Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2007年2月24日『キンキグッズ大放出、つよトロクイズ』(りい)


どうもっ。え~、堂本 剛です。え~、いきなりですけれども、え~、早速

ちょっとおハガキを、ひとつ、え~、読みたいと思います。え~、石川県の

○ちゃんなんですが、え~「剛さん、スタッフさん、先日は釣り企画で使った網を

ありがとうございました」とおハガキいただきました。

え~・・・その網がですね、「東京から運ぶ途中で柄の部分が少し壊れて、しまいました」と。

え~、「運輸会社から電話があって、真剣なトーンで申し訳なさそうに

『大きめの網で』とか『壊れてしまいまして』とか『代わりの物を探したのですが

同じ物が見つからず』とか言われて、なんだかアホらしくて笑ってしまいました」と。(スタッフ笑)

「結局代わりの物はもらわずに、剛さんいわく『1番いらん』網だけ届きました」と。(スタッフ笑)

「でも少ししか壊れてなかったです(にっこりマーク)」と、言うことですけれども。(スタッフ笑)

こっれまたねぇ・・・だっさい、結果になってますやんこれ。(スタッフ爆笑)

もちょっとあったんちゃうのなんか~。う~ん・・・。これまたでも網だけ送る人も

大変やよ?これ。いや~、これはねぇ・・・んっとにあのぅ・・・まぁ○ちゃんにも

申し訳ないだけれども、この、運輸会社さんにも申し訳ないのよこれ。う~ん。

おんなじもん探す言ぅても網やでこれ?(スタッフ笑)う~ん。ね?これ

思い入れのある網やからね?これ、うん。なるほどま、そういうことがあったという

おハガキでした。ちょっと○ちゃんホントにねっ、ごめんなさい。

ありがとうございます。ほんとにね。まぁ、ボクが折ったわけでもないですし、

ボクが手続きしたわけでもないですからアレですけれども。

ま、とにかく、え~・・・・にっこりマークを書いてくれてるということなので。う~ん。

あのほんとにありがとうございます。という気持ちでいっしん・・・いっぱいでございますが。

ま、ちょっとね、こんなこともありまして。もうちょっと、プレゼントちゃんとしたら

いいんちゃうの?と。いろいろまあ思ってる中で。ま、ちょっとあの年末年始にかけまして、

番組で使ったまぁ・・ゴミのようなグッズをですね、ま、このリスナーにプレゼントするという。

ゴミのようなというか・・・ま、いわゆる・・・・要らない物ですね。 (スタッフ笑)

えぇ。スタッフが家に置いとくのがめんどくさい物というか、え~、まぁ、

そういうものをですね、大掃除の際に渡すみたいなことやってましたけれども。

これまた大掃除の際にもひとつ分かったことがあって。キンキグッズが

結構あるということが分かりました。ま、今あるのは、え~・・・iDの

フォトスタンドみたいなやつと、・・・Harmony of Decemberの・・・やつかな?これ。

あ、KinKi singl selection
2のタオル!ねっ。で、これはHarmony of Decemberの時?

え~っと(ガサゴソしてます♪)・・・キャンドルのあれか。で、光一くんの・・・

え~、印籠ですね。(スタッフ笑)え~、これ、キー、キーホルダーですか?

これ。ねっ?キン肉マンマーク。これが、え~~~・・・今あるというのが分かりました。

で、これを?まぁ、クイズとか色々して、で、正解した方にプレゼントしていくと。

これぐらいのことやっぱりやらないといけないと思うんですよね。う~ん。

あんな網とかじゃなくて、ちゃんとしたノベルティ、やっぱプレゼントしましょうよ、みなさんにね。

ぜひみなさん、ですので、え~、ま、頑張って闘っていただきたいと思いますが。

その前にじゃあこちらの曲を聴いていただきましょう。KinKi Kidsで、「硝子の少年」どうぞ!



 ~♪ 硝子の少年



「キンキグッズ大放出!つよトロクイズ!!」

さ、リスナーの方にキンキグッズをだいほ・・・大放出いたします。

グッズ、いま4点いろいろありますけれども。いまから突然リスナーの方に電話しまして、

私がキンキキッズの曲のイントロをハミングするという。もうこれちょっと

ギャランティーが発生しますんでね。(スタッフ笑)え~、よろしくお願いしたいと思います。

え~、それが当たれば、好きなものがいただけるということなんですけれども。

ま、これいきなり電話をしてボクがイントロをハミングして、当たったらま、プレゼントをあげる。と。

簡単に説明するとそういうことですね。えぇ。じゃ、とりあえず・・・しちゃう?電話ねっ。

じゃ、しちゃおっか、もう。さあ(呼び出し音)・・・・・・ん?言っていいんでしょ。

東京都、○○ちゃんです。



(以下 剛:剛さん り:リスナーさん)



剛:あっ、もしもーし?

り:はいっ?

剛:どうも。あの、キンキキッズキンキラキンキワールドですけれども。

り:えっ?!はい。

剛:○○ちゃんでしょうか?

り:はい、そうですけども・・・

剛:○○ちゃんが、ハガキをですね

り:はい

剛:送ってくれてまして

り:はい!

剛:え~・・・プリクラを貼っていただき

り:はいっ!

剛:え~送っていただいたハガキをもとに、いま電話をしています。

り:はーい。

剛:あ、堂本 剛です。どうも。

り:はいっ!剛くんですかっ?!!!!

剛:そうです

り:ほんとに読んでもらったんですか?ハガキ??

剛:いま、あの~、これをですね、ハガキをもとにお電話さしていただいて。で、いまね?

り:はい

剛:ラジオの中で、キンキキッズのノベルティグッズが

り:はい

剛:え~、過去の物がですね、4点ありまして

り:はい

剛:その4点を、いまからボクが出すクイズに正解してくれましたら、

  どれか1点をプレゼントすると。いう企画をやっています。

り:あ、はい

剛:で、ボクが

り:はい、はい、はい

剛:キンキの曲の・・・イントロ、ハミングしますので

り:はい!はいっ!

剛:なんの曲かというのを当ててもらって

り:はい

剛:で、当たったら、え~、プレゼント何があるのか言いますんで、それをぜひもらってください

り:あ、はい。分かりました

剛:いいですか?

り:はい。多分大丈夫です(笑)

剛:じゃあねぇ・・・

り:はい!

剛:簡単なやついくからね?

り:は、は、は、はい

剛:じゃ、ちゃんと聴いてくださいね?

り:はああい

剛:じゃ行きますよ?

り:はい

剛:それではクイズスタート!

り:はい

剛:ふっふふふふっふーっ♪ふっふふふふっふ~っ♪ふっふふふふっふ~んっ♪

  ふんふんふんふふふ~ん・・・ふっふふふふっふーっ♪ふっふふふふっふ~っ♪

  ふっふふふふっふ~んっ♪ふんふんふんふふふ~ん・・・ふふふんっ♪♪

  ふっふ♪ふ~ふ~ふ♪ふ~ふ~ふ♪ふ~ふ~ふ♪ふ~ふ~ふ♪

  ふ~ふ~ふ♪ふ~ふ~ふ♪ふ~ふ~ふ~ふ~ふ~ふ~ふ~~~♪っんふふっ(笑)

  ふ~ふ~ふ♪ふ~ふ~ふ♪ふ~ふ~ふ♪んふふふっ(笑) (スタッフ笑)

り:あ・・・(笑)

剛:もうええでしょっ?(笑)もう。もうええやろ、もうっ!

り:うふふふふ(笑)

剛:分かった?なんですか?

り:分かりました(笑)「硝子の少年」?

(ピンポン♪ 正解チャイム)

剛:はい正解!!

り:ふははははは!(笑) (スタッフ爆笑)

剛:もっ、すっごい!疲れる。これなにこれ?もぉ・・・っ。いや~、疲れる!

り:うふふふ(笑)

剛:正解したね~

り:はい(笑)

剛:う~ん・・・。この「ふんふんふんふん」ねっ。んっ、これ。ほんっとに

  侮辱されたような気分で歌いましたけれどもね。(スタッフ爆笑)

り:はい(笑)

剛:いまですね、光一くんの

り:はい

剛:光一くんの、あの~、なんか、キーホルダーみたいなやつと

り:はい

剛:あとHarmony of Decemberのキャンドルセットと

り:はい

剛:あと、KinKi singl selection
2のときのタオルと

り:はい

剛:あとぉ・・・iDアルバム発売のときのキンキの、フォトスタンド。・・・CDスタンドか?

り:はい

剛:っていうのがあるんですけど

り:はい

剛:この4つのうち、どれが欲しいですか?

り:え~、お薦めはどれですか?

剛:一番クオリティ高いのはこのフォ、アルバムスタンドだよねぇ?

り:アルバムスタンド・・・(笑)

剛:うん、このiDの

り:ああ。剛くんが好きだと思うものがいいです。

剛:あ、じゃあこれにしようよ。スタンド

り:はい、それにします

剛:じゃまた、よろしくお願いします

り:はい!はいっ!大好きなんで、ずっと応援していきます

剛:ありがとうね~

り:はい

剛:うん、じゃ、どうもありがとう

り:はい、こちらこそありがとうございました

剛:はいはーい、じゃあね~

り:はい。はーい

剛:じゃあね、ばいば~い

り:はい



・・・も、みんなね、これを忘れてるよね? (スタッフ笑)

も、人がボクと喋ることによってこれだけ・・・アガるということをね。

みんな忘れてるよ。うん。全然聞いてないけどね、スタッフ・・・(ボソ)。

うん。この偉大な勇士の話をしてるのに全然聞いてない・・・。(スタッフ笑)

段取りでいっぱいいっぱいやからさ、いま。う~ん。

じゃ、ま、このアルバムスタンドはけました。あと3つ残ってますから。

じゃ、続いて行きましょうよ。

(呼び出し音)凄い。美容学校に通ってんねんて。





(以下 剛:剛さん り:リスナーさん)





剛:あ、もしもし?

り:もしもしー? (後ろにガヤガヤと声が聞こえます)

剛:あ、どうもあの、○○○ちゃんですか?

り:はい

剛:あの、キンキキッズキンキラキンキワールドと申しますが

り:はい

剛:いま、あの、おハガキを出していただいて・・・そのおハガキをもとに

  電話・・・突撃テレフォンで電話してますが

り:はい・・・

剛:んふふふふふっ(笑)

り:え?

剛:そうと・・・(笑)

り:キンキラなんとかなんとか

剛:そ。キンキラなんとかなんとかですよ。ハガキ出してくれたでしょ?

  あの、堂本 剛ですけれども

り:え!はい、もしもし?

剛:もしもし??

り:すいません、友だちが出ちゃったんですけど

剛:んふっ、は~っ、は~は~っ(笑)友だちが出たの?○○○ちゃんですか?

り:はい、そうです

剛:あ、どうも。剛ですけど

り:えっ!ほんとですか!

剛:んっ。ほんとほんと。あの、ハガキを・・・

り:はい

剛:出してくれたでしょ?美容学校に通ってて、ていう

り:はい、そうです

剛:そう、それで、いま、あの、電話をしています

り:え・・・

剛:そう。電話をしてて

り:はい

剛:てゆうか、なにしてんのそこで?えらいなんか、

  サファリパークみたいな音してるけど

り:あ(笑)いえ・・・

剛:学校?

り:あ、学校です!

剛:なんっ、学校かあ。まあ学校に・・・

り:え~っ!!!(後ろから「きゃ~!」とか歓声があがってます) (スタッフ笑)

剛:学校にいる所ちょっと申し訳ないねんけどさ~ぁ?

り:はい

剛:いまからクイズ出していい?

り:$¢£%#(後ろの歓声で聞こえません ^^;) (スタッフ笑)

剛:いまクイズ出すから~

り:(後ろで「えー!凄いーーー!!」の声)

剛:正解したら~・・・あれ?もしもし?

り:・・・

剛:もしもし?!

り:もしもし、はい。

剛:あの、いまからクイズ出すから

り:はい

剛:クイズに正解したら

り:(後ろでまた大きな歓声が・・・)

剛:・・・ふふふっ(笑)聞いてる? (スタッフ爆笑)

り:・・・

剛:○○○ちゃん聞いてる?

り:聞いてます!

剛:クイズ出して、正解したら

り:はい

剛:キンキの、キンキグッズ何かひとつ差し上げますんで、頑張って答えてください

り:はい

剛:いいですか?じゃあ今からあのボクが、キンキキッズの曲の、

  なにかを、イントロをハミングしますんで

り:はい

剛:なんの曲か当てて下さい

り:・・・

剛:いいですか?

り:はい

剛:いまからあの・・・ハミングするからね?

り:・・・

剛:いいですか?もう、ふんふん、ふんふん言うからちゃんと聞いてよ?

り:はい(笑)(後ろで大勢の笑い声)

剛:ね?

り:分かりました(笑)

剛:じゃ、当ててくださいよ?

り:はい

剛:じゃあね、ちょっと待ってね。あ・・・え~と。じゃ、いくよ?

り:はい!

剛:じゃ、え~、キンキキッズ、イントロハミングクイズ、スタート!

  ふふふふふ~んふ~ん♪ふふふふふ~ふ~ふ~っ♪

  ふふふふふ~んふ~ん♪ふ~ふ~ふふふふ~ふ♪ふふふふふ~んふ~ん♪

  ふふふふふ~ふ~ふ~っ♪ふふふふふ~んふ~ん♪

  ふ~ふ~ふふふふ~ふっ♪分かったでしょ?

り:ええ~?(後ろで「なんだっけ?なんだっけ?知ってるこれ」)

剛:分かるでしょ~?え??

り:もう1回!(笑)

剛:も1回やんの?これすごいカロリー使うねんから! (スタッフ爆笑)

り:ふふふふ(笑)(後ろからも笑い声が)

剛:じゃ、それでは、イントロスタート!

  ふふふふふ~んふ~ん♪ふふふふふ~ふ~・・・

り:あ!「カナシミ ブルー」

剛:うお~~~っ!当たった。正解!

(ピンポン♪ 正解チャイム)

り:うふふふ(笑)(後ろでもの凄い歓声)

剛:おぉ~、なんかもう・・・盛り上がり過ぎちゃう?ちょっと~

り:あはは(笑) (スタッフ笑)

剛:あの、いまさぁ?グッズがねぇ

り:はい

剛:ボクの目の前に3つ有るわけ

り:はい

剛:え~、光一くんのキーホルダーと

り:うふふふ(笑)(後ろからも笑い声が)

剛:え~、キンキキッズのですね、Harmony of Decemberのキャンドルセットって言うやつと

り:はい・・・ (また笑い声が)

剛:あとKinKi Kidsが、singl・・・・selectionというアルバムを・・・2、

  singl selection 2というアルバムを出したときの、ノベルティのタオル

り:・・・タオル?

剛:この3つがあるんですけど、どれが欲しいですか?

り:(ガヤガヤと笑い声が)じゃぁ、Harmony of Decemberの・・・

剛:キャンドルセット?これ、ぜひあの~・・・大切にしてください、じゃぁ

り:はい。最後に1こだけ

剛:なによ?

り:「国家試験頑張って下さい」って言って下さい

剛:おお、いいよ。じゃあちゃんと聞いてや?

り:うふふふ(笑)(後ろで「いいぞ~」と女性の声)

剛:○○○ちゃん、ちゃんと国家試験頑張るように

り:「きゃ~~~~っ!」(後ろも含め全員大絶叫)

剛:んはははははっ(笑)なにこれぇ?(笑) (スタッフ笑)

り:ありがとうございます!

剛:なにこれ?ちょっ・・・(笑)いやま、ちょっとこれ、言ったからにはほんと頑張ってよ?

り:はい。頑張ります。

剛:で、たとえばいつか東京の美容・・・師・・のその、なんか美容院とかにさ、

  就職したときに「あのときの」って言えるようにしようよ

り:はいっ (後ろで歓声)

剛:ねっ。結果もまた、おハガキとかで送ってよ

り:あ、はい。(「きゃ~!私も送ろ!」「私も送る!」などなど聞こえてきます」

剛:んふふふ(笑)なんでやねん!なんでやねん(笑) (スタッフ笑)じゃ、頑張ってね。みんなもね

り:「は~~~い!!」(全員で)

剛:うん、ありがとうございました。ごめんね、時間割いてしまって

り:あ、いいえ

剛:うん、ありがとう。じゃ、これからもまたおハガキ送っていただいたり、色々応援して下さい

り:はい、お仕事頑張ってください

剛:うん、ありがとうね。じゃあ試験頑張ってね

り:はい、ありがとうございます

剛:はーい、じゃあみなさんも失礼します。



いやいや嬉しいですね。

この後もまだいくんですよね?分かりました。じゃ、この後もプレゼント、大放出いたします!





それでは、さっそく後編いきましょう。続いて、えっとですね~・・・

大阪府の○◎ちゃんか (呼び出し音)



(以下 剛:剛さん り:リスナーさん)



剛:もしもーし?

り:もしもし

剛:あ、どうも。あの、キンキキッズキンキラキンキワールドですけれども

り:えっ?!

剛:どもっ

り:えっ、ほん・・・ま・・に?

剛:えへへへへっ(笑)ほんまにですけども。あの、ハガキ送ってくれたでしょ?

り:はい。ええっ?!

剛:で、それで、いまハガキを選んで電話しています

り:はい

剛:で、いまからボクがキンキキッズのシングル曲のイントロを

  ハミングで、なにか歌いますので

り:はい

剛:それに正解しましたら、え~、この、どちらかの賞品をえ~、

  選んで差し上げることができます

り:はい!

剛:ですのでボクがいまから、キンキキッズの曲のイントロをなにか歌いますんで

り:はーい

剛:ぜひ当ててください

り:はい!分かりました

剛:はい。でね~・・・これねぇ・・・ちょっともう分かり易いやつはね、

  先に出しちゃってて・・・。ちゃんと聴いててよ?ハミングやから

  もうこれ、あ~の、んふんふんしか言えないからね?こっちも

り:はい(笑)

剛:最善をつくすから、ちょっとまあ頑張って聴きとってね?

り:はい

剛:じゃあ、いきますよ?

り:はーい

剛:じゃあ、キンキキッズの曲の、イントロクイズスタート!

  ふふっふっふっふっふ~っ♪ふ~ふ~ふ♪ふ~ふふ~♪

  ふふ~ふ~~ふふ~ふ~ふふ~ふ~~んっ

り:「雨のメロディ」

剛:お~!正解しましたね~(笑) (スタッフ笑)

(ピンポン♪ 正解チャイム)

剛:もうこれね、早めに言ってもらった方がありがたい (ス:「恥ずかしい?」(笑))

り:あ、はい・・・ 

剛:もっ、恥ずかしいねんこれ

り:うふふ(笑)

剛:あの普通に歌え!じゃないからねこれ。ハミングだから。

  相当~、恥ずかしいんですけれども。え~、正解しました!

り:はい

剛:正解しましたので、え~、このキンキキッズのですね、

  singl selection 2のタオルか、光一くんのキーホルダーかこれ、

  どっちっ?もう選んでいいですよ。絶対こっちだ、とは言いませんから

り:タオルで!

剛:タオル

り:はいっ

剛:じゃあこのタオル、このタオルもね~・・・まあまあ可愛らしいタオルですよ

り:はい

剛:箱が豪華ですから

り:はい

剛:ま、中も豪華ですけれども

り:あ、ありがとうございます

剛:ええ。これまぁ、飾るもよし、使うもよし

り:はい

剛:うん。まぁ、じゃあ・・・とりあえずあの~、当たりましたんで

り:はい

剛:楽しみにしててくださいね?

り:楽しみにしてます。すいませんありがとうございます

剛:これほんとに、いいものですから

り:あ、はい

剛:はい。思い出としてちゃんと残しといてください

り:あ~、ありがとうございます~ぅ

剛:うん、ありがとうね?

り:いいえいいえ

剛:じゃあ階段を踏み外さず

り:えっ、ふふふふっ(笑)

剛:下まで降りてください

り:はい

剛:上がるのか分からないのですが(笑)

り:あははは(笑)

剛:うんっ。じゃぁ、ありがとうね

り:はい、ありがとうございます

剛:またハガキ送って下さい。はーい、どうも

り:はーい

剛:はーい。どうも~、じゃあね~

り:はい、失礼します

剛:はいはーい、ばいばい、どうも~



さあ、もう残すは光一くんのキーホルダーのみです。これが、え~続いても・・・

これはもうだから強制的ですね。次選ぶ方に、このキーホルダー、届きます。(呼び出し音)



(以下 剛:剛さん り:リスナーさん 妹:リスナーの妹さん)



剛:あ、もしもーし?

り:はい

剛:どうもっ。あの、キンキキッズキンキラキンキワールドですが

り:えっ?!剛くんですか?

剛:えへへっ(笑)そうですよ(笑)

り:え?!え?!

剛:あのね、◎◎ちゃんでしょ?

り:はい!

剛:◎◎ちゃん寝てた?いま

り:はい(笑)

剛:なんかあの、布団のもさもそもそっっていう音が聞えたんで

り:えっ(笑)

剛:若干起こしちゃったかな?と思ったんですけども

り:え、ちよっ・・・えぇ~っ(笑)

剛:寝てた?

り:え、はい(笑)寝てたとか言われた~!!あ、妹いるんですけど(笑)

剛:んっはっはっは!(笑)いやいや、人が・・・人が仕事してるときに、

  寝てた訳ね? (スタッフ笑)

り:はい、え~(笑)

剛:う~ん・・・なるほど~

り:もう学校休みなんで

剛:あ、そっか、そうなんか

り:はい

剛:そっかそっか。いや、あのですね

り:はい

剛:あの~、今日ですね、あの~、キンキキッズのノベルティグッズを

  大放出しているコーナーがありまして

り:え?はい

剛:で、それで、いまずっと、色んな方に電話をかけ

り:はい

剛:クイズを出しまして、正解した方にプレゼント差し上げてるんですけれども。

  で、いまからボクがね、キンキキッズの曲の、シングルの、

  え~、イントロをハミングしますんで

り:はい

剛:曲がなにかを当ててください。

り:はい

剛:うん

り:え、簡単なのにしてください・・・

剛:簡単なやつね?

り:はい

剛:えっとね・・・。それではキンキキッズの、え~、イントロクイズスタート!

  ふ~ふ~~♪ふ~ふふっふ~♪ふ~ふふ~ふふ~♪

  ふ~ふ~~♪ふ~ふふっ・・・んっ?

り:分かった!

剛:分かった?

り:あ、もしもし?・・・妹答えてもいいですか?

剛:いいよ~

り:はい

妹:えっと

剛:うん

妹:えっと(笑)ビロードの・・・うふふ(笑)

剛:うん

妹:闇?うふふふふっ(笑)

剛:ぴんぽ~~~んっ!

(ピンポン♪ 正解チャイム)

り:うっそ~?!

妹:やった!

剛:大正解じゃない

り:え(笑)妹光一くん好きなんですよ~

剛:あ、ほんとに?あ、じゃあ妹さんには、この、キーホルダーが行って・・・

り:あ、それであの、もう1コいいですか?

剛:うん、いいよ

り:あの妹が、今度は、今週金曜に受験なんで

剛:うん

り:ちょっと、高校受験なんで

剛:うんっ

り:ちょっと、代わってもいいですか?

剛:いいよ!

り:お願いします

剛:いいよ

り:光一くんファンなんですけど (スタッフ爆笑)

剛:んふふふふふっ(笑)

り:でも剛くんも好きです

剛:いいよ(笑)だいじょぶよ(笑)

り:はい、じゃお願いします

剛:ふふん(笑)いいよ(笑)

妹:もしもし(笑)

剛:あ、もしもし?

妹:うふふふふふふ(笑)

剛:どうも。お名前は?

妹:え?えー?

剛:名前は?

妹:あ、◎◎◎です

剛:◎◎◎ちゃん?

妹:うふふふっ(笑)

剛:え、◎◎◎ちゃんは今週の金曜日?

妹:今週の金曜日受験(笑)

剛:あ、そう。どう、大丈夫?あの~、頭入った?

妹:あ、まぁまぁ

剛:まあまあ?

妹:はい(笑)

剛:これもう、ボクといま電話で繋がった以上さぁ

妹:はい(笑)

剛:絶対に合格してよ?◎◎◎ちゃん

妹:はい。絶対・・・(笑)合格します(笑)

剛:うん、絶対合格してよ?

妹:はーい!(笑)

剛:プレゼントも当たったんやしさぁ?

妹:プレゼント?

剛:うん。さっき当てたやろ?

妹:あ、はーい

剛:クイズ正解したやろ?うん、これも届くから

妹:うふふふふ(笑)

剛:これをまた、力に変えてさ。これが届く!と思って頑張ってよ、また

妹:はい、ありがとうございます

剛:うん。で、受かったらまたあの、ハガキで報告とかしてよ

妹:はい。絶対また、電話して下さい

剛:うん。今日はあの、これからまた勉強すんの?

妹:あれ・・・あ、ね、寝てた(笑)うふふふ(笑)

剛:勉強すんのこれから?

妹:ちょっと・・・寝てた(笑)

剛:寝てた?!勉強せぇや!

妹:寝てた(笑)きゃはははははは(笑)

剛:勉強しいや!

妹:はーい。うふふふふ(笑)

剛:うん、絶対受かってよ?

妹:はい、ありがとうございます

剛:いいえ~。とんでもない

妹:はい。あ、じゃあまた、代わります

剛:うんっ。はいはーい

り:もしもーし?

剛:あ、もしもし?

り:ありがとうございます(笑)

剛:これはもう、お姉ちゃん頑張ってよ

り:え?

剛:あの、合格をさ~、させるように

り:はい。あ、はい

剛:うん。じゃ、ありがとうね?

り:はい。ありがとうございました

剛:はい、じゃぁ、送りますんで。楽しみにしてて下さい

り:これからも頑張ってください

剛:うん。ありがとうね

り:応援してま~す

剛:はぁい、じゃぁね~ん

り:さよなら、バイバイ

剛:はい、さよなら。ばいばーい



さあ、ということでね。これだけ喜んで頂けるけですよ。「網が当たりました!」言うても

(スタッフ爆笑)、ぜんっぜん喜んでもらえなかったよね?悲しいぐらいに。

あれ?ちょっと人気落ちたかなぁ??と思うぐらい、ぜんっぜん、

喜んでもらえなかったですよね。う~ん。まぁまぁ、でもね?あの~、今回はあの、

非常に喜んでいただけてるみたいなので、ぜひぜひえ~、正解されたみなさん。

必ず!お届けしますのでねっ、楽しみにしていただきたいと思います。

ということで以上!リスナープレゼント大放出企画でしたっ







さあっ。え~、今日のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。

まあ、プレゼント大放出企画ということで、ね。やらさしていただきましたけれども。

まあ、あの、こういう形でやっぱりハガキを読んでいくのが、ボクは

もうベストだと思いますよ。 (スタッフ笑)なんかしたがるじゃない。あの・・・

君たちだけの達成感を得ようとするところが、あの~、悪い癖だよね。

ほんとお願いしますということで。えぇ。

ま、おハガキはね、必ずまた読みますので、みなさんどしどしご応募して下さい。

(あて先)

までどんどん送っていただきたいな、と思っております。

さあそれではみなさん、またっ!来週お会いいたしたいと思いまっす。

お相手は堂本 剛でした~。ばいば~いっ!








| キンキラKinKiワールド | 12:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2007年2月17日『年賀状ありがとう企画』(りい)


どうも!え~堂本 剛です。え~もう2月ですね、みなさん。え~、2007年も1ヶ月経って、

まぁ~・・・なんかもう早くてね。(後ろでピコピコ音がしています♪)

いやほんとにあの~・・・1年が早いっ!うん。イライラするぐらい早いですね。

ほんとに時間ないですけれども。え~、今夜はですね、年に1度の人気企画、をやりたいと思います。

あ、今このピーって鳴ったのはですね、あの~、UFO探知機です。気にしないで下さい。(スタッフ笑)

え~と、昨日ぐらいからすごい鳴ってます。めちゃめちゃ鳴ってます。

あの・・・これまで鳴ってなかったんですけれど。鳴ったでしょ?今も。

こんなに鳴るものじゃないんですよ?すっごい昨日からめっちゃめちゃ!

鳴ってるんですけど。まぁ、いないですね。(スタッフ笑)空を見上げてみたんですけれども、

いないですし。え~、車を運転してるときも鳴ったんで、はっ!もしかして誰か車乗ってんじゃないかと、

見たんですけれども。いたって普通の人でね、ちょっと分からないんですけれども。

ま、そんな、UFO探知機が鳴りながらも、今夜、年に1度の人気企画というものを

やりたいというわけですけれども。何をするのかはちょっと分からないんですが、え~・・・

人気企画だと思っているのはスタッフだけかもしれませんのでね。

とにかくその企画に行く前に、え~、1曲こちら聴いて頂きたいと思います。

それでは、え~、KinKi Kidsで・・・う~ん~~~・・・「硝子の少年」聴いてください。どうぞ!



 ~♪ 硝子の少年



さ、1ヶ月経って遅いんですけれども、今年も番組にたくさんの、年賀状ハガキ、

年賀状いただきました。ありがとうございました。え~、でもその中でですね、

お年玉くじに当たった人がいる、います。と。うん。あの切手シートね?

というやつなんですけれど。それを番組がもらってしまうのはなんなんでね、

やっぱりお返しをしなきゃ。送り返しをしなきゃいけないと思っております。

で、この番組はですね、普段お金を使い過ぎていまして。ヘリコプターの

ラジコンとか買っちゃってますから。(スタッフ笑)え~、そのあたりの・・・

当たりの切手シートから、んふふ(笑)切手を使って送っていいか?という

確認の電話をしなきゃいけない、と。え~、こちらに今お年玉切手シートが

あるんですけれども。凄いねぇ!キレイだね~。イノシシさんね。うーん。

え~、こちらね、お年玉切手シート、あるんですけれども。ま、これの・・・

切手をですねとにかく使って、申し訳ないんですけど、送り返さなきゃいけないという

状態になっています。(スタッフ笑)その確認の電話をしたいと思います。

ま、別にあの・・・「毎年の人気企画」というほどでもないのかな~?って

ボク今これ読んで思ってますけれども。(スタッフ爆笑)え~、ま、あの~・・・

ちょっとやはりご本人は、何のために今電話が繋がっているのか、とか

色んな事含めて不安だと思いますので、早速お呼びいたしましょう。もしもし?



(以下 剛:剛さん り:リスナーさん 母:リスナーお母さん)



り:もしもし

剛:あ、どうも初めまして。堂本 剛ですけれども

り:はじめまし・・・ええっ?!?!今すごい緊張してます。

剛:いやいや。全然緊張しなくていいですよ。単なる・・・

り:え、凄い足も震えちゃって

剛:いやいやいや、震えんでいいよ。単なる27歳ですから

り:あははははっ(笑)

剛:あの、お名前と年齢を教えてもらっていいですか?

り:えっと、○14歳です

剛:○ちゃん。14歳!

り:はい

剛:若いですねえ

り:はい。小6からKinKiファンでした

剛:あ、ほんとに?

り:はい

剛:そんな時から?

り:はい

剛:ありがとうね~?なんか

り:いえいえ

剛:いやあのね?今ですね、○ちゃんに電話しているのはですね・・・

  突然なんですけれども。当たりました!

り:あ、ありがとうございます

剛:はい!当たっちゃったんですこれが!申し訳ないけれども (スタッフ笑)

り:はい(笑)

剛:それでね、何が当たったかというとね

り:はい

剛:あの~・・・平成19年、度の、お年玉切手シートが

り:あ~

剛:○ちゃん、当たっちゃったんです!

り:あ~、はい。これ、この企画去年もやってたやつですか? (スタッフ爆笑)

剛:そうです

り:うふふふふふっ(笑)

剛:まさに!そうなんです。それで

り:はい

剛:人気企画なんですけれども

り:はい(笑)

剛:この切手から、え~・・・ちょっと、送り返しのおハガキを

り:あ、はい

剛:送らしていただいていいかという、あの~・・・

り:あ、全然。お願いします

剛:いいかな?

り:はい

剛:ごめんね?せっかく当たった切手を使っちゃうんだけれども。いま、お家?

り:はい

剛:あ、ほんとに

り:はい。いま、お母さんがすごい嬉しそうな顔・・・

剛:あ、ほんとに?

り:あの、ちょっと代わってもいいですか?

剛:お母さん?いいよ

母:もしもし?

剛:あ、もしもしお母さん?

り:はい

剛:どうも。堂本 剛ですけれども

母:すいませーん。うちの子当たっちゃったんですか?ふふっ(笑)

剛:当たっちゃったんですよ。何が当たったかというとね

母:はい

剛:あの~、お年玉切手シート、当たったんです。○ちゃん

母:凄いじゃないですか!うち、全然当たんなかったですよ? (スタッフ爆笑)

剛:凄いんですけれどもね?これまたもっと凄いのがね、お母さん

母:はい

剛:うち、あの~・・・おハガキ送るのにですね

母:はい

剛:うちの番組あまりお金がなくてですね。その~、切手シート、当たった切手を使って

  え~、送り返しをしなきゃいけないということに今なってまして

母:はい

剛:当たった所申し訳ないんですけれども、当たった切手を使って

母:ふふっ(笑)

剛:そちらに、○ちゃんの方にに送り返すという行為をですね、行うにあたり、

  え~、○ちゃんにちょっと許可をいただこうということでいま、電話をさしてもらったんですよ

母:はい、全然オッケーです

剛:いいですか?お母さん

母:はい

剛:あ、じゃぁもうお母さんもオッケーいただいたということで

母:もう書いちゃいますよ

剛:え?!

母:私も書いちゃいますよ(笑)

剛:お母さん書きます?

母:あはははははっ(笑)

剛:「あのときの母です」ってお母さんじゃぁ、書いてくださいよ

母:あ、はいわかりました(笑)

剛:お母さんの緊張とか、

母:はい

剛:え~、お母さんの悩み

母:あ、ドームコンも行きましたよ

剛:ほんとですか?

母:3日間行きましたよ

剛:あ、ほんとに~?

母:はい

剛:ありがとうね、お母さん

母:はい

剛:お母さんパワフルっていうか・・・ (スタッフ笑)

母:も、毎年それだけが楽しみで (後ろで娘さんが笑ってます)

剛:あっ、そう

母:はい

剛:あの、一つ訊こうと思っててんけれども、その、お正月とか忙しい時でしょう?

母:あ、全然平気です

剛:その、初詣とかってどうするんですか?いつも

母:家の前が神社なんですよ (スタッフ笑)

剛:ああ~!なるほど~ 

母:もう(笑)見えるんです、窓から

剛:あ、そっか。じゃあ・・・

母:そこで拝めばいいんです

剛:あの~、ま、近いから

母:はい

剛:そんなにこう、遠出せんでもいい。と

母:そうです

剛:家帰りがてら。とか。あ、なるほどねっ。いや、いっつもね?

  みんなその3日間来てくれる人もいますからどうしてんねやろな?と。

  おせち料理とかどうしてるんですか?

母:とりあえず30日に一所懸命

剛:作って?

母:午前中とかにやって

剛:へぇ~~~!

母:旦那にに文句言われないように用意だけして、行くんですよ (スタッフ笑)

剛:んふふっ(笑)すんませんね~。ほんまに、そこまでしてもろて。

  ま、とにかくね?あの~・・・ちょっとこちら、イノシシの切手を使わさしていただきますんで

母:はい

剛:申し訳ないですが

母:はい

剛:えぇ

母:怒りますんで、子どもに代わりますね?

剛:あ、分かりました(笑)はい(笑)どうも

り:もしもーし?

剛:あ、もしもし?

り:はい

剛:お母さんすごい喋ってたで?ボクと

り:あははっ(笑)もう横で、早く!早く!ってずっと言ってました

剛:ゆってたけれども

り:あっはは(笑)はい

剛:全然やったか?

り:はい(笑)

剛:すっごい喋ってたわお母さん

り:べらべら、べらべらと(笑)

剛:家の前に神社があることまでボクはもう、突き止めたからね。うーん。

り:あははははっ(笑)はい。ほんと目の前にあるんですよ

剛:あ、そう

り:はい

剛:じゃ、もう毎日あの~、パン!パン!しときや?

り:はい。また剛くんから電話かかってきますようにって

剛:うん。そう言ぅときや?

り:はい(笑)

剛:とにかくね?ちょっとまあこの80円と50円の切手あんねんけども、

  50円のほうだけちょっと貼らさしてもらうからさ

り:あ、はい。あれ?去年は80円のほう貼ってませんでしたか?

剛:あ、逆か!ま、すっかすかんなるけど、ま、すっかすかのやつも送るからさ

り:部屋に思いっきり飾っときます!

剛:うん、額に入れといてよ

り:はい!額縁、じゃ買ってきます

剛:買って来てね。あの、ちっちゃいのでいいよ。すっごいちいちゃいから

り:はい(笑)

剛:うん、じゃ、これ、あの・・・ぜひとも、送りますので

り:あ、はい

剛:送り返さしていただきますので、楽しみにしててください

り:はい

剛:じゃ、お母さんにもよろしく言っといてね?

り:はい

剛:あと神様にも(笑)よろしくお伝えください(笑)

り:ふふふふ(笑)はい分かりました。失礼します

剛:はい、どーも



さ。ということでね。丁寧な子でしたね。うん。「失礼します」って電話を切れる子が

今世の中にどれだけいるか?っていうことですよ、ほんとにね。

いや~。しかしどこの家かけてもオカンはよぉ喋るね!うん。

お子さんよりもオカンが喋るって。ここぞとばかりに。おばちゃんパワー。ねっ。

「おばちゃんじゃないわよ!」って言われるかもしれないですけど。

お姉さんパワーでね?え~、電話をすごく喋ってくれるわけですが。

さあ!え~、じゃあこのあと曲行きましょうかね。

じゃ、ここでですね、1曲聴いて頂きたいと思います。

それではKinKi Kidsで、「カナシミ ブルー」聴いてください、どうぞ!



 ~♪ カナシミ ブルー





さ。今年の年賀状のお年玉シートに。ね?当たった方に。その方と、

お電話をしているという、まそういう企画でございます。

続いて、お年玉シート当たった方に、早速繋げてみたいと思います。もしもし?



(以下 剛:剛さん り:リスナーさん)



り:もしもし?(声が震えています?)

剛:どうも

り:どうも~

剛:堂本 剛です

り:こんにちは

剛:こんにちは

り:わぁぁぁぁ・・・

剛:えっとね

り:本物ですか?

剛:いや本物ですよ?うん

り:おおお~、すごーい

剛:あの~・・・お名前と、お年齢を教えていただいていいですか?

り:はい。えっと、○○です

剛:○○ちゃん。

り:はい、24歳です

剛:○○ちゃん24歳

り:はい

剛:え、いま何してたの?

り:いま、仕事中です(笑)

剛:おっ!申し訳ない。仕事中にお電話申し訳ありません

り:いえいえ(笑)

剛:あのですね?単刀直入に申しますと

り:はい

剛:当たりました!

り:え?

(ファンファーレ♪)

剛:え~・・・これもう見事に、当たりました

り:え(笑)何がですか?

剛:何が当たったかと言いますと

り:はい

剛:お年玉切手シートが

り:ああ~!あはははは(笑)

剛:○○ちゃん当たりました

り:あ、そうなんですか?(笑)

剛:そうなんですよ。それでですね

り:はい

剛:あの、お年玉当たりましたからぁ

り:はい

剛:これを、送り返しさしていただきたいなと思ったんですけれども~

り:はい

剛:ちょっとあの、ウチの番組が、え~・・・申し訳ないんですけどその、

  お金がね?あんまりなくて

り:はははははっ(笑)はい(笑)

剛:なので、この切手をですね・・・ちょっと貼った状態で返さなきゃいけないかな?

  っていう事になってしまっているんです

り:ははは(笑)はい(笑)

剛:この当たった、せっかく当たったおハガキのその切手の、シートをですね?

り:はい(笑)

剛:貼って送り返ししてもいいですか?という確認の電話をさしていただこうと思って

り:あはは(笑)はい(笑)

剛:大丈夫ですかね?

り:はい、大丈夫です(笑)

剛:大丈夫ですか?

り:はい(笑)

剛:ほんとうに申し訳ありません。せっかく当たったんですけど

り:いえいえ(笑)

剛:キレイに使って、あの、送り返しさしていただきますんでね (スタッフ笑)

り:あははっ(笑)はい(笑)

剛:申し訳ないですが

り:いえいえ(笑)ほほほっ(笑)

剛:や、ほんっとにそれだけだったんです

り:あ、そうですか(笑)

剛:はい、申し訳ないです。今あれですか?仕事・・・は?

り:はい?

剛:電話してて大丈夫なの?

り:え?

剛:電話してて大丈夫なの?

り:あ、はいちょっと、大丈夫です(笑)ちょっとだけなら

剛:あの、差し支えなければ何のお仕事されてるんですか?

り:業務用スーパーで(笑)

剛:スーパー?レジ、ピッピしてんの?

り:はい、やってます

剛:レジピッピしてんのにまだ(笑)大丈夫?うふふっ(笑) (スタッフ笑)

り:いまはしてないんですよ

剛:大丈夫?

り:いまはしてないです、大丈夫です

剛:あ~、じゃあよかったけどさ。うーん

り:ふふふ(笑)

剛:うん。まあとにかくこれ当たりましたんで

り:はい(笑)

剛:今年は、運がいいと思いますよ

り:ああ、ありがとうございます(笑)

剛:ぜひぜひスーパーの売上も伸びますように

り:はい(笑)ありがとうございます(笑)

剛:も、1人で売上伸ばしてください。もう○○ちゃんだけで

り:あははははは(笑)

剛:うん。看板娘的な存在になってね?

り:あ、はい(笑)

剛:「あの子のラッピングいいよね~」言ぅてさ

り:はははは(笑)

剛:うん。「保冷剤の入れ方上手いよね、あの子」言ぅてさ。うん。ぜひぜひ売上を伸ばしてくださいよ

り:あ、はい(笑)(後ろでガラガラ~ガラガラ~音)

剛:もうガーガー言ぅてますけどね

り:ふふふふ(笑)ですね。ちょっとこの・・・

剛:思いっきり仕事場ですけれども。ええ。まあ身体に気いつけて、ぜひがんばってくださいねっ?

り:はい(笑)ありがとうございます

剛:じゃ、あの、またおハガキほんと送ってください

り:あ、分かりました。はい

剛:送り返しこれ、きちんとさしていただきますので。申し訳ないですが、

  そういう形でよろしく、お願い申し上げます

り:はい、ありがとうございました

剛:はい。ありがとうね?

り:はい、剛くんも身体に気をつけて頑張って下さい

剛:はい、ありがとうございまーす。頑張りまーす。じゃ、あの、お仕事頑張って下さい

り:あ、はい。ありがとうございます

剛:はーい、どうもすいませんでした~

り:はい、失礼します

剛:ばいばーい

り:はーい、ばいばーい



ねっ?仕事中に出てくれるっていうの、ありがとうって思ってくださいみなさん。 (スタッフ笑)

ね?ボクたちのファンにありがとうと、心で100回唱えてから今日寝てください。

いいですか? (スタッフ爆笑)こんなねえ、仕事中に・・ふふっ(笑)切手が当たった、

当たってない、「知らんがな!」ですよこれ(笑) (スタッフ笑)ほんまにっ(笑)

「え~、いもういいし!貼っといて下さいよ。もう」みたいな人もいっぱいいる中でね、

仕事中に出てくれたりね?みんなしてくれてるわけですから。ほんとにもう

100回唱えて寝てください!今日は。口に出して言わなくていいですよ。

あの、苦情が来ると思うから。「横の部屋かなんか、念仏を唱えてうるさいです」みたいな。

「ありがとうございます、ありがとうございます(笑)ありがとうございます・・・」(スタッフ笑)

それはいいから、うん。心の中で100回唱えて寝ていただきたいと思いますけれども。うん。

いや~、まぁ、でもね、みなさん心おっきい人たちで、ほんとにありがたいことだな、と思っております。

ですので、きちんと貼った状態で送り返しさしていただきますので。ひとつご了承願いたいと思います。

ということで以上、え、年賀状お年玉企画でした。

さ、ここで1曲・・・行きましょう。それではKinKi Kidsで「薄荷キャンディー」、聴いてください。どうぞっ。





 ~♪ 薄荷キャンディー



さ。え~、今日のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか?

まあ、今日はね、年賀状・・・お年玉のあの切手シート、当たった方々。

その方々に「切手を貼って、送り返ししますけどもいいですか?」という

お電話入れさしてもらいました。まあまあまあ、いかんせんね、これほんとに失礼な。

うーん。当たったものを、オノレが使う前に、オマエらが使うのか?!みたいな

話ですからね、これね。(スタッフ笑)も、大変ですけれども。え~、ちょっとこういった形に

なってしまいますが、ぜひ送り返し、さしていただきますのでご了承ください。

さぁっ。そしておハガキもね。どんどん読まさしていただきますのでこちらまで送ってください。

(あて先)

さぁ、そしてお知らせですが来週。この番組はですね、「グッズ祭り」というものをやると。

いわゆる今までみなさんにお送りさしていただいてる色んなグッズがありますが、

あんなレベルじゃないと。もっとレベルの高いハイクオリティなものをプレゼントしようと。

KinKi Kidsグッズを、大放出するということでですね、先程重役会議のほうで、決まりました。

まあ総勢2700人ですか?一つのテーブルを囲んで。・・・ま、色々話しましたよ。

選りすぐりの商品を、あてがいました。これで行こうか、と。ね、企画進めてきた次第ですけれども。

え~・・・ま、そんな中で決まった来週のこの企画ですから、みなさん

ぜひ楽しみにしていただきたいと思います。あの、お聴きのがしなく、お願いしたいと思います。

さ、それではみなさんまた、来週お会いいたしましょう。お相手は堂本 剛でした~。バイバイっ!

| キンキラKinKiワールド | 12:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2007年2月3日『目指せワンコイン』(りい)


え~・・・スズキイチロウです。(スタッフ笑)

え~、前回ね、あの大人気のリモコン企画。ね?アレやったんですけれども。

え~・・・結果。番組、ちょっと赤字を・・・出したと。(スタッフ笑)

ま、先週ちょっとね、ヘリコプターのラジコンとか動かしたりね、それこそあの、

噂のリモコンゲームのリモコンのあれを・・・賞品で出してたりとかしてますから。

で、まあ本日から当分ちょっとこのラジオ、節約をしていこうと。いう話になって。

で、目標がですね、え~・・・制作費500円という。 「目指せワンコイン番組」ということでね。

え~、今日はシンプルにみなさんに頂いた、ありがたいおハガキを、こ、

読んでいこうかということですけれども。ま、これはねえっ、あの~・・・・・

なんなんだろうね?なんかこう友だちんちみたいなね。(スタッフ笑)

ん~・・・っ。電気も・・・くら~して。ってかでも、光一・・・これやねんやろ?状態。

この暗さやねんやろ??どうしたいんやろな?これ。(スタッフ笑)読みづらないの?

これ。文字。うん・・・もぉ~、この感じ、寝る時やん。なあ?(スタッフ笑)

仕事の明かりちゃうよこれ。ね?バー的な匂いするよこれ。(スタッフ笑)

ま、ええけどさ・・・。じゃ、とりあえずね、1曲まず聴いてもらいましょう。

それではキンキキッズで、え~、「愛されるより愛したい」聴いてください、どうぞ!



 ~♪ 愛されるより愛したい



さぁ!え、それではですね、今日はちょっと「目指せワンコイン」ということで。

制作費500円を目標に番組で・・・え~、こう、やっていこうと。思っているわけです。

え~・・・今日はですね、なんすかこれ?ティッシュにくるまれた、今日の

ケータリングですね。まあお菓子がちらっとあって。(ガサガサ)

これなんですか?ティッシュにくるんだ輪ゴムで留めた・・・。

これは~・・・・・・・なんなんですか?このお菓子のミックスした、こ、なんすか?これ??

本日の経費、ま、ろうそくが10円でろうそく台100円(笑)んふっ(笑)

なんでろうそく台にかっけるっ(笑)(スタッフ爆笑)

アホやろこれっ!(笑)これがアカンねんて!(スタッフ笑)

ろうそく台なんて別になんでもよかったやんか。なんで100円出してローソク台を。

でライター、スタッフの持ち物ね?で、お菓子の詰め合わせ100円。あ、それが100円かいな。

これ100円なんや?!安っいね。これ100円や。てゆうかローソク台と一緒やないか。(スタッフ笑)

で、ガムが一枚。あ、焼き肉屋さんでもらったやつや。

うん、でポテト。ねっ?今日1枚だけ? (ス:経費削減なんでまた来週)

また来週とかって、湿気るやないかこれ。(スタッフ笑)

ええ~っ?!駄菓子。ディレクターの自宅にあった・・・。(スタッフ笑)

自宅にあったものっていつのやつ?小学校の頃からあったやつちゃうやろな? (ガサガサ)

いやいや(笑)めっちゃありすぎやねんて!(笑)家にあるもんがあり過ぎやないか。

なにこれ?えらいあるなあ。(スタッフ笑)で、このティッシュのお菓子っていうのは

製作デスクの人たちからわけてもらっ・・・知らんがな!(笑)

こんだけあんねんから分けてもらわんでもええやないか! (スタッフ笑)

なんでそんな、自分をこぉ・・・自虐的なことしてんの?全然可哀想なことあらへん。

ここにいっぱいあんねんもん、お菓子。これだってさぁ、ジャンル問いませんやん。(スタッフ笑)

なんでこのラムネとか、グミの所にラーメンのスナックとか、チョコ・・レートの

フレーク的なもんとか・・・。あとこれなんか煮干しみたいなん入ってるやないか!(スタッフ笑)

うわぁ~・・・。これでもちょっと煮干可哀想やから食べたろ。うん。(ボリボリ食べてます^^;)

なるほど、これが210円?合計で。いやいや。これだって・・・んっや、これ・・・

全っ然ハガキ読む気せえへん。(スタッフ笑)このライトも。「なにするう~?」って言いそうやこれ。

ええ?ハガキ読むんやろ?(もごもご)んっにゃハガキよもかぁ?(ガサガサ)えぇっ??(むしゃむしゃ)

え~っとね・・・・どこの子や?・・・・・・名古屋のナオミちゃんやな?

「お正月に、剛くんにうってつけの福袋情報を得たんです。その福袋は

古代魚の飼育セットで、20万7千円」えっ?!いち、じゅう、ひゃく、せん、まん・・・

あ、違う。えっ?これ200万7千円になってるよ?(ス:にじゅう・・・)

20万やんなこれ?200万7千円なってるけど。にじゅう・・・うん、20万7千円やろなあ。

ってなってるで?でも。「私はよく知りませんけれども、アンソルギーという古代魚のペアと、

水槽などの飼育セットがついてるお値段なんですけれども、いかがですか?」

ふふっ(笑)いやいやいかがですか、言われても。知らんがなっ(笑)(スタッフ笑)

(ス:有名なんですか?この・・・)いや、アンソルギー・・・普通に有名ですけど。

200万7千・・・取るか~? (ス:20万だったら安いの?)や。20・・・う、ピンキリっていうか

こんなん付け値やねんな。もうそこの。うん、ほん~まに何でこんなんがこんなすんねん?

てとこいっぱいあるからね。うーん、これはでも、水槽が付いてくんねやろ?

でも水槽・・・の、その状態見なわからへんわ。インチがなんぼやとか、

モーターがなんやとか、スポンジも付いてきます、やとか。

うん、その中に入るなんか、エアレーション関係の色んなもの付いてきますとか。

・・・があったら、なんか・・・20万7千円なんかも知れんけど。

「福袋」っていう響きがもう・・・(スタッフ笑)ちょっと古代魚を飼うという~・・・

視点から外れてるよ! (スタッフ笑)うん、「命」だからねっ!これをね、

福袋と・・・いうのはちょっと違うんじゃないかな?で、福袋に選ばれてる

この子たちがほんとに可哀想だよこれは。いや、もうこれぜひともボクが、

引き取ってあげたいぐらいの勢いだけれども。(スタッフ笑)

う~ん、でもそれはね、やっぱ見てみないとわからないからね。うーん。

凄いことするねっ?ほんまに。「ジャニーズ福袋」言うて誰か入ってくるで?(スタッフ笑)

え~っとね、宮城県○ちゃんです。「久しぶりに合コンに行ってきました。

相手が25、6の人で、話をしていたら、自分はなんのアニメの世代か?という話になり、

「オレらはドラゴンボールとかだよね」「あと聖闘士星矢とか」と言われて全くわからず、

「え、わかんないです」と言うとショックを受けていたようでした。最近

ジェネレーションギャップを感じたことありますか?ちなみに私はセーラームーン世代です」

うん、セーラームーンもわかるけどっ。・・・・・・え?セーラームーン世代って

何歳なの(笑)?(スタッフ笑)んふふふふっ(笑)広いやないか!

セーラームーン時代広いやん(笑)25・6やったら、聖闘士星矢、ドラゴンボールも

まあビンゴやからな、これ。うん。オレがまさにその、それらと一緒のように。

な、「幽遊白書」とか。なんかな?あの辺の感じや。「スラムダンク」やなんややけど。

そっか・・・ドラゴンボール・・が分からんのか。「全くわからず」って書いてるけど。

「オッス!オラ悟空!!」って聞いたことないんかな?「楽しみにしててくれよなっ!」

っていうのとかさ。(スタッフ爆笑)ないんかね? (ス:さすがにそれは知ってると思うけどね~?)

知ってるよねーっ!「キント雲~!」とかさあ。「伸びろ~如意棒!」とかさ。

・・・・・・「どどん波」とかさ・・・。(スタッフ笑)「魔貫光殺砲」・・・「気円斬」ねっ。(スタッフ笑)

気円斬出したときオレ感動したわ~~~、あれっ! (スタッフ爆笑)

「きーえんっざんっ!」って言ってさぁ、あれ感動したわなぁ?あれ(笑)

しゅゅゅゅーんっ!言うて。(スタッフ爆笑)後あの・・・魔貫光殺砲よ。(ス:えぇ~?(笑))

「くらえ~!」言うて撃つねんけど・・・右の方の肩に、ぶぁぁぁぁっ!当たって。(スタッフ爆笑)

「このプロテクターをやるとはな」(←巻き舌(笑))みたいな。

「たいしたもんだ。だがオレに傷をつけるとテメエをぶっ殺す」みたいなこと言われてさ。(スタッフ笑)

う~ん。やっぱあの辺のくだり良かったよねっ?(スタッフ笑)

サイヤ人がさぁ、こう・・・来るくだり。ベジータとナッパとかなっ?

あと、栽培マン大好きやねん、オレ。(スタッフ爆笑)あれなんやねん?・・・なぁ。

で、ヤムチャがぼーん!なってん。あん時も切なかったな・・・う~ん。(スタッフ笑)

ラディッツとかな?テンション上がったで、あれ。う~ん。

ナメック星のくだりも上がったな。オレ、テンション。(スタッフ笑)

「ナメック星にも神龍がいる!」言うて。ドラボン・・ドラゴンボールが、めちゃめちゃデカくて、なあ。

「リクーム、ジース、バータ、グルド、ギニュー特戦隊!」言うて出てきて。

・・・上がりっぱなしやな、オレ。(スタッフ爆笑)まずいまずい(笑)上がりっぱなしやよ。うん。

いやこういう話はやっぱねぇ・・・・・上がるよねっ。うーん。

でもこんな話しても、「さっぱりですけど・・・」言われるやろな。

うん、それこそ20歳ぐらいの人に話してさぁ、「グルドってなんですか?」 (スタッフ爆笑)

な?絶対。「フリーザは知ってますけど、クウラってなんですか?」 (スタッフ笑)

「え?クウラの方が後やねんけどな・・・」みたいな。(スタッフ爆笑)

うん、なんか色々(笑)あるんやろなぁ?あ、オレでも、若い人とあんまり・・・まず喋らへんし。

あんまり自分の世代の「アレさ~」とかあんま言わへんしな?うん。

うーん。うーん・・・なんやろ?だからボクは、もうちょっとしたら受けるのかな?

そのジェネレーションギャップというものを。う~ん、よくあるもんな。おっちゃんとかと

喋ってて「え?!アレ知らない世代なんだ?!」(笑)(スタッフ笑)

えっへっへっ(笑)「や、知らんがな!」みたいなん、あるやんな?うーん。

オレもそうなってしまうんかなぁ?・・・悪いことではないけどさ。うん。

なるほどな。「セーラームーン世代」言われても、これちょっとあんまピンとけえへんかったけどさ。

うーん。なるほどなるほど。1回じゃあCMいきましょか?





さ。続いて・・・(ボリボリ食べてます(笑))・・・ハガキ読んでいきましょか(カリカリカリ)

・・・んにゃ~・・・(スタッフ笑)・・・この煮干がさ、可哀想やと思ってさ。なんかさ。

(スタッフ笑)分けたのに食べられてんねん。かわいそやん。だから食べたわ。

え~、宮城県の○○ちゃんです。ん~・・・「剛くんこんにちは。私は車の免許を取って

半年くらいになるんですが、いまだにバックで駐車することができません」と。

「とゆうかバックが苦手というか、嫌いなんです。車が後ろに進むとどっちに

ハンドルを切っていいのかわからなくなるんです。なので買い物に行ったときなどは

なるべく車の少ない駐車場のはじっこの方・・・に、前から突っ込み車を駐車しています。

慣れれば簡単、と言われましたがその「慣れ」が私には一生わからないような気がします」

・・・・・でもこれ、出るときはバックで出とるよね? (スタッフ笑)

頭から突っ込んでんねやから。それをやったらいいんじゃないか?ねぇっ?(スタッフ笑)

まぁ・・・障害物がある・・ところでこの、バックは嫌なんだと。怖いんだと、

言うことなんでしょうけれどもねぇ。う~~~ん・・・ま、でもな・・・?

女性運転向いてへん人ほんま多いからな。(スタッフ笑)ウィンカーも出さんと(ため息)、

入って来たりとかさぁ。うーん・・・「っつ!んじゃオマエこるぁぁぁぁああ!」(←巻き舌)

と思ったら女の人やねん、うーん。「あぁ・・・。まあまあ、しゃあないか」と思って

やめたりとかやな。ん。ようある話ですよねえ、う~ん。

頭から突っ込んで入れる発想って、それでもなかったな~、やっぱり。うーん。

昔思ったんは、なんか、東京ってやっぱり、車間・・・狭いし、なんかもう、

急かされてる感じあるから、教習所で習ってるときに、「これ運転できんのかな?」と思ったよね。

果たしてこのまま外に出て?うーん。そしたらま、意外に運転できるけどね。

うん、全然ハナクソやったりするけど。でも結構ねぇやっぱり、車っちゅうもんは

東京で乗るとなるとまた大変やけど。これ宮城って書いてるってことは宮城県の方ですよね。

宮城の交通量はどれぐらいなんでしょうね?うーん、ただ道が狭いっていうのとかあるよ。奈良は。

オレねぇ、久しぶりに帰って運転とかするやんか。

こんな狭い道を・・・バスが走ってたなんて、奇跡やないか?!と思うよ。(スタッフ笑)

よぉはまらへんなこれ??って道、すっごい道あんのよ。あ、ここバスんっ・・・あ、あの、

とう、バスと一緒やで?東京のバスと同じ大きさのバスが。

えっらい狭いとこをさ、曲がってさ、行っとんねや、これな。(スタッフ笑)

う~ん、そう考えると大したもんですよね?う~ん。

でも宮城やったらねぇ?ちょっと練習したら上手くなりそうな気もするよ?

東京よりは・・・交通量も多分少ないような気もしますしねぇ。

それが・・・8倍ぐらいあったらオモロいですけどね。(スタッフ笑)

えぇ。そらびっくりしますけれどもね。うん。

では続いて。え~・・・埼玉県の○○○さんですね。

「色々なファッション雑誌に出ている剛さんですけれども、雑誌に

「流行ってるからといって着ることはない。人と同じような服は着たくな~い!」と

言っていて、毎回剛くんのファッションにとても興味があり、気になっています。

2007年はどんなファッションをしたいと思っていますか?どんな服を着たいと

思いますか?ぜひ知りたいので教えてください」

ま、すっごい勢いで喋ってますよね、この人は。(スタッフ笑)うん。

ま、ボクいま「剛くん」って言いましたけれども、これあの、途中「剛」って

なってますからね。(スタッフ笑)「剛のファッションに」てなってます。う~ん。

ま、今日はね、ボク全身緑でしたよね。見事にっ!(スタッフ笑)うーん。

も、キャップから、アウターのスカジャンから、パンツからも、全部緑で

これ攻め・・・たんですよ、今日は。朝起きてなんか着たら、緑やったんです全部。(スタッフ笑)

「あ、まあええか、もう緑で・・・」と。うん。で、今日はまあ来てるんですけれども。

え~・・・今年はやっぱりねえ、あの、去年の暮れぐらいから履いてますけれども。

あの~・・・ちょっ、サイクリング・・スパッツみたいなんあるんですよ。

古着屋とかにあるんですけど。それをかまして、え~、短パン履いてね。

タイツ・・・はっで派手なテッカテカなタイツを、あの~・・・太もも下ぐらいから出しまして。

で、靴下普通にかまして、え~、なんか、ハイカットのブーツを履いて。

で、上ちょっとイカつい格好して。みたいな。で、グラサンかけて、みたいな。

そういうのが今ちょっと気になってね。(スタッフ笑)よく、そういうの着てますよ。

うーん。それやるとあの~、なんやろ?声かけられへんね。 (スタッフ笑)

イタい人みたいで。うん、丁度いいです。「お、剛だ!」って男はみんな言います。

でも『なんやねん?』て見たら、「う・・・ん・・・」みたいな感じで。(スタッフ笑)

大丈夫みたいですね。いままではなんか「すんません」言うて来てたけど、うん。

やっぱ足がすごい光ってるからね。テッカテカに光っとるから、なんかやるんちゃうか?

思われるやろなあれ。まちょっとあの、志茂田景樹みたいな感じに思ってもらえると、

非常にわかりやすいと思います。(スタッフ爆笑)志茂田景樹の足元・・・から、

ヒントを得てるような・・・感じなのかもしれないですね、うん。

温かくていいんですよ、単純に。うん。あったかいし、声かけられへんし、「いいなぁ」と思って。

うーん、よく着用してますけれどもね。うん。洗濯も簡単にできますしね。

うん、すごくそれは気になってますよ。派手、派手スパッツね。

うーん、これは是非・・・・・是非でもないか・・・。(スタッフ笑)

これ結構勇気いるよ?多分。オレ普通やけど。結構勇気要ると思うわ、それは。うーん。

まぁ、ま。ちょくちょく色んなとこでそういうの履いたりしてるからね。

見てもらったりチェックしてもらったり、うん。できればいいな~、と思いますけれどもね。ええ。

さぁ。ということでね、ハガキも読みましたよ。

ま、ということで、え~・・・・ま、エンディング、色々話しましょうか?

ねっ。ということで、以上。「目指せワンコインおハガキ企画」でした!

さあっ、それではここで聴いて下さい。キンキキッズで、「フラワー」どうぞ。



 ~♪ フラワー



え~、今日のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。

500円番組。と言うことで。え~・・・まぁ、210円制作費で・・・頑張ったわけです。

ただ!210円のうちの100円をろうそく台が占めているという、このジャッジが

よくわからなかったですね、やっぱり最後まで。もうちょっと節約の仕方あるはずなんですけれど。

て言うか、節約せんでもええんちゃうかな?みたいなね?(スタッフ笑)

そこ計算しといてよ、みたいな。ま、でもねえ、あの噂のリモコン貰いましたし。

んー。本体は無いですけど、うん。(スタッフ笑)まあま、よかったかなと。

ボクもなんかね?も、電気も暗いからなんか人んちみたいでね。

靴下とうとう脱いでますからね、いまね。(スタッフ笑)え~、まあま。あの~、ハガキね?

全然読みますんで、みなさんぜひまた、懲りずに送っていただければ嬉しいなと思います。

(あて先)

まで、どしどしご応募していただければな~、と思います。

さ、それではみなさんまた!お会いしたいなと思います。

お相手は堂本 剛でした。また会いましょう。さよなら~!








| キンキラKinKiワールド | 12:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |