FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2015年3月17日(火)

剛「どうも、堂本剛です。きましたね、大阪府のゆっこさんですけども『先日ビッグダディのリラクゼーション店のメールをしたものです。お店には行っていないのですが、ひょんなご縁で電話にてお話させていただきました。ちなみに剛くんがダディを応援していることと、ダディが焼肉店をやられて、従業員みんなダディ姿で、いってらー、お気をつけーと接客したらどうですかと剛くんの提案を伝えたところ、おう、相当見てるね、とかなり笑っておられて(笑)ありがとうございます。なんならラジオに呼んでくださいとおっしゃってました。この件もきちんと報告していいですよと了承してくださって、とてもきさくで優しいダディでしたよ』と。素晴らしいですね、営業も忘れないというダディですけども。

どうですか、ダディが、清志さん、ここ来てね、ラジオでしゃべるって・・・どうなんでしょうね。別に清志さんとしゃべることは、なんら出来ますけども、彼も相当頭の中が、いわゆる・・なんていうか僕とは違う宇宙観があるんでね、うん・・その、真理といいますか、かなり宇宙観あるんで。そうですねえ、ダディと何をしゃべるかですですよね(ス「数えるほどしかお客さんがいらっしゃってないですから、今まで」)ですよねえ。その中で急に・・本来ならば素人の方でしたからね。それでこれだけ一躍有名になったという、人生で考えるとすごい人生歩いてきた方ではありますからね。うん・・色々なご苦労もある中でのね、感じなんで。まあ、ちょっと機会がありましたら、是非よろしくお願いもうしあげます。はい、ね、答えていただきまして、ラジオ呼んでくださいとまで言ってくださって、ありがとうございました。さ、それではどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
まさかダディもこんなゆるい番組だとは思ってないと思いますwww

《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 番組の前半は普通のお便り紹介しますが、東京都の、お、みなちゃんですねえ、みなちゃん『ナインティナインの岡村さんがラジオでこの前初めて剛くんとご飯に行ったと話をされていました。岡村さんは、剛くんがめっちゃオシャレな藤子不二雄先生みたいだったと、こんな言い方したらアレかもですけど剛くんと気が合いそうだと、新しくお友達が出来た。新しいお友達堂本剛くんですと話をしていました。剛くんも岡村さんと気が合いそうでしたか。想像しただけでなんかほほえましくなっちゃいました。大吉先生もいたのかな』ということで。あのー、先日だから、大吉さんがちょっと剛くんと、岡村隆史を会わせたいと、いうことだったんで。僕はいつでも大丈夫ですよということで。それで、ご飯ご一緒する、で、その時にお話を聞いていた限りでは矢部さんが、岡村と堂本くんでは、マイナスとマイナスの力になるから、暗くなるから、誰かプラスを連れて行けみたいな。その方がええんちゃうかみたいなことで、フットボールの後藤さんもきはりまして。で、大吉さんと4人で食べたんですけど。で、岡村さんとそんな話をしたら、マイナスとマイナスはあわさるとプラスになんのになあ、なんて岡村さんもおっしゃってて。すごくきさくにですね、お話してくださって、ごちそうもしてくださいました。

あのー、テレビを見てる段階で、だいたい岡村さんこういう方なんだろうなは、ずっと感じていますし、ロケ中だったり色んなところで気つかってはるその仕草とか、は見てるとまあまあ、こういう人なんだったらたぶんほんと相当近いところで話出来る人になるな、というのは思ってたんですけど、なかなか機会がね、なかったもんですから。でも先日ちょっと時間がもうけられましてね、僕はベレーをよくかぶってるんで、その時もおっしゃってましたけどね。藤子不二雄先生ですかっておっしゃってましたけども。違いますよとは言っときましたけどもね。そういうことでね、一件目で帰んのかなと思ったんですけど、2件目行っちゃう?って言われて、全然僕大丈夫ですよって。でも歌詞をね、帰って書かなアカンというギリギリの、結構せっぱつまった時だったんですけど、これはちょっと行くことに意味があるなと思ったんで、行かせていただいてですね、やったんですけど。まあ、楽しかったですよ。

うん・・なんか大吉先生が酔っぱらって、ブラック大吉っていうのが、出てくるんですよ。ちょっと酔いすぎるとね。それはそれで楽しかったですけどね。最後だからすごくふわーっとした空気でみんな別れましたけど。まあ、大吉さんに次会うんで、その時も言いますけど、ラジオでも言っときますけど、岡村隆史の心の闇、最後の闇をとくのは堂本剛しかいないっておっしゃってたので、お会いしたけども、恐らく一番病んでるのは大吉さんじゃないかという(笑)実は・・ええ、ことにちょっと剛は気づいたぞと。剛も隆史も。気づいたぞというようなところがちょっとあったなという。ですから次は岡村さんと、隆史と剛で、大吉さんをちょっと、チューニングというか、やってですね、少しでも大吉さんがプライベートで少しでも笑うようにね、ほほえむように、けしかけていこうという風に思っております。さあ、ということでございまして、以上なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
あ~~、なんで年収聞くんかな?ってヤツですね(笑)大吉先生www

《愛ゆえに》
剛「続きまして 愛ゆえに 愛に関する悩みや相談を受けてまいります。茨城県のちしゃねこさん、17才の方ですね、こちらも17才の方ですね『私は今片思いしています。その人に私のことをどう思ってるのか聞いたところ好きでも嫌いでもない』お、ゼロですねえ『好きでも嫌いでもないという答えが返ってきました。それなのに時々思わせぶりな態度をとってきます。本当はどう思っているのか全然わかりません。男性の剛くん、どう思いますか』うん、やっぱりね、好きって言われることは気持ちいいですよね。で、その女の子が可愛ければなおさら気持ちいいですよね、という。自分的に可愛いなとか、惹かれるなという要素がその子にあれば。それはそうなってしまいますよね。だから、ちょっかい出してるわけじゃないねんけど、思わせぶりな態度をとってくるというのは、これ、自分の概念かもしれないよと思います。なんなん思わせぶりな態度とって・・いやいやこっちなんも考えてへんしってことも大いにあるよということです。なんか嫌いっていったら、傷つけちゃうし、スキっていったらそれこそ思わせぶりになっちゃうから、最終的に彼の優しさの中で絞り出した答えなんじゃないかなあと。

こういうときは、答えやすいように聞いてあげるという優しさを持つべきですよ。大きく答えを求めずに、ものすごくナチュラルに、フラットに、もしね、私と付き合うことがあったりしたらどっか連れて行ってくれますか、え?オマエと付き合うの?、もしですよ、もし・・なんかそうやってコミュニケーションいっぱいとっていけば、その人も自分の方に、もうちょっと興味持ってくれるかもしれないし、自分もその人に対して、自分の話が出来る、うん・・あるいはもっと上をいくと、あれ?別にこの人私スキじゃないかもという答えにたどりついてしまうかもしれないけど、フラットに生きるっていうのは、うん、かなりオススメなんでね、こういうときに。答えを導き出そうとすればするほど、欲張ってはいけないから、フラットに生きるっていうのはいいんじゃないかなと、いう風に思うわけでございますけど、恋というものはいいものですから、是非楽しんでくださいね(インフォメーション)さあ、それでは僕の背中には羽根がある、聞いて頂きましょう、どうぞ」

【今日のポイント その3】
好きな人に「もし私と付き合うことがあったりしたら・・」なんて話できますか、17才で。そんなドラマか漫画みたいなことがっ!(爆)


《今日の1曲》『僕の背中には羽根がある』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエム。今日は埼玉県のみのさん・・・おお、みのさんからのポエムです『道路で土下座している夢を見た。相手はキンキの2人だった。私は夢の中でどんな悪いことをしたのだろう』なるほどねえ・・・ま、アレでしょうね。高速乗って、新名阪乗るか、普通の方乗るか、じゃあ、新名神剛な、とか、普通の名神光一な、とか、そこで道路に2人がふわっと降りたって、道路で遊ぶなと道路で我々を例えるなと、いう・ことでしょうね、これは・・・・今何か答えを求めようとしてます?(スタッフ笑)あれだけフラットに生きろといったのに。今なんか、何言ってらっしゃるんですか、みたいなこと・・(ス「いやいや、そんな(笑)」)もっと答えくださいみたいになってるけど。うん・・うん(ス「全然・・充分、充分いただきました」)うん、充分いただいたでしょ。そういうことやな(ス「夢の話ですからね」)そうそうそう。夢、オーマイガットトゥギャザー現象ですよね、これがまさに。オーマイガットトゥギャザーです、ここが。いやあ、堂本剛のオーマイガットトゥギャザー・・ね、いつでも番組化出来ますんで、いつでも言ってくださいね。さあ、ということでございまして、みなさんまたお会いしましょう、堂本剛でしたー」

【今日のポイント その4】
そりゃもう、聞いてた人みんなが、どうしたどうした?何の話や?・・・って同じ顔してたと思いますが(笑)これがオーマイガットトゥギャザーか!かなり高度ですね( ´艸`)

| 剛どんなもんヤ | 15:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |