Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2004年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2004年6月26日 『「June brideだからスペシャル』(りい)

は~い、こんばんは。堂本 光一です。今週も剛くんはいません。すんまへん。

ま、今夜のキンキラキンキワールド。スペシャルということで、最後まで聞くと~、

どこにも売ってない、剛くんのイラスト入りオリジナルTシャツを今週も3名にプレゼント。

すると言うことですね。ま、この番組ではね、プレゼント~~~~ものというと、ほんとに

しょうもないものなんですけども。これは、あの~、ねっ?レアだと思いますよ。

本当にレアですね。え~、全然しょ~もないものでは、ない。とは思います。

ま、今週もその剛くんのイラスト入りオリジナルTシャツ、え~3名にプレゼントします。

最後まで聞いて下さいね。最後まで聞くと、応募方法が分かりますんで。最後まで聞いて下さい。

June brideにひっかけた企画をやるらしいんですがぁ、今週もね。あの~、地域によってはっ!

もうすでに7月に入ってるところもあるんですね。ま、その辺は、ま、大目に見て下さい。

ってか、大目に見ろ!んふっふふふ・・・んへへへっ(笑)命令です。大目に見ろ。ねっ?

では、その前にこちらの曲を聴いて下さい。剛くんの歌で「ココロノブラインド」




 ♪~ ココロノブラインド



 「June brideだからスペシャル。お母さんはあの頃若かった」



 ♪~ BGM:あの時君は若かった



え~、毎回毎回この企画にそった曲、見つけてくるの大変でしょ?

ま、これはまぁ、んっ、それなりに分かり易い・・・・感じではありますけどね。

スペシャルじゃないよねっ?思うんですけども(笑) (スタッフ笑) 普通の企画ですよね? 

たいして、スペシャルじゃない・・・・ま、いいや。え~June brideにひっかけた、え~感じで

やらしていただきます。先ほども言ったように、ちょっと7月に入ってる地域もあるんですけどもぉ、え~、その辺。

え~、ま。そうですね、これはですね、あの昔お父さんとラブラブだったお母さんに出てもらって、

プライベートクイズに答えてもらうものです。だっ、クイズと言っても絶対に当たらなきゃおかしい質問をしますんで。

あの~、でんまえ・・・・ぜんかいっ・・・・全問っ正解。っふふふ(笑)、ぜんかいって、へへ(笑)

へっへっへ(笑) (スタッフ笑) んふっ(笑)全問正解が当たり前な質問ばかりするんでね。

え~、もう絶対にこれは・・・あの~、正解できる。これ、全問正解すると、剛くんのオリジナルTシャツ、

も、貰えちゃう?あ、なるほど。ん・・・あ~もうラッキー問題じゃないですか、ねっ。っと言う訳で、

これ、一問でも間違えると、ダメですよ~。Tシャツは貰えませんっ。

では、このクイズに出てもら~います。え、挑戦者の推薦人であるリスナーを呼んでみましょう。

   



  (以下 光:光一さん 娘:リスナー 母:リスナーの母)



光:もしもしっ?

娘:もしもしっ

光:という訳で、まあ、あの~、お母さんがぁ、クイズに挑戦してもらう訳なんですけども。

  ま、推薦人ということで、お名前を。

娘:○○です

光:○○さんは、娘・・・さんっ。娘さんは、お幾つですか?

娘:はい、そうです。17です。

光:はいい・・・い、いい歳、歳ですね、17。

娘:笑

光:んまぁ、お母さんのこと詳しい?○○ちゃんは。

娘:いや、あんまり詳しくないですね。

光:詳しくない。お父さんとの出会いの話とか~、なんで結婚に至ったとか~、そゆう話聞かない?

娘:は、ちょっとだけ聞くんですけど、あんまり知らないですねぇ。

光:いま、こう、お父さんとお母さんのこ~~、夫婦の感じっていうのはどう?

娘:(笑)全然仲良くなさそうですよ。 (スタッフ笑)

光:ふっはっはっはっ!(笑)へーーーーーっ?まじでぇ?(笑)

娘:はい(笑)

光:あ、そ。喧嘩してる?

娘:はい。ほとんど毎日。

光:えっ、どんな喧嘩ぁ?

娘:お父さんがだらしない感じなんでぇ、帰って来なくていいよ、みたいな。 (スタッフ笑)

光:あはっ(笑)まじでぇ~?いや、ま、なんだかんだ言うても、でも~お父さん

  一生懸命家族のために働いとる訳やからさぁ。

娘:はい。

光:ま、お母さん。あんまり、ちょっと乗り気でないという・・・ちょっと、情報も入ってるんですが。

娘:そうみたい(笑)

光:ま、恥ずかしいもんな、お母さんとしてなぁ。娘に色々と知られてしまう訳ですからねぇ。ええ。

  じゃ、そのお母さんに出ていただきます。はい。お母さん!

母:はい。

光:あっ、どうも。

母:はい、乗り気じゃない母で~す。 (スタッフ笑)

光:ふっへへへ(笑)よろしくお願いします。

母:いえ、いえ。こちらこそ。

光:え~。ま、お母さん、○○○さん。でよろしいんでしょうか?

母:はい、一応。

光:お母さん、なんで乗り気じゃないんですか?

母:えっ、だって。娘、聞いてるんですよ?ねぇ? (娘・笑)

光:なぁ。・・・でも、多少は聞いてるって言う風に言うてましたよ。

  お父さんの・・・出会いだのなんだのって言うのは。

母:あ、そうですか?言ったかな?(笑)

光:んふっ(笑)あの~、なんかね、喧嘩ぁ多いって言う風にも言ってましたけども、娘さん。

母:いえ、そんなことない、ない。

光:んははっ(笑)毎日や、言うてましたよ?

母:えーーーーっ!そんなはずはないんですけどね。

光:え~、いや。子どもは見てるんですよっ。ねっ。ええ。お母さん、あの、全問正解すると剛くんの・・・・・

  ほんとにレアです。普通売り出されないものなんでぇ。

母:私は貰えないですよね。娘の方にいきますよね。私が答えても。

光:いや、もう。それは、あの~、2人で。使いあっていただいて。

母:あ、そうですね。それならいいじゃん。

光:そうです、はい。

母:じゃ、頑張るしかない。

光:ええ。頑張ってください、じゃ。娘さんの為にも、頑張りましょ~よ。

母:はぁ・・・。頑張りようがないような気がするんだけど。

光:ふっははははっ(笑)いや、こぉ、だって、簡単ですよ。あの~答えられない訳がない、

  問題ばかりなんで。全問正解して、当たり前です。

母:ほんとに?

光:はい。よろしいですか?え~1分間10問となります。ま、1分間といえ、曖昧なもんです。

  ま、1分間10問っていう形でやらしていただきます。え~、そのクイズに全て答えて下さい。

  10問正解すると、え~、今言いましたように堂本 剛くんオリジナルTシャツ貰えます。

  が、1問でも答えを渋ってしまうと、貰えません。ちゃんと。ちゃ~~んとっ、答えて下さい。

母:(笑)あ~、なんとか。

光:はい。じゃ、頑張ってくださいね、お母さん。

母:はい。

光:いきますよぉ。「お母さんも、若かったクイズ」スタート。

  「お父さんと出会った場所はどこ?」

母:居酒屋。 (ピンポンピンポン~♪ 以下 ~♪)

光:「お父さんと会ったときの第一印象は?」

母:やせてる~。 ~♪

光:「お父さんとのデートで一番よく行った場所はどこ?」

母:公園。 ~♪

光:公園・・・。「お父さんは何人目に付き合った人?」

母:4人目。 ~♪

光:4人目っ!「お母さんのファーストキスはいくつの時だった?」

母:あ・・・・5歳。 ~♪

光:お~~~、5歳(笑)「ちなみに、場所はどこで?」

母:幼稚園かな。 ~♪

光:「お父さんの好きなところはどこ?」

母:やせて、「いた」ところ。 ~♪

光:んふふふふっ(笑)「お父さんと最近キスしたのはいつ?」

母:あ・・・あ、5月 ~♪

光:っはっっ?!最近や~~~!!(笑) (娘:「えーーーーっ?」)

  「お母さんの体で・・・・」えっ?こ、なんやねん、オレに言わすな。

  「お母さんの体で一番敏感なところは?」

母:敏感・・・はぁ・・・脇。 ~♪

光:んふっ(笑)あ~、ま、くすぐったいですからね。「今でもお父さんを愛していますか?」

母:もちろん! ~♪

 

 ~♪ファンファーレ~♪



光:は~~い、全問正解。

母:やった。

光:すべて正直に答えて・・・・・

母:そうですね。正直というか。いや~、聞いてるんですよね、娘もね。

光:いや、娘さんの笑い声がびみょ~に聞こえてましたよ。ねぇ?○○ちゃん。

娘:はい。

光:○○ちゃん、聞いててどうやった?

娘:え、なんか、恥ずかしいんですけど(笑) (スタッフ笑)

光:確かに、自分のオカンのこんな話聞かされてもなぁ・・・・。 (スタッフ爆笑)

娘:はい(笑)

光:あ・・・・・ん。お父さんは4人目らしいわ。 (スタッフ笑)

娘:はぁ・・・。

光:んっ~、最初の恋愛で結婚みたいな。え~、それはなかなか難しいんちゃうか?お母さん?

母:はい。

光:お父さん、ちなみにお幾つなんですか?旦那さんは?

母:え~、確か・・・・私より2つ位若いような。

光:んははは~っ、へっへっへっへ(笑)あっ?旦那さんの方が年下なんですか?

母:ですねぇ。2つ位しか違わないはずなんですけど。

光:あ~、そ、そんなことまでも曖昧になってしまったんですね?なるほど~。 (スタッフ笑)

母:何年も経つと、そ~んなもんですよ。

光:いや~、なかなかこう、貴重なお話を。聞かせていただきましたけども。今でも愛してる。と。

母:もちろん!(笑)

光:それは、本当に偽りはないですね?

母:ですね、はい。神に誓って。

光:あ~、あ、それを聞いて安心しました。ねぇ。まぁこれも、見事全問正解しましたんで~、え~

  剛くんの、この~マキシシングルWAVERの。ノベルティを。これ、あの、こ、ほんと一般の方には

  全然手に渡らないものなんでね。あの~、これお送りしますんで、全問正解なんで。

母:ありがとうございます。

光:はぁい。是非、あの、大事に使ってください。

母:はい。

光:あ、○○ちゃん、よかったね!お母さん頑張ってくれたわ。

娘:はい、よかったで~す。

光:んっ。お母さんに感謝せなぁ。

娘:はい。一応しておきます。

光:ふっ(笑)一応しときますて~~~。え~、ま色々。知らんかったことも多かったでしょ?

  お母さんのことで。

娘:はい。多かったですねぇ。

光:5月にチューしたらしいで(笑) (スタッフ笑)

娘:あ、なんか、衝撃なんですけど。

光:あははははっ!!(爆笑) 衝撃やんなぁ~(笑)

娘:はい。

光:お母さん?5月に・・・

母:はい。はぁ・・・・。 (スタッフ爆笑)

光:チューされた、と。

母:は、そうですね。そういうことに。

光:あっららら・・・・。えっ?どういう状況で?

母:えーーーっ、5月って色々5月あるじゃないですかぁ。先月とは言ってないから。

光:でも、一応~、今年や。って、僕らは思っときますよ。

母:そうして下さい。

光:はぁい。ねっ。という訳で、え~、どうもありがとうございました。

母:ありがとうございました。

光:○○ちゃん、どうもありがとうございます。

娘:はい、ありがとうございました~。

光:はい。失礼いたしま~す。



という訳で、なかなか面白いですね。え~、こ~ゆう聞くことって、あ~、なかなか無いですからねっ。

はい。という訳でご後もまだまだ続きま~す。




   ~CM~



さ、「June brideだからスペシャル企画。お母さんはあの頃は若かった企画」やっておりますっ。

え~。色々お母さんにとっては恥ずかしい、企画でございますね~。

え~、ま、昔お父さんとラブラブだったお母さんに出てもらって、プライベートクイズに

答えてもらうものなんですねぇ。2組目っ!早速!!いきましょうかね。



光:もしも~しっ?


娘:もしもし~?

光:推薦者でございますねぇ。娘さんかなぁ。

娘:はい。そうです。

光:え、お名前お願いします。

娘:△△、17歳です。

光:△△ちゃん、17歳。・・・・・あ~、先ほどの・・・え~17歳の子だったんですけどね。

娘:はい(笑)

光:という訳で、お母さんのこと詳しい?

娘:たぶん、詳しいと思います。

光:あ~っ、そう!色々こ~、お父さんの出会いやらぁ、そ~話って聞いたことあんの?

娘:前に聞いたことありますねぇ。

光:あ、そう。でも、今日はもっとぉ・・・△△ちゃんの知らないよ~~なぁ。・・・・質問、クイズを、

  お母さんに答えてもらうんで。楽しみにしてて下さい。

娘:あ、はい(笑)

光:じゃ~、お母さんにも登場していただきます。お母さんっ!

母:もしもしっ。

光:どうも、はじめまして。

母:はじめまして~。

光:○△○さんでよろしいんですよね?

母:はい。そうです。

光:お母さん、恥ずかしいですか~~~っ?

母:恥ずかしいですねぇ。

光:でも、あの~・・・娘さんの△△さん。結構知ってるって言ってました。

母:ええ、あ~、はい。

光:んな、話したことあるんですか?お父さんの出会いだのなんだのって言うのは。

母:聞かれたら、答えてたかもしれないですね。

光:た゛っ、あんまり子どもとしてわ~。あんまり、別に聞きたいとは思わへんなぁ。

母:そうですか(笑)

光:ま、女の子やったら・・・・だっ・・・なんか、別になんかなぁ?

母:でしょうかねぇ?

光:息子が、お母さんに~。なんか聞きたくないよなぁ? (スタッフ笑)

母:あ、そうです?異性だからでしょうかね(笑)

光:あ~~~ん、なんか。いややなぁ。どこで出会ったん?お父さんと~ %&*£んなの。

母:あ、そうですか。

光:う~~ん。ま、でも、このクイズは絶対に答えられるものばかりだと思います。

  答えられなかった場合は、もうその時点でアウトです。

母:はい。分かりました(笑)

光:これ、全問正解すると、剛くんの~、ノベルティ。WAVERのノベルティとなっておりますTシャツ。

  を、プレゼントしますんで。

母:はい。

光:は~い。これ、でも失敗すると、あげませ~ん。

母:あ~、そうですか。

光:ですので、え~、正直に。答えて下さい。

母:はい。

光:そ・・・嘘やろっ?って言う答えをしても、あげません。

母:あ、そうです?厳しいですねぇ。

光:厳しいです。はい。という訳でお願いしますね。よろしいですか?

母:はい。

光:いきま~す。「お母さんも、若かったクイズ」スタート。  

  「お父さんは何人目に付き合った人だった?」

母:4人目です。 (ピンポンピンポン~♪ 以下 ~♪)

光:おお~。「お父さんと出会った場所はどこ?」

母:あ、通勤の途中で。 ~♪

光:えっ?なんですか?

母:えっ?通勤の途中で。

光:通勤の途中。え~、はい。「母さんのファーストキスは、いつの時?」

母:17歳で~す。 ~♪

光:「ちなみに場所はどこ?」

母:部屋です。 ~♪

光:ふっ(笑)へ、部屋。「お母さんの勝負下着の色を教えて下さい」

母:黒です! ~♪

光:んっははははは~っ、ふ~っ(笑)、これ、オレが考えたんちゃいますからねっ?

母:あ~?そうです?(笑)

光:「お父さんの嫌いなところはどこ?」

母:あ~。太ってるところ。 ~♪

光:太ってる・・・。え~「お父さんと最近キスしたのはいつ?」

母:10年前です。 ~♪

光:10年前?・・・・・・ずいぶん前ですね。え~「お父さんと一緒に寝ていたのは何年前まで?」

母:10年前です。 ~♪

光:え~、なるほど。ふっ(笑)「お母さんの体で・・・ふふっ(笑)・・・一番敏感なところは?」

母:えっ(笑)背中ですっ。 ~♪

光:なるほどっ。「今でもお父さんを愛していますか?」

母:微妙です! ~♪ 

光:んはっはっはっ~(笑)



 ~♪ファンファーレ~♪     (光:びみょ~~やて(笑))



光:まぁ、でも全問正解です!

母:あ、そうです・・。ありがとうございます。

光:あ、はぁ・・・・・ありがとうございます。

母:ありがとうございます。

光:ちょっと聞きたいんですけれども、△△ちゃん!

娘:はい。

光:色々ねっ?質問がありましたけども。

娘:ふふふふ(笑)はい。

光:ど~~でした。また新たなお・・・・お母さんに対する発見があったかと思いますが。

娘:ねぇ(笑)、はい。

光:なぁ。なんっ、聞きたくないなぁ、ってことも。ねっ。

娘:はい(笑)

光:お母さんのファーストキスは17やねんて。

娘:うん、ん~~~(笑)

光:△△ちゃんの歳やわぁ。

娘:そうですね~。

光:△△ちゃんは、どうよ?

娘:はぁ・・・・・。終わりましたねぇ(笑)

光:終わった(笑)んっふっふっふっ(笑)ごめんっ!!終わった・・・・っていうのはぁ~~~?

  もうすでにしたぞ!と。済ませたぞ、と。

娘:はい。

光:あ~、なるほど。

娘:はい(笑)

光:早いな、キミ。

娘:はや・・・早いですかねぇ?いま、今の子は早いですよっ! (スタッフ笑)

光:ふふふふっ(笑)いやや、も。そっ、その言葉、一番いやっ! (スタッフ爆笑)

娘:(笑)

光:最近の子は早いですよ。とか、も・・・・そ~ゆうの一番いややわぁ。

  お母さんのファーストキスの歳のこと知ってた?△△ちゃん。

娘:いや~、知らなかったです。

光:知らなかったん?

娘:はい。

光:そっか、そっか。え~・・・・・お母さん。

母:はいっ。

光:△△ちゃん、も、すでにキスも済ませてるらしい。

母:ええ、ビックリしました。

光:っはははははは~(爆笑) ほんと。

母:ちょっとショックですねぇ(笑)

光:こんなところで発見が。お母さん的に・・・

母:ねぇ、いつの間に?っていう感じです。

光:いつの間に!と言うてて、お母さんだって17でチューしてんやもん。

  そんな人んこと言われませんよ~。

母:そうですね。

光:そ~ですよ。ま、色々答えづらいえ~、質問にも、クイズにも

  答えていただきましたけども。お母さんはっ。

母:はい。

光:部屋で・・・・・・・・。この部屋というのは?

母:彼の部屋ですねぇ。

光:あっ。相手の部屋で。

母:はい。

光:んあ~~、いいですねぇ。いいです。ちなみに△△ちゃんはどこで?

娘:えと、友だちの家です。

光:友だちの家でっ?! (声がひっくりかえってます)

娘:友だちの家です。はい。

光:ちょ、まって。そ・・・と゛~こと?

娘:えっ、友だち・・・の家で、4人で遊んで。えと、女2人、男2で。ま、付き合ってる同士で。

光:あ~あん、付き合ってる同士でねっ。それで、そこで・・・・

娘:自分の彼氏と。ですね。はい。

光:なんだよ、それ・・・・・な・・・と、友だちの彼氏、彼女に・・・アピールしたんか、それ。

娘:そっ、友だちの前ではしないですよっ!

光:ああ、ならよかったぁん。

娘:別の部屋ですよ、恥ずかしいんで。

光:んも、別々の部屋で、なんでそんなことする必要あんねん・・・・

娘:(笑)

光:いややわ~~も、なんかっ!ムカつくわぁ~~~~!!
(大声)

娘:なんでですかっ?(笑)

光:そんな経験ないもんっ!

娘:ほんまですか?

光:ぐっ・・・グループ交際っ~か、なんつ~か、ねえ。は~~~あ(ため息)

  なんか落ち込んだわ (スタッフ笑)ですって、お母さん。

母:ねぇ。ビックリです。

光:なぁん、落ち込むわぁ・・・・

母:頑張って下さい!!

光:うあっはっははははは(笑)励まされても~たぁ。頑張るわぁ~、ええ。

  まあ、でも、え~しっかりと、ほんとに、あのお答えいただきましたので、

  え、Tシャツ。プレゼントいたします。

母:ありがとうございます!2枚です?なんて(笑)

光:これ、残念ながら1枚なんですねぇ。

母:それは、どちらに・・・いただけるんでしょうか?

光:これは、もう、あの~、娘さんと。話をしていただいて。△△ちゃんは剛くんファン。

 で、お母さんの○△○さんはオレのファンと・・・・。

娘:あ、りょ、両方とも好きですよっ(笑)

光:おいっ!△△。このやろ~。

娘:両方、2人とも好きですよ。

光:△△、このやろ~、調子がいいなぁ、おまえっ(笑)

娘:ショック見に行ってから、光一くんも好きになりました(笑)

光:あはは~(笑)おまえ、調子ええなぁ、このやろ~。あ~。ま、これ、

  だかっ、剛くんのWAVERのノベルティなんでまぁまぁ、あの~、お母さんと。

  あの~、話し合って。ええ、仲良く使ってください。

娘:はい(笑)着まわしま~す。

光:お送りしますんで。はい。ねっ?じゃ、どうもありがとうございました。

娘:ありがとうございました~。

母:ありがとうございました。

光:どうも失礼いたしま~す。

 

・・・・・え~、ま。なかなか中のよさそうなお2人でしたね。という訳で、以上

「お母さんも昔は若かった」企画でした。この後は、みんながもらえる

堂本 剛オリジナルTシャツのプレゼント応募方法の発表です。



 ~ CM ~ 



え~、お母さんクイズということでねっ。ひじょ~~に、面白かった。これっ?それ・・・・でも・・・・どうかなぁ。

お父さんっていうのは、いまいちやな。 (スタッフ笑)

たぶんこれは。お父さん~で調子付いてやってみると全然なんかいまいちやなぁ(笑)で

お、終わりそうな気がするん~。なんとなく、娘とお母さんだから。成立しそうな、え~感じもしますね。

でも、結構面白いえ~、企画でしたね。さ!え~、剛くんのオリジナルTシャツ。みなさんにも

当たります!!これもまた~キーワードを書いて下さい。

じゃ、キーワードは・・・・。「セナあしって、すげぇなぁ」(大声です) (スタッフ笑)

んはははははっ(笑)え~、特にみなさんは~意味が分からないと思うんですけどっ(笑)いいんですっ。

Ayrton Sennaのセナです。「セナあしって、すげぇなぁ」と書いて下さい。あて先は、

 

  

「セナあしって、すげぇなぁ」と書くのを忘れずにっ、お願いしますね。

さて、お知らせです!7月14日に発売になるんですが、キンキキッズのですねぇ、ビデオクリップ集。

これ、第2弾になりますねっ。「情熱」から「ね、がんばるよ」までの8曲を収録したビデオクリップ。

まぁ、プロモーションビデオがねっ、全部観れる。

なかなかプロモーションビデオって・・・・頭からケツまで観れる機会ってのはねぇ、

実はなかなか無いんですよね。TVなんかでも一部分だけしか観れなかったりするんで。

ま、これを買えば、この「情熱」から「ね、がんばるよ」まで全ての曲が、全部観られると。

え~、スペシャルリールにはですねぇ、2003年10月20日にやりました

シークレットライブの模様なんかも入ってたり・・・・しますし~。

え、ある、1日の。動向ですね、え~、自分でカメラで撮影しております。自分で自分を。

自分の家の中なんかも、写ってたりします。ま・・・ほとんど壁。・・・・・・・しか、

写ってないんですけども(笑)(スタッフ笑)んははははっ(笑)壁しか写ってないんですけども、

自分の家の中なんで、なかなか貴重だと思いますんで、その辺も観ていただきたいと思いますね。

え~、あと、マルチアングルという形でも~。なにかが入ってるということなんですね。

これは、どこに入っているかはシークレット。え~、へ~~~え。よく考えるなっ。んふふふふっ(笑) (スタッフ笑)

え~、ま、でもなかなか色々お得感。の多い、色々入ったものだと思いますんでね、

是非みなさん、7月14日に出ますんで。是非、チェックなさって下さい。

え~という訳で、また。来週お会いいたしましょう。ばいばいっ!

| キンキラKinKiワールド | 11:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2004年6月19日『30分バージョン(内容が違います)』(みちこ)

こちらは30分ありましたが、内容が違います

(曲) ORIGINL COROL

  ~キンキキッズキンキラキンンキワ~ルド~

光「ジューンブライドだから~スペシャル!クイズ~負け犬はどっちだワ~ン!」

(曲)犬がほえています~曲に合わせて鳴き歌いしてます。なんかの曲です。

光「なぁに この曲?(けげんな感じ)」

(スタッフ笑い声)

光「フフ。子犬のワルツ?え~オープニングで まともなコーナーなのかもしれんと言った

  俺がバカでした!~やっぱり おバカでしたねぇ。まぁ~あのぉ~ジューンブライドと

  言うことで~やりましたよねぇ この前~倦怠期さん いらっしゃい!

  あの~この 曲ちょっと うるさいんですけど(笑)」


(スタッフ笑い声)ず~と流れてた曲が止まりました。

光「ひひひ~倦怠期さんいらっしゃい~。なんかもっとね~前向きな気持ちで

  やれば~いいのにね~ミョーに後ろ向き…でやってますね。倦怠期さんいらしゃい。

  負け犬でございますよ。ねぇまぁジェネジャンでも ちょと討論のテーマとして

  負け犬・勝ち犬みたいな感じでやりましたけれどもね。まぁ30までに

  結婚できなかったからといって負け犬と決めるのもねぇどーかと思うんですが~

  まぁそんな言葉が流行っているという~~~世の中でございますよね。

  30代以上の自立した未婚の女性これを このコーナーでは当てようと。

  この番組ですから~普通に当てない。リスナーに失礼事承知でワンちゃんのように

  鳴いてもらうと。~でその鳴き声の哀愁で負け犬イコール未婚の女性を当てる。

  フフフ…ほ~んま アホやなぁ~(スタッフ笑い)哀愁~普通に話ても

  難しいと思うですけど~ワンだけで~当てる…まぁ頑張りますよ。

  さっでは一組目の負け犬さん出てもらいましょう。最初は こちらのワンちゃんでーす!

  えぇ、しょうこさん」


り1「わん!!」

光「お年は~?」

り1「わん!」

光「むフフ~ え~どうでしょう結婚生活楽しい?」

り1「わん…わん」

光「今のちょっと下がったよ~」

り1「わ~~んん」

光「トーンが。今までワン!ワン!言うてたのが~ワン。あたり前や!って言う

  フインキで~そりゃ~そうじゃ~って言うフインキのワンでしたね~まぁねぇ」

り1「わん」

光「なんで~俺こんなんで分析してんの~自分が嫌やわ~~(スタッフ笑)

  旦那さんと最近チューなんかしでますか?」

り1「わん!」

光「フフフ~。あぁしてるよ!ぐらいの…フインキでしたねぇ今の。結婚何年目ですか今」

り1「わ…ん…わ…ん~わん?」

光「なるほどねぇ考えるほどの年がたっていると。なんとなく分かるなぁ~う~ん。

  そ~ですか!結婚してよかったなと思ってます~?」

り1「わん!!!!」

光「おぉぉ~あっそう。」

り1「わん」

光「はい。へぇ~。結婚してよかった~。夫婦喧嘩なんかしますか?」

り1「ふっ。わん。」

光「あっそう。どんな~喧嘩を~?」

り1「う~」

光「例えば その~テレビの取り合いとか~」

り1「う~」

光「あっテレビの取りあいとかする?」

り1「わん」

光「あっそう。さぁ~もう一人の方を呼ぼう~しほさんです!もしもし!」

り2「わんわん♪」

光「フフ。こんばんは~。」

り2「わん」

光「しほさんは おいくつですか?」

り2「わん わ~んわん」

光「あっそう。(スタッフ笑)職業は?」

り2「わんわぁわぁん」

光「あっそう。う~どうですか。結婚生活は?」

り2「わんわん~」

光「まあまあ!みたいな~感じですかね~今のは。結婚してどれくらいたちました?」

り2「わん!」

光「フッ…(スタッフ笑)こいつは~わからん!!わかりずらいわっ!(スタッフ笑)

  めっちゃ普通にワンっていうてやがる~。う~ん。なるほどね。

  まぁ旦那とまだラブラブですか?」

り2「……わん」

光「あっ微妙やな~。ラブラブじゃないの?」

り2「わ~ん?」

光「でも ビミョーな感じ?」

り2「わんわん~」

光「結婚してよかった?」

り2「わん!」

光「フフッ。~というわけで感情の起伏を表してくれたのは~しょうこさんの方なんで

  最初の出てくれた しょうこさん。~でしほさんのほうのワンといいかたは~

  なんと言うか~すべてが一定のトーンなんですよ。ねっ。だからね~

  ここはしょうこさんを信じてみようかなと~その感情の起伏というものを

  表してくれたしょうこさんを信じてみようかなと思いますんで~

  負け犬ワンちゃんは~しょうこさん!」

り1「う~~わん」

♪ホワ~ホワ~ホワ~ワ~ワ~ンホワ~(残念な音)

光「バツ?な~んやねん~。しょうこさん結婚してないいんや~?」

り1「えっ?」

光「しょうこさん負け犬や。~あ違う勝ち犬や!」

り1「はい」

光「あっ!そうや~!俺が間違ってた~~~結婚してる人を当てるんちがうんや~。

  負け犬を当てるんや!ふわははは~!間違えたっ!ふわははっは~。(みんな笑)

  俺自身も根本的から間違っても~たなぁ~。なんや~じゃ~ぁ気持ちとしては

  合ってたのに、このルールを僕は理解してなかったんか~。そーか しょうこさんは結婚して…る」

り1「はい」

光「だよねぇ~そー思ったんだもん。だから しょうこさんさっき~結婚生活は 

  どーですかったときに~微妙な…ワンでしたよね?」

り1「フフフ~。そ~ですねぇ」

光「どんぐらいですか?結婚して」

り1「2年ちょっとです」

光「あぁ~でも まだ2年ちょっと?」

り1「はい」

光「じゃ~まだ」

り1「~っていわれますけど~全然 普通の生活です」

光「あっそーですか」

り1「はい」

光「え~そして しほさん」

り2「はい」

光「しほさんは~結婚されてないと」

り2「はい。してません」

光「分かってたのに~言う方を俺間違って~。わかったよ。してないやろうな~と思った」

り2「はぁい」

光「負け犬や。そ~いう あせりはないですか?」

り2「(笑)ちょっと やっぱりね。年も年なんで~~ですけど~~」

光「30超えてお付き合いするにも~こう 慎重になったりすんすかね~」

り2「そーですね。やっぱり結婚をちょっと意識したほうがいいのかなぁ~とは思いますね」

光「なんか~こ~う恋愛だけの お付き合いはちょっと難しいかなぁ~と

  言う気持ちなったりするんですかねぇ。」

り2「は~い」

光「なるほど~まあ~でも思うけど 30歳で未婚の方なんでさ~

  あの~芸能界関係者めちゃめっちゃ~いっぱいおるからね~」

り2「大丈夫ですかね?」

光「全然 大丈夫でしょう~」

り2「え~そうですか?」

光「全然 平気ですよ~」

り2「なんか~結婚もせずに仕事ばっかりしてるのも ど~かなぁと思うんですけど」

光「いいんじゃないの~まぁいろんな問題が取り上げられてますけどもね~

  その原因の一つとしては~言い方には語弊があるかもしれませんけども~

  女性の活躍する場所が増えているからとかね~まぁそういう風に言われても~~

  いますよね?え~ いいんじゃ~ないですか~別に」

り2「そーですかね~フフ」

光「ただ問題は やはり~少子化。そーするとね~今 もめてるけど年金が 

  どーのとかねぇ。それが また問題になってくるわけですよ。もぅ~バンバン産めばっっ?

  6人ぐらい。ははっはは~。しょうこさんもっ!あの~しょうこさんは~」

り1「はい」

光「しょうこさんは子供いない~?ですよね。」

り1「はぁい」

光「もう~バンバン産めばっっ!6人くらい」

り1「あの~じゃ~男の子生まれたら~光一君の推薦でジャニーズ入れていただけますか?

光「(笑)それは~ジャニー君が判断なんで~」

り1「はぁいいい」

光「そーですか。しょうこさんは素晴らしい結婚生活を送ってください!」

り1「はい!ありがとうございます!」

光「すんません。おふかたとも ありがとうごじました!」

り1・2「ありがとう~ございました!」

光「は~~~い」

CM:体操のおねいさんとキンキのコラボレーション(笑)これって全国共通? 

光「~というわけで ジューンブライドだからスペシャルクイズ 負け犬はどっちだワン

  お送りしとります。二組目の負け犬さん出てもらいましょう~今度は

  間違えないようにしないとねっ!負け犬を当てるんや。未婚者を当てると

  いうことやなっ!~という訳で~最初は まさこさんですねぇ。まさこさん!」

り1「わん」

光「もう一方は あきさん!」

り2「ばん」

光「え~というわけで お二方ともよろしくお願いします」

り2「わん」

光「え~まさこさん!」

り1「わん」

光「ご職業は?会社員ということで~ということは社内恋愛したんですかね?」

り1「わんん」

光「微妙やな~ちょっと違う…この人怪しい~。あきさんは~診療助手?」

り2「わん」

光「診療助手をされていると…いうこでございますねぇ。旦那さんは先生?」

り2「わうぅぅぅん わん」

光「あ~違うんやぁぁ。なるほどねっ。全然違う職業の人?」

り2「わん!」

光「なるほど。めちゃめちゃ声が若そうな~20代前半の勢いの。

  声が若いですね~。もしかして~旦那は患者?」

り2「わんわん~フフフ」

光「え~ぇ患者さぁん?患者さんですか~ぁ?」

り2「わ~~~~むうん?わん」

光「うわ~こいつも怪しいなぁ~!!!なんか~そう言うといたら 

  おもしろいぐらいの勢いで~今ワンっていったような気がする~~~。

  患者さんが何度も通院してくる中で受付をしている時にね~

  何々さ~んみたいな感じで知り合ったみたいな~?」

り2「クスクス…わん」

光「この人 わからんっ!あきさんは~わからんなぁ。え~まさこさん!」

り1「わん」

光「え~まさこさん どーですかぁ結婚生活は?幸せですか?」

り1「わん」

光「ん。おぉ~あたりまえっじゃ~みたいな感じでしたね~この人ねぇ。

  お出かけのチュ-とか?」

り1「うむ~わん?」

光「してるぅ?」

り1「わんわん~」

光「フフフ~あ~してない。あ~そうやな~。結婚生活は長いですか?」

り1「うう…」

光「喧嘩 多いですか?」

り1「うう~うう~」

光「ふふっふ~この人も わからん!!(スタッフ笑)わかりず~ら~~い!全然もう~

 オープニングでいうた哀愁もクソもないわぁ~…。え~あきさんは~あの旦那さんとの

 新婚~というか結婚生活どーですか?楽しいですか?」

り2「わーーん」

光「あっ楽しい~?」

り2「わん」

光「お出かけのチューなんかは?」

り2「わぁぁぁん ふっ」

光「してる!もちろんしてる~?」

り2「わむむん~」

光「あ~んん。旦那さんと喧嘩は?」

り2「う~~~わん?」

光「あんまり?」

り2「わん」

光「じゃ~ぁラブラブなんやなぁ?」

り2「わむん~ん」

光「あ~この人 夢見てる感じあるなっ!(みんな笑)はっはは~。さぁとーいうわけで

  今回間違えんようにしないとな~~さっき せっかく当てたのにもかかわらず~

  間違ってしまいましたからねぇ。ま~わかりましたよ!負け犬~つまり未婚者…

  を当てますよ~!え~それは~あきさん!」

り2「(笑)」

♪パンパカパ~ンパンパンチャチャチャチャ~ン!当たりの曲

光「あ~っ!正解!そーいうことは両方当たってたちゅーことやねん!俺は~」

り2「(爆)」笑いが止まらないらしい~。

光「ねぇ~。あきさん笑いすぎ~い。もう~ワンじゃなくて~いいよ~」

り2「わんん」

光「あきさんは未婚者だとー。結構分かりやすかったねぇ!」

り2「え~そうですか?」

光「あ~分かりやすい!」

り2「(笑)」

光「わらいすぎや~!!何が おかしいんじゃ~ぁ!」

り2「いや~緊張してるんです!(笑)」

光「緊張すると~笑うタイプや~?」

り2「はぁい~~」

光「だって~あのう~なに~患者さん来た時にその人と知り合って結婚~そんなん無い~」

り2「ありえないですよね~(笑)」

光「それに同意したあなたは~間違いやったなっ!」

り2「(笑)」

光「でも~そんな出会いとかぁそーなんですか?ないですか~・」

り2「ないです~ぅ!お年よりばっかりなので~」

光「あ~なるほどねぇ。」

り2「若い人は来ません!!」

光「あっそう~へぇ~」

り2「若い人が来たら~緊張します!(笑)」

光「なんだそれ?(スタッフ笑)緊張すんねんやぁ~。でも神戸やから~別に~

  神戸北の方になると~山になっちゃうから~あれやけど~。若い人来ないの?」

り2「そーですねぇ~。はい!来ません!」

光「彼氏はいらっしゃらないんですか?」

り2「は~い!」

光「いな~い?あらぁ~どんぐらい?何年ぐらい?」

り2「2年くらいです」

光「あぁ~そうですか…あせりはあります?」

り2「え~ないですぅねぇ~」

光「あせりは~特に無い?」

り2「はい!まだ若いので~」

光「あ~それは いい心がけじゃないですかぁ!大切大切!」

り2「(笑)まだ~若いし~うん。」

光「うん。結婚してくれは言われた事あります?」

り2「え~昔。」

光「あった?何歳くらいのとき?」

り2「え~その2年ちょっと前の時に~」

光「なんでっなんでぇ?せーへんかっったん?」

り2「え~なんか~その時は私が あんまり好きじゃなかった(笑)」

光「うわぁ。さむっっ!(スタッフ笑)めっちゃ~さむい。」

り2「(笑)ちがうっちがう~!私がしたいときに あんまり相手にしてくれなくって

   …なんかぁこう~~すれ違い?(笑)」

光「お互いのすれ違いから~生まれて~気がつけばお互いが

  向かいあってなかった~みたいな~」

り2「そうなんですよ~」

光「そして~別れにいたったと。」

り2「は~い」

光「なるほどね~。それに比べてまさこさん!」

り1「はい」

光「あきさんとまさこさん 同じ年なんですよねぇ30歳同士ということで~。

  三十路同士ですけれども~。まさこさんは もう結婚されていると。

  何年ですか?結婚されて」

り1「1年半」

光「1年半。お子さんは?」

り1「まだです。」

光「まだですか~。どうですかぁ結婚生活は?」

り1「楽しいですよ~!」

光「楽しいって~あきさん。楽しいらしいわ~」

り2「ちょっと うらやまし~かも。(笑)」

光「ですよね~(スタッフ苦笑)まさこさん。喧嘩みたいなことあります?」

り1「喧嘩は ありますねぇ。たまに」

光「どんな~ん」

り1「ささいな事ですよ~。飲みに行って帰りが遅いとか~。ご飯作って

  待ってるのに連絡くれないとか。」

光「そーですよね。それ たしかにムカツキますよねぇ~」

り1「ちょとムカツキますよね~」

光「こっちはご飯作ってんのじゃと。なんで~帰ってこーへんのやと。」

り1「はい。帰ってこなくても連絡ちょーだいって…」

光「そーやんなぁ~~~!そりゃ~そうやわっ!あぁ」

り1「朝食べてもらいますけど~ねっ!ま~男の人 飲みに行くのはしゃーないかな。」

光「あぁ!すごい!えらい!まさこさん えらいなぁ~~~。まさこさん結婚の相手は

  どういういきさつで知り合ったんですか?」

り1「社内恋愛です」

光「あっじゃ~俺が言う」ったのが当たってたわけや~」

り1「そーですね。フフフ~」

光「いいですな~!うらやますぃ~~~!」

り1「でも なかなか出会う機会って無いじゃないですか~そうすると

  必然的に社内恋愛多いですよ~」

光「いや~多いつったて そこでゲットする人は なかなかあんまりね~」

り1「そーですかねぇ」

光「実際に結婚する人 ごく限られてるんじゃないですか?」

り1「周りに3人くらい同じ会社で」

光「なんやっその会社!(みんな笑)あ~そうですかぁ!…あきさんは?」

り2「はい」

光「病院内で~先生なりなんなり ないの?」

り2「え~!無いです!先生1人しか~いないんで(笑)」

光「そっかそっか~また ごっつ笑ってるし~この人は~わははは(笑)なるほどねっ!

  他には?受付の人とかさ~男の人おらへんの?」

り2「いないですぅ~よ~。女の子ばっかりなんですよ~!先生が両手に花状態ですよ~。」

光「そっか~。先生いくつの人なの?」

り2「40半ば頃だと思うんですけど~」

光「結婚されてるのかな?」

り2「はぁい!」

光「なるほどね~。そっか じゃ~出会いが無いとっ。」

り2「ないですね~。は~い。」

光「残念でした~!(スタッフ笑)それも~人生やで~!」

り2「そですね~。いつか いつか来る来る来る(笑)」

光「それくらいの~気持ち~~の人の方がコロッと出会いが来るんじゃないですかね?

  変にあせってる人~ほんまに全然ね~めぐり会わなかったりするから~」

り2「そうですかね~。はぁい!」

光「まぁね。まさこさん!あきさん!どうもありがとうございました!」

り1・2「ありがとう ございました!」

光「は~い!どうも失礼します!」

り1・2「失礼しま~す!」

光「わん!」

り2「わん!」

光「さっ~というわけで ははは~最後に俺も一応ワンと言うっとこうと思い。え~これ  

  正解したからってなにもないんでしょ?なんか~あれば~いいのになぁ!

  という事で この後は剛君のオリジナルTシャツが当たるキーワードの発表です!

  以上 負け犬はどっちだワンでした! 




光「はーい。今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか?負け犬クイズということでね

  ずぅーとワンワン~ワンワン言うっていただきましたけれども~。は~い。~という訳で

  剛君のオリジナルTシャツが当たる~これキーワードは あの~書いていただきます!

  え~キーワードは~そうですね~まぁWAVERというマキシシングルで。マークウエバーの

  チームはジャガーだ!・・・にしてください。はい。マークウエバーのチームはジャガーだ!

  それでお願いします。まぁ。ほんと~ほんと~細かいこと言うとマークウエバーのウエバーと

  剛君のウエバーはスペルが ちょっと違うんですが~。まぁでも~日本語カタカナにすると~

  一緒やちゅーことでね。~名前をカタカナにすこと事態 ちょっと間違ってることなんで

  まぁままま~そんな細かいこと いわんと~。えぇマークウエバーのチームはジャガーだ!

  これを書いて~ハガキを送ってください!え~受け付けは~

 

 (住所)剛君のオリジナルTシャツほしいよ~~~~の係りまで おねがいします。

 

  これ3名ですか?まぁ色いろいろある~~言いましたけれどもね。色は適当に こちらで決めさせて

  いただきますので。はい。来週も~その素敵なプレゼントがあると~言うことなのでっ!

  ぜひ みなさん来週も聴いて~~~ください!そー言う訳で みなさん また来週で~す!

  バイバイッ!

| キンキラKinKiワールド | 20:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2004年6月19日『15分短縮バージョン』(りい)

野球放送のため短縮バージョンでした

♪~ 番組オープニング曲



こんばんは~。キンキキッズ堂本 光一です。

今週も剛くんはいませーーーーん。え~、ま、ドラマ撮影の方も終わるぞっ、

というぐらいなんで・・・・しょう。きっと。え~、今夜のキンキラキンキワ~ルドは、

スペシャルでございます。最後まで聞くと~、どこにも売ってない剛くんの

オリジナルTシャツを3名にプレゼントするということなんですね。

CD。え~、マーク・ウェバーのノベルティって言うんでしたっけ?

(ガサガサ袋を開けるような音)の、Tシャツ。(またガサガサ音)ま、この・・・・・

剛くんがカマイタチ。なんでしょ?「恋のカマイタチ」という曲があるんでしたっけ?

カマイタチを、絵にした。のが、こ、胸んとこにカマイタチが描いてありますね。

剛くんがこれデザインしたというですね。これが当たるようです。

色もいろいろあるみたいですけどもね。赤や黄色や緑や・・・・紺やら~~~

ねっ、いろいろありますけども。っえ、ま、どうしたら貰えるか。

は、え~この後の「おばか」な企画を聞いてくださ~い。

え~、も、自ら「おばか」な企画とスタッフが認めてますからねっ。

え~、案外そういうときこそまともやったりするのかもしれない。わかりませんけど。

という訳で、え~まずはこの曲を聴いていただきましょ~~~。

剛くんの歌ですっ。ORIGINAL COLOR




 ♪~ ORIGINAL COLOR



え~、というわけで、おハガキ。いきましょ!おハガキ、おハガキ!

え~、岡山県にお住まいのペンネーム○○さん。、え~「みなさん今晩は。

剛さんはドラマの空き時間にミニ四駆にはまっているそうですが、

光一さんは興味がありますか?共演者のみなさんとコースも置いてあって、

頑張っているそうですよ。剛さんのマシンは、速いのかなぁ」

ミニ四駆って今でもあんねんなっ?!っていう感じですよ。この前も堂本兄弟の収録で

久々に剛くんと会ったときもねっ、なんか、ミニ四駆の部品がいっぱい (スタッフ笑)

ふはははは~(笑)。あはっ(笑)、ありました、楽屋に。あっ?!ほんまにやってんねや、こいつ~~~。

ビックリしましたけどもね。でもオレもね、ちっちゃい頃はやりましたよ!

・・・なんやっけ・・・・・・・・、エンペラーとかさっ。あったでしょ?エンペラー。 (スタッフ「ほぉ」)

あと~、こ、タイヤをなんかスポンジにしたりさ。やりましたよね。なんか、モーターは、

なんか・・・なんか、ハイパワーモーターって、別売りなやつ、なんかくっつけたりさ、

やりました。 (スタッフ笑)ん~~っ。でも、今ぁ~しないですねぇ。 (スタッフ爆笑)

なんや、やっぱちっちゃい頃っていうのは自分すごい車好きやったんで、ちっちゃい頃からね。

車好きやったんで、あの~、なんとなく自分はそれに乗っているかのような疑似?・・・・

体験?をする訳じゃないですか。(スタッフ大爆笑)今は別に、乗れるわけやからぁ・・・・。

なんか、そぉしたいとはあんま思わないですねぇ。まだラジコンの方がいいなっ!

自分で作って。 うん。あの~自分と同じ車のねっ?ラジコンをですね、自分で作るやつなんですけども。

それをね、ルーキーのドラマをやってたときに、打ち上げで頂いたんですよ。スタッフの皆さんから。

それね、自分でま、作っ・・・て。・・・・・・・・ただね、あの、あ~・・・作るやつってね

色も自分で塗らなあかんねんや。あ~、透明やねん。そのボディが。で、自分で塗らなあかん、

それがちっと面倒くさくて、ちょっと色は塗ってない

んですけどもね(笑) (スタッフ笑) 

でも、作ったんですけども。でも、よ~できてるなぁ、今の。ラジコン、よくできてる。

ぁ~~ん、ちゃんと、その、なんやろ?これ、また~聞いてる人訳わからん話になるけども

ちゃんと、デフとか・・・・・ちゃんとそういう、なに、シャフトとか、ちゃんとあんねんな。

それ、ビックリしましたね。う~~ん。ま、ミニ四駆にねっ。はまって、勝って!・・・・

どやねん、っていう。 (スタッフ笑)例えば、かっ・・・・負けた人は、ドンケツになった人

・・・・はみんなにジュース。とか。そぉことやってんのかな? (鼻すする音が・・・) う~~ん?

ま、いいんじゃないですか、こういう趣味が。出来るっていうのはね。

まぁ、好きな釣りにも剛くん行けないでしょうし。今、忙しいドラマやってるとねぇ?

え~。ま、多分、すぐ。冷めると思いますけども、んふふふふふっ(笑) (スタッフ笑)

オレの予想ですけどねっ(笑) これまでの剛くんみた感じでは、すぐ、冷めそうな気が

しないでもないですけどもね。はい。え~、という訳で。また、みなさんハガキ、是非送ってくださ~~い。



 ♪~ 番組エンディング曲



はぁい、今夜のキンキラキンキワ~ルド、いかがだったでしょうか?

え~、という訳で、剛くんのオリジナルTシャツが当たる。

これ、キーワードは・・・あの~書いていただきます。

え~~~、キーワードはですね。そ、ですね。ま、WAVERというマキシシングルで・・・・・

「マーク・ウェバーのチームはジャガーだ」!!して下さい。

「マーク・ウェバーのチームはジャガーだ」 ふっ(笑)これでお願いします。

まぁ、あの・・・ほんと、ほんっと、細かい事言うと、MARK.WEBBERのウェバーって

剛くんのWAVERとスペルがちっと違うんですけどもね。ん~まぁ、でも、日本語・・・

カタカナにすると一緒や。っちゅうことでね。

え~、名前をカタカナにすること自体ちょっ、間違ってることなんで。

え~、まあまあまあ。まあ~、そ、細かい事言わんと。

え~、「マーク・ウェバーのチームはジャガーだ」これを書いて、ハガキを送ってくださいっ。



 郵便番号 137-8686

   ニッポン放送 キンキキッズ、キンキラキンキワ~ルド

   「剛くんのオリジナルTシャツ欲しいよ」~~~~~の係りまでお願いします。



これ、3名ですか。ま、あのこれ~色、いろいろあるぅ言いましたけどもね、

色ぉ、あの適当にこっちで決めさしていただきますんで。

はい。来週も素敵なプレゼントが、あるということなので、是非みなさん来週聞いてください。

という訳で、みなさん。また来週で~~す。ばいばいっ!

 



| キンキラKinKiワールド | 18:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2004年6月12日『June bride 特別企画』(りい)

はい、こんばんは。堂本 光一です。

も、6月に入りましてですねぇ~。ま、6月といえばJune。

ねっ、June brideとういことでございますがぁ・・・。

まあ、結婚っうとね?でもあの~、この前ジェネレーションジャングル。

ジェネジャンという番組でね、負け犬、勝ち犬というね、テーマでもま、

やりましたけども。ま、その負け犬とか、そ~言葉が流行ってるんでしょう?

30代までに~~?結婚を・・・しなかったら負け犬っ?ま、そんなの人それぞれの

価値観やからねぇ。そんなん言われる筋ないわっ!って言ってる・・・人が

ほとんどだと思いますけども。ま、あの今夜はJune brideに関した企画を

やるということなんですが。ま、新婚さんいらっしゃい。パチンッ(指を鳴らしてます♪)

え~~企画なのかどうなのか。ま、あのぉ、この番組のことなんで、あのぉ、普通に

そ~いうことをやるとは思えないんですけどもねっ。え~え・・・その企画をやる前に、

今週もまたあの人が。え~登場してくれるということで。ま、剛くんの第二弾シングル

WAVER。ついにも、発売にもなりましたね。街は盛り上がってるということでございます。

という訳で、剛くん!剛くんの街では・・・発売にあたってどんな感じでしょうか、剛くん!



剛:え~ま。ぼくは地元奈良ではですね。え~、も~、そうとうも~盛り上がってると。

  も、WAVER一色でね。も~、ウェーバーぁ!というねえ~女子高生がでてきてる

  ぐらいの。え~、とにかくですね。そうとう盛り上がってるなという。ぼくは・・・

  ぼくも、もう友人からたくさんのメールなり電話なり手紙なり、頂いてますけども。

  やっぱも、そうとうになんやも、揺れ動いてると。ど~~~にかしてくれよ。っていうね。

  それくらいの勢いで、やっぱこ~、ヘルプの声が届いてきてますから。ちょっとあの、

  そろそろ静かにしろよというね、え~一声をまぁ、奈良にかけに行こうか行かないか

  一瞬迷ってる、スケジュール調節してるぐらいのことなんです。けども。

  ま、とにかくですね、堂本 剛のソロ第二弾シングルWAVER・・・がですね、

  6月9日にリリースされたわけですけれども。ま、今回の堂本 剛はですねぇ。

  やっと自分のやりたい堂本 剛ができるという感じですね。ま、前回や・・・やらして

  いただいたと・・・ときもあるんですが、やっぱりあの~~。

  ぼくの技術、才能、知識的な部分で、自分なりにま、不安なっところだらけでしたのでねっ。

  んっ、だからその・・・思う存分自分らしさを出せたのか出せてないのかっていうことがですね、

  分からないまま、なんかこう歩いていた部分もちょっとありました。

  けれども、今回に関しましてはすごくあの、確信を持って、え~、力強く歌い、

  力強くえ~作曲作詞をさせていただき。力強く音楽をできているなという感じがありますので。

  是非みなさんですね、まだ買ってないという方はですね、堂本 剛え~ソロ。第二弾シングル

  WAVER。是非え~買っていただきたいなと。そしてたくさんの人に聴いていただきたいと、

  ほんと思っておりますので、まだ聴いていないという方はですね、是非、ちょっと

  面白半分でもいいので聴いていただけたらなと、思います。そして、え~みなさんに

  この曲をお届けしたいと思います。え~6月9日リリースされました堂本 剛

  ソロ第二弾シングルWAVER収録されております。堂本 剛で「ココロノブラインド」

  聴いてくださいっ。どうぞっ!

 


   ~♪ ココロノブラインド



まぁ、また、こう。ばぁーーーーっと喋って。ま、適当なところでまた勝手に曲を

振ってしまったという・・・感じの剛くんでございましたね。




   ~CM~

 

「June bride、特別企画。あえて、倦怠期さんいらっしゃ~~~い」

・・・やっぱりオープニングで予想した通りね?新婚さんいらっしゃ~いみたいなね。

企画すんのかなぁと思いきや、「倦怠期さん」いらっしゃい。え~~~、企画。

もぉ、よくこんなことが、よく、本当に感心します。よくこぉこと思いつくなというね?

(スタッフ笑)

あえて、倦怠期さんですからねぇ。こんっ、June brideと呼ばれてる時期に。

すーーーーーっ(思いっきり息を吸い込んでます)

まぁね、仲が最初良くても時間がたてば男でもなく、女でもなくなってきちゃって、

倦怠期に陥ってしまうっていう。え~そんなカップルも多いと思いますけども。

ま、そんな奥さんに出てもらってですね、新婚の頃思い出してもらおうというね、

癒しのコーナーだということなんですが。え~、癒すのは・・・ぼく?

ということなんですけども。いやぁ・・・せないと思うんです。(スタッフ笑)

んっふっふっふっ(笑)ムリです。・・・・だぁってオレ、経験ないのんにさ、そんなぁ。

結婚の経験とかないのに、なんでオレがいや~~~さっなあかんねん。っ、う~~ん、なんか

普通~に、近所のおばちゃんどうしでぇ、「もう、家なんかもっとこうなのよーーっ!!」

なんて話してた方が癒されるそう。思うんですけども、ふふっ(笑)(スタッフ笑)

まあ、いいやぁ。え~、という訳で、出ていただきましょう。



  (以下 光:光一さん り:リスナー)



光:もしも~し?

り:もしもし、こんばんは。

光:こんばんは、どうも。名前と年齢を宜しくお願いします。

り:はい。○○○、32才です。

光:○○○さん、32才。結婚したのはいつぐらいですか?

り:21才のときです。

光:うわぁっ?!・・・っ、それはもう倦怠期やなぁ。んはははは(笑)。(スタッフ笑)

り:そうですね、もう11年経ってるんで、はい。

光:ははは(笑)・・・ぁえ~~~~~、え、21? え~、そうなんや。

  なんでそんな早よう結婚したんですか。


り:いわゆる・・・できちゃった結婚ですかね。

光:あはは~ん(笑)ふふふふっ、なぁるほど~。できてしまいましたか。

り:そうですね。ちょっと逆んなっちゃいましたね。

光:じゃあ、お子さんはもう11才。

り:そうですね。

光:なるほど。じゃ、旦那さんは、おいくつの。

り:6才上の、38才。ですね。

光:今、38才。ということは、当時27才の。・・・・でもさ、いまとなればさぁ

  38,32いうたらま、別にね?あれやけど。27,21いうたらそれなりに差を感じるよね。

り:そうですね。大人に感じちゃいました。

光:大人に感じますよね。

り:ついて行っちゃおうかな・・・っと思ってついて行っちゃったら、あれ?って。

光:んははははは(笑)なるほど。知り合ったきっかけは。

り:高校時代に行ってたバイト先が主人の職場だったんで、そこでちょっと仲良くなって

  向こうから言われて付き合い始めたのがきっかけです。

光:あっ!なるほど。正社員がバイトに手を出したという。え~~と。感じですね。(スタッフ爆笑)

り:まずいですかね?

光:いやいや、いいんじゃないですか?だって、そういう・・・

り:いちょう職場結婚ですね。

光:まぁね。え~、でも、そこでどう。こうあるかも分かりませんもんね。

り:はい。

光:え・・・結婚されて、明らかに変わった点とかあります?旦那さんの。

り:も~4,5年なんですけど、全然会話をしてくれなくなったんですよ。

光:あらっ?!えっ?だいたい何時ごろに帰ってくるんですか、旦那さんは?

り:毎日9時ごろ。

光:あ、でも毎日9時ごろには・・・

り:そうですね。帰ってきても、主人は食事してますけど。子どもがまだ5才なんで、

  下の子が。お風呂入れたり寝かしつけたりしてると、気がついたらソファーで

  寝てるみたいな。

光:旦那さん?

り:はい。

光:はぁ・・・・。

り:そうすると話すに話せない。

光:なるほどね。・・・・じゃ!頑張って下さーーーーい。(スタッフ大爆笑)

り:えぇっ?!そんな、なんかいいアドバイスないんですか?

光:あはっ、あはっあっ~~(笑)いや~も、そ、なんやろ?

  ぼくなんか全然まだ25才の、もう・・・青小僧ですよっ(笑)

り:じゃあ、もし。もしですよ、光一くんが結婚して、もし10年ぐらい経ったとしますよ。

  そして奥さんの話ってちゃんと聞くと思いますか?

光:き・・・・いや、だから・・・・・(スタッフ笑)・・・・それはねっ。

  でもあれでしょ?こう?家に帰ってきたら、「オレは疲れてるんじゃ!」

  ぐらいの・・・感じでしょ?


り:そうですね。

光:「オレは仕事して帰って来てんねん!」っていう感じなんでしょ?

り:そうですね。でも、それは結婚してからずっとじゃないですか。

光:そやなぁ。

り:最初の頃話してくれましたもん。

光:そやな。そりゃ、正しい。○○○さん。 (スタッフ笑)

り:でしょ?だから、飽きちゃったんです、きっと。

光:んぁ~~~・・・・。ちっ(舌打ちしました)、こりゃ、参ったなぁ。

  !!もしかしたら、気づかないとこで○○○さんがほったらかしてしまってる

  部分っていうのもあるかもしれないですよ?

り:ちょくちょく、ちょっかいは出すんですよ?

光:んっははははは~(笑)  (スタッフ笑)

り:でも構ってくれないんですよねぇ。

光:ちょっかいって・・・(笑)どんなちょっかいですか?(笑)

り:ま、寝てるのを起こしてみたりとか。 (スタッフ笑)

光:起こすと、ど~んな感じですか?

り:逆ギレされますね。 (スタッフ笑)

光:ふはっ(笑)、「起~~こすなよ!」っと。それは確かに寝かせて欲しいわぁ。

り:うるさい。みたいな感じで言われちゃいますね。

光:なるほどね~~~。そっか。ま、でも。なんでしょ?ある意味そこを乗り越える~・・・・。

  ん、んっ、全然アドバイスんなってないですけどぉ。そこを乗り越えるとぉ、

  すべてお互いにこう、認め合った、いいじいちゃんばぁちゃんに

  なれるんじゃないんですかねぇ。

り:えっ、それまで待たなきゃだめですか? (スタッフ笑)

光:はぁ・・・ああ・・・・・。

り:あと2、30年待てってことですか?え~、長いんですけど。

光:ふふっ(笑)そう、そう、そう。え~、いいと思いますよ。

  って、オレが言うことじゃない。(スタッフ笑)いいと思いますよなんてねっ。

  え~、ま、難しいと思いますけども。ええ・・・・。

り:じゃ、頑張ってみます。

光:でも、お互いにしか分からないこともあると思いますし、なんかこう、見えないところで

  繋がってる部分ってあると思うんですよね。ま、そういうの大切にするべきだと思うんですが。ええ。

り:分かりました。はい。

光:ええ・・・・。そうしろっ!! (スタッフ笑)

り:はい。(笑)

光:え~、という訳で、結婚経験のない。私がどうコメントしていいのか全く分からないコーナーで

  ございますが。まぁ、んっとにお幸せに。

り:ありがとうございます。

光:皆さんにも宜しくお伝えください。

り:はい。分かりました。

光:は~~い。どうも、じゃ失礼しま~す。

り:失礼します。



これ、癒せへんぞ~~~ぉ? (スタッフ爆笑)

これ、難しいぞぉ。もう1人出て下さるということなんですね。参りましょ。





  (以下 光:光一さん り:リスナー)



光:もしもしっ?

り:もしもし

光:どうもはじめまして。

り:はじめまして。

光:お名前と年齢を宜しくお願いします。

り:はい。○○、36才です。

光:○○さん。旦那さんはおいくつで?

り:35才です。

光:さ・・・・あっ!年下?

り:年下なんです。

光:どうゆう・・・結婚の馴れ初めは。どうゆ~感じで。

り:主人が社員で、私がバイトしてたところでお互い・・・  (スタッフ笑)

光:またかぁよぉ~~~~?あの、さっき出ていただいた方もそうだったんですよ。

り:あ、そうですか。ありがちなんでしょうか? (スタッフ笑)

光:あはっ(笑)それは、ふふっ(笑)ありがちなのかなぁ? (スタッフ爆笑)

り:ですかねぇ。

光:なんか、入ってくるバイトの子が、なんか可愛く思えたりするのかな?男にとっては。

  そっか~、で、付き合い始め。それが何才ぐらいのとき?


り:22でバイトに入って、23ぐらいから一緒に・・・色々遊んだりとかし始めたと思います。

光:いいな、なんかっ。ふーーーーっ。 (スタッフ笑)

  なんか・・・そのころの、なんかこう・・・・青くさ~~~い感じかなんかこう

  蘇ったりします?

り:ほとんどありません。 (スタッフ笑)

光:あ?・・・・・?ないんですか?

り:一生懸命思い出そうとするんですけども。え~蘇らないんですよねぇ。

光:例えば、こんなところに遊びに行ったなぁ、とか。

り:無理やり思い出すんですけど。いいことって思い出がないんです。

光:悪いことばっかですか?

り:もう現実のほうが重くなってるんだと思うんです。

光:今現在の。いま、どんな職業で?

り:2人とも美容師なんです。

光:ああ!じゃ、同じ美容室で?

り:そうです。

光:どう?経営されてることですか?

り:ほとんど経営っという感じで。

光:ああ、なるほど。ということは、仕事場でもずーーーっといっしょ。

り:も、ずっと一緒なんですね。

光:仕事が終わってからもずっと一緒。

り:そうなんです。それが問題なんですねぇ。

光:むふふふふふっ~(笑)なぁるほど。全っ然関係ないんですけどぉ、美容室って、

  その美容室だけの合言葉があるでしょ?

り:あ、はい。なんかありますね。

光:自分がトイレにいくとき・・・のなんか言い方とか、

り:あ、2番でーすとか、はい。

光:そうそうそう。あるんだよね。

り:うち、お昼が2番なんです。

光:へ~。面白いよね、それね。ま、そんな話どうでもいいんです。 (スタッフ笑)

り:どうでもいいんですけどね。

光:ええ、美容室でも一緒だし。帰ってからも一緒だし。・・・・は~~ん、なるほど。

り:あ、うんの呼吸にならなくてはいけないわけじゃないですかぁ。

  いかないんですよね、ぶつかってしまうと。

光:なんでですか。

り:やっぱり意見の食い違いって出るじゃないですか。

光:どうしても出るんでしょうね。

り:5年前なんですけども、開店当時にあの、お店のトイレの座椅子にカバーを

  着けるか着けないかで半日かけて討論したんです。

光:んふっふふふふ(笑)

り:で、その話の最後には、納豆がお皿に入れ替えないで出てくるのはなんでだって

  話にすり替わったりして、とっても・・・

光:え、それは・・・なに、旦那さんは、入れ替えろと?

り:あ、そうですね。納豆。入れ替えて欲しい・・・かったんですね。

  その時知ったんですけども。

光:ふふふふふっ(笑)えぇ~~~っ? £%#&*@ 細かいですねぇ、旦那さん。

  ぼくは逆に入れ替えなくていいと思う人なんですよ。


り:あ~、ありがたいですねぇ。

光:だって、も、納豆自身のあのパック自身が皿みたいなもんじゃないですか?

  わざわざねぇ、皿乗せかえると洗う手間が増えるだけですよね。


り:と思うんですけど。

光:ぼくはそう思います。 (スタッフ笑)

り:ありがとうございます。

光:ふははっ(笑)ありがっ・・・あの~~トイレカバーは、着けたいのはどっちだったんですか?

り:私です。

光:あっ!なるほど。

り:あの、やっぱり女性・・・中心じゃないですか。やっぱり冬だったので、

  冷たいなぁと思うんですけども。

光:あ、でもねぇ、オレね。逆に・・・・ちょっとお店なり、なんなりで、便座カバー着いてるのって、

  逆になんか不潔に感じることってありますよ。

り:えっ?そうですか?

光:はい。

り:着いてない方がいいですか?

光:ぼく個人的には着いてない方がいいです。

り:あ~、そうですか。

光:ま、逆にぼくは、あの、トイレ行かないんであんま、あの、解んないんですけどぉ。(スタッフ笑)

り:あ、行かないんですよねぇ。

光:はい。ぼくはトイレしないんで、あんまりそぉゆう経験な・・・解んないんですけど。

  ぼくの想像上の話ですよ。


り:あ、はい(笑)

光:ええ。ぼくの想像上の話ですけど、ぼくは逆にちょっと不潔に感じてしまうことが・・・

  ありますねぇ。


り:あ、そうですか。

光:で、例えばですよ~?あの・・・・もちろん美容室ったら女性の方がメインかも

  しれませんけども。男性も中には来るわけじゃないですか。で、そんな男性がトイレに

  行くわけじゃないですか。で、男性っていうのは~、こ~便座をガンッ!!て開けて、ねっ?

  するわけですよね。その時に、その男の人が、照準を間違えた場合・・・  (スタッフ笑)


り:あ~~、はい(笑)

光:「あっ!ここちゃうっ!!」ってところに出してしまった場合、便座カバーを着けてると、

  便座カバーが湿ってしまうわけですよね。


り:あぁ、そうですね。

光:そんな心配をぼくはしますねぇ。

り:その確率は、わりと高いですか?

光:いや~~~、それなりにあるんちゃうかぁ?

り:はあ、そうですか。

光:案外あれ、的をえ・・・得るのん難しいとぼくは聞いてます。 (スタッフ爆笑)

  ぼくは、トイレしないんで・・・えぁ~あの・・・


り:あ、想像の話な・・・

光:「なんでそんな方向にっ?!」(突然大きな声です)っていう。んっははははは~(笑)

  (スタッフ大爆笑)


り:笑

光:っていうことがよくあるらしいですよ。あの~トイレのCM。トイレ洗うCMでも

  関根さんがやってますよね?


り:ああ、やってますね。

光:男のトイレの汚れは、男の責任。みたいなね、やってるじゃないですか。

  だからね、逆にぼくはお店とかそういう所では、ぼくはぁ、無い方が。え、いいなぁと

  思ったりしますね~。


り:それは、貴重な意見を頂きました。

光:え~~、ぼくは、そうです。ま、全部全てがトイレの話に今日はなってしまいましたけれども。

  まぁ、あの、倦怠期ということで、やっぱり自分の主張というものをね、どんどん聞いて

  欲しくなるものと思います。こ~~~~、カップルなって年が経つごとに。

  それまではなんとなくこの人好きやし、愛してるし、この辺自分が我慢せなあかんなって

  云うのが有ったりすると思うんですけど。でもなんかそういうのもだんだん我慢するって

  いうのもなんか無くなってしまったりね。ええ。そこは、取り敢えずは、○○さんが、

  一度、苦しいけど、嫌かもしれんけど引いてみるっていうもの手かもしれませんけどもねっ。


り:やっぱり引くべきなんですかね?

光:一度はねっ。

り:やっばり光一くんは、わりと・・・ついてきて欲しいタイプですか?

光:や。・・・・ぼくの意見としては、男は我慢するものだと思ってます。

り:そうですか。

光:はい。

・・・・・・・・・・・。

光:ふははははははは~(笑)結構、男は我慢せなぁあかん生き物やなって思ってます。(スタッフ笑)

り:難しいですね、でも。

光:難しいですね。人はそれぞれなんで。これはた・・・ただ、ぼくの意見であって。

  別にそれが全てとも思いませんし。え~。

  ま、でも、なんとなく。ほんとに傍から感じることしか言えないんですけども。


り:はい。

光:夫婦で、美容・・・・室で一緒に働いてるって、すごくいい光景やなって思えるんですよ。

り:そうですよね。よくしなきゃって、いけないですね。

光:ひとりで1回、あの~、ビューティフルライフでも見たらどうでしょう?

り:あぁ、そうですね。見たんですけどね。

光:あはっ(笑)そうですか。 (スタッフ笑)

り:勉強できませんでした。

光:ふあっはっはっはっは~(笑)ねっ、あれは本当に悲しい結果で、最後ね。

  木村くんが1人で美容室開くという・・・最後だったじゃないですか。


り:はい。感動しました。

光:ね。もっかい見てはいかがでしょう。

り:あ、そうですね。

光:んっははは(笑)ねえ。

り:ちょっと引っ張り出して。

光:ちょっと、あん、あんた・・・・み、見ない?っていいながら。ええ。 (スタッフ笑)

り:それ、いいと思います。

光:はぁい。ま、でも、あの~ほんとお幸せに。

り:はい。頑張ります。

光:はい。じゃすんません。ありがとうございました。

り:光一くんも頑張って下さーーい、ありがとうございました。

光:ありがとうございます。便座はいらないと思いますっ! (スタッフ笑)

り:分かりました(笑)

光:ぼく個人的意見としては。は~~~い、どうもすいません。ありがとうございました。

  どうも失礼します。



え~、という訳で。ほとんどトイレの話になってしまいましたけども。 (スタッフ笑)

どぉ思う?便座?いらない。

でも、長瀬がねぇ、ずいぶん前ですけどねぇ、引っ越すってなったときに、

「家に必要なものは何か」って考えてたときに、「便座カバーかなっ!」 (スタッフ笑)

かなり熱く語ってました。ま、だから、自分んち・・・・だとはね。別にいいとは

思うんですけども。こぉいうトイレの話とかって、全ての、人類全て、生き物全ての

共通のあれやから、なんか、面白いよね? (スタッフ笑)

人それぞれのトイレの仕方もあるだろうしさ。

さっ、へへへっ(笑)という訳で、え~~以上。なんか希望に添わなかった気もするんですけど。

え~、「June bride 特別企画。あえて倦怠期さんいらっしゃい」でした。



  ~CM~

 

はぁい。今夜のキンキラキンキワ~ルド、いかがだったでしょうか。

倦怠期さんいらっしゃ~い、というコーナーだったんですけどもっ、まぁ、全っ然んっ。

癒せませんでした。え~、申し訳ない。と、いう訳でハガキの方こちらへ送ってください。

 


  (あて先)



ま、という訳で。剛くんのマキシシングルWAVERがあの~、発売になっておりますよね。

ドラマの主題歌にもなっております。剛くんの曲でございますが、ま、そちらの、是非

チェックなさって下さい。

さて、来週のキンキラキンキワ~ルドは、スペシャルです。

え~、スペシャルということで。どこにも売っていないレアなグッズをプレゼントすると

いうことなんですが・・・・。ま、このキンキラキンキワ~ルドという番組がぁ、レアと

言いつつ、いっつもしょうもないもんなんで。

みなさん、ほんまにあの~~期待してて下さい。へへへへへっ(笑)

という訳で、来週もお楽しみに~~~。ばいばいっ。 


| キンキラKinKiワールド | 18:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2004年6月5日 『堂本光一グランプリ』企画(りい)

は~い、こんばんは。キンキキッズ堂本光一です。

え~、6月になりましたねぇ。非常に早いです。一年のもう半分が・・・。

つい最近のように思いますよね、曙対・・・ボブサップ(スタッフ笑)

ふっ(笑)、なんか東京ドームにそんとき僕らがいたなぁっていう感じで

・・・んっとに早いものですけども。ま、今夜は僕が大喜びする企画だと言うことなんです。

え~、まぁ。え、僕が大喜びするったらもぉ、あれしかないでしょう?っと

いう感じなんですけどもぉ。まぁ、あの。この番組のことなんでぇ、大して

期待はしておりません。え~大して期待はしていませんしぃ、あの~・・・

逆に・・・「おい!バカにすんなよっ!」(スタッフ笑)っていう風に

思えることも多々あるんでぇ。ちょっとあんまり期待はしていないんですが。

まぁ、みなさんも楽しんでくださいっ。

という訳で。え~その前に今週も剛くん登場してくれるそうですね!

という訳で、6月9日発売の、剛くんの第2弾シングル。今日はあえて、

マーク・ウェバーと。言わしてもらいましょう。へへっ(笑)え~、WAVERという、ね

シングルですけど。んっ、ま。マーク・ウェバー。

え~ジャガーのドライバーのマーク・ウェバー。これ、お勧めポイント。

マーク・ウェバーについてっ、剛くん教えて下さい。



剛:ま、ぼく~が、やつぱり、その、ちぃちゃい頃から憧れているねっ?

  マーク・ウェバーっていう、ま、F1ドライバーがいるんですけども。

  まぁ、その方の影響も受けてっ!っていうね?え~こう、進めて

  いきたかったりしますけども・・・。マーク・ウェバー自体ぼく知りませんので。

  光一くんはマーク・ウェバーどうこうとかねぇ~よく言うんですけどもぉ。

  このWAVERというタイトルを付けたというのはですね、「揺れ」という

  意味で、心が揺れたり、え~揺らいだりという、ま、その恋愛特有のね、

  人間がこ~、いろんな感情に、え~揺れていくという。ま、それが

  恋愛でありますから。ま、今回ですね、WAVERと、題しまして、初回盤が

  3曲。通常盤が4曲収録させていただきましたので。ちょっとひとまとにして

  WAVERというタイトルを付けまして、その中にですね、3曲なり4曲が

  収録されているということなんですけども。6月9日にリリースなんですが。

  堂本 剛ソロ第2弾シングル、WAVERね。これ、も、ほんとそうとう

  力入れて今回もいいシングル、完成いたしましたんでね。たくさんの人に

  聞いていただきたいと、え~。思う訳なんですけども。ま、どんどんですね、

  あの~、ま、今年は「堂本 剛 旋風」といいますか・・・ま、風をどんどん

  ね?起していこうというふうに考えておりますので。皆さんも是非、 

  期待して応援していただきたいなと思います。それではですね、6月9日リリース

  堂本 剛ソロ、第2弾シングルWAVER収録されております。

  堂本 剛で、ORIGINAL COLORを聴いてください。ど~~ぞっ。



 ♪~ ORIGINAL COLOR



 ~CM~



堂本 光一グランプリっ!!



 ♪~BGM:(たぶんTRUTH 21c)



あ~~、いいねっ。いいよ~。音楽はちゃんとしてくれたねっ。

でも、この音楽ちょっと古いやつ違うか?古いよねぇ?ふっはははは(笑)

う~ん。これ、2000。いえ、2001年の。ちょっと古い感じしましたけど。ま、でも

いい感じです。という訳でF1コーナーが・・・作ってくれた?!

いや~。偉いよっ!!(スタッフ笑)

ただぁ、やっぱりオープニングでも言ったように、もぉ、ほんっとに、バカにした

ようなことはね、僕自身して欲しくない。あの、ナイスガイマンセルとかほんま

いらんから(スタッフ笑)。ほんまいらんで、ナイスガイ。あは~いうの出されると

ほんま、ん、バカにしてるのか?と思うから。あ~いうのやめてもらいたい。

という訳で。え、私がF1のことを熱く・・・まぁね、ラジオとかも、いろんな場所でも

語ったりしますけども。ま、それによってF1のことが好きになってしまった

リスナーが、え~、クイズに答える!というコーナーなんですね。

え~、という訳で。その2人のリスナーが登場しまして、その知識を競って頂きます。

・・・そして、勝者には・・・・。番組が用意した「キンキラF1カー」に乗っても

・・・・これ、バカにしてるやろっ?(スタッフ笑)この時点でバカにしてんねやろ?

「キンキラF1カー」てなんやの?(スタッフ笑)

ふへへっ(笑)ま、優勝賞金ということで。1万円をプレゼントするという。え~

そんなコーナーになっております。こ、「キンキラF1カー」というのが僕的には

あの、気にくわな~~い。(スタッフ笑)

ふつ~にクイズすればええんちゃうのぉ?F1についてぇ、クイズするだけでええん

ちゃうの。って僕は思うんですけどもねっ。え~、という訳で。いつのまにか

F1を好きになってしまった幸せな、リスナーをお呼びしましょう。



(以下 光:光一さん、り1・り2:リスナー)



光:もしも~し?

り1:もしもし、どうも。こんばんは。

光:ど~も、こんばんは。名前と年齢宜しくお願いします。

り1:○○○、27才です。

光:F1はいつ頃から?

り1:去年くらいですね・・・まだ最近

光:なぁん、この~。も、この~~・・・なんやぁ、あお・・・

  あ・・・あ・・・青二才がっ!ふっ(笑)

り1:笑

光:ねっ。好きなレーサーとかチームとか、ありますか?

り1:フェラーリです。

光:なんでフェラーリ・・・

り1:え、速いから    (スタッフ笑)

光:んっもう、フェラーリを好きになる資格がないっ!

り1:え、なん?(スタッフ笑)や、光一くんの影響だからですよ。

  最初F1て、スピードだけでこう、競うと思ってたんですけどぉ、

  観てみたらピツトに入ってみたり~、こ、タイヤのこととか、

  色々戦略があって~こ、競うって言うのを知って奥が深いんだなぁ

  っと思って、面白いんだなって思ったからです。

光:う~~ん。じゃ、なんで給油するの?F1て?

り1:ん?止まっちゃうから  (スタッフ笑)

光:ふっ(笑)いや、満タンにすりゃええやん。 

り1:え、したら遅くなるじゃないですか。

光:はっ!(笑)正解っ! 

り1:笑

光:んま・・・まぁ。まぁ~しょうがねぇな。(スタッフ笑)わぁ~った。

  ○○○ちゃん、わかった。

  んじゃ、もう一人。呼びますんでね。はい。

光:もしもし。

り2:はい!

光:ど~も、宜しくお願いします。

り2:宜しくお願いします。

光:名前と年齢を

り2:△△△、22才です。

光:え~、△△△ちゃんにも聞きます。F1を好きになったのは?

り2:今年です。

光:なんや~~~も。£%#&*

  コツンッ♪(机を叩く音)めっちゃ青いやん、きみ~。(スタッフ笑)

り2:すみません(笑)

光:なんで好きになったんですか?F1。

り2:いや、最初はなんか・・・全く興味なかったけどぉ、なんか。光一くんが

  一生懸命喋ってるなんか姿聞いてぇ、色々知りたいなぁとか。

光:ああ、そう。好きなチームとかは?

り2:B・A・Rホンダです。

光:ぉ~~ほぉぉぉ(笑)B・A・R?じゃ問題出すよぉ。

  B・A・Rを、B・A・Rと略さずゆって! 

り2:わかんないです(笑)

光:おお~いっ!そしたらそんなB・A・Rのファンやってる資格ないやないか!!!

  ブリティッシュ・アメリカン・レーシングや!

り2:ブリティッシュ・アメリカン・レーシング

光:あん。

り2:はい。

光:なんで、B・A・Rやねん。 

り2:え、あ・・・琢磨選手が乗ってるから。

光:うん。乗ってるからね。あ~、ま。エンジンもHONDA、日本製やしなっ。ん~。

り2:はい。

光:F1のどこに魅力を?

り2:あ、スピードとか。

光:スピード。ま、いいんですよ。そっからまず入るのは。

り2:はい。

光:よしっ!っ~~~~。じゃ、そんな2人にだねっ。・・・ちなみに

  ○○○ちゃんの方はだね、あの~ハガキがフェラーリなのよっ。

り1:あ、そうです。去年、日本グランプリ観に行ってぇ、

光:おおっ、観に行った!鈴鹿に! 

り1:ええ、観に行ったんですよぉ。

光:ほぉ~~、うん。

り1:そんときに、貰った。ポストカードで出しました。

光:あ、そうなんだ。ほぇ~~~~~。観に行くまで。

り1:はい。

光:がんばったねぇ。

り1:はい。がんばりました。

光:んぁぁぁ、そうか。え?それ、観たの初めて?

り1:初めてです。

光:凄かったやろ?音ぉ。  

り1:凄かったです。

光:めっちゃ、速かったやろ?  

り1:はい

光:びっくりしたやろ?    

り1:びっくりしました。音とか凄いし。

光:うん。う~ん。△△△ちゃんは観たことない?

り2:ないですっ(笑)

光:そっか・・・、じゃちょっと○○○ちゃんの方が分があるかもしれんな、

  今日の問題。ま、2人とも頑張って下さい。

り1:り2:はい。

光:ま、3問、出題しますけども。ま、2問先取が「キンキラF1カー」に乗ることが

  できるということなので~。これ、よく分かんないんですけ・・が・・・

  「キンキラF1カー」に乗れるらしいっ!

り1:り2:笑

光:ふっ(笑)乗りたい~?僕的には、こんなんいらんと思ってんだけどな・・・

  え~~、まぁ。がんばれっ。 

  ねっ。問題が・・・解ったらっ、F1ドライバーの名前を、え~叫んでもらう

  訳なんですが。ま、フェラーリ好きの○○○ちゃん。

り1:はいっ。

光:B・A・R好きの△△△ちゃん。

り2:はい。

光:え~・・・○○○ちゃん、「ミハエル」!!って呼んでくれればいいや。

  ミハエルねっ。

り1:はい。

光:え~、そして、△△△ちゃんは・・・琢磨ですか?

り2:はい。琢磨

光:じゃ、「たくまっ」!!んっ。

り2:はい!「琢磨」!

光:んぁ~~、一文字少ないからちょっとラッキー?かもしれないねっ。

り2:は、はい。

光:じゃあ、・・・んっ。それを叫んで下さいね。早かった方に回答権ありますんで。

  早くても、声がちっちゃいとオレは許さんっ!! 

り1:り2:笑

光:でかい声で言って下さい。え、ちなみに、出す問題なんですが~。

  すっごーーーーーーーい、簡単っ! (スタッフ笑)

  ふっっっ(笑)オレは全ぇん部解った。んっ・・・すぐ、解った。

  という訳で問題です。

 

(ジャジャジャン♪)



光:んっ?この音もなんか変えりゃよかったのに。(スタッフ爆笑)

  F1らしい感じで~。ま、ええわっ

  「一番最近行われたグランプリはヨーロッパグランプリ。このヨーロッパグランプ

  ・・・・リが行われたサーキットの名前は何でしょう?」

り2:琢磨!

り1:ミハエル!

光:ちょ~っ、琢磨の方が早かったなぁ。あ・・・っと、琢磨と叫んだ△△△ちゃん。

り2:ニュルブルクリンク



(ピンポーン♪)



光:お~~~っ、正解。ふふっ(笑)

り2:やった!

光:正解、正解。いや~、いいレースしたね。うふふふっ(笑)ねっ?

り2:はい。

光:え~~、という訳で。あはははははっ(笑)(スタッフ笑)

  あ~っ・・・とりあえず、ふふっ(笑)  

り2:やったーー!

光:ちなみに、○○○ちゃん、解った?

り1:解りました・・・・。

光:今の問題。残念やったね。じゃぁ、もっと早く答えてもら・・・

り1:言いにくい!ですね。

光:「ミハエル」(←早口)。言いにくいね、確かに。「琢磨」(←早口)て、

  言いやすいなぁ。(スタッフ笑)しょうがない。それを選んだのはあなたやから。

り1:笑

光:はい。んぇ~~、さ、続いての問題です。

 

(ジャジャジャン♪)



光:・・・すごぉい、アホらしい問題やわぁ~~ん。

  「今から4台のF1カーが通ります。その中に1台だけ僕の声が混じっています。

  さて、何台目が僕の声でしょ~~~?」では、聴いてください。



(一台目)走行音

(二台目)走行音

(三台目)む゛~~~~~~んんんんっ~~っ♪  

(四台目)走行音



光:さ、また゛。ま、ま、まだですよぉ。まだオレが叫べって言ってからですよ。

  という訳で今四台走りました。何台目が僕の声でしょ~う?どうぞっ!

り2:琢磨!

り1:ミハエル!

光:うわぁーーーっ。ちょっとここは・・・サービスやなっ。琢磨の方が早かった。

  早かったけども、ココンッ(机を叩く音)ミハエルの名に免じて。○○○ちゃんに

  回答権あげよ。どうぞ。

り1:笑。いいですか?うふふ・・・三台目。



(ピンポンピンポン♪)

 

り1:やったー!   (スタッフ笑)

光:本当は四台目やってんけどなぁ・・・ふふふっ(笑)(スタッフ爆笑)

り1:うそぉ?!

光:うそやっ!うはっはっはっは(笑)も、やぁめろやっ。こんな問題!

  んっま、バカにしてるやろ~。ん・・・まにもぉ。ねっ。 (スタッフ爆笑) 

  よしっ!という訳で今、1対1。いきますよ、第3問



(ジャジャジャン♪)



光:「今年のF1グランプリは全部で18戦。さて、そのうちアジアで行われるのは

   何戦でしょう?」

り2:琢磨!

光:はいっ。

り2:4戦



(ピンポンピンポン♪)



光:あい。正解(スタッフ笑)あ~~。△△△ちゃん、正解しましたんで

  1歩抜け出しました。2対1ですね。・・・・?あ!も、2問先取

  ですからこれで・・・も、決まっちゃった!(スタッフ笑)

り2:やったー!

光:あ~、△△△ちゃん、優勝。やったね~△△△チャン、優勝です。

り2:よかった、勉強して。

光:はぁい。優勝です。ちなみに、あと用意されてたのがねえ、「今年日本GP・・・

  で行われるのは何月何日でしょう」ってね。決勝が行われるのが何月何日。

  解った?これ?

り2:わかんない

光:10月10日やねんな。

り2:あ~。

光:ああ・・・あと、「ミハエル・シューマッハが所属するのはフェラーリ。

  では、弟のラルフ・シューマッハが所属するチームはどこでしょう」

り2:ちょっと待ってください。

光:こ、めっちゃ簡単やねん。お・・・きょ・・あ?・・か・・なんか、

  見ながら調べてるやろ~、2人とも(笑)(スタッフ笑)

り1:BMW!

光:BMW・・・なに?

り1:ウィリアムズ?

光:そ。ウィリアムズねっ。え~ウィリアムズ。すーーーっ(←息を吸い込んでます)

  という訳で、2人とも。全然、全然まだまだ青2才でございましたぁ。

  ん~っ、だめですねぇ。ということで。え~、ま勝ってしまいました。(スタッフ笑)

  オレ的には○○○ちゃんの方が勝つかなぁとおもったんですけどもね?

り1:はぁい(笑)

光:え~ま、これ名前を「琢磨」っていう言い易いの選んだ時点で(スタッフ笑)ちょっと

  勝因がそっちに行ってしまったかなっていう感じでございますが。

  △△△ちゃんには。現金1万円がげっと!できるかもしれない、「キンキラF1カー」

  に乗ってもらいます。・・・え~~っ、乗れるって!よかったね!

り2:やったーー。

光:全然「やったー」って思わないと思うよ?う~~~ん。オレはバカにしてんのかっ?

  って思いましたけどね。(スタッフ笑)え~このF1カー。どういうものかと言うと。

  え、2つの車線に車がクラッシュするトラップが合わせて3つあるということなんですね。

  それを・・・勘で。すり抜けて下さい。右!左!って。車線が2つあるってことよ、要は。

  うん。ビューーーンて走ってくると、ポイント。ピンポーンって音がするからぁ、

  それを「チェンジ」って言うか言わないか。でしょ?

り2:あ、ピンポーン鳴ったらですね?

光:そう。言うか言わないかによって~、その車線をチェンジするかしないか決まりますので。

  その「チェンジ」って言って下さい。

り2:はい。

光:え~。チェンジしたことによって、ぶつかってしまうかもしれませんし。チェンジしなか

  った場合に・・・ぶつかってしまう可能性も・・・・それは分かりません。も、勘ですっ!

  もしかしたら、全くなんも言わんでええ、すり抜けられる可能性もあるということです。

  片一方の道で行けちゃうかもしれないという。めちゃめちゃ原始的なF1のテレビゲーム

  みたいな感じ。(スタッフ笑)ねっ?という訳で、これゴールすると1万円が貰える

  ということなんで。え~、自信りますか?

り2:ああ~、自信ありますっ。

光:はははっ(笑)まぁ、どっちでもええわっ。

  と言うわけで、キンキラF1カー乗ってください。乗った気分になって下さい。

り2:はい。

光:ちなみに、F1。略さず言うと?  

り2:フォーミラー・・・ワン

光:ふはっ(笑)正解。では参りま~す。よろしいですね?じゃ、スタートシグナル

  の音もしますんで。それの合図でゲームが始まります。では、どうぞっ。



 ジャ~~~ン♪

 (走行音)

光:走っております。

 (ピンポーン!)

光:はいっ

 (走行音)

光:あ、チェンジしなかった!今の音・・・

 (ピンポーン!)

光:これっ!

 (ピンポーン!)

り2:チェンジ!!

光:あ、変わった!チェンジした。

 (走行音)

 (ピンポーン!)

 (走行音)

 (ピンポーン!)

り2:チェンジ!

 (ドカーーーーーン!)

光:っはははは(笑)ぶっかったぁ。ぶつかってもぉ~た。もうちょいやってん

  けどなぁ。

り2:はぁ。

光:も~っちょいやってんけどななぁ。おしいなぁ。今んとこチェンジ

  せんかった方が良かったらしい。ああ~~。(スタッフ笑)

  まぁ、これ、ただ、か・・・勘なんで。ええ。

り2:はい。

光:この、今乗ってもらったF1カー。今のエンジン音で考えて下さい。

  は・・・あの~、だいたい何年ぐらい前のF1やと思う?(スタッフ爆笑)

り2:笑

光:オレは解ったよ! 

り2:10年くらい?

光:ん、まぁ、だいたい正解ですねっ。

り2:えっ?あ、そうですか?

光:そっ。あの~、あんまり回転数。あんまり回ってないもんね。

  回転がねっ。音が低いでしょっ。と言うわけで、げっとなりませんでしたね~。

  残念でした、ええ。(スタッフ笑)

り2:はーい

光:ま、でも。あの~○○○ちゃんも、△△△ちゃんも。まだまだ青2才なんで、

  もっとがんばれ。ええ、ま、もっと覚えることいっぱいあるはっ!(スタッフ笑)

  あ~~ん。次。カナダやからさ。カナダもねぇ、あの・・・ねぇ、非常にB・A・R

  にとっては向いてるコースだと思うんで応援しようねっ?


り2:はい、応援しまーす。

光:ええ、という訳で。2人とも。もっと勉強して下さい。は~い。という訳で、

  どうもありがとうございました。

り1:ありがとうございました。

り2:ありがとうございました。

光:失礼~~しま~~す。勉強するように~~。  

り1:はい。

り2:はい。



という訳で。ま、あの、青2才でしたね。(スタッフ笑)

僕自身も全然ねっ、青2才なんですけどもっ。え~、この子らより知ってるはっ。

へへへへへっ(笑)(スタッフ笑)

という訳で。以上、堂本 光一の趣味のコーナーでした。(



 ~CM~



、今夜のキンキラキンキワ~ルド、いかがだったでしょうか?

ま、ま。僕的にはいつもよりは楽しかった!(スタッフ笑)

はあぁん。2週に1回はこれでいいんじゃないかな?(スタッフ爆笑)

いいと思うよ、僕は。2週に1回。う~~ん、非常に楽しくやらして・・・ま、

でも、F1の話するのってほんまにね、難しいのよ。なんやろ?ほんま、専門用語

ばっか出てくんねやろ。だか・・・なんやろ?説明するにも、しにくいのよね。

で、こ・・・説明してることによって、解りやすく説明しようとすると、やっぱり

こ、いろんなことが抜け落ちるわけ。専門用語が使えないとなるとっ。

そうするとねぇ、んっとにマニアの人にとっては「ちょっと違うで、それ」って

思われることもあったりするんですけどもね。

非常~~に難しい。専門用語抜きで話すと。

という訳で。そのへんは大目に見て。僕のトークを聞いていただければと、

思いますけれども。え~、という訳で、ま、お知らせ。

剛くんの6月9日に発売のWAVER。え~こちら、みなさんどうぞ、是非チェック

なさってみて下さい。という訳で、ハガキの方もたまには読みますので送って下さい。

 


 (あて先)



という訳で、また、このF1コーナーで会えることを期待しておりま~す。ふふっ(笑)

また来週~、ばいばいっ!






| キンキラKinKiワールド | 10:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |