FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2015年9月16日(水)

光「堂本光一でーす」
辰「ふぉーゆーの辰巳雄大です」
松「ふぉーゆーの松崎祐介です」
光「神奈川県のちっちゃいあっこちゃんさんからです『先日は関ジャニのレコメン3時間お疲れ様でした。その中に流れていたHey!Say!JUMPの番組で岡本圭人くんがよく言われるんだけどコンサートの時は客席から僕たち見えてるでしょ、だから一緒。僕たちも見えてるの。それにコンサートの時はJUMPみんなが視力5.0になるからと言っていましたが、それについて光一君の見解いかが・・』ありえねえじゃん」
2人「あはははははは(笑)」
光「5.0になるわけがない。アフリカの方々がね、視力いいと言いますけど。しかも、ね、コンサートの時、客席から僕たち見えてるでしょ、明かりの当て方が違うわけだから。逆光なんだもん、ステージに立ってる人間はね、ピンスポットを浴びると。あとさ、オレのコンサートって煽り曲がほぼないから」
辰「そうですね、踊りが多いですね」
松「ダンス・・」
光「ダンスシーンで照明を作り込むシーンが多いから、客席を明るくする瞬間がほぼない」
辰「そうですね、光一さんのライブ」
光「残念ながら、見えませんっ!いいんです、感じるんです」
辰「感じる」
光「KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
ええ。見て頂かなくていいです。光一さんさえ見えていればそれでいいんですっ!

《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 岩手県かなこゆかりさん『ライブやラジオで岩手の話をたくさんしていただき、ありがとうございます。あまりの田舎にびっくりされたでしょうが、月や星、鳥やカエルの鳴き声に少しは癒やされましたでしょうか。横浜アリーナでのライブを見て新幹線で岩手に帰ってきた夜にはもう少し空気が冷たく蝉の声もあまり聞かれなくなって、鈴虫の声が聞こえていました。今度は冬の岩手にも是非。今度は辺り一面雪化粧ですよ』」
松「いいっすねえ」
光「寒いのはなぁ~~」
松「寒いの苦手ですか?」
光「でも暑いのよりはいいかも」
辰「暑い方がダメっすか?」
光「暑いのや~ですねえ、なんやろな、今までなったことないねんけど、名古屋見に来てくれたでしょ?あのあと、飯、ほんとに終わって20分ぐらいして急に吐き気がして、トイレ行って、でもあの日オレ食事ほとんどとってなかったから、それもあんのかなあと思って、ふぉーゆーと飯食いに行って、和食屋さんというか、お店用意してくれてるって言ってたから、食べたら治るだろうと思って。で、行って、色々出てきて、食事を見ると気持ち悪くなって、アカン、食われへんわ~と思いながら何度もトイレ行って、で、土瓶蒸しがあるぞって聞いて」
辰「光一君が大好きな(笑)」
光「土瓶蒸しあるのか!よし、じゃあ、土瓶蒸しを飲んだらきっと元気になるだろう、土瓶蒸しください、どれぐらいかかりますか?・・15分、20分ですね・・待てねえ~~~」
松「待てねぇ~~」
辰「もう体力が限界に」
光「待てねぇ~~・・もう病院行きますって、病院行って、先生に診断してもらって、あ~、熱中症レベル2だね」
2人「うぉ~~」
光「って言われて、オレは病院で点滴を2本打って、うん・・まあ、だからたぶんあの日の公演、結構ほんとにへとへとになった姿を見せてしまったので、まあね、お客さんにも心配をかけたかもね、しれないですけど、その後すぐ・・次の日さ、ドア開けたら2人がもういて、心配してくれて、大丈夫ですか、光一君って、オレなんつったと思う?」
辰「え?大丈夫だよ?」
光「え?なんかあったの?って(笑)」
松「あはははは(笑)昨日相当心配したのにね、あんだけ!」
辰「シール貼ってて(笑)」
松「点滴のシール(笑)」
光「ああ、忘れてた、と思って(笑)なんかあったの?って(笑)ぐらい元気になってた、次の日」
辰「かなり心配・・」
松「心配しましたよ」
光「大丈夫大丈夫。なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
噂には聞いてましたけど、やっぱり熱中症だったんですね~(>_<)あんなステージするのに、食事もほとんどとらずに踊ったら、そりゃあ・・・。っていうか、誰も熱中症じゃないかって疑わなかったんですかね?ご飯行ってないで点滴に連れて行ってw


《光一のオレファン》
光「光一のオレファン このコーナーずっと黙ってていいよ」
2人「はい」
光「ラジオネームゆみにおんさんから『ベルギーグランプリのレースからスタートに大きな変化があると聞きました。この変化に対してはドライバーの中でも賛否両論あるそうですが、特に今1位と2位を走っているメルセデスの2人の意見が分かれているようで、今後のレースがとても楽しみです。ただ同じマシンで走る2人の意見が違うのはどうしてなのか気になります。ルール変更について、少しアドバイス頂けたらと思います』非常に難しいアレなんですけど、今のF1のスタートシステムっていうのは、バイトポイントバイトポイントって言葉がよく出てくるんですが、そのバイトポイントっていうのはコンピューターとして、クラッチをつなぐタイミングやらなんやらっていうのは、設定しておくんですね。ドライバーはスタートする時は2つのステアリングの裏にあるレバーみたいなものを2つ引いておくんですよ。1つはスタートした瞬間に離せばクラッチが半クラッチ状態になる、もう1つのレバーがその半クラッチをさらにまたつなげるレバーというふうに、2つになってるんですね。もうスイッチみたいなもんですから、それを離せばさっき言ったバイトポイントっていったコンピューターで設定しておいた、クラッチをどれくらいの強さで当てましょうかっていうのを設定しておくんですけど、そのスタート、フォーメーションラップ中にクラッチの温度を温めるとか、タイヤの温度を温めるとか、色んなことをやってるんですけど、それの始動をエンジニアがドライバーに言っちゃいけないよ、っていうルールになったんですね。ドライバーが全て自分の感覚でそれを設定しなきゃいけないし、クラッチをつなげなきゃいけないっていうルールに変わったんですけど、それによって色々問題が出てくるんじゃないかっていうことがベルギーグランプリで言われてたんですけど、まあ、スタートの失敗したのはロズベルグ、みんな失敗しましたね、うまくいってませんでした。ペレスだけ良かったのかな、何にせよ、あんまりよくなかった。これはちょっとバイトポイントってことに関してはそのシステム上の問題っていうのは僕も把握しきれてないので、非常に難しいんですけど、何にせよ、そのコンピューターとして設定して、温度領域ね、に、もっていかないといけないっていうのをドライバー自身が感覚でやらないといけないってことですね。わかった?」
2人「・・・・・・・・・・」
光「はい、以上光一のオレファンでしたー」
辰「ふふふふ(笑)」
松「詳しいな」
辰「詳しいなじゃない(笑)
光「(インフォメーション)歌何がいい?」
辰「えーっとですね、たくさんある・・・」
光「ジェットコー・・・やめとこ」
辰「おぉ~っ!」
松「おっ、おっ」
光「じゃあ、なにがいい?」
辰「じゃあ、松崎くん大好きなスワンソング」
光「スマンソング」
松「スマンソングです!」


【今日のポイント その3】
大人しくうなずくだけの辰巳とマツ。後輩とはいえ、ゲストを黙らせてしゃべる光一さん、さすがだわ(笑)

《今日の1曲》『スワンソング』

《お別れショートポエム》
光「なぜスマンソングと言われているかよね。これは知らない人が多いと思うんですけど、ま、ボイストレーニングにね、松崎も、ふぉーゆーみんな行ってるんだろうけど松崎もやってる時に、課題曲というか、先生に歌いたい曲何かないかって言われてスワンソングをチョイスしたんだよね」
松「そうです」
光「その時にあまりにもの歌えなささに」
辰「遠距離恋愛ってあるじゃないですか」
光「あ~~」
辰「つらいばかりだね、遠距離恋愛♪を、つらいばかりだね、恋愛兄弟~~♪って、よくわからない(笑)」
光「そこだけじゃなくて、色んな所間違ってたんだよね(笑)歌じゃねえじゃん、歌詞じゃねえじゃねえか・・それによってね、それじゃオマエスマンソングじゃないかってみんなに言われてた」
辰「是非どこかで流したいです(笑)」
光「お別れショートポエム、広島県ぴーぴーぽぽさん『カフェに行ったときのこと、カフェラテを頼んだら店員にホットですか?と聞かれた。暑い日だったので、冷たいモノが飲みたいと思い、コールドでと言った。すると一瞬、ん?という顔をしたあと、すぐアイスですねと言いなおされた。コールドと言ってしまった自分が急に恥ずかしくなった』ま、間違ってへんよね」
松「まあ、そうですね」
光「でも、スタバ?とか、オレ頼み方わからへんもん。なんやっけ、とー・・」
松「ああ、トール、グランデ、あとショート」
光「グランデが一番おっきい?」
辰「グランデ大きい」
光「ベンティ?・・ベンティ」
辰「高級車?」
光「メルセデスベンキっ!」
辰「あははははは(笑)僕らのやった公演で、錦織さんが考えてくれたセリフです」
光「錦さん、ほんと天才だよね。え~、辰巳と松崎には、再来週にもお付き合いいただきます」
辰「はいっ」
松「ありがとうございます」
光「お相手は堂本光一でしたー」
辰「ふぉーゆーの辰巳雄大でした」
松「松崎祐介でした」

【今日のポイント その4】
スマンソングって!!(爆)歌えないのに、歌おうとするチャレンジ精神のかたまりだなw

| 光一どんなもんヤ | 11:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |