FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2013年3月13日(水)

光「はい、堂本光一です。まずは愛媛県の3年A組32番さんからのメールです『登下校中に宇宙を3人で語り合ってます。何億光年も先には1000年後の地球がある、人類は流れ星に乗ることが出来るはずだ。地球誕生の頃は月に飛び乗ることが出来たのではないか、このように研究会の発表者のテンションです。今のところこのテンションで会話が成り立つ人はこの人達だけです。同盟者数を増やしたいので私たちと話せる人を募集しています。どんなもんヤでも宣伝してください、お願いします』なんでオレらが宣伝せなアカンねん。そんなもん・・ほんまになあ、大変やねんで、プロモーションするって。いくらかかると思ってんねん、ほんまに。ふふふ(笑)そんな、なんでやねん、ほんま・・はい、KinKi Kidsどんなもんヤ、はじめます」

【今日のポイント その1】
切実でしたな、プロモーションの大変さ(笑)広告費、お金かかってますね、ええ・・w


《光一のオレファン》
光「光一のオレファン はい、ゆみんちゃんさん『雨のレースではドライバーの身体にかかる負担が少ないという話を聞いたことがあります。雨のレースと言われると滑りやすそうで事故も起こりやすそうなイメージが勝手にあるんですが、実際は身体への負担が少ないって本当なんでしょうか』実質少ないでしょうね、ドライバーにとっての神経を使う、視界が悪いといった面では精神的な疲れっていうのはもちろん出るでしょうけど、身体的にはね、当然コーナリングスピードとかがかなり落ちるので身体にかかる重力ってものがね、減りますし、ブレーキングGも減るでしょうしね。

あの、これも何度も話したことあると思いますけど、F1で身体にかかる重力っていうのはね、ブレーキングの時とかも5G、6Gくらいまでね、身体に重力を・・重力がかかるので、実際に人間が生活をしているとそこまでの重力って言うのは絶対的に感じることの出来ない重力なのでね、ほんとにF1ドライバーっていうのは、あの~・・ねえ、はたから見ると車に乗ってぐるぐる回ってるだけに見えるけど、非常に1周するだけでも身体に負担のかかる、ものなんですよね。だからそれだけの重力がかかるってことは、それだけ血もおされるということになるんで、ブレーキングをした時は体中の血がほんとに足にぐーって、落ちていく感覚でしょうし、非常に大変なんですよ?それが相対的に、相対的じゃない、それがね、全体的にスピードが落ちると、雨が降ると、落ちるということは身体への負担は減るでしょうね。まあ、でも雨は確かにこの方がおっしゃってるように、事故と隣り合わせでもありますし、その辺の精神的負担は大きいんじゃないかなと思われますよ(インフォメーション)歌です。え~~、KinKi Kidsで、変わったかたちの石、どうぞ」

【今日のポイント その2】
途中でがさがさ音がしたのは、銀紙の音かなあ?ドンドンする音も聞こえましたけど。状況が気になってしょうがない( ´艸`)


《今日の1曲》『変わったかたちの石』

《お別れショートポエム》
光「お別れショートポエム。今日は埼玉県のどりこさんからのポエムです『今日クラスの友達にずっと思っていたんだけど雰囲気とテンションが大泉洋に似てるよねと言われた。イマイチ喜べなかった』うん・・ま、なんかわかるようでわかりにくいようで、大泉洋さんのあのテンション?結構高いよね。うん・・いいんじゃないですか。喜ぼう、喜んでいこ。うん、はい、お相手は堂本でした。バイバイ」

【今日のポイント その4】
「堂本でした」しか言うてないよね?ついに光一言うてないよね?今日めっちゃ短かったなあ(^^ゞ


| 光一どんなもんヤ | 11:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |