Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2006年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

10/7『リスナーのたぶん、劇的。ちょっとだけビフォーアフター』(りい)



どもっ!堂本 剛です。え~、なんとですね、キンキラキンキワールド、この秋丸11年。

ねっ。12周年目に突入いたしますねぇ?これは凄いことですよ、ね~?

ま、普通あの~・・・こういう話っていうのは10周年の時にやるんですけどね。う~ん。

ま、きょ、去年とかね、多分・・・バカ企画やって忘れてたんでしょうね?う~ん。(スタッフ笑)

普通は「10周年です」的なことやと思うよ、うん。(スタッフ笑)

中途半端やで、これ。いまオレ言って思ってるけど(スタッフ笑)。

一応書いてるから言うけどさ。相当~・・・「うーん」やと思うよ?なんとなく(スタッフ笑)

「あっ、そっか~」みたいなことやと思うでこれ。誰かに言われたんやろ?これ。(スタッフ笑)

「あれ?この番組って結構長いよね?」『そうやねん。もう10・・あれ?あ、じゅう・・・あ!そっか~」

みたいなことやと思うよ、これ。全然過ぎてるやん・・・ほんまに。

京都で止まるところ新大阪まで来てるやん!もっかい、京都に戻ることみたいよ?これ

(スタッフ笑)ねぇ?ま、それはそうとですね、この番組、1995年10月に

スタートいたしまして、え~・・・その頃ボク16歳ですよ!

・・・・・・うんこやん!・・・ねぇ?(スタッフ笑)

ぜんっぜん覚えてないもん。緊張しまくってて、スタジオも違うからね。

まっ、この番組11年やってますけれどもねっ。思い出もそんなに無いですね~ (スタッフ笑)

う~ん・・・まぁ、あの~・・・、しょーもないコーナーがいくつかあってね?

あの~・・・「イケどりオヤジギャク」。うん。そして、「ブルースリー先生」ね(笑)

え~、あと「天下一武道会」など。うん・・・鳥を飼ったり。などしましたね?

まぁでもほんとに・・・え~11年経てばですよ?当時小学生やった子も成人式迎えて、

独身やった子ぉはいまや子連れのお母さん。ね?そういうふうになってることもある。

と、いうことでですね。ま、ボクも、11年色々ありましたけれども、リスナーの方も

11年色々あったでしょう?と。なので今夜はリスナーの方に11年・・・間を

これちょっと、振り返ってもらおうかな?と。え~、思っている。そういう企画です。

みなさん、楽しみにしといて下さい。え~・・・じゃあここで、まず1つ、

曲を聴いて頂きたいと思います。Kinki Kidsで、「硝子の少年」どうぞ





 ~♪ 硝子の少年





キンキラキンキワールド、11周年記念。「リスナーのたぶん、劇的。ちょっとだけビフォーアフター」

・・・・・・・・・このタイトルなに?長いわ~ (スタッフ笑)

もちょっと・・・省略する、感覚なぁ~い?

リス・・「たぶん」て要らんと思うよ?まずね。リスナーのたぶん!劇的とか~・・・

すっごい失礼なタイトルですけれども(笑)(スタッフ笑)

え、丸11年迎えたキンキラキンキワールドですけれどもね?

ま、本当に・・・このテンションで、色んな企画で11年やってきたなと思いますよねぇ?

で、不思議となんも残っていないというのがこの番組の凄いところで (スタッフ笑)

えぇ。なんか、ふわっ!としてるもんがありますけれどもっ。

ま、でも~・・・リスナーの方はですね、11年間、色んな変化を受けたんじゃないか、と。

その変化をま、ちょっと聞いてみようと思いますので。

え~、まずは1人目電話繋がっております。



(以下 剛:剛さん り:リスナーさん)



剛:もしもしっ

り:もしもし?

剛:あ、どうも。えっと、お名前と年齢をお願いしまーす

り:っと、○○、19歳です。

剛:○○ちゃん19歳

り:はい

剛:19歳ってことは・・・えっ?

り:はい

剛:8歳??

り:いえっ(笑)

剛:11年前は8歳でしょ?

り:あ、はい。そうです

剛:え、いつからリスナーになって下さったんですか?

り:5年ぐらい前からです

剛:14歳

り:はい

剛:ということは、ボクたちが22歳。あ~・・・まだボクたちが輝いていた頃ですね~

(ス:いやいやいや(笑))まだ、懸命に。懸命に仕事をね?真っ当し、え~、

そしてピュアな心を持って、え~、大人たちにも

騙されながら・・・(スタッフ爆笑)頑張っていた、あの頃ですね?(笑)(スタッフ笑)

あの、好きなコーナーはありますか?なんか

り:あ~・・・・・天下一武道会とかぁ

剛:あ~、あれ名コーナーですからね~ (スタッフ笑)

り:あと光ちゃんと剛くんが、2人でしょうもないゲームとか、

対決で盛り上がってるのとか面白いです

剛:あぁ。あの~・・・あの1番ラジオっぽくないことですよね? (スタッフ笑)

り:はい(笑)

剛:リスナーには全然伝わらへん、コーナーの数々ですね。あ~・・・。(スタッフ笑)

ま、あれ~・・・ね、楽なんですけどね、ボクたちは。

り:あ、そうですか

剛:で、あの~、2人共、別に勝とうとも思ってないし (スタッフ笑)

り:あははははっ(笑)

剛:それが一番、問題ですけども。えぇ。あ、そうですか。

天下一武道会はね、光一くんが、クリリンのヅラを被らなきゃいけないとかでねっ。

すっごい嫌がってて。あの、ま、そのヅラの種類もね?高級なヅラじゃなくて、

あの、ゴムのやつですからねぇ?そらは嫌がるのも分かるんですよ。(スタッフ爆笑)

ラジオで伝わらへんしね?仕事してはるところそれで歩くわけですから (スタッフ笑)

ねぇ?そうやって、大人たちにね、騙されてやってるんですよぉ? (スタッフ笑)

り:はい(笑)

剛:ん~。で、○○ちゃんは、この11年間で、なにが変わりましたか?

り:昔は消極的だったんですけど、前よりは積極的になって・・・

もう別れちゃったんですけど、高校では彼氏ができました

剛:おぉ~、生意気ですね~ (スタッフ笑)

り:あははははっ(笑)すみません(笑)

剛:う~ん。なるほどねっ、そっか。出合って、別れた。と。

り:はい

剛:ん~。ま、でも、よかったね?そういう出会いがちゃんと有って。ねっ?

り:はい

剛:うん。・・・じゃぁ、12年目を迎えるんですけどね、このキンキラキンキワールド

り:はい

剛:最後に、この番組になにか望むことはありますでしょうか?

り:忙しいと思うんですけど、やっぱり出来るだけ、2人のキンキラが聞きたいなぁと思います

剛:そうなんですよね~。なっかなか1人がなんかやってると、

1人がなんかやってますからね~?

り:はい

剛:これはだから、2人やからしゃあないとこもあるんですけどね・・・。

え~・・・まぁ、Kinki Kidsがね?5、6人やったらこれなんとかいけますけどね。(スタッフ笑)

どっちかでしかないっていうのが、これがま、結構リスキーですけどね。

まぁまぁでも、そこはね?あの目指してますからね。まぁま、そこはちょっと辛抱強く。

出来る時には是非、やってますので

り:楽しみにしてます

剛:えぇ。はい。これからも是非!この番組を聴き続けて頂きたいな、と。

り:はい

剛:思いますので。よろしくお願いしまっす

り:はい

剛:ありがとうね?

り:はい。ありがとうございます

剛:はぁい。色々頑張ってね(笑)んふんふっ(笑)

り:はーい。頑張ります(笑)

剛:ありがとう。じゃ~ね~。ばいば~い

り:はい



ねぇ?ほんとに可愛らしい声で。う~ん。ボクの声も、低くなったよね~。(スタッフ笑)

う~ん。最初の頃はだってもう~・・・あの、キャンキャン言うてたよ?小犬のように。(スタッフ笑)

小犬のようにキャンキャンしてたよ、もぉほんとに。なんデシベル出てるのかな?ってね。

もぉ、キャンキャンした声でしたけれども。(スタッフ笑)

いまとなってはね?も、ほんっとに、も、ふっさふさの声してますよ、なんかね。(スタッフ笑)

なんか、わっさわさって言うか(笑)(スタッフ爆笑)ふぁ~っ!てしてる声ですけれども。うん。(スタッフ笑)

う~ん。そうか~。14・・・のときから聴いてくれてる・・・・中学校2年生の心を掴んだんですね?

なんでやろうね~?だってオレが22やろ?何やってた?「to
heart」とかかな?

ドラマやってたんかな~?もしかしたら。う~ん・・・なるほどね。

じゃぁ、ちょっと2人目いきます?ここで。

それでは2人目のかた呼んでみましょうか。



(以下 剛:剛さん り:リスナーさん)



剛:もしもーし?

り:もしもし

剛:あ、どうも~

り:こんばんは

剛:こんばんは。えっと、お名前と年齢お願いしまーす

り:○○○、27歳です

剛:○○○ちゃん、27歳

り:はい

剛:あ、じゃぁオレとタメですか~?

り:はいっ。同い年です

剛:昭和54年

り:54年です

剛:あ~、そうですか~。あのっ・・・いつからリスナーでい、いらっしゃって下さったのでしょうか?

り:ラジオは5年前くらいから聴いてます

剛:あ、5年前

り:はい

剛:あ、じゃぁ22歳のときのときにぃ・・・ハートをもぎ取られたわけですね?

り:なかなか雑音が凄くて、聴けなかったんですよ

剛:えぇ、はいはい

り:それで、やっと聴けるようになって

剛:はい

り:聴きはじめました

剛:あ、そうなんですか。なんかあの~、電波を・・・色々拾ったりとか。

ちょっとヘンだったんですね?

り:はい

剛:なるほど。それで、ようやく22歳のときに

り:はい

剛:やっとこう、聴けた。と (スタッフ笑)あ~、嬉しいですね。

ま、でもその電波を拾ったところでね?知識もなんにも無いラジオが

流れてきたでしょうから (スタッフ笑)非常にいまの話を聞いて、

胸がいっぱいなんですけれども(笑)(スタッフ笑)

もうちょっと、まともなラジオやったら、「あら、よかったですね」言いますけど(笑)

えぇ・・・ほんとに物食うたり、え~、氷水に顔をつけて何秒とか。

ラジオであまり伝わらないことをやってきてますからね。(スタッフ笑)

ほんと申し訳ないという思いで、胸がいっぱいですけれども。すみませんねぇ?

り:いえいえ(笑)楽しく

剛:そんな○○○さん。好きなコーナーはなんかありましたか?

り:天下一武道会です

剛:お~!天下一武道会、やっぱり。ね?光一くんは大嫌いだと思いますけどね、

えぇ(笑)(スタッフ笑)えぇ、ボクは大好きなコーナーでね。あの、色んな

リスナーの方から、天下一武道会、結構上に上がる・・・

上位に上がるコーナーなんですけれども

り:あの、雑音が凄かったんです

剛:えっ?

り:あの、全然聴こえなくて、「クリリン!」とか「悟空!」とか

聴こえてくるんですけど、あの~、てっきりホールを貸切って、

ほんとになんか戦ってるんだと思ってたんですよ (スタッフ爆笑)

剛:あぁ~~~!

り:で、2回目を聴いて、やっと「あ、違うかった」と言うことに気付きました

剛:なるほど。そんなぐらいの、錯覚を起こすようなね?大してなんも

戦ってなかったですからね。マイク持って~・・・ね?

ドラゴンボール探してただけですから。ね。

でもドラゴンボール、意外に、ボクこないだ代官山に有りましたわ。

り:そうなんですか?!

剛:えぇ。ふっつ~に全部揃った。一気に。 (スタッフ笑)

り:わー、凄い

剛:うんっ。一気に揃った。だからボク、いま家にドラゴンボールありますから (スタッフ笑)

り:え~~~。なんか願いごととかは?

剛:願いごとはまだ、叶えてないんですよ。あの~・・・光ってないんで、まだ(笑)(スタッフ笑)

り:あ、なるほど(笑)

剛:全然光ってへんし、石になる気配も無いのでね。ほんっとに・・・

本当に神龍が来るんじゃないかって言う・・・んふ(笑)

(スタッフ笑)気持ちもなんとなく込めて、結構なお金を出して買いました。

り:え~~~

剛:ドラゴンボール、こう・・・お金で買ってることがすごい違和感ありましたね(スタッフ笑)

けど、あの~、7個揃ってね、いまあるんですよ。これがいつの日か、ボクが

リビングでぼぉ~っと、空見てる時に光り始めて、そっから神龍が出て、

ボクの前にブワッ!と、もし来たらね?

り:はい

剛:これはもう是非、な、なにか、そんときまでに願いごと考えないといけないんですけども。

まぁ若干、出ないだろうなと思ってるボクも居ますからぁ(スタッフ笑)

えぇ。まぁそんなこともありましたよね~?じゃその○○○さんが、例えばね?

まぁこの~・・・ラジオの番組がその11周年。

○○○さんがこの11年間の中で、なにか変わったことはありますか?

り:あ、やっぱり就職ですね

剛:お!就職?

り:はい

剛:どこにいま就職されてるんですか?

り:いまは幼稚園の先生やってます

剛:いいですね~。幼稚園の先生かぁ・・・響きいいな~(しみじみ)。(スタッフ笑)

凄くいい響きじゃないですか

り:そうですか?嬉しいです

剛:でもね?子供から得るものもおっきいでしょう?

り:おっきいですね~。なんか毎日毎日が驚きの連続で

剛:ね~?やっぱ、最近の子は、ませてるんですか?

り:ませてますね

剛:どんなレベルですか?例えば、ボクらのね?幼稚園のときとかって、

んー、なになにちゃんが可愛い。好きやけどぉ、なんかこぉ・・・上手く

コミュニケーション取られへんから、なんかスカート捲りするとかね?えぇ、そぉ子が居たり。

あとはボクは、あの、ボクのことを好きだと言ってくれていた、ボーイッシュな、

ちょっと身長のおっきい女の子に~、バレンタインの時にトイレに呼ばれて、

チョコレートを渡されつつ・・・え~、股間を蹴られたという思い出があるんですけれども。(スタッフ笑)

なんか、あまりにも恥ずかしくてテンションが上がったのか、思いっきり下から、

ばっこ~ん!!蹴られたんですけれども。ま、そんなんとかもあったり。

あとは、卒園式の時に、ボクの友だちが、先生の胸を思いっきり揉んでいたりだとかですね。

(スタッフ笑)えぇ。それもなんて言うんですか?あの~、か、かん、からかい感覚ですけれども。

なんか色々含めてね?このいまの幼稚園生はどんな感じなのかな?と思って。

どこが結構、凄いですか?

り:あぁ、もうなんか、好きな子は絶対居るんですよ

剛:絶対居る、おー

り:で、クラスの中で「誰が好き?」ってこと聞くと、ま、女の子は特に、

だれだれくん、だれだれくんって言う・・・

も、どんどん名前があがって、やっぱりこう子供なりに・・・

剛:モテるんですか?

り:モテる子を選ぶんですね~ (スタッフ笑)

剛:あ~っ!やりおるな~~ん

り:そうなんですよ(笑)

剛:これはおちおちしてられないですねぇ (スタッフ笑)

り:で、なんか「先生、彼氏いる?」とか

剛:おぉ。そんなんも聞いてくる?凄いな~・・・・・え~~~っ、

やっぱ、ませてんねんなぁ?感覚が

り:凄いませてます

剛:ねぇ

り:はい

剛:あ、そうですか。じゃそんなこともあったわけですね。ん~。じゃ、あの・・・

我々この12年目に突入しますので、このキンキラキンキワールドに、

え~、望む。これを!こうして欲しいって言う、望みごとみたいな、願いごとありますかね?

り:是非、天下一武道会第3弾を (スタッフ笑)

剛:なるほどね~

り:後楽園ホールなどを貸し切って(笑)(スタッフ笑)

剛:なるほどっ!

り:実際に本当に戦ってほしいと思います(笑)

剛:なるほどねっ。天下一武道会、やりましょか?色んな人、出して (スタッフ笑)

り:はい。総メンバー出していただいて

剛:オレ、いま、え~左フックもってるからな~

り:是非、あの、剛くんのドラゴンボールを持ってきてもらって

剛:はいはいはい。神龍呼ぶかなぁ?

り:呼んで下さい

剛:神龍役やっていい?じゃぁオレ(スタッフ爆笑)

タ~ッタタタ~ッ♪タッタ~♪って(笑)タ~ッタタタ~ッ♪タッタ~♪

(神龍登場の曲)ってオレあの、出てきて神龍なって。

ねっ。体、大半は緑に塗らなきゃいけないけど。(スタッフ爆笑)

り:あはははははっ(笑)

剛:ま~、あの、これちょっ、考えましょうよ。天下一武道会ね?

り:やって下さい

剛:ここまで言ってもらってますから、是非そこは考えていこうと思いますんで。

り:お願いしまーす

剛:じゃ、身体に気をつけて

り:こちらこそ

剛:子どもにたくさんの愛を与えて下さい

り:ありがとうございます。剛くんもライブ頑張って下さい

剛:はい。ありがとうございま~す。どうも~・・・失礼します

り:失礼します



なるほど。最近のお子さんはやっぱり・・・少々ませてらっしゃると。

う~ん、いうことが、判明しましたね。だってこれから自分たちが年を取った頃の若い子ですからね?

そう考えると、おちおちしてられないですよ、ほんとに。ねっ?

是非とも、先生方の愛でね、あの、正すとこは正し、そして子どもらしく、

育ててあげてほしいなと思いますけれども。

もうちょっとだけ、ビフォアーアフター続きま~すっ





さ、え~、それではですね。我々、今日はですね、キンキラキンキワールドが11周年を迎え、

そして12周年目に突入したということで、リスナーの方々に、11年間どうでした?と。

色んなこと振り返ってもらうというコーナーですけれども。

早速3人目のリスナーのかた呼んでみましょう



(以下 剛:剛さん り:リスナーさん)



剛:もしもーし

り:あ、もしもし?

剛:どうもっ

り:はい

剛:えっと、すみません。あの・・・お名前と、お年齢を

り:○○○○です

剛:○○○○さん

り:はい。え、え、よ、40代です(小声)

剛:んふふっ(笑)○○○○さん、なんでそんな消極的なんですか(笑)(スタッフ笑)

り:ふふふふっ(笑)みなさん若いんですもの~(笑)

剛:「よ、よ、よ、40代ですっ」言うて

り:はい

剛:全然40代でいいじゃないですか~

り:え、え、いいですけどね・・・(笑)

剛:全然よろしいじゃないですか~

り:はい(笑)ありがとうございます

剛:あのっ、○○○○さんしゃぁ、あの・・・主婦でいらっしゃって?

り:ええ、そうですね

剛:な~るほど~

り:ええ

剛:いつから・・・リスナーを・・・・・になって頂いたのか。何年ぐらい前から聴いて下さってます?

り:あ~・・・あまり定かではないんですけど、7、8年前だったと思うんですけど・・・

剛:あ、ほんとですか

り:うーん

剛:結構聴いてくれてますね~?も、はっち(8)年も聴いてもらってねぇ?

り:まぁ・・・聴けない日もありますけどね

剛:あん、すんませんねぇ

り:電波が入らないで「もういい!」って聴かないときもありますが・・・ (スタッフ爆笑)

剛:んははははっ(笑)そんときは心でね?ボクたちの声を聞いて頂ければと思いますが~

り:はい

剛:あの、好きなコーナーはなにかありましたか?

り:ん~っとねぇ・・・結構2人でなんか色んなことスタジオん中とか、外出たりしてやってましたよね?

剛:はいはいはい

り:なんか1番最初のころなんか麦茶に洗面器・・・ (スタッフ笑)

剛:あ~、やったな・・・はいはい

り:あと最近だとゴルフとか結構・・・

剛:ゴルフ、良かったですか? (スタッフ笑)

り:私好きなんです、ああいうの(笑)

剛:そ~~と~、ゆるいじゃないですかぁ

り:セミ捕りに行ったりとか

剛:ゴルフ、そ~~~うとうユルかったですよぉ

り:変なとこ入ってっちゃったり、想像するとしてると(笑)

剛:んっふっふっふふふっ(笑)(スタッフ爆笑)

想像力、豊かですね。あ、そうですか。

り:はい

剛:ゴルフ好きだとか言うと、またスタッフ「あ~、これでいけんねんな』とか

思ってまいますからね(スタッフ爆笑)ほんと、クオリティー低いと思うんですけれども(スタッフ笑)

ま、これ11年間ね?あの~、やってきてるわけですけど。

じゃ、その、○○○○さんが、あの~、11年間で、変わったことってなにかありますか?

り:いや~、ま・・・うち3人子どもがいるんですけど

剛:おぉ~!

り:3人目が生まれてちょっとたったころで

剛:はいはいはい

り:テンヤワンヤの頃から、なんやかやと過ごしてきて、今年もう中学1年になって

剛:おぉ~~!

り:うん。1番下がね。やっと・・・

剛:なるほど~。じゃ、一番上のお子さんはいまおいくつぐらい・・・

り:いま19歳です

剛:19か~。これから。これからねぇ?社会と、どんどん戦いに出てね?

り:そうですね~

剛:ね。一番・・・・それも、心配な年でね?もう心配でしゃあないですよね?

ほれでこのラジオつけたらゴルフやってますからね~ (スタッフ爆笑)

り:いやぁ、でもそれで笑えるんですよ

剛:大丈夫ですか~?これ。どっか入ったとか、なんやこうやとか (スタッフ笑)

やっててね、不安でしかたないですもん、ボクらは(スタッフ爆笑)

一応頑張ってね、テンション上げて楽しみますけど・・・

「ちゅうか、これオレ、遊んでるだけやん!」みたいなねっ?

り:いやいやいや(笑)まだそんな無邪気な、ねっ

剛:大丈夫ですか~?

り:大丈夫ですよ

剛:あ~・・・それやったらいいんですけどね。ほんまにゴルフ、

もっかい、やりよりますからねぇ・・・(スタッフ笑)

このスタッフ・・・気ぃつけとかんとあきませんけども

り:どうぞ(笑)はい(笑)

剛:じゃぁ、あの~・・・この12年目。ねっ。このキンキラキンキワールドが、

突入していくわけですけれども

り:はい

剛:この番組に望む・・・1つありますかね?望むことは

り:望むこと・・・

剛:うん

り:まぁ、2人で出てるのが楽しみなんで、できたらなるべく

2人で出てくれたら嬉しいな、と。かんばって

剛:そうですね~。これはもうみんなね、ま、我々も思ってることなんですけれどもね。

な~かなかね、どっちかがなんかやってたら、どっちかがフォローせなあかんって言うね・・・。

ま、でもねっ、我々も出来る限りそこは、考えてますので。まぁ是非是非、聴き続けて頂いてですね

り:電波を拾って

剛:宜しくお願いします。電波のホールインワンと言うことでねっ (スタッフ笑)

り:ふふふふふっ(笑)

剛:全然いま上手くなかったですね~。全然なんのこっちゃ分からんこといいましたけど。

えぇ。ほんとにありがとうございます

り:いえいえ

剛:すんませんね?ちょっと夜分遅くなっちゃいまして

り:いえいえいえ。頑張って下さい

剛:はい。これからも是非頑張ってラジオ聴いて下さい

り:はい

剛:ありがとうございました

り:どうも失礼いたします

剛:失礼しま~すっ



はい。ということで、以上っ。キンキラキンキワールドまる11年企画 「ちょっとだけビフォーアフター」でしたっ





さぁ、今日のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか?

キンキラキンキワールドまる11周年ですね。リスナーの、劇的ちょっとだけビフォーアフターということで。

え~、番組にね?おハガキどんどん送って下さい。

(あて先)

と、いうことで。え~・・・お知らせ~・・・ですけどもねっ。無いです!

無いです、そんなに。え~・・・トイレ行きたいな~っていうくらいで(スタッフ笑)

え~、この後ちょっと、お小水のほうさして頂こうと思いますけれどもねっ。

え~、みなさんも是非、一緒に連れションしてみてはいかがでしょうか? (スタッフ爆笑)

ということで、みなさん、またお会い致しましょう。

お相手は堂本 剛でした~。さよならぁ~っ

| キンキラKinKiワールド | 14:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |