Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2005年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2005年3月26日『エイプリルフール予防対策 女の嘘、見抜けるかな?』(りい)



はーい、こんばんは~、Kinki Kids 堂本 光一でーす。

え~、今月いっぱい・・・・ワタクシは、中日・・・ファンです。・・・なんかほんと

オープニングからテンションがた落ち(スタッフ笑)っ(笑)感じですけど(笑)

まぁねっ?しょうがないですよ、これ罰ゲームなんで。ですから今日も、中日の・・・

帽子。ちゃぁんと被ってます。だからず~~っと言ってんねんけど、ラジオで

被ったって分からんやないかっ!っていう話なんです。(スタッフ笑)ただ1つっ!!

1つ罰ゲームやなぁ、て思えるところは、今この話してるこのスタジオ、

かなりあの~、開放的でねぇガラス張りぃなってるんですよね。(スタッフ笑)

ですから、こぉ・・・ま、あんまり通る人もいまそんな居ないですけども、もしも

通る人がね?この中を見て行ったら、「おっ!堂本光一、中日の帽子被ってるで~」

っていうねっ?(スタッフ笑)あ、なんか向こう側から覗かれてます(笑)

「あぁ、あの人中日好きなんだ~!」普段からこぉなんやろ?どっかの野球のね?

帽子を被ってる人って居ませんからね。(スタッフ笑)小学生ぐらいのもんですよ、

ほんとの物凄いファンか。「へ~、あの人普段から野球帽被ってるんだ」みたいなね。

そんな感じになってしま・・・ま、これはゆうてみれば罰ゲームかな?ってね。

こ、やって白々しくこぉ・・・ふっふっふ(笑)覗かれる感じも。(スタッフ笑)

まぁまぁまぁまぁ。中日ですよ。オレ流ですよっ。こぉやって僕が今、中日の

帽子被ってるのもオレ流ですよ。言ぅてみればねっ。んっははは(笑)

も、ほっとってくれ!オレのことは・・・。(スタッフ笑)え~、各スポーツ紙も、

今年のペナントレース中日を優勝候補に挙げている、と言ぅことなんですねぇ。

・・・ほらなんか、ほら、来たもん。(スタッフ笑)めっちゃ恥ずかしいもんや。

とりあえずこっち向くなよ、って感じやね。(スタッフ笑)え~、隣のスタジオにね?

なんかこぉ・・・きっとこれから喋るんでしょうけれども、ねっ?絶対こっち見るなよっ、

って感じ・・・んっはっはっはっ(笑)「中日の帽子被ってんねやろ?」って思いますけど。

まぁ、あの・・・中日。・・・僕は巨人ファンですよ。って言ぅておきますけども、巨人ファンです。

だけど罰ゲームで今、中日ファンになってる訳です。さ、もうすぐエープリルフール。

そこで今夜は「エープリルフール直前予防対策スペシャル」をするらしいです。

ま、ワタクシ・・・も、ね?26歳ですから、女性の嘘を見抜い・・・ちゃうぞ~!みたいな、

そんなコーナーですよね。これは~~っ!全然普通に僕、見抜けますよ!

自信ありますんで。じゃ、その前に1曲参りましょう。「嘘はいけないよ!!」って言う

意味を込めて、Kinki Kidsで「やめないで,PURE」お掛けしましょう。どうぞっ。



 ~♪ やめないで,PURE



「エイプリルフール予防対策 女の嘘、見抜けるかな?」(BGM~♪  Liar!Liar! / B’z)

今こぉ・・・スタジオの前通った人がこぉ、じろ~っ見てた。(スタッフ笑)んはははははっ(笑)

はいっ。中日の帽子被ってますよ、オレは。被ってます。

さ、という訳で、え~ワタクシも26歳。20台後半になってしまいましたぁ。

ですから、え~・・・嘘。とかね?そいったものも見抜けるでしょ?っと言う。

そんなコーナーをやるということです。今から3人の女性があるエピソードを話ます。

それが嘘か本当か、ワタクシが見抜きたいと思っております。

これ、なんか賞品はあるんですか?ある!?え~、2つ以上正解するとステキな賞品。

・・・ま、大体ステキな賞品、全然ステキなこと一度も無いからねぇ。

ほんとに10年間ひとっつも無いからね。(スタッフ爆笑)10年間(笑)この番組やってて、

1つもいい賞品だったことない。でもなんか1個ぐらいあったかな?なんか。

あ、カレーもそうそう!カレー!カレー!(スタッフ大爆笑)レトルトカレー!あれはね、

助かったよ。ぅん。あれはよかった、結構。うん、凄く実用的。こ、腹減ったときとかにね?

「あ~、レトルトカレーあるわ」と思って。あれはよかったけど、それぐらいやな。

後は使えませんもん。ステキな賞品と言っても、ま、期待はしてないけども、ま、頑張りますよ。

2つ以上正解。すると、ステキな賞品。ねっ?分かりました。

さ、では1人目のリスナー出てもらいましょう。



  (以下 光:光一さん り:リスナー①)



光:もしもしっ。

り:もしもし。

光:はい。年齢とお名前宜しくお願いします。

り:15歳の○○○です。

光:○○○ちゃん、15歳。どこにお住まい。

り:東京都です。

光:東京都。さ、では・・・○○○ちゃんがこれは嘘かもしれない

  エピソードを今から話して頂くわけなんですね?

り:はい、そうです。

光:ま、嘘かもしれないし、真実かもしれないし。ということでございますので。

  そのエピソード、早速お話下さいませ。

り:はい。私は何かのお願い事があるとき、深夜に教会に忍び込んで

  祈りを捧げている。ほんと、嘘、どっちでしょう。

光:えぇ~~~っ!? (スタッフ笑) うわっ!分っからんわ、これ。どないしょ???

  ・・・え?そ、神様にお願い事とかって、例えばどんな・・・。

り:もう自分の力ではどうにもならないことなんで、例えばだと、

  やっぱKinki Kidsのコンサートが当たるようにとか、

光:ふっ、あはっ(笑)

り:SHOCKが当たりますようにとか、

光:んっ。それ・・・SHOCKは観れた?

り:はい、観られました。

光:あ、それチケット当たったんだ?じゃその神頼みが・・・

り:バッチリです。

光:バッチリだったってことかなぁ?そっか・・・。で、その神頼みは、

  これからも続けて行こう、と。

り:そうですね。

光:ん、なる程。これ、びみょ~な嘘とかついてるの止めてよ?

り:ふふっ(笑)いや~。

光:これ教会じゃなくてお寺なんですね~。とかさ。

り:あぁ・・・。

光:そういうのは卑怯やで?これ、大きく捉えて嘘かほんとかって考えていいんでしょ?

り:まぁ・・・

光:誰も反応してくんない(笑)やんなっちゃうな~。(スタッフ笑)さ、じゃ・・・どっちかなぁ?

  え~・・・・ほんと!!

(ブーーーーーッ♪)

光:・・・・・・・・・嘘ついたんか、お前は。(スタッフ笑)

り:うふふふっ(笑)

光:お前は、○○○は嘘をついてたんやね。どぉこと?これ。

り:えっと、やっぱあの・・・神社・・・・・ですね。 (スタッフ爆笑)

光:ほらぁっ!!オレのゆった通りやんっ!!!

り:そうですね。私の家が神社なんです。

光:あ~ぁ!なる程っ。も、オレのゆった通りやん!ほら、そぉいう

  微妙な嘘ついてるんちゃうの、思って。

り:もう一瞬ちょっとドキッとしたんですけど(笑)(スタッフ笑)

光:そやろ?なぁ~?いいとこついててんけどなぁ。いや、まさかそんな

  汚い手は使わんやろな、って。なんかほら、神社やったら、なんかほら?

  お祓いみたいなさ?あるじゃない。ぬぉ~~~~♪てやつ。 (スタッフ笑)

り:あははっ(笑)なんか違いますよ(笑)

光:カシコミ、カシコミってやつ。ねっ?

り:はい(笑)

光:なんとかぁ~~~ぁ・・・あ~~~あぁぁぁ・・・・(神主さんの真似してます)

  てなんか息が続くまで伸ばしたり。(スタッフ笑)

り:確かに伸ばしてますよね(笑)

光:や、ああいうのってほら?必ず・・・SHOCKもそうだけど、舞台でね?やるのよ。

  お払いを。安全祈願。成功祈願、という形でね。で、こぉ・・・endless SHOCKと言う

  今回、名前がついてたりするじゃない?そうすると、やっぱりこぉ、神社での

  お祓いとかって凄い、なに言ぅてるか分からんじゃないですか、僕らにとっては。

  これ、日本語なのかな?何を言ぅてんのや?って言うとき。

り:確かに(笑)

光:だけどなんかその、タイトルをやっぱり言うときとかいきなり

  そこに英語が含まれるんですよ。(スタッフ笑)

り:はい。

光:「え・ん・ど・れ・す しょっく・のぉ」(神主さんの真似)・・・・

  これ、すっごい違和感ある。(スタッフ笑)いきなり横文字かよ!?っていうさ。

り:そうですね。そこに名前入ったりとかしますからね。

光:「じ・ゃ・に~喜多川がどうのこうので、演出、脚本・・・」(同)(スタッフ爆笑)

  なんかそういうのなんかね、延々言ぅてるんですよ。

り:そういうの書いてあるの見るのも面白いですね。

光:そやな。ぅん。そ、そういうの自分知ってるの?やっぱり。手順ていうかさ。

り:あ~・・・

光:手順というか、あれは、な、ど、この言葉はどういう意味や。とか

り:あんまり深く言われるとちょっと難しい

光:あぁ~。そうなの。へ~・・・そっか。ま、でもありがとさん。

  君は、神社の娘なのに、嘘をついた。(スタッフ笑)

り:はい(笑)

光:ふっははは(笑)君はあかんで、そんな。神社の神様に怒られるで。

り:これは企画ですから。

光:そやな。・・・そや。(スタッフ爆笑)あの・・・うちのスタッフを責めてくれ。

  スタッフがそうさせたんや。なっ?

  じゃ、ありがとうございました、○○○ちゃん。

り:いいえ~。

光:は~い。どうも失礼致しま~す。

り:ありがとうございました。失礼します。

光:失礼しま~す。



やっぱこぅ、神社の娘だけあって、こぉ・・・なんかちょっと落ち着いてる

雰囲気あるのかな?(スタッフ笑)関係無いかな?不正解でした~っ。

ま、3人出てくるんで、後もう2人でしょ?1個も落とさないでしょ?

まぁ、別にそんな賞品にね?・・・がっついてる訳じゃないんですけど(笑)

んははっ(笑)(スタッフ爆笑)一応ね?一応、一応。はい。

という訳で、この後もエイプリルフール予防企画続きます。



 



さて、お送りしておりますエイプリルフール予防企画。全然予防にはなるとは

思えない企画なんですけども。(スタッフ笑)え~、3人の女性のエピソードが

ほんとかどうか当てていきますっ。もう分かりましたよ!かなり汚い手でね、

嘘をついてるということが。そんな細かいところかっ!!って言うね。

僕の読みが最初からでも当たってはいたんですよね。えぇ。だけどまさか

そんな汚くないといった、思ったオレが悪かった。汚い、やっぱり。(スタッフ笑)

という訳でそれを踏まえて2問目いきたいと思いま~す。続いての方、



 (以下 光:光一さん り:リスナー②)



光:もしもしっ。

り:もしもし。

光:どうも初めまして。

り:こんにちはっ(笑)

光:え~、お名前と年齢お願いします。

り:16歳、○○です。

光:16歳。ま、東京都ですね、お住まいはね。

り:はい。

光:え~・・・では早速、○○ちゃんの嘘かもしれない・・・エピソード、お願いします。

り:はい(笑)この前、雪が積もった日に、雪で転んだ友だちを助けようとしたら、

  私も滑ってしまって、友だちにヘッドパッドをしてしまった。

  ほんとか嘘、どっちでしょう。

光:ふふっ(笑)これはねぇ。・・・これは別に嘘ついてもしゃぁない。(スタッフ笑)

り:(笑)

光:これはもぅほんとやと思うけど(ぼそっ)。雪の日ぃ、何してたのそれ?

り:雪の日、友だちと歩いてました。

光:歩いてた?

り:はい。

光:かなり痛かった?

り:痛かったです(笑)

光:ま、雪の日はな。助けようとすると自分もこけるからな。なるほどっ。

  これはもぅ、単純に正解・・・ほんとでしょ。ほんと。

(ブーーーーーッ♪) (スタッフ爆笑)

光:ふはっ(笑)

り:あははははは(笑)

光:うわっ!全っ然っあかんわ、オレ。これ、ちょっと待ってね?あの・・・

  ヘッドパッドじゃなくてエルボーだったとかやったらオレ怒るで?

り:あはははは(笑)

光:ほんとはどぉことなの?

り:ほんとは、自分が・・・階段から5段ぐらい転んじゃった。です。

光:なんやねんっ。なんやねんっ。(スタッフ笑)

り:ふふふふふ(笑)

光:そんなねぇ・・・なんやろ?嘘つくんやったら、もっと大きくついてくれ。(スタッフ大爆笑)

  なんかびみょ~~~に・・・有りなこと言ってるよね、ずっとね。1問目もそやけどっ。

  ふっ(笑)嘘が細かすぎるっ!(スタッフ笑)なんや!この企画っ!酷いなぁ~っ。

り:(笑)

光:あ、そう。階段落ちした?

り:そうです(笑)

光:ふふふっ(笑)階段落ちかぁ、5段の。(スタッフ笑)

り:はい。

光:5段の階段落ち。

り:はい。

光:そ、痛かったやろ?

り:凄い痛かったです。

光:なぁ、オレ22段落ちてんねんで?(笑)(スタッフ笑)

り:ははははは(笑)

光:22段。70・・・・6回か。8回か。ん。やっとんのやわぁ。

  痛いやろ?階段落ちってな? (スタッフ笑)

り:痛いです。

光:見た目そんっなになんか別に痛そうに見えなかったりするもんやねんけど、

  痛てぇもんは痛ぇもんな、あれな?

り:はい。

光:そっか・・・。ま、ちょっとオレの気持ち分かってくれた?(スタッフ笑)

り:分かりました(笑)

光:ひゃははははっ(笑)痣とか出来たんちゃうん?

り:おしりに青タン出来た(笑)

光:おしりに~!青タン!も、これ誰にも見せられませんね。しばらく。(スタッフ笑)

り:ははははは(笑)

光:ねぇ?「うわっ!この子、ケツ青い!」て思われる。はっ(笑)ねっ。(スタッフ笑)

り:はい(笑)

光:「赤ちゃんやぁ!」みたいな。そうですか。じゃ、○○ちゃん、ありがと~。

り:あ、お仕事頑張って下さい。

光:はいはい、どうも~。

り:はい。

光:はい、失礼しま~す。



んっ、なんかね、も、さっきも言ぅたけど、嘘つくんやったらもっと大きくついてくれ。

微妙やねんっ!ふははっ(笑)(スタッフ笑)

そんな(笑)見抜けるかっ!っう話ですよ。は、では3人目、参りましょう。



 (以下 光:光一さん り:リスナー③)



光:もしもしっ。

り:もしもし~?

光:お名前、年齢お願いします。

り:☆☆、16歳、○○高校1年。です。

光:はい。丁寧にありがとうございます。ねっ。☆☆・・・☆☆ティーや(笑)

り:☆☆ティー。

光:ふはは(笑)☆☆ティー。ねっ。なんで☆☆って人☆☆ティーって言われんねやろな?

り:分かんないんですよぉ。

光:言われる?

り:うん。言われます。

光:あ、そう。ふ~ん・・・。さ、それではえ~・・・☆☆ティーの嘘かもしれないエピソード。

り:嘘かもしれない、ほんとかもしれない。

光:ほんとかもしれない・・・嘘かもしれない。んっも、どっちでもええわっ!!ひゃははっ(笑)

り:あははっ(笑)えぇ~?

光:えっ?なに?最後に正解したらプレゼント、贈呈します。!1問でも正解・・・

  したらあげるって言ってるってことは大したことないものなんですよ。(スタッフ笑)

  最初は「2問正解しらねっ」ってたでしょ?それを「1問でも正解したらあげるよ!」

  ・・・ぐらいの、なんか。そんな・・・ね?安っぽいもんやろ?

  メカブとかそのへんちゃうの?(スタッフ笑)そやったら食えるからまだええねん。

  (スタッフ笑)あ、ごめんごめん。☆☆ちゃん、ほったらかしにしてたわ。

り:あはははっ(笑)いやいや、はい(笑)

光:じゃ☆☆ティーのそのほんとかもしれない、嘘かもしれない。エピソードお願いします。

り:はい。私は2ヵ月前、生まれて初めて彼氏ができました。その彼氏に

  告白された場所は保健室である。嘘かほんとか、どっちでしょう。

光:・・・なっ、これもね?大~きく捉えていいのか、細かく嘘ついてんのか・・・

  どっちや?ちゅう話や。

り:さぁ?どうでしょう。

光:さっきもめっちゃ細かい嘘やねんっ。

り:えぇ~(笑)

光:教会が実は神社だったとかさぁ~っ? (スタッフ笑)

  そぉんなん細かいの止めてよぉ!って言う嘘やったんで。だからこれもね?

  保健室じゃなくて、体育館だよみたないさ?

  なんかそぉいったね?微妙な嘘なんちゃうかな?とか。

り:う~ん・・・どうでしょう?

光:でもある意味その・・・保健室!てちょっと・・・淫靡だよねっ?

  そこでこぉ・・・告白された?

り:されました。

光:だかっ、それもね?告白「された」んか、「した」んか、とかねっ?

  そいう微妙な嘘やったりする可能性もあるやん?(スタッフ笑)

り:あ~、はい。そうですねぇ。

光:んっ、でも告白され・・・て、彼氏が出来たって言ってたよね?告白された、

  と言うことは・・・その、なんて言うの?その~・・・☆☆自身も

  あの~・・・気持ちはその人に有ったの?

り:有りました。

光:有ったんだ!?

り:だから両思いだったんですよ。

光:で、偶然保健室で一緒になり・・・

り:はい。

光:で、なんで☆☆ティーは保健室に行ったの?

り:ん~、熱出しちゃって、その子が付き添いに来てくれて。

光:んあっ!ちょっと嘘臭いっ。

り:えぇ~?

光:なんで付き添いに来てくれんねんっ。だいたいそぉ時って女子が行くやろ、女子が!

り:いや~、私に気が有ったみたいで、凄い仲が良かったんですよ。

光:えぇ~っ?だって、

り:いっつも一緒に居て

光:高校1年やろ?  

り:はい。

光:オレが高校1年の頃は「うんこ!うんこ!」言ぅて騒いでた歳や。(スタッフ笑)

り:今は違うんですよぉ~!

光:ほんなな?高校1年でそんな愛じゃ、恋じゃ、男じゃ、女じゃ!

  ・・・んっなアホか!っちゅう話ですよ。

り:あはははっ(笑)今、そういうんですよ(笑)

光:今・・・なんや?そう言う・・・みんな進んでる言ぅ訳か。

り:そうですよ。

光:お父さん、悲しいぞ。

り:ふふふっ(笑)

光:勉強しろ、勉強。

り:してますよ?(笑)

光:や~っ!どっちやろなぁ~っ?・・・・んぇっ、これはね、

  ある意味ちょっとドラマチックやわ。

り:はあ・・・。

光:だからそんなドラマチックなことがね?世の中で、起きて・・・いると、

  ちょっとムカつくけど「いいな」ってちょっと思うんで・・・

  これは、ほんとです!

(ブーーーッ♪)(スタッフ笑)

り:あはは(笑)

光:・・・や~・・・・。最悪や。全っ問、不正解。え、これほんとはどぉことなの?

り:ほんとはねぇ、スーパーん中で。

光:うわっ!全っ然ちゃうやん。(スタッフ笑)なんやそれ・・・。え、スーパー?

り:スーパー。

光:買い物行ったときぃ?

り:行ったときに。

光:チッ!(舌打ち)そぉか、今の高校生はデートにスーパー行くんだ。(スタッフ笑)

り:あはははっ(笑)その前にちゃんと映画とか観てますからねっ(笑)

光:あぁ、映画観てるんだ。じゃ、彼氏に宜しく言っといて?

り:はーい。言っておきます。

光:じゃ、どうも失礼しま~す。

り:はーい、失礼します。

光:どうも~。



・・・で、これ正解してたら何が貰えてたん?え!?内緒なのっ???

ほんな、内緒にするほどのもんでもないでしょ。内緒なの?

次回に取っとくとか、そぉこと?(スタッフ笑)んはっ(笑)ふははははっ(笑)

ごめんっ!内緒にされても全っ然っ楽しみじゃ無い。(スタッフ爆笑)

ま、じゃ取っといてくれ。あ~っ!お疲れ様ですっ!!凄い、松岡くんに

中日の帽子見られてるって言うのもねっ。松岡くんが・・・。(スタッフ笑)

なぜ僕が中日の帽子を被っているか!と言う。(スタッフ爆笑)

(松岡さん@TOKIO 「ど~いうことなのっ?」)(以下 松:)

んっぁっはっはっはっ!(爆笑)(松岡さん 「どうして中日の帽子被ってるの?」)

これ罰ゲームなんですよ。(松:「なんの?」)

あの~・・・去年、野球のペナントレースの順位を予想してはずれちゃったんですね。

(松岡さん、マイク前に移動)



松:ほうほう

光:で、その~・・・ま、僕は巨人ファンなんで

松:うん、そうですね

光:で中日が優勝したんで

松:中日の帽子を被る・・・

光:中日の帽子を被れ、と。

松:なるほど~っ。

光:こ、ラジオで全く意味の無いっ!罰ゲームの・・・ (スタッフ笑)

松:薄っいねっ!

光:薄いっですっははははっ(笑)

松:薄っいよねっ?

光:薄いですよね?

松:そりゃやってることがねっ!

光:んっも、訳分っかんないですよ

松:でもオレが証人になったことでリアリティが増すね。(スタッフ爆笑)

光:よかった!よかった、よかった。それ、凄い助かります。

松:いや、とんでもないです。SHOCK終わったの?

光:終わりました、終わりました。

松:お疲れさま~。も、ジャッキー(ジャッキー・チェン)にこないだ会ったら、絶賛してたよ。

光:ほんとですか?

松:うん。

光:え?何であ、お会いになったの

松:鉄腕DASH(ザ!鉄腕!SASH!!)に来てさ。

光:あぁ~っ!ほんとですか。

松:も、「光一は素晴らしい!光一は素晴らしい!」ってさ。

光:あ、ほんとですか?

松:うん。香港に上海に(聞き取り不可)って

光:んはははっ!(笑)じゃ、よかった。

松:じゃ、帰るわ。

光:あ、あっ!お疲れさまです、お疲れさまです。

松:あえっ!あの時間有ったら、花見やろっ!

光:はぁっ(笑)花見っ(笑)ふひゃひゃひゃ(笑)りょ、了解ですっ(笑)

松:へへへへへへっ(笑)

光:お疲れさまですっ(笑)



いや、証明された。よかった。(スタッフ笑)ドラゴン・・・ズ帽子。ねっ。

案外リスナー、被ってるけど嘘ちゃうの?みたいなとこあるかもしれんけど、ほんまに

被ってますからね。よかった。え~、松岡くん、突然ご乱入ありがとうございます。

さ、え~・・・という訳で、全問不正解。光一は全く嘘を見抜ける力が

備わってなかった。と言うことでございますね。女の嘘はダメなのかな?

ふ~っ・・・分からんっ。まぁまぁまっ。はいっ、以上エイプリルフール予防企画でございました。





さ、今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。エイプリルフール企画、

ということで。ま、全然分かりませんでしたね。て言うか・・・嘘の内容が

んっも、こ、あの、こまごましい!細かくて。これ、またおんなじようなことやるんやったら、

もぉちょっとでかい嘘にしようよ。ねえっ?(スタッフ笑)

その方が・・・いいと思う。ふははっ(笑)という訳でたまに読みますのでハガキも送って下さい。

(あて先)

え~、お知らせです。剛くんのライブ・・・DVD、ビデオ。4月6日発売のライブDVD、

ビデオですね。2度目のっ!ソロライブ。剛くんにとって。2度目のソロライブ。

FIRST LINEという、え~・・・ライブツアーでしたね。こちらが、オフショットなんかも

色いろ入っているDVDに仕上がっているようでございます。

是っ非、皆さんチェックなさって下さいっ。はいっ、ではまた来週でございま~す。ばいばいっ。





| キンキラKinKiワールド | 14:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2005年3月19日『あの頃君は若かった。卒業アルバム選手権』(りい)

はい、え~光一で~~~す。光一で~~す。今夜も中日帽を被ってお届けしまぁす・・・。

普通になりました、いい加減。オレ中日の選手っては全っ然・・・知りません。

オレ野球好きだけどぉ、選手、がどうのとか結構・・・あんまりどうでもよくて。

案外やっぱりその、なんやろ?そのカテゴリが好きなんですよね。試合とかさ。

ん。中日の選手!・・・誰?分からんっ!あ~、福留。あと?・・・立波。

川上、いいピッチャーやね。山本 昌。岩瀬・・・・・・(小声でブツブツ喋ってます)、

とかっ、色いろ。これ全っ然分からん!(スタッフ笑)やぁばぁ~い。

ちょっともちょっとオレ、野球ちょっと勉強し直さなあかんなぁ。

ちょっとまずいっすね。さ、今夜は早くも、え~、大好評ということで。

え~、ま、前回は卒業アルバム選手権。やってる途中に、大ハプニング。

コーヒーじゃ~事件。(スタッフ笑)ふっはっはっは(笑)ほんとに

えんらい迷惑かけたわぁ。という訳で、今日もなにが起こるのか。

ま、なにも起こんないと思いますけれども、卒業アルバム選手権やっちゃいます。

という訳で、その前に歌を聴いて下さい。薄荷キャンディーどうぞ!



 ♪~ 薄荷キャンディー



はい。え~・・・ハガキ!読もう。ねっ?大阪市○○さん。え~「光ちゃんこんばんは。

いつも楽しみに聞いています。こないだ娘のことでびっくりしたことがあり、

ハガキ書きました。まだ小学校2年生の娘が学校から帰って来て、

『ママ~、あんなぁ?今日○○君に付き合ってって言われたぁ。どうしたらいいと思う?』

私は目が点になってしまい、親としてなんて答えてよいのか難しく考えてしまって

話を誤魔化してしまいました。小学校2年で、今の子どもはどうなってるのやろう?

私はちょっとこの先不安になっています。うちの娘のようなこと、光一くんが

子ども出来たときになったらなんて答えますか?」ぅん・・・・。ぅん・・・・。

早いなっ(溜息交じり(笑))(スタッフ笑)小~学校2年でぇ・・・・付き合ってぇ・・・。

っかそういう感覚があるっていうことが凄いよねぇ?男と女がこぉ、付き合うとかさぁ。

小学校2年なんてまだこぉプールの授業とかで全裸、裸でフルちんで

う゛わーーーーーっ!!!とか走り回ってる・・・ねぇ?ぐらいですよ。(スタッフ大爆笑)

全っ然こう着替えもね?そんな分かれないでさぁ?おんなじ部屋でなんか

プールの授業で着替える、みたいなね?う゛わ~~~~!ちんちんちんち~~ん!!

言ぅてこぉ、走り回ってるときですよねぇ?うんこ!うんこーーー!!とか

言いながらさぁ(笑)はっはっはっはっ(笑)それがもぉ男と女を意識してるんですよ、

やっぱり。ま、でも案外親に聞いてくるってことは・・・あの~・・・このね?

○○さん。の、お子さんは、まだいまいちよく分かって無いんだと思いますよ。

そのね、男女関係ということ。だから、その~・・・○○さん。ね?もう、あの、

お母さんでいらっしゃいますけども、まぁ。まぁ、ある意味そんなそんな心配もいらんと、

あんま心配し過ぎてもなぁっ。ぁ~ん。ただやっぱり、その~、ちょっとした

ヘンな気になる行動だとか、そいうのが目に付くようになってきたらね?

ちゃんとそこは・・・親としてね?観察する・・・・べきだと思いますし。

でまぁ、もしこぉことをね?自分子ども出来て娘にこぉ聞かれて来たら?

オレぁ、はっきり言いますね。「お前なに言ぅてんねん!」(スタッフ笑)

「付き合うとかほんなんまだ早いんじゃ、ボケ!」んははっ(笑)ねっ?

「勉強しろ!勉強!!」って。んはははははっ(笑)ん。それかぁ、それは

厳しいパターンですけど、「えぇん、そんなダメだよ。お父さんと

付き合うんだからっ」・・・って言うか。ねぇっ?これ一番いいじゃんね?

「お父さんのこと一番好きでしょ?」って。ふはははははっ(笑)それがいいな。

ん~。そやって言うのが一番ええな。だから○○さんもね?

「なに言ってるのぉ。お父さんのことが好きなんでしょ?」「お父さんのこと

一番好きでしょ?」って洗脳させる。んふふふふ(笑)(スタッフ笑)

まだね?まだこんぐらいの歳なんで。うん。それがなんか一番いいような・・・

気がしますね。はい。も一枚行きますか?はい。新潟県お住まいのPN○○○さん。

地震大丈夫だったんでしょうかね?この人はね。え~「突然ですがオレは女の子です」

・・・・・・・・・・。なんかも、いきなり読み辛いハガキで、ふふっ(笑)

オレは女の子。そうですか。「でもどうして私とかあたしと言う一人称使うことに

抵抗があります。オレはこのままでいいと思うのですが、親が『男じゃないんだから

女らしい言葉遣いをしなさい』みたいなことを言います。やっぱり女の子だから

オレではなく私か、あたしと言う一人称に直した方が良いのでしょうか?

光一さんはこんな女の子どう思いますか?」・・・・・。オレさぁ、騙してるんだ普段から。

・・・・・・あ~・・・・%#&*ちょっとぉでも、ちょっとぉちゃんとして欲しいなぁ。

ん~・・・・。自分は、あんまり、あんまり嫌かもしれん。・・・・・・・。ちょっとなぁ?

あれ?ちょっとキツイなぁ、ってイメージ持たれるよね?キツイなっていうか、

キツイ・・・キツイという言葉にも色んな意味含まれちゃいますけど、その・・・

なんとなく、キツイ子なのかな?って言うね?第一印象。ん~、思っちゃいますね。

僕って言うぅ・・・・あれも・・・・なんかねぇっ?えぇっ!?んふふふっ(笑)

私でええやんっ!私ね、あたしね。うん。ええと思うけどなぁ。ん~・・・・

女性、らしさっていうか、そぉところは、言葉っ!てやっぱり結構大事だと

思うんですよねぇ。その、言葉遣い。だから、そ、のはちゃんとして欲しいな。

・・・・って思ってしまう、タイプ・・・です。もし目上の人に対してもね?

こぉ言う喋り方をする・・・これあっきらかにアウトですよね。ん。そ時はちゃんと

「私は」っていうふうに、ちゃんと言えるようにならないと。なんかそこでね?

なんか言ってることに違和感を覚えてしまうと、その~・・・言葉、としてね?

なんかそこに・・・なんかヘンな違和感みたいな関係が生まれるのも嫌じゃないですか、

その目上の方とお話するときにさ。その辺はまだちゃぁんとしといた方が

いいんじゃないですかね?普段から慣れる為にも。この子何歳だろうね?

ま、ちょっと分かんないですけども。ん~、ま、急に戻すのも難しいかもしれんけども。

ね?まぁ、大人に、なって行くごとに直す方がいいんじゃないかな。と。

ワタクシは思う次第でございますっ。んはははははははっ(笑)ね?

やっぱりこぉ、大人の世界に入ると、あの~・・・男も「私」って言いますからね。

「私は」って、ね?男も女も「私」って言うふうになって行くと思います。

社会に出るとね。ま、気をつけて下さい。その辺はね。友だち同士とかなら

別にいいかもしんないですけどね。え~、こんな感じでたまにおハガキ、

また~、送って下さ~い。ねっ。





「あの頃君は若かった。卒業アルバム選手権」(BGM♪ 卒業写真 / 松任谷由美)

え~、卒業シーズンにお送りする心温まる企画です。卒業アルバムや文集、

あれは今読むとちょっぴり恥ずかしくなる。と言うことで、え~、ま、よくあんなに

恥ずかしいこと書いたよな。と思うもの、ですね。このコーナーではいい大人になった

リスナーにあの頃書いてもらった卒業アルバムをその頃の自分に真似て

読んでもらいます。え~・・・ま、自分を。ね?なんか見つめ直す機会にもなる、

ということでございます。という訳で、早速読んで頂きましょうね。

福岡県にお住まいの30歳の○○さ~ん。では早速、○○さん、お読み下さい。



 (以下 光:光一さん り:リスナー)



り:はい。「6年1組○○。6年間の思い出。楽しかったこと、熊本に行った修学旅行。

  嫌だったこと、勉強、しっぺ、うまかぶり。謝りたいこと、い~っぱいある。

  将来の思い出。もち、お金持ち。ダメだったら、AT君かYH君のお嫁さん。

  ダメだったら、ア・イ・ド・ル。ハート」以上です。

光:んっはっはっは!(笑)また全然先週とは全くキャラの違う・・・・

  え~、文章でした。何かぶりっつた?

り:「うまかぶり」

光:何?うまかぶりって???

り:あの、なんか悪いことをしたりとかしたら、あの~、太ももを爪を立てないんですけども

  ギューーーッって握るんですよ。先生が。

光:はぁ。・・・。セクハラやな。ふふっ(笑)

り:そうですね(笑)今思うとセクハラですよね(笑)

光:へぇ~。それはなん、罰みたいなもんや。

り:そうです罰・・・

光:でもあったよ、オレらも小学校の頃は。「鼻ペンチ」って言うのと、あと・・・

  ケツをね、思いっきり。だいたい小学校のそのぐらいの歳・・・時ってみんなこぉ、

  短パンだったりするんですよ。半ズボンみたいな。元気っ子って感じでさ。

  したらこぉ、ケツを思いっきりグーーーーッッ!出されて、ギューーーッ!と

  持ち上げられて、ベ~~っ!!と叩かれるありましたよ。

  あと「鼻ペンチ」っていうのは鼻を思いっきりグーーーッ!てにぎ、捻られるっての

  なんかありましたけどもね。それが嫌だったんだ?

り:はい。凄い嫌でしたね。

光:なるほどね。あと勉強も嫌やったんや?

り:勉強嫌でした。

光:まぁな。勉強はなぁ、オレも好きやなかったもんなぁ。

り:はい(笑)

光:「しっぺ」って言うのもそれもおんなじ類?

り:そうですね。あの、両腕出して、お父さんの分、お母さんの分、先生の分、

  皆の分とか言って。ず~っとしっぺされるんですよ。

光:へぇ~~~~!結構体罰学校やな。(ス:「いっ!?(笑)」)

り:そうですね(笑)

光:でもねぇ、オレは・・・あ、体罰ていけないことだけど、でも、オレもなんか

  その先生ね?鼻ペンチとかした先生、すっごい人気あったの。生徒に。

  生徒からも親からも。凄く、あの、愛情のある先生だし。熱、熱血っていうかさ、

  凄くいい先生だったからぁ・・・。なんか、別にそれが体罰っ・・・

  ま、悪いことしたし、しょうがないよな、当たり前やがなっていう反省の方向にね?

  行ってたのよ。ん。だから、ある意味ね、今ってちょっと過敏に

  なり過ぎな、気もするのよね。

り:そうですよね。

光:だから先生の立場がめっちゃ弱いやん。ちょっとなんかあると「どうなってるの?」

  みたいなさ。「おたくの教師はどうなってるの!」(り:(笑))

  これじゃぁダメだよね~。

り:そうですね~。

光:だから、だから先生もこぅ、心を開いてさ?授業をする・・・生徒の話を聞く、

  みたいなそういう・・・なんか方向に行けなくなってるっていうか。

  ほんとになんか先生と生徒の間に壁が出来てしまってるっていうか、

  心を開けるあれが完っ全に無しになっちゃってるって気が、ね?

  なんか今の世の中を見てると、そうなんちゃうかな?と思ったりするんですけれどね。

  で、まぁ将来の思い出として語ってるのが、お金持ち。

り:はい。

光:ダメなら、だれだれさんかだれだれさんのお嫁さん。

り:はい。

光:それがダメなら、アイドル。

り:はい(笑)

光:これはどうでしょ?どれか1つでも叶いました?

り:叶って無いですね。

光:1つも叶って無い。

り:はい(笑)

光:あららら、ダメですね。

り:でもYH君からはラブレター貰ったことはありますよ。

光:YH君。それはここで挙げていた・・・今挙げていた、お嫁さんって言う。

り:はい。

光:いつ?

り:小1ぐらいんとき(笑)

光:なぁっん(笑)それは、まぁ・・・・ラブレターっうか。(カチャン♪飲み物?)

  それはなにぃ?どんな内容やったん?(スタッフ笑)

り:いや~、覚えてないですけど。なんか花、その日に摘んだ花とかを添えてくれましたよ。

光:うそっ!めっちゃ可愛いやん、それ。

り:うふふ(笑)

光:え~、そんな感情なかったって。小学校の低学年なんてもう・・・ねぇ?

  ほんとに・・・は、裸で「ふ~っ!ちんちんちんち~ん!!」言ぅて

  走ってたような連中ばっかやったで?

り:あはははははっ(爆笑)あ~(笑)

光:凄いねっ、それ。可愛いね。

り:はぁ。

光:へ~。え、でもその後その人と付き合ったりとかも無く。

り:な、無いです、ね。

光:え、それ貰ったときどうしたのさ?

り:なんか凄い恥ずかしくって、なんか・・・捨てました。(スタッフ笑)

光:ふふっ(笑)ガーーーーーン!!や。

り:なんかトイレに流しましたねぇ(笑)

光:えぇーーーーーっっっ!?うわっ、女って怖いわぁ~~~。

  え、嬉しくなかったの?それ。

り:いやいや、なんか低学年の頃って、そういうのがなんか恥ずかしかったので・・・

光:なんか嬉しくっても恥ずかしくって、なんでこんなの・・・渡すんだよ。

  っていう方向に行っちゃうのかな?気持ちが。なんっとなく。

り:あ~、そうなんですかね?

光:凄い天邪鬼で。

り:そうなんですかね。

光:そうかもしれんなぁ。

り:はい・・・手紙と一緒になんかトイレに流しましたねぇ。

光:うっわぁ~~~~・・・すげぇっ。怖ぇっ、女って怖ぇっ。

り:うふふ(笑)

光:あ、そう。

り:でも1年生ですよ?

光:・・・だから怖いねん!なんでトイレに流す必要性あるんかって言うさ。

  大人になったらね?なんかある意味、なんか意味あるよ~な、さ?

  なるほど・・・。アイドルにはなれなかった?

り:なれなかったですね(笑)

光:なろうと思った?

り:なろうと・・・・思いました。中学ぐらいまでは。

光:中学ぐらいまで?あ、そう!

り:はい。

光:なんっだや。でも諦めちゃったんだ?

り:はい。諦めましたね。

光:なんか努力したの?

り:努力・・・はあんまりしてないです。夢だけです。

光:あぁ、そう?え、なんか履歴書だしたりとかさ?

り:え~、無いです。

光:無いですか。

り:はい。

光:スカウトとかさ。

り:あ~・・・無いですね。

光:あぁ、それは残念でした。

り:あははは(笑)

光:んはははは(笑)あ~・・・、お金持ちにもなれず。

り:お金持ちになれない・・・です。

光:ぁん~、そうですか。でもいま職業・・・看護士やられてるということで。

り:はい。そうですね。

光:看護士やられてると言うことはぁ、お医者さんなんかも・・・居る訳じゃないですか。

り:あ~そうですね。

光:ある意味ねぇ?玉の輿的なさ?

り:あははははは(笑)

光:なんかそういった浮いた話はないんですか?

り:え~・・・無い。なんか友だちとかは、先生と合コンしたりとか

  あるんですけども、なんか誘いが無い。

光:あらっ。

り:ふふふっ(笑)

光:なんでやろ?

り:なんででしょう(笑)

光:なんかそういう、なんかないんですか?結婚の予定とか。

  も、30歳ですよ。世の中で言う「負け犬」ですよ。

り:あははははは(笑)そうで、そうなんですかねぇ。負け犬・・・なんですかねぇ。

光:世の中では「負け犬」と言いますよ、30歳。オレはそうはあんまり思わないけどぉ。

り:ですよねぇ。

光:ん。でも世の中ではそぉいうふうになってる。

り:あ~・・・。

光:・・・ないんだ?

り:前はあったんですけどぉ。

光:あらっ。

り:無くなっちゃいました(笑)

光:あらっ!・・・ま、人生色いろですよっ。

り:そうですね。

光:紆余曲折です。

り:はい。

光:ねぇっ。

り:今が楽しいのでいいです。

光:ふふふっ(笑)ま、でもね?お医者さん。お医者さん、いい先生いないですか?

り:先生ですか?気になる先生居ますよ。

光:あら!アタック!アタ~ック!

り:うふふ(笑)

光:「貴方の子どもが欲しいの!」って言ってみたら?  (スタッフ笑)

り:あははは(笑)でもなんか、でも凄い年上なんですよねぇ。

光:あ、そう。あ、もしかして奥さんいるとか。

り:いえいえいえ、大丈夫です。

光:独身の方?

り:たぶんですね。

光:え、何歳ぐらいの方なんですか?

り:え~、何歳でしょう?私より上なのは確かなんですけどぉ・・・結構、

光:40・・・代

り:結構おじさんに見えるんですよ

光:叔父様好きですか!?

り:いえ~、違いますよ。違います、違うんですけどぉ。あ~・・・

光:なんか気になるんですか?

り:あ~、優しいんですよ。

光:へぇ~。・・・「貴方の子どもが欲しいの!」って言ってみて?

り:あはははははっ(笑)言えないです~(笑)

光:んっはっはっはっ(笑)「言えるか!」って感じやんな、そんなのな?

  へぇ~・・・そうですか。でもオレの知ってる人で、え~・・・

  「貴方の子どもが欲しいのっ!」って言った人、居ますよ。

  って言われたって言う人。で、結婚した。

り:凄いですね~。じゃ言ってみるべきですかね。

光:ん。で、「もしもそうじゃないんだったらもう・・・・今すぐ分かれる」って言われた。って。

り:え~。凄い、凄いですね。

光:ははっ(笑)で、結婚したの。凄いよね?ある意味ね。

り:凄いですね。

光:ま、それはもうずっと何年も付き合ってからみたいだけどねっ。

り:うんうんうんうん・・・。

光:いきなり会って(笑)あははははは(笑)「怖ぁっ!!」っと思うよね、

  そんないきなり言われたらなっ?(スタッフ笑)

り:そうですね、びっくりしますね。

光:ねっ。

り:引きますね(笑)

光:いま、いまぁ思う夢みたいなのは?

り:いまの夢は・・・目が良くなりたいですね。

光:あぁっ、ふふふ(笑)オレと似たようなこと言いますねぇ。視力欲しいですよね。

り:(笑)欲しいです。

光:ねっ。

り:あと身長が欲しいです。

光:オレとおんなじやないか!!いらん、いらん!身長なんて女性はぁ、

  いいのっ。え~、じゃあ全然その小学校の頃の卒業文集の

  将来の夢とは全然違う方向に行ってるということですかね?

り:はい。そう・・・ですね。

光:そうですね。なかなか一致しないもんなんですかね。  

り:そうですよね~。

光:そうですか。まぁ、良い人生を・・・自分で開いて下さい。

り:ありがとうございました。

光:どうもありがとうございました。

り:はい。

光:はい。じゃ、また宜しくお願いしまーす。

り:ありがとうございました。

光:はいっ。どうも失礼致しまーす。

り:すみません。はい、失礼致します。



ねっ。まぁやっぱりそれぞれ、ねぇっ?色んな夢がありますよね。

色んな夢、色んな形、色んな人生といった形がありますねっ。人が100人居たら

100人、違う人生ありますからねっ。1000人・・・ま、言ったらキリが無いですけど。

そぉ言った意味では面白いですよね?色んな人の人生が見えるコーナー・・・なのかな?ん。

はい。という訳で、以上「あの頃君は若かった 卒業アルバム選手権」でしたっ。



はい、今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。

え~、卒業アルバム選手権の・・・をお送りしました。ね。先ほども言いましたけれども、

なんだかこぉ・・・人の人生が覗けてしまうというようなコーナーでございますよね。

オレ小学校6年ぐらいでもぉ事務所入っちゃったからぁ、も、ほんと文集

書いた覚えないけど、どんな夢っての別になかった。なんか同じ年代ぐらいの

やつらが合宿所にいっぱい居て~・・・で毎週土曜日、土日通って、

でなんかそっちの方が学校とかよりも楽しくなってきちゃって。

で、ま、いつかはこぅね?自分らのその・・・事務所の先輩みたいに、

ライブやって、とか。そういう風に思うように、だんだんなっていったのかなぁ、

と思いますよね。って言うか、今ぁほんとに夢の真っ只中ですから。ねっ。

と言った意味ではほんとに素晴らしいですよね?「いい環境にいるなぁ」

「幸せだなぁ」と、自分でも思っております。感謝の気持ちとね?そ言ったもので

いっぱいだすけど。(スタッフ笑)「いっぱいだすけど」ぉ!?(スタッフ笑)

んはははははっ(笑)そこであかんやよ(笑)思ってへんやろ、お前!みたいな。

いや、思ってる、思ってる。ほんとにそぉ思いますよぉ、ねっ。是非皆さんにも夢は

掴んでいただきたいなと思います。たまにハガキ読みまっす。こちらまでハガキ送って下さい。

(あて先)

ではまた来週です。





| キンキラKinKiワールド | 14:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2005年3月12日『あの頃君は若かった。卒業アルバム選手権』(りい)

はい。堂本 光一で~す。今夜も・・・中日帽被ってま~す。え~、も、かなり慣れて、

・・・慣れました。(スタッフ笑)も、違和感無いです。ちょっともぅいま斜めに被って

若者風ですからね。んっははは(笑)え~・・・という訳で、オレ流でね?

やっぱ落合さんの言葉を借りるなら、オレ流ラジオで。やって行きたいと思います。

あの~・・・ね?Kinki Kids2人ともラジオでテンション上げないって、え~・・・感じで。

え?剛くんテンション上げてやってた?あっ(笑)横にを首振っておりますねぇ(笑)

あっはっはっはっは(爆笑)あぁ、そう?(笑)オレとおんなじぐらい?まぁ、そうね。

こんぐらいがいいんだって!ねっ。だ、あんまりこう「ハイ!どうも~~!!」みたいなさ、

みんなそうやん。こ、まったり・・・ねっ?行こうよ。ラジオは。・・・んっはっはっは(笑)

という訳で、それがオレ流ですね。オレ達流とでもいいましょうか。

え~、世の中はいま卒業シーズンということで。今夜は卒業シーズンに相応しい、

ステキな企画があるということでございます。楽しみにしていて下さい。

え~・・・では歌ですぅぅぅ。じゃぁね、「ボクの背中には羽根がある」どうぞ。



 ♪~ ボクの背中には羽根がある



「あの頃君は若かった。卒業アルバム選手権」(BGM♪ 卒業写真 / 松任谷由美)

え~・・・卒業シーズンにお送りする、ハートウォーミーな企画です。え~、ま、いま僕は

ドラゴンズの帽子被っていること、いまなんとなくこぉちょっと硝子に映っている自分を

見て改めて、「あ!そや、被ってた!」(スタッフ笑)ふはははは(笑)いまねっ、

思い出しましたけど、皆さんはあの~・・・忘れないで下さい。(スタッフ笑)

僕がこ~喋ってるときも、「あ、ドラゴンズの帽子被ってるんねやな」。

常に思い出して欲しいな、と。思います。え~、卒業アルバムや文集、

あれを今読むとちょっぴり恥ずかしくなるというものですけれども。あの~・・・

可愛い自分にキュンとしてしまう。ま、しないですよ、そんなんっ(笑)(スタッフ笑)

んふふふっ(笑)いまここにキュンとしてしまうって書いてるからちょっと

読んでみましたけれども、しませんよ。っん・・・恥ずかしいだけだと

思うんですけどもね。まぁ、自分はね、・・・・・そ、書いた覚えが無い。

っか、書いたんかな?卒業文集て小学校、中学校、高校全部書く?

高校は書かない?小学校、中学校。やっぱ小学校か。・・・書いたんかなぁ???

ぜんっぜん覚えてへんわ。っも、中学なんか卒業アルバム自体ないですから、僕は。

これ何度も話してますけどね、載ってませんからね、僕。ん~。悲しいかな、

○にも載ってないんですよ?酷くね?・・・ふふふふっ(笑)知らない?ほんと?

あの~・・・地元の中学校で通ってたでしょ?んで・・・写真まだ撮ってなかった、

卒業のね。で、その~・・・撮らずにして東京の中学に引っ越して来たのよ。転校して。

で、その転校して来た学校ではも撮ってたの。その写真を。だかっ、両方とも

撮ってないのオレ。で、そのままなんかあれな?卒業しちゃって、アルバム

載ってないの。んはははははははっ(笑)凄いでしょっ。ある意味、

いいネタなんですけどね。んはは(笑)(スタッフ笑)ってゆーかさ、

その新しい学校もさ、○ぐらい載せろよ。ねっ?なんの配慮もしてくんない。

んはっ(笑)あ!確かオレ「いらない」っつてたのかもしんない。・・・あっはっはは(笑)

オレが悪いんじゃん。で、1位はやっぱり思い入れとしては地元の方が

思い入れがあったから、そっちのアルバムは一応貰った。載ってないけど。

で、集合写真では載ってないけど、なんかちらちらっと。なんか見切れてる風に

こぉ、写ってるぐらいならちょっとちらちらっとなんかあるんですけど。(スタッフ笑)

それは、だからそっちの方は貰った。だから集合写真には全然。オレの存在、無いっ。

ふっへへ(苦笑)ま、そんなエピソードもありますけれども、まぁっ。今日はその、

ん~・・・卒業文集、そんなまぁ卒業アルバム、その頃の自分・・・に真似て、

なんかこぉ・・・大人になったリスナーに、その頃書いたやつを読む。と。へぇー。

ちょっと恥ずかし企画ですね。ま、つまり小学校・・・・の卒業文集であれば、

小学校っぽくその大人が読むっていうこと?別にそんなんせんでええんちゃうか?

(スタッフ笑)んっは(笑)ま、そういう企画なんでね、やっていただきましょう。

ではまず、お呼びしましょうね。え~・・・岡山市にお住まいの○○さん。



 (以下 光:光一さん り:リスナー)



り:はい。

光:はい。宜しくお願いいたします。○○さん、お幾つでございましょうか?

り:27歳です。

光:27歳。

り:はい。

光:27歳ということで。小学校んときのものを・・・

り:はい。

光:読んでくれるんですか?

り:はい!読みますっ。

光:じゃ、小学生風に読んで下さいね。

り:・・・え~・・ふふ(笑)頑張ります。

光:ん、はい。じゃ、お願いします。ど~ぞ~、読んで下さい。

(BGM♪ 卒業写真 オルゴール演奏 )

り:はぁい。「将来の夢。6年B組 ○○。私が6年生になって数え切れないくらい

  沢山の思い出が出来ました。修学旅行、秋の大運動会、○○○小祭りなど

  全部心に残るものばかりです。私が一番最初に、私はもう最高学年なんだなぁと

  しみじみ思ったときは、6年生と1年生が仲良しペアを組んで、最初の入学式の日でした。

  初めての体験でドキドキしている1年生の子の手を引いていると、私も昔は

  こうだったんだなぁと思い、これからは一生懸命お世話してあげようと思ったことを

  いまでも覚えています。私は子どもが大好きなので、将来は小さい子の

  お世話をするお仕事ができたらいいなと思います」以上です。

カンカンカンカン!(ゴング♪)

光:いや、このゴングいらんやろ!

り:(笑)

光:んはは(笑)台無しやん、なんか。カンカーン!ノックアウトー!みたいな。

  え~。あの、なんか凄いいい文章ですね、小学生が書いたとは思えない。

り:あ、そうですか~?

光:いい文章やわぁ。

り:そうですか~?

光:まぁ、あの、小さい子どもをね?お世話するお仕事に就きたいと。

  ね、言う話をしてましたけども。いま現在、これはプロフィールね?見さして  

  頂くと、職業「家事手伝い」という風になってるんですけども・・・

  えぇ・・な、なんかされてたとか?

り:・・・昔は、会社の受付とかしてたんですけどぉ

光:会社の受付。ま、要するにOLさんていうことでしょうな。

り:そうですそうです。

光:えぇ。じゃ、全然そのお世話・・・子どもぉ・・と接したりとかさ?全然そういうんじゃないですね。

り:あ~、違いますね。

光:ゆ、その夢には向かわずという。

り:あ、なんかね子どもあんまり好きじゃない・・・

光:いぃ~~~~えっ~~~~っ!?

り:あははは(爆笑)

光:なん、なんでやろ?なんでそういう風になったやろ?

り:あのねぇ、蹴られたんですよ、背中を。

光:ぉん。

り:中学生の1年生のときに。それで、なんか凄い痛くてそれが。

光:んふ。

り:でなんか、あ、子どもって全員可愛いんだなぁと思ってたんですよ、昔は。

  でも、あ~可愛くない子も居るんだなって、なんか。

光:ふふふふふっ(笑)

り:そんとき初めて気づいて(笑)

光:えぇ~~~っ!そんなんのぉ~?

り:だってね、だって、保母さんとかなったら、なんか全部の子を贔屓しないで

  可愛がってあげないといけないじゃないですか。

光:うちの姉ちゃんまぁ、保母・・さんていうかやってるけどね。

り:う、そう、そうなんですかぁ?

光:ん。

り:そうそう。だからね、それで・・・あ、なんか可愛くない子を

  可愛がれる自信が無いと思っちゃってぇ。

光:あっ、そうなんだ。

り:そうなんですよ。

光:なるほどね~。

り:そうそう。

光:ま、うちの姉ちゃんも言ぅてたけどね、あ~の・・・やっぱり

  可愛い子ってめちゃめちゃ可愛い子いんねんて。

り:え、それは顔が?

光:いや、まぁまぁ。それは全体的に、さっ。

り:全体的に?はい。

光:総合として。

り:はいはいはい。

光:やっぱりそういうのってやっぱり気に・・・人間やからさ、感情生まれるやん。

  いくらね?保母さんっても感情生まれますから。でもその、そこをやっぱり

  ちゃんとあ~・・・皆を平等に?するのがやっぱり仕事だし?・・・・

  っていう話をね、えぇ、聞いたことありますよ。

り:偉いと思う。

光:ん~。でも全然その小学校の頃のあれとは全く違うほっ、方向に行っちゃいましたね。

り:(笑)だから6年生で思ってたのに、中1であぁダメだと思ったから、

  ほんとに短い夢なんですけど。

光:んなん、だいたいさ、ほんとに一生忘れない夢が沢山この6年間で

  出来ましたとかさ?オレ小学校ほっとんど覚えてへんからね!!(スタッフ笑)

  覚えてへんやろ。覚えてる?

り:え~(笑)

光:覚えてます?その、いっぱい・・・○○さんも言ぅてたさっき、その文集には

  書いてたみたいな「沢山の思い出が出来ました」っつてさっき読んでくれたけど。

り:あ~っ。

光:沢山の思い出、覚えてる?

り:え~多分書いてる程覚えてないけど

光:そやろ。だって修学旅行のこととか覚えてる?

り:(笑)え~・・・?覚えて・・・あんまり覚えて無い。

光:ほらっ、そ。そんなもんやって。小さい人間の記憶。そんなもんやんなぁ~、

  悲しいけど。なんか他の夢・・・はあんの?

り:夢?それから後の夢でもいいんですか?

光:いいんですよ。

り:えっとねぇ?

光:今でもいいし。

り:えっとねぇ、中学校の3年生ぐらいの時に・・・・

  あの、変身するやつあるじゃないですかぁ?

光:変態仮面? (補足/究極!変態仮面 H4~5年 週間少年ジャンプに連載)

り:うっふふふふ(笑)変態仮面、あれは違くって。

光:っはっはっはっは(笑)

り:あのパンツ被るやつでしょ?じゃなくって(笑)

光:そ。よく知ってるな(笑)「そら私のお稲荷さんだ!」

り:あはははははっ!(爆笑)

光:「それは私のちまきだ!」

り:あはははは(笑)分かる、分かるっ!ジャンプでしょ?

光:そう。

り:えっとねぇ、それじゃなくってぇ、あの5人組のやつ。

  あの、ゴーグルファイブとかぁ

光:戦隊物っ?

り:そうそう。

光:ガオレンジャーとか、いま、いまで言う。

り:そうそうそうそう。だから私とぉ、光一くんとかの時代だと、あのゴーグルファイブとか

光:あぁ、「ゴ~グルファ~~イブっ!!」ねっ。

り:そうそうそうそう。後ほら、バイオマンとか

  チェンジマンとか・・・あれが凄い好きだったんですよ。昔ね。

  それで、中3のときにあのね、ジェットマンっていうのがあったんですよ。

光:それごめん、知らっ、知らんけど、ぁん。

り:え?ほんとに?結構有名・・・あ、そうでもないか。

光:ジェットマン・・・

り:そうそう。鳥人戦隊ジェットマン

光:どこに話が、どこぉに行くのかいま凄い楽しみやねんけど!

り:あはは(笑)

光:こっからどぉ発展して行くんやろ!ってさ。

り:あはは(笑)そのぉ、ジェットマンっていうのが凄い好きだったんですよ。中3のときに。

光:で、ジェットマンになりたいとかって言うなよ?

り:あ、それでそれのピンクになりたくっ・・・

光:んっふふふっ、かかかかかっ(笑)

り:あははは(笑)

光:おうっ!それはどっちや?そのアクションを演じる方なのか、

  そのピンク変身前の・・・演者なのか

り:あのね、その変身前の人がそのままピンクだと思ってたんです。

光:あ~、思ってた。

り:そのときはね。実はもう中3なんですけど。で、凄いそれになりたくってぇ、

  でちょっと親に相談したりとかもしてたんですけど。

光:っうん(笑)

り:でもなんか、へぇ~?みたいな。

光:んっははははっ(笑)(ゴロンッ♪と音がしました)

  あぁぁぁーーーーーーーーーーーーっっ!!!!(大絶叫(爆))・・・・。

  ああああっはっはっは!!!(絶叫半笑?)

  ちょっと、それ!!緊急事態やっ!!!!







光:こんなキレイなスタジオにっ・・・・・!

り:あはははっ(笑)

光:コーヒー溢したぁ!

り:あははははっ(笑)



光:最悪やぁっ!・・・・ひゃははははは(笑)(ス:「電話が・・・」)

  あぁ~あぁ~あぁ~あぁ~・・・・。あぁ~あ。も、最悪や、もぉ・・・。

  (ス:「凄い☆★○じゃないですか(笑)」)凄いだいぶ、も、めっちゃ豪快やでぇ?

  ・・・・・。最悪や。ちょっと待ってな?

り:はい。

光:も、今めっちゃ大変やから。いま、いまスタッフ総動員やから、ちょっと待ってな。

  んはははははっ、ははははははっ(笑)汚ったなぁ・・・っ(笑)めっちゃさぁ? 

  (ごそごそ後始末の音が入っています^_^;)

  ・・・・・や~、すまんのぉ。待たせた。

り:あはは(笑)私の話、覚えてないでしょ?

光:あぁ、全然覚えてへんわね。

り:そうでしょ。もいっかい言おうか。

光:戦隊物・・・が、好き。

り:そうそう。

光:ぅん。も、ええんちゃうか。(スタッフ爆笑)

り:あはは(笑)

光:んははっ!(爆笑)テンション下がったわ、なんか。

り:もういいよ、いいよ。うん。下がった。

光:え、で、親に相談して、ああそう、言うんやったでしょ?

り:そうそう。そうそうそうそう。

光:でどうなったの、その先は。

り:その先?いやなんかね、諦めた。

光:諦めたんだ。

り:諦めました。

光:あぁ、そう。ちなみに、セーラームーン(美少女戦士セーラームーン)てあるやん。

り:はいはい。

光:なんか朝やってる・・・・しょ?

り:やってる。

光:あれ変身・・・・して、からアクションやってるのGロケ(G-Rockets)さんやで。

り:・・・・・。

光:Gロケさんて、あのSHOCKとか出てる、ねっ?

り:えっ!?ほんとに?

光:アクロバットやる女性チームなんだけど。

り:あ、そうなんですか~。

光:(聞き取り不可)とセーラームーンやってる。

り:えぇ~!凄~い。

光:ふふんっ(笑)そう、そう、そう、そう。

り:は~。あ、そうなんだ。勉強になった。

光:やっぱそういうのが必要やとは思うで。ああいうのなるの。

り:運動神経?

光:ぅん。

り:あ~、やっぱり?

光:Gロケさんもみんな体育大学出てたりとか、あの~・・・・そういうほんとに

  大会何位とかさ、オリンピック候補だった人とかさ。

  そ人ばっかだかやからね?

り:あ~、やっぱり。

光:だけど逆にあの~、変身する前に役者はやっぱどっか事務所所属してさ?

  あ~、それは役者志望としてね?ぁん、やる形やろ。

  どっ、どっちがいいの、それ。

り:う~ん・・・どっちかっていうと変身した後がいいです。

光:あ~、だったらそらやっぱりアクション系や。

り:う~~~ん・・・そうそう。

光:みんなも、ん、もぉ、筋トレとか凄いよ。

り:あ~、そうなんだ。

光:そぉゆのは平気な人?

り:筋トレぇ?

光:筋トレっていうか、まぁやっぱりみんな経歴あるからねっ。なんか、5歳から

  なんとかを始め・・・・とか。みんな結構アスリートやで、ほんま。

り:あ、じゃぁもうダメ。普通に生きて来たもん。

光:ふははっ(笑)じゃぁもうさ、夢はダメやなっ。

り:う~ん、ダメ。

光:アウトやな。

り:ダメ。

光:ぅん。いまでもなれたらぁ~あわよくばって感じやった?

り:う~~ん・・・でもなんか・・・ちょっとなんか、火に入ったりするのやだなぁと思って。

光:あ、ははは(笑)そぉゆうね?スタントね?

り:そう。そうそう。そうそうそうそう。

光:ぅん。

り:あぁいいや。諦めます。

光:んはっ(笑)じゃ今の夢は。

り:今は、あのメイド喫茶で働きたい。

光:なんだそれっ(小声)働っ・・・要するにそれ、あの~・・・

  あれやんな?コスプレやん!

り:あ~そうかもしれないです(笑)

光:ははははははっ(笑)ガクーーーーン!や、なんかもう。コスプレ願望があるんだ。

り:は、あ、あ、あ、そうなのかもしれない。今気づいた。

光:ふふっ(笑)今気づくなっ!

り:いや~今気づいた。そうですね、でも。

光:ん。そうやろ。

り:あぁ、そうか。

光:い、家でそんなんしとったらええやん、そんなんさぁ。

り:え~だって家でぇ・・・

光:昔の制服引っ張り出してきたりとかさぁ。

り:え~?セーラー服とか?

光:そう。

り:えぇ~(笑)

光:それ着てりゃええやん。

り:えぇ~・・・。

光:でもある意味それ受付・・・の受付嬢的なね?それ制服でしょ?

り:そうそう。そう思って入ったら、制服が無かったんですよ。

光:あ、そうなん。それも大変やな。

り:そう。で毎日私服を考えないといけなくってぇ。

光:それめんどくさいね~。

り:うん。めんどくさかったです。

光:やっぱ人前に出る・・・あれやからちゃんとキレイにせなあかんしな。

り:そうそうそう。

光:ん、そらめんどくさいね。

り:そうなんですよ。

光:コスプレ願望があるんだよ。

り:そうなのかなぁ?

光:そうでしょ。だって、じゃなかったら戦隊物のアレになりたい、なっかなか居ないよっ?

り:あはははは(笑)

光:んっはは(笑)なっかなか居ないと思いますけどね。

り:あ~。でもなりたいと思ったこと無いですか?

光:そら昔はそうなんか変身したいとかさ、あったけどぉ。

り:そうでしょ。あの変身ベルトとか。

光:そらあったけど・・・。ぅん~・・・・?

り:それと一緒。

光:いや一緒ってか、あなたもう27歳でいい大人やねんからさ。はっはっはっは(笑)

り:はははは(笑)

光:そんくらい分かろうよ。

り:そう、そうですね。はい、そうだね。

光:まぁ、ね?ど、どうなんでしょ。じゃぁほんとに現実的なこと考えるとどうなんでしょうね?

り:あ~、そういうメイド喫茶とかじゃなく。

光:メ、メイド喫茶とかじゃ・・・ちゃんとした就職ぅ・・・の方がいいのか、

  まぁそういうフリーター的なね?感じでぇ早く旦那見つけて

  っていう感じにするのか。あ、旦那さんは?

り:いません。

光:彼氏は?

り:いません。

光:もっ、すぐ負け犬になりますよ。

り:あっははは(笑)

光:んふふふふ(笑)も、27やったらね?うかうかしてられませんけど。

り:ははははは(笑)あ~、うん。

光:結婚願望とかは。

り:結婚願望?う~~~ん。無くは無い。

光:無くは無いんだ。ん。まぁね?夢を持つとま、色んなこぉ楽しいね?

  想像だとか、そぉのはけして悪いことと思いませんし、まぁ・・その

  なんやろ?自分がアクションしている、変身して。

  それを頭ん中でやった方がいいかと思いますっ。

り:ははははは(笑)

光:今からじゃ、現実的にけ・・・かなりっ難しいんで。

り:ははははは(笑)はい(笑)

光:えぇ。ま、やっぱあれはね?プロの方が動いてますから。はっ(笑)

り:はい。

光:バク転とか。バク転とか出来んの?だって。

り:バク転?いや、したこと無いけど出来るんじゃないかなぁ?

光:ふふふふふっ(失笑)辞めなさい。首の骨折れ、折れますから。ねぇっ。

り:はははは(笑)そうかなぁ?

光:首の骨折りますから辞めた方いいと思います。ねぇっ。

  それはじゃぁ脳内でやっておいて下さい。

り:脳内で(笑)バク転?

光:そうそう。脳内でそぉアクションをやっておいて下さい。 

り:えぇ~(笑)はい。

光:ねっ。ま、という訳で、まぁ・・・夢を持つのは先ほども言ったように、あっ!

  んははははっ(笑)もっ、ネタ!ネタのようにコーヒーが来た!!ビッシャーーーン

  溢したからねぇっ。すみません、ありがとうございます。あ、嬉しいです。

  ・・・ふふっ(笑)んっははははははっ(笑)なんっこれ、あて、当て付けのように

  コーヒーが。あ、あ、頂きます。ありがとうございます。どうもすみませんねぇ~。

  (カチャン♪コーヒーを置く音)ふふふっ(笑)へっへっへっへ(笑)ありがとうございますっ。

  (スタッフ笑)これじゃぁ、これ全部飲みます、僕。ふっはははははははっ(笑)

  どぉも~っ♪(笑)すみませんでした~。なんか、ゆる~いラジオでしょ?(スタッフ笑)

り:ははははは(笑)

光:んはははははっ(笑)普通やったらねぇ?

  「ちょっと収録終わるまでちょっと待って下さ~い」みたいな。

り:めっちゃほっとかれてる(笑)

光:そ、そう。こ、こうゆる~~~い感じなんです。んっふっふ(笑)今、あの・・・

  店員さん、そのぉ持って来て下さった方が、こぉ、オレが溢したたぶんカ、コップかな?

  たぶんぐっちゃぐちゃに濡れてて、触った瞬間に「あぁぁぁぁっ!!」って

  顔してましたねっ。んははははははははっ(爆笑)はははっ(笑)(スタッフ爆笑)

  どうもすみません、溢しちゃったんです。(スタッフ爆笑)え~・・・という訳で、

  ○○さんどうもすみません。ありがとうございました、ご出演。

り:いいえ、いいえ。

光:えぇ~、夢。と、現実。やっぱりこぉ27という歳になればね?えぇ、色いろこぉ・・・

  妥協点だとか、色んなとこ見えてくると思いますんで、えぇ。

  ね?いい彼氏と出会い、いい結婚もしぃ・・・いい人生歩んで下さい。

り:はい、ありがとうございます。

光:はい。じゃぁ、どうもありがとうございました。

り:はーい。ありがとうございました。

光:失礼しま~す。

り:失礼します。



えぇ~・・・。こんなオチかよぉ!って言うような・・・ふふっ(笑)(スタッフ笑)

ただのコスプレ好きやないかっ!!っていうオチでしたねっ。

え~、という訳で。以上「あの頃君は若かった。卒業アルバム選手権」でした。







は~い・・・忠告を受けたんですけどもぉ(声が一段と低音に(笑))。

・・・ドラゴンズの帽子被ってんの忘れたてでしょ?と。完っ全に忘れてましたね。

コーヒーを溢したところで(笑)完全に忘れてました(笑)(スタッフ笑)

で、店員さんが来て。あの~、店員さんと、お話してるときもオレはこれを

被りっぱなしだったんですね。(スタッフ爆笑)で、あの店員さんは果たして

このドラゴンズ帽に気がづいていたのか(笑)と言う・・・っあっひゃっひゃっ(笑)

(スタッフ爆笑)ちょっと恥ずかしいですよね?(笑)「あの人なんやろ?」という感じですよね。

完っ全に忘れてました。ドラゴンズ帽被ってたことに。えぇ。さ、という訳で今日の

キンキラキンキワールドはまぁ、卒業アルバム選手権という、え~・・・

ものをやりました。え~・・・色んなハプニングありました。コーヒー溢したり、

ただのコスプレ好きかよ!ってオチがあったり。え~、なんか

中身の濃い1日でした(笑)ははははは(笑)たまに読みますのでハガキ送って下さい。

(あて先)

という訳でまた来週お会いしましょう。ばいばいっ!





| キンキラKinKiワールド | 14:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2005年3月5日『リベンジ企画、2005年ペナントレース大予想』(りい)

こんばんは。堂本 光一で~す。え~、お久ぶりで~~~す。え~・・・

こやってお久しぶりですって言うには非常に相応しいテンション・・・・(スタッフ笑)

・・・・な、堂本 光一で~す。え~、9月の「福島県スペシャル」以来

ということでございますけども。ま、それ以来ですか。あれ?約半年???

うそぉ~ん。そんなにっ?・・・・あ、そう。そですか。まそんな気もしないんですけど。

慣れた?このスタジオ。(スタッフ笑)もぉトラブッてない?(笑)んふふっ・・・

はっはっはっはっ(笑)ねえっ?僕がここに来た時はなんか色んな・・・

電話が掛からないとかねっ?色いろありましたけども。え~・・・まぁ、ずっとあの・・・

帝国劇場、「SHOCK」。え~、無事終わり、え~(聞き取り不可)の方も、

復活で~~す。え~今夜のキンキラキンキワールド、ワタクシ光一が1年前に

やった企画の検証、だと言うことなんですけど、全く覚えちゃいないですね。

全然分かんないです。はい。という訳で、・・・・・え~・・・・・・・始まりま~~~す。

・・・・・あぁ。歌か。歌行くのか。もぉ忘れてるわ、この番組のこと。(スタッフ爆笑)

歌行くんだったねぇ。え~・・・歌行くぞぉ~~~っ。Kinki Kids 「Annversary」どうぞっ。



  ~♪ Annversary





どうもこ・・・うぅっああっ・・はぁっ(溜息)自分の名前噛んだ。んふふふふっ(笑)

「堂本 光一 2004年 ペナントレース予想結果を振り返る」っ(笑)

(BGM♪ 闘魂込めて)(読売巨人軍応援歌)

いやもぅ・・・自分の名前噛むとは思いませんでしたびっくりしましたも~。

え~昨年2004年の3月、ワタクシ堂本 光一は、堂本 光一が好きなもの。

え~、3つの結果予想したらしいですねっ。もぉ全然覚えてませんっ。え~まぁ、

好きで好きで仕方ないものだから、当たって当然ということでやったものなんでしょ?

いやでも、難しいと思うけどねっ。(スタッフ笑)いま、だからこの曲流れてるけどさぁ、

その~順位当てたりとか難しいって、好きでも。ねっ。え~、その3つ。

いまこの流れているねっ?野球のセントラルリーグの優勝チーム。そして、

F1の年間チャンピオンのドライバー。そしてもずくの生産が一番多い都道府県。

これ、最後のはどうでもいいですよね?(スタッフ笑)ふふふっ(笑)これ・・・

どこと答えたのか、すら、覚えてないですからね。(スタッフ笑)え~・・・それ・・・え、

え~・・・どう、どうなった?オレが、オレが予想したやつね?まず。野球は、

僕は1位巨人としましたね。も、この時点でアウトじゃないですか。(スタッフ笑)

優勝しませんでしたからね。で、2位が中日、3位阪神、4位・・・横浜、5位ヤクルト

6位広島!という予想を、まずこれは野球の方から、予想をたててて・・た

訳なんですけれども、これどうなったか。はいっ。野球の方は、まず1位が・・・

これ正解が中日でしたね。っか、そうだったんだ!?って感じなんですけど(笑)(スタッフ笑)

そうだったっけ?(笑)っはははは(笑)お~~~れ、その辺すら、もっ全然

把握しきれてへんわぁ。2位がヤクル・・・巨人3位だったの~!?あら~~~っ・・・・。

どうなの?堀内さん。・・・・え?一昨年は巨人何位やった?2位?2位だよね、

原さんでねぇっ?それで優勝できなかったっつって、で、堀内さんになってさ。

で、堀内さん3位じゃんっ!!・・・原さんになろ。また。(スタッフ笑)ふふっ(笑)

ねぇっ?え~、3位だったんだ。4位が阪神で、5位が広島で、6位が横浜っ。

いっっこも当たってへんで。(スタッフ笑)ふはははははっ(笑)1個も当たってないわ~。

・・・阪神4位だったんだ。ま、6位の・・・ずっとね?6位というポジションをねぇ?

ま、F1で言うところのミナルディ(補足/イタリアのチーム)ですよ。(スタッフ笑)

そっから抜け出したその話、偉いね。偉いよ。ま、去年はねぇ?いい結果を

阪神残しましたけど。そっか。これ、野球は全然当たりませんでしたぁ。え~・・・

ゼロっ。ふふふふっ(笑)という訳で、続いてはF1。え~、F1はですね、僕は・・・

ま、Ferrari、コンストラクターズ(補足/Constructr's
Championship/チーム(メーカー)選手権)で、

ドライバーズ(聞き取り不可)チャンピオンはミハエル・シューマッハ。

これは正解じゃないですか!!素晴らしい。やったね♪ま、当然っちゃぁ、

当然な結果だったかなぁ~。(スタッフ笑)ねぇっ?これもせめてね、1位、2位、3位まで

決めたほうがいいかもしれないよ。(スタッフ爆笑)優勝はね、ちょっと・・・やっぱり、

ねっ、ミハエル強いですから。え~続いて、もずく。これほんとどうでもいい予想~・・・

どうでもええわぁ。(スタッフ笑)オレ、北海道って答えてたの?よっく覚えてるね~。

聞き直したの?もしかして。って言うか、書き止めて置いた?そこ!そぉいうの偉いなぁ。

(スタッフ笑)そぉとこ偉いわ。スタッフ、ナイスガイ。そぉとこ偉いと思うけども、

ま、北海道。なんでオレ北海道て答えたかすらなんか覚えてないんですけど。

はい、答えは?実際の答え。・・・うわぁっ!!ま逆や!沖縄っ!?・・・そうなんや。

ま、あったかい方がそ、育つのかな?完全ま逆で答えてましたね。

え~、という訳で、やっぱりオレはF1しかダメ・・・な男でした。(スタッフ笑)

ねぇっ。という訳で、結果的には1勝2敗でした。(不正解♪)

いやいや、ふぁんふぁんふぁん~♪て掛かってるけども、これ1つ当たっただけでも

ねぇ?偉いと思いますよ。(スタッフ笑)なに?全部正解して当然なの?

んっなことないよぉ~!これ、野球一番難しいで、これ全部当てんの。ねぇっ?・・・

そうですか。え?これ、罰ゲームすんの?1ヵ・・・1ヵ月?・・・・中日ファンになる?

も、いらんて!そういうの~。そういうの、いらんて。ほんとにもう。

これ見てる人ほんま分からへんから。(スタッフ笑)見てる人じゃない(笑)

聞いてる人(笑)こんな、いちいちな?このドラゴンズのな?帽子被ったところでな?

(スタッフ爆笑)んっも、聞いてる人、分からんっ!言うねん~~っ!!

いいよ。こんぐらいなら全然受けますよ。ほんなん、全然ねぇ。これ被ってどこっ・・・

外ぉ、なんかどっかの次の仕事現場行けとかそぉのはちょっと困りますけれどもぉ。

えぇ、まぁ。ロードトゥービクトリーって、なんか帽子2つも用意してますけど(スタッフ笑)、

これ・・・ねえっ?帽子は1個しか被れませんからっ。ねっ。

まぁ、1ヵ月間まぁ・・・これを被りながらお届けするということで。たぶんね、もっ、あの、

すぐ忘れると思うこれを被ってること「すら」!(スタッフ爆笑)えぇ。違和感無く

忘れると思いますけども。ま、これぐらいなら受けて立ちますよ。ねっ。というか、

これまた制作費で買ってきたの?これ。それ違うもっとい~使い方しよぉや!

制作費もさ。(スタッフ笑)んあっははははは(笑)(ス:「有効な使い方ですよ」)んぁ~~っ(笑)

という訳で、この後はリベンジ。僕が2005年のペナントレースを占います。





「堂本 光一 2005年ペナントレース大予想」

(BGM♪ 燃えよドラゴンズ/中日ドラゴンズ応援歌)

なんやっ・・・。聴いたことも無いわぁ。(スタッフ爆笑)えぇっ!?・・・ナ~ゴヤ球場。

・・・・・・んふふ・・・んはははははっ(笑)ドラゴンズのテーマでしょ?

初めて聴いたかもしれない!!「燃えよドラゴンズ」。・・・・はははははっ(笑)

これも罰ゲームのひとつなんですかねっ(笑)あぁ~あ(笑)

なんか癪に障りますよねっ。(スタッフ笑)若干こう・・・なんか、なんやろ?

じわじわ、こぉ癪に障る感じが。こう細かい所考えてるところがね。ふふっ(笑)

さ、という訳で堂本 光一リベンジ企画。2005年ペナントレース大予想です。

え~、今年の好きなもの3つを予想する。んですが、その3つとは、

F1の年間チャンピオンのドライバー、そして野球のセントラルリーグの優勝チーム。

・・・え~最後のひとつは、めかぶ。・・・・っか、なんでめかぶ!?・・・ふっふっふっふっ(笑)

え~、もずくも好きなんだから、似ているめかぶも好きだろう!というスタッフの

勝手な決め込みで。え、まぁっ好きですよっ!あははははっ(笑)(スタッフ爆笑)

好きですよ(笑)めかぶ。こぉれは予想付かないですよ、めかぶは。

ま、後ほど、え~、想像しましょう。これ3つ正解したら100万円くれんの?

100万くれんの?んもぉ~、またそのさ?敵の・・・もぉ、100万円て言えよ!(スタッフ笑)

100万円て!「100万」じゃなくてさ。そうねぇ~・・・・じゃぁ、まず何から予想していこ?

・・・まず野球からにしていいですか?野球から予想しましょう。今年もどうなるやろ・・・・

難しいですねぇ~。っもね、野球情報完全にシャットアウトなんですよ、いま。

シャットアウトて別に自分の中に入れてないっていう意味じゃなくて、全然分かってない

・・・着いてってない自分が。ふ~。今年の堀内巨人はどうやねん!分からんぞ!

ま、まぁ、これはもういいですよ。巨人1位です。ふふふっんふふふふふっ(笑)

優勝巨人!ねっ。そうそう、オープン戦で楽天に負けたね。それは知ってる。

っやあれは色いろ試すからね。こ~さ、ピッチャーのね?構成だとか、そいうのも

無視した、「とりあえず投げてみろお前」みたいなね、やり方でやってるでしょ?

それで球種試したりさ、どれ・・・どれだけ通用したりするのかっていうさ。

ま、それはねっ。F1もそうなんですよ。(スタッフ笑)フェラーリってね、いつもねあの~・・・

テスト遅いの。んっで決勝・・・いざ始まったらやっぱ速いやん!!ていうねっ。

だっ、巨人。(トントントン♪ 机叩き)巨人優勝っ。これとりあえず全部当たんなくて

いいんでしょ?優勝が当たればいいんでしょ?ねっ?ま、優勝とりあえず巨人にします。

でも他もやっぱり一応ね?やっておいたほうが。・・・・これほんま全部ピッタリいったら

100万「円」!頂戴よ。んはははははっはっはっ(笑)え~、優勝巨人でしょ。

ん~・・・・どこが強いんやろ?それが分からん。2位、中日にしますよ。

これ去年と変わってへんやん、オレが言ったやつ。(スタッフ笑)去年が中日優勝、

2位。そおか~、ヤクルトが2位だったんだもんねぇ。じゃ、3位ヤクルト。

んふっふっふっふっ(笑)そ、無難なやりかたやな(笑)4位はね・・・

横浜最下位だったんだ~。4位ね、広島にしてあげる。ん。で、5位が、横浜にしてあげる。

で、阪神最下位。ふふふふふっ(笑)いやっ、これある意味、阪神が強いとやっぱ

野球界盛り上がるんですよ。ある意味「頑張れよ!」という意味を込めた。

うん。「はずれてくれっ!」と言う、こぉ・・・ねっ?(スタッフ笑)気持ちを込めた。

「こうあったらいかんぞ!」という気持ちを込める。でも優勝は巨人であって欲しいんですけど。

こういう予想を立てておきましたんで。これ、また来年どうせやるんでしょ?

・・・来年まで、番組続いてるかな?(スタッフ爆笑)んっはっはっはっはっはっ!

ねっ、え~(爆笑)まずは野球はこうしておきます。続いてF1っ!今年はね~、

ほんっとに難しいんですよ。ぁん。でもね、これは揺ぎ無い強さ。そして、僕が

ファンであると言うことでもう。ねっ?あって、やっぱフェラーリ1位になって欲しいです。

ドライバー的にはミハエルねっ。・・・・ミハエル・シューマッハ。でもねぇ~、

今年は、だっ、4戦5戦ぐらいまでフェラーリは去年のマシンを、今年の

レギュレーションに適合させた、車なんですよ。今年用に開発された

車じゃないんですね。で、5戦目ぐらいからちゃんとした、F2005(エフ・ニーマルマルゴ)

というね、これマシンの名前なんですけど。F2005。・・・F2005(エフ・ニセンゴ)というね?

マシンを5戦、第5戦ぐらいで、持って来る。で、他のチームはだいたいもうNewマシンなんですよ。

だから今年のレギュレーション用に完全に開発された、ゼロからね?開発された

車を持ってくるんですね。でもフェラーリは5戦4戦ぐらいまでは、え~・・・

去年のマシンF2004で走るだろう、と。ま、いつもそぉやり方するんですけど、

今年はほんとに大きくレギュレーションが変わったんで。あの~、非常に厳しいかと

思います。ダウンフォースが減ったんです。だ・・・なんっ、だんだん「お前、要らないぞ」

って言うような顔になって来てるんですけど。(スタッフ爆笑)要るでしょ。いるいる。いるいる。

まず後ね、レギュレーションでねタイヤ交換も無しになったんで。これは大きな

ポイントですね。で、ミハエル・シューマッハっていうのはねっ、なにが・・・こ、そ、ドライビングの

テクニックとして上手いかって言うと、その・・・タイヤを限界切り・・・おいしいところねっ、

タイヤってやっぱおいしいところあるんですよ。今までタイヤ交換があったでしょ?

そしたら1回目と2回目の間のこの・・・(カリカリカリ♪書いてます?(笑))え~・・

んのぉ、スタートから1回目のピットまでのね、間。タイヤをどう使おうかというね?

そういうドライビングセルが凄く上手かったのねっ。んっとに限界攻めるときは限界攻めて、

ギリギリで走ることが出来たりとか。で今回タイヤ・・・交換しちゃいけないということは、

長いロングランになるわけじゃないですか。そうすると限界ギリギリの走り・・・・を

ずっと続けると、タイヤがもたない。だから、セーブしながら、いかに!いつここで攻めようか。

ここチャンスだぞ!じゃ、ここでタイム刻んでって、ここで抜く。とかね。そういう

戦略ドライビングスタイルをミハエル自身も変えないといけないんですよ、今年は。

だからそういった点でも、このダブル予想やね。マシンと。結構ねぇ、難しいと思うんですよ。

フェラーリといえど。で、優勝は、フェラーリ。ミハエル。・・・・でね、チームメイトの

フェラーリ、バリチェロが2位になれるかっていうとこ~れ~・・・微妙だな、これなれないと思う。

で2位はね、1位ミハエル・・・・2位にね、ルノーが来ると思うんだよねぇ。ルノー。

これは願いも込めて。フィジケラが来て欲しい。・・・・・・・・。フィジケラ。フィジケラって、

まぁ・・・イタリア人ドライバーなんですけどもね。ルノー今年メチャメチャいいみたいですから。

えぇ。ま、テストの段階でですけどね。マクラーレンも強いのよ、今年。ん。

で、3位はね、え~・・・・これ、フェラーリの、バリチェロ。これ結構無謀な・・・

有り得ないかもしんない。2位フィジケラってのは、ちょっと無いかな?やっぱな。

ま、でもこうなっ・・・なればいいかなぁ。ほんとは、ほんとはフェラーリ1、2・・・

が嬉しいんですよ?オレは。だけどま、フィジケラにも頑張って欲しいかなという

願いも込めた2位にしておこうかな。バリチェロも大好きなんで、

2位になって欲しいんですけどね、うん。あ!そろそろめかぶやってカンペが出てきた。

いや~、やっぱ佐藤琢磨の話しないといけなくない?(スタッフ笑)日本人として。

え~・・・ま、スタッフの皆さんとりあえず、とりあえず聞かなぁしゃ~ないなぐらいの

顔やったんですけども。(スタッフ爆笑)んっはっはっはっ(笑)

めかぶ?どうでもええよ!んっなもん!どうでもええ、めかぶは!長野、はいっ。(即答(爆))

はははっ(笑)え、これ?見ていいの?書いてるちゃうん?生産とか。・・・ヒントくれんの!?

見ていいの???これ書いてるやろ!だって。んふふふふふっ、はっはっはっ!(笑)

このめかぶ、中国産なんですけどぉ・・・あの~・・・・日本内で、想像しなさいてことでしょ?

日本のめかぶ生産量でしょ?これヒントもクソも無いやないか!これ!(スタッフ笑)

中国・・・日本から出てもぉてるやないか!・・・・ねっ。美味しいね、めかぶね。

これわざわざ探して来たん?日本産じゃないめかぶないかな~?って。

だからっ、そ~いう所に力使うのよそうぜ!いちいち。んははっ(笑)(スタッフ笑)

ヘンな所に力注ぎすぎ(笑)んふっ(笑)でも偉いな。そういうの偉いと思う。

そぉところから笑いが産まれていくっていうね?拍手送りたい、オレは。んはははっ(笑)

そっか・・・これ全然、ほんとに全然あの~・・・全然ヒントになりませんので。

めかぶってさ(声がひっくり返った(笑))、そもそもなに?オレ、それ分かってないわ。

えっ!?それヒントになっちゃうの?・・・え?めかぶってさ、海草???・・・・

も、それすら知らんと食ってたな、そういえば。(スタッフ笑)それかこうカブの・・・

ニンニクの芽みたいな、カブの芽みたいな、そんなの。それヒントになっちゃうんだ?

ならないよぉ~~~っ。例えば「や、カブですね」とか言われてもんははっ(笑)

分からんもんっ(笑)(スタッフ笑)あ、と、と言うことは海やで。やっぱり海・・・

海ていうとこ限られてくるっていうとこから、こぉ・・・ヒントになるということなんだと思う。

その裏を僕はかいてみた。じゃ、海にしとこっ。長野、無し。えっとね、沖縄にしとこっ。

んははははっ(笑)(スタッフ笑)沖縄っ。もずくと同じでね、沖縄にしとこかな。

っていうか、皆答え知ってる訳でしょ?これ一年越しで正解ゆ~気分てどうなのっ?(スタッフ笑)

ははははははっ(笑)凄いことよねっ(笑)ん~。ある意味、凄い、一番長いクイズなのかもしれん。

んふふっ(笑)あいっ。さ、という訳で以上。リベンジ企画、2005年ペナントレース大予想でしたっ。



 


はい、今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。

え~、ま、「いかがだったでしょうか」て。ねっ、聞かれて・・・

「お前、F1の話長いんじゃ!!」って思うぐらいでしょうね、きっとね。いいんです。

許して下さい。ま、あの~色いろよせう・・・予想をしました。今年のね、スポーツ。

そしてめかぶの生産地・・・最も、一番多いところ。ねっ、予想しましたけども、

え~・・・野球は僕は巨人。そしてF1はフェラーリ、ミハエル。やっぱりミハエルが

居る限り・・・・ミハエルがフェラーリに居る限り、フェラーリ、ミハエル。っというね、

この組み合わせが強いんじゃないかなと思ってます。でめかぶは、沖縄が生産量1位じゃないかと。

もずくと実は同じなんじゃないかと。だいたいこぉ言うクイズぅやる場合、

なんか別の産地にね?行きがちなんですけど、でもそこ敢えて

「やっぱおんなじかよ!?」(スタッフ笑)「やっ!また沖縄が来るよ!!」っていうねっ?

そぉところをね?狙ったんちゃうかな?というところも踏まえて、沖縄にしてみました。

はい。でも答え合わせは、来年。と。んはっはっはっはっはっ(笑)ほんと長げぇな(笑)

ということになりますっ。はい。ハガキの方も、ぁ~・・・たまに読むということなので(笑)

たまに読みます。送って下さい。(あて先)

はい。また、来週お会いいたしましょ~うっ。ばいばいっ。

| キンキラKinKiワールド | 14:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |