Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2007年9月29日『最終回』(りい)


光:はい、どうも光一で~す

剛:はい、堂本 剛です

光:さ。先週・・・ですねっ

剛:はい

光:聞き逃した人もいるかもしれん

剛:あ~、いるかもしれんね。ハナクソほじり過ぎて

光:・・・そう

剛:ちょっと聞き逃した人もいるかもしれませんけれども

光:聞き逃してて

剛:ええ

光:今日がどういった日なのかっていうのを

剛:はい

光:分かってない方も

剛:いっぱいいるでしょうね

光:中にはいるんじゃないかな?と、思うんですよね

剛:はい。はい、はい

光:ですから、もいっかい剛さんの方から

剛:はい。分かりました

光:ドラムロールとともに

剛:あぁ、そうですね!あの得意のドラムロールとともに

光:得意の、ドラムロールとともに。もう1回ちゃんと、言っとこか?

剛:ええ、そうですね。じゃあぜひとも。んんっ(咳払い)。じゃスタッフお願いします。うん

~♪ドラムロール(ドロロロロロロロ・・ドンッ!)

剛:んふふふふふっ!(笑)

光:これほんと短いっ(笑) (スタッフ笑)

剛:ちゃ、ちゃうっ(笑)これ、やっぱねえ

光:やっぱ言いづらいよね?

剛:あの、なんやろか?気持ちをこう、込める時間がないよね (スタッフ笑)

  だいたいさ、このドラムロール中に「え~、ワタクシ・・・んんっ(咳ばらい)」みたいな、

  ちょっとこう色んな走馬灯に蘇ったりしながら、「いやわたくし実は・・・」

光:こう息を整える、みたいなあるんやない

剛:あるねんけど、これやっぱねえ短い

光:ま、いいや。これで行っとこう

剛:これでいこか

光:もいっかい

剛:じゃ、もいっかいこれで行きます

~♪ドラムロール(ドロロロロロロロ・・ドンッ!)

剛:キンキラキンキワールド、丸12年やってきたんですが、来週、終わりま・・・

  あ、ちゃう。今日や!終わります!

光:あっひゃっひゃっひゃっ(爆笑)

~♪ちーん(仏壇の鐘のような音)

光:もう、最終回なってもやっぱりこの番組はこうだねっ(笑)(笑い過ぎて苦しそうです)(スタッフ笑) 

剛:んっふふふふ(笑)これ・・・まるまる

光:これでええねん、これがええねん。この番組はこれでよかってん

剛:まるまる、読んでしもうた。うーん

光:いや、いま剛さんからあったように、終わるんですよ

剛:終わるんです。95年10月からスタートしてですね、この、ま、12年間。

  まぁ、このローテンション。ほんとテンションの低い

光:はい

剛:え~・・・まあトークをキンキキッズは繰り広げながらいろんなコーナーをやってね

光:バカなコーナーいろいろやりましたよ

剛:やりまして。え~、まあ、ほんとにリスナーの方にはたくさん

  お付き合いしていただいたということになっておりますけれども

光:ほんとにね、バカなコーナー・・・やり過ぎて

剛:うんっ

光:思い出せない!

剛:そうですね。「あれ、したな~」とか「あ~、そやったな~」みたいなことが

光:ほんと、細切れにあんねん

剛:正直言います。ふわっ!と一番に出てくんのが、タガメぐらいですか? (スタッフ爆笑)

光:あ~~~、あった~。タガメなぁ~

剛:なんかタガメを見たな、とかね。あとなんやっけ?あの~・・・大和煮。

光:あぁ・・・

剛:あの、蚕の大和煮

光:あ~・・・蚕、蚕

剛:あれ食ったな~、とかね

光:夏休み、どこも行けへんから行こうつって

剛:あ~、ん

光:スタジオん中でただもう過ごしてるだけ、とか

剛:なあ?そやな。なんか水に顔浸けて、とか (スタッフ笑)

光:そうそうそう。あと、松坂くん来るよつって(剛:ふふふふっ(笑))なんかウイーン、ガタンッ!

剛:ガチャ~ン!みたいなやつとか

光:機械来たりとか。なんか、そういうのは覚えてますわね

剛:なるほどね~

光:ま、でも・・・もう一度改めて言うと終わります!

剛:終わります!

光:今日で終わります!

剛:今日で終わるんですよ。ええ

光:はい、というわけで、この12年の

剛:うん

光:歴史を・・・。まあもちろん12年前から聴いてくださってる方も(剛:はいはい)いるかと思いますし

剛:ええ

光:スタッフ、この番組を知るみなさんに集まっていただいて

剛:ええ

光:このキンキラキンキワールドは一体何だったのか?と

剛:はいはいはい

光:これを今日は考えて

剛:なるほど

光:最終回と

剛:なるほど、この12年間

光:振り返りながら

剛:分かりました!

光:行こうと思います

剛:はい!

光:というわけで、この曲を、その前に聴いていただきたいと思います

剛:はい

光:KinKi Kidsで『永遠に』



 ~♪ 永遠に



光:「ななななななっんっ、んるるるるっ、んんっ、むむむむっ~、

(剛:えぇーっ?(スタッフ笑))みみみみっ、(剛:なんや・・・これ・・)

みーんみーん・・・・ふっふ~っ!!!ふ~~~~っ!!!!!ふ~~~っ!」

剛:テンション高い・・・

光:たっかいな、テンション

光:「うるるるるるっ、るるるるるるっ・・・うっうーーーーーんっ、

うーるるるるるるるるっんっ(剛:んくくくくっ(笑))ふっふ~っ!!ふ~っ!」

光:うっせぇ(笑)

剛:あっかい!顔が赤いっ!!



光:なにこれ~っ?!

剛:ひっどいですね~、これ

(~♪BGM 硝子の少年)

光:まあ、いま聴いて・・・・

剛:暴走族のSEの物まねちゃうのこれ?

光:SEか!

剛:なんかあったよね?SEなんとかなんとか

光:「SE対戦」・・・というコーナー?

剛:うーん

光:オレが暴走族のSEを作った?な~るほど~~~

剛:結構頑張って・・・ましたねぇ、なんかいま思うと。うん (スタッフ笑)

光:頑張ってたな~・・・てか、いつからオレこうなった? (スタッフ笑)

剛:んふふふっ(笑)

光:ふふふふふっ(笑)

剛:いや、結構前からもうこうですよ。ヘンな話ね、これ

光:ふふふっ(笑)かかかかかっ(笑)酷いな~(笑)

剛:この差は酷いですよね、やっぱり。うーん

光:うーん、そうか~。まあでもね、いま聴いていただいたのもね、

  過去にあったコーナーだったわけですけども

剛:うん

光:まあ何度も言うように、12年続けてきて

剛:うん

光:16歳からやってきたわけですね

剛:ええ

光:ええ・・・。ま、ほんとくだらないというかなんというか

剛:うーん

光:で、ハガキもですよ?

剛:ええ

光:これたくさん送っていただいてるにも関わらす、ほとんど読まなかったけどね?

剛:読みませんでしたね~ (スタッフ笑)

光:まあでもね、ある時期から結構ハガキ使いだしたよね?

剛:そですね。それはもう読んであげたほうがやっぱいいじゃないかということもあって

光:突撃テレフォンにしても

剛:読んだりもしましたけどもね

光:プレゼントにしても

剛:ええ、ええ

光:ねっ?そういうのもあってハガキを

剛:うーん

光:ええ。今夜はですね

剛:はい!

光:12年の歴史を、紐解いてくれる方にゲストに

剛:ああ、そうですか!

光:来てるそうなんです

剛:なるほど、なるほど

光:え、誰や~?じゃあ・・・お呼びしましょう

剛:もう一人目呼びましょうよ

光:こちらの方です

剛:はい、どうぞ~!

~♪ 番組オープニング曲

(以下 光:光一さん 剛:剛さん す:スタッフのみなさん)

光:な~んやねんっ!(剛:んふふふふっ(笑))なんやね~んっ

剛:あのさあ、ゲストをさあ

光:とりあえずお名前を

す:はい

剛:んふふふっ(笑)

光:お願いします

す:ディレクターをやってましたフクダといいます

光:フクダさん

す:あと、ボクはたぶん番組当初から、12年前から一緒にやって・・・ましたね

光:ですね

す:8年ぐらいADを勤めたヨネダ、ヨネチンと言います

剛:ヨネチンね

光:ヨネチン

~♪BGM 涙、ひとひら

光:すいません花まで。ありがとうございます

剛:すいませんなんか。ありがとうございます

(カサカサ音♪花束を渡している?)

す:お疲れ様でした

剛:フクダさんも相変わらず細いですね~

す:ここのスタッフの人は、失礼!

剛:なん、どうしたん?

す:あのね、オファー来たのね、昨日の夜の12時 (スタッフ爆笑)

剛:昨日の夜ぅ?!

す:昨日の夜の12時に、「番組終わるから来てくんない?」って言われて

剛:んはっはははっ(笑)

光:昨日の夜の12時ってことは、じゃ、もう今日やん?!

剛:下手したら今日やん?

光:今日言われたってこと?!

す:そうそうそう。「ちょっと待って、ボクにとってもすごく大切な番組なんで

光:あっはっはっはっ!(笑)

剛:んふっふっふっ(笑)

光:そやんなあ、番組当初からやもんねぇ?

剛:そうやよ

光:ヨネチンにとってこのコーナー!っていうの・・・ある?

す:いやでも、何でしょうね?やっぱベストは、ブルース・リーだと思うよね

光:あははは(笑)

剛:んふふふふふっ(笑)

す:それはもう最高に記憶に

光:やっぱそこか~!

す:もうあれは笑った

光:あるよね~

剛:うーん

光:吐いてたもんね。ブルース・リー先生・・・うはははは(笑) (スタッフ笑)

剛:画期的な(笑)

光:酷いな(笑)

す:そうそうそう、あのね、電車乗ってどっか行ったりとかね。途中で

剛:ああ、したね~

す:車に乗っちゃって。そうそう

剛:なんかどーん、言ぅてね

光:勝手にどっか行くねんな(笑)

剛:あのクレイジーさはなかったよね

光:クレイジーやったな。フクダさんは何年目ぐらいからでしたっけ?

す:えーと最初の、95年のスタートしたときにAD入っていって、2年ぐらいやらしてもらいましたね

光:そっか~

す:最初の頃は、「キンキなき戦い」とか言うコーナーがあって

光:あ~~~!

す:2人がお題で戦うみたいなコーナーを。割と真面目なコーナーをやってた

剛:やってましたね

光:ラジオっぽいことやってた!

剛:うん

す:しかもね、オレ覚えてんのが最初番組始まったばっかりの時で、まだ2人とも16歳ぐらいの時で、

  まだ全然ボケれなくて、そのボケを考えるのに30分ぐらいかかるみたいな

剛:んっはははははっ(笑)

す:この2人なんだったんだ~?みたいな

剛:大変やったんやね~

光:ラジオらしいことやってた~

す:生けどりおやじギャグとかね

光:ああ!ああっ!

剛:あったね~(笑)

光:オレらよりテン・・・ま、ディレクターとかやってて、オレらより低い人いる?

す:・・・・・・・・ (スタッフ笑)

光:考えてるっ(笑)

剛:考えてるもんなあ

光:考え込んじゃった(笑)ま、こういう普通の、まあ、もちろんニュースとかそ、そういうの別でね?

  こういうもう、ほんとにタレントとかの普通~の、こういう

剛:ラジオや。そうそう、いまニュースのやつ入れたからちょっとあれかも、考えたんかもしれんけど

光:そういう真面目と、真面目と不真面目っていうわけじゃないけど

剛:いわゆるその、パーソナリティーとしてボクらより低い人っていうのはいるわけ?

す:低いっていうんじゃないんですけど、不思議な番組でしたね(笑)

剛:ああ、なるほど。コメントしづらいってこと?(スタッフ笑)コメントしづらいということですかね

す:あのね、なんかね、ボクがいたころは、なんかものすごいテンション低いときに

剛:うん

す:ボクが外から「上げろ、上げろ」ってこう、ジェスチャーするんですよ

剛:うんうん

す:したら、2秒ぐらい上がるんですよね (スタッフ爆笑)

光:あっはっはっはっはっ(爆笑)

剛:んははははっ(笑)低いぞ、と。上げろと

光:ちょっと頑張って、頑張ったけどアカンかったんやろな

す:そうそうそう

剛:う~ん

光:ま、でもね、ほんとにお世話になりましたし

剛:はい!

光:ありがとう、の言葉で済ますのもなんですけども

剛:なんですけども

光:ええ。ねえ、なんだったらこの辺の飲み物持って行っていただいて・・・あっはっはっ(笑)

剛:もって行っていただいてね、もう





光:「ふぉ~っ、ふぉふぉふぉふぉっ~、ふぉけけけっ!ばさささささっ(光:SE対戦やね)

ふぉ~~っ(光:これなんのSE?)ふぉふぉふぉ・・・(剛:なにこれ?分からん)

ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ、ふぉーっふぉーっ(剛:あ、ジャングルか!)

んほんほんほっ、んちゅちゅ~(す:最初にやったのがSLでしょう、たぶん)

ちょっちょっちょっ、ふぉ~ふ~んっ(剛:SLか~「はーふーんっ!」てやつ(スタッフ笑))

ピシュピシュピシュ、(す:アッコさんにやらした)、ぴーーーーっ(剛:そうそうそう)

だ~だ~っ、だ~っ(光:ほんとぉ~?!ひ~どい~っ(笑))お父ちゃん、#$%&~~~」


剛:いや~、素晴らしい。ジャングル

光:ジャングルのSE。これだからま~・・・10代かなっ?

~♪BGM 春雷

す:いや~、20代なってるでしょう

光:あ、なってるぐらい?

剛:なっててこの腕ぇ? (スタッフ爆笑)

光:ほんまやな(笑)

剛:ほんまめっちゃショック受けた。なっててこの腕?

光:ねっ。これSE対戦。昔の。

  さ、今夜は何度も言っておりますように、キンキラキンキワールド、ファイナルということで

剛:最終回ですね~

光:その12年の歴史を紐解いてくれる方にね、ゲストに来てもらって

剛:そうです、そうです!

光:ねえ、先ほどヨネチンとフクダさんが

剛:はい。来ていただいておりまして

光:2人来ていただきましたけども、もうひと方!素敵な

剛:あっそう?どんどん、来ちゃうじゃな~い

光:びっくりだよ~

剛:うん

光:お呼びびいたしましょう。ブルース・リー先生です!

剛:あ、どうぞ~!

~♪ 燃えよドラゴンのテーマ

光:・・・・・これ

剛:これ、どういうことですか?いやいやあの

光:これは・・・・

剛:ゲロ吐いてもらわんと困るんすけど

光:「あ~ちょ~~~っ!!!」とか「うぇぇええろろろっ(吐く真似)」とか言ってほしかったんですけど

剛:ええ。これ何ですか?ちょっと見してもらっていいですか

光:これ、これですよ!この中に、ブルース・リー先生、いらっしゃるんですけど

剛:あの・・・アマノさんちょっとこれ、説明してもらっていいですか?

  ちょっといまいち把握できないんですけど

す:あのですね、ブルース・リー先生あったじゃないですか

剛:はい

す:え~と、あん時の音の素材がですね、え、このテープ・・・これ何ていうんですかね?

す:MOディスク

剛:MOディスク

光:当時はMOディスクだったんだよ

す:で、録ってたんですね

剛:はい

す:で、その今MOディスクを起こす機械がない、と

光:起こす機械がない?うん

す:ただ、この中にはブルース・リー先生が居る、と

光:この中にはいらっしゃるんですよ

す:残念です!

光:本当は(笑)スタッフも実はほんとにこう来てもらって、やってもらおうと思ったらしいんやけども

剛:ええ、ええ、ええ(笑)

光:ところがどっこい(笑)起こせなかったと(笑)あはははははっ(笑) (スタッフ笑)

剛:んふふふふふっ(笑)

す:ブルース・リー先生眠ったまま!

剛:いやこんなんじゃオレ、終われねえなぁ!

光:あははははははっ(笑)眠ったままなんだ(笑)

剛:ええ~、なんか・・・・

光:努力はしたみたいですよっ?(笑)

剛:なんか手塚治虫の漫画見てるみたい (スタッフ笑)

光:でも今の時代・・・

剛:「いま、彼はこれなんだよ」みたいな (スタッフ笑)

光:それぐらい長くやって来たっていうこと。それだけ時代も移り変わったってことよね?

剛:なるほどな・・・

光:ふははははっ(笑)さ、というわけで

剛:なるほど、残念でしたけどね、まあまあでも

光:ブルース・リー先生は残念ながら、眠ったままでしたけど

剛:会えた、ということですよね?

光:もう、一方・・・・お二人?

剛:お二方?

光:お2人ですか?お!じゃぁ、入っていただきましょう

剛:どうぞ!

~♪ 番組オープニング曲

光:ああ・・・・

剛:あ~・・・・

光:あ~、これはこれは。ディレクターのヤスダさんと

剛:ナイスガイ!

光:今はナイスガイⅡですけども、ナイスガイⅠが

剛:わん!

~♪BGM もう君以外愛せない

す:作家のナカタです、ナイスガイです。よろしくお願いします

光:そしてディレクターの、ヤスダさんでね

剛:はい、ヤスダさんも。お疲れさまです

す:はい、お疲れさまです

光:ヤスダさんはどれぐらい・・・前からどれぐらいでしたっけ?

す:2000年、最初はADで入ってて、それも合わせて4年間やってましたね。3~4年

光:そうか~・・・そっか~。2000年やったらどんなコーナーやってました?そのころ

す:なんか当時は2人でやる機会も結構多くって

剛:ありましたからね

す:そんときはね、結構あの、クリリンの格好とか

剛:あ~。ドラゴンボールの

光:ふはははははっ(笑)

す:ラジオなのにドラゴンボールの格好をさせて

光:それはよう覚えてるわ~

剛:天下一武道会ね~、やりましたねぇ。もう天津飯やなんやゆうて、

す:戦ったり

剛:戦いましたよ。言ぅたら

光:よう覚えてる。ゴルフもやったしなあ?

剛:そうそうそ。あっんれは酷かったですね

光:酷いよ!デスクワークしてる人たちに迷惑きわまりない (スタッフ笑)

剛:そうなんです、関わってるひとはまだまだ救われるんですけど、その全く

  関係ない人からするとホンマにうっとうしいなアイツ、みたいなね?

  特に年配の方にはね、凄い厳しい目で見られましたけれども

光:ナイスガイ的には、この番組の作家だからそういうのも難しいところもあるかもしれんけど、

  ま、これを2人にやらしたらオモロかったな、みたいなのは?

す:まあ一番印象深かったというのもありますけど、インコに言葉を覚えさせるっていう (スタッフ爆笑)

剛:あ~、あれね~

光:ええ、ひねりっこちゃん(笑)

剛:ひねりっこちゃん

す:ひねりっこちゃん。あれから結局3~4年ぐらい

剛:3~4年かな?

す:わたくし飼いまして。いや、一番もうすごかったのは放送中に「つよし」「キンキ」って

  言葉を発したことですかね (スタッフ笑)

剛:言ったやんな?残念ながら「こういち」は言わへんかったん。最後までそこは。

  頑なにやっぱそこは (スタッフ笑)

光:三文字やねんっ。鳥は。はははははっ(笑)

剛:んはははははっ(笑) (スタッフ爆笑)

光:三文字・・・鳥は四文字難しいねん、きっと

剛:いやでも「こういち」やから。言えてるんちゃうかな?なんかやっぱちょっとボクは頑なに?

  「アイツの名前だけはちょっとオレ」みたいなちょっとそういうの感じましたけどね、ひねりっこちゃんから

光:あった~、それを覚えさせんのもな~

す:あと、クリタ部長っていうカブトムシも

剛:気持ち悪かった・・・

光:気持ち悪い(笑)

剛:カブトムシあかんわ、虫あかんわオレ

光:ああ、なあ

剛:酷いっすねえ

光:いや~・・・・酷い

剛:や、でも、なんかやっぱあれやな。キンキラキンキワールドは特にね、

  やっぱり映像もなんか飛ばせれたらよかったね! (スタッフ笑)

光:そうやねん

剛:いろんなルールあるのもね、分かるんですけど

光:映像も・・・

剛:このくだらなさを、映像に収めつつ、飛ばせてたら、もっとキラキラしてたかもね? (スタッフ爆笑)

光:それを敢えてラジオでやってみたっていうところに意味があるのかもしれんしね

剛:や、もう限度っていうものがある(笑) (スタッフ爆笑)

光:だってクリリンのかっことかしたってさ、見えへんねんから (スタッフ爆笑)

剛:でも、こいつ一所懸命被ってたからな

光:おお、一所懸命かぶったよ

剛:あの通気性のめっちゃ悪いのを (スタッフ笑)

光:あれ結局誰かの、リスナーの手元に行ったんやっけ?

剛:クリリン行ったんちゃうか?うん

す:聖闘士聖衣もたぶん・・・ (スタッフ爆笑)

光:わはははははっ(笑)いや~っ(笑)

剛:んふふふふふっ(笑)

剛:行った行った。あれでもほんと2~3か月で捨てられてるんやろな? (スタッフ笑)

光:ねえ?はい

剛:「これなんなん?邪魔なやつー」言われて

光:いろんなたくさんの方にお世話になったね、番組でございます

剛:いや~、ほんとそうですね

光:少年の頃からね

剛:はい

光:ありがとうございます

剛:ありがとうございます!

光:この後本当の大ラスになりますねっ

剛:なりますね~

光:最後の、エンディングになります

剛:はい!







 ~♪ KinKi Kids forever(英語バージョン)

曲♪FD

光:さて・・・

剛:はい!

光:ほんとのラスト・・・。エンディングが、来てしまいましたけども

剛:来ましたね~

光:ねっ。12年間続いたキンキラキンキワールドでしたが

剛:はい

光:ま、いまたくさんのね、これまでお世話になったスタッフの方

剛:はい

光:お話させていただきましたけども

剛:えぇ、えぇ

光:剛さんは、いかがでしたか?剛さんの言葉からも、この12年間を

剛:そうですね・・・・う~ん

光:うん

剛:うーん・・・・・やっぱりそのぉ~ (猪木さんの真似)

光:なんで猪木なんだよ!(笑) (スタッフ笑)

~♪BGM 猪木ボンバイエ

剛:うーん (猪木さんの真似)

光:ぜんっぜん関係あらへんや~んっ!!

剛:いわゆるその~ (猪木さんの真似)

光:な~んで猪木?!

剛:んー・・・・、このじゅーうにねんという (猪木さんの真似)  

光:締めがなんでアントニオ?! (スタッフ笑)

剛:干支が (猪木さんの真似)

光:え・・・干支~?(笑)

剛:ひとつ廻るこの年月をですね、え~、いろいろな人と関わらしていただいたことはっ、ものすごくっ・・・

  (光:全然締まらん(笑))いくぞーーっ!!!! (猪木さんの真似)

光:ぜんっぜん締まらへん(笑) (スタッフ笑)

剛:いーちっ!にーっ!さぁーんっ!!ちゃあ~

光:ぜんっっっぜっん締まらへん(笑) (スタッフ笑)

剛:いやほんとにねぇ・・・

光:も、サイアクや・・・。最後の最後までこれや

~♪BGM 愛のかたまり

剛:いやまあほんとにね、番組は終わりますけれども。キンキキッズの活動は

  まあ別に普通に(光:そうねっ)続けていくということでございますけれども。

  まぁ、あの~、まただからその~、まあとにかく・・・

光:ま、ほんまにね、最後になっても(聴き取り不可)

剛:光一さん最後の話し、しないんですか?光一さんは

光:あっ、やっ、ボ~クはもう・・・・・・、ほんとにもうありがとうございましたー

剛:んっ(笑)「ボクはもう、ありがとうございましたー」てどういうことですか?(笑) (スタッフ笑)

光:いや~・・・あのね

剛:うんっ

光:こういうのボク苦手なんですよ~

剛:苦手なんですね

光:なんか最後だからどうの、とかね?このまま、なんかいつも通りの

  キンキキッズで終わるのがキンキキッズらしさじゃないかと、ぼくらしさじゃないかと

剛:なるほどね

光:思うんです

剛:ま、一言言えるのはもうほんとに

光:なによりもリスナーの

剛:リスナーの方々に感謝して。ね、ほんとにありがとうございました

光:この番組を支えてくれた

剛:はい

光:やっぱり、リスナー・・・の、みなさんじゃないかと

剛:そうですね

光:ええ、思いますので

剛:はい

光:ほんとに、みなさんにありがとうございましたと

剛:12年間ありがとうございました

光:言葉が届けばいいな、と思います

剛:はい!

光:というわけで!本当に終わります!!

剛:はい終わります!

光:リスナーのみなさん、そしてスタッフのみなさん!みなさんっ、ありがとうございました!!

剛:ありがとうございました~!

光:失礼しまーす!

剛:失礼しまーす、お相手はキンキキッズ堂本 剛と

光:堂本 光一でした!

剛:さいなら~~っ!



 ~♪ 愛のかたまり FO









| キンキラKinKiワールド | 13:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2007年9月22日『重大発表』(りい)


光:ど~もこんばんは~。光一で~すっ

剛:どうも。堂本 剛で~す

光:キンキラキンキワールドです!

剛:はい、どうもどうも~。こんばんは~

光:今夜はですね・・・

剛:はい

光:ちょっと・・・重大な発表が・・・・

剛:ありますね~、これね~

光:ありまして。ええ

剛:世界が・・・激震

光:まぁ、12年この番組やってきてですね

剛:ええ、ええ、ええ

光:重大発表と言いつつ

剛:うん、うん、うん

光:ま、「今日はなんとかスペシャル」と言いつつ

剛:はい、はい、はい

光:ま、そういう風に言いつつも、ま、嘘ばっかりついてたわけですね

剛:ま、基本嘘をついてきましたけどね

光:今日の!

剛:んふふふっ(笑)

光:12年間嘘ついてきたっていうね

剛:ええ、ついてしまいましたからね(笑)ま、ほんとに

光:ま、番組始まった当初はっ(笑)ま、そんなにウソついてなかった気もするんですけど

剛:んふふふふふっ(笑)そうですね、ダジャレがちょっと多く見られた所はありましたけれどもね

光:そうですね。多くね、でも

剛:基本まあ何年か、ちょっとウソをついて

光:「なんとか祭」とか言って、ね?全然祭じゃなかったり

剛:なかったりとかですね

光:そんなんまあ、普通だったわけですけど

剛:ええ、ええ

光:今回の重大発表はこれは嘘偽りない重大発表になりますんで

剛:ほんとにデカい発表ですけれども。ま、多分明日のワイドショー・・・ま、これトップ

光:また嘘つきましたよね?

剛:ここはもう、(光:(笑))あと新聞各紙一面

光:ここまできて、またそこに嘘を・・・重ねましたね

剛:ここはやっぱり、色々出るとこあるよね?

光:無いです!

剛:ま、後は~、徹子の部屋しかり

光:無いですけどね

剛:ええ

光:今あの、重大発表はですね

剛:ええ

光:あの、突撃テレフォンで、その・・リスナーの方に

剛:なるほど、なるほど

光:ま・・・言う・・・ま、言っていこうと

剛:言いますか?

光:はい、言うわけなんですよ。その重大発表とは・・・

剛:びっくりするんちゃうか?!ほんま

光:ま、信じない可能性もあるね

剛:確実に信じないでしょうねぇ。ええ

光:ま、その重大発表と言うのが何かというのは

剛:うんっ

光:ま、後程

剛:うん

光:え~

剛:後ほどね?

光:お伝えしますんで。みなさんにね

剛:はいはい、はい

光:その前にこの曲を聴いていただきたいと思います

剛:はい

光:9月12日に発売になりました、KinKi Kids通算26枚目のシングルですね

剛:うん

光:KinKi Kidsで、「永遠に」どうぞ



 ~♪ 永遠に



光:はい、え~・・曲を聴いてる間にですね

剛:うんっ

光:一体何なんだろう?と。重大発表重大発表って

剛:はいはいはい

光:ま、思ってる人も多いかと思いますけども

剛:多かったでしょうけどね。ええ

光:ええ。じゃあ剛さんに!

剛:うんっ

光:発表していただきましょう

剛:分かりました

~♪ドラムロール

剛:え~、キンキラキンキワールド、丸12年

光:あの、長かったです?もうちょっとドラムロール(剛:んはははははっ(笑))長くてもいいと思うんですけども

剛:いや、結構ショート版で行きますよね。やっぱりその~・・・

光:あの、もうちょっと

剛:いわゆる、ブラックミュージック系っていうか、やっぱその・・・

光:もうちょっとこう、ダララララララッ(巻き舌)!もうちょっとタメたほうが

剛:そうですか?

光:なんか、ダララララ!ドンッ!はい、もう。みたいな

剛:あっはははははっ(笑)や、結構あの、タメてるほうだと。アーティスト的にだと、タメた方じゃないかという

光:あ、そうですか?もうちょっと・・・

剛:1回ちょっとその、聴いてみていいですか?そのドラムの長さ

光:もうちょっとこぉ・・・(ぶつぶつ)

~♪ドラムロール

光:早い!ほら早いわ!! (スタッフ笑)

剛:確かに、確かにまあまあ、ほんま・・・

光:もうちょっとタメてええんちゃうか?って

剛:なるほど、ええ。ちなみになんか違うものがあるかどうか?て言うとこですよ

光:たとえばもうちょっとリットしてる感じのない?タルララララララッ!、ダララララッ!(2人同時に言ってます)

 ちょっとリットしてるぐらいの。んー、なんかないかな?

~♪ドラムロール

光:あ、ティンパニねっ♪

~♪ドラムロール

光:あ、そう!これこれ!!

~♪ドラムロール

剛:んふふふ(笑)

光:まだかっ?(笑)まだか??(笑)まだか!

剛:え、え?まだか?うんうん

~♪ドラムロール

剛:あ、ドラムが(笑)スネアが入ってきた

光:入ってきたやろ?

~♪ドラムロール(リズムが変化)

光:あひゃひゃひゃひゃっ(笑)

剛:ちょ、ちょお待って、オレ。タイミングが。オレ計ってる

光:発表しづらいな!これっ(笑)

剛:まだやってるもん。ちょ、オレタイミング計ってるもん、いま

~♪ドラムロール

光:まだやってる(笑)まだやってる(笑)

剛:タメるなあ~

光:これのいい所でお前もう、言って、言ってまえ!(笑)

剛:ちょお待ってや

~♪ドラムロール(速度に変化)

光:うぉ?!もうっ・・・まだやった、まだやった!

剛:この後行く!この後行く!

光:うん。この後行っとこ

~♪ドラムロール

光:発表しづらいなこれ

剛:しづらいな。また足された。この後や、この後

~♪ドラムロール

剛:はい、キンキラキンキワールド (ドラムロール途中ですが ^^;)

光:うは(笑)ひゃははははは(笑)

剛:丸12年やってきたんですけども、来週終わります!

光:うっわぁ~(笑)あっはっはっ(笑) (スタッフ爆笑)

剛:んふ(笑)これいま、タイミングよかったやろ?

光:いや、タイミング最悪やなぁっ(笑)

剛:ちょっと待ってや。なにこれ?こんなに演奏する思わへんかったもん(笑)

光:こーんなドラムロールあるんかこれ?(笑)

剛:びっくりしたよぉ~いやもうこれ。どん、どどど、どんどん!言われて、も、ジャッキー・チェンみたいな

光:うわっはっはっはっ(笑)これっ(笑)

剛:んふふっ(笑)

光:う~ん・・・なんか発表出来たんかどうか微妙なとこやねんけども(笑)

剛:出来た、出来た。ジャッキー・チェンみたいですけども。キンキラキンキワールドはね、丸12年やったんですって。

光:ええ。

剛:12年やったんですけども・・・

光:ええ。一回りで

剛:来週終わるんですよ

光:突然でございますけどもね、ほんとにね

剛:突然

光:これあの、もしかしたら聴いてる人「またここで嘘ついてるわ~」って

剛:「また嘘ついて~」って。え~、まあ、来週も再来週もお楽しみに言うて終わんねやろ?どうせ、と。

光:ねえ?

剛:ええ。思ってる人もいると思いますけれども

光:いえ。でもこれは本当のことでね

剛:ま、逃げられない事実でねぇ

光:ほんま、この番組らしい発表やったね (スタッフ笑)

剛:発表でしたね

光:ははっ(笑)グズグズ(笑)

剛:グズグズでしたけれどもね?ぎゅう、あ、ぎゅうじゃない、95年10月

光:ああ

剛:に始まったんですよ、この番組

光:じゃあほんとに丸12年でね?

剛:そうですね。始まったんですよ

光:だから、オギャアって生まれた子がもう小学校卒業するぐらいの

剛:んっ

光:ぐらいまでね、やったっていうことですから

剛:やったということですよ。まあボクらが16歳ですね

光:ひゃあ~

剛:ええ。あの頃生まれた子が、いま光一が言ったように12歳で

光:オレらも16歳って・・・凄いね

剛:まあ~・・・ずいぶんちょけてたでしょうね~

光:いや~・・・ちょっと、凄いね(感慨深げ)

剛:うん

光:まあほんとに

剛:16・・・くっそガキやもんな

光:正直あの、最初の頃とかどんなオンエアしてたか全く思い出せません

剛:なんか「じじいショック」っていうの(光:あははっ(笑))すごい覚えてんねんオレ

光:あああ~、有ったぁぁぁぁ

剛:おじいちゃんがショック受けてるっていう。その、G-SHOCK流行ってたからな

光:それもでも、始まって・・・ちょっと経ったぐらいちゃうかな?

剛:かな~?

光:ええ、ま<ほんとにくだらないことをたくさんやって

剛:やりましたけれどもねえ。まあちょっと

光:そのくだらなさが好きだ、ということでこの番組に

剛:そです

光:ついて来てくれた人が多いと

剛:で、ここの新しいね、新社屋というかここでやる前ですね?あの~・・・お台場のほうでやった

光:お台場の前からですからね

剛:そうそう。でお台場やってた時にあの、廊下でね、たばこを吸うてたら怒るおじさんが

光:うん

剛:もし、やめてくれと (スタッフ笑)

光:あ、そうなんや?

剛:もうちょっと煙たいと。あ、スタジオ管理室のおじさんやって

光:なるほど

剛:めっちゃ怖かった

光:んはははっ(笑) (スタッフ笑)

剛:めっちゃ怖かった

光:オレ知らんわ~

剛:知らんか?まあ、その人は関係ないんですが(笑)(スタッフ笑)

  全然関係ないんですが。スタジオ管理の人ですから(笑)関係ないんですけど

光:今から電話、突撃テレフォンしてですね

剛:しますよ!電話してリスナーの方に「終わるよ」ということ話して、電話切るということですね

光:そうです

剛:じゃ、さっそく電話しましょうか?これでもう選ばれし人ですよ、逆にいうたらねぇ?

光:そやな、まっ先に知る人やな

剛:この人一番最初やろ?この人

光:うん

剛:この人の、も、いろんなものが激震するわな

(呼び出し音)

剛:さ、ナイスガイ・・・



(以下 光:光一さん 剛:剛さん り:リスナーさん)



り:もしもし?

剛:あ、もしもし。もしもーし。どうも、あの、KinKi Kidsキンキラキンキワールドですけれども

り:えっ!!!

剛:今晩は

り:剛くんですか?

剛:え?

り:剛くんですか?

剛:そうですね、堂本の剛ですよ

光:こんばんは。光一もいるよ

り:えっ?!

剛:兵庫の

光:ちなみに隣のスタジオには松岡くんもいるよ

剛:そう、松岡くんもおるわ、今日

り:あ、そうなんですか?!

光:うん

剛:うん (スタッフ笑)

り:え、本物ですか?!

剛:本物やがな

り:えっ、なんで?

光:これ、年賀はがきちゃうんか?それ

剛:ま、ハガキいただいて

光:突撃テレフォンしたわけですが

剛:突撃テレフォンしたわけですけれども

り:はい

光:この番組、いっつも聴いてくれてんの?

り:はい

剛:んっふっふっふ(笑)いやいや(笑)だから基本的聴いてるから、ハガキくれてるわけやから

光:うん・・・。ど、どんぐらい前から聴いてた?

り:え・・・1年前から

光:おお~!最近やなっ

剛:にや~、にや~(near?)

光:ずいぶん最近やね

り:え、ほんま好きです!

光:あ、そうなんや。オレらを応援しだしたのはいつぐらいからなの?

り:えっと、ビロードの闇のときに

光:うん

剛:お~・・・・

り:もうほんまにカッコよくて

光:あ、そうなんや

剛:どんくらいや?ビロードの闇っていったら・・2年前ぐらいか?

光:2、3年前かな?

り:はい

剛:オレがまだ身長180くらいあった時やな

り:ええっ?!(笑)

光:そうやなあ

剛:うん、急に去年の9月ぐらいから・・・

光:しゃ~ないから、いまから○○ちゃんにやな

り:はい

光:いまビロードの闇、2人で歌ったるわ

り:えっ、なんで?えっ?本物ですか?

光:ワン・ツー・スリー。ビロードのやみー、ビロードのやみー(剛:くくくっ(笑)んっふふふふ(笑))。歌ったで

り:え、違います(笑)

剛:名曲やからな、これ。オレはもう歌ってる、歌ってたけども、ボクの周波数はなかなかマイクで拾えない

光:聞こえへん周波数

剛:ラインで歌えるからな、オレぐらいになったら

光:かなりの高い域の周波やったからなっ

剛:ま、そうそう。まそういうのがあって

り:あはっ(笑)

光:うん。まあ今日はなんで電話したか

剛:うん

光:突撃テレフォンは突撃テレフォンやけども、これ重大な発表を○○ちゃんにですね

り:はい

光:一番に伝えることになる

剛:なんのよ、これが

り:え、なんですか?

光:重大発表やで、これ。大丈夫?

剛:大丈夫?

り:な、なんですか?え?

光:聞ける?

り:なんです?え

光:じゃあ剛さんから言ぅたってください

剛:はい、それでは発表します!キンキラキンキワールド、丸12年やってきたんですが、来週終わります!

り:へっ?!?!なんで?!

光:んはははっははは!(爆笑)(スタッフ爆笑)

剛:ということを伝えるため

光:○○ちゃんが一番に知ることになったのよ

剛:なりました、これ (スタッフ笑)

り:え、なんでですか?!

剛:そこはちょっと、いろいろ言えないんですけれども

り:ええ~っ、え、なんでなんでなんで?!

光:まあ言えないこともないけど、特に理由もないねん。わはははははははっ(笑)

剛:んふふふふふふふっ(笑)

り:え、嫌です!

剛:そうそう。でまあ、一番の理由は僕らの声を拾えるマイクがこの世の中に存在しないという

光:んはははははっ(笑)どんな声や~

剛:んふふふふ(笑)

光:どんな声や(笑)(スタッフ笑)

り:え?!

剛:ことなんですけど

り:え、え?!

光:うん。毎回欠かさず聴いてたん?

り:はい

光:あ、ほんま?

り:聴いてます

剛:そうなんや~

光:この番組、たとえばじゃあ、この企画好きやったな~、とか、あった?

剛:あ、それ訊いときましょうよ

り:なんか、あの~、クイズとかでプレゼントをあげたりしてたのとか

光:ああ

剛:あ~

光:あの、在庫一掃セールね(笑)

剛:んふふふふふっ(笑) (スタッフ笑)

光:ふはははは(笑)いらんもん全部あげた

剛:オトナの悪い知恵ね

光:うん。ナイスガイⅡの家にたまったいらないものを全部、あの(笑)

剛:かわいそうなやつな? (スタッフ笑)

光:送るやつね(笑)

剛:かわいそーなやつ

光:それ、当たったことなかったんや

り:ないです。てか電話自体初めてで

光:あ、そっか

剛:そうか、そうか。こら、えらい・・・

光:電話自体初めてでいきなり、「終わります」って言うな~・・・

剛:えらい電話取ってもうたな、これ (スタッフ笑)

り:えっ

光:なあ

剛:まあま、でもそういうことなんでね?

光:まあでも、ありがとうね?この番組応援してくれて

剛:応援してくれて

り:はい

光:ありがとうね

剛:ありがとうございました

り:いまからも応援し続けます

剛:ああもう、ぜひぜひ

光:まー、別にキンキキッズ解散するわけじゃないから! (スタッフ笑)

剛:ないですから。あのー間違えないでくださいね

光:またオレらもいろんな事やっていくやろうし

剛:ええ

光:その辺は心配せんといて

り:・・・・・・・・・・はい

剛:えへへへへっ(笑)何でちょっと半分疑ってんねん?

り:えーーーーーっ・・・・

光:なあ?ま、でもこの番組応援してくれてありがとう

り:えーーー

剛:ありがとうございました

り:はい。これからも頑張ってください

剛:は~い、どうも~

り:応援してます

剛:ありがと~

光:じゃあね~

剛:はいはい。どうも~



剛:あ、いまあの、うちのジャニーズの、ドンが・・・こちらに向かってますんで

(ドアの開く音♪)

(以下 光:光一さん 剛:剛さん 松:松岡さん)

剛:まいど!

光:これはこれは~

剛:どうもお疲れ様です

光:松岡さ~ん。どうも~

松:いやいやいや、目の前で収録してました

光:ええ。これもう・・・この番組終わるんで

松:あれっ?!なにが??

剛:んふふふふっ(笑)

光:いや、この番組終わるんですよ、来週で

松:あっ、そう?

光:そうなんですよ

剛:はい

松:や、それはほんと長い間ね

剛:んは~はっ~はっ~はっ!(爆笑)

光:あっはっはっはっ・・・かかかっ(爆笑)

松:お疲れ様でした、ほんとにもうねえ、惜しまれつつ

剛:んふふ(笑)惜しまれつつ(笑)

松:素晴らしい、KinKi Kidsのトゥギャザーフォーエバー?みたいな

剛:あははは(笑)トゥギャザーフォーエバー?(笑)

光:トゥギャザーフォーエバーってなんすか?!(笑)

剛:んふふふふふふっ(笑)

松:昔なんか、スマップの吾郎くんの番組に

光:ああ~!!!

松:リーダーが出た時に、タイトルバックがやりたいって話来て、なんでもいいよって言われたから

  「城島茂のトゥギャザーフォーエバー」つったらディレクターにダメだって怒られた

剛:んはっはははは、ふふふふふふっ(笑)

光:なんっかルー大柴みたいじゃないですか~

剛:みたいな感じですね(笑)で、来週終わるんでいまあの、ファンの人に

松:マジですか?

光:12年やってきたんですよ

松:おっ!長いよ?

光:はい

剛:そうなんです

松:TOKIOナイトクラブと大して変わんないじゃん。ずうっとやってる

剛:あ、ほんとですか?

松:うん、たぶんオレらデビューした時だから

剛:はい

松:12年ちょっとで

光:あ、そうなんだ、だからこの番組はボクらがもう、デビュー前からずっと

松:そうだよね?

光:はい。やってた番組で

剛:で、今ファンの子に電話して、その、あの、報告してるんですよ

松:あ、マジですか?

剛:はい

光:終わるってことを

剛:終わりますよ~、って言うことを

光:一人ぐらいちょっとね?電話してみようよ

剛:そやねえ

松:あ、マジで?

剛:スペシャルで

松:いいんですか?ボク居ても

剛:全然いいですよ!

光:あれ?もう終わられたんですか?

松:終わった

光:あ、ほんとですか?

剛:早いっすね

松:サウナ行こうかと思って

光:え?

剛:ふふふふふっ(笑)またサウナ行くんすか?(笑)

松:新陳代謝して

光:サウナ好きですねえ~!

松:オイルマッサージしたくて行くよ

剛:へええ~

光:オレ、オイルマッサージ行って、紙・・・紙パンツ履かされてショック受けて(剛:んふふふふふっ(笑))

  絶対一生もうオイルマッサージやらへんわ!思った

松:わかる。ちょっと痛いしね、人によっちゃ

光:ひゃははははっ(笑)



(以下 光:光一さん 剛:剛さん 松:松岡さん り:リスナーさん)



剛:あ、もしもし?

り:もしもし?

剛:あ、どうも。KinKi Kidsですけれども

り:えっ?!

剛:KinKi Kids、キンキラキンキワールドですけれども

り:はい、もしもし!

光:○○○ちゃん

剛:どうもこんばんは

り:こんばんは~!うそ~!!!

剛:いま何してたん?

り:は、ええ~、いま文化祭終って家に着きました

光:おぉ~

剛:ほ~、文化祭終って家に着きました

り:え?え?ちょっと待って。え、本物ですか?

光:本物、ですよ

剛:本物や

り:ええええ~、ちょっと~~、嬉しい~

剛:ふふ(笑)

光:あのね、もう一人凄い人いるよ

松:何ちゃんて言うんですか?

光:○○○ちゃん

松:アズサちゃんですか?

り:はい!

松:これ、終わっちゃうんですよKinKi Kidsの・・・

光:あ!ちょちょちょ、ちょっと(慌)こ、これっ、これっ

剛:あっはっはっはっはっ(爆笑) (スタッフ笑)

光:いましゃべってんの誰やと思う~?

剛:ふはははははっ、んふふっ(笑)

り:え?

光:いましゃべってんの誰やと思う?

剛:先輩頼みますよ(笑)先輩軽いっすよ~(笑) (スタッフ笑)

松:すみません、すみません!(笑)

光:めっちゃ軽いやないですか~!

(3人同時にしゃべってます ^^;)

り:・・・聞こえないです

松:あ、聞こえないすかー?!

り:はい

松:キムタクでーす

り:キムタク?!

剛:せ、先輩(笑)先輩違いますよ(笑)

光:違いますよ

松:松岡です

り:あ、凄い、トキオだ~!

光:そうだよ

り:え?なんで、なんで?

光:偶然、偶然隣で

剛:隣でね、撮影

光:仕事があったの

剛:撮影ちゃう(笑)収録してはって(笑)

松:そしたらね、マネージャーの(聴き取り不可)が出てくれっていうんで、出ました

剛:んふふふふっ(笑)

り:え、これってハガキ、何のハガキ・・・?

光:ハガキねえ、えっとね、(剛:ふふっ(笑))え~「いつも楽しくラジオ聴いています。光一くんのDVD買いました」だって

り:あ、分かりました!

剛:「分かりましたぁっ(女の子の口真似?!(笑))

光:うん、派手なやつ

り:DVD買ってすぐ書いたんですけど

光:うん

り:机の裏に落ちてて(笑)

光:おぉ~~いっ!

剛:んふふふっ(笑)

光:なんやそれ?!

り:うそ!夢みた~い(嬉)

光:いやいや、夢みたいって!そのまま話し終わったらあかん

剛:あっはっはっはっはっ(爆笑)

松:あはははははは(爆笑)

光:あはははは!ひっど~い(笑)

松:○○○ちゃんいいですねー。面白いね○○○ちゃん

剛:机の裏に落としたんかいな?

り:はい

光:それ拾っといてよ?

り:ちゃんと拾って出しました

剛:ひらった?

光:頼むでほんまに・・・

剛:うん、それひらっといてや。相方としてもうこれ、ほんまに

り:え、え、待って。ほんとに光ちゃん?

松:辛いよな?

剛:辛いですよ

松:オレも先輩として涙が出てきた

光:ね、○○○ちゃんさ~

り:はい

光:この番組どんぐらい聴いてくれてた?

り:中3のときから聴いてます

剛:中3・・・

光:中3やったら・・・2年、3年前くらいか

り:そうです

光:この番組さ、○○○ちゃんがね5歳の時からやってんねやわ

り:すごーい!(笑)

光:そう考えると

剛:そうそうそう

松:凄いね

光:うん

り:え~っ、はい

光:まあ突撃テレフォンでね

剛:うんっ

光:ま、こうして電話して。ま、突撃テレフォンっていっつもコーナーでやってたやん

剛:ええ

り:はい、やってます

光:だけど今日はただの突撃テレフォンちゃうねん

剛:じゃないのよ

り:ええ?!

剛:突撃過ぎるのよ、これ

光:そう

り:そうなんですか?

光:重大発表がね、あるのよ

剛:あるのよ

り:へ?ちょっと待ってください

剛:んふふ(笑)

光:うはははは(笑)なんやそれ?!(笑)

り:○くん、光一から電話だよ

剛:呼び捨て、呼び捨て!

り:ほんとに、本物!

剛:呼び捨てっ(机コンコン♪)

光:誰に言ってんの?いま

剛:誰にいったんや?

り:あ、弟です

光:あ、弟か~!

剛:弟かいな

り:はい

松:岩城滉一さんと間違えてない?大丈夫?

剛:あはあはあはっ(笑)

り:や、大丈夫です(笑)

剛:あはははっ(笑)

光:お願いしますよ~

松:困りますね。」

光:うん。あの、重大発表やねんけどさ

剛:重大発表していいかな?

り:はい!

剛:じゃあ、行きます。

光:うん。剛さんからどうぞ

剛:キンキラキンキワールド、丸12年やってきたんですが、来週終わります!

り:へ・・・?ウソ・・・・(涙声)

剛:いや、ホントです

り:絶対ウソ!

剛:いやほんま、ほんま。ま、これの・・・

光:ま、分かんねん。この番組いっつも嘘ばっかりついてたからね

剛:んははははっ(笑)

り:そうです

光:なんとかスペシャルとか言って、どこがスペシャルやねん!とかね?

剛:そうそう

光:あったから~

り:はい

剛:うん

光:そやって思うけども

剛:思うけども~

光:これほんまやねん

剛:ほんまやねん

松:オレもほんとね、ビックリしてるとこなんですよ

り:はい

剛:んふーふーっ(笑)んはははははっ(笑)

光:んはははははっ(笑)

り:え、うそ~っ・・・

松:オレもいま聞いて、ちょっと

光:なんか軽~くスタジオ入って来たけども(笑)そんな日だったんだ?!みたいな(笑)

剛:んふふふふっ(笑)

松:えーーーっ!ちょっと、ごめん!ちょっと、それスタッフ止めてよ!!! (スタッフ笑)

剛:あはははははっ(笑)

光:あはははははっ(笑)

松:そんな重い日?!みたいな

剛:あはあはあはははっ(笑)

松:ボクもビックリしてるんです。いま○○○ちゃんと同じです、ボクも

り:はい・・・・

剛:んふふふふふっ(笑)

光:ひゃはははははは(笑)

り:ほんとに止めちゃうんですか?

剛:はい。ほんまに止めますよ

光:終わっちゃいますよ~

り:なんで止めちゃうんですか?

光:ねぇ?

松:ま、でも明るく行こうよ。そんな

剛:んはははっ(笑)

光:そうっすよ

松:明るく、明るくっ

り:え・・・

剛:えへへへへへっ

松:え、ちょっと待って。オレなんの役なの?

光:あはははははっ(笑)

剛:んふっふっふっ(笑)

松:オレなんの役だか

剛:あははははははっ(笑)

光:うはははははっ(笑)

松:なんか凄いヤな汗かいてきたよ

剛:んははははははっ(笑)なんかっ(笑)

松:これからもねっ

剛:ええ(笑)

松:これからもキンキはねっ

剛:ええ(笑)

松:キンキは止まらないよっ!うんっ

剛:んふふ(笑)止まらないですよ(笑)

光:ええ

松:ま、トキオも来てよ

剛:んはははははっ(笑)

光:売り込んでんでしょ(笑)

剛:売り込んで・・・(笑)

光:(聴き取り不可)ねぇ?

剛:んふふふふ(笑)はい(笑)

光:ぜひ、そうですよ

り:はい

光:ま、でも終わってまうけどもさっ

り:はい

光:ま、これからもキンキをよろしくお願いします

り:はい・・・

光:はい(笑)じゃ、どうも失礼しまーす

剛:失礼しまーす

り:はい。どうもありがとうございます。頑張って下さい

光:はーい

剛:はーい。ばいばーい

松:ばいばーい

り:はい。失礼します



松:ま、凄い。こうことやってたんだね

光:そうなんです

剛:そうなんですよ~

光:もっとね、でもふざけたことやってたんですよ

松:うんうん。じゃ、ま、あんま長居しても悪いんで。この最終回・・・

剛:あ、そうですね。サウナを

松:2人で

光:そうそう。サウナ行かないと

松:なんか、ほら、せっかくだから2人でちゃんと〆て終わったほうがいいじゃないですか

剛:んふふ(笑)

松:すみませんね、こんなときに来ちゃって

剛:いえ、とんでもないです

光:いえ、来週も続くんですけどね

松:あ、そうなの?

光:来週

松:来週がじゃ、最終回?

光:来週まで

松:じゃ、今日がイブみたいな?イブじゃないな・・・(笑)

剛:んふふふっ(笑) (スタッフ笑)

松:どこか、また・・・年末の歌番組かなんかで(笑)

光:そうですね~っ

松:じゃ、これからも応援します。KinKi Kids

光:はい、どうも

剛:ありがとうございます

松:KinKi Kids、最高っ!!!!

剛:あはあはあはあはっ(笑)

光:どうも失礼しまーす

松:あざーっす。お疲れさまでーす

剛:お疲れさまでーす

光:気をつけてサウナ行って下さい

松:うん。大丈夫だよ

剛:お疲れさまです

松:ばいばーい



剛:さぁ、と言うことでですね

光:この最後の最後の前に・・・この松岡くんが入ってくれたことによって

剛:はい。よかった

光:明るいキンキラキンキワールドになったね

剛:うん。文字通り・・・初めてじゃないですか?キンキラキンキワールドみたいな (スタッフ笑)

光:ふははははは(笑)

剛:初めて思いますよ

光:ま、2人だけしか、こ、報告出来なかったけども

剛:そ、です

光:ま、これ聴いてる人にはねっ?え~、みにゃ、みなさんには伝わったと思います

剛:ええ、ええ。はい

光:ねっ。そ言うことでございますよ

剛:ま、番組は終わりますけども、KinKi Kidsこれからも応援して頂きたいな、と思っております

光:はい。と言うわけで、以上。「衝撃の突撃テレフォン」でした

剛:でしたっ!





光:はい。今夜の衝撃的なキンキラキンキワールド(剛:うんっ)、いかがだったでしょうか?

剛:はいっ。来週、ついに・・・12年の幕を閉じようと

光:そうですね~

剛:しているわけですね~、ええ

光:そんな感じがねっ?非常にしないのも・・・

剛:ええ

光:ま、それはそうですね。これだけ続けてきて

剛:ええ、ええ

光:え~、やってきたものが急に終わると言われても。多分リスナーも、未だに嘘やろ?と

剛:思ってるでしょうけども

光:思ってる方も居るかもしれませんが

剛:これもう、そうなってしまいますんでね

光:ま、来週最終回ということで

剛:はい

光:それにふさわしく、BIGな!

剛:あ、ほんとですか?

光:ゲストが

剛:BIGゲスト

光:これも嘘でしょ? (スタッフ笑)

剛:いやいや。BIGじゃないですか?ボクが思うに

光:はい。というわけで、来週、キンキラキンキワールド

剛:うんっ

光:ファイナルでございますので

剛:ファイナル

光:絶対聴いて頂きたいと

剛:聴いていただ・・・ま、ファイナルですから、やっぱちょっと声も張りめでいこうかな?どお?

光:いや、オレは・・・変わらないよ (スタッフ笑)

剛:なるほど~・・・んふふふふふっ(笑)

光:あはははははっ(笑)

剛:はぁ~あ(笑)

光:オ~レは変わらないよっ

剛:うーん

光:ファイナルだからと言って

剛:そこはもうちょっと、「そやな、剛」とかなぁ?なんかお前ぽっと「(聴き取り不可)」とかあって、

  「そやなーっ。じゃ、また来週~!」(元気口調)みたいなことでよかったんやけど、

  「や、別にオレはそんなお前・・・(もごもご)」みたいな・・・なぁ? (スタッフ笑)

光:オレは常に一環して最後まで終わるぜ!

剛:終わる「ぜー!」って、その最後だけちょっと熱かったな。「終わるぜー!」言ったの

光:かなぁ? (スタッフ笑)

剛:うん。ビックリしたよ

光:オ、オレは・・・最後までこれで通す

剛:お前、イッキやな。語尾がイッキやなー

光:ふはははっ(笑)

剛:んふふふふっ(笑)

光:と言う訳で、また来週

剛:はい

光:いま、いまは来週って軽く

剛:ま、また来週って言いますからね

光:また来週でございます

剛:はいっ

光:ばいばーい

剛:ばいばーーーいっ







| キンキラKinKiワールド | 13:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |