Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2004年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2004年7月31日『番組ジャック権争奪 日本全国キンキラおハガキ甲子園』(りい)



はぁい、こんばんは。光一で~す。キンキラキンキワールドで~す。

え~今週も剛くんはいませ~ん。ま、夏ですからあの・・・キャンプでもしてる、と。

ま、キャンプ!ね!全く意味が分かりませんね、ボクにとっては。キャンプ。

なぁーーーんでするんですか?キャンプ。クーラー効いてて、寝心地のいい慣れたベッドで

・・・そのほう快適やと思うけど。トイレ・・・もロクに無かったりするやろ、キャンプ行ったら。なぁっ?

水だってぇ、水道もなかったりとか。

ま、でも、誘われたら・・・するかもしれませんけども、ボクもねっ。絶対自らしようと思いませんし、

で、したことが無いからこぉいうふうに言うだけかもしれません。案外ゆったらめちゃめちゃハマッて、

物凄いキャンプ好きで(スタッフ笑)、常に車にはテントがあります!へへっ(笑)(スタッフ笑)

絶対ならんと思うけど(笑)ボクはあんまりキャンプは・・・・んに合わないと思うんですけど、ボク自身には。

ま、分かりませんが。はい。という訳で、今週はスペシャルということでございます。

キンキラキンキワールド。この夏、日本全国に向けて一大プロジェクトを仕掛ける。という、ま、凄く大きなことを

言ってるんですがぁ、ま、この後日本全国のリスナーの度肝を抜くプロジェクトを大発表!

「大」まで付けんでええんちゃうか?更に最後まで聞くと8月18日に発売される剛くんのアルバム[si:]

から、どこにも売ってない、[si:]グッズをプレゼント、するということなんですね。

まぁ、[si:]グッズがどんなものなのか、そのへんもまぁ楽しみにしていていただければと思います。

では、こちらの曲、聴いて頂きましょう。え~、堂本 剛くんで「ナイトドライブ」どうぞ。





  ♪~ ナイトドライブ



はい。え~、この夏キンキラキンキワールドが、え~日本全国のリスナーに仕掛ける一大プロジェクトは・・・

『番組ジャック権争奪 日本全国キンキラおハガキ甲子園』



 ♪~ 栄冠は君に輝く (夏の高校野球の曲)



はい、やはりあんまりそんな盛り上げることでもない・・・

やっぱオレの想像・・・予想通りやったな。ハガキやった!結局。(スタッフ笑)

まぁまぁまぁまぁ、分かりますよっ!リスナーのみなさんのハガキ・・・は、大切だ。と。

それはま、勿論分かりますけども。ボクの言っていたことが当たってしまうことが、なんかもぉ・・・

読まれてるで、スタッフ。 (スタッフ笑) んん。

という訳で、っえ~どういうものかと言いますと、ま、この番組・・・は、

あのほんとにたくさんの県から、たくさんのおハガキ届いてるということなん・・・で、

まぁ中には放送してない県からも、届くと。凄いね。

ま、あの~・・・・え~今夜は、その甲子園の開幕スペシャル!ということで、え~

この甲子園、日本全国からハガキを・・・ま、貰ってる。ま、先ほども言いましたけども

みなさんの送ってくれたハガキや住んでいる都道府県の、え~代表となる訳ですね。

例えば兵庫県に住んでる子の、え~くれたハガキが兵庫県代表。と、え~、なる。と。ん~。

ま、その県が優勝すると、この番組がその県っ・・・がジャック出来る。そうなんです。

ま、ルールはまだ言え~ません。ま、ゲームに関してのルールは。ええ。

ま、ただぁ。っなんでしょ?30分丸々、キンキラキンキワールド例えば兵庫県やったら

兵庫県スペシャル。という風になるわけですね。ええ。

んましそんな大したぁ・・・ (スタッフ笑)き、企画じゃないと思うんですけどもぉ(笑)

ま、別にボクらがそこに行くわけでもないですからね?ええ。ただそのなんか兵庫県!

ん、ん・・「今日は兵庫県だぜ!!」ぐらいでしょ?ふふっ(笑)ま、いいや。

ま、その県のリスナーとだけ喋ったり、その県のリスナーのハガキを読んだりと。

その県の情報のみをお伝えする、と言うことですね。はい。

え~、日本全国のリスナーのみなさん。○○県代表と書いて、是非お、おハガキを送って下さい。

この企画には、ハガキを出すだけで先ほど言った剛くんの[si:]グッズ。を3名。

そして、番組特製の愛の光ものを100人に。

100人?!・・・・ついにも~これ、ん・・・要らんもの処分に入ってきたねぇ。(スタッフ爆笑)

ついに、100人になったか。作りすぎたんちゃうん?なるほど。

んっま、あの日本全国キンキラハガキ甲子園と書いて。ま、ハガキの裏はなんでもいいんです。

「兵庫県はなんとかだぜぇ」とか、そぉ・・・なんでもいいのかな?なんでもそぉのでもいいし、

ボクらに普通に聞きたい事、相談したいこと、そんなんでもオッケーでございますっ。

あっ!電話番号も、是非書いて・・・くれ、と言うことでございますね。はい。

宜しくお願いいたしますう。

すっ(息を吸い込んだ?)この頑張って欲しい県というのもちょっとねぇ?スタッフなりにちょっと

調べてみたらぁ・・・・(紙をガサガサ広げる音)らしいんですがぁ。

学習用地図、出版のね、方々がちょっと調査したらしいんですけれども。

小学生の高学年を対象に、47都道府県・・・名と、その場所をどれくらい知っているかを調査した。

っとね。都道府県、ワーストスリー。知られてなかった所!

ワーストスリー。第3位、島根け~ん!ふふっ(笑)第2位、山梨け~ん!第1位、福井け~~~ん!

ねっ。え~という訳で、この3つがワーストだった。これ、残念ですよねぇ?日本に住む者として、

同じ国に住んでる者として。知られてないんですよ?小学生諸君に。島根、山梨、福井県のみなさん。

ちなみに、ベスト3は、青森県。は知っていますね。そしてナンバー2、沖縄。

そして、一番知られていたのが北海道。これが99.1%。

・・・・0.9人、(スタッフ大爆笑)分からなかった人が居た訳ですけども(笑)

あ~・・・凄いね。さすがやね、北海道。わっ、だかっ・・・上と、下。端っこになると覚えやすいんやな。

なっ真ん中の方になると、「ここどこやぁ?」ってなんねんなぁ。オレもそうやもん!

結構そうだよねぇ?(マイクじゃない方向いて問いかけ)

ちょっと待って、ちょ待って~・・・とり違えやすい県名と言うので。

ま、岩手を秋田って言ったりとか、島根を鳥取っとかね。これ、字の・・・雰囲気で惑わされたりも

するんでしょうねぇ。えぇ~・・・。京都を大阪って言う人もいるんですか?!なるほど。

でね、案外ね、東京都がねぇ、案外ランキング低かったのよ。ビックリしてんけど、認知度としては

63.3%なんで。ね?結構間違える人もいるんですね。

ちなみに、ボクらの地元!兵庫県!!34.3%

ちなみにっ、剛くん危ないっ!!奈良。31.1%で、ワースト10に入ってます。

ケツからな、7番目ですから。危なかったね~。 (スタッフ笑)

やっぱりこ~、『中』に入ってくると覚えにくいんやなぁ。まだ、海に面してたほうが、まだなんとか。

こういう形やったんや、わ、分かりやすいんでしょうね?くすん(鼻)

はい、という訳でこのワーストスリーの島根山梨、福井のみなさん・・・・。

今日は開幕スぺシャルということなんでぇ・・すんっ(鼻)、この3県に電話するのか!

じゃ、まずは認知度調査、もぉいきなりワースト1から行きますか?福井県。

福井の人、もぉ寝てるんちゃうかぁ? (スタッフ笑)

んぁ~、福井県にお住まいの○○○さん。

ん~~~~~~~~~~・・・・・・っ、ピッピッピッ♪(電話番号押してます)

間違ってへんやろな?



 (電話の呼び出し音)  (以下 光:光一さん り:リスナー)



り:もしもし

光:あ、もしもし。オレ。 (♪~ BGM:栄冠は君に輝く)

り:光一さんですか?

光:いいねぇ、やっぱりあの~キミ福井県だけに言葉訛ってていいよ。

り:え、訛ってますか?

光:ん、訛ってる。あ・の・子みたい。あ・・・モーニング娘のあの訛ってる子、誰?

り:あ~、高橋 愛ちゃん?

光:た・か・は・し 愛?あのひ・・・っとも福井なん?なん、似たような訛り方してる。

り:福井ですよ。

光:あの人も福井か!あ、そう。

り:え~、訛ってないですよ(笑) (スタッフ笑)

光:ほら、一緒やん。一緒の感じやん。で、ちょっと県自慢してもらおうや、福井県の。

り:県自慢?

光:県自慢。自分の県のさ、住んでるとここんなとこがいいよ、って。

り:アピールですか。

光:ぅん。

り:しますよぉ。

光:名産物、例えばなに?

り:「へしこ」とか。

光:「へしこ」???

り:「へしこ」です。

光:なに?「へしこ」って?

り:あの・・・なんか、なんやろ?

光:なんやろ?

り:(笑)「へしこ」ですよ。

光:なんやねん、「へしこ」って?

り:あ、まぁいいや(笑)

光:なぁん、どんなもの?どんなもの?キミ、そやって「まぁいいや」ってなるから

  ワースト1になってしまうねん、県の認知度ぉ。

り:あ~、ごめんなさいよぉ(笑)

光:それ、みんなに教えたれや。こんなしつこいもんやってぇ。

り:なっ、は、はい。分かりました(笑)

光:んん。

り:えっ、なんか、お酒のおつまみになりそうな。

光:そぉいうちょっと珍味っぽい感じ?

り:そう。え、知らないんですか?

光:知らんわ・・・「へしこ」。みんな『はてな、はてな』やったわぁ。

り:え~っ?!うそぉ。

光:ぅん。これぞ!!という物ないの、なんかぁ。

り:これぞはありますよ。

光:福井で、なんかみんなが知ってるような物で、実はこれ福井やねん!っていう。

り:え~と、あ~、「カニ」!

光:「カニ」?カニの・・・カニ的にはなに?毛ガニだのなんだのあるやん、色々。

り:「越前ガニ」です。

光:あ~、よく聞くぅ。「越前ガニ」。・・・・・・福井って、どこや?

り:しっつれいですねぇ。

光:どこ?

り:えっとですね・・・。

光:これ?!(地図を見た)キミ、ここに居んのかぁ。琵琶湖の上かぁ。

り:そうです。来てくださーい(思いっきり福井訛りです) (スタッフ笑)

光:ふふふっ(笑)琵琶湖の上かぁ。

り:来てくださーい(笑)

光:ねぇ、ねぇ、これ、東京に来るためにはどういう交通機関を利用するわけ?

り:夜行バスです。 (スタッフ大笑)

光:・・・・・・・・・・。な~るほどね~~~~。え、東京には何回ぐらい来たことあんの?

り:3,4回ですかね。

光:3,4回?

り:はい。

光:「すげぇな、東京すげぇな」(福井訛りを真似てます)と思った?やっぱ。

り:うふふ(笑)なんでそんな、訛ってるんですか(笑)

光:や、そんな感じやんけ。だって、自分訛っとるやん。 (スタッフ笑)

り:訛ってませんけど(笑)

光:訛ってるって!「訛ってませんけどぉ」(福井訛りの真似) (スタッフ爆笑)

り:(笑)うるさいですよ!

光:んっははははは(笑)いいやん。絶対それ、直さんほうがええで。かわいいでそのほうが。

り:かわいいですか?

光:んん。

り:じゃあ、これでいきます。

光:ぅん、絶対そのほうがいいわ。

り:うわぁ~い、かわいい、ですか(笑)

光:はい。・・・・ふははっ(笑)おもろいな、キミ。なん、誰が福井県出身の有名人、いんの?

  先ほど言ったそのモーニング娘の高橋 愛ちゃん。他は?

り:あ、五木 ひろしさん。

光:おぉ~~~!

り:おぉ~!

光:すげぇ。

り:すっげぇで~す。

光:んな感じ? (スタッフ笑)

り:あとですね、秋元 康さんの、

光:「秋元 康さんの」(福井訛りの真似) (り:笑)(スタッフ爆笑)

り:なぁっ(笑)・・・嫁さん?

光:よ・・・嫁さん??? た・か・い まみこさん。高井 麻巳子さん。

り:ですか?

光:元おにゃん子クラブの方。(スタッフに教えてもらっている様です)なるほど。

  ま、秋元さんはねぇ、ボクらにも詩・・・書いていただきましたしね。

り:あ~、聴きました、聴きました。

光:ん~・・・。

り:どうもぉ。

光:っふふふ(笑)「どうも」?!今、誰にどうもって言ったの? (スタッフ笑)

り:どうも、どうも(笑)

光:はぁい。そぉっか、福井の人ってほんまにこんな感じなんやなぁ。

り:(笑)こんな感じって、どんなんですかぁ。

光:おもろいなぁ、なんか・・・ほんま、高橋 愛みたいな感じやわぁ。

り:一緒ですか?

光:なんか、いや、オレもあの人そんな、全然・・・番組で会ったこともあるかな?

  いや、分からんけども。なんか、テレビ見てると、あ、そんなんやんなんか。

り:高橋 愛ちゃんは、都会の方ですよ。福井の中でも。

光:あ、自分は田舎の方なん?

り:はい。ふふふふっ(笑)

光:嘘っ、そうなんや。・・・・・そうか、トイレはなに?水洗?

り:っ、失礼!(笑)

光:っははははははははははは(笑)

り:え、トイレは水洗ですよ。

光:そら、そやんな。当たり前のことゆった!

り:(笑)っもう。バカにしてますね?

光:電気通ってる?

り:失礼です(笑)

光:んっははははは(笑)

り:失礼です、めちゃめちゃ失礼ですぅ(笑)

光:嘘やって(笑)冗談やで、ぅん。

  え~、ま今度この番組でね、ハガキ甲子園なるものをやるんでぇ。

り:はいはい。

光:是非県のアピールも兼ねて参加して下さい。

り:どんどんしますよ。

光:ぅん。それで勝ち上がったら、その県をフューチャリングした番組にしますんで。

り:あ、是非。是非、是非。

光:だから、頑張ってよ。

り:頑張りますよぉ。

光:ねぇ?アピールして、全国。

り:おー。

光:うん。じゃ、ありがとう。

り:ありがとうございます。

光:ぉん。頑張ってね。

り:頑張りまーす。頑張って下さい。

光:はい。じゃ、○○○ちゃん、し、失礼しますよ?

り:元気で。失礼しますよ。

光:はぁい、どうも。

り:どうも、どうも。

光:しつれ~い。

り:はぁい。

光:は~~い。



おもろいな、福井の人。(スタッフ笑)

普通に喋ってるだけでおもろいやん。兵庫にしろ、大阪にしろ、そんなに別に

離れてるわけでもないのにな、こんな・・・に言葉が違うってのも面白いよね、すんっ(鼻)

はい。この後、残り2県ですね。2県にも電話しまっす。



さて、キンキラキンキワールド一大プロジェクト。それが、おハガキ甲子園。

そのおハガキ甲子園で、是非頑張って欲しい県のリスナーにですね、ただいま電話をしています。

という訳で、ワースト第2位の山梨県の方ですか?○○ちやん。に、電話したいと思います。

山梨県の子ですねぇ・・・・・ガチャン!ドスン!!(凄い音(^^ゞ受話器と足?)

ピッピッピッ♪ (電話番号押してます)ドン!



 (電話の呼び出し音)



り:はい、もしもしっ?

光:あ、どうも~。ワースト2位お、おめでとうございます。 (♪~ BGM:栄冠は君に輝く)

り:あぁ・・・。

光:山梨県が、認知度ワースト2位だったんです。

り:はい・・・。やっぱり。そうですか。

光:ぁん。山梨って、どこよ?どこ?

り:東京とかの近くです。

光:なぁん、東京の隣やんな?

り:はい。

光:でも、なんでやろな?東京の隣なのに、こんなに・・・・ワースト2位やってんでぇ。

り:はぁ・・・・・。

光:46位やったん。

り:46位(笑)

光:なんか、自慢なるもの無いの?

り:え、自慢はやっぱ、中田?サッカーの。

光:中田選手がぁ、山梨出身?

り:山梨出身。

光:あーーー、そうなんや。

り:うちのお婆ちゃんちの近くが家です。

光:お、そんなんや。すげぇな。なるほどね。なんか食べ物は?

り:ぶどう?

光:「ぶどう」

り:ぶどう

光:なにぶどう?

り:普通のぶどう。

光:普通のぶどう。ぶどうが美味い。

り:うん、美味い(笑)

光:キミらの住んでる周りのぶどう畑ある?

り:ない。

光:ないんか。んふふふふ(笑) (スタッフ笑)

  都会?山梨は?

り:田舎です。

光:田舎か・・・。

り:田舎です、うん・・・。

光:この番組でハガキ甲子園っていうものをやるんですよぉ。

  で、各県で対決していただいて、勝った県にはですね、この番組で・・・・

  その県を一押しした番組作りをしますんで。だから、頑張って、山梨県も。

り:はい、頑張ります。

光:ワースト2位だからさ。

り:はい(笑)

光:んふん。だから、是非それ参加して。

り:はい、参加します。

光:うん。じゃ、どうもありがとう。

り:はい、ありがとうございました。

光:じゃ~ね~。んい~~。 ギシッギシッ・・・(椅子?)ガタダタン、ガチャン!(受話器を置いた?)



最後の3位の島根県の方。いきましょ。×○(苗字)さん、○×○(名前)さん。

ん・・・・・・・・。 ピッピッピッ♪(電話番号押してます) 

ぁは・・・・ピッ、ぁは・は・・・・・ピッ♪



 (電話呼び出し音)



り:もしもし     

光:あ、もしもし。という訳で、○×○さん、ワースト3位です。島根県。 (♪~ BGM:栄冠は君に輝く)

  知られてませんよ、島根県。

り:はい、はい・・・はい。そうですね。

光:島根県は、どこ?どのへん?こっちか?

り:え、中国地方・・・・

光:鳥取の横や。

り:横です。

光:なぁっ。鳥取と島根をね・・・あべこべにする人、多いみたい。

り:あ、多いですね。

光:今もオレ、どっちやっけ?って思ったもん。

り:え~~(笑)

光:形似てるしな、鳥取と島根と。

り:そうですねぇ。長細い。

光:県自慢はある?

り:自慢?(笑)

光:うん。ゴチン!(音)

り:出雲大社とかあります。

光:出雲大社!

り:はい。地元だと、あまり行かないんですけど。

光:ぁん、東京の東京タワーみたいなもんやな。

り:え、うん・・・そうですね。

光:ん・・・・。なんか、食べ物は?

り:出雲、蕎麦?

光:ぉ、どんなん?

り:は、なんか、普通はなんか白っぽいお蕎麦じゃないですか?

  出雲蕎麦は黒っぽいというか・・・・

光:あ、蕎麦色(「そばしょく」と言ってます)が違うんや。なるほどね。

  だよう・・・蕎麦ってあれ、蕎麦粉と、小麦粉を混ぜるのね?

り:はい。

光:ま、一応蕎麦打ち名人資格をもってるオレから言わしてもらうと。

り:あ~、そうですね、はい。

光:だっ、だから蕎麦粉の分量が多いんちゃうか?たぶん。

り:あっ、じゃなくって、

光:あ、違うんか?

り:あの、蕎麦の実の、皮?

光:皮、ぁん。

り:皮を一緒に挽いて蕎麦粉?打つので、色が濃くなるんです。

光:あぁ、なるほどね。えぇ。誰か、有名人いたりす、しない?

り:あ、有名人は・・・竹内 まりやさんとか、

光:お~~~~!

り:江角 マキコさんとか、

光:ぉん

り:田中 美佐子さん。

光:うん

り:あと、佐野 四郎さんとか。

光:あ、いっぱいおるやん。

り:結構・・・・結構でもないですけど(笑)

光:ぉ・・・ん、凄いね。

り:数人ですけど(笑)

光:へ~~~っ。え~、もうずーーーーっと居るの?島根に。

り:そ・・・・え~、どうですかね?

光:いずれ、島根、離れんの?

り:自然は多いですけど(笑)、なかなか不便で。

光:あ、そう。

り:交通が不便で。

光:東京に出てくるにはどうやって、交通機関を使うわけ?

り:え~と、新幹線とか・・・・一度岡山まで行って、

光:あ、岡山まで行って、

り:そこから新幹線乗らなきゃいけないんです。

光:面倒くさいなぁ。

り:面倒くさいんですぅ。

光:東京やったらもう、八重洲行けばもう・・・新幹線、乗れるからなぁ。

り:ほんとですねぇ(笑)

光:ふっははっ(笑)

り:ほんと大変です。

光:ま、でもやっぱ自然があるのはいいよね?自然が普通に自分の周りの環境にあるって

  いうのは、素晴らしいことでしてね。

り:そうですね、はい。

光:ねっ。という訳で、今度ですね、この番組でハガキ甲子園っていうものをやるんですよ。

  で、それ・・・に勝ち抜くと、思いっきりアピールする番組になりますんで。是非、それに

  参加していただきたいと、思います。島根を、こう、ね?盛り上がらせて下さい。それによって。

り:盛り上が・・・・はい。はい。

光:という訳で、参加。お待ちしております。

り:はい、分かりました。お仕事頑張って下さい。

光:はい。ありがとうございます。では・・・

り:ありがとうございました。

光:はい、失礼しま~~~す。さよぅなら~。

り:失礼します。



はい。という訳で、おハガキ甲子園。みなさんも、楽しみにしていて下さ~い。

みなさんのご参加をお待ちしておりま~す。

以上、「キンキラおハガキ甲子園 開幕スペシャル」でした。

  



さ、今夜のキンキラキンキワールド、いかがだったでしょうかぁ?

この夏ぅ・・・・キンキラおハガキ甲子園やる!ということなんですけども、ま、とにかく全国の

リスナー県を代表して、ハガキを番組に送って下さいませ。その全国から集まったハガキの中から

優勝した県はこの番組をジャックすることが出来ますよ~、ということでございます。

ま、「キンキラキンキワールド、○○県スペシャル~」となっ。そして、この企画におハガキを

くれた方の中から、剛くんの[si:]というアルバムねっ。え~、「シーアルバム」って言うと

Kinki Kidsみたいになっちゃいますからね。ある・・[si:]っていうアルバム、からね

え~、このグッズ、ノベルティを3名。そして、愛の光もの、100名!でプレゼントします。

え~、受付は (以下、番組あて先)

ま、内容はなんでもいいということなんでね、質問、相談したいこと、ご当地自慢なぁんでも

オッケーということです。はい。        

という訳で、お知らせで~す。お知らせは8月18日に、え~剛くんのぉアルバムが、

え~発売されまーーーっす。みなさん。という訳でも一回その[Si:]という、え~海とか、

そういう色んな意味。彼女いう、色んな意味がある、アルバムになってるみたいですけどもね。

是非みなさんチェックなさって下~~~~さいっ。

はい。では、また来週でぇす。ばいばいっ!

 



| キンキラKinKiワールド | 11:28 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2004年7月24日『夏休み本番。「あなたのバイト ハイ & ロー」クイズ』(りい)



はぁい、キンキラキンキワールド 堂本 光一で~す。

え、今週も剛くんはいません。え~、もうねっ?1人って言うのはもう、なんか普通ぅになって。(スタッフ笑)

あのぉ・・・ふふっ(笑)ま、ラジオって基本的にボク苦手なんで、やっぱり剛くんがいた方がね、

いいなぁ・・・って気がするんですけどもね。え~、ま、学生の皆さんはですねぇ、今もう夏休みに入った?

いいですねぇ~。夏休みだいたい40日っ?ん~~~。大いに休んでくれっ!大いに!なっ。 (スタッフ笑)

さ、という訳で歌いこ。え~と、8月じゅ~~~~8日(18日ですね)に剛くんの「si:」というアルバムがですね

発売するんですねぇ。という訳で、その中からぁ・・・・・・・・・(以下、チョコモナカジャンボ調?で喋ります)

「アルバムの中で一番肩の力を抜いて聴ける楽曲に仕上がった。しかし、王道バラードにしたくない!

という、若干変化球気味なアプローチから、マーチングドラムが全体的に強い印象を残してるんだよねぇ。」(スタッフ笑)

というコメントが・・・ふへへっ(笑)書いてありますけどもねっ。その9曲目に入っている、「くるくる」!!という

曲をね、みなさんに聴いていただきたい。8月18日にリリースだそうです。どうぞ。

 

 ♪~ くるくる



夏休み本番。「あなたのバイト ハイ & ロー」



 ♪~ ハイ&ロー (TV番組)の曲 ~



あのねぇ、このハイ&ロー3回目なるやんかぁ?で、一番最初のね・・・一番最初バイトでしたよ。

で、なんかすごいオレ頑張るっていう気になってさ、いい感じにいい話き、なんか、聞かしちゃって

もらっちゃってさ、なんか自分を見つめなおすことできたよ。んで、それをなんか意図的に狙ったのか知らんけど、

「初めてのちゅう」という感じでさ、やったら別に全然そんないい話出て来なかったよ。

んで、またなんか、じゃぁ!ということでまた、バイトに戻った感じ? (スタッフ爆笑)

ふぁっはっはっはっ(笑)だぁめよ、そんなのぉ~(笑)ねぇっ?まぁ、も、もっかいやるんだ?なっ。

わぁった、分かった。さ、今から日本全国のどこかで色んなバイトをしている皆さんの先輩が次々と出てくる。

(以下、早口で喋ってます)まぁあの~、ボク自身ねっ、経験ないからリスナーはこの夏からでもバイト始めようとかね、

初めてバイトするんだけど不安だな、と言う人もいると思うんでね。今日はバイトの先輩出てきますんで、

参考にしてもらうのもよしっ!という感じでございますっ。(早口終了)

そして、その方の時給をボクが推測する・・・・・という訳なんですが、どのように当てるかは、

ハイ&ロー。という訳で、前に出てきた人より時給が多いか少ないかを当てるよ~。という訳でございますが。

え、この前のクイズでボクの賞金はですね、東京都の大学生の平均時給。これ、いくらだったんでしたっけ?

996円。ねっ、996円だったんですけども、今回2回目なので時給が10円アップする!ねっ。

え~、1006円。1016円。んふふっ(笑)え?あ、そか。時給だから、30分だから、その半分。

で、今回貰うのは503円。(紙をガサゴソする音)これ、今日のギャラ。ふっははははは(笑) (スタッフ笑)

いらーーーーーんて(笑)ほんまにぃ。いらんわ。でも、3円いらんけど500円貰うよ。んはゃひゃひゃひゃひゃ(爆笑)

うそうそっ(笑) (スタッフ爆笑) え~、ま、503円ということでございますね。30分だからね。はい。

ま、何はともあれこの夏今からでもね、バイト始めようとしているあなたもねこれ、あの参考にして。

なるほど、このバイトはこのぐらいのお金貰えるんだ。というようなふうに聞いていただければとも思います。

はぁい、いらっしゃ~い!

 

  (ジャジャジャン♪) (以下 光:光一さん り:リスナー)



光:もしもし

り:もしもし?

光:どうもぉ。はじめまして。

り:こ、こんばんは。はじめまして。

光:名前と年齢をお願いします。

り:○○、19歳です。

光:19歳。どこにお住まい?

り:東京都江東区です。

光:江東区。なんのバイトよ?

り:塾の講師です。

光:えぇっ?!そんなバイト?

り:(笑)うん、塾で。

光:い・・・・で、何年生教えてんの?

り:中3。

光:中3も難しいでぇ。

り:そうなんですよね。

光:連立方程式。

り:そう(笑)

光:因数分解。

  分解すんなや!と思うねんけど、オレは。

り:そういうのを、教えてます。

光:教えてる。あれ、分解することによって、なんの意味があんだあれ? (スタッフ笑)

  オレ、それが分からんねや。

り:分からないから教えるのが難しい、みたいな。

光:うん。分解する意味が分からんのよ。

り:聞かれても分からないんで、こっちも。

光:それあかんで。だからバイトなんかぁ?

り:ねぇ、なんですかねぇ。

光:ほん、本職につきゃいいじゃん。

り:あぁ、将来は先生になりたいですよ。

光:なるほど。だ、だからそやって教えることも・・・・

り:そういう訳じゃないけど

光:あ、そういう訳じゃないんだ(笑)そっか、でも偉いな。先生になりたいって気持ち持ってる人

  本っ当偉いと思う。

り:あ、そうですか?

光:オレ絶対嫌やもんっ。 (スタッフ笑)

り:(笑)

光:だってさ、長いこと学校行っててさぁ、もぉ行かんでもええ社会人になってさ、行かんでもええのに

  な~んで社会人にもなってまぁた学校行かなあかんねんって思うのオレは。オレはだよ? (スタッフ笑)

り:ん~、それは分かりますね。

光:ぅん。でもなんで先生になりたいと思ったの?

り:なんでだろ・・・お父さんが先生なのもあって。

光:そっかぁ。凄い、偉いわぁ~。偉いな、感心する。 (スタッフ笑)

り:うふふふふっ(笑)いいえ(笑)

光:感心するわぁ~。凄いな、頑張ってるな。

り:あ、はい。

光:で、なんやっけ?このコーナー???時給か!(笑)そうか、その講師の時給な。

  ま、最初やから別にハイもローもないんで。ま、どんくらいか、ボクが当てましょう。

  東京やしな、これ結構オレええんちゃうの思うの。自分、満足してる?

り:結構・・・

光:満足してる?

り:周りに比べれば。

光:おぉ~~っ。そやろなぁ、オレいいと思うもんなんか。え~っとね、1,230円。

り:あぁっ!おしい・・・。

光:1,250円。1,280円。

り:上がってる(笑)1,300円。

光:凄いな、いいねぇ、バイトにしては。

り:はい。あと交通費もでるんで。

光:へぇ~っ。すげぇ、すげぇ。はぁ・・・・でも、偉いわ。偉い、偉い。頑張ってるな。

り:はい。一応。

光:う・・・ん。ん~~~、ねっ。○○さん、頑張って下さいっ。

り:はい。頑張って下さい。

光:はい、どうも。ありがとうございました。

り:ありがとうございました。失礼しま~す。

光:失礼します。・・・・・・連立方程式か。

り:うふふふっ(笑)  (スタッフ笑)

光:さよなら~。

り:さようなら。



も、連立方程式と因数分解の違いすらオレはもう・・・・分かんなくなってきてるからね(笑) (スタッフ「分かんなくなって(笑)」)

え~・・・・・・んっ。さ、続いてのどうぞ。



  (ジャジャジャン♪)



光:もしもしっ。

り:もしもし?

光:はじめまして。

り:こんにちは。

光:お名前と、年齢お願いします。

り:え~っと、××、27歳です。

光:んおぉ、そうですか。いままでのこのコーナーん中で、最年長ですかねぇ。

り:最年長です。はい(笑)

光:ずぅーーーっとバイトされてるんですか?

り:ずぅーーーっとバイト、ですね。ちょっと学校とか行きつつ。

光:なる程。バイト、何のバイト・・・。

り:えっと、テーマパークで働いてます。

光:テーマパークで?!

り:はい。

光:どぉことすんの?

り:えと・・・私のいる部署があの、レースゲームがあるので実況とかをしています。

光:実況!なる程ね。じゃ昔のF1の実況みたいに・・・・古館さんみたいに、「さぁ、納豆走法!」とか言ってみて。

り:えっ・・・さぁ!納豆ほうそう

光:「納豆ほうそう」じゃない。 (スタッフ大爆笑)

り:あ、あははははっ(笑)

光:粘っこい走りのことをね、古館さんは「納豆走法」と言うんだな。ぅん・・・。

り:納豆走法。すいません(笑)

光:そっか、実況するんだ。あ~・・・・「何番さん、何位になりましたぁ~」とかって言ってんの?

り:そですね。オレンジバイク1位とか、イエローバイク2位。残念でした~。

光:もっと、熱く行こうぜ。 (スタッフ笑)

り:はい(笑)

光:もっと熱く。

り:はぁ、結構声、張り上げてて、今もガラガラなんです。 (スタッフ笑)

光:あ?張り上げてんねや。じゃ、結構熱くやってんねや~。

り:はい、もう喉とかが凄くなっちゃってます。

光:あほんまや、確かにガラガラやもんなぁ。

り:はい。

光:夏休みやからか、大変なんちゃうん?

り:はい。大繁忙期ですね。

光:ね。時間帯は?

り:時間帯は、12時から9時までです。

光:あ、長いね~~~。それで、ずっと1位2位とか言ってんだ?

り:はい。

光:そら大変だな。も「誰が1位だっていいよ」って心の中では思ってるよね。 (スタッフ爆笑)

  「お前、いいよ!も、1位で!!」なんて。んへへへへっ(笑)そうか。じゃね、これはねえ~、

  これはも、答えは簡単です。ローです!クスンッ(鼻)



  ~ピンポンピンポーン♪~ (正解チャイム)



光:ねっ。え~、先程の人がねだいたい1,300円とかね、その辺なんだって。

り:あ、高いですね。

光:ん~。ちなみにおいくら万円?

り:んっと、ただいま900円です。

光:900万円。 (スタッフ笑)

り:あ、900万円です。

光:これは・・・・満足いってる?

り:え~と、ちょっと喉がガラガラなので、もう少し欲しいです(笑)

光:そやんな。ある意味体使っとるもんな、結構。で、ずぅっと立ちっ放な・・・しなんちゃう?

り:そうです。立ちっぱです。

光:そうなんや。え、なんかレースクイーンみたいな格好してんの?

り:あ、いえいえ。普通のアトラクションの格好です。

光:なんや、そ、つまらんなぁ。 (スタッフ笑)

り:ちょっとつまんないです。え、制服ちょっと・・・・・

光:それなんか、レース・・・・・・のゲームやねんから、「私レースクイーンになるんで、もうちょっと

  上げてください!」(笑)て言ってみたら? (スタッフ爆笑)

り:あははははっ(笑)いいですねぇ。もっと可愛い格好がしたいので、提案してみます。

光:あぁ。まぁ、でもね、そんな期間も経ってないということで900円。徐々に上がっていくのかもしれないですね。

り:はぁい。

光:頑張ってよ。

り:ありがとうございます。

光:ねっ。え~、是非頑張って下さい。

り:はい。

光:じゃ、どうも失礼します~。

り:はい、ありがとうございます。

光:ど~~も~。



はい。とりあえずCMです。この後もまだまだ続きます。



え~、バイト時給クイズお送りしております。先程のが900円。コンコンッ♪(机を叩く)

テーマパークで働いてる、ですね。さ、続いて・・・・・・・



  (ジャジャジャン♪)



光:もしもし?

り:もしもし・・・・・

光:お名前と年齢お願いしま~す。

り:△○、20歳です。

光:△○さん、20歳。どこにお住まいで?

り:神奈川です。

光:スンッ(鼻)神奈川県。なんのバイト?

り:某野球場で働いてます。

光:野球場っ?!(声がでかいです!) (リスナー&スタッフ笑)

  なにしてんのぉ、野球場で?

り:あの、席案内とか・・・・

光:ジャビットくんと一緒に踊ってたり・・・・・してる訳じゃないんだ。 (スタッフ笑)

り:は、違います。

光:ファイアーガールズだっけ。席案内?

り:はい。とか、ファールボールの時に笛を吹いたり。 (スタッフ笑)

光:「危ね~ぞ!おまえっ!!」(声が大きいです)って?

り:はい。

光:危ないもんな、ファールボール。

り:ボールも貰えるんで・・・・

光:ボール?ファールボール貰えへんやろ?

り:貰えますよ。

光:え、今って貰えんの?

り:あの、練習中は回収なんですけど、試合中はプレゼントしてます。

光:えっ?!変わったでしょ、これは?

り:そうですね。

光:昔は、回収やったよ。ファールボールは。

り:あ、そうですか?

光:ぁん。ホームランだけプレゼント。

り:あ~・・・。

光:でも、ファールボール・・・・絶対あれ・・・・隠すけどね。みんな。 (スタッフ笑)

  ガーーーーッ!取ってパァーーッ!!隠すけどね。「無いよ、無いよぉ」って。ぅん・・・。 (スタッフ爆笑)

  そっか、席案内とかか。へぇっ、これちょっと想像もつかないバイトやったなぁ。

  さっきの子が900円なんですよぉ~。でテーマパークで働いてた子なんですよ。

  なん結構ま、体使っとるなぁと思ったのね。体使う?結構、△○ちゃんの仕事は。

り:使わないです。

光:使わない!

り:立ってるだけなんで・・・

光:ふふふふふっ(笑)答えますっ。ローです。

 

  ~ピンポンピンポーン♪~  (正解チャイム)



光:おぉっ!敢えて、ハイかなぁと思ったんですけどもね。 (スタッフ笑)

  はぁい・・・・。いくらですか?

り:760円です。

光:760円。自分、満足いってる?

り:はい。

光:あ!満足いってる~。

り:野球がただで見れるんで。

光:お~~~~っ!どこ好きなん?

り:巨人です。

光:巨人好き。誰の?

り:條辺投手です。 (スタッフ笑)  (57:條辺 剛 投手ですね)

光:渋いとこきたなぁ。條辺投手。どうよ、堀内巨人。

り:あんまり・・・・良くないですよね?

光:んふふっ(笑)ま、もうちょっと頑張って欲しいよなっ。まぁ一応貯金ある状態で折り・・・

  折り返したけどな?うん・・・。

り:はい。

光:ま、お、オレねぇ・・・・・ん~・・・もう1年くらいやっぱ原さんにやって欲しかったなぁ。

り:そうですよね。

光:あ、そう思う?△○ちゃんも。

り:そう思います。

光:気が合うねぇ。巨人ファンか。偉いぞっ!うん・・・・ねっ。 (スタッフ爆笑)

  じゃ、頑張ってバイトして下さい。

り:はい、ありがとうございます。

光:で、ボクの分も現場で巨人を応援して下さい。

り:はい。解かりました。

光:ねっ。では、またお会いしましょう。はい、さようなら~。

り:ありがとうございました。

光:どうもありがとうございました~。



なる程ねぇ。面白いねぇ。そういうバイトもあるんだね、「ピーッ」って笛吹くんだ。 (スタッフ笑)

%#&*£って(笑)あ~ん、面白い。え~・・・・・・んな、続いてのバイトさん!



  (ジャジャジャン♪)



光:もしもし

り:もしもし

光:お名前と年齢お願いします。

り:×○、19歳です。

光:どこにお住まいで?

り:横浜市です。

光:なんのバイト?

り:っと、披露宴での照明と音響をやっています。

光:披露~~宴の!照明と!音響! (スタッフ笑)

  あ!(笑)ちょっと、キクチさ~ん(笑) (スタッフ笑)

  堂本兄弟のプロデューサーのキチクさん・・・いるよ、ちょっと~~~(笑)

  なにしてんのよぉ~?ちょっと・・・・×○ちゃんも、キクチさんにさぁ、堂本兄弟への

  要望があったらキクチさんが居るから言っていいよ。



  (以下 キ:キクチP)



り:(笑)堂本兄弟ですか?

光:うん。

り:っと・・・・Kinkiの2人の一問一答が聞きたいです。

キ:あ~、なる程ね。

光:あひゃひゃひゃひゃ(笑)やったよ、んなっ?

キ:むか~しね。一門・・・・一問一答じゃなかったもんね、コーナーが。

光:あ、そっか!一問一答ではなかったんだ。

キ:うん。でもたぶん、どっかで・・・やるん、ちゃうの?(笑)

光:んふっふっ(笑)だって!

り:はい(笑)

光:×○さん、だってさ。(笑)他になんかないの?堂本兄弟に対する批判、要望・・・・

キ:批判?!あはははは(笑)

り:っと、何度か収録見に行ったことがあるんですけど、(キ:あぁ、ありがとうございます)っと、Kinkiの

  トークの部分がすごい編集されちゃってるんで、(光:うひゃひゃひゃひゃ(笑))それをなんか

  まとめてスペシャルとかで放送してもらいたいです。

キ:ほんとあの、勿体無いくらい喋ってますよね。あの・・・・・スタジオに来たお客さんだけの

  お楽しみみたいなんなってる。

光:あぁ~、そやんなぁ。だっ、少年隊なんかもっ・・・・・、短い短い!オンエア!!

キ:ふっふっ(笑)

光:ビックリするくらい短く感じたね。あ、お・・・オンエアね。

キ:凄いね、盛り上がって長かったけど、

光:ぅん。

キ:僕はね、緊張してて(笑) 

光:あ~、んはははははは(笑)

キ:上がりたおしてる素人みたいな(笑)

光:£%#&あの~(笑)出慣れてるやん!キクチさん。大丈夫ですよ。

キ:いや、そんなこと全然ないですよ。

光:あ~・・・・・・ん。すんません!あ、じゃあ、あのキクチさんどうも、時間大丈夫なんですか?

キ:ありがと、大丈夫です。ありがとうございます。大丈夫です、失礼しました。

光:どうもありがとう。キクチさん、すんまへん。すんまへん、すんまへん。 ガチャガチャッ(ドアの音)

  さぁ、×○ちゃん。

り:はい。

光:という訳で、え~話がちょっとずれましたがぁ、えぇと・・・・ふふっ(笑)なんのバイトやったっけ?(笑)

り:披露宴での・・・ (光:あ~、そうだ、そうだ。) 照明、音響です。

光:そうか、そうか、そうかそうか。そらぁすごいね、2つやってんだ?

り:はい。

光:なんか、失敗ごとある?

り:んと、部屋を暗くして、新郎新婦が入場するときにスポットをつけようとしたら、

 他の所に当てちゃったことがあります。

光:あぁ・・・・それはね、コンサートのプロでもあるのよ。

り:あはっ(笑)はい。

光:「オレ、そこちゃうっっ!!!」 (叫んでます)みたいな。うはははははははっ(笑) (スタッフ爆笑)

  「えぇーーーーーっ?!」って(笑)。うん。そらあるからね、大丈夫よ。

り:はい(笑)

光:うん。これ、ちょっと、全っ然想像つかない。 (スタッフ笑)

  冠婚葬祭系の仕事。いくらぐらいぁんやぁぁんなぁ・・・・・・・?さっきの子が760円、野球場か。

  え~、答えは、ハイです。

  

  ~ピンポンピンポーン♪~  (正解チャイム)



光:凄いね、当たるねオレ。当たった。いくらぐらいなの、だいたい。

り:だいたい1,000円

光:ぁつっ・・・・そんなに貰えんのぉ!満足してる、自分で?

り:はい。大満足です。

光:なるほど。いいよね、それはね。それぁお金貯めてどうするんですか?

り:勿論Kinkiのコンサートに行ったりCDを買ったり、します。

光:もぉ~・・・・・・でも、もうKinki Kids解散するからもぉ、お金貯める必要もないで。 (スタッフ笑)

り:じゃぁ、解かりました。

光:ふっはぁっはははははっ(爆笑)解かりましただって(笑)うそぉ~っ。まだまだ頑張るでぇ。

り:はい。

光:Kinki Kids。

り:これからもご活躍を期待しています。 (スタッフ笑)

光:きみ、結婚式場じゃないんだからさぁ、そんなっ堅くしなくっていいよ(笑) (スタッフ爆笑)

り:はい(笑)

光:もっと軽く行こうぜぇ。んぁ~、なっ?頑張りますんで。2人で。Kinki Kids。

り:はい。頑張って下さい。はい、2人で。はい。

光:両方とも応援してくだせぇ。

り:勿論応援します。

光:はい。ありがとうございます。じゃ、頑張って。

り:はい、ありがとうございます。

光:えぇ、照明、音響頑張って。じゃ、どうもありがとうございました。

り:ありがとうございました。

光:失礼いたします~。

り:失礼します。



今日はなんか、色んなバイトさんが・・・・出てきましたね。なんか、自分の知らんバイトってのも有ったしね。

ん、結構でも照明とか音響やってんのもバイトだったりするんだねぇ?ふぅん・・・・もっとちゃんと、なんか

そういう「一筋ぃ!」みたいな人が (スタッフ笑) やってんのかと思ったけど。案外そうでもないんですね。

なるほどっ。え~、塾講師も1,300円だと。んで、テーマパークでの実況役。これ900円。

野球場の席案内。760円。結婚式場の音響などが、1,000円。

やっぱりちょっと大変そうだなって思うのはちょっと若干高い・・・・・・イメージやよね。

という訳でっ、なんの参考にもならないと思いますけどもね。 (スタッフ笑)

こんな結果でございました。以上「バイトクイズ ハイ&ロー」でした。

 

えっと、お知らせです。8月18日に剛くんのソロアルバム第二弾 [si:] が発売されます。

え~、海の「sea」、彼女の「she」、見る「see」。え~、色々かけているみたいでございますけれどもね、

全16曲入りで、え~、タイトルの・・・・タイトルも変わったのが、有りまして。「ビーフシチュー」とか、

「くるくる」とか、りゅ~ぐう~のつかい(「リュウグウノツカイ」)とか、え~なんか変わったのがね、どんな曲なんでしょうかね

気になりますけれども。え~、ま、この番組でもかけていきますので。え~、8月18日発売のようです。

是非みなさんもチェックなさって下さい。

さて、え~、来週のキンキラキンキワールドはスペシャルのようです。

え?日本全国に向けて、一大プロジェクトを仕掛ける、という。まぁ(笑)、よく分かりませんがぁ、

日本全国に向けての一大プロジェクトを仕掛けるということなんですね。

そのプロジェクトの発表を来週大々的に行うということなので、そちらも期待してて下さい。

そしてこのプロジェクトに参加すると、剛くんのアルバム [si:] のノベルティグッズが抽選で

当たる、ということでございます。え~、聞き逃さないよう、宜しくお願いいたします。

では、またお会いしましょう。来週です、ばいば~い。





| キンキラKinKiワールド | 11:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2004年7月17日 「Kinki Kiss2 発売記念初めてのKissハイ&ロー」クイズ(りい)



はぁい、こんばんわ~。堂本 光一で~す。キンキラキンキワールドで~す。

剛くんはおりませ~ん。んま、どんぐらいいないかな?3ヶ月ぐらいいないですか?

この前のオレと、どっちが休んだ?同じぐらいか、そろそろ。よぉ~っしっっ! (スタッフ笑)

休みではな・・・張り合うなよな。え~っと、14日にKinki Kiss2 

Single SelectionというのがDVD・・・ま、ビデオもありますけれども。

発売されました。こちらは~、ま、ビデオクリップ集になっております。

え~内容的には、「情熱」から「ね、がんばるよ」までの曲をねっ、

え~・・・ま、プロモーションビデオが入ってま、プロモーションビデオっていうのは

なかなか・・・んっ、全部目を通すっていうのは、なかなか無いと思うんでね、

え~、皆さんも是非観ていただきたいなと思いますが。

ま、今夜はそのキンキラキンキワールド。Kinki Kiss2にかけた、新企画をやろう!

ということでございます。ま、どうせながら・・・どんなんやかなっ。という訳で、

その前に歌を聴いてもらいましょうかねぇ~。剛くんの歌で~す。「スクリーン」どうぞ。



 ♪~ スクリーン



「Kinki Kiss2 発べぇ・・・い記念(笑)初めてのKissハイ&ロー」



 ♪~ 「はじめてのチュウ」(アニメ:キテレツ大百科より)



いや、タイトルコールで躓いてしまいました。言えてなかったからね・・・。

え~・・・これ、ま用は、なんや?ちょっと~同じ企画をちょっと変えただけですよね。

えぇ。ついにちょっと、企画自体を考えるのも面倒くさくなったスタッフという

感じもしますけどもね。 (スタッフ笑)前回、なんか・・・ええ話・・・ええ話じゃないけども

なんか、自分を見つめなおすいい機会になったんですよね。

もぉ、ダメですよ。 (スタッフ笑) そんなええ方向に行くと思ったら、も~無理ですよっ。

同じこと2度狙えません。ねっ。ま、あの・・・Kinki Kiss2 Single Selectionという

DVDの発売を記念しての企画ということです。え~このDVDはねっ、ま、先程も

言ったようにね、すんっ・・(軽く鼻をすすってます)ま、そのビデオクリップ。

そして、え~・・・・・ま、スペシャルリールと言いますか、にですね、え~なんか、

剛くんはずぅっと、すんっ・・・(鼻)なん、ギター1本持って歌ってるところがなんかは、

はい・・・入ってるみたいです。ふふふっ(笑)ん、んで、ボクの方はですねあの、

ずっと一日を密着してね自分でカメラ回して撮ったりとか。だから、あの自分ちの・・・壁!

というかが見えたりなんかもねっ、しますし。

お得な内容となっておりますんで、皆さんも是非チェックなさって下さい。(ここだけすごい早口です)

え~ま、あの、このハイ&ローなんですが。ま、先程も言いました。

初めてのKiss。ということなんでぇ~・・・ま、その女性の初めてのKissの年齢を、

ハイかローかで調査する。調査なんてそんな偉そうなもんじゃないですよね、これ。

ん~、多分ちょっとなんか、スタッフの下心が見えてるんちゃうか?ええっ? (スタッフ笑)

ま、どのように当てるかは先程もタイトルコールにあったようにハイ&ロー。

え~前に出てきた人よりその年齢が上なのか下なのか。こぉ、当てるということですね。

よしっ!1人目。初めてさん、どうぞ。



 (ジャジャジャン♪)  (以下 光:光一さん り:リスナー)



り:もしもし

光:はぁい、どうも。え~、お名前と年齢宜しくお願いしま~す。

り:○○です。18歳です。

光:○○ちゃん、18歳。どこにお住まいですか?

り:埼玉県です。

光:埼玉け~~ん。えぇ。今彼氏はいるの?

り:(笑)いないです。

光:いない。ま、18歳。まぁ大学生か、今。今まで彼氏がいたことはある?

り:はい。

光:なるほどぉ。・・・・。よぉし。ま、別にね、あの○○ちゃんに関しては

  別に当てるもくそもないんで。普通に聞いてもいいんですけど

  なんとなく普通に聞くのも胸くそ悪いんで、あの~、当ててやろうかなっていう気になってます。 

り:お願いします(笑)

光:自分自身早いと思う? 

り:いや、そんなことないですねぇ。

光:そんなことないと思ってる、自分で。

り:はい。全然そんなことないです。

光:なるほど。ま、別にこれはあ、あの先程もいったように当てる当てない、

  べつっ関係ないんですけどもね。あの~、ちょっとゲーム性を高めるために

  ボクも当てたいと思うんで。

  ボクが思うにぃ~、あなたは、16歳であ~る。どうだっ?

り:当たりです。 (スタッフ「おぉ(笑)」)

光:おっ?!当たったぁ。すげぇ、オレ。はぁ~~ん、これ、誰と?

  16歳んとき、彼氏?  (スタッフ笑)

り:はい。

光:んっも、めっちゃスタッフが「どこや、どこやっ」ってもぉ、めっちゃうるさいねん(笑)

  どこで? (スタッフ爆笑)

り:っと・・・、踏み切りです。

光:なにをしとんねや、おまえ!踏み切りはちゅうするとこちがう!(大声です)

り:はぁい。すみません(笑)

光:踏み切りは電車が通り過ぎるの待つところでしょ!ねぇ、あなた。

り:はい(笑)

光:はぁ・・・・。どうやった?初ちゅーんときの感想は。

り:困りましたね。向こうからだったんでぇ、なんやねんこいつ!って思った。

光:そう。カンカ~ン言うてる所で。赤いランプが点滅し~の、自分のランプも

  点滅し~の・・・・意味分からんやん。 (スタッフ爆笑)ぶははははっ(笑)

  いいな、いいな~。っ、でも16歳て早いんちゃうかぁ?

り:いや~、そんなことないと思いますねぇ。

光:なんで、早いよぉ。

り:あ、でも中助のうちにもう終わっちゃってる子って結構、多いじゃないですか今。

光:ぅおい、おぉい。そういう・・・・ちょっとおじさんが悲しくなるようなこと・・・・

  言うなよ  (スタッフ爆笑)

り:はい(笑)

光:そうか。で、で、今彼いないの?

り:はい。

光:ま、いい彼がまた出来るように。

り:はい(笑)

光:え~、別に祈ってへんわっ。んはっはっはっは(笑)  (スタッフ笑)

  うそ、うそ(笑)ま、いい彼、出来るといいな。

り:はい。頑張ります。

光:頑張ってちょ!はぁい、じゃありがとね。ほれじゃ~ね。

り:はい。失礼しま~す。

光:はぁい。ばいちゃ!



よしっ。ま、これを基本としてね、ハイかロー当てていくわけでございますね。



 (ジャジャジャン♪) 



光:もしもし?

り:もしもし

光:え~、お名前と年齢宜しくお願いしま~す。

リ:××、22歳です。

光:××さん、22歳。どこにお住まいですか?

り:え~っと、埼玉県です。

光:職業は?

り:薬剤師をやってます。

光:彼氏は?

り:い・・・ます。一応。

光:おぉっ!お医者さんじゃないのぉ? (スタッフ笑)

り:違いますよ(笑)そんな玉の輿狙ってないですよ。

光:あ、そうなの?看護師~?

り:いや、あの~。結構前から続いてる人なんで。

光:あ、全然職業関係ない感じなの。

り:同じ学校だったんですけど。

光:じゃぁ、彼氏も薬剤師なんだ。

り:はい。

光:へぇ~~~。じゃぁねぇ、個人、自分的に・・・・・・

  ちゅーは、早かったと思う?遅かったと思う?

り:う~ん・・・遅い方だと思います。

光:何歳やろなぁ。ま、先程の子が16やったんで。これはもう簡単でっすよ。「ハイ」です!

 

 ~ピンポンピンポーン♪~  (正解チャイム)



光:ねっ。ここはまぁ、間違わないでしょう。

り:簡単すぎましたかね。

光:ボクはね・・・××ちゃんはね、ボクの推理18やと思う。

り:あ?!なんで分かるんですか?  (スタッフ笑)

光:んふふふふっ(笑) オレすごくね?

り:なんか、悔しい。 (スタッフ笑)

光:凄いやろ?なんか、分かる。

り:えっ、なんで?

光:やっぱりなんさか、薬剤師・・・ま、そういう、そういうところで

  なんか色んな偏見持つのおかしいけど、薬剤師で、ねぇ、しっかり学校出て、

  国家試験受けてっていう、そういうねっ?なんかん~、自分の道を

  あの~・・・ここに行くんだって向かってる人だなってっていうふうに感じたんでね。

  こぉ、早からず遅からずなんか、順当なラインいってるんちゃうかなっ?って

  思っただけ。ただ単に。

り:う~ん。なるほど。 

光:18やったな。えぇ、それはなに、え~、そんときの彼?

り:え、今の同じ彼です。

光:おいおーーーーーーーい!もう~。結婚しちゃえ、もう。 (スタッフ笑)

り:(笑)え~、まだそれは分かんないですよ。

光:4年付き合ってるんだ。

り:3年半ぐらいですかね。

光:3年半ぐらい。あぁっ、で、18歳。そうですか。はい。ま、ありがとうございました。

り:あ、はい。ありがとうございました。

光:じゃ、失礼いたしまする。

り:はい。これからも頑張って下さい。

光:どうもありがとうございます。

り:失礼しま~す。

光:はいはい~、さよならっ!



いや、おもしろいねぇ。 (スタッフ笑) う~ん。18歳。この後もハイ&ロー、続きます。



という訳でKinki Kiss2 Single SelectionというDVDの発売を記念して

リスナーのファーストキスの年齢をセクハラのように聞く・・・というスタッフ趣味の

コーナーをボクは付き合わされてる感じなんでございますけどもねぇ。(スタッフ笑)

はい。続いての初めてのちゅーさん。

 

 (ジャジャジャン♪)



光:はい、もしも~し?

り:もしもし・・・。                               

光:おほっ?!名前と年齢お~願いしま~す。

り:△△、19歳です。

光:19歳か、なんだ。もっとじゅう・・・・・3、4歳かと思ったよ。なんか。 (スタッフ笑)

り:すみません(笑)

光:「もしもし」って言った瞬間

り:あぁ、よく言われます。

光:な、なんか幼く感じましたぁ。 (スタッフ笑)

  え~、ねっ。先程の薬剤師さんはですねぇ、18歳が初めてのちゅうだったんですね。

  え~っと、△△ちゃんはどこにお住まいですか。 

り:私は福岡です。

光:福岡・・・ですたい。

り:えっ?

光:「えっ?」って言われちゃった。 (スタッフ笑) よ、よかぁ~・・・とか言うんでしょ?

り:あ、言いますねぇ。

光:うまかぁ~・・・とか。

り:(笑)バカにしてます? (スタッフ爆笑)

光:バカにしてないよ~!好か~ん・・・とか。

り:言いますねぇ。

光:出ないね、でもね。出していいよ。

り:あぁ。は・・・なんか、バカにされそうなんで止めます。 (スタッフ笑)

光:いやいや。バカにしてへん。だって家のじいちゃんばぁちゃんが長崎やったからぁ・・・

り:あ、近いですね。

光:そう。そっちの言葉慣れてるもんオレ。うん。今、彼氏は?

り:一応。

光:いる。ん~、ま、さっきの子は18歳ということでございましたぁ。

  え~、△△ちゃんは19歳なんでぇ・・・

  う~~~ん・・・福岡。どうなんやろ?自分では早いと思う?遅いと思う?は、は、初ちゅーは。

り:ん~、そうですね友だちに言ったら早いって言われましたけど。

光:んぉおおおっ?! ゴチン!(机を叩いた?) ちょっと待てよぉ。

  ま、でもこれはとにかく答えは合ってますよ。ローです。

 

 ~ピンポンピンポーン♪~  (正解チャイム)



光:ん・・・・。これは分かります。答えは分かりますけどもぉ、

  何歳かも、これちょっと当てたくなってしまうんです。   

り:じゃ、当ててください。

光:当てるよ!さっきまでも当たってたもんね?オレね。えっとね・・・じゅう~7です!



 ~ブーーーーーッ!~ (不正解ブザー)



光:あ、外したぁ~。答えは?

り:13です。

光:っ! カランッ(ペンを転がした?) おい、ちょ・・・・#&*@、

  おまえ早いわぁ、それわぁ~。 (スタッフ笑) 

り:(笑)そうですか?

光:中~学校ぉ???

り:そうですよ。

光:1年!

り:いや、2年です。

光:2年で、13っ・・・・・!生まれてまだ13年しか経ってへんねんでぇ?

り:あっはっは(笑)そうですね。

光:ねぇ?どこでしたん、そんな中学んときに。

り:もちろん学校ですよ。

光:ふっ(笑)・・・・・・・・ちょっと、ボクに・・・・教えて。どういう状況だったんか。 (スタッフ爆笑)

り:あははははっ(笑)

光:うわ~、詳しく教えてっ!

り:え~・・・放課後。ですね。

光:学校の、どこ。

り:教室。で。

光:他に人がいるやろぉ。

り:いや、放課後で、部活終わった後なんでぇ、いなかった。

光:教室の中で、んっも、ドキドキやろ?(笑) 授業中もドキドキやろ?

り:いやっはははは(笑)ちょっと、へんに・・・変な感じですよね。 (スタッフ笑)

光:うわぁっ。めっちゃ、羨ましい。全くそぉいう感覚って味わったことないもん。 (スタッフ爆笑)

り:いやぁ、どう・・・・・(笑)おかしい。 (スタッフ笑)

光:なにがおかしいんやっ!!笑うなよ、オレの人生!んふふふふっ(笑) (スタッフ爆笑)

  オレの人生、笑われたで。19の小娘にぃ。

り:(笑)バカにしてるじゃないですか。

光:ふふふっ(笑)いや、13は早いで。

り:え、じゃあどのぐらいならいいんですか?

光:え?

り:何歳ならいいんですか?

光:結婚するまでとっとき!!!

り:あははは(笑)今時いません、そんな人。 (スタッフ笑)

光:んはははははっ(笑)そら、そうやな。そらそや。ま、でもぉ13・・・

  中学生は早いよ。だめだめ。まだ義務教育も終わってないねんで?

  義務教育ってどいういことか知ってるか?親が、バシン(机を叩く)

  子ども・・・・ん・・・・が、学校に行かな・・・・行かせなきゃいけないという。ねっ?

り:知ってますよ。

光:その・・・・その学校で!バシン(机を叩く)親が行かせなければならない学校で! 

  (この間机を連打!)君は勉強するやなくて、ちゅーをしたっっっ!!! (スタッフ爆笑)

り:(笑)勉強してましたって。

光:んっとにぃ。なんや、それ。

り:おかしいですよ。

光:その人とは、付き合ったんか。

り:あ、勿論です。

光:どんぐらい。

り:え、聞きたいですか?

光:ちょっと待って~~~。ちょっと待って、ちょっと・・・・ちょっと、ちょっと待ってなぁ。

  これ、ありがちなパターンちゃうか? (スタッフ爆笑)

  当てたろか?

り:はい。

光:5日。

り:違いますよぉ。

光:あ、違うか。どんぐらい?

り:えっと・・・・1ヵ月ちょっと。

光:あぁん、似たようなもんや。5日も1ヵ月も変わらへん。30日くらいしか変わらへん(笑)

り:30日って、結構でかいですよ。

光:でかくねぇや。ちょっと待って、計算するから。 (スタッフ笑)

り:でかいですよ。

光:720時間や、たったの。

り:でかいですって!

光:君はまだ19年しか生きとらんからなっ!ああん。だからぁ、

  だった19年の中の1日っていうのは長いんだよ。(スタッフ爆笑)

り:また、バカにされそう。

光:君、弄るのおもしろい!なんか、虐めたくなるなぁ。

  え、なんか話してて面白い子やなって。 (スタッフ爆笑)

り:ああ(笑)どうも。

光:こ~、とってもこう、愛嬌あるなって感じがする。

り:あ、それはありますね。

光:ふっ(笑)自分で言うなや。んふふふふっ(笑)自分で言った。あ~、ま。幸せになってよ。

り:光一くんもなって下さい。

光:あぁ・・・ありがと。 (スタッフ笑)

り:ムリだと思いますけど(笑)

光:んっはははははははは!(爆笑) (スタッフ大爆笑)

  面白い、君。ほんと、面白いよ。

り:どうも~。

光:オレ、あんたスキだよ。

り:(笑)

光:ゴメンな、剛いなくてなぁ? (スタッフ笑)

り:ほんと、残念ですぅ。  (スタッフ笑) 

光:ふははははははは(笑)あ~ぁ、オレ君スキだよ。うん、スキ。はい。じゃ、ありがと。

り:ありがとうございました。

光:なんのコーナーだか分かんなくなっちゃった、オレは。

  ねっ、じゃぁ、また。Kinki Kids宜しくお願いしま~す。

り:はい。どうも。

光:はい。失礼いたしま~す。



はぁ~・・・・面白かったなぁ今の子は。弄りがいのある子やったです。

え~、13はちょっとねぇ?ビックリだなぁ。でも、自分も普通や言うてたし。

こぉいう世の中かぁ~、なんか淋しいねぇ(ボソッ)

最後の人かな?

 

 (ジャジャジャン♪)



光:はい、もしもし

り:もしもしぃ?

光:んふっ(笑)今のもしもしで分かった。めっちゃ、友だちみたいな言われ方したな、今。 (スタッフ笑)

  あはははっ(笑)え~、お名前と年齢をお願いします。 

り:×××、20歳です。

光:仕事は?

り:コンビニで、バイトしてます。

光:今、彼氏いんの?

り:いないです。

光:いないんかぁ。

り:はぁい。

光:さぁ!という訳でねぇ、あなたの初ちゅうですよ。これは、もうねぇ、

  さっきの子13歳やったんで、も、これはもう

  プスプサーッ!!って、い、今もう答えちゃいます。ハイ!



  ~ピンポンピンポーン♪~  (正解チャイム)



光:そりゃ、そうやろぉ。さっきの子・・・じゅ、13ですよ!13より

  下っていうのあり得ないでしょ?ちょっと。ねぇ。

  だから、あなたのぉ初ちゅー、ボクは今から当てますよ。

り:はぁい。

光:それは、ちゃんと彼氏としたの?

り:はい、そうです。

光:あぁ~。いい恋やった?

り:うん!いい恋でした。

光:うぅぅぅん。そか。分かったよ。あなたの初ちゅーの歳が。15!!



  ~ブーーーーーッ!~ (不正解ブザー)



光:んっく、く く く く くっ(笑) 何歳? (スタッフ笑)

り:きゃっはっはっは(笑)え、17です。

光:あ、17か。結構順当だね。

り:あ、ほんとですか?

光:あんまり、あんまり早いとなんか~・・・・なんか、焼きもち妬くやん?

  んふふふふふっ(笑) (スタッフ爆笑) 25歳の男がなぁ。

  んっな、焼きもち妬くやん。そんな、そんな若くしてさぁあ、さっきのじゅう、13歳の子なんか

  ・・・・・ほ・・・放課後に~。・・・・・・・教室でちゅうをした言うてたもん。

り:あ~、いいですねぇ。

光:ムカツクわぁ。

り:すごぉい(笑)

光:自分も高校生でしたね。それはど、どこでしたの?学校か?

り:遊園地で、初デートでした。

光:なぁん、おまえもムカツクなぁ。それもまた、ムカツクでぇ、十分。 (スタッフ笑)

り:いやぁ、ごめんなさい。

光:ん・・・なに、遊園地。観覧車か?

り:帰り際に。

光:ちゅーは帰り際か。

り:はい。

光:あ~、どっちから。

り:・・・・・・・・・・。

光:どっちからした?

り:向こうからですね。

光:んぁ~。と゜う思った、自分。

り:なんか・・・よく覚えてないです。ドキドキしてきて。

光:・・・・・・・・・・・・・・・・・・。えぇ~なぁ、そぉいうの!!(大声) (スタッフ大爆笑)

り:(光ちゃんの声に)ビックリした(笑)

光:そういうのぉ、無いわ~。そういう経験。で、今・・・・・

り:えっ?!無いんですかぁ?

光:そんな経験無いぃ!!んっとにぃ(怒)

り:うそぉ?

光:だって、もう、だって、働いてるもん。

り:ああ、そっか。すみません。

光:12歳ぐらいから働いてんねんで?

り:あ~、そうですよね。

光:そうすると、そんな学校で、なんか恋して、教室にいるだけでドキドキ♪みたいな。

り:でも、近々絶対いいことありますよ!(スタッフ「みんなに励まされてるの(笑)近々(笑)」)

光:無いよ。無いっ!

り:ありますよ~。大丈夫ですよ~。

光:無い無い。んんっ・・・。

り:あります。きゃはははっ(笑)

光:オレ、無いよ。仕事が楽しい。

り:そぉんなこと言わないで下さいよ。

光:ええやん。仕事楽しいの一番やんなぁ?一番と思うわ。まあ・・・ (スタッフ笑)

り:頑張って下さい。

光:でも、自分も彼氏いないんやろ?

り:今いないですねぇ。じゃあ、お互い頑張ります。

光:あぁ、そやな。頑張ります。ん・・・・・、頑張れや。 (スタッフ笑)

り:はぁい(笑)頑張ります。

光:好きな人はいるのか?

り:好きな人は・・・・・・あの~、え~、やっぱ気になる人が。

光:ぅん・・・それだけで楽しいやん。

り:そうですね。楽しい。

光:そやろ?ま、頑張ってくれ。

り:きゃはははっ(笑)はい。頑張って下さい。

光:はい。はいはいっ。そいじゃぁね。

り:はい。さようなら。

光:さいなら。

り:はい、失礼します。

光:失礼します。



いや~~~~っ。なぁんだろ・・・・・・・・感想もないね。別に感想はないっ!! (スタッフ笑)

(笑)という訳で。え~、以上。クイズ「ハイ&ロー」でした。



はぁい、という訳で。今日はなんか、終始おかしな気分でございました。 (スタッフ笑)

ただね、あの~1つ思うのはね、やっぱりなんか、青臭くてさぁ。

なぁん、どっちかって言うとなんか~幸せな話じゃない。どっちかって言うとよ?

だからまぁ、悪い気はしないけどねっ。 (スタッフ笑)

んえぇ・・・・ただ、コメントは・・・はぁ(溜息) 差し控えさしていただきます。 (スタッフ笑)

さ、という訳で。たまにハガキ読みますので、こちらまで。



 (あて先)



では、また来週ですっ。ばいばいっ!!



| キンキラKinKiワールド | 11:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2004年7月10日 「夏休み本番。あなたのバイト ハイ & ロー 」クイズ(りい)



はぁい、こんばんは。Kinki Kids 堂本 光一です。はい。今週も剛くんは残念ながらおりません。

ま、たぶんあの・・・魚と会話でもしてるんじゃないでしょうか。

(以下、電波状況悪で聞き取り不可)っからこいよって話も、

そんなことないと思うんですけども(スタッフ笑)

さ、今夜のキンキラキンキワールド、新企画(以下、電波状況悪で聞き取り不可)

色んなことやってるね~。最近すごいね~。がんばってるよ、スタッフ。仕事してんねやぁ。ふはははははっ(笑)

がんばってる、がんばってる。まぁ、ほんとに、こう・・・また、なんか新しいことをやるということですね。

という訳で、その前にえ~、曲。聞いていただきましょう。剛くんで「スクリーン」どうぞ。



 ♪~ スクリーン



「夏休み本番。あなたのバイト ハイ & ロー 」



 ♪~ ハイ&ロー(TV番組)の曲



ま、さっき凄くあの~、「がんばってる、がんばってる」てボク言ったんですけど。

これ、パクリですよ。ねぇ?なんか、そーゆー番組見たことあるんですけど・・・

いや、首捻られてもね。思いっきり、有りますよね!へへへへっ(笑)

まぁ、ええわ、ええわ。え~。まぁボクは、あの~バイトの経験ってのは

ないんですよね。ええ。ま、リスナーの方は夏、バイトを始めようとしている、人もね?

え~、多くいると思います。ま、その方々に是非参考にして欲しい・・・・て、

参考にならないでしょ?たぶん、ねっ。まぁ、あの・・・今から日本全国のどこかで

色んなバイトしてるみなさんのえ~、先輩が次々に出てきます。その方の時給を、

ボクが推測するコーナーっていうことで。ま、どのようにえ~、当てるかは、

先ほどもタイトルコールにあったように、ハイ&ロー。つまり前に出てきた人より

時給が多いか少ないかを、当てるってことなんですね。これ、ボク当たって

なんかいいことあんの?んあっ?オレは?「喋りだすと、F1とお金の話しかしない」

お金の話なんかしないじゃん!オレ!ど~ことだ?!(スタッフ笑)

「F1とお金の話しかしないので、このクイズに参加するだけで、東京都の

大学生男子の平均時給。996円を差し上げる。というか、この番組30分番組なので、

それの半分を差し上げる」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

オレに?・・・・・・・ふふふっ(笑)(何かの金属音と紙をカサカサさせる音) 

や、なのでちゃんと頑張って下さいって言われても。 (スタッフ笑)がんばろっ!!

・・・・って言わせたかった?ふーーーーっ(溜息)。はいっ。

ん~ま、バカにされてる感じがするんですけども。(スタッフ笑)

まずは、1人目のバイトさ~ん。



 (ジャジャジャン♪) (以下 光:光一さん り:リスナー)



光:もしも~し。

り:もしもし。

光:お名前は?

り:○○○です。

光:○○○さん。年齢は?

り:18歳です。

光:18歳ってことは高校生ですね~。え~、どこに住んでるんですか?

り:神奈川県の横須賀です。

光:横須賀ですか。なんのバイト?

り:ファミレスでバイトしています。

光:ファミレス!!まぁ、どんぐらい?

り:1年半・・・ちょっとくらい。

光:1年ちょっとぐらい。ね、バイトって何年やったからって上がったりすんの?

り:え、あ・・・10円上がりました。

光:1時間10円て、凄いじゃん!

り:はい。凄いです。

光:やったぁ!(スタッフ笑) だいたい時間帯教えて。

り:5時から9時とか・・・

光:そのくらいやってるのねっ。よしっ!ま、とりあえずはこの方、

 一番最初なんでね。これは別に問題としては、アレやけど。

  ま、一応ま、予想、ボクたてようかなっ。なんぼやろ?えっとね、780円。

り:おしい。

光:おしい?

り:760円です。

光:あ~、おしかったぁ~。20円多かった。自分、満足?これ。

り:もうちょっと上げて欲しい。

光:もうちょっと欲しい。ほとんど毎日やってるの?

り:あ~、週4日ぐらいです。

光:あ、大変やねぇ。週4日くらい。だいたい4時間ぐらい?

り:平日は4時間とか・・・

光:じゃ、1日で3,040円も稼いでるんねや。

り:そ、です。

光:で・・・・週4日。

り:4日。

光:えーーーーー!12,160円も・・・・週に。1週間で。

 すごいや~!どーすんの、そんなお金。

り:コンサートとか。

光:はぁ~ん、ほんま涙が出るね~。どぉしよ? (スタッフ笑)

  こうやって頑張ってくれてるんやな。ちょっとこ~言う話を

 聞けたのは今日の収穫や。

り:キンキのために(笑)

光:うわぁ、も、ど~しよ!頑張る、オレ!! (大きな声です(笑))  (スタッフ大爆笑)

  オレ、頑張るよ、仕事!

り:頑張って下さい。

光:頑張るよ。

り:いっぱいやって下さい。

光:いや~、こんな、ラジオで頑張らなあかんという気にさせられたのは

  凄いことだ。○○○ちゃん、凄いぞ。 (スタッフ笑)

り:ありがとうございます。

光:そやな。こやってみんなバイト代で、コンサートとか来てくれてるんやもんな。

り:はい。

光:ありがとうな。じゃ、上がるといいね、もう少しね。

り:はい。

光:あ・・・ん、じゃこれからも応援して下さい。

り:頑張って下さ~い。

光:はい。じゃーね、どうもありがとう。は~~い。

  

なるほど。この値段を基準にハイ&ローをやっていきたいと思います。

え~、760円でしたね。それでは、次のバイトさん、いらっしゃ~い。



 (ジャジャジャン♪) 



光:もしもし

り:もしもし~?

光:お名前と年齢を宜しくお願いします。

り:××× 18歳です。

光:高校3年生?

り:はい。

光:え~、どこにお住まいですか?

り:東京の練馬区です。

光:これも結構~。ねっ!場所によっても色々あるでしょうね。

り:はい。

光:先程の人はま、神奈川県横須賀。東京の練馬区。

   やっぱ都心の方がいいのかな?オレそういう基準は、

   全くオレぇ~分かんないんですよ。やっぱ都心の方が・・・。

り:都心の方が高い。

光:高いのかなぁ。う~~~ん、なるほど。なんのバイトですか?

り:っと、某ファーストフード店で働いてます。

光:ファーストフード!ファミレスの方が取り扱ってる食品類の

  値段っていうのが高いのがあるじゃないですか。

  ファーストフードの方が手ごろな値段で売っているという印象やん。

  だからといって、んっ、バイトの・・・・あれがファーストフードの方が

  安いということもない・・・だろうし。

り:はい。

光:うわーーーーーーーーっん!これ、難しいなぁ~~。

   あ~ん・・・・。どんぐらいも、やってるの?

り:3ヶ月ちょっと。

光:3ヶ月ちょっと。上がった?

り:上がらないですね。

光:上がらないっ。んも~、やり始めたときから同じ。

り:はい

光:なるほどっ。え~、先程の方はね760円で、×××ちゃんは・・・

  これはねっ、800円台行ってると思うんですよ。

  だから、「ハイ」!



 ~ピンポンピンポーン♪~ (正解チャイム)



光:よしっ~~~~!きたっ!!答えはいくら。

り:800円です。

光:ぅお~~~っ。凄いじゃん、オレの。800円。 (スタッフ笑)

り:はい。

光:満足してる?

り:満足です。

光:あぁ、満足。ま、でもだいたい、週どんぐらい行ってるの?

り:週3・・・です。

光:週3ぐらい。ということは・・・・・・月ま、4、5万・・・

り:6万・・・・ちょっとです。

光:あ、そんないくか。頑張っちゃうね~。

り:はい。

光:なに使うの?

り:もちろんコンサート行く為ですよ(笑)  (スタッフ笑)

光:も、ど~してそんな・・・・んっまになぁ。さっきの子もそう言ってくれてん。

り:あ~、そうですよ。みんな。

光:そっかぁ。さっき○○○ちゃんにも言ってんけどぉ、

  まぁ×××ちゃんにもほんまに心から感謝やし・・頑張るわ。

り:はい(笑)

光:その期待に応えられるよう。これからも仕事頑張ります。

り:はい。応援してます。

光:はい。じゃ~では、失礼します。

り:失礼します。

光:は~い、どうも。

り:は~い。



・・・・・・・・。なんや、ええコーナーになっ・・・・・てしまってない? (スタッフ大爆笑)

こういう展開になるとはボクも予想もしてなかったんですけども。あ~ん。

という訳で、この後もこのバイトクイズ、え、続きますが、1曲聴いて下さい。

え~、剛くんで、「ココロノブラインド」



 ♪~ ココロノブラインド



さ、という訳で、「バイト時給クイズ」。先程の女の子、800円。

一番最初の子は760円、そして800円と。これ、「ハイ」でしたね。

800円ということでございます。すんっ・・。(軽く鼻をすすってます)

続いてのバイトさん。



光:もしもし    (ジャジャジャン♪)      (←声とかぶってます)

り:もしもし

光:え~、名前をお願いします。

り:○○です。

光:○○さん。年齢は?

り:19歳です。

光:大学生?

り:あ、短大です。

光:短大生。なるほど。え~、どこに住んでますか~?

り:横浜です。

光:神奈川県、横浜。あ、じゃ最初の子と同じ場所や。

  ま、ま・・・神奈川の横須賀と横浜ですからあれですけども。

  なるほど。なんのバイトを?

り:コンビニです。

光:またぁ~~~。ん、びみょ~なとこきたなぁ~~~んっ。コンビにっ! (スタッフ笑)

り:はい。

光:だいたい何時ぐらいの?

り:んっと、お昼の1時から、夜の10時までです。

光:結構やってんなぁ。9時間働いてるよ。

り:はい。あ、でも1時間休憩あります。

光:あ、じゃあ8時間。よ~働いとんなぁ。普通のサラリーマン並のぉ

   ・・・・労働時間や。

り:そうですね。

光:ぉ・・・・ん。これ、何年ぐらいやってんの?

り:え~っと、10ヶ月です。

光:10ヶ月目。最初に入ったときから上がった?

り:上がりました!

光:いくら上がった?

り:70円。

光:すごいアップじゃん!!  (スタッフ笑)

り:(笑)

光:70円もアップ?おわ~~~っ、すっげぇ。じゃ、

  た、例えば8時間働いたらさぁ、1日560円も上がったってことやで?

り:そうですね。

光:70円。70円やな?上がった・・・・・・ことも踏まえて。

  今、いくら、なのか。先程は、800円でした。こ~れはどう考えても!

  (突然大きな声です!)  (り:「ビックリした~(笑)」)

  なぁ?じゃ、答え、ボクは言います。「ハイ」です。



 ~ブーーーーーッ♪~ (不正解ブザー)

 

光:へ~~~~~~っ?! (声がひっくりかえってます)

り:笑

光:まじでぇ?正解は?

り:790円。

光:えーーーーっ!じゃ、前はぁ、720円だったんだ。

り:はい。それぐらいでした。

光:あ~、そっか。じゃ、始めた頃っていうのはまだ大学生じゃなかった。

り:そうですね。高校生・・・だったんで。時給が低いまんまで。

光:あぁ、そう。そっか。なるほどね。でも高校3年生のさっき・・・

  出てくれたファーストフードの子?800円やったんや。

り:凄いですね。

光:ん~。あ、でもやっぱ東京と神奈川っていう差もあんのかなぁ。

り:あ、それはあると思いますね。絶対。

光:そんなに違うもんなんや。

り:うん。

光:はぇ~。都心になれば高くなんねや。

り:そうですね。

光:へ~っ。これ・・・・なに。お小遣いっていうのはもう親から貰ってないの?

り:貰ってないですね。でも、なんか欲しいときに貰う。

光:なるほど。うん。これ、何に使うの?

り:色々、コンサートとか・・・・

光:またっ。 (スタッフ笑)

り:聴いてきちゃいます。

光:んっも~~~、3人ともそうやわっ。ほんまぁ、ありがたいわっ。ん~。

り:はい、そうです。

光:頑張るわっ。

り:はい。頑張って下さいっ!

光:期待に応えられるよう、頑張る。

り:はい。

光:う・・・・ん。頑張るぞっ!いや~、ありがたいですね。ええ。ま、でも、頑張ってー。

り:はい。

光:うん、大変やと思うわ。バイト。オレ、した事無いから分からんけど。

  頑張るから、オレも。

り:はい。頑張ってください。応援してます。

光:はい。ありがとうございます。

り:はい。

光:では、失礼いたします!どうも。

り:ありがとうございました。はい、失礼します。

光:ありがとうございました。失礼しま~す。



あぁっ。なんか改めて自分も頑張らなあかんな。と。言う風に、

え~、思うコーナーでしたねぇ? (スタッフ笑)まぁだ2人いんのかぁ(笑)

・・・・・・!んなん・・・・そんなに、さっき貰ったこの~お金指されても。 (スタッフ笑)

「おまっ、あげたやろ!」ぐらいの勢いやったな、いま。ちゃんとあげたからやれ!

言うくらいの。んははははは~(笑)え~、いま790円になったのね。

わぁ~った。次の方、いらっしゃ~い。

 

 (ジャジャジャン♪)



り:もしもし

光:お名前お願いします。

り:△△△です。

光:何歳ですか?

り:20歳です。

光:はたち~。もう大人じゃないですかぁ。

り:なったばっかりなんですよ。

光:年金払わな、なぁ?

り:ああ、そうですね。

光:ちゃんと払わなあかんで。

り:はい。

光:お住まいは?

り:山口県です。

光:山口県!結構東京から離れちゃいましたねぇ。

 今まで関東でしたもんねっ?なんのバイトでしょ?

り:ガソリンスタンドのカードを、お勧めする仕事をしています。

光:ほぇ~?え、どういうふうに?

り:運転席に行って「どうですか?」っていう。

光:は~、なるほどね。で、時間帯はどんぐらいなんでしょ?

り:えっと、11時から19時が多いですね。

光:わかった。え~、前の子が790円でしたぁ。大学生だからねっ、

  若干高校生とかよりはぁ、よくとってくれてんじゃないかと思うんで。「ハイ」!



 ~ピンポンピンポーン♪~ (正解チャイム)



光:おしっ!!いかがでしょう、実際?

り:800円です。

光:800円。やっぱこのへん行き来するんだね。

  800円。ぁ~ん、自分的にどう?800円て。

り:いい・・・方ですかね。

光:あぁ~、いいなと思ってる。満足?

り:はい。

光:そっか。んの~、バイトでためたお金はどうすんの?  

  コンコンコンコン♪(リズミカルに机?叩いてます)

り:とりあえず、貯金ですね。

光:貯金か!大切だよ!!貯金が大切ーーー、ねぇ。

り:はい。

光:何のための貯金?

り:これからの

光:これからの!何に使うんやーーーーーっ?

り:旅行とか、行けたらいいなぁ。 (スタッフ笑)

光:行こう!行こう!旅行、行こーーーーー!

   やっぱ自分のために使うのが一番やで。

り:はぁい。

光:ちなみに前の子ぉ・・・・3人とも・・・・あの・・・・・・・・コンサートとかに

  使うって言ってくれててんけどねっ。 (スタッフ大爆笑)

り:ああ、使ってます。もちろん(笑)

光:あはははははは~っ(笑) パチンッ♪(手を叩いた?)

  いや、ほんまもう、みんな今話来た子全員に言ってるけど、

  オレ、頑張るわっ。ねっ。△△△ちゃんもがんばって。

り:はい。がんばります。

光:じゃ、ありがとうございました。△△△ちゃん。

り:頑張って下さい。

光:はい、はーーーーい。ありがとね~。

り:ばいば~い。



え~、最後になりますね。現在800円。さ、800円以上なのか、

それとも、それ以下なのか。最後の方、どうぞ~。

 

 (ジャジャジャン♪)



 『プーッ、プーッ、プーッ、プーッ・・・・・』 (電話話中の音)



切れてるやーーーーーーーーーーーーーーんっ?! (とんでもなく大っきな声)

んはははははは~(笑)んもぉ、めっちゃおもろいがな(笑)これでいいんちゃうか

も~、おちとして。 (スタッフ爆笑)ふはははははっ(笑)はい。いらっしゃ~い。

 

 (ジャジャジャン♪)



光:もしもし

り:もしもし

光:やぁっと繋がったぁ

り:ちょっと電波が悪くって

光:電波悪いんか。じゃ、しゃあないな。え~、お名前お願いします。

り:はい。○×○です。

光:○×○ちゃん。何歳ですか?

り:18歳です。

光:18歳。高校生?

り:いま専門学校1年です。

光:専門学校・・・行ってんだ。そっか。バイト何やってるの?

り:某牛丼チェーンで働いてます。

光:オレも悲しいねぇ。 (スタッフ笑)

り:そうですか?やっぱりそうですよねぇ。

光:あぁん。オレも好きやからさぁ。かなりお世話になってたし。

り:~、早く帰ってきて欲しいと思ってます。

光:そやんなぁ。大変やった、やっぱ、あんときは?

り:そうですね。あの、牛丼がなくなるときはお客さんが切れなくて・・・

光:あ~。っといっぱいね、お客さんが来て。っで、なんかメニューが

  変わってってなるとさぁ、変わるわけやん、自分らの仕事も。内容もさ。

り:はい。

光:したら、大変やったろ?

り:そうですね。なんか、結構牛丼よりも作るのに時間がかかる・・・のもあるんで。

光:あぁ、なるほどね。そら、せやな。だいたい時間帯はどん位で?

り:時間は夜が多いですね。

光:夜!

り:はい。5時から9時、10時とか・・・そんな時間帯が。

光:ああ、10時ぐらいまでやってんねや。どこにお住まいでしたっけ?

り:東京の八王子なんですけども。

光:東京。東京でも、八王子。

り:はい(笑)

光:これまた、びみょ~な位置ですよ、これ。これ~、判断基準としてぇ。 (スタッフ笑)

  うん・・・・どう判断するかなぁ。えっ、どんぐらいやって・・・・んねやろ?もう。

り:えっと、今度の夏頃に・・・3年目になります。

光:おーーーーーっ!長い。頑張ってるねぇ。上がった?

り:ちょっとは。

光:どんぐらい上がった?

り:20円、上がりました。

光:20円上がった。っんやろなぁ・・・前の子が800円でしょ、800円より上か下か。

  はいっ。答え言います。「ロー」!



 ~ブーーーーーーーッ♪~ (不正解ブザー)



光:あ~。答え、教えてください。

り:時給820円です。

光:820円。本日の最高額で~す。

り:あ、そうなんですか?

光:はい。やっぱりこれ・・・こ、土地・・・・・によってあるみたいですね。

り:あ、そうですね。

光:やっぱり、ちょっと遠くになると。神奈川県と東京都じゃ、またちょっと違うみたいだね。

り:はい。そうです。

光:ねっ。ん~、820円。じゃ、20円上がったってことは、最初800円やったねや。

  これ、お金ためてどうすんの? 

り:キンキのコンサートに・・・

光:んも~~~ん。ほんまにねぇ。も、君らは偉い!

り:ありがとうございます(笑)

光:今日はみんなそぉこと言ってくれた。

り:そうなんですか?

光:ええ。頑張りますっ。その期待・・・・を裏切らないよう、頑張ります。

り:はい。頑張って下さい。

光:ええ。という訳で、バイト頑張って。

り:はい。ありがとうございます。

光:ねっ。勿論学生さんなんでね?何の専門?

り:えっと、英語の・・・

光:英語やってるの?なんや、じゃ、もうペラペ~ラ?

り:や、そんなことないですけど(笑)

光:やだな、やだなぁ・・・。ばぁ~~~い!

り:はぁい。ありがとうございました。



ふっつーーーーに日本語で返ってきた。 (スタッフ笑)

んふふふふふっ(笑)恥ずかしいやんか~オレ。んはははははっ(笑)

英語習ってる、言うからねぇ?・・・・・・ま、いいわぁ。

はい。という訳で、え~、いや。ほんまに、頑張ろう思いました。

以上「バイトクイズ ハイ&ロー」でした。



はぁい。今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。

スタッフ的には、こういう流れになると思ってたん?・・・・・全然思ってなかった。ぁ~ん。

なんか・・・すごく、いい見直しができた。オレにとって、気持ち。う~ん。

やっぱりこういう・・・・ねっ?なかなかないからさぁ。やっぱり、ファンの人のねっ、

コンサートに来るためにバイトして・・・・・るんだ。みたいな、そういう~・・・

ま、勿論分かってはいるけど、改めて本人の口からそういうの聞かないじゃん。

やっぱりそういうの・・・・・やっぱ、こう・・・・ズンッと受け止めちゃったね。

え~、受け止めただけにやっぱり。それを裏切らぬよう、頑張る、と。

えぇ・・・・何回言ってるだろ?今日。ふふっ(笑)  (スタッフ笑)

分からんぐらい言ってるけど、ほんまにそう思いました。

はい。7月14日リリースのですね、ビデオクリップ集。え~、「情熱」から

「ね、がんばるよ」までの8曲入りのビデオクリップ集がですねぇ、発売なんです。

これ、あの~、是非・・・チェック、して欲しいっ!!

はいっ。という訳で、え~、たまにはハガキ読みま~す。こちらまで送ってください。

 

 (あて先)



では、また来週お会いしましょう。ばいばいっ!

| キンキラKinKiワールド | 11:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |