Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2005年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2005年2月26日『トラジ☆ハイジ選手権!(ゲスト:太一君)』(りい)



 (以下 剛:剛さん 太:国分太一さん)



剛:どうも、宝田 明です。この1ヵ月ですね、ファンタスティポの公開を記念いたしまして、

  「トラジ☆ハイジ選手権」をやって参りましたが、

  今回はその選手権にですね、最強の挑戦者がやって来てくれたということでございます。

太:おぉ~!宝田 明ですっ!!!

剛:んっふっふ(笑)いえいえ、2人になるの(笑)宝田 明がっ(笑) (スタッフ笑)

太:ははははっ(笑)いやいや、お前はニセモンだ!オレが本物だ!

剛:んふふふふふ(笑)宝田 明が、2人になりましたからぁ・・・。

  じゃ、僕は辞めます。宝田 明は。

太:はい。何にしますか?

剛:え~・・・・大河内 奈々子(笑)んふふふふふっ(笑) (スタッフ笑)

太:大河内 奈々子(笑)そうそう、あんまりね?この映画役者さん出てないから(笑)

  これ以上の役はあんまり無い・・・

剛:んふんふんふ・・・(笑)そうなんです(笑)バリエーションが、無いです。

  無かったです、はい(笑)

太:どうも~、ファンタスティポでトラジ役をやっております、国分 太一です!

剛:どうも、(聞き取り不可)ですねぇ。TOKIOの国分 太一さんに来て頂きましたが

  まあのラジオは・・・あの、こぉいう感じでラジオするのは初めてな感じですよね?

太:そうですね。

剛:いつもあの・・・割り込んでいただいたり、

太:はいはい。そう言う形は有りましたけれども。スケジュールを組んで、

  スケジュールに合わせてやる・・・その、ラジオは初めてだね。

剛:ですよねぇ。なんかあの、今日はあの・・・僕も・・・・あの~・・・

  ベロアの黒いジャケット着て来たんで、で、ニット帽なんで

太:ちょっと(服装が)被ってるよねぇ。

剛:被ってる・・・な。非常に、ちょっと思いつつも。

太:モロ被りじゃないですか。

剛:はい。

太:でも剛くんとはこ、ファッションセンスが一緒っつうのかなぁ? (スタッフ笑)

剛:んふふふふっ(笑)すごぉいおっきく言いましたね、今(笑)なんか(笑)

太:ぁん。普段使わない言葉使ってみたよね。

剛:ファッションセンスてあんまり言わないですよね(笑)

太:うん、言わないよね。ファッションチェックのことファッションチェッチュって言いそうになるよね。

剛:んふふふふ(笑)

太:「ピー子さん、ファッションチェッチュお願いしまーす」ってね。

剛:んはははは(笑)今日はたぶんファッションチェッチュお願いしたら、

  いいとこに行くんじゃないかな?って言う。

太:あぁ、2人でね。

剛:はい。

太:かもしれない。

剛:「かぁいらしいわねっ」って言うところで。んふふ(笑)

太:(笑)「可愛らしい」って言われそうな気は・・・

剛:まぁ、そんな大河内 奈々子と宝田 明ですけれども。(スタッフ笑)

  え~、今日は映画の裏話みたいなものも、え~・・・トラジ☆ハイジ選手権の前に

  ちらっとお話を皆さんにしていこうかな?という気もしております。

太:最近は、他のメンバーよりも、オレは会ってる気がする。剛くんに。

剛:ほんとですか?僕も光一より・・・全然会ってますからね(笑)(スタッフ笑)

太:ねっ!その~・・・自分たちが思っていた以上に、意外とこのトラジ☆ハイジの

  イベントごとが多くて(剛:そうなんです)驚いてんだよね?

剛:あと、お金が凄い掛かってるっていう・・・

太:うそ!?あ、そう。(スタッフ笑)

剛:はい。いやもぅ、記者会見とかなんや色いろ凄かったじゃないですか。

太:あ、凄かった。

剛:場所から、何から何まで。

太:ねぇ~。

剛:「すっげぇなぁ~」と思って。さすが宝田 明だなと思いましたけども。

太:あ(笑)あ~、そうなの? (宝田さんの真似?)

剛:んふふふふふっ(笑)

太:いや(笑)今物まね挑戦しようと思ったけれど、途中で違うな~と分かって

  恥ずかしくなりました(笑)(スタッフ笑)

剛:んふんふんふふふ(笑)ま、あの~・・・今日はですね、最後まで皆さん

  聞いて頂きましたら、トラジ☆ハイジグッズのプレゼントも

  有りますので。

太:ぁっん!これはもぉ~、凄いですよ・・・・

剛:かわいいグッズが

太:かわいいっすよね。良く出来てるな~って感じしますもんねぇ。

剛:はい。で、それ、違いますねん。

太:これ違うの?(笑) (スタッフ笑)

剛:それ・・・それ他社の。他社の水ですって。

太:これ違うの?これ違うの・・・

剛:はい。

太:ま、後で。

剛:ふふふっ(笑)ま、後で。と言うことで(笑)え~、後ですね、このお話をする前に

  曲を1曲聴いて頂きたいんですけれども。

太:あっ!うん。

剛:トラジ☆ハイジの『ファンタスティポ』

太:凄いよねぇ?

剛:なんっと言ってもダントツで。

太:ん~。でもほんとに、下手したらぁ、年末の「マツケンサンバ」ぐらいいくと思うんだよね。

剛:え、ほんといっちゃいますね。

太:うん。だかっ、今年の年末はこれで〆るぐらいだと思いますよ。

剛:そうですねぇ。

太:「フルでお願いします」って言われるかもしれない。色んなTV局から。

剛:ふっ(笑)ふふふふふっ・・・・あはははははっ!(爆笑)フルですかっ?(笑)(スタッフ爆笑)

太:フルで(笑)

剛:そうですよね(笑)そぉいう感じ・・・ありますよね(笑)

太:可能性も、かなり。

剛:非常にあの~・・・親戚の知り合いのお子さまとかが、振り付け覚えたいということでね。

太:あぁ~。

剛:色いろビデオ観てやってくれたりしてるんですって。

太:そぉ。嬉っしいなぁ~。オレなんかね、写メールで送られてきた。

  オレの友だちも子どもばっかいるからさ。

剛:はいはいはい。

太:子どもがさ、ちょうど「ファンタスティポへ~~~♪」ってピースをおでこに

  付けるときあるじゃない。(剛:はい)あれを子どもたちやって、凄いかわいい!

剛:あ~いいですねぇ。なんかその子どもがね?これに・・・ちょっとこぉ感情的に

  なってくれてるの非常に嬉しいことですね。

太:そうっすね~。だからこれで子どもも増えていけばいいですね。なんかこぉ・・・

剛:子どもも増えていくの・・・???(スタッフ大爆笑)

太:子どもいっぱい。なんかこぉ人口的にね?最近減ってきてるから、これで

  子どももいっぱい産まれてきて・・・ (スタッフ笑)

剛:いや、親ぁ・・・親御さん、そ、そこぉあんま刺激されないと思いますよ?

  なんかこれ聴いて、なんか欲情してみたいな・・・ (スタッフ笑)

太:これ、「子どもにやらせたい!」ってところから、「子ども作ろう!」っていう話になって

剛:あははははっ(笑)なりますかねぇ?(笑)

太:盛り上がればそれでいいな。

剛:あぁ~(笑)そ~と~盛り上がっ・・・ねぇ?予想もしない盛り上がりですね(笑)

太:小泉首相にも会えるかもしれない。そこまでいったら。

剛:んふふふふふっ(笑)(スタッフ爆笑)

太:あの格好で。

剛:会えますかねぇ?(笑)

太:「どうも初めまして」ってね。

剛:じゃ、その辺頑張ろうってことで。この次のブロックでですね、そのファンタスティポの

  映画の話もしますんで、皆さん楽しみに待ってて下さい。

  その前にちょっとこちら聴いて下さい。トラジ☆ハイジで『ファンタスティポ』



  ~♪ ファンタスティポ



剛:はい。ということでねっ。大河内奈々子と宝田 明がお送りしておりまっす

  、Kinki Kids キンキラキンキワールドですが、

太:はい。

剛:今夜のキンキラキンキワールドはですね、ファンタスティポスペシャルでございます。

  え~(笑)ゲストにですね、ちょっとあの・・紹介する前にまた「はい」って

  言っちゃいましたけれども(笑)(太:へへっ(笑))トラジ役の国分 太一さんに!

  (太:どうもっ!!)来て頂いています。改めてご紹介したいと思います。

太:お~、ありがとうございます。今夜はキン・キ・ラ・キン・ル・・・キ・ワールド(笑)(スタッフ大爆笑)

剛:んふっ(笑)

太:これ、言い辛いねっ!凄いね~。

剛:言いにくいんです(笑)

太:普通に言ってさ、オレびっくりしたいま!

剛:いや、もう慣れたんです。なんかもう、「Kinki Kids キンキラキンキワールド」

  もぉ慣れたんですけれども。

太:いや、オレ言おうと思ったけどなかなかねぇ

剛:たぶんなんか、TOKIOのときめきとっききぐなんとかなんとかみたいな感じの、

  ニュアンスですよねなんか。

太:なるほどね(笑)タモリクラブっぽくていいな。(スタッフ爆笑)

剛:んっふふふふふふっ(笑)

太:今夜は最高!とかさ、そこらへんの。タモリさんがやってた。

剛:えぇ~(笑)まぁねぇ、このキンキラキンキワールドもですね(太:何年目ですか?)

  えらい経ってるんです。10年ですか。

太:10年っ!?うわぁ~~っ!凄いね~!!いま無いよ?そんな10年続く番組なんかぁ!

剛:はぁい。よぉくこれが持ってるなっていう。ま、あの太一さんにも以前も

  言われましたけれどぉ、「お前らもぉちょっとちゃんと喋れ!」って話でぇ。

太:もうず~っとさ(剛:はいはいはい・・・)、爽やかさも出さなきゃいけないんじゃないかなっ?って。

剛:あ~・・・なるほどぉ・・・ん。

太:オレはっ。・・・思うんだよね。ふっ(笑)

剛:・・・えっ?なんかヘンなキャラが(笑)キャラ入りましけれども(笑)(スタッフ爆笑)

太:あはははは(笑)

剛:ま、今日はですね、国分 太一さんに来て頂きましたので、そのトラジ☆ハイジが

  出ております映画、そのファンタスティポの映画をちょっとご紹介しようと思いますが。

  ま、どんな映画かってことなんですけれどもぉ・・・。

太:ま、結構ね?音楽から入ってる人のが多いって言うか。(剛:あ~)音楽から

  先に出しちゃってるから、凄い明るくてっていうイメージ持ってる方

  多いと思うんですけれども(剛:はいはいはい)、映像とか、あと僕らの衣装だったりとか

  そぉいう部分のポップ感は有るんだけど、内容は意外とねっ?

剛:ん~、そうですね。

太:うん。

剛:内容はなんかそのちょっと、精神哲学的な匂いが(太:そうそうそう)ありますよねっ。

太:そのだから、なんかギャップ?自分たちの服だったり、カラーだったり?

  映像のカラーと、考えているそのテーマが、そのギャップが

  面白くなってればいいなぁって思いますよね。

剛:そうですよね~。だからまぁ、あの~・・・恐らく今まであの~・・・・・・・

  ジャニーズファンの人たちが、そんなに目にしない映像とか(太:や、絶対そうだと思う!)

  お芝居が出てくるんじゃないかなぁ?っていうふうな。

太:ほんとだねぇ。

剛:はい。印象は受けましたけれどもぉ。まぁ、とにかくピュアな家族の・・・・

  (太:そうだね)お話ぃ・・・・ですね。

太:こんないま家族居ないじゃないですか!

剛:居ないすねぇ~。こんだけ一生懸命ねぇ?思い合えるっていう感情持ってる・・・

  家族っていうのがね。(太:うん)いま、なかなか難しい時代なんじゃないかなっ?

  っていうふうに思いますけれども。

太:そうそう。その両親の、こう・・・尊敬度とかもすっごく少なくなって来てるし(剛:ぅん~)

  その会話も減ってきてるなかでぇ、ま、僕らの映画を観てくれる子っていうのは

  間違いなく女の子が多い訳じゃないですか。

剛:そうですね。

太:その女の子なんかもね、「お父さんと同じ・・・」その~・・・く、く

  「靴下一緒に洗いたくない!」とか言う人が(剛:はいはい)

  居るじゃないですか。それね、止めようよ!

剛:ねっ。

太:あの~、これから先、オレもたぶん子どもが生まれて(剛:んふんふんふふふふふっ(笑))

  女の子が産まれたときにね(剛:はい(笑))

  そんなこと言われたらどぉしよ?って思うもんねっ!

剛:相当凹みますよねぇ。

太:凹むもんねぇっ。だけど、そういうちょっとした忘れかけている家族を、

  もう一度自分たちの心の中により戻すっていうか(剛:ぅん)

  呼び戻す。ひとつの、なんか・・・ものになればいいなと思ってますね、この映画がね。

剛:そうですね。非常にほんとに、あの~・・・ファミリー愛の。人間愛の温かい作品だなと

  いうふうに思いながらも演じていましたけれども。ま、撮影自体が1年前っ。

太:ねぇっ。

剛:も、ほんとに・・・えっと、僕で言うと、あの「元カレ」という、あの~・・・

  夏に、広末と・・・(太:観た観た!)オレが広末と付き合ってたときの、

  あの~、ドラマなんですけどぉ。

太:あの、デパートの。

剛:そうです、そうです。あんときちょうど付き合ってたんですけどぉ。

太:観た観た~。ちょっと色んなね?心をこう・・・(剛:そ、です、そ、です)持った・・・

  広末涼子ちゃが居たりとかね(剛:はぁい・・ふふふっ(笑))

  それが元、彼女になるわけだよね?

剛:んふふふふふ(笑)すごいなんか、サラッと観てる感じしますね、

  なんか(笑)言葉的に。(スタッフ爆笑)

太:(笑)いやいやいや!(笑)

剛:「色んな表情を持った広末ちゃんが」って言う凄い(笑)

太:そうそう。喜怒哀楽の激しい広末涼子ちゃん・・・が、いつつ。

剛:はい(笑)

太:・・・・・以上です。 (スタッフ爆笑)

剛:さっきから広末しか出てこないですね(笑)内山理名ちゃんとかも出てたんですけどぉ~(笑)

太:あっ!内山理名ちゃんもね~、びっくりした!あの演技!!

剛:はい(笑)

太:あの、お、あ、オレは、伸びるなと思った。あの演技。(スタッフ大爆笑)

剛:んははははは(笑)

太:そのぐらいいいと思った。

剛:なぁんか、サラッと観て頂いている感じのトークですけれども。まぁ、それの後に

  すぐファンタスティポ入ったんですけれども、も、ほんとに~・・・・1年・・・以上ですよ。

  で1年と3ヵ月かかったんですか、放映まで。

太:そうだね~。ま、あの、本編も最初出来上がりが3時間ぐらい有ったっ、って

  (剛:はい)編集したのも。で、3時間は絶対に・・・・ねぇっ?

  観る訳にはいかないじゃないですか?それを90分に纏める大変さもあっただったろうし、

剛:いや、ほんとそうですね。

太:その後にもうちょっと。監督の欲が出たのか、追撮なんかもあったしね。

剛:ありましたねっ。ま、ちょっと色いろあの~・・・歌も途中で決まって、踊りも踊ります。

  などなど。色いろそのファンタスティポから、色んなものが産まれて(太:ねぇっ!産まれたよ~)

  トラジ☆ハイジが色んな顔を(太:そうですよ~)、世間に流すことんなったんですけれども。

太:うんうん。そうっ。あの~、PVだけ欲しいっていうお客さんも増えてるらしくて。

剛:えぇ~~~っ?

太:凄いですよ、だから。

剛:まじ?

太:PVだけ下さいっていう。

剛:じゃぁそれ、もっかい撮ろうか?ちゃんと。(スタッフ爆笑)

太:もうね~、だから

剛:いや、ほんと。いまぁ、私服でもいいからさ、踊って撮ってさ。(スタッフ爆笑)

  1・2・3・4~♪(ワン・ツー・スリー・フォー)って撮って、でそれそのまま何枚も刷って。

太:そうそうそう。

剛:それでも充分皆さん納得してもらえると思うんですけれどもねっ。

太:もう、なんか・・・

剛:ダメなんですか?そぉいうの?(スタッフ笑)

太:いや~、でも・・・こっちの方凄い儲かると思うんだよね。(スタッフ爆笑)


剛:いや、ほんとそうですよね。確実にいきますよ!なぜその現象をねぇっ?

  そのままにしておくのか?っていう。

太:や、凄いですよ。ほんとに。

剛:はい。色いろね、注目して頂いたり(太:嬉しいですよ~!)、楽しんで頂いたりしてますけれども。

  ま、とにかくこのファンタスティポから色んなものが生まれ、今日(こんにち)に至るわけですけれども。

  なんか、とにかくまぁ・・・なんでしょうね?この国分 太一さんと、であるからこそ、

  出た、不思議なファンタスティポ感。を今回世間の皆さまに投げたとこなんですけれども。

  (太:うんうん)これはも、皆ぁ、周りの人はねぇ、「結構不思議ぃな感じだけれども楽しくていいねぇ」

  ってこことで周りがほんっとにねぇ、色いろ言って下さってるので(太:うん)、これちょっと

  1人でも多くのねっ?トラジ☆ハイジファンの方々に沢山歌や踊り届けたいなと

  思っているんですけれども。

太:ねっ。

剛:ま、とりあえず年末ですね(太:うん!)。僕たちが・・・

太:FNS歌謡祭

剛:はい、FNS歌謡祭

太:目標で

剛:はい。・・・・後、なんかやっておいた方がいいかなぁっていうのもねぇ。

  ちょっと仏壇の宣伝とか。(スタッフ笑)

太:ファンタスティポでね。

剛:はい。「Oh!yeah~yeah~yeah~yeah~♪」えへへっ(笑)

  「ファ~ンタ~スティ・・ふふっ(笑)ポ~♪」って言ってぇ(笑)(スタッフ爆笑)

太:う~ん・・・有り有り有り。 

剛:有りですよねぇ?CM・・・なんかやった方がいいと思いますけどねぇ~。

太:いいっすね~。有りだなぁ。

剛:「まだやってるの、これ」って言われるまでやりましょうよっ。(スタッフ爆笑)

太:う~ん・・・。頭に残るからね、この曲はね。

剛:はぁい。

太:絶対にどんな形であれ。

剛:だからなんかもぉ、「ちょっとだけにしておけば、いい形で残ったのにね。この2人」

  って言われるまで、なんかやろうよ。(スタッフ笑)

太:しつこいよねって。

剛:しつこぉいやつ。なんか色んなCMやってぇ

太:日焼けサロン行き過ぎの少年みたいな感じ。(スタッフ笑)

剛:んふふふふふっ(笑)も、「もぉちょっと控えておけばいいのに。かっこいいのに」

  (太:ええ)みたいなねっ?

太:しつこい顔になっちゃったよ。

剛:んっ。じゃ、そういう方向でお願いします、ということで。

太:はいっ。

剛:さ、それではですねいよいよこの後はトラジ☆ハイジ企画に!

  太一さんにチャレンジしてもらいまぁっすっ!

太:よっしゃっ!!





剛:「ファンタスティポ・スペシャルっ!トラジ☆ハイジ選手権!!」

太:よっ! (BGM♪ ファンタスティポ)

剛:さ、今夜はですね、最強の挑戦者にやって来て頂きました。トラジさんですっ!

太:どうも~っ!宜しくお願いしま~~すっ!!

剛:宜しくお願いします。ま、あの、このコーナーはですね(太:はいっ)、

  トラジ☆ハイジのように息の合った兄弟限定で(太:お~!)出て頂きまして、

  1分間のしりとりをしてもらっていたんですけれども(太:なるほど)、

  その1分以内にある単語を言えたら、成功と言う。

太:なるほど~。それ一番最後に言えばいいってことですね?

剛:そうなんです。ま、僕の方からですねリスナーの・・・お姉ちゃん或いはお兄ちゃんに、

  単語を1つ決めて、まず1個を投げるんです。(太:うん)そうしますと、お姉ちゃんから

  始めて、お兄ちゃんから始めて、しりとりどんどんどんどん1分以内に言って行くうちに、

  最終的に例えば「ファンタスティポ」てどちらかが言えたら・・・ゲーム成立

  (太:決まったね)、みたいな。

太:あぁ~。分かりました。

剛:そういうのやったんですけれども。意外にっ・・・・難しいです。

太:難しいっ?

剛:はいっ。

太:は~・・・そっかぁ。

剛:はい。

太:でも、オレら息、合ってるじゃない。

剛:はい。

太:ドリー・ファング、テリー・ファング(補足/プロレスラー)ぐらい息が合ってる兄弟だと

  思ってるから。(スタッフ爆笑)

剛:そこっ(笑)け、結構息合ってますよ?それ(笑)

太:ぁん(笑)

剛:んふふふふふっ(笑)そうとう息・・・(笑)

太:結構息合ってるからね~。

剛:あ(笑)ほんまですかぁ?

太:うん。弟立てるお兄ちゃんとかかっこいいもん!ドリー・ファング。

剛:んふふふふふふふっ(笑)じゃ、ドリー・ファングな感じで(笑)(太:で行きたいと思います)

  行きますがぁ、ま、ちょっとあの~・・・どうしましょうかね?まず単語を1つ。

太:はいっ。

剛:じゃ、「わかっても わかんなくても いいと思うよ」

太:えっ!?そんな長いのっ?

剛:・・・の、「わ」ぁねっ?

太:「わ」。

剛:これを最後言えればいいの、どっちかが。

太:あ~、なるほど。なんとか・・・「わ」で、「わかっても わからなくても いいと思うよ」

  (剛:~いいと思うよ)っていうのが最後に入ればいいっていうことですね?

剛:うん、んんんっ。

太:はい、分かりました。

剛:じゃ、これを言う。

太:「わ」かぁ・・・。少ないよね?「わ」ってね?

剛:じゃ、最初の・・・言葉。を、じゃあ。・・・も、準備よろしいですか?

太:おおっ!いいっすよ、いいっすよ、いいっすよ!オレすげぇ気合

剛:じゃ、お兄ちゃんからいきます。

太:剛が言ったのをオレがその次から、まずしり、しりとりを始めていけばいいのねっ?

剛:ナイスガイが出したのを、

太:あ、オレ?なるほど

剛:(笑)じゃ、ナイスガイお願いしますよっ?

ナ:じゃ、最初の単語は・・・スペシャ「ル」

太:ル?

剛:るぅっ???

太:ルックス!

剛:ルックス。ス・・・すずめ

太:めだか!

剛:川っ!

太:・・・・・・。ふふふふふふっ(笑)「わかっても わからなくても いいと思うよ」(笑)

剛:よぉぉぉぉしっ(笑)早ぇ~っ!(笑)

太:あっ!これ、早ければ早いほどいいの?

剛:はい(笑)

太:あ(笑)オレ凄い考えた(笑)オレ1分に近ければいいと思った(笑)(スタッフ笑)

剛:いやいやいや!早かったらいいんです。

太:なるほど~(笑)いいじゃんっ!9秒だよ、9秒!! (スタッフ爆笑)

剛:んはははははっ(笑)パッチンパッチンパッチン♪(手を叩いて喜んでます)世界記録(笑)

太:9秒だから、凄いじゃんっ!

剛:凄いよ。これ、抜ける人いいひんと思う。

太:9秒だよ!これ、こんだけ、どんだけコンビネーションいいの?オレら!(スタッフ笑)

剛:すげぇっ。コンビネーションサラダやで。

太:んっとに。やった!ライト兄弟(剛:んふふふふふっ(笑))、ライト兄弟超えたね。

剛:超えましたね(笑)

太:飛行機作ったライト兄弟越えた、オレら。 (スタッフ笑)

剛:ほんまに超えた、これっ。

太:これは凄いわ。

剛:ぅん。

太:・・・・・でっ?なんなの??? (スタッフ大爆笑)

剛:あははははははっ(爆笑)

太:世界記録になって(笑)、それでなんなの?チャレンジしたよ?そしたら、

  なんかこぅ・・・おめでとう的な?(剛:ん~・・・)何かがある訳でもなく。

剛:いっつもだからね、なんかやらされてる・・・感じなんです。

太:ああ~!なるほどねっ。

剛:なんか、「やったぜ~、オレ」的なとこにはなかなか行けないで

  いつも終わるんですけれども。

太:おぉ~。

剛:ん。思ったより、もうちょっと僕も・・・大人にならなきゃいけなかったかな、

  って言う。(スタッフ爆笑)ついつい(笑)「川っ!」って言ぅてもぉて(笑)

太:ほんとだよねぇ。

剛:はい・・・。

太:あっ(笑)(剛:んふふっ(笑))あまりに、あっ・・・あまりに早過ぎて、

  なんか「やった!」感が無いんだよな。(スタッフ笑)

剛:全然無いんですよ、はい。(スタッフ笑)

太:まぁまぁ、でも。いい記録ですよ。

剛:はい。

太:これを抜かしてくれる兄弟が現れたときに(剛:そうですねぇ、ほんまに)、

  オレら解散じゃないかなと思うよねっ。

剛:工藤兄弟あたりが。

太:あぁ~っ!!有るよ~。ポップコーン正一・正二(補足/タレント)も。(スタッフ爆笑)

剛:んっふふふふふふっ(笑)

太:みんな双子じゃないか!と言うことで(笑)

剛:んふふふっ、あはははははっ(爆笑)野球上手いですからねぇ。

太:グローブ磨いてますよ。

剛:ねぇっ。まぁ、そんなこんなで。ちょっと終わってしまいましたので。

太:終わってしまいました。

剛:じゃ、ここでいったん〆さして頂きたいと思いますっ!以上っ、トラジ☆ハイジへ・・・

  (噛みました^_^;)選手権でしたっ。

 この後はトラジ☆ハイジグッズが当たるプレゼントの応募方法を発表しまぁすっ。





剛:さぁっ、え~、今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。

  今日はですね、国分 太一さん。トラジさんをお招きして、

太:はい、どうもありがとうございました。

剛:え~・・・「トラジ☆ハイジ選手権」もやらして頂きましたけれども。え~・・・

  まぁその、トラジ☆ハイジグッズのですねキーワード発表をして

  頂きたいんですけれども、何かお願いしますっ。

太:キーワードを(剛:はい)。え~・・・「ナイスガイは、そんなにナイスガイでもない」(スタッフ笑)

剛:んふふっ(笑)いいですね~。「ナイスガイは、そんなにナイスガイでもない」

太:はい。

剛:こちらをですね、おハガキに書いて応募して頂きたいと、思う訳でございますけれども。

  (あて先)で、あの、プレゼントがですね、こちらファンタスティポ(太:これはいいですよ~)

  特製クリーナーです。携帯のクリーナーですね。

太:これは、ノットフォーセールですからぁ、これ。

剛:ぅん。・・・いいな~ぁ。

太:これ、かわいいよねっ?

剛:はぁい。

太:あ!これ、あれじゃないですか、踊ってるじゃないですか、アルマジロくん。

剛:アルマジロくんがねぇ、僕らの振り付けを。ま、あれほんとに全然動けない

  ぬいぐるみですけれどねぇっ。(スタッフ笑)

太:ふふふふふっ(笑)と同時にあんまり映画にも出てこないですけどね。(スタッフ笑)

剛:出てこないですね。びっくりしましたよ、「なんで歌うときに、お前おんねん!」

  みたいなねっ。(スタッフ笑)「映画お前ちょっとしか出て来てへんやないか」

  言うぐらいの感じでしたけれども。

太:はい(笑)でもかわいいですね、これね?

剛:かぁいらしいですねっ。こちらを10名の方(太:おっ!)にプレゼントしますのでね、

  皆さん宜しくお願いしたいと思いますけれども。

太:お願いしまーす!

剛:太一さん、なんか。国分 太一からお知らせは有りますか?

太:もうねぇっ、とにかく一生懸命頑張るだけだね。今年1年。 (スタッフ爆笑)

剛:んふふふふふっ(笑)いや(笑)お知らせですって(笑)

太:いや、お知らせしたいな。と。

剛:いや(笑)意気込みじゃないですか(笑)んふふっ、んふふふふふ(笑)

太:皆にお知らせしたい!(剛:皆にっ(笑))それはっ。もぉ~、突っ走って行くよっ!!

剛:あっ(笑)分かりました(笑)じゃぁそちらの方皆さんにチェツクして頂きたいと思います(笑)

太:あはははははは!(爆笑)

剛:んふんふんふふふふふっ(笑)

太:チェックねっ(笑)

剛:はい。チェック(笑)

太:チェックしといてくれ(笑)

剛:はい(笑)チェックして頂きたいなと思いますけれども(笑)

  後まだ観ていない方はね、是非ファンタスティポ

太:楽しみに

剛:はい。え~・・・東京の新大久保のグローブ座と、そして大阪IMPホールさんでやってますのでね。

太:皆さんお願いしますっ。

剛:皆さんお近くの会場に是非足を運んでいただければな、と思いますっ。

太:はい。

剛:ということで、今夜は国分 太一さんに来て頂きまして

太:ありがとうございますっ。

剛:どうもありがとうございました。また!是非宜しくお願いします。

太:はい!

剛:ということで、せ~~~のっ(太:・・・のっ)

太:ばいばいなのだぁ~↑

剛:ばいばいなのだ~(笑)ふふっ(笑)んはははははははっ(爆笑)

太:うそっ!そんなの無いでしょっ(笑)(スタッフ爆笑)

剛:んははははは(笑)

太:「せ~~の!」って言われたから一生懸命考えたのに(笑)バカボンじゃん、最後(笑) (スタッフ爆笑)

剛:んっはははははっ(爆笑)・・・あははははははっ!(爆笑)さよならぁ~(笑)





| キンキラKinKiワールド | 14:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2005年2月19日『ファンタスティポ公開記念。トラジ☆ハイジ選手権!』(りい)



どもっ!堂本 剛です。皆さんね、バレンタインデー今年いかがだったでしょうかねぇ?

成功した方、え~・・・成功できなかった方、全くどうでもええわ!って方、

色いろいると思いますけれども。今夜も!あの企画をやってみたいと思いますので、

まぁ、バレンタイン、破れたなって方はこの企画、ラジオで聴きつつ、そのうやむやを

吹き飛ばして頂きたいと思います。ま、それか、更にうやむやがプラスされるか

分かりませんけれども、とりあえずあの企画をやりますので、皆さんちょっと

お待ちして頂きたいなと思いますっ。

え~、その前にこちら聴いて頂きたい。トラジ☆ハイジで「ファンタスティポ」



 ~♪ ファンタスティポ



さ、それでは普通におハガキ、紹介しますが。岡山県のえ~・・・PN、ギニュー特戦隊さんです。

(補足/ギニュー特戦隊:ドラゴンボールZに登場するキャラクター)ど、どの・・・人ですかね?

色いろいますから。僕は「ジース」が好きでしたね~。・・・・・・・・「はいはいっ」(渋々な感じ)て

言った方もいっぱい居たと思いますけれども。(スタッフ笑)「ジース」かなぁ?「ジース」か

「バータ」。・・・・・・・・「はいはい」(同)ね言った方いっぱい居ると思いますけれども。(スタッフ笑)

「Kinkiのお2人さん、こんばんは。私はいま部屋で苺を!?苺を栽培しています。

驚いたことにその苺にKinkiの曲を聴かせるとなんと、成長が早くなりました。」

・・・うそぉ~ん?(スタッフ笑)「Kinkiのお2人さん、最近なんか不思議な体験ありましたか?」

絶対嘘やろぉ?(スタッフ笑)Kinkiの曲で苺が早く成長する?・・・・これ意外に

企業的にヒットするかもしれないですね。(スタッフ笑)ビニールハウスでね。

Kinkiの曲聴かして、これ。なんの曲かが気になる。なんやろ?Annversaryとかでも

なんかちょっと咲きそうな気ぃするけどねぇ?なんか、テンポ的に?最近オレ不思議な体験は~

・・・・あ!Annversaryがめっちゃかかんねん!!店入ったらすぐ。も、5、6回あんねん。

シングルだしてからやけど。ちょっと恥ずかしいよね。(スタッフ笑)んで、熱帯魚屋で

2回あるからね。しかも別の熱帯魚屋やで。(スタッフ笑)全然別やで。もう1個はぁ、

あの・・・蒲田の方の熱帯魚。ほれでぇ、もう1個の方は都内やけどぉ。入った瞬間にぃ、

て~て、て~ててぃりり~♪てかかんの。(スタッフ笑)凄い恥ずかしいよね、非常に。

だからね、もなんか熱帯魚選ばれへんの。気になって。(スタッフ大笑)なんかもぅ、いい・・・

なんて言うのかな?自分の曲やからさぁ、「あ~、この曲いいよなぁ~」とかって聴かれへん訳。

だから、同時期に「メリクリ」とかさぁ、BoAちゃんの、とかなんか色いろかかんねんけど、

そぉのとか聴きながらぁ、選べんねんけど。や、気になるよね?自分の曲やと。

コンビニでもそうやし。結構そぉいうの凄いあんねんなぁ。ん~。ま、でも苺とか

ちょっと栽培してみたいなぁ。(スタッフ笑)なんかね。いや、育てるってちょっと面白いよやっぱり。

で、応えてくれるとねっ。でも、その育てたもの食べんねんもんなぁ。(スタッフ爆笑)

んふふっ(笑)苺とかはなぁ(笑)でもいいよね、こういうなんか。自分でだから、将来はさ、

自分でほんとちょっとしたスペースでちょっとした野菜とかをね?栽培したりとかやりたいなぁと

思うよね、そういうの。ま、いつ叶うあれか分かりませんけれどもね。え~、いつか

やってみたいと思いますが。ま、とりあえず今後もKinki Kidsの曲聴かして

苺育てて欲しいと思います。続いて宮城県の○○ちゃんですが。「こんにちは。

私の悩みを聞いて下さい。私はボーリングが下手くそということなんです。ボールを

手から離すタイミングとか、足と手のタイミングがさっぱり分かりません。ボールが

右左とあちこちに行ってしまい、ほとんどガーター。私のスコアは52でした。

なんとか100は取りたいです。中2なんでそこんとこ出来るようになりたいんですが、

どうしたらいいんでしょう?何かアドバイス、ポイント教えて下さい」と言うことですけれど。

・・・なんで僕に聞くんかな?ってジャンルのスポーツですね。(スタッフ笑)

バスケットやったら、「え~とね・・・」とか言えるんですけれども。

ま、正直僕も上手いわけではないんですよね。こないだはね、「正直しんどい」で

菅ちゃんと、菅野美穂ちゃんとボーリングしたんですよ。んっま、菅ちゃんがもぉ~・・・・

ありえへんぐらい下手くそなんです。んふっ(笑)以前も、前出てもらったときも

ボーリングしたんですよ。菅ちゃんと。「どうやったら、こうなるのかな???」っていう。

だからも、ほんとコントみたいで、ボール飛んで来るんですよ。座って観てたら。(スタッフ笑)

ボーーーーーーンッッ!!って飛んできたりとかぁ、あと手が抜けへんくてぇ、

ボールが上まで行ったり。振り切ったりすんねん。(スタッフ笑)「なにしてんの?菅ちゃん?」

みたいな。そしてなんか、「抜けなかった」とか「タイミングが分からない」とか、

オイルでつるつるのとこまで菅ちゃん入って・・・すべってったり。ほんと普通にすんねん!それを。

(スタッフ爆笑)もぉなんか、芸人さんやったら「おぉ~、またまたぁ~」とか言えんねんけどぉ、

天然でそれやるからぁ・・・・も、見事に面白いですよね。菅ちゃんにボーリングさしたら。(スタッフ笑)

うち、オカンがめっちゃ上手いからね。も、投げ方も素晴らしいけども、カーブかけて

抉るにしてぇ・・・ピンを殺す!みたいな。(スタッフ笑)も、ほんっと上手い。びっくりするぐらいで。

昔よく行ったんですよ、かんそくで。飛鳥ボールって言うね。(スタッフ笑)あの~、

手のひらが開いてる、石像。でっかい石像と鉄球の球のね?ボーリングの球の石像が

両サイドに並びつつ、その建物の屋根に、下からライトアップされてんねん。(スタッフ笑)

全体に当たってへんから、めっちゃ怖いねん。(スタッフ爆笑)も、子どもからすると、もぉ・・・

怖いねん。めっちゃ怖いねん、ほんまに。(スタッフ爆笑)で、子どもときからあんま

行きたなくてぇ、も、怖くて。でもそこしか無いから、奈良とかさぁ。(スタッフ爆笑)

ほいで入り口の階段の横とかにペガサスとかライオンとかまたそのなんかいっっぱいっ

石像とかあんねんな。で、また下からライトアップしてる石像と、隅っこの方に

用無しになってる石像とかもい~っぱいあって。とにかく石像がいっぱいあんねん。(スタッフ笑)

子どもの頃は、幼稚園とか小学校低学年とか、ほんっと怖くて、夢で凄い出てきてん、

その石像が。(スタッフ爆笑)ほんまにっ。もぉね、そのやってる・・・経営してる人の

趣味でね?石像とかね、あれしてたんやろけど、そのでかさが、半端なくでかいの。

めっちゃでかいから、怖くて。ぅん。で、ボーリングて聞くと、その石像がね、浮かぶくらい。

今でも。(スタッフ笑)子どもの頃の記憶というのはね、歳を取ってもね鮮明に残っているからね。

これは気をつけなあかんな思いますけれども。ま、とりあえずボーリングは、あの~・・・

なんやっけ?(コンコン机を叩いてます(笑))投げるとこの・・・下にさ、線のマーク

付いてるやん?黒い。なん、なんセンチ間隔か知らんけども、5、6本かなんか

付いてんねんけどもさ、それを見ながら・・・・オレはその点を見ながら、その点に

ボールがなぞるようにして、擦るか擦らへんかぐらいのところに降ろすねん。

そうするとだいたい真っ直ぐ飛んでくねんな。こないだもストライク取ったり

してきましたけどもね、ぅん。それも菅ちゃんとやって来ましたけれども。

まぁ、なぜ僕にボーリングの話聞いてんのかな?っていうのだけが、

ちょっとやっぱり疑問として残りますけれどもね。(スタッフ笑)えぇ~。

光一のボーリングとかちょっと見て見たいねぇ。(スタッフ笑)あいつって、ボーリング・・・

やるんやろうけどぉ・・・・。あんま見たことないなぁ?ん~。なんかおもろそうやなぁ、

あいつの。(スタッフ笑)あいつのおもろいところはやっぱ、車に関してはさぁ、

凄いあれやねんけどさぁ、釣りとか色いろ自分のジャンルじゃないものやるときに、

さっぱりこぅ、行程が分かんないというかさぁ。あの辺がね凄くおもしろくてぇ。(スタッフ笑)

釣りとかも、餌をまず・・・付けるのはオレ。で、魚釣れたらぁ、魚取るのオレ。みたいな。

だからあいつは竿を移動するだけ、みたいな。んふふふふふっ(笑)(スタッフ爆笑)

感じになるわけ(笑)「これ、どやって取んの?これ」(光一さんの喋り方を真似(笑))(スタッフ笑)

とか、「これ、どやって付けんの。っと分かんない、付けて!」(同。凄く似てます!)みたいな感じで、

付けたりとかするんですけどぉ。そ、だからね、ボーリングもちょっとなんかおもろいことに

なんのかなぁと思うんですけどねぇ。(スタッフ笑)ま、とりあえず。まぁ(笑)

そうですね~・・・ボーリングねぇ?ボーリングとか行きたいな、なんかあの・・・

女の子と、男の子とこう、ごちゃごちゃになって、ちょっと行ったりしたいよね。

たまにおっさんと女の子4みたいなさぁ、ヘンなボーリングとかも無い???

たまにあるで。「この関係性は・・・触れちゃいけないんじゃないかなぁ?」って言う。(スタッフ笑)

結構微妙なね、線もありますけれども。ま、人間観察も楽しいボーリングですからね。

ま、寒い。ちょっと暖かくなっては来るでしょうが。寒い季節にボーリング・・・・・。

ま、いっか。もう、こういう無理矢理なトークっ。(スタッフ爆笑)んははははっ、ははっ(笑)



来週は太一くんも挑戦。「トラジ☆ハイジ選手権!!」 (BGM♪ ファンタスティポ)

さ、現在公開中『ファンタスティポ』ですけれども、TOKIOの国分 太一さん、

Kinki Kidsから堂本 剛が出演し、繰り広げる『ファンタスティポ』という映画でございますけれども。

え~・・・ま、その映画。国分 太一さんとやらして頂きまして、その国分 太一さんがですね、

来週にゲストで来て頂きます。で、ゲストで来て頂きまして、今からやりますが、

トラジ☆ハイジ選手権というコーナーがありまして、そこに出演して頂くことに

なっとるわけですけれども。太一さんがトラジというお兄ちゃんの役で、僕がハイジの、

という名前の弟をやらして貰っておりますが~。え~・・・その兄弟が出てくるということに

ちなみまして、この企画は兄弟の方のみ、限定で出ていただきます。ただですね、

何をやるかと言いますと、1分以内ですね、しりとりをしていただくわけですが、

その1分以内にある単語を言ってもら、います。その単語を言えれば、ゲーム成立し、

トラジ☆ハイジグッズが渡されるということなんですが、え~・・・・ま、その単語とはですね、

今日の単語は「アルマジロ」。「アルマジロ」と言う言葉を1分以内に、兄弟のどちらかが

最後に言えればゲーム成立ということでございますけれども。まずは僕の方からですね、

まずはそのお姉ちゃんか、あるいわお兄ちゃんに1つ言葉を提案しますので、

その言葉きっかけでどんどんしりとりしてって頂くという形でございますが。

とりあえず兄弟の方、電話繋がってるということなので呼んでみましょうっ。



 (以下 剛:剛さん あ:姉リスナー い:妹リスナー 2:姉妹)



剛:もしもしっ。

あ:もしもし?

剛:どうも。

あ:初めまして。

剛:初めまして。じゃぁ、ちょっとお名前と年齢お願いしまっす。

あ:○○◎、21歳です。

剛:はい。

い:○○○、21歳です。

剛:21歳。○○○ちゃん、21歳。と言うことは、このコーナー初の双子さんの挑戦ということで。

あ:そうです(笑)

剛:え、普段からは・・・仲がよろしいですか?

2:凄いいいです。

剛:凄くいい!間違えられたりします?ちなみに。

あ:しますね~。

剛:結構する。

あ:妹の友だちとかに、喋りかけられたりして。 (スタッフ笑)

剛:あぁ~、なるほど(笑)結構・・・

あ:知らない人なのに、なんか、あれ?みたいな。

剛:「誰、こいつ」みたいな。(スタッフ笑)

あ:全然話が通じなくて、姉。「姉なんですけど」とか言って、

  わざわざ訂正しなくちゃいけないんですけど(笑)

剛:それめんどくさいねぇ。なんか得したことある?

あ:服とか、違うの買ってたら、着まわしできるっていうのがちょっと得です。

剛:あ~、なるほどなぁ。なんかその自分に似合うか似合わへんか判断とかさ。

あ:あ、はい。出来ますね~。

剛:凄い楽に出来るよね。

あ:はい、出来ます。

剛:えっ、今はさ、髪型とかはさぁ、同じようにしてんの?

あ:同じですね。

剛:え、それは狙いで?

あ:いや~、狙いじゃないんですけど。たまたま同じ時に同じ長さにしたり、

  同じ色にしちゃったりするんですよね。

剛:それはも、自然とそうなんのかなぁ?

あ:自然とですね。

剛:そう・・・。いいですな。なんか仲がほんとにいいってのが伝わってきますけれども。

  ま、そんな仲がいい○○◎ちゃんと○○○ちゃんですから、

  このゲームは成立するんだろうな、と思っておりますけれども、今日はですね、

  簡単に言えばしりとりをしてもらうんですがぁ。ま、1分以内に

  今から僕が言う言葉をどっちかが言えば、ゲーム成立です。

2:はい。分かりました。

剛:はい。その言って欲しい言葉と言うのがぁ、『アルマジロ』って言う言葉なんですが。

  お姉ちゃんでも妹さんでも、最終的に「あ」で終わる言葉を、どっちかに投げて、

  で最後の人が『アルマジロ』って言えればゲーム・・・終了でございます。

2:はーい。頑張りますっ。

剛:だいじょぶですか?1分は意外に・・・意外に短いですから、気ぃつけて

  目指して欲しいですが。とりあえずお姉ちゃんからいって頂きたいんですけれども。

  その前に僕が、一番最初だけ言葉なんか言いますんで、お姉ちゃんは

  それに続けてしりとり始めてって下さい。

あ:はい。分かりましたぁ。

剛:じゃぁ、えっとね~・・・僕からの言葉は。・・・・ど~しよっかなぁ?今なんかあの・・・

  スタジオ、の、壁に、なんかあの石像のカレンダー飾ってあんねんけど(2:爆笑)

  それが凄く気になったので、それにちなんで行きまっすよ(笑)それじゃぁ行きまーす!

  ゲームスタート!! え~・・・「石像」っ!

(カーン♪ ゴング)

剛:「う」っ!

あ:馬

剛:「ま」

い:ま?まり

剛:「り」

あ:りんご

剛:「ご」

い:ごりら

剛:「ら」

あ:・・・ラッパ

剛:ラッパ

い:パンダ

剛:パン、ダ

あ:だちょう

剛:だちょう

い:うさぎ

剛:うさ、ぎ

あ:ギター

剛:ギター。これは「たぁ」ねっ。

い:た・・・。

剛:「た」

い:た?太鼓

剛:たいこ

あ:コアラ!

剛:コアラ

い:・・・ラッパ

剛:んふっ(笑)らっぱぁ・・・んふふふ(笑) (スタッフ笑)

あ:パイナップル

剛:パイナップル

い:ルーマニア

剛:ルーマニア!

あ:アルマジロ

剛:おぉ~~~~っ!(パチパチパチ~拍手♪)

(ファンファーレ♪)

2:やったー! (大喜び)

剛:素晴らしいわ。

あ:ギリギリです。

剛:「ルーマニア」か。

い:はい。

剛:「る」ぅから「あ」ぁに行けるもんやなぁ。

あ:意外に行けました(笑)

剛:意外に行けたね。え、今何秒ぐらい?・・・お!44秒やって。

2:44秒?

あ:結構ギリギリですね~。

剛:結構ギリギリやねぇ。凄いね~。「ラッパ」を2回言ぅてるけどね。(スタッフ爆笑)

2:(爆笑)

剛:「ラッパ」2回言ぅてるけどもぉ。(スタッフ笑)ま、でも「パイナップル」から「ルーマニア」ね。

2:はい。

剛:はぁ~・・・。結構、オレ、浮かばへんかったなぁ・・・。素晴らしいですねぇ。

2:ありがとうございます。

剛:ねぇ~。約束通り賞品を送りますのでね、楽しみに待ってて下さい。

2:はーい。

剛:じゃあの、ほんま身体に気ぃつけて。仕事とか頑張って下さいね?

い:はーい。

あ:剛くんも頑張って下さい。

剛:はい、ありがとうございます。

い:応援してまーす。

剛:はい。じゃ、なんかあったらまたハガキ送って下さい。

2:はい、分かりました。

剛:は~い。どうもありがとうねぇん。

2:ありがとうございました。

剛:は~い、失礼しまぁす。

2:失礼します。

剛:ばいばーい。

2:ばいばい!

剛:はいっ。



さ、ということでね。双子さんということで。ん、今回はちょっとあの・・・「ルーマニア」

出てきたの凄かったですね。「ルーマニア」から「アルマジロ」に行ったっていう。

このパスは非常に良かったですけどもね。ま、あの~・・・これでも、回重ねるごとに

色いろ皆上手くなってくんでしょうなっ。(スタッフ笑)ラジオの前でも、実際自分が

やっていなくてもね、やって貰えたら嬉しいですけれども。とりあえず、来週ですねっ。

国分 太一さんが!このトラジ☆ハイジ企画、選手権に、参加するということですから、

皆さん楽しみに放送待っていて欲しいなと思います。

ということで、以上!「トラジ☆ハイジ選手権」でしたっ。





今夜のキンキラキンキワールド、いかがだったでしょうか。まぁ、今週も「トラジ☆ハイジ選手権」

やらさして頂きましたけれども。来週はですね、トラジこと国分 太一さん登場でございます。

え~、「トラジ☆ハイジ選手権」にチャレンジして頂きますが、兄弟でやるということですからね、

自動的に僕もやるんだなぁ・・・と言う風に思っておりますけれども。(スタッフ笑)

え~・・・・ま、これ本当にテンションが上がるのか上がらないのか(笑)あはっ(笑)

結構微妙なところですけれども、えぇ(笑)どうでしょうねぇ?・・・でもオレねぇ、

もぉ先言っとくけどぉ・・・・・・ヘタクソやで?しりとり。(スタッフ笑)ほんまもぉ、

メジャー級な・・・レベルやで。なんかねぇ、「ラッパ」の後絶対「パンツ」?(スタッフ笑)

「りんご」の後「ゴリラ」(スタッフ爆笑)「ゴリラ」「ラッパ」「パンツ」みたいな。

太一さんはどうかちょっと分かりませんけれども、僕はそんなにね、戦力にならないのでね、

ちょっと頑んんん張りたいっ(力入ってます(笑))と思いますが、え~。ま、来週とりあえず

国分 太一、堂本 剛がですね「トラジ☆ハイジ選手権」チャレンジしますので、

そちらの方楽しみにしつつ聴いて頂きたいと思いますので。来週はですね、

リスナーにプレゼントも当たります!ということで。トラジ☆ハイジグッズでございます。

あの~・・・トラジ☆ハイジグッズ、非常にカラーがいいですよねぇ。ま、オレンジって言うところで。

ま、オレンジは今年来ますよ、たぶん。今・・・そ、ですね。街中見てても、オレンジ着てる奴

あんま居ないんでね。そろそろ・・・いい、いい頃じゃないかと思いますけれども。

ま、あの~・・・先ほども言いましたけれどもね、映画ちょっと独特な世界観でございますからぁ、

あの~・・・好き嫌い結構分かれるんじゃないかと思っていますけれども。でも非常にね、

ニュージャンルと言いますか、日本の映画あの~・・・「こんなジャンルは言葉で

ちょっと説明しにくいけど、無かったですよね」って言うような感じの作品に

仕上がっております。え~、皆さん是非。新大久保、グローブ座。渋谷、・・・シネクイント。

大阪、IMPホール。この3つでやっておりますので、近いところで。

是非皆さん足運んで観て頂ければな、と思いますので宜しくお願いしまっす!

え~・・・コーナーの前にも読みましたけれども、おハガキ。どんどん送って頂きたいと思います。

(あて先)

さ、ということで、じゃ来週。え~、皆さん。国分 太一さんも登場ですので、

楽しみに待っていて欲しいなと思います。

お相手はKinki Kids 堂本 剛でした。ばいばいっ!





| キンキラKinKiワールド | 14:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2005年2月12日『ファンタスティポ公開記念。トラジ☆ハイジ選手権!』(りい)



どもっ!堂本 剛です。今日はですね、現在公開中の映画『ファンタスティポ』にちなみ、

あの人気企画「トラジ☆ハイジ選手権」をやってみたいと思います。人気なんですか?

ここ書いてますけど(笑)堂々と書いてますけれどもぉ。(スタッフ笑)

せっかくですから、こ、なんか・・・ねぇ?街中でもやったらよかったですねぇ。(スタッフ爆笑)

どんどん言わしてって(笑)んははっ(笑)で、最後オレが「ファンタスティポ」てゆえたら

帰れるみたいなね。え~、ちょっとめんどくさいから止めますけれども。っふふふふふ(笑)

ということで、とりあえずまぁ、トラジ☆ハイジ選手権、今日もやりますので

皆さん楽しみにしておいて下さいっ。その前に、こちら聴いて下さい。

トラジ☆ハイジで、「ファンタスティポ」



  ~♪ ファンタスティポ



さ、それではハガキをまず読みたいと思いますっ。え~・・・東京都新宿区の○○。

ちゃん。さん。○○ちゃんかな。え~「剛くんこんばんは。TVで初めてファンタスティポの

踊りを観ました。剛くんファンの私は、ビデオに撮ってその日のうちに踊り全部覚えました。

今も踊り中です。なんかほんとめっちゃ楽しいです。そこでそんな普通に踊っても楽しい

ファンタスティポ、もっと楽しく上手く踊れるコツなんかありませんか?是非教えて下さい。

学校に行ったら、皆に踊りを披露して自慢しまくります」と言うことですね。ぅ~ん。

ま、あの、今回あの~ファンタスティポがですね、「踊りが非常にかわいいですね」と言う

意見がすぅ~ごい多いんですけれども、ソロライブやったときに、ダンサーさんの振り付けとかを

頼んだんですね。ひとり女性がいるんですけれども。まぁ、あの~・・・おかしい・・・・

女のダンサーさんですけどぉ。ま、その子にぃ、ちょっと振り付けを・・・・頼んでみました。

ま、ちょっとファンタスティポて言うちょっと飛んだ企画でしたのでぇ、「こ~の振り付けは、

ちょっとサンチェじゃないだろ」と。えぇ。サンチェも相当困るんじゃないかと言うことで、

え~・・・ま、女の子ひとり居るんですけれども。ま、「女の『子』」って言うとちょっと

これまた微妙な子なんですけど。おん、女!?んははは(笑)(スタッフ笑)女と言うか・・・・

ま、とにかく、あの、ダンサーでもま、10人居て、色んな曲あって、あ~・・・・

例えば、あの、ヒップホップとかロックダンスとかあぁいう方に回される女の子です。

あの~、全然ドレスとか着てくるくるくるくる~みたいなやつは、まず抜擢されない。

ロックダンス、バリバリやってて、でステージとか観に行っても、全っ然男みたいな奴。

んっふふふふ(笑)踊ってる姿観ても、「お、すげぇ!」みたいな感じの人ですけれども。

とりあえず、その子に頼んだところ、あぁいうちょっとおかしい・・・振り付けが完成しました。

えぇ。ま、コツはですね、ポイントはねぇ、結構僕は肩にあるんですよね。ぅん。サビ・・・

とかも、なんかあの~・・・・基本的に肩の上げ下げ。左上がってるとき右下げて、

右上がってるとき左下げて、っていうのを、凄く強調して、やってあげると、あの~・・・

かわい~く・・というか、いいの感じのシルエットで映りぃ。後は、も、ほんとに

ゆる~く踊るのがいいと思いますね。まぁ、でもこの子は1日で覚えたっていうね。

ん。凄いですね。ま、ちょっと僕ぅ・・・らも、あの、マツケンサンバにちなんで、

振付師を出すっていう・・・・(スタッフ笑)、考えもちょっとあったんですけどぉ。

マぁツケンサンバは(笑)マツケンさんの横で振付師が踊ってますからね(笑)(スタッフ笑)

あの斬新さが(笑)おもしろいなぁと持ってって。で、もぉ、ちょっと「やっちゃった感」がある感じで

出ちゃえば?みたいな話したんですけど、「ん~ま有り得ないんだけどぉ」みたいな感じで、

有り得なかっ、ま、その子的にはちょっと無しってことになり、ま、無しにしましたが。

でも、これほんとにねぇ、あの~・・・・まぁ、あの、映画の、ま、監督のね?頭の世界観とか、

太一さんのカラーとか、僕のカラーとかその歌をね、作って下さった方々?

もCHOKKAKUさんとかがアレンジして下さってるんですけれども。とにかくなんっ、

色んな人たちのぉ・・・いい部分がちょっといい所に・・行ったなって感じがありますよね。

ぅん。でも、あれですよ。映画始まって、1年ぐらい放映せず、1年後に追撮というものをやり、

で、そのまんま追撮した次の日にあのPV?踊りのやつ撮ってぇみたいな。

なんやぁこっち分からんかったんです。とりあえず1年・・・経ってね?「歌出します」言われて。

「え?なんでぇ???」みたいな。で、「ジャニーズエンターテーメントから出します」みたいな。

「え、なんでなん?」みたいなことになりぃ、で、最初は「じゃぁ、あの~、ギター持って

どうこうこうで・・・」ぐらいのことだったんです。で、太一さんがキーボードで。

で、それを逆にする回もあって。ぐらいの感じだったんです。それ急に「振り付けをしたい」て

言われて、でも25と30がですよ?・・・ちょっとやり過ぎると、やってもぉてる感が

出るじゃないですか。「それはちょっと危険じゃないですか?」って言いながら、

でもちゃんとその、「飛んでる振り付けであれば大丈夫じゃない?」って話で、

で、その女の子を頼んでみてやったんですけれども。いい感じに飛んでるから大丈夫ですが・・・。

まぁ・・・・そうですね。まぁ、僕らがなんにゃこっちゃ分からんとやってますから、

世間はもっと分からんやろなと思いますけれども(笑)「ファンタスティポてなんなんですか?」って

言われたときに、別に言葉として無いですからね?ファンタスティポって言う言葉は。

ま、これは監督の頭ん中に有った言葉であって、世界観というか、そのワールドですよね。

「その映画の中で、説明されてるワールドがファンタスティポっていうワールドなんですけど」

って言う説明をするのもめんどくさいから、「いや、ちょっと分かんないです」って言いますが。

とにかく(笑)各々がビジョンがあまりはっきりしていないっていうこの斬新な、斬新過ぎる企画が

ちょっ怖いなと思ってましたけれども。あの~・・・親戚の子どもとかが、振り付けをね

覚えるんですって。ほれで、あの~、間奏明け。インター明けの、あの~・・・・

最後のサビの繰り返しのところだけ、フリーダンスなんですよ。で、そこを、子どもは、

「あそこはねぇ、先生にねぇ、適当に踊って自分で考えて踊ってって言われてるからね、

毎回違うんだよ」とかって、親に説明するんですって。で、オレが、なんか

ボーリングやったりとか、車のギアチェンジやったりとか色いろしてるんですけど、そこで。

肩のホコリを落としてたりとか、歌いながらってるんですけれども、子ども的には、

ボーリングが一番良かったんです。(スタッフ笑)ダメ出しとかもされてぇ(笑)(スタッフ大笑)

「ギアチェンジはちっと分かんない」みたいな。んはははっ(笑)(スタッフ笑)

「伝わらない」とか言われてたりするんですけれども(笑)非常に子どもはよく見てますよね?

だから、ま、ほんとに。皆さんね、振り付けとかも覚えつつ、このファンタスティポ

楽しんでいただけたらなと思います。よろしゅうお願いしたいと・・・思います。

さ、それではですねこの後、いよいよあの大人の気企画。「トラジ☆ハイジ選手権」

行きたいと思います。その前に、ちょっと、一休み。



「ファンタスティポ公開記念。トラジ☆ハイジ選手権!」 (BGM♪ ファンタスティポ)

ファンタスティポという、ま、僕と国分太一さんとやらしてもらってます映画の中でにですね

トラジ☆ハイジという兄弟が出て来ますが、ま、この企画は兄弟限定で出て頂いて、

1分以内にしりとりをしてもらい、最終的にある単語が言えれば、ゲーム成立ということで、

え~・・・ま、豪華賞品をプレゼントするということになっとるわけですけれども。ん。

ま、今夜のある単語といいますと、「ハイジ」。え~、僕がやっとります鯉之掘ハイジという

役が有るんですけれども、「ハイジ」という言葉を最終的に言えれば、OKです。

ゲーム成立です。結構1分間て短いですね。しりとりやってると。あっ!という間に

1分経ちますからねっ。え~・・・負けないように、その1分の壁を越えて頂きたいと思いますが。

今日チャレンジして貰う兄弟に電話が繋がっておりますので、呼んでみましょう。



 (以下 剛:剛さん あ:姉リスナー い:妹リスナー 2:姉妹)



剛:もしもし?

あ:もしもしっ!

剛:どうもっ。

2:こんにちは。

剛:こんにちは。え~、お名前と年齢教えて下さいっ。

あ:○○○、18歳です。

剛:18歳。

あ:はい。

い:○○です。15歳です。

剛:○○ちゃん。○○ちゃん、15歳。

い:はい。

剛:お2人ともは、広島カープの広島県ということで。

2:はい(笑)

剛:赤い帽子で。出場して・・・赤い帽子被ってもらってるみたいですけれども。

2:(笑)

剛:どうですか?広島焼きの調子は?

あ:広島焼きですか?

剛:はい。

あ:焼きは、順調です。あっはははは(笑)

剛:順調ですか。あ~、いいですね。

あ:いや、何ガですか?(笑) (スタッフ爆笑)

剛:んふふふふっ(笑)ねっ。いやいや、広島焼きが順調・・・かなぁってのが、

  ちょっと気になったから。

あ:あ、大丈夫。心配ないです(笑)

剛:ま、良かったですよ。順調であれば。え~、お姉ちゃんの○○○ちゃんが、

  生意気なことに高校3年生ということでね。

あ:生意気ですか?はい(笑)

剛:んっふふ(笑)で、え~、妹さんの○○ちゃんが可愛らしい中学校3年生ということで。

い:はい(笑)

剛:なるほど、なるほど。ま、お姉ちゃんは、○○○ちゃんは、進路が

  生意気にも決まったっていうことですけれども。

あ:そうです(笑)すみませんね(笑)決まっちゃいました。

剛:お姉ちゃん、なんか昨日ブルースかなんか歌い過ぎました?

  声がちょっとなんか・・・ (お姉さんは声が擦れた感じの声です)

あ:(笑)私、いっつも言われるんですけどぉ、これが地声なんですよ。

剛:んふふふっ(笑)まじで?

あ:おっさんみたいですか?

剛:いやいや、お姉ちゃんね、ブルースとか、ジャズとか歌ったらバッチリ

  はまる声してんねぇ。

あ:あ、ほんとですかぁ?歌いますっ。

剛:ジャズシンガーとか、どぉ?

あ:あ・・・あ~・・とよく分かんないけど、やりますっ。

剛:んふふふふふっ(笑)

あ:(笑)

剛:進路が決まったところ申し訳ないけれども(笑)

あ:あ、はい。も、それは歌います。毎日歌います。

剛:お姉ちゃんどぉいう大学行かはるの?

あ:あ、大学じゃなくて、就職が決まってぇ。

剛:どこに決まったの?

あ:公務員になったんですけど。

剛:はぁぁぁっ!?生意気にぃ?(笑)

あ:(笑)広島から東京に行けるんですっ。

剛:東京に行くん?東京のどこに来るん?

あ:港区です。

剛:あ、え?港区のなに、どこに、なんてとこに?

あ:区役所の。

剛:区役所ぉ?

あ:(笑)

剛:○○○ちゃん港区区役所に来るの?凄いなぁ。

あ:はい。

剛:勉強した?

あ:はい。

剛:そっかぁ・・・。まぁ、でも港区は、ちょっとデンジャーやから気ぃつけや?

あ:神社はいっぱいありました。

剛:えっ?お姉ちゃんちょっと頭回転速い子ぉやな。

あ:そうですね、はい(笑)お笑いです。

剛:んっふふふふ(笑)芸人さんの方が良かったんちゃうの?

あ:芸人はよく言われます。

剛:ん、なぁ?ま、頭の回転が速い言うか。あの~手法がオレとちょっと

  被ってるなぁと思って。(スタッフ笑)思いついたこと喋る・・・タイプやろ。

あ:すみません、パクって(笑)はい。

剛:高田純次タイプやな。

あ:あ・・・あ、残念。

剛:んふふふふ(笑)残念。あ、お姉ちゃんと話してたらちょっときりが無いので、

あ:あ(笑)すみません(笑)

剛:え~、可愛らしいちょっと○○ちゃんなんですけど、可愛いい○○ちゃんは、

  なんか決まってんの?進路とかは。

い:いや。まだ決まってないんですけど。高校行こうと思ってます。

剛:高校行って。ま、じゃぁ受験勉強いうことやね?

い:はい。

剛:○○ちゃんは、ま、受験頑張って。

い:はい。

剛:あの~・・・・あれ出るからねっ。・・・・・「高床式倉庫」

い:高床・・・(笑)

剛:高床式住居とか、ねずみ返しとか出るから。

い:分かりました(笑)

剛:あと、一番僕がこれだけは覚えてて欲しいなと思うのが、「金印」ね。

い:金印・・・あ!はいはいはい。

剛:あれ、出るから。

い:覚えておきます(笑)

剛:金印は何回も出てくるからねっ。気ぃつけてね。

い:はい。

剛:じゃぁ、ま、そんな可愛らしい○○ちゃんと、おかしい○○○ちゃんの

  姉妹(きょうだい)で今日チャレンジして貰いますが、

  お姉ちゃんちょっとほんと笑いすぎですね(笑)ずっと笑ろてますけれども。

あ:すみません(笑)

剛:ま、とりあえずね、今からねやってもらうゲームはしりとりですから。

  で、僕がとりあえずいま1つ言葉を出しますので、その言葉に

  続いて○○○ちゃんからしりとり始めてって下さい。それで、

  1分以内に「ハイジ」って言う言葉をどっちかが言って下さい。

あ:どっちでもいいんですか?

剛:どっちでもいい。その、とにかく最終的に「ハイジ」って言える言葉を、

  どっちかが誘導して、最後まで行って欲しいんですよ。

  ただ1分以内ですからね。

2:はい。分かりました。

剛:「ハイジ」ですので、「バ」ぁとか、「パ」ぁはカウントされません。

2:はい。

剛:よろしいですか?じゃ、行くで~。ゲームスタート!え~、僕から行きます。え~「港区」

(カーン♪ (ゴング))

あ:く。・・・くも。

剛:も。

い:も。も。毛布。

剛:毛布。

あ:ふ、ふ、ふぅ・・・ふ、ふ・・・えっ、ふ?

剛:ふ。

あ:夫婦。

剛:夫婦(笑)

あ:あ、やべーじゃん!

剛:んふふっ(笑)

い:袋。

剛:袋。

あ:えっ、袋?

剛:ろ。

あ:ろ、ろ、ロバ。

剛:ロバ。

い:・・・ば。

剛:ば。ばっ。

い:抜歯。

剛:抜歯。し。

あ:し?し?

剛:し。

あ:し、し、しまうま。

い:継母。

剛:継母っ!

あ:・・・・・・・・・。は、は、ハイジっ!!!

(ファンファーレ♪)

2:やった~!やった~~~っ!!

剛:はい、おめでとうございますっ。

あ:ありがとう。

剛:あの、お姉ちゃんちょっとやっぱ頭速いんか遅いんか分からないですね。

  「継母」て言ってんのに、「は、は、ハイジ」って言いましたね、今。

あ:妹に。妹、ありがとう!

剛:びっくりしましたね、お姉ちゃん。「夫婦」て言ってますからねぇ。

  もっかい「ふ」言ぅてどうすんねん言ぅ話ですけど。

2:あっはっは(笑)

あ:間違えたっ(笑)

剛:お姉ちゃん凄いですね~。○○ちゃんはね、ちょっと健気な感じで、

  「毛布」って行きましたけれども。おっ(笑)お姉ちゃん、「夫婦」って行きましたからね。

  そこまぁちょっと、「抜歯」も好きでしたけれどね。(姉妹、ずっと笑いっぱなしです(笑))

  結構頑張りましたよね(笑)「抜歯」は。最終的に「継母」と言って、「ハイジ」。ねぇっ。

あ:はい(笑)

剛:行けましたね~。これ、今、何秒ぐらいでした?・・・・あ!43秒ぐらいって、今。

あ:わっ!よかった、ギリギリだ~。

剛:結構ね、世界記録ですよ。

あ:うわっ、凄い!やった~!ギネスです。

剛:ギネスです、ほんまに。これでも、申請する?んっふふふふふっ(笑)

あ:いや、でもお金掛かるんでいいです。

剛:あぁ、ほんと?

2:(笑)

剛:まぁまぁ、でもねっ、お姉ちゃんは港区に住む訳ですから。ねぇ。

あ:はい(笑)港区です。

剛:まぁ、とりあえず豪華賞品は。あの~、めんどくさいけど送らして貰いますんでぇ。

あ:めんどくさいですけど、お願いします。

剛:はい。これ、でも下手したら、タイミング・・・ずれてお姉ちゃんの方には

  行かないかもしれないですけれどね。

あ:いや、送ってもらいますから大丈夫です。

剛:いやいや。もしかしたらね、一個だけなんか送るかもしれないし。

あ:あ、無いかもしれない。あ~、まじですか。

剛:ちょっと分かんないですけど。えぇ。

あ:その辺はちょっと詳しく聞きたい。話し合いますから。

剛:ん~、ま、じゃちょっとうがい薬だけは入れさしてもらおかなと思いますので。

あ:そうですね、ちょっとはい。うがいしておきます(笑)

剛:はい(笑)すみませんけど(笑)お願いしたいところで。

あ:あ・・・声が(笑)

剛:(笑)お姉ちゃん、どんどん声が(笑)やばくなってきましたねぇっ(笑)

あ:擦れてきました。

剛:ちょっとこぉ、乾燥気味になってきましたけれども(笑)

あ:やばいですね(笑)

剛:やばいねぇっ。気ぃつけや?

あ:頑張りまーす。

剛:お姉ちゃん、気ぃつけつつ、区役所頑張ってもぉて。

  ○○ちゃんもね、勉強頑張ってもろて。ねっ?

い:はい。

剛:宜しくお願いしますよ?

あ:宜しくお願いします。

剛:今日はありがとうございました。こんなくだらない企画に付き合って頂きまして。

あ:いや、楽しかったです。

剛:ほんと?じゃぁよかったわぁ。

あ:はい。

剛:じゃ、おっちゃん頑張るわ。今日からもまた。

2:はい。頑張って下さい。

剛:は~い。じゃ、ありがとうね?

2:ありがとうございました。

剛:はい、とんでもないですぅ。じゃ、またお願いしま~す。

あ:はい。さよなら。

剛:さよなら~。ばいばい~。

2:(笑)



さ、と言うことで。え~・・・非常に、お姉ちゃんは区役所を辞めて、

吉本に入るっていうことですけれども。(スタッフ笑)ま、人力舎かどっちか

迷ったってね、お姉ちゃんは言ってましたけれども。ピン芸人でねっ(笑)(スタッフ爆笑)

ピン芸人で頑張るということですけれども。え~、ローマ字で○○○。(スタッフ笑)

えへへへへへっ(笑)ま、あんま売れなさそうな名前ですけれども。ローマ字で

○○○と言うことで。え~、回転が速いお姉ちゃんですね。もったいないね。

頭がいいねやろうね?でも、たぶん。回転が速い人ってさ、勉強したら勉強の回転が

速いってことやんな?たぶん。なんかその・・・吸収したものを、ポッと出せる

言ぅことやから。いや~・・・ちょっと、お姉ちゃんのあのキャラで区役所。んふふふふふ(笑)

お姉ちゃんが行き詰らないかどうか心配ですけれどもね(笑)(スタッフ笑)

とりあえず、あの~・・・・お2人ね。勉強の方と就職の方頑張って頂きたいと思います。

と、言うことで、以上「トラジ☆ハイジ選手権」でしたっ。



大好評!・・・かは別にしまして、「トラジ☆ハイジ選手権」ですが、再来週ですっ!

再来週のキンキラキンキワールドには、トラジさんが。出演するということになっ・・・

なりました。国分太一さんが、この「トラジ☆ハイジ選手権」に参加するということで。

え~、ま、ハイジも、トラジも参加をするんですが、何が当たるんですか?・・・

トラジ☆ハイジグッズとかいらないですよ?別に。もぉっ(笑)、僕らのストラップとか

なんや色いろ有ると思いますけどぉ、それ、貰ろてますからぁ、ダブるだけの話ですからねぇ。

ま、とにかくあの~「トラジ☆ハイジ選手権」に再来週、国分太一さんが出ます。

ん。トラジ☆ハイジグッズがリスナーの方にプレゼント、有りますので。

ま、皆さんほんとに。楽しみに待ってて欲しいなっと思います。え~、ハガキ!など、

こちらまで送って下さい。(あて先)

さ。「まだファンタスティポ観て無いですよ!」っていう方はね、是非観に行って

頂きたいと思います。新大久保、東京グローブ座。そして渋谷、シネクイントさん。

そして大阪IMPホールね。こちらの3つでやっておりますのでね、是非。

まだ観てへんという方は、ちょっとまぁ・・・・観てみてもいいと思いますよ?この映画は。

まぁ、なんにゃこっちゃ分かりません映画なっとりますけれども、まぁまぁ。

各々色いろ考えるものあるんじゃないかと思いますけれどもね。まぁ、そんな感じで。

ま、今日も皆さんどんな1日だったでしょうか。私はちょっと喫茶店に入り、

え~・・・少しいつもよりは苦いコーヒーを飲んだかなっ?っていうような

1日でございましたけれども。え~・・・えへへっ(笑)明日は、ちょっと砂糖を

1個入れてみたいかな?そんな甘い時間を過ごしながら、行きたいなと

思いますけれどもね。ま、最後のぉ・・・〆方を、いまいち思いつかないまま

ずっと喋ってますけれども(笑)(スタッフ笑)え~・・・・んふふふふふっ(笑)

ちょっと落語家っぽく終わりたかったんですが、ちょっといまいち浮かばないですね(笑)

いまいち・・・・浮かばないですね、ほんとにぃ。えぇ~・・・・湖に沈めた、え~・・・

いまいち浮かばへんもんていう物が浮かばへんかった、今。ん~・・・。

なかなか無いよね?いまいち浮かばへんもんて。大体浮かぶか、沈むもんね?

ぅん。・・・ま、いいわ、とりあえず。と、いう事で、まぁあの~・・・本編を編集して

またあの、「それでは皆さん」から使って頂ければなと・・・ふふふふふふっ(笑)(スタッフ笑)

え~~~~という事で、皆さん、また来週ですね。お会いしたいと思いますっ。

お相手は、Kinki Kids 堂本 剛でした~。ばいばいっ!



| キンキラKinKiワールド | 14:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2005年2月5日『バレンタインデースペシャル』(りい)



どうもっ。堂本 剛です。え~、もうすぐバレンタインデーと言うことでね。

リスナーの、え~・・・中にはですね、まじに告白をしよう、とか、え~、

思っている方も多いと思いますけれども、ま、これ毎回ね、どういう感じで渡せば

男の子は喜ぶん・・・だとか。まぁあの~・・・そうですね、あれじゃない?

シュチエーションっていうか、状況とかはぁ、多少・・・・あるやろなぁ、なんか。

昼間より夜の方がオレは好き。ですけどね。なんかあの、突発的に。

オレ突発的に家にピンポーン♪て来られたことありますけどね。(スタッフ笑)

ん。ドキドキしましたよ、なんか。「は、はい・・・」みたいな。で、貰ったりしましたけれどねぇ。

ま、とりあえず、1つでも多くのね?愛が、結ばれるように願ってますけれども。

ま、言うほど願ってもいないと思いますが。えへへ、へへっ(笑)(スタッフ笑)

いやいや、ほんとにあの~・・・好きな人が出来るって言うのはいいことやから、

その気持ちはでもほんと大切にして欲しいと思いますからねっ。あの~、是非とも

皆さん自分らしく。自分の色でね?気持ちを投げてみてはどうかなと僕は

思いますけれども。今夜のキンキラキンキワールドはバレンタインデースペシャルで

ございますが、どういう企画なのかということでね、皆さんちょっと楽しみにしておいて

欲しいと思いますが。その前にこれ聴いて下さいっ。皆さんの愛がちゃんと

好きな人に届くことを願って、この曲を掛けたいと思いますっ。

トラジ☆ハイジで『ファンタスティポ』



  ~♪ ファンタスティポ



はい。今夜のキンキラキンキワールド、バレンタインデースペシャルと言うことで、

まずはですねバレンタインデーに関するおハガキを読むだけです。え~川崎市の

○○ちゃんですね。「もうすぐバレンタインですね。物凄く悩んでることがあります。

今年チョコを上げたい人が今受験生なんです。勉強に集中するために1月に入ってから

連絡も取ってません。13日合格発表で、14日15日が試験があるのです。だから

渡せる日が無いんです。そういう場合はいつ渡すのがいいのでしょう。剛くんは

受験生の立場だったらいつ貰った方が嬉しいですか、教えて下さい」

いや、まぁ・・・終わってからじゃないの?(スタッフ笑)受験が終わってから・・・

の方が、ま、とりあえずなんも無いよね?なんか。み、乱すものっていうか。でも・・・

好きやったら、この○○ちゃんのことその人が好きやったら、逆にねっ?

パワー貰えるとも思うし。試験の前に。あの、「また試験頑張って下さい」て、

「試験終わったらまたあの連絡するから」みたいなことね。「とりあえず

これだけ受け取って下さい」言ぅて。チョコレートだけねぇ?渡すのもま、あり・・・・

とは思うけどもね。これ関係性がいまいち分からないですよねっ。連絡は

取ってないということは、まぁ、友だちではあるという・・・ところで。ん~・・・・・

まぁ、終わってからでいいんじゃない?まぁ、「受験あったんでちょっと遅らしました」

みたいなことで。大丈夫かな?このゆるい感じ(笑)(スタッフ笑)んふふっ(笑)

続いて、京都府○○○ちゃんですね。え~・・・「バイトをしていまして、

同じバイトの人がよく連れて来るお友だちがかっこいいんです。そしてその

かっこいい人のメアド頑張って聞き出したんですが、でもメールしてるんですが、

10通しか今までやってないんです。送っても返事が来なかったり。もういちど

数日後に頑張って送って返事が来ても途中で切られてしまいます。」え~・・・・・

「寝たら、次の日もずっと返事無しなんだと思います。だからまた送るとき

新しく切り出さなきゃだめなのでとにかく毎日辛いんです。でもバレンタインは

上げたいんですが」と言うことで。先にバレンタイン上げたいんですがと言うことで、

「先にバレンタイン上げるんでとか言っちゃったらどう思いますかね?

やっぱ言わない方がいいと思いますかね。色いろ悩んでるんです。助けて下さい」

と言うことで。とにかく好きで悩んどる言ぅことだ。ぅん、これいいことだね。

ただぁ・・・返事が無い。=(イコール)そんなに興味無い。うん。これ、男も女もこれ、

そやと思うわ。あの~・・・そんなに・・・あの~、なんか・・・包んで優しく

言うのもあれやから。あの~・・・興味あったら返って来るよ。メールは。うん。

電話も返って来る。それはもう自分でもそうやから、まその、自分が友だちとしては

いいかもしれへんけど、別に・・・そぉいう感じじゃないからっ。ていう人のメールとか

電話に対して、いや、返しますよ?返しますけれども、これ結構・・・

なんて言うのかな?友達っつても、なんやろ?男っ・・・・ぽい感じの・・・

友だちの女の子が多い訳。だから、そのなんか、いや・・・そら女の子やから

優しくしたらななぁとか思うけどぉ、でもそれってなんか恋・・・が芽生えないと

そぉ気持ちにならないと言うか。だからメールが来て「なんとかなんとかやんなぁ?」とか

質問が来てても、「ん~、うっさいなもぉ・・・」みたいな感じなんですよ。

で、興味無いのにマメにメール送る男もちょっとうっ・・・うっといよなぁ、なんか。

なんか、こ、下心あるっぽいって言ぅか。なんかその・・・ある種素直でいいなぁとは

思いますけどね、こぉ言う。うん。はっきりした人の方が。オレは。うん。

あの、とりあえず、バレンタインの日に渡せば?って感じ?とりあえず。

で渡して、「良かったら食べて下さい」ぐらいの手紙でいいと思うけど。

「私はもう貴方のことが大好きで・・・」どうこうあぁだこぉだ言いたいのは分かるけど、

それはもぅ友だちに聞いてもらって、その人自身には・・・特に言わなくて・・・

いいんちゃうかな?でも、ま、この好きになった人・・・に、好きになってもらえるように、

努力していくと言うことはいいことやからねっ。好きになってしもたん・・・やから、

しゃ~ない訳やから、この人に、まぁ、「好き」と言ってもらえるような自分を・・・

ん・・・・日々目指すと言うか。・・・でもねぇ、人はそんな急に変わりませんから、

ゆっくりゆっくり目指せばいいと思うけど。凄い好きやったらもぉ、ねっ、

思いが届かなくても好きって言う気持ちは持てたりするからぁ・・・・。どうしても好きやったら。

とにかくこぉいう人を好きと言える気持ちはいいことなのでこれはまぁ、大切にしつつ、

バレンタインの日に・・・良かったら食べて下さいぐらいの感じで。そこに気持ちを

凄く込めてね?文字にはしないで上げるのが一番いい・・・・んじゃないかな?

と思いますね。ま、皆恋してって言うことですよ。恋してますか?恋は。・・・・

ま、知り合いとかなんかキャバクラにはまってる人とかいますね。(スタッフ爆笑)

「また行ったんですかぁ?」「また行ったんですか!」みたいなね。

「いや、いいんだよ~♪」とか(笑)えへへへへっ(笑)(スタッフ爆笑)

僕はダメですね~・・・・ぅ~ん。まぁまぁ、あの、恋はね、自然現象ですから。

するときするからね。ま、いま出来る人はほんとにね、思う存分楽しんでした・・・・

して頂きたいなと思います。え~、今夜はですねバレンタインスペシャルでしたが

こんな感じでどんどんおハガキ送って頂けたらなぁ、と思っておりますっ。

それでは、続いて企画に行きますんで。その前に、ちょっと一休み。





「もうすぐバレンタインデー企画!トラジ☆ハイジ選手権!!」 (BGM♪ ファンタスティポ)

さ、え~・・・遂にですね、やっと公開し、安心しておりますが。『ファンタスティポ』という映画。

え~、ま、どういう映画かと言いますと・・・・説明するのが面倒くさいんで、観て下さい。

はいっ。・・・・えへへへへへっ(笑)え~、説明のしようがないと言うか、非常に・・・

ピュアな家族の人間愛、家族愛。みたいな。ま、非常に繊細な作品となっておりますので、

え~・・・・。ま、キャッチコピーにですね、「わかってもわかんなくても、いいと思うよ」

というフレーズがあるんですが、正にそんな映画ですので。とりあえず、

興味があると言う方はですね、是非観て頂きたいなと思います。

あの、面白いは面白いと思いますので。まぁ・・・正直好き嫌いは・・・

はっきり分かれそうな気はします。ま、でもあの~・・・「日本の映画で

こんな映画無いなぁ」みたいな。ちょっと跳んでる映画ですので、是非皆さん、

一度観て頂いてもいいんじゃないかなぁと思いますが。その映画にですね、

トラジ☆ハイジという兄弟が出てくるんですけれども、この企画兄弟限定で

出てもらいます。え~、1分以内にしりとりをしてもらい、ある単語を最終的に

言うことが出来れば、トラジ☆ハイジグッズを差し上げるというルールに

なっております。今夜のある単語というのはですね、ま、企画でもありますが、

バレンタインデー。ねっ。「バレンタイン」と言う言葉をですね、兄弟のどちらかが

最終的に言えれば成功ということになりますので。まぁえ~と・・・・これ、

斬新過ぎますね。(スタッフ笑)これ、バレンタイン企画と謳ってますけれども、

チョコレートの1つも出てきてないですね。えぇ。ま、なんやびっくりしましたけれども。

バレンタインのハガキ読んで・・・。とりあえず、バレンタインていっぱい

言ってればいいんでしょ?(スタッフ笑)なんとなく(笑)んふふふふふっ(笑)

お~っす。ま、と言うぐらいですね。ま、非常に・・・・ま、男らしい・・・・

意気込みでやって行きたいと思いますが。それではですね、

トラジ☆ハイジに負けない兄弟に出ていただきましょう。

 

(以下 剛:剛さん あ:姉リスナー お:弟リスナー 2:姉弟)



剛:もしも~しっ!

お:はい。

剛:どもっ。

お:こんちはっ!

剛:こんにちは。えぇ~と・・・奈良だそうで。お2人は。

お:はい。

剛:えっと、お名前をじゃちょっと、伺ってもいいですか?

お:○○○○です。

剛:弟さんが○○○○くん。で、お姉ちゃんは?

あ:○○○です。

剛:○○○ちゃん。

あ:はい。

剛:どうも~。

あ:こんにちは。

剛:こんにちは。お姉ちゃん、いまお風呂に居るみたいな声なってますけど。

あ:違う(笑)

剛:じゃ、ちょっとそこでシャンプー飲んでもらっていいですか?

あ:えっ!?(笑)

剛:シャンプー・・・シャンプー飲んでもらっていいですか?(笑)

あ:え、飲むんですかぁ?

剛:はい。

あ:(笑)

剛:あ~、凄いですね。飲み干しましたっ。

お:ははははっ(笑)

剛:さ、それではですね、シャンプーをお姉さんが飲み干したという、

  凄く気合の入った兄弟ですけれども。と言っている間にも弟さんは

  リンスを飲んでますが。

お:ぶふふふふっ(笑)

剛:え~、今日はですね、あの~・・・・兄弟でゲームに挑戦して頂きますけれども、

  まぁ、そんなに難しくないと思います。非常に難しくないです。

  あの~、いま弟さんは看護士さんを目指してるというふうに。

  え~、書いておりますけれども。○○○○看護士になる訳ですな。

お:へへへへっ(笑)はいっ(笑)

剛:ま、その看護士さん・・・・に比べたら、全然ゆる~~~い、簡単な。

  まぁ、頭を使う企画をいまからやりますので。とりあえずこれが

  出来れば。余裕で看護士になれます。

お:はい(笑)

剛:絶対なれます。

お:はい(笑)

剛:え~とですね、ま、ルールを説明しますが、とりあえず1分以内にゲームを

  終了して貰わなきゃいけませんが、兄弟どちらかから、僕がいまから言葉を

  ひとつ言いますので、しりとりをそっから始めてもらって、で、1分以内に・・・

  どちらかが「バレンタイン」と言えれば、ゲームは成功です。ですので、

  バレンタインの「バ」を誘導しながらしりとりしてって下さい。ちなみに、

  「ハ」はダメです。も、「バ」オンリーでお願いしたいと思いますけれども。

2:お願いします。

剛:お姉ちゃん、またシャンプー飲んでますねぇ。

あ:飲んでないですぅ(笑)飲んでないです(笑)

剛:大丈夫ですか?1日3本ぐらいのがいいと思いますけど。

  今朝も飲んだって聞いてますけど、大丈夫ですか?

あ:大丈夫です(笑)

剛:ちょっとね、口元が泡だってらっしゃるみたいですけれども。

  じゃ、それではですね、とりあえず僕から言葉ひとつ言いますので、その後に

  お姉ちゃんの○○○ちゃんからそれ続けて、で弟さんの○○○○看護士へ

  振って頂きたいと思います。それでどんどん、どんどんリレーしてって、

  1分以内にバレンタインって言って下さい。

2:はい。

剛:いいですか?じゃ、行きますよ~?それでは僕からひとつ

  言葉を出したいと思います。それでは行きま~す。「チョコレート」

(カーン♪ ゴング)

あ:とんぼ

お:ぼ・・・・ボール

あ:ルビイ

お:インコ

あ:こ。コアラ

お:・・・・・ら、ラッパ

あ:ぱ。パンダ

剛:ふふふふふふっ(笑)

お:・・・・・・。だぁ?

剛:パンダっ。

お:だちょう

剛:おぉ~。

あ:う・・・。

剛:時間ないでぇ?

あ:うさぎ。あっ!うつ・・・うつぼ!!!

剛:うつぼぉ?んふふ(笑)「バ」ぁや言ぅてんのに(笑)

あ:あっ(笑)

お:ぼ?

剛:んっ、ぼ。

お:ぼさぼさっ!

剛:ぼさぼさ。っふふふふふふ(笑)

あ:さ・・・。

剛:あっ!

あ:鯖っ!

お:バレンタイン

(ファンファーレ♪)

剛:おぉ~~~~っ!!(パチパチパチ~ 拍手♪)素晴らしい!

2:(笑)

剛:まぁちょっと、「ぼさぼさ」て斬新でしたけど。 (スタッフ爆笑)

2:あははは(笑)

剛:凄い斬新なしりとりだったけど。「ぼさぼさ」・・・・。まぁ僕的には

  「ボサノバ」っても言って欲しかったですけどねぇ。(スタッフ爆笑)

  行きましたね~。

あ:はい。

剛:50秒ぐらいでした。結構・・・ギリギリ目でしたけれども。

お:はい。

剛:ま、昔ギリギリガールズって居ましたけれども。

あ:あははははは(笑)

お:えへへっ(笑)

剛:えぇ~、結構なギリギリでしたが、見事バレンタイン言えましたんで、

  トラジ☆ハイジグッズと言うものをえ~・・・奈良の方まで、

  めんどくさいですけど、送りたいと思います(笑)へへへっ(笑)

あ:やった~!

お:ありがとうございます。

剛:ちょっと遠くてめんどくさいですけど、送りたいと思います。

  あの~、やってみてどうでしたか?(笑)

あ:いや~そんな言わんと・・・

お:ありがとうございますっ!

剛:んふふふふっ(笑)ちょっと遠くてめんどくさいけど、送りまぁす(笑)

あ:はい。

剛:あの~・・・やってみてどうでしたか?(笑)

あ:(笑)

お:ものすごい(笑)楽しかったです。

剛:んふふっ(笑)僕はぶっちゃけそんな楽しくないと思いますけれどねぇ(笑)

  (あ:爆笑)そんな楽しない・・・(笑)そんなにねぇっ、よぉ考えたなって言う

  ゲームではないから、そないでもないな思いますけれども。

  まぁ、あの~・・・お姉ちゃんはいまあれですか?なんかやってるの?

あ:はい。働いてます。

剛:どこで、なにしてるん?

あ:えっと、奈良の営業所で、あの~、パソコンの仕事してます。

剛:またこれは、入り組んだ感じの・・・。Enter、Enterやろ?

あ:はい(笑)Enter、Enterで。ふふふふ(笑)

お:あはははは(笑)

剛:Enter押して、F7押して。みたいなことや。そぉいう感じやね。

あ:はい。

剛:まぁ、○○○○くんもね?看護士なったらF7・・・押すこともあるかもしれへんからね。

お:あ~、はい。たぶんありますね(笑)

剛:んふふふっ(笑)「ちょっとこれまとめておいてくれ」みたいな

  指示があったときには。たぶん「ホルマリン」て言葉をね、

  F7押すときが来るかもしれへんけども、頑張ってね?

お:はい(笑)ありがとうございます!

剛:まぁでもやりたいことが目の前にあるということは

  凄くいいことやと思うから、是非とも自分の手で掴んで下さいね。

お:はい。ありがとうございます。

剛:あれっ?お姉ちゃん今、せっけん食べてますよねぇ?

あ:食べてないです(笑)

剛:なんでそんな泡ものばっかり食べてるの。

あ:あはははは(笑)お腹すいてるんかも。

剛:あ~、そうっすか。とりあえず、奈良がいつまでも平和であるように。ましょ・・・

あ:奈良にも来て下さい。

剛:そうねぇ。将来はほんと奈良に帰ろう思ってますから。

あ:えーーー!ほんとに?

剛:うん・・・。

あ:帰って来て下さい!

剛:まだ・・・難しいですけどね。

あ:いや、帰って来て~。

剛:ま、そのうちね。まぁほんとに、奈良で・・・いい2人で育って下さいね。

2:はい。ありがとうございます。

剛:ほんなら、あの・・・試験頑張ってね、○○○○くん。

お:ありがとうございます。

剛:お姉さんも、頑張ってね。シャンプー。

あ:はい。ありがとうございます。

お:シャンプーって・・・(笑)

剛:えへへへっ(笑)シャンプー頑張ってねっ(笑)

あ:はい(笑)

剛:今日取り過ぎやからね、気ぃつけて。ま、なんかあったら

  またハガキ送って下さい。ありがとうね~。

お:はい、ありがとうございました。

あ:ありがとうございました。お仕事頑張って下さ~い。

剛:どうも~。ありがとう。はい~、どうも~。



え~・・・ま、でも。お姉ちゃんがあそこまでシャンプー飲むとは

思わなかったですけれども。・・・・。んふふふふっ(笑)ま、とりあえず皆さん。

また、この企画、あると思いますので、楽しみにしていただきたいと思います。と言うことで、以上

「もうすぐバレンタイン トラジ☆ハイジ選手権」でしたっ。



さ、今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。え~、バレンタインスペシャルと

言うことでね、まぁあの、たいしたことはしませんでしたけれども(笑)(スタッフ笑)

「バレンタイン」て結構言ったなぁ・・・って言うぐらいの1日でございましたけれどね。

ま、あの、皆さん。ほんとに近いですから、バレンタインが。ステキなバレンタインに

なりますようにね、皆さん今から準備頑張って頂きたいなと思います。と言うことで、

たまにおハガキ読みますんで、こちらまで送って頂きたいなと思います。

(あて先)

え~、ま、お知らせと致しましては、『ファンタスティポ』。ね?映画、

公開しておりますけれども、東京の新大久保のグローブ座。そして、渋谷のアクネ・・・

アテクネ・・・センサ・・・あ(笑)シネクネサンセン・・・・シネクイントさんですね。

えぇ、今4つぐらい言いましたけれども、シネクイントさんです。え~・・・で、

あと大阪の方ではIMPホール・・・さんですね?の方で公開しておりますので、

是非皆さん足運んで頂きたいなと思います。このシネクイントさんて言うのはね、

熱帯魚でね「アクネテインシスス(と聞こえましたが判別不能)」みたいなね、

あの・・・「オルノティピンニス(同)」とか色いろ居て、ん~・・・ごちゃごちゃしてるんです。

オレの頭の中で・・・へへへへへっ(笑)「アクネテン・・・あれ?なんやったっけ?

あれ?#&*@~」なってぇ。いつも大体「シネクイントさんです」って言われて。

「あぁ!そうやった」みたいな。いや、熱帯魚で居そうでしょ?なんか。アフリカとかに。

「シネクイント」て魚。ま、え~・・・3つ。本当は最初東京のグローブ座だけ

だったんですけれども。グローブだけでは受け止められない。と言うことでね。(スタッフ笑)

んふふふふ(笑)今日落語家っぽいね、オレ(笑)(スタッフ爆笑)なんやろ、これ?(笑)

このテンション(笑)は~い。と言うことでね、皆さん是非観に行って欲しいなと思いますっ。

て言うことで、来週またお会い致しましょうっ。

お相手は、堂本 剛でした~。ばいばい~っ。

 

| キンキラKinKiワールド | 14:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |