FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2013年5月8日(水)

剛「どうも、堂本剛です。まずは岡山県のかえぴょんさんからのメールです『初めてどんなもんヤに投稿したメールがKinKi Kidsさんお2人に読まれて家族中が大騒ぎでした。おばあちゃんとおじいちゃんも喜んでいました。こんなに喜んでくれると思ってなかったのでびっくりしました。KinKi Kidsさんありがとうございました』という、非常にシンプルで真面目なメールいただきましたけど、まあ、あの・・ラジオをね、聞く文化って僕が小学校中学校ぐらいの時っていうのはね、家でもお姉ちゃん色々聞いてはったなって印象がありますね。でもどんどんラジオも形を変え、ネットラジオとかね色々なモノがどんどん普及してきましたけども、今はラジオがね、色々なことになっていくっていう。

だからラジオで1人でマイクに向かってしゃべってても色んな人に届くきっかけもすごく作ってはくれるしってところで、面白いモノにはなっておりますけども、こうやっておじいちゃんおばあちゃんも、家族中で喜んでくれるなんて非常に嬉しいことですしね。まあそれを選ばれる運を持ってたというところでございますからね、是非是非今後も家族で聞いて頂けるようになるべくいい話していこうと思いますけど、たまにちょっと方向性がずれていくときもありますけどね、そう言うときはちょっとおじいちゃんおばあちゃんが、完全に顔・・顔が曇ると思いますんで、そう言うときはおじいちゃん、おばあちゃんにね、意識をそらすようになんかしてほしいななんて、いうふうに思いますけどもね。さ、ということでございまして、今日もどんなもんヤ、はじめます」

【今日のポイント その1】
これまた読まれて、家族総出で祝せなアカンやん(笑)っていうか、家族で聞いてるんですか?ってわけでもないよね?( ´艸`)



《なんでも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 番組の前半はですね、普通のお便り紹介します。山形県のはるみさんです『miwaさんのライブのために山形から東京にやってきましたがなかなか友達に会えません。ヒマなのでメールしました。東京怖いですね。人多い』という、まあ、いわゆるその不意に襲う不安とともに暇つぶし・・の中でのメールですね。うん、でもmiwaちゃんのライブに行く子がキンキのラジオにメールをするというこの流れはなんなんでしょうかね。KinKi Kidsが元々好きで、今も応援しているけれども、miwaちゃんちょっといいかなーと思っていく・・行っただけなんですわー、なのかな?どういう流れかはちょっとわかりませんけども。山形からわざわざね、東京にやってくるという。うん・・まあでも、ライブってそんなもんやよなあと思ったりするよね。今やっぱり音楽もさ、日本ぐらいじゃないですか、レコード店があってCDショップとかDVDショップがあって、そこに行ってジャケット見て、ジャケット買いすることも出来たりするけど、今はね、ジャケットなんてネット上にしかあがらなくてってことで、で、アルバムも全ての曲を聴くのではなく、自分の中で好きな曲だけをチョイスして、言うたら料理でいうバイキングみたいなもんですよね。うん・・ほんとはフルコース食べて欲しいですけどね。でもバイキングでこれとこれとこれが好きやから、これでいいみたいな。で、このセットでお願いしますみたいな感じで買うわけじゃないですか、

で、昔のライブの形態ってやっぱりその、アーティストが地方に行くっていう。流れももちろんあるし、非常にいいことだとも思うけど、なんか、今こんな時代だからこそ逆にライブのプレミアム感っていうか、そういうものも落ちていきやすかったり、、あるいはあがりやすかったりするねんけど、なんか、僕はほんとわざわざそこに行くっていうところにドラマとか人生とかご縁とか感謝とか喜びっていうものも、僕はあるような気がするねん。もちろんすごく自分の近くのなんとか会館っていつも通ってるわ、みたいなところに人がぽんときて、そこでやってんねや、やったら行こうかなっていう感情、ではなくて、こんど東京でライブあんのか、今度あそこでライブあんのかってなった時に、ちょっとその日の為にお金貯めようとか、わくわくしながらお金貯めて、どんな服着ていこうかなあって悩みながら、で、服決めて、で、電車なり飛行機なり、色々車なり、乗って、そこに行く道中でまたファンの子同士がなんかこう繋がったりいろいろしながら、隣同士なった人とね、たまたまファンの子で話して仲良くなってとか、色々あるじゃないですか。なんかライブって生きてるって意味もありますからね、そんな思いも僕は結構ある、ジャンルのものですけど、こうやってね、わざわざ行くって非常になんか美しいなとちょっと僕は思ったんで、お話させていただきました、さあ、ということでございまして、以上なんでも来いやのフツオタ美人でした」


【今日のポイント その2】
わざわざ行くのは美しいとも言えますけど、そないにわざわざ行ける人ばっかりでもないしね(^^ゞ フルコース食べるから、地方も来て欲しいですよね(>_<)


《剛のフィッシング天国》
剛「剛のフィッシング天国 魚や釣りに関する質問に答えてまいります。大阪府のおたやんさんですね『三重県の鳥羽水族館にとある深海生物が飼育されています。それは海の掃除屋さんと呼ばれている、ダイオウグソクムシです。2007年9月に入館して以来ちゃんと餌を食べたのは2009年1月にアジ1匹だけ、それから今まで4年2ヶ月間、絶食中なんです。海の掃除やさんというからにはわんぱくに食べる感じがするんですが、深海の生物は謎が多いなと思いました。ちなみにネットでダイオウグソクムシを検索しましたがとてもでかいダンゴムシで、お腹側にはエイリアンのようなグロテスクな顔もあります。深海の生物って不気味で面白いですね。剛さんも知ってましたか』という、

これは非常に有名なものであり、生物であり、有名な話なんですけど、このかなりの絶食をしてますから、かなり修行僧のような域に入ってますけども、やっぱ深海って住んでるバクテリアや微生物も全然種類違いますし、で、無駄な機能削ぎ落としていくんですよね、だから真っ暗なんで、逆にいえば視力は必要ないとか、そうするとセンサーで自分がどんなところにいるのかっていうの、なんとなく把握しながら生活をする魚も非常に多いですね。うん・・あとは脂分が多いとか、肉の性質とかもね、色々変わってはきますけど。意外にこれは美味しいよね、とか、っていうて、わざわざつり上げられてたり、食べてたりしてるサメの種類とか色々あるんですけども、まあ、それをわざわざマーケットでね、すごくみんなが好んで食べるものでもないんだろうなとかは思いますけども。まあでもこれは相当気持ち悪いですよね、彼には申し訳ないけど(インフォメーション)それではちょっと申し訳ないんですけどね、もう一回あの、WAになっておどろう、V6でどうぞ」

【今日のポイント その3】
なぜダイオウグソクムシからの、WAになっておどろう?!



《今日の1曲》『WAになっておどろう』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエム。今日は兵庫県のまりえさんからのポエムです『妹とテレビを見ていた。漫才コンビのハイヒールさんを見て、リンゴ姉さんと呼んでいた。そんな妹は4月で高3,関西の吉本教育は100点と感じた』全然こっちからしたら姉さんでもなんでもなかったりね。師匠でないのに、兄さん姉さんみたいな、師匠とか言うてしまうっていう。やっぱアレですよね、みんなオール阪神巨人師匠とか、巨人師匠とか言いますやんか。うん・・やっぱリンゴさんはリンゴさんって言わへんもんね、なんか。リンゴ姉さんってみんな、言うよね。うん・・このなんでしょうね、西の・・人はどうしても漫才とかネタ番組とか、西のほうでは結構普通に流れてますからね。それを見ながら教育・・教科書を見てるわけですから、そらあ、こういう時にはこうしたらええやろっていうのが身に付きやすい環境ではあるんですけどね。その中でもなんで岡田は・・あんな面白くないのかな、これちょっと、すごくねえ、不思議なんですけどね。うん・・もうちょっと教科書読んで欲しかったなというふうに思うわけですけどもね。さあ、と言うことでございましてね、みなさんまた色々なメールお待ちしておりますので、是非このどんなもんヤにお送りください。ということでございまして、お相手は堂本剛でした。さよなら」

【今日のポイント その4】
東の方では、ネタ番組とかやってないんですか?!そうか・・西の方は一般人でも充分面白いですけどね。岡田くんは、面白くなくてもオトコマエやからいいんですよ♪


| 剛どんなもんヤ | 11:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |