FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2014年8月27日(水)

光「はい、堂本光一です」
剛「はい、堂本剛です。まずは三重県のありささんからです『以前どんなもんヤ!でゴリラの学名について盛り上がっていたので』」
光「はい、ゴリラゴリラね」
剛「『他の動物についても調べてみました。するとグリーンイグアナは、イグアナイグアナ、マンボウはモラモラ、カササギはピカピカ、もぐらは、モゲラウォグラという』」
光「モゲラウォグラ」
剛「『かなり衝撃的でした』」
光「学名がね」
剛「『どうでもいい雑学が増えた気分です』
光「モゲラウォグラ」
剛「きましたねえ」
光「モゲラウォグラって強そうやな」
剛「ねえ・・モゲラウォグラてすごいですねえ」
光「でもなんで、二つの同じアレを繰り返す必要があるんやろ、イグアナイグアナ」
剛「そうやよねえ?だからグリーンはイグアナイグアナ、レッドはイグアナイグアナイグアナってなってるのかな」
光「学名って不思議やな」
剛「不思議やな、もうちょっとちゃんとつけたらなあ、わかりやすいのに」
光「ん~、モゲラウォグラ」
剛「なるほどなあ、かっこいいねえ・・あ、モゲラウォグラや・・っていう」
光「え?ってなるけど」
剛「なるけど、かっこいいやん」
光「学名やねんっていう」
剛「雑学やん。モゲラウォグラ」
光「絶対・・絶対忘れるって。はい、どんなもんヤ!はじめます」

剛「はじめます」


【今日のポイント その1】
モゲラウォグラを聞き間違えて、モグラになったという説がありましたが・・・・・使いたくても、そもそも、その辺でモグラを見かけない気がするw


《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 京都府まみちゃん『先日京都にある動物園をたん・・検索していたら、関連ワードにゴリララーメンとありました。この番組でゴリラに関心が出てきたところなので、調べてみるとこれはシロクマラーメン、パンダラーメン、に続く動物園コラボラーメン第2弾、とのことです。ゴリラをモチーフにした黒っぽいスープでこくのある味わいの醤油ラーメンです。売り上げの一部は動物園の整備資金にあてられるそうなので見かけたら買ってみてはいかがでしょうか』」
剛「あ、そう言う流れがあるのね。このシロクマラーメンは美味しいですよ」
光「あ、オレも食うたことある。アレがそうなんや。塩ラーメンみたいな感じで」
剛「そうそうそう、すごい美味しいですよね」
光「食べたことある、うん。最近のレトルトのラーメンとか、すごいできが美味しいよね」
剛「レベルあがってますね」
光「美味しいね。はい、京都府あやなさん『以前ゴリラの話題がありました』今日ゴリラおすねえ」
剛「ゴリラゴリラの話」
光「『最近私の周りでめっちゃという言葉の代わりにゴリラが使われています』」
剛「使い方難しいよぉ?」
光「『使用例としては、ゴリラ暑いなあ~とか、ゴリラ眠いなあとかです』」
剛「ん~、なるほど」
光「『私も最初は何を言うてんねんこいつと思っていたのですが、使ってみると案外すんなり使えるようになりました。是非使ってみてください』」
剛「なるほど。まあ、関西でいう、バリうまいとかありますけどね・・ゴリ・・ごりごりやなあとかあるけど、「ら」までいくってことですね」
光「ゴリラ旨い」
剛「なるほど」
光「ゴリラ眠い!・・今のオレやな。ゴリラ眠い」
剛「ゴリラお腹すいたわ~」
光「ま、確かに使い始めると案外使える可能性が(笑)」
剛「すんなりいけそうですね」
光「出てくる可能性がありそうですね。はい、なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
そうか・・光一さん眠いのか・・・・・・剛さんはお腹すいてるのか・・・


《夏の終わりのお子様ショートポエム祭り》
剛「夏の終わりのお子様ショートポエム祭り 夏休みももうすぐ終わりという時期ですが、子どもにまつわるショートポエム紹介します。高知県ころころひろこさん『生後5ヶ月の従兄弟の子がミルクを飲んでいる途中テレビに出ていた関口メンディーくんを見てミルクを飲むのをやめ一瞬ものすごい渋い顔した。何を感じとったんだろう』」
光「何か、こう野性的な何かを」
剛「何かを感じたんでしょうね」
光「メンディーさんも野性的ですから」
剛「野性的やからねえ。子どもはぱっとやんだんですね。兵庫県うまみみさん『3歳の娘がパパが帰ってきて顔を見るなり、パパ嫌い、あっち行ってと言います。今日で3日目です。ダンナがかわいそすぎます』」
光「それ絶対にね、嫁さんのなんかですよ」
剛「ん~~、ちょっと仕込んでる?」
光「うん、もうパパやだね~~、みたいな」
剛「ああ、そういうの言ってるかもね。もうパパこうなのよ~って冗談でもね」
光「絶対言ってるねんて」
剛「帰り遅いよねー、パパねーって言ってたらそうなっちゃうかもね」
光「あるあるだと思いますよ」
剛「千葉県なちゅなちゅさん『小学1年生の甥っ子が算数の宿題をやっていてリンゴが23個あります。8個あげたら残りは何個?と問題文を読んでいたら隣にいた5歳の甥っ子が、んー、おしっこと答えた。最後のこしか合ってないじゃんと思ったけどそのひらめきが面白かった』」
光「この子は天才になるわ」
剛「なるね。ん~~、おしっこ!って言ったんですね。もうそこはなごんだでしょうね、家庭は。きゃっきゃ言いましたで。東京都くみぺーさんね『3歳の息子は幼稚園で毎日のように服をどろだらけにして帰ってくる。家に帰って泥まみれの服を洗いながら一句思い浮かんだ。今日もまた泥まみれの服 お土産よ なかなかいい句が出来た気がする』なるほど。これはでも子どもが元気でわいわいやってる証拠ですからね」
光「うん、泥まみれにして、それが私にとってのお土産になるというぐらい、子どもが好きなんですね」
剛「好きだというね」
光「あらら、子どもの健康を願ってるわけですね」
(スタッフに笑われてますよ?)
剛「ふふふ(笑)いやいや、なんていうのかな、ショートポエム祭りにするぐらいやから、とんでもないもの来るのかと思ったら、意外に普通に、ほっこりするエピソードばっかりやったんで」
光「うん・・そうそうそう」
剛「ゴリラ読んだあとやから」
光「なんかゴリラ押しすんのかなと思ったら、全然ゴリラちゃう」
剛「ちょっと距離がね・・・難しかった。まあ、ということでございまして(インフォメーション)さあ、それでは、ゴリラーデイズ聞いて・・ああ、Glorious Days、聞いていただきましょう、どうぞ」

光「ひどいな(笑)」

【今日のポイント その3】
よくゴリラから、Glorious Days出てきましたね(爆)


《今日の1曲》『Glorious Days ~ただ道を探してる』

《お別れショートポエム》
光「お別れショートポエム。今日は福岡県のゆいまーるさん『いくら夢の世界に逃げてもさめたらみじめになるだけじゃないか、もっと現実世界でがんばらなくちゃ、がんばらなくちゃ、byドラえもん』」
剛「うおー、のぶよさん良いこと言うね」
光「でも、オマエらの世界が夢やないかって話しやけどな」
剛「んふふふふ(笑)まあ、確かにね。今はジャンレノですけどね」
光「そう、だからねえ、夢の世界・・夢を掲げるっていうのとね
夢の世界、夢に浸るっていうのはちょっと違う、これね、結構分けられない人いるんですよ。そこ勘違いしちゃいけないですね」
剛「うん・・・そうよ」
光「現実の世界をちゃんとよく見て」
剛「そう!」
光「大事なことですよね」
剛「ショートポエム祭りから、ゆるーくなりましたね、急に。せせらぎになりましたね」
光「はい、じゃあ終わりましょうか」
剛「はい。おわりまーす」
光「堂本光一でした」

剛「堂本剛でしたーさよならー」

【今日のポイント その4】
光一さん、そろそろ毎日「現実を見て!」って言われるんだろうなあ・・・www

| 2人どんなもんヤ | 11:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |