出来る範囲でしばらく遊んだら次は1級とりたいそうです。その時は光一さん是非大野君に勉強教えてあげてください』まあ、でもオレ1級持ってるとはいえ、ちょっと船出すん、怖いなあ。まず後進離岸ってどうやるんやったかなーって感じ。後進離岸って、要するに・・え~~、例えば桟橋(バンバン叩いてます)陸(ゴンゴン)・・こう90度に陸があって、桟橋出てるとするやん、こういう状況で船が停まってる、こういうってラジオでわかんねえだろうなあ。これなんて言えばいい?こういう状況、えー、前が陸、左っかわが桟橋、で、わかった?左舷が桟橋にくっついてる、こんとき、普通に考えてね、車やったらよ?車やったら、普通にバックで出る時、右に切ってフ~って出ればいいやん、右に切って、こう、バックで。だけど船の場合、確か、1回左に舵を取るんですよ、で、一瞬、前進?動力を、前進にドンって入れるんですよ、前壁やで?しかも左も桟橋やで?なのに左に切って、前に動力を入れないといけないって、怖いでしょ?それなぜかっていうと、スクリューの、回り方によって、ドンって一瞬入れてあげると、ゴンってケツが、フンって右にふられるんですよ、それで、あ~って舵を戻して、バックにガンって入れてあげると、フ~~って、スムースに出れる。確かそうやったと思う。右に切って出りゃいいやんって思うかもしれんけど、だいたい船の舵っていうのは、動力がケツについてるでしょ、そうすると、当たってまうねん、桟橋にゴンって。だから最初左に切って、前にドンって一瞬入れてあげることによって、ケツがゴンって出るから、それから、あ~~~って戻しながら、ゴンってバックに入れてあげると、フ~って出るねん、っていう原理やねん、確か!全然違ったらゴメン、ふははは(笑)いや、間違ってるで、光一!って言われる、可能性もなきにしもあらず。確か後進離岸はそうやったと思う。

まあ、あとはやっぱり船独特の、一応交通ルールがあるのよ、どっち通りなさいとか、赤いコーン、緑のコーン、どっちを見て、どっちで航行しなさいとかね。あと、右から船来た、直進してます。はい、どっちが優先でしょうとか。忘れた~~(笑)どっちやったかな、確か右から来てる人の方が優先やったかなあ・・だから、右から来てる人っていうことは、右の人っていうのは、左から船が来てるってことになるでしょ、どっちが優先やったかなあ、確か右が優先やったと思うねんけどな・・・忘れた。覚えてへん。そう言った意味では、ちょっと怖いね。うん・・ね、でも2級。昔はね、4級制だったんですよね。そう1級、2級、3級、4級、自分4級とって、え?そのあとすぐ1級とったんだっけな?忘れちゃいましたけど。うん・・あと、水上バイク?に関しては、今船舶を持ってようが持ってなかろうが、別で取らなきゃいけないんだよね。今はね。でも、あの・・オレは昔の人間、昔にとった人間なんで、一緒についてくるっていうね。昔車の免許とった人は、大型バイクそのままついてくるみたいな、イメージだよね。うらやましいな、アレ。船に関しては、うらやましい時代の人なの。だから、大野は、たぶん水上バイクはついてきてない時代、になるんかな、たぶんね。マグロ釣りにいくの(笑)頑張ってください(笑)

はい、大阪府ゆきんこさん『突然ですが尺八を始めました。10回に1回しかまだ音が出ません。いつかキンキの曲が吹ければいいなと思います。十何年後になるかわかりませんがその時にまた報告しますね』ほんまに報告やな(笑)うん・・へえ、尺八を始める、尺八する・・尺八を始める機会っていうのもなかなかないでしょうからね、是非極めていただきたいですね」

急にジングル入りました


光「はい、ここでお知らせでーす、音質ちょいと違いかもしれません、ご了承ください。昨年末に行いましたコンサート『KinKi Kids CONCERT 20.2.21 -Everything happens for a reason-』のDVDブルーレイを明後日7月25日にリリースさせていただきます。20周年を経てKinKi Kidsの音楽を表現する新たな試みとしてオーケストラを背負ってのとても壮大な形で披露させて頂きました、初回盤にはオーケストラアレンジになった曲を数曲おさめたライブCDも入っております。7月25日リリースです。是非チェックしてください。それでは歌です、このDVDブルーレイ初回盤の特典ライブCDよりHarmony of December です、どうぞ」


【今日のポイント その3】
音質よりもテンションが違ってびっくりしたわ(笑)

《今日の1曲》『Harmony of December (オーケストラアレンジ)』

《お別れショートポエム》

光「お別れショートポエム。今週は埼玉県のゆうこういちつよしさんからのポエムです『職場の人の机に松岡修造さんの言葉が載ったカレンダーがある。ある日は「打ち上げてごらん、心の花火を」またある日は「今日から君は噴水だ」と載っていた。私は今日から噴水なのか?と一瞬考えてしまった』何年前やったかなあ、4,5年前かなあ、松岡修造さんの載ったカレンダーが、SHOCKの帝劇の、いつもみんながまず集まって気合い入れというか、みんなが集まってるところに、置いてありましたけどね。いいよね、修造さん。なんか・・夜のニュースで、スポーツの見ててもさ、なんかあの人が応援してる姿見ると、こっちも熱くなるよね。なんか、いいなあと思う、オレは。うん・・まあ、松岡修造さんのお父様は、東宝の会長ですからね(笑)だから別に帝劇に置いてたわけじゃないですけど、うちの当時ついてた、マネージャーがうれしがって置いてただけだと思うんですけど。はい、お相手は堂本光一でした。引き続きレコメンでお楽しみ下さい」


【今日のポイント その4】
松岡修造カレンダーもいいですけど、堂本光一カレンダーも切望してます。ええ、言葉が載ったやつね(笑)自分で作ればいいのか・・w

| 光一どんなもんヤ | 11:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2018年7月16日(月)

剛「どうも、堂本剛です。栃木県のもとやまさんです『だいぶん前に1から100まで書き続けることにはまっていた時期があります。と、メールを送りましたが覚えていますか。先日見たテレビで1から600を間違えずに書けたら成功、途中で間違えたら400円の罰金というのをやっていて、中国のお店を紹介していました、そういうことをやっている中国のお店を紹介していました。簡単そうに見えますが意外と難しく途中で間違えてしまうようです。相当ヒマな時が出来たらやってみてください』いや、ほんと相当ヒマな時やね、これは。えー、でも無理じゃないかなってちょっと思っちゃう、あのー、要は視覚的に、なんていうのかな、バグってくる感じでしょ、たぶんその・・111,112,113みたいな書いてるうちに、116って書こうと思って111になんかなっちゃったり、117まで行っちゃったりなんかその図形的に、認識して疲れていって、最終的にだから、600までってなると結構しんどいと思うのよ、6とか、なんていうの5とか、9とか8とか3とか、丸い感じと、7とか1とか、ストレートな感じ、9もだって右ストレートやから、なんかちょっとその・・・ずっとやってたら確かにやっちゃうんじゃないかなあ、これはっていう。うん・・・まあ、ほんと相当ヒマな時にしか、やりませんけど。うん・・・なかなかいつやるのかなって感じはありますが、まあ、100ぐらいまでやったら、友だちとご飯食べてる時にちょっとやってみーひんって言うて、600はちょっとその、途中で飽きるっていう可能性がちょっとあるんで。はい、いずれやってみたいと思います、ありがとうございます。それではKinKi Kidsどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
今週も喉をかばったひっそりした話し方の剛さんです。いやもう、6でも9でもなんでもいいから、しゃべらないでー(←ラジオにならん)


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さあ、東京都のみきさんですが10代の方ですね『私はこの春から地方から上京し東京で1人暮らしをはじめました。ぬいぐるみが好きなので実家から部屋に飾るためいくつか持ってきました。あくまでぬいぐるみは飾る物という認識ですが、1人暮らしを始めてからはぬいぐるみを抱きながら寝たり、テレビを見ている時も無意識で抱きしめるようになってしまいました。剛さんは1人暮らしを始めた時、一番変わったこと、変えたことって何かありましたか』そうですね、あの・・・抱き枕は買ったよなあってイメージはありますね。やっぱ寂しかったんでしょうね、なんかね、不安とか。あとは、まあ、僕が18歳の時の、なんていうんですかね、やらなければいけないこととか、なんか急に、はいって渡される責任とか、なんかその自分で選んで首突っ込んで、その責任だったり務めだったり使命だったりっていうふうなことじゃない日常ばっかりじゃないですか。うん・・で、例えば、なんでしょうね、バイトをしている人だったとしても、今の時代だったら、あ、僕ちょっとそれ無理ですっていう主張って伝わるじゃないですか、例えば精神的に、ダメージくらっちゃうんで、僕はちょっと無理です・・とか、期待して頂いてるの申し訳ないんですけど、僕はお力添え・・期待に添えることは出来ないと思います、僕の能力では。っていう、判断が自分の中にあっても、それがまかり通らないじゃないですか。

で、いや、10代だけど大人な世界なんだから、大人になりなさいよって言われたり、で、その逆もあって、子供やねんから、まだ、おとなしくしてなさいだったり、黙ってなさい、これをやっぱり行ったり来たりしてる時期なんで、なんていうんですかね、あの・・高校卒業してからかなぁ、なんか・・不安定にちょっとなりましたね。学生じゃなくなって、急に気が付いたら、なんか社会人になってて、会社員なんかよくわからへん感じのまま、なんか過ごしてたって言うのがあるんでね。だから逆に、アレですかね、家族に助けてもらうこと多かったかなあ。あの・・18の時もまだまだ忙しすぎて家族との時間取りづらかったんですけど、逆になんていうのかな、家族と電話でもいいから交流を持つ、ようなことはしたイメージですかね。だからまあ、離れてみて、とか、1人暮らしになってみてなんかこう、家族っていうものの存在とかが、先ほど説明したような毎日を送っていると特に、家族のぬくもりとか優しさとか、変わらぬ関係性とかっていうものが必要だったんでしょうね。だから、アレですね、上京して身体壊しちゃったりとか、これからバイトしたり、大学行くのか色々自分の中で生活が変わると思うんですけど、そんな中でね、やっぱり家族の存在は大きいから、甘えるところは甘えて、うん、あの・・エンジョイしてもらいたいなと思いますし、なんかね、18歳ぐらいの時に、できた友だちって意外とずっと長く付き合ってんなってイメージもあるので、そういう大親友と呼べるね、人がまた見つかったりするのも、ちょっと楽しみにしててもいいんじゃないかなと言う風に思います。これから、ね、色んな日々が待ってると思いますんで、夢を見れば傷つくこともある、これを聞いていただきましょう」

【今日のポイント その2】
押さえた声のトーンと相まって、bayfmの方のラジオみたいな雰囲気になってるわ(^^ゞ

《今日の1曲》『夢を見れば傷つくこともある』



《愛ゆえに》

剛「愛ゆえに 福岡県あいらさん、おお、16歳の方から来ましたよ『私は中学生の時好きな人がいました。3年間ずっとその人が好きで話が出来た日は嬉しかったり、その人のことで一喜一憂していました。何度か思いを伝えましたがダメでした。しかしずっと優しくしてくれるのでなかなか思いを断ち切れずにいます。私の通っている学校は中高一貫なので高校も一緒です。彼には新しい彼女がいます。話せることには話せますが2人でいるところに会ってしまうと気まずくなります。私も新しい恋をしようとしたんですが、彼くらい好きになれる人がいません。剛さん、私はどうしたら次の恋にすすめるのでしょうか』うーん、ま、こういう悩みを抱えている人はものすごく多いと思うんですよね。まあ、無理じゃないですか、人を好きになってしまってね、うん・・ああ、じゃあま、無理やったら、はい、わかりましたー、気持ち切り替えまーすってなかなか難しい話で。うん・・まあ、僕が、友だちに例えばこういうこと言われたら、まあ、好きやねやったらそのまま好きでいればいいんじゃないってことを言うと思うんですけど、なんでしょうねえ、やっぱり彼女がいるしさ、うん・・彼女の気持ちも考えてあげなきゃとかさ、えー・・彼が、現彼女に、なんなんあの子ってケンカの原因になってきちゃったりとか、うん、色々面倒なことに、なりやすい・・っていうのもちょっとあるよなあって思いますけど、どこかでやっぱりね、フラれてしまっていたり、するのであれば、腹をくくって成長するという意味で、難しいんですけど、嫌いにならないまま、新しい恋に向かって歩いていく。これは未練という言葉に置き換えるような、感情ではなくて、好きなまま新しい恋に、ただ行くだけ。だからまあ、フラれちゃったかあって、ま、ご縁がなかったんだなっていう締めくくりでいいんじゃないかな。でもその人を好きになったこと、その人をまだ好きでいること、その人を好きでいる中で一歩を踏み出すこと、なんかこの全てが未来の、自分にとって、必ずいいエッセンス、スパイスに、絶対に僕はなるなあと思って、聞いております。もう、1回しかないからね、人生ね。うん、だからこの10代の時の人を好きになる感情っていうのは、もう・・僕とかでいうと、思い出せないぐらい、難しかったりするよね。でも出会う人によっては、もしかしたら思い出させてくれるのかもしれなかったりとか、人ってほんと不思議なもので、でも、この10代の時、まっただ中の今の自分の恋愛から得るものっていうのは二度とないから、全てキャッチして抱きしめてね、明日へと一歩一歩自分らしく進んで頂ければなと言う風に思います(インフォメーション)」

剛「お知らせでございます。昨年末に行いましたコンサートのKinKi Kidsのですね、Everything happens for a reason、がですね、DVDそしてブルーレイ、として来週の7月の25日にリリースされます、20周年を経たKinKi Kidsの音楽の新たな表現とし、初めてオーケストラを背負いながら披露させて頂きましたライブとなりますので是非チェックしてみてください。初回盤には特典といたしまして、全曲ではありませんがそのオーケストラアレンジになりました曲をおさめたCDも入っております。さ、それではここでですね、このDVDブルーレイ初回盤に特典としてつけさせていただきましたライブCDより、薄荷キャンディー聞いて頂きたいと思います」

【今日のポイント その3】
コンサートのタイトルをカタコトでお伝えする剛さん萌え


《今日の2曲目》『薄荷キャンディー(オーケストラアレンジ)』

《お別れショートポエム》

剛「お別れショートポエムです。ラジオネームありんこさんです『日本史の5.15事件を、5.51事件と言ってしまった。ダンナにそれ豚まんと突っ込まれた。関西人の夫と結婚して8年、東北出身の私がついに関西に染まったなあと思った瞬間だった』んふふ(笑)まあ、染まった瞬間かはアレですけど、我々西の人って、551好きやよねえ。うん・・で、なんでしょうね、551の安定感っていうんですかねえ、疲れた時とか、差し入れでいただいたりするときもあるんですけど、ありがとうって思うよね。で、電子レンジでね、再加熱してもよし、冷凍庫にいれたまま保存して、思い出した時に解凍して食べてもよし、551ね・・551のCMけーへんかなあ。いや、あの・・・食品とかね、食べ物って意外と自分が愛用してるものって来ないよなあって、超ヘビーユーザーの方には、ほんと来ないなあって、オファーがね。CMって面白いよね、そういう意味では。めっちゃめちゃこのオファー来てもいいのになぐらい、色々あるけど、全然違うとこにいっちゃうよね。いやでも、アイスとかさ、言い出したらキリないのよ、めっちゃ食べてんのに・・・だから、めっちゃ食べてるってことは、もう信者やから、その味のとりこなわけで、やねんけど、けーへんよねっていう。そういう悲しいストーリーっていうのがいつどの時代にもありそうだなっていう、うん・・カレーとかもけーへんなあ、カレーめっちゃ食ってのになあとかさ、マヨネーズとかさ、いやもう、ほんとに。ありとあらゆるもの・・すごいよ、バターも・・言い出したらキリないけどね。551はやっぱりねえ、それこそ10代から、僕の胃袋をね、助けてくれてる、満たしてくれてる、ええ・・まあ、いいですね、関西人の夫と結婚して、さぞかし楽しいと思いますわ。これからもね、あの・・ほんわか暖かいご家庭をこれからも築いていってくださいね。さ、ということでございまして、お相手は堂本剛でした。引き続きレコメンでお楽しみください」


【今日のポイント その4】
ってことは、アレですか?チョコモ●カジャンボは、さほど食べないよってことなんですね?( ´艸`)

| 剛どんなもんヤ | 10:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT