FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2013年5月1日(水)

光「はい、堂本光一です。まずは奈良県のしほさんからのメールです『今日数学の授業中にふと思ったんですが、ゼロってこの世に存在するんですか?ゼロって何もないことをさしてるんですけど、ゼロという概念は存在しているということなんでしょうか。考えたら混乱してきました。光ちゃんどうか私に教えてください』いいところに気づきましたね。そうなんですよね。数字自体が概念そのものですから。人間が考え出したものですよね。1,2,3,4・・数字っていうのはあるけど、それ自体には実体はない。で、ゼロっていうものごと自体、何もないよって表す記号、数字。そう考え始めると色々不思議に思えてくるよね。

あとは、0,1,2,3,4,5,6,7,8・・数字って結構万国共通だったりするじゃん。それもなんで数字は共通なんやろなみたいな思ったりもしません?まあ、あの、古い文字もあるけどね、壱、弐とか、参とか、あるけど。うん・・数字自体が実体のない人間の考え出した概念なんですね。だけど数字がないと世の中の文明は生まれないし、数字そのものが文明なんですよ。と、数学の先生がおっしゃってました。そう考えると数字って面白いでしょ?計算しよ!って気になってくるでしょ。ちょっと九九言ってみよ!・・・

続いてラジオネームしょりたけさんからのメールです『ただいま2012年12月5日の午前3時です』だよね?まだ12月だよね(笑)『このメールが読まれるまでどのくらいなのか試したいと思っています。よろしくお願いします』(スタッフ大爆笑)あ~~・・そうですか・・約半年弱、かなり・・1クール以上、ですねえ。失礼しました。はい、KinKi Kidsどんなもんヤ、はじめます」

【今日のポイント その1】
「壱、弐」って変換したけど、ラジオなんでね、それが合ってるかどうかわかりません(笑)光一さん、頼むよ(爆)


《光一のオレファン》
光「光一のオレファン ね・・・・まだ12月、ええ、まああの、F1に関するお話も、シーズンというのもあってねえ、色々厳しいなあ~~、実際これがオンエアされてる頃にはもうレース自体も始まってる可能性もあるんですが、えー、2012年のタイヤに関してはかなり難しいタイヤだったんですね。それが2013年どういったタイヤになるのかっていうのは、非常に注目すべき場所だと思っております、私的には。2012年はあの・・え~~、作動領域、作動領域といいまして、やっぱりF1のタイヤっていうのは普通のタイヤとは全く違って、タイヤの表面の温度が100度くらいなんですね。その作動領域・・ま、ピレリ自体の作動領域の温度が何度かっていうのは僕もよくわかってませんけど、じゃこのタイヤはこのコースに対して、この作動領域が何度なんだっていうのを把握するのが、非常に難しタイヤだったそうなんですね。

で、その作動領域に乗せておくのも、ずーっと攻め続けて走ると作動領域から上に行ってしまうし、かといって、ねえ?タイヤいたわる走りをしたら作動領域より下回ってしまって、作動領域にいれこむのが非常に難しいタイヤだったそうなんですね。だからそのセッティングによってちょっとの差によって、うまくその作動領域にのせることが出来た車が、え?このドライバーがこのチームが優勝しちゃうの?っていうのが前半戦に起こったことなんですよ、2012年は。だから2013年はタイヤの特性も変わるという風にピレリの代表も言っているので、ま、どういった感じになるのかなあというのは楽しみな部分ではあるんですけど。

こういった話をするっていうこと自体、F1はかなりタイヤに支配されてるってことですね。F1はっていうか、車は。何度も言いますように車自体がタイヤに接地してるのは、あの地面に接地してるのはタイヤしかないので、タイヤの全ての限界性能を車自体が超えることは出来ないんですね。タイヤの限界性能を引き出した車が速いってことになってしまいますんで。裏を返せば。まあね、そういってしまうとなんだかなあっていう気にもなってくるけども、でもそこは技術の闘いで、タイヤの限界っていうか、タイヤをいかに上手く使うかですね。はい、というわけで楽しみにしたいと思います。2013年のF1も(インフォメーション)では歌でーす。KinKi KidsでSecret Code どうぞ」

【今日のポイント その2】
ふと気が付いたら「作動領域」を一箇所「佐渡領域」って変換してて笑ってしもたよw

《今日の1曲》『Secret Code 』

《お別れショートポエム》
光「お別れショートポエム。今日は兵庫県のとこさんからのポエムです『今日大好きな人と目があった。嬉しかった。大好きな人の瞳の中で私はどんな風に映っていった・・映っていたのかな、可愛く映っていたらいいのにな、いいのにな』うん、乙女ですね。アナタの瞳の中に私が映っている、ね、えー・・はいっ。お相手は堂本光一でしたー。ばいばいっ」

【今日のポイント その3】
映っているのは光のどうのこうの、網膜にはどうのこうの・・って言おうとしたけど諦めた12月の光一さん

| 光一どんなもんヤ | 11:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |