Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2016年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2016年12月26日(月)

剛「どうも、堂本剛です。まずは広島県のぴぴーぽぽーさんです『私はケイン・コスギさんのことをどうしてもコイン・ケスギさんと言ってしまいます。ケとコの位置を頭ではわかっているんですが、どうしてもそう言ってしまいます。この間テレビを見ていたときに言い間違え母に笑われました。そしてその人はケイン・コスギさんではなく、仲村トオルさんでした(笑)剛さんはどうしても言い間違えてしまう言葉、言い間違えて恥ずかしかった言葉って何かありますか』ん~~、ほそ・・目細めたら、ケインさんも仲村トオルさんに見える可能性があるっていうか、あの・・不動産会社さんの服を仲村トオルさんに着せた場合、ぱっと出されたら意外と、アレ?ああ・・仲村さんやってなる人は多いと思うんですよ。だからこのルートはわからんでもないなと。これ、でもこの瞬間に立ち会ってたかったなってくらいおもろいですねえ。仲村トオルさん見て、ケイン・コスギと言ってしまった(笑)その瞬間ね、是非とも立ち会ってたかったなって感じがしますけど、非常に貴重な時間をね、お過ごしになったと思います。さ、ということでね、どんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
しかも、コイン・ケスギって言ってますから。何一つ正解のないおもしろい時間ですよ(笑)

《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 番組の前半は普通のお便りです。大阪府のはるひさんですね、15才の方で『以前剛さんが関西ではおっさんが電車の中できゃっきゃしてると』ね、そういう話しておりました『大阪在住の私も駅を降りて歩いていると向かいからピエロのメイクをして衣装を着た男の人が真顔で通り過ぎたり(笑)上下真っ赤なスーツを着た恐そうなおじさんが真剣な顔をして携帯ゲームをしていたり個性が強い人をよく見かけます。特に早朝は面白いおっちゃんが多い気がします。月に1回くらい遭遇するんでどこでもあることなんかなと思ってましたが、東京ではこういうことないんですか?』というね、この10代の悩みですよ。ないんですよ、これ。真顔のピエロやからね。真顔のピエロ東京で歩いてたらすぐ止められるよ。大阪はもしかしたら、ボケかな?っていうね。誰が突っ込むんか?っていうことの方に気がいっちゃうんで、東京ではないのよ、こういう個性の人が歩いてる、ハロウィンの時はギリあんねんけど。ハロウィンじゃないときもってのないのよ、月1で遭遇してるからね、この子。僕はもう環状線でターザンが走ってたもん、電車の中で。はじからはじまで。オォオ~~~って。それをコワッて思ってもなかったもんね。あ、ターザンやと思ったもん。これが、東京やったらえらいことやん。でも環状線では、ターザンや、で終わんねん、今日ターザン見てん、え、マジで!って話で終わるんでね。うん・・こういう平和なねえ、時間を幼少期に過ごしてしまってるからね。

ラジオネームぽんぽこタヌキさん『先日このラジオで新しい靴を午後におろす時に靴の裏にツバをはくという話があったと。我が家では夜新しい靴をはいて玄関からそのまま出かけてはいけないと言われていた。調べるとその続きがあり、新しいモノをおろす時は一部を少し汚してからにするといいそうで、例えば靴なら底を墨で塗ったり、火であぶったりする、あながちツバも間違いではないのかなと思いました。他にも我が家では、寝言に返事をしてはいけないというのも言われています。色んな家の独自のルールを聞くのも面白そうですね』これ確かに面白そうですね。夜爪を切ってはいけない、ね、これ寝言に話しかけてはいけないも、オレなんか聞いたことあるなあ。昔の人はこうしてたよ、みたいな話がやっぱり家のルールにあると思うんで、ちょっと募集してみてもいいかもね。靴をプレゼントしてはいけないっていうのも聞いたことがあります。旅立っていってしまうと。だから恋人とか、友だちとか、いわゆる自分にとって大切な人ですよね、には、新しい靴とかをプレゼントしてはいけないというの聞いたことありますけど。実際そうなんのか知りませんけど、それだけやっぱり新しいモノを自分が身につけるとか、あるいは人が継承してきたもの受け継いできたモノを自分がまた扱うっていう時の礼儀とか、心構えとか、そういうものが忘れてはいけませんよとか、色んなこと含めての色々な迷信があると思いますけどね、ちょっと聞いてみたいなと思いますが。

そして広島県のもんくみんさんね『突然ですけど私は数ヶ月で知り合いの顔を忘れてしまうと。いつも記憶のはじに残っている相手の顔の印象に近い人を見つけなんとかなっているんですが、剛くんはどのくらい期間があくと知っている人の顔を忘れてしまいますか?また顔を覚えていない相手から声をかけられたらどうやってその場を切り抜けますか』お久しぶりです!って言われる時の誰やったっけですよねえ。ま、お久しぶりですと言ってくださったら、あ、お久しぶりです・・お元気されてましたか的なとこから会話も初めていくしか、んん~、ないですねえ。まあ、そういう意味ではジャニーさんとかはもう、YOUって発言することによって、めちゃめちゃ便利な言葉を手に入れてるんですね。YOUはさあって言ったら名前関係ないもんね。僕もそのうちそうしよっかな、YOUはさあ・・ふふふ(笑)ちょっと使てる自分おもろいけど。YOUはアレやなあ・・みたいな。ま、いつかちょっと、検証せなな、YOUを、ジャニーさん僕、YOUってもらっていい?って1回聞いてみよか。ダメだよ、アレ僕のやつだよ・・ふふふふ(笑)言ったらおもろいねんけどな、僕のヤツって言ったらおもろいねんけどな。ちょっとそれもあるから1回聞いてみよ。はい、ということでね、以上なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
名前が思い出せないだけなら「YOU」で乗り切れますが、全く誰だかわからないと厳しいですよね(笑)ジャニーさんなら乗り切るのか・・


《剛のフィッシング天国》
剛「続きまして、剛のフィッシング天国 魚や釣りに関する質問に答えていきます。静岡県のあゆみさん『魚に方言があるというニュースを見つけました。記事によると魚は様々な音を出して会話をしている、しかもそれぞれの生息地の方言があるという研究発表、イギリスの人がね、学者さんが発見したと。例えばアメリカのタラが発する音はドシンドシン、という感じの低い音、ヨーロッパのタラの音は周波数が高くて、そのうなり声は長く続く、このことから方言が存在すると考えられる。剛くんは飼ってる魚のうなり声聞いたことありますか』でもこれうなり声、人が聞こえる周波数なのかな?たぶん違うような気もするけどな、あとはまあその・・考えられるのは水圧、水圧で変わってる可能性ない?方言というよりも。だから、ドシンドシンとは言ってるねんけど、人もそうやんな?寒い地方に行くから口が開かないしゃべり方になった、同じコト言うてんねんけど、みたいなのがあるから。環境の水圧、水温的な話、あとpH値によって変わってるだけちゃうの?イギリスの学者さん・・て気はしますけど。だってアメリカとヨーロッパやから、ずいぶんとまあ違うからね、&%#◎~~っていうやん、タラたぶん・・ハローっていうのと、ボンジュールっていうのと、haーって言うてるから、違うやん、やっぱ、へろ~・・でもこれ方言があって、会話をしてたら面白いなあ、ドシンドシンがどういう意味か・・背びれワイルドだろう・・ぐらいやったら、すごい悲しいけどな、背びれのことめっちゃ言うやん、魚・・みたいな。うん。

さ、そしてラジオネーム愛知県のちょむさん『私は今のダンナと交際を始めたのをきっかけでバス釣りにはまったと。初めてつったのが琵琶湖』いいですねえ『旅行行った時にサイズ25センチ』まあ、25センチですから、まあまあこぶりで可愛らしいですけど、でも楽しかったやろね『10年以上経った今でもあの日の喜びが忘れられない。そして2年前なんと地元で47センチ』大きいですねえ『バスを釣り上げてこの子は私の釣り史上MAXサイズ、かなりの自慢。剛さんはバスで釣り上げたMAXサイズ何センチですか』オレ何センチやったやろな、オレも琵琶湖でやったけど、アレ何センチやったかなあ・・30いってないかなくらいやったと思いますけどね。でもマス釣るのが好きでね、そしたら取り込むのに結構なバトルで、また朝まずめ、夕まずめにビックバンが出るんでね、そこ狙って、行ってましたよ、よく。1つの夢やな、なんか自分の好きな子と釣り行くみたいな。理想やなあ・・うん、まさかのな、ここでこんな気持ちにさせられるとは。うん・・ただ普通に魚のメールを読んでただけやのになあ、うん・・なんか、上手い表現出来へんけど、気ついたらチャック開いてたみたいな、なんか悲しい感じ。いつから開いてたんやろみたいな。うん・・

さ、そして三重県のあやかさんね『海遊館で飼育されているコバンザメがもともとくっついていたサメに嫌われてコバンザメだけで違う魚に混じって生活している、元々くっついていたサメは水族館というストレスのない環境にいるせいで、くっついていたコバンザメが逆にストレスとなって追っ払ってしまったと。こんなことってあるんですね。剛くん一匹で生きていかなくてはならなくなったコバンザメを是非応援してあげてください』うん、もうソロですよね、ソロ。ま、僕がここで頑張れ!って言っても彼に届かないんでねえ。コレでも、嫌われた時切なかったやろなあ。オレの1つのウリ!と思ったやろね。オレのウリ一個消されてるやんみたいな、なんか、良さみたいな才能みたいなやつ一個消されてるやんみたいな、他と一緒やんけーみたいなね。いつか見に行ってあげよう(インフォメーション)」

ここでいったんジャンクション入って

剛「それでは歌です。2017年1月6日リリースいたしますバラードセレクションより、雪白の月です、どうぞ」

【今日のポイント その3】
剛さんの「ハロー」と「ボンジュール」は発音記号で書いた方がいいくらいネイティブっぽかったですよ(萌)あと剛さんが好きな子と釣りに行ける世界でありますように。ワタシを好きになってくれると話は早いんですけどねえ(爆)

《今日の1曲》『雪白の月』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエムです、今週はですね、ラジオネームそらさん『妹には2才になる息子がいる。最近大きい小さいを覚えた。ちゃんと大きいモノと小さいモノがわかっているようで賢いねえと褒めていたら妹の太ももを指さして、大きい大きいと連発。間違っていないだけに子供って残酷だなあと思った』ということでございますね。これがちょっと僕読んでてヒヤヒヤしたんですけど、太ももで良かったですね。太ももでない場合は、ダメージも大きそうですから。大きい大きいやったら嬉しいほうだと思うんですけど、小さい小さいやったらね、うん・・・

ということでございまして、まあ、KinKi Kidsどんなもんヤ!が今週の放送が2016年最後の放送となるということでございましてね、今年1年もみなさんほんとに沢山の面白いメールいただきましてありがとうございました。おかげさまでね、KinKi Kidsらしいラジオ番組になったと思うんですけど、ツアーもありましたし、シングルも2枚きれましたねというところでしょうかね。どんなもんヤ!が23年目ということでございますし、来年はデビュー20周年って言ってるんですけど、こういうラジオを通してだったり、イベントを通してファンの人達とありがとうと言い合えたらいいかなと。うん・・そういう20周年になればいいだけです、僕は。1人1人の時間も、そしてKinKi Kidsっていう2人の時間も、うん、全部あったらいい20周年でいいんちゃうと僕は思ってますけどね。先ほども言いましたがどんなもんヤ!も23年目でございますからね、20周年、KinKi Kidsデビュー20周年とともに、このラジオ、ええ、また、少しずつね変わるところは変わり、でも徹底して変わらないところは変わらない、情報はほぼないっていうか、ないですね。マイナスにふっていく感じでね、やっていきたいなというふうに思っておりますので、みなさんどうぞKinKi Kidsのね、20周年そしてどんなもんヤ!の23年目、こちらどうぞよろしくお願い申し上げます。2017年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。お相手はKinKi Kidsの堂本剛でした。それではみなさん、また、来年ですね、はい、ということでございまして、よいお年を、さよならーー」


【今日のポイント その4】
うん・・ワタシもそっちの大きい小さいかと思いましたよ(笑)

2017年もよろしくお願いします。どんなもんヤ!がずっと続きますように!

| 剛どんなもんヤ | 11:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年12月19日(月)

光「はい、堂本光一です」
剛「はい、堂本剛です。東京都のなごちゃんままさん『あの3人組、THE ALFEEが12月21日にザ・カンレキーズという名前でアルバムデビューすると』」
光「へえ」
剛「『キンキもいずれは60才を迎えると思いますがその時はKinKi Kidsならぬカンレキッズという名前でCDを出してみてはいかがでしょう』・・出す?」
光「カンレキーズすごいなあ、さすがだなあ、アルフィーは」
剛「いや、もうほんとにアルフィーはすごいよね。アルフィー大好きやもんな」
光「なんか、何やってもいい・・っていうところに来てるからね」
剛「この人らもすごくない?自分を変えへんやん」
光「そうねー」
剛「それぞれ・・」
光「確かに確かに」
剛「濃いよね、それぞれが。一番強面というか、イメージとしては強面な、サングラスかけてる桜井さん、桜井さんが一番緩いよね」
光「ふふふふふ(笑)」
剛「え?これやんなくていいんですか?桜井さん・・・うん、いいいい、僕いいんだよ、僕やんなくて大丈夫、全然全然いい・・」
光「そうだね(笑)」
剛「誰かがやるから・・ふふふふふ(笑)そういう感じで、なんかすげえ面白いですよね。イメージが。で、高見沢さんはやっぱ男らしいんですよ、ルックス女性っぽかったり、中性的やったりするけど、すごく男っぽくて」
光「そう、体育会系な感じですよね」
剛「体育会系で。で、坂崎さんはカメラとかね、趣味が多趣味で、色んなことやりながら。ほんとにこの個性が」
光「三者三様ですよね」
剛「面白いですよね」
光「だからこそステキなんですよね」
剛「ステキなんですよ、THE ALFEEのみなさんにはずっと頑張ってほしいなっていうか」
光「どんな曲が入ってるんですかね、カンレキーズ・・気になりますね」
剛「ねえ・・」
光「気になりますね」
剛「で、あとね、高見沢さんにはギター何本か欲しいなと思いまーす」
光「そうですね(笑)」
剛「よろしくお願いします」
光「KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
カンレキッズになった時、ワタシはまだ生きてるかな・・(°▽°)

《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さ、番組の前半は普通のお便りです。島根県のはるかさん『以前もあったかもしれませんが、この番組どんなもんヤ!を聞きながら思ったんですが今番組のオープニングで使われているタイトルコールはいつ頃のものなんでしょうか。声があまりにも若く聞こえてるので気になってお便りさせてもらいました』」
光「これもう、番組始まった時のなんで・・」
剛「1回聞いてみましょう(流れてます)」
光「ね、これね。この番組始まったのがデビュー前からなんで・・」
剛「94年?」
光「4年。。。」
剛「へぇ~~~」
光「ほぉ~~」
剛「なるほどぉ」
光「え、ってことは、20・・・2年前?22年前」
剛「ん~~~」
光「はぁ~~・・じゃあ、じゅう・・・・ご?15才ぐらいですか」
剛「ぐらいやと思うな。いやもうこれはずっと使い続けていきたいね(ス「変えずに?」)いやもう、ここで変えたらだって・・おもんないでしょう」
光「いやもう、なんやろな、テンションあげなアカン、みたいな。元気にせなアカンみたいな風に頑張ってたよね」
剛「僕らもほんとにいい意味で心の失速しましたよね、いい意味で」
光「ふふふ(笑)失速ね。心のね」
剛「いやもう、最初はわからへんから。どうしたらいいかとかわからへんし。なんかその個性みたいなものを出し過ぎていいのかどうなのか、そんなことも考える余地もなかったというかね。一生懸命とりあえず取り組んでいったら、いい感じに失速して・・今のこの感じにたどりついたっていう。この形に」
光「そうですね」
剛「この形はでもね、僕思うんですけど、どのテレビ見てもなんか何見ててもないですよ、この形」
光「うん・・」
剛「この失速感は。全然ギア入れへんやんけ、あいつら・・みたいな。なんか急にパーンってギア入れたりとかするから、またおもろいんですよね」
光「そうね・・」
剛「で、あんまり持続せーへんから、すぐ失速するんですけどね(笑)ちょぉそれが面白いなと、客観的に見ておりますが、これは94年のものでしたね。奈良県もーみんさん『ウチの母はおにぎりに海苔を巻くと思ってるみたいで、チャーハンおにぎり、かやくご飯おにぎりを作っても必ず海苔を巻きます。私は白いご飯のおにぎりだけ海苔を巻くものだと思ってるのですが、お二人はどう思われますか。ちなみに好きなおにぎりってありますか?』」
光「なんやろ?」
剛「まあ、巻いてもいいけど・・巻かんでもいいか・・」
光「白いご飯じゃなくても、なんか海苔どーんのってたりする弁当とかない?それを考えると・・」
剛「コンビニで売ってるかやくご飯、チャーハンのおむすびっていうのは海苔ついてないですよね」
光「ああ、そうなんや」
剛「そう。だから、なんかこういわゆる一般的な知識として、白いご飯に海苔って感じなんでしょうね」
光「ふぅん」
剛「アレは具を隠すためみたいな感じなんかな?なんかわからへんけど・・僕おにぎり博士じゃないんで、今語れないなと思って途中でやめましたけど」
光「そうねえ・・しかも、おにぎりにそんな興味ないから・・」
剛「うん。でもいい水でいい釜で、いい米でって炊いたお米で、いい塩でってやったら塩にぎりが一番旨いですよね」
光「あ、そう?」
剛「うん。1回やってみてください、どっかタイミングがある時。塩にぎりの、なんていうかなあ、あ、そう?!っていう感じ、ありますから」
光「なんか、ご飯かためてる時点で、何しとんねん!っていう・・」
剛「やわらかめに、こう・・やわらかめに固めるって言うか」
光「うん・・・普通にお茶碗で食べたいかな」
剛「ふふふ(笑)はい、ということでございました。福岡県のあさみみさん『先日堂島孝平さんのソロライブ初めて行きました。堂島さんのライブはご自身の曲についてちょいちょい自画自賛をはさみながら進むスタイルだったんですが、その理由はキンキの2人にはキーが高いとか歌いにくいとか文句を言われるし、スタッフも褒めてくれないので、自分で褒めるしかないからだそうです。それ以外にも、キンキに自分の歌を歌ってもらってから音楽人生が変わったといいこともおっしゃって、愛を感じました。是非堂島さんをたくさん褒めてあげてください』」
光「いやいや・・・もう、ほんとに、なんやろな」
剛「難しい歌、多いよ?」
光「ほんとに人として、素晴らしい人だよね、堂島くんは」
剛「ほんとに。明るいし」
光「ね」
剛「すごい・・」
光「全てを受け止めてくれる器を持っているっていうか」
剛「持っている。うん・・だから、あの♪冗談で笑って~、ごまかしてい~たんだ~・・とかの、♪い~たんだ~・・とかさあ。♪かえりに涙 隠したままで~~・・で~~」
光「ブルーノートっぽいとこね」
剛「こういうメロをぶっこんでくるんですね。オシャレにね。これをいざ、ライブでやろうってなった時に、なかなか難しいですよ。あの、レコーディングで歌う分には、すっといけたりするけど、ライブでそれやろうと思った時に、なんかこう・・」
光「やっぱ普通のとこに、あの・・メロディおさめたくなっちゃうよね」
剛「そう、♪隠したままでー・・って。でーって普通に行きたくなっちゃうけど、で~~」
光「恐いもんね、ライブでやる場合は」
剛「そう、大丈夫やよね、みたいな」
光「ただ単にすげえフラットしてる人みたいにね」
剛「みたいに聞こえそうになるから」
光「ちょっと・・恐いな」
剛「強調しながらブルーノート歌わないとみたいなのありますけど。堂島さん褒めてあげてくださいということで、じゃあ、褒めますね。えらいね!ほんとにえらい!」
光「うん・・すごい!」
剛「うん・・神奈川県ののんさんですね『年収とウンコのおもらしの関係について。関ジャニの村上くんの番組でやっていたのですが2人にお知らせです。それによると年収が一千万以上ある人のウンコをもらした経験が47.5%、非常に高い割合を示しました。その理由は年収が上がるごとに仕事の予定をこなすためにトイレを我慢したり取引先との飲み会が増え暴飲暴食になりがち、など忙しさに関係があるかもしれないんだそうです。この結果に対するお二人の見解いかがですか』」
光「まあ、オレはウンコせーへんからねえ」
剛「ウンコせーへんねやとしたら、病院1回行った方がいいなあ。だいたいウンコするからなあ」
光「いや、大変だよな、人間は」
剛「とすると、オマエは人間じゃないということになるから・・」
光「いやあ、ね・・」
剛「20周年どうこうよりも、そっちの方の記事の方が・・」
光「いや、あの、クリントンさんがね、当選したら発表される予定だったんですけどね」
剛「んふふふふ(笑)なんでやねん。オマエヒラリーとどんな関係を持ってんねん」
光「ちょっと宇宙人にカンする・・」
剛「あああ・・NASAを通してね」
光「そうそう・・・開示する予定だったんですけど、トランプさん当選しちゃったんで」
剛「なるほど。NASAを通して、発表がありますと」
光「そうなんですよ」
剛「実は、エイリアンなんですと」
光「そうなんですよ」
剛「エリア51の51は、光一から来てますと」
光「そう・・そうだ、あ~~、ちょっとやめてくれ、危ないっ、そこまでいくと、オマエ、捕らわれるぞ」
剛「ふふふふふ(笑)めんどくさー、オレめんどくさいヤツと組んでるやん!エイリアンと組んでんの?」
光「オマエ、捕らわれるぞ、エリア・・そこまで読んでしまったらアカン!」
剛「んっふふふふふふ(笑)」
光「オマエ、今夜気をつけて」
剛「やめてや~~、もう、ほんま。エリア51・・なんやねん、エリアこーいちって」
光「あっはっはっはっはっは(笑)」
剛「ダサすぎやろ、それ」
光「はっはっはっは(笑)あー、危ない危ない」
剛「もうちょっと考えろよ、宇宙人。なんやねん、エリアこーいちって名付けましょうみたいな」
光「危ない・・」
剛「なんやねん、それ」
光「はい」
剛「ということでね、なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
そうか!!光一さん、アンドロイドじゃなくて、エイリアンやったんか~~!ってことは、剛さんが逢いたい宇宙人って・・・光一さんなのか(°▽°)




《報告します》
光「はい、続いて 報告します。佐賀県まなみさん『V6の岡田くんは役作りで体重を増やすときはバームクーヘンを1日5,6回食べて、5,6キロ増やすそうです』」
剛「すごいな」
光「『特に夜食べると体重が増えると言ってました』」
剛「そらそうや」
光「『お二人は体重を増やす、減らす時は何をして増やしたり減らしたりしていますか』」
剛「これはもう光一に聞いた方が早いな」
光「うん、僕は減らすことはまずないので、勝手に減ってしまうタイプなので、増やすのはとにかく筋トレをして、筋トレ後の30分間はゴールデンタイムと呼ばれているので、そこでしっかりと摂取する?まあ、色々考えるとどうしてもタンパク質必要量をとろうとすると、あの・・脂質など、そっちも非常に過多になってしまうので、やはりサプリメントに頼りながらというのが一番・・」
剛「いいんじゃないかと」
光「いいんじゃないかと、でもバームクーヘンとか、糖質・・・」
剛「糖質ですね」
光「で、体重・・役作りだからね、ちょっとぽっちゃり型の時はそういったもので、役作りを彼はするのかもしれないね」
剛「そして山口県のすずちゃんですけども『先日中居くんの番組で、渋谷対原宿というテーマで論争が繰り広げられた、浜崎あゆみさんは渋谷、きゃりーぱみゅぱみゅさんは原宿という話題の中、中居くんがじゃあKinKi Kidsは渋谷?原宿?とお二人を話題に出していました。結果、番組では剛くんが原宿で光ちゃんは渋谷というイメージになっていました』」
光「だいたい中居くんがなんでKinKi Kidsを渋谷と原宿に・・オレらキンキや!言うねん」
剛「んふふふふふふふ(笑)奈良と兵庫や言うねん」
光「奈良と兵庫やから、渋谷でも原宿でもないから。なんとなくイメージなんかな?」
剛「これちょっと1回メールしといた方がいいですね、中居くんに。なんで渋谷と原宿の時に僕ら出したんですかっていう。でも、イメージでいくと、そうなるかもね」
光「そうかなぁ、どうなんやろ、なんでやろ」
剛「いや、あの・・原宿の方が、なんていうのかな、ちょっとこうファッションも混雑してるっていうか」
光「あ、そうなん?渋谷の方が、がちゃがちゃしてるイメージ」
剛「渋谷は、ちょっとどっちかというと、もっとしゅっとしてるっていうか」
光「オレ逆のイメージあるなあ」
剛「原宿は、なんかクリエーターさんの会社があったりとか、古着屋さんがあったりとか、セレクトショップがあったりとかみたいな感じで、結構ファッションがぶわーっとあって、なんかうごめいてる感じありますよね」
光「ふぅ~~~ん」
剛「渋谷は、うごめいてるというよりかは、色んなものがそこに混在していて、しょっとしてるみたいな」
光「そうか、なんか逆のイメージが・・」
剛「これはたぶん、そうなるんやろなあっていう・・ただKinKi Kidsなんでね」
光「そう・・そこ」
剛「キンキ地方キッズなんで、僕ら」
光「ラジオネームまいさん『最近の3才になる息子に関する報告です。息子に今、なんで?ブームが来てるんですが内容が高度で説明出来ません』」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「『例えばトマトなんで赤なん?なんで車動くん?なんでお仕事するん?なんでお空青いん?など、お二人なら3歳児になんて説明しますか。アイデア頂ければ幸いです』なんでブームな、オレもなんで人間やったわ・・なんで?なんで?どうして?ってずーっと言ってるウザいガキやった」
剛「ふぅん」
光「説明頑張ってすれば?トマトなんで赤なん?リコピンが多いからやで・・」
剛「ちゃんとした話をするかやな。うん・・子供にちゃんとそこまで教える方がいいような気するけどな」
光「ごまかさずにね」
剛「うん・・そんな時代じゃもうないよね」
光「それで、もしもなんでなんやろな?と思ったことは、今の時代自分で調べられるからね」
剛「調べられるからねー」
光「それで、ね、親子共々成長していくっていいと思いますよ」
剛「いいと思います。そうしましょ」
光「新潟県ぱやもっちさん『SNSで流れてきたのですが出身だと聞いても話があまり広がらないと思う都道府県はどこですか、という質問を大学生にアンケートをとった結果、私の地元岩手が1位でした。理由として東北で一番影が薄い、田舎、名前は知ってるけど他に何もイメージが思いつかない、などがあげられていました。宮沢賢治、冷麺など魅力はたくさんあるのにとても悲しい結果だったので報告させていただきます』」
剛「まあ、大学生・・っていうことでしょ。だから、これが大学生じゃなくて、一般的な社会人ってなると、また違うかもね。旅行行く回数も多いでしょうから」
光「逆に・・逆にさ、あまり広がらないっていうか、聞いて、うん??って思う出身地が岩手なわけでしょ?だったら逆に、岩手って何があんの?って会話逆に続きそうやけどな」
剛「ね、それで聞かれた時にそれなりのアンサーをすれば、また意味合いとか価値観も変わってきますもんね。そういう風に・・・相談・・相談のコーナーじゃないよね、これね」
光「そうね。報告された・・」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「あの・・ああ、そうですかって聞いてればいい(笑)(インフォメーション)KinKi Kids1月6日にバラードのね、バラードセレクションというものをリリースすることになってます」
剛「あはん」
光「KinKi Kidsバラード多いですからね」
剛「うい、あはん」
光「必ずみなさんも、お好きな曲入ってると思いますし」
剛「やー」
光「ええ・・最近KinKi Kids気になってる方なんかも聞いて頂ければと思いますけども、その1月6日リリースの、バラードセレクションより」
剛「んー、あー」
光「銀色暗号、どうぞ」

剛「あはん」

【今日のポイント その3】
合いの手にフランス語やドイツ語をおりまぜる剛さんですが、エイリアンにはまるっとスルーされております(笑)

《今日の1曲》『銀色暗号』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエム。今週は大阪府のかすみさん『スーパーで商品を選んでいたら横にいた小学生低学年くらいの男の子とお父さんの会話が聞こえてきた。父「今度な引っ越すことになってん」それに対して男の子「え?なんで?ローンはどうすんの?」まずローンを心配する男の子を他人ながら愛おしく思った』すごいね・・え?どこ引っ越しすんの~?とかじゃなくて、え?ちょ、ローンはどうすんの?(笑)」
光「家庭の事情をよぉわかってる人やなあ」
剛「いいですねえ、おもろいですよね。子供もね、しっかりしてきたよということですよ。ほんまにね」
光「まあ、ローンが、ローンがっていつも・・」
剛「言うてたんかな、ローンがまだアレやからなとか言うてたんでしょうね」
光「はい、お相手は堂本光一でしたー」
剛「はい、堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみ下さい」


【今日のポイント その4】
それはスーパーでネタ合わせしてるコンビなのかもしれないwww

| 2人どんなもんヤ | 10:46 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年12月12日(月)

光「はい、堂本光一でーす」
剛「堂本剛です。まず北海道のみほこさんで『実はこの度お二人にご報告があってメールしたと、ね、ことですけどね『わたくしごとなんですが、今年の3月に結婚しました。10月のコンサートに行った時にMCで剛くんがみんなさくっと結婚していくよね。報告とかしてよと言っていたので遅くなりましたがご報告させていただきます。その日のコンサートもダンナさんと一緒に行きました。ダンナさんもとっても楽しそうにしていて、面白かったと言ってくれていてパラダイスな1日でした。結婚したけど2人のことが大好き』何を言うとんねん、なにゆーてんねん」
光「まあね・・まあ、おめでとうございます」
剛「おめでとうございますやけど。なんやねん、コレ。自分だけ、なんかこう・・な、はぐくんだりしてるなって。でもアレですね、こうやってファンの方々もね結婚する方どんどん多くなるから」
光「まあ、多いよね、客席見ても」
剛「夫婦の歌みたいなものも、我々今後歌っていけることにもなりますね、恋人同士っていうものよりもね、もうちょっと先の愛というか、嫁とダンナがデュエット出来る曲とかあったらおもろいですね。♪よくいうよ~~・・みたいなやつ、うん・・」
光「まあ、それ、地位的にどっちが女子やるのかが、っていうのがちょっとね・・」
剛「まあ、オレが全部裏声で行くよ、♪&%#◎*▲@~いうて、なんじゃ、この歌みたいなやつをね、まああの、カップリング的なヤツで・・それ、シングルできったら(笑)歌番組で毎回やらなアカンのめんどくさいから。毎回裏声めんどくさいから」
光「ま、めでたいということで」
剛「おめでとうございます」
光「はい、どんなもんヤ!」

剛「はじめまーす」

【今日のポイント その1】
おっと、じゃあ、リクが結婚したことも報告しなくちゃいけなかったかしら(笑)
そろそろ孫の歌も歌ってくれていいですよwww


《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 ラジオネーム大晦日はやっぱり紅白ださん『少し遅くなりましたが、紅白初出場おめでとうございます。今年はキンキの2人は出てくれるのかなあとドキドキしていました。毎年家族で見ている紅白に2人が出てくれるってやっぱりすごく嬉しいことです。紅白の舞台やはり緊張するものなのでしょうか。お二人の楽しむ姿を見て一緒にすてきな大晦日をすごせるのを今から楽しみにしています』今年はね、紅白にださせていただきますけど」
剛「うん」
光「記者会見でまさかの剛くんが、欅坂と衣装かぶる事件がね」
剛「うん、ちょっと・・メンバーに一瞬ね、ちょっと参入させていただいたという」
光「なかなかの衝撃・・あの人数に混じってしまうっていう(笑)」
剛「アレはね、あの(笑)いや、僕ね、ああいう堅い場がまず嫌いなんですよ」
光「まあまあまあ・・そうね」
剛「ね、あんまり好きじゃないんですよ。で、あの・・ちょっとぴしっとしたスーツをああいう場っていうのは着せられがちで、37にもなるんですけど、え~、堅苦しいと、ね?そんな堅苦しいのいややと。もうちょっとルーズなやつないんかいなと、ああ、こっちの服にしよ、これでええわいうて、パンツ黒?黒とか、ぴしっとしてる感じいいから、なんかないの?他に・・」
光「黒っていうだけでぴしっとしてる(笑)」
剛「ああ、もうこれこれ、これでいこう、ええわ、これで・・って言うて。髪の毛もこれぐらいでええか、って言うて現場行ったら(笑)あれ?!なんか、オレがいっぱいいるなあ・・あれ?ちょっと待てよ、オレめっちゃいるやん・・」
光「かぶってたねえ」
剛「5,6人の話ちゃうぞ、オレめっちゃいるぞ、これ・・ってなって」
光「キレ~に色かぶってたね」
剛「なかなかこれは・・・僕が欅坂さんのユニフォームっていうか、定番のカラーとか全く脳みそにインプットして生きてなかったんで、わかってたら選んでる時点でさ、例えば、いや、かぶるから・・とか」
光「そやなあ、誰がどんな服着てくるかわからへんもんな」
剛「いやあれは、見事に欅坂になれた日やったね」
光「そうねえ、なれた日やったね」
剛「うん、すごいだって、周りの反響がそれの方が大きかったですもん。出場しますねとかじゃなくて(笑)欅坂だったんですね、みたいな」
光「なんか、結構テレビ・・ワイドショー的なヤツでも、それが流れてましたね」
剛「流れてました、ほんとありがとうございます」
光「まあ、よかったんじゃないですか」
剛「ちょっとした、ね、やつで良かったです」
光「まあ、あの。大晦日はですね、みなさん見ていただけると」
剛「はい」
光「高知県コロコロヒロコさん『キンキと同じく来年20周年を迎える色々を調べてみました』」
剛「あ、いいですね」
光「『東京国際フォーラム開館20周年』」
剛「あ、そうなんですね」
光「『ポケモンアニメ化20周年』ポケモンってそんな昔からあんの?!」
剛「すごいね、アニメ化が20周年」
光「あ、そっか・・そっか、ポケモン20周年、オレ今なんか自分が20歳な気持ちやった」
剛「何を言うてんねん、オッサンやないか、37の。何を言うてんねん」
光「オレが産まれた時にポケモンなんてやってたかなあ・・」
剛「どつかれんぞ、オマエ。ハタチの人にどつかれんぞ、オマエ」
光「・・ってちょっと思ってしまって」
剛「何を言うてんねん(笑)」
光「人間の脳って、ほんと不完全ですねー」
剛「疲れてるからしゃあないよな」
光「『そしてモーニング娘。結成20周年』」
剛「なるほど」
光「などがあったと」
剛「モーニングコーヒー飲んでね」
光「そうそうそう」
剛「まあでも、CDを出してという話やから、その前の話もあるから我々からしても・・」
光「ピンと来ないところがね、実際あるんですよね」
剛「ピンと来ないですよね。ただ、その達郎さんとお会いしたりとか、松本さんとお話させてもらったりとかすると、なんか、ああ、アレから20年なんか・・みたいな、そういう時間過ごすことはありますけどね」
光「そうですね」
剛「だってジャニーさんが、僕ら会わせてからで考えると何年になるんでしょうね」
光「にじゅう・・・・だから、26年、26,7年・・わかんない」
剛「でも、そんぐらいってことですよね」
光「になるわけですよね」
剛「そう考えると、20周年ですねって言われた時に、はいって素直に言う自分がいーひんねんな」
光「よくわかる。ちょっとわかんなくなっちゃう」
剛「ちょっと、ぱっとわからへんなるけども」
光「大阪府ゆぴびめさん『この間意外に知らなかった略語ランキングが発表されていました。私が一番驚いたのは食パン。実は主食用パンの略語らしいです』」
剛「へぇ~~~」
光「『他にも教科書、教科用図書っていうのが、ちゃんとした言い方』」
剛「ふぅ~~ん」
光「教科書は略語なんですね」
剛「ねえ?」
光「『切手は切符手形の略語。ちなみにその記事には関西人はすぐ言葉を略しがちとも書いていました』」
剛「そうなん?」
光「うん・・」
剛「まあ、プラスチックは、プラッチックって言うてるけどね、うん。言葉抜くけどね」
光「どうなんでしょう・・若者・・若者なんじゃないですか」
剛「だって・・思うねんけど、略されてるから」
光「この前、なんかテレビで若者流行語なんとか、女子高生流行みたいなのやってたけど、最近は逆に略すより伸ばす傾向にあるっぽいね」
剛「もう略すのは違うと」
光「うん、なんかそういう傾向にある(笑)」
剛「昔はだから、逆語ね、ギロッポンとか・・」
光「(笑)それは、業界の・・」
剛「ヒーコーとか、なんかあるじゃないですか。それが次は略することになって。次はそこから、プラスアルファしていくってことですね」
光「そうね」
剛「KinKi Kidsってキンキって略されますよね」
光「ああ、キンキですね」
剛「キッズを忘れろと言われんばかりの」
光「ああ・・・そう・・そういうことかな」
剛「オマエらキッズちゃうし、みたいな。そうなってくると少年隊さんは、隊ってことに・・なりますよね。キッズを忘れろっていう概念やったらね」
光「隊・・」
剛「タイの皆さんはっていう、めでたくていいですけど。キンキが伸びるとしたらどうなるんでしょうね。キンキ地方キッズ」
光「そうですね、キンキ地方キッズです。意外と悪くないね」
剛「悪くないね」
光「キンキ地方キッズ」
剛「んふふふふ(笑)ちょっとおもろいですけどね。続いてはキンキ地方キッズのお二人でーす、どうも・・」
光「悪くないね、なんか・・なんやろ、リズムがよくない?」
剛「リズムがね、出てきましたね」
光「キンキちほうちっ・・きんきちっ・・・言えない(笑)」
剛「で、そっから、キンキ・・」
光「キンキ地方キッズ!」
剛「キンキ地・・キンキチみたいに略されたりして(笑)また略すんかい、結局、みたいな」
光「キンキチっていややなあ」
剛「人気出そうやけどね」
光「はい、ラジオネームちばゆかさん『突然ですがお二人は鼻毛の中に白髪が交じっていたことはありますか』」
剛「あっ、見たことない」
光「『先日関ジャニ∞の渋谷くんのラジオですばるくんが35歳になって初めて鼻毛の中に白髪があってびっくりしたという話をして・・』」
剛「あいつ35なんや、そっちの方にびっくりしてるけど」
光「『白髪があること自体には、抵抗がないすばるくんでしたが、先輩方の白髪事情をとても気にしていました。お二人は白髪を見つけてしまったことはありますか』」
剛「鼻毛はないなあ・・・鼻毛にこうやって・・なんやろ、白髪あるわ~ってタイミングがないわ」
光「私は色んな所に白髪があると思います」
剛「色んなとこ?」
光「色んな所に」
剛「へぇ~~」
光「あははははは(笑)あるんちゃうかなあ」
剛「じゃあ・・染めるか、逆に全部白にするかですよね」
光「あるんちゃうかなあ・・だって、もう・・・もうすぐ38になるでしょ、オレも」
剛「そうですよ」
光「そうすると、ついこの間長瀬と話してたんですけど、もう人生折り返しやからねって話になって、そうやな!って。人生折り返しですよ、もう」
剛「うん・・そうですね。大きいコーンが立ってるとこですよね、マラソンでいう」
光「そうそうそう。ええ・・だいたい折り返しぐらいですよね」
剛「あのコーン、どこで作ってんねやろ・・みたいなね。大きいやつ」
光「はい、なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
おっと、光一さんが誤作動起こしてる(笑)一瞬自分が20歳だと勘違いする気持ち、わからんでもない。天然のなせるわざ(笑)



《これってアウトかな》
剛「これってアウトかな~~? これってアウトかもというみなさんのフェチ、アウトかセーフかジャッジします、愛知県の黒猫ママさん『私は献血や採血の針を刺す時の痛みフェチです。看護婦さんに右手左手どちらにしますか?と聞かれるとわざと血管の出にくい左手でとります。しかしほぼほぼ成功せずに、結局右腕で採血してもらうことになって、2度快感・・』アウトですね」
光「おかしい」
剛「もう針をさされることがいいと言ってるわけですから」
光「相当の痛みフェチですね」
剛「うん・・点滴が漏れてるときの痛さ・・」
光「ああ・・・↓」
剛「体験したことある?」
光「もちろんありますよ」
剛「アレ、めっちゃ痛ない?」
光「痛いっす、痛いっす」
剛「なんか、うーーーーんって。で、これで大丈夫やと思うんで、ここでちょっと寝ててください。もしなんかあったらナースコールで、押してください、わかりました、ありがとうございます・・っていうて。これは痛い・・うちに入るのかな?こういうもんなのかな・・・痛いのかな・・いや、痛いな・・うん、痛い」
光「わからん時あるよね」
剛「ん?なんや、痛いな、痛いな痛いな・・って押して。どした?・・なんかね、痛いですねーって言うて、漏れてるね、ごめんね、ごめんね・・っていうて、またばーっとやって。で、これでちょっとしてたらとれるからっていうて。とれるんかな?とれる・・とれ・・とれへんな、全然とれてけーへん、とれんのかな・・とれ、うん、とれたな、みたいな感じの」
光「ふふふ(笑)」
剛「あの点滴の、なんやろ?1人で寝てる時の、何していいかわからへん(笑)から、あの、ジュースとか飲むときに何もすることない時に、裏の・・へえ、こんなん入ってんねや、材料・・(笑)見るしかない時みたいな、なんもすることないっていうね。この人はアレですよ、黒猫ママさん、ほんとに刺しにくい方から刺して、年取った時用に右の方の手をとっておくんであればいいんですけど、年取ると血管って、もっと細なりますから。刺しやすい方を最初若い頃って刺していくんですよ。ほんで年取ってくるともうこっから取るの・・みたいな、手の甲のこういうところから、痛いとこからとったりとか、点滴入れたりとかして、痛い痛いいうて、お年寄りの人なるんで」
光「でもこれ、子供の頃、手の甲のここに点滴入れてた、脱水症状なった時」
剛「じゃ、血管細かったんかな?」
光「入院した時・・なんか、こっちの方が子供は動くから」
剛「あ~~、なるほどね」
光「曲げたり、動くから・・」
剛「一応それの回避として」
光「そうそう。こっちにした」
剛「結構痛いからね、こっから入れるの」
光「もう覚えてへんけどね」
剛「めっちゃ痛いですからね。そして福島県のね、たちつてとーこさんですね『私は発泡スチロールフェチです。見た目や肌触りはもちろん何より擦り合わせた時のきゅっきゅとした音が好き。聞いたときはゾゾッと鳥肌が立ち何とも言えない気持ちになるんですが、なぜかもう一度聴きたくなって、また擦り合わせて鳥肌、このループがクセになります。友だちには耳がおかしいと言われますが、黒板の音などは普通に不快で、発泡スチロールだけが許せる存在です。これってアウトでしょうか』ま、ちょっとその、高い成分が違うもんね、あのきゅっきゅって鳴ってるの」
光「オレも発泡スチロール平気なタイプですね」
剛「あの、雪踏んだ時の、んっんっ・・ってあるじゃないですか」
光「ああ、いい、いい」
剛「アレの、ちょっと高いめの、きゅっ、きゅっていう・・」
光「ああ・・・まあ」
剛「黒板なると、ちょっとギギっ、ギギっなんで、ちょっと細い高い成分が不快感になってくるんだと思うんですけど。例えばインターネットとかで、ちょっと魚介頼んでみよか、みたいな。魚介頼んでパーティしよか、みたいな。鍋、の時にクール宅急便みたいなやつで来た時に、フタをとる時の音は好きですよ。ググギギ・・ぼっこん・・その後に、フタをタイルみたいなところとか、ちょっと堅い所に置くと、コンコンコンみたいな音鳴るじゃないですか、あの一連は好きですね」
光「なるほどなるほど」
剛「なんなんですか、この話。気持ち悪い。何を言うてんの、オレはさっきから」
光「嫌いな人は嫌いでしょうからね」
剛「まあ、これはでも、発泡スチロールなんでね、大丈夫でしょう。うん、これセーフにして、大阪府のゆかちゃん『私は男性の独り言フェチ。無意識に出てしまう小さめではっきりとは聞こえない独り言にドキドキしている。私の場合、その内容はどうでもよく、プライベートなぼそぼそ感が重要だと。独り言にも個性があり大きく分けるといつもの声より低くなる人、高くなる人がいます。ちなみにお二人のラジオでの声は2人とも2000点をあげたいほどいい独り言です。こんな私はアウトでしょうか』」
光「まあ、確かに1人でラジオやってる時は独り言やもんな」
剛「うん・・延々のな」
光「ふふふ(笑)」
剛「オレ、でも独り言言うてるかな?・・言うてんねやろなあ」
光「オレ言わへんな、家で。まあ、犬にしゃべりかけるくらいはあるけど」
剛「残念ながら僕もそれはあるよね」
光「それ以外で独り言って・・ないかもしれんなあ。例えば家で、美味しいモノ食べて1人で、あ~、美味しいって言う?」
剛「言わへん言わへん」
光「言わんよね」
剛「これでもさあ、僕の周りにO型の人多いねんけどさ、O型の人結構言うなってイメージあんねん。例えば独り言、ね、ご飯食べます。美味しいなあ・・ね、これ独り言やんね、うわ、美味しい、めっちゃ美味しいなあ?・・これ共感系ですよね。美味しい~!・・これどっちなん?っていうね、で」
光「ふふふふ(笑)どっちなんやろな(笑)」
剛「で、関わってあげた方がいいのか、ほっとくのんか、どっちなん?って聞いたんですよ、たまらず。うん、どっちもですねって言われてん。えぇ~~って(笑)」
光「ふふふ(笑)どっちもなん」
剛「難しいで、それって話から、色々してったら、O型の人にアンケートとったら、確かに意外と言ってっかな、みたいな。聞いてくれてもいいし聞いてくれなくてもいいし、スルーされてもいい。でもスルーするには結構大きいねん。うん・・さ、そして、埼玉県のそらっちさん、17歳の方ですね『私の親友のクセなんですが、私がやられてアウトだろ!と思ったもの。その友だちは手と腕が好きで、友だちに腕出してと言われて、腕を出すとかみつかれそうになりました(笑)なんでやったのかと理由を聞いたら、腕の食感が噛み心地がいいと。家ではよく親にやってるそうです(笑)アウトかセーフかジャッジお願いします』これ、このままいくとね、吸血鬼になる可能性があるんで、これアウトでしょう。これだって17で親で我慢してたんです、まず。でもこれが、友人へといってますから、これ社会に出たら大変ですよ。まあ、これは人の腕を・・人を噛んでる感じがちょっとやっぱりね、一応アウトと言っといてあげないといけない気がするんで、うん、これアウトにします(インフォメーション)さ、えー、1月のですね6日にリリースすることになっておりますけど、こちらKinKi Kidsのですね、バラードセレクションというものがございます、このバラードセレクションの中からですね、人の腕を噛むという、そういうタイトルの・・歌が全く見あたりませんので」
光「ないだろうなあ」
剛「まあ、これはそうねえ、道は手ずからって、手って言葉が入ってるんですけど、これはさんざん聞いて頂いたっていうのもありますしね。ん~~~~~~~~~~~~・・・&%#◎*▲@・・」
光「あ、独り言・・きた、独り言」
剛「(ぶつぶつ曲名つぶやいてます)噛むということで、相手と自分が1つになるっていうことでね、Family~ひとつになること聞いてください、どうぞ」


【今日のポイント その3】
あれ?独り言ジャッジしてへんな?セーフだと思いますけどね(笑)ほら、Familyの歌詞に「独り言」出てくるし(笑)



《今日の1曲》『Family~ひとつになること』

《お別れショートポエム》
光「お別れショートポエム。東京都勇者なるおさん『とても丁寧なしゃべり方で社会人のマナーも申し分のない新人の女の子から電話がかかってきた。電話中会話をしながら、慌ててしまったのか、とんでもねぇですと言ってきた。そのあとすぐ、とんでもないですと言い直していたが、突然の江戸っ子口調にものすごくツボってしまった』こう・・オレ、こういうのドキっとするわ」
剛「面白いわ~~」
光「ちょっと可愛いやないかって思ってしまうかもしれん」
剛「オレこれ可愛いやないかの前に、えっ?志村?って言ってまうな、これ」
光「ふふふふ(笑)」
剛「とんでもねぇです・・」
光「とんでもねぇです」
剛「え?志村?変なおじさん?・・そうそうって言って欲しい。そしたらもう可愛いなあ」
光「可愛いなあ」
剛「最近でもアレやよね、自分の方言を隠さずにしゃべるって女の子も増えましたよね」
光「うん~」
剛「そっちの方が日本がグローバル化してきてる感じがして気持ちいいんですけどね」
光「ただ方言が強い子でも、改まった場所で敬語すると、それが出ないっていうふうにね」
剛「で、友だちと話してる時にぱーんと出るのっていいよね」
光「いいと思います」
剛「さあ、ということでね、KinKi Kidsどんなもんヤ!来週も2人でお送りしますけど、クリスマスね、僕らの大好きなクリスマス直前のですね」
光「そうやったかなあ~?」
剛「2人どんなもんヤ!を是非お楽しみください、ということでね、ラジオの方には見えませんけど、どっちがサンタさんのカッコで、どっちがトナカイのカッコなのかな?この時間のお相手はKinKi Kidsの堂本剛と」
光「はい、堂本光一でしたー」

剛「さよならー」

【今日のポイント その4】
ラジオで見えないのに、仮装してやったラジオありましたねえ(遠い目)懐かしい。はっ!来週は今年最後の2人のどんなもんヤ!ですね・・今年の目標。2人ラジオで読まれる・・が叶うのか?!・・・叶いそうにないですねwww

| 2人どんなもんヤ | 12:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2016年12月5日(月)

光「はい、堂本光一です。兵庫県のかえさんからです『先日光ちゃんが自分のことをB型の部分はB型なんでと言ってましたね。私もB型ですが世間からはあまり良いイメージを持たれていないですよね。B型のイメージを検索してみると、1位がマイペース、2位が時間にルーズ、3位好き嫌いがはっきりしている、4位気持ちの切り替えが早い、5位実は甘えん坊、といったことでした。私はあまり当たっていると思えないのですが光ちゃんどうですか。光ちゃん自分のどんな部分がB型らしいと思いますか』自分のこだわることに対しては、徹底的にこだわることですね。色んなことにあまりこう・・ちらちら目を向けないっていうか、これやると思ったらそれ徹底的にそこに向かって行くところ、がB型なのかなあと。まあ、基本的には血液型関係ないかなと思ってるんですけど、うん・・ただ血液型にこだわるあまりに、血液型批判する人は、なんやねん、オラ!と思えるね、ふふふふ(笑)と、言いながら僕は今から血液型批判を若干言いますけど、A型の人にそれが多い。私A型・・え、B型なの?みたいな・・ふふふ(笑)多いねん。それはアカンと思う。ふふ(笑)よっぽどA型の人の方が、私はA型だから私は正しい、みたいに思ってる人多いねん。うわあっ、腹立つわぁーーっ!みたいな。なんやねん、オマエが正しいんかい、っていう・・ふふふ(笑)そんな時B型は、わあっ、腹立つなと思っても、あんまり言わないんです。そうですけど、何か?・・みたいな。感じになるんですよね。血液型あるある話だと思います。まあでも、正直僕は関係ないと思ってますよ。うん・・あんまりそこに対してこだわりすぎて、自分はこうだからこうなんだって思うこと自体がちょっと違うんじゃないかなって気もしますけども。はい、KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
光一さんと同じB型で光栄ですよ。っていうか、B型が一番血液型の話するらしいですよ( ´艸`)


《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 はい、普通のお便りです。神奈川県全身デンジャーゾーン・・え・・エロいこと言うねぇ・・あ、オレが言ったのか、全身デンジャーゾーン、オレが言ったんだな『セクシーゾーンメールです。以前どんなもんヤ!でセクシーゾーンは中島くんだけじゃなくて、佐藤勝利くんも王子と言ってましたが、勝利くんは光ちゃんを尊敬していて、今年の夏のソロコンでは、光ちゃんのデンジャーゾーンを歌ったそう』おお、そうですか『デンジャーゾーンは光ちゃんのコーラスがいっぱい入っていて、ちょっとしたコラボみたいになっていたそうですよ。歌うことになった際、何か話されたりはしたんですか』いや、今初めて知りました。あ、そうですか、僕が必然的に参加していたってことになるわけですね(笑)アレ、声モノ全部僕の声なので・・・♪そふぃ・・・&%#◎*▲@・・あの辺全部・・僕が出てたってことかな、僕ライブで歌う場合は、あれ・・♪なにゃなにゃはらら・・ぞーんぞーんデンジャーゾーン、リビインザデンジャーゾーンとか、あのおっかけのところはコーラスとしてやってましたけど、勝利くんはどこの・・どこのパートを歌ってたんやろ。だから、1人で、ね、もちろん歌ったんでしょうから、あの・・むしろ勝利くんよりも、僕の方が多かったってことになりますよ、この曲をやってるってことは(笑)ふはははは(笑)ね、ちょっと気になりますね、聞いてみたいですね。どういうふうにやったか・・ただ、どうなんでしょうね、振り付けも変えたのかな?たぶん振り付けに関しては、あの・・トラヴィスとの契約で僕しかやっちゃいけないっていう契約があるらしく・・だから、振り付けは変えたのか・・な?もしも振り付け変えてなかったら、契約違反で・・・ふははは(笑)えらいことになりますよ。振り付け変えてたんなら、全然問題ないと思うんですけどね。でもありがたいですね、勝利くんね。ええ、これからも何かやりたいのあったら、どんどんやっていただけたらと思いますけど、必然的に僕のソロ曲をやると、僕の声いっぱい入ってるヤツだらけなので、必然的に僕が参加することになると思うんですけどね。ええ・・

はい、福岡県あきへいさん『私は日中コンタクトをつけていて、帰ってきたらメガネにつけかえるという生活スタイルです。先日メガネをなくしてとても困りました。どこでどう落としたのか洗濯機の裏から出てきましたが』すごいね、メガネが洗濯機の裏『見つかるまでとても不安でした。光一さんは帰ったらすぐコンタクトをはずすタイプですか?家では眼鏡男子なのでしょうか、コンタクトにしていて何か困ったこと不便なことがあれば教えてください』僕は寝る直前までコンタクトをしているタイプですね。メガネ持ってないです。あ~、なんやろ、疲れるんですよね、やっぱ目とレンズの距離が、若干あるじゃないですか、なんか疲れるんですよね。だから寝る・・朝起きたらコンタクトすぐつけて、ずーーーっとつけてる人ですね。困ったことと言えば夜寝る前に、コンタクトとって、ハードなんで、こうやって目をこう、指でひっぱって瞬きをして取るんですけど、たまにびょーんって飛んでいくときあるんですよね、びょーんって飛んでいって、メガネメガネ・・じゃなくて、コンタクトコンタクトになるわけですよ、ふははははは(笑)ええ、アレがね、大変ですね。それぐらいかな。

はい、ラジオネームみさこさん『擦り傷などのケガをしていると、傷口が犬・・傷口を犬が舐めてくることってありませんか?うちの犬は避けても逃げても一瞬のすきをついて舐めようとすごい集中力で狙ってきます。あまりにもしつこいのでなんでそんなに舐めたいのか気になって調べたところ、犬が野生だったころの名残だそうで、狩りの後に傷口から病気が発生して、群れに広がったりしないように唾液の殺菌効果で早く治すために、仲間を舐めるという習性があったそうです。舞台で怪我の多い光一さん、傷を犬に舐められたりしてますか』いや、傷というか、もうあの・・以前も話したことありますけど、僕こうソファにばーんって座りながらテレビ見てたり、だらーっとしてたりすると、僕の左腕の、なんていうんですか?ここ(パンパン叩いてますw見えへん)・・二の腕の前、ふふふふ(笑)のところに、身体をまたがって、ここにはまった状態で、ずっとオレの手首らへんを、ずっと舐めてるっていうのが普段、いつもそうなんですよね。僕の左手の手首あたりは、いつか溶けてなくなるんちゃうかな・・って思ってますけど。ええ、傷口とかじゃなくても、あの子ずっと舐めてくるんで、うん・・でも実際問題はどうなんでしょうね、傷口を舐めさせるっていうのは、あんまり良くないと思いますよね。それなりに雑菌もあるでしょうから、あんまり良くないと思いますけどね。はい、以上なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
1日中ハードコンタクトをつけっぱなしでも大丈夫な眼球ってすごいですよ!もうワタシ数時間しか持たないですよ(^^ゞ もうアンドロイドとしか考えられないですよ(アンドロイドなら、コンタクトなくても見える目に作れば・・いやきっと、別の機能があるコンタクトなんだよ、うんうん(妄想)



《光一のポジティブシンキン》
光「光一のポジティブシンキン はい、ネガティブな相談に対してポジティブに答えていきます。埼玉県はちみつさん『私は顔が濃いのがコンプレックスです。薄化粧だと化粧してない?と言われるし、寝起きだとどスッピンでも眉を描くだけでバレなかったりします。なので結局目元が濃いきついメイクがあっているのかなと思うのですが、光一さんは女性に対してどんなメイクをすればいいと思いますか、ポジティブになれるアドバイスを是非お願いします』まあ、僕にとって一番苦手とするタイプのコレ質問ですね、どうでもいい、っていう。ふははははは(笑)いや、ただ、どうでもいいっていうをポジティブに考えてください。ええ、どうでもいいんですよ、そんなの。そこまで見てへんって。ええ(笑)って言う風にポジティブに考えればいいじゃないですか。しかも顔が濃いわけでしょ?だったら薄化粧・・で、いいじゃないですか、薄化粧にしてたら。薄化粧にしてても、メイクしてるっぽい顔なのであれば、むしろそれええんちゃうんって思いますけどね。何も悩んだりすることないと思いますけどね。

昔からうちの事務所の後輩なんかでも、顔が濃いヤツは何人かいたんで、そいつらはだいたい3Dリアルって呼ばれてましたけどね、ふははははは(笑)オマエほんとリアルだなあ、顔リアルだなーーっみたいな(笑)それは、なんていうかな、こう・・なんていうか、それを相手も受け止めてるし、相手もそれが個性やと思って堂々としてるし、だから言えるんですよ?楽しいじゃないですか、1人は米花っていうヤツはね、以前に話しましたけど、鰻屋さんに行ったらね、そいつにだけ外国人用のメニューが出て来たっていう、ふふふふ(笑)伝説の話がありますけど。いい話だよね、うん・・Kimosuiって書いてたらしいよ、ふははははは(笑)めっちゃおもろいやん、そんな話。ネタとして、人生ずっとネタとして使えるもん。それをイヤだイヤだと思うんじゃなくて、めっちゃ美味しいやんと思えばいいわけですから、ね、

はい、山口県みずきさん『光ちゃんは笑いすぎる女って引いちゃいますか。私はツボが浅いわけではないと思うのですが中学で同じクラスの男の子が面白すぎてよく笑ってしまいます。一応声と口元は押さえていますが最近隣の男の子に、オマエ笑いすぎじゃね?と言われてしまいました。シモネタでもどうしても反応してしまうので困ってしまいます。やっぱり笑わない方がいいのでしょうか』いや、いいんじゃないの?笑いすぎじゃね?・・・笑ってる・・・たぶん、その男の子がシモネタ言って笑ってもらった方が、ね?それがギャグですむんじゃないですか、シモネタ言って、なんか、ふっ・・くらいですまされると、なんか言った方も、あ、アカンかったかな・・・笑ってあげるって最大のフォローなんですよ、だから・・・なんだろな、テレビなんかでも、例えばそんなおもんないなあ・・みたいなことを例えばね、ゲストに来た人が言ったとしても、こっちがうっはーって笑ってあげると、すごいこの人面白いこと言ってる・・って見てる人は思うんですよね、思うし、なんかそこから話が展開していくんですよね。だから笑ってあげるっていうのは、相手に対して最大のフォローなんで、思いっきり笑ってあげていいんじゃないでしょうかね。

はい、東京都うねこさん『光一君は仕事で失敗してしまった時何を考えていますか。私は一度失敗してしまうと気持ちを引きずってあとの作業にまで影響してしまうんです。光一くんも舞台を長くやっていると失敗されることもあると思いますが、そういうときに心がけていることがあれば教えてください』いやもう、舞台なんかの時の失敗・・なんか、それは当然何度もありますけど、それは気持ちをすぐ切り替えないと止まってはくれないので、じゃないとどんどん連鎖していくのでね、切り替えてやってますけどね。前も同じコトになりますけど、失敗を怖れずに思いっきりやって、失敗したのはそれはもう、反省はしても後悔はする必要性はないと思うんですよね。だけど思いっきりやって失敗したんだもん、それは別に後悔の対象にならないっていうか、そこは胸を張っていいんじゃないですかね。その代わりしっかりと自分と向き合ってなんで失敗したのかなってことに向き合えば次につながっていくんじゃないかなと僕は思いますんで。たまに良いこと言うでしょ。ふふふふ(笑)そうなの、たまーにいいこと言うんだよ。

さ、光一のポジティブシンキンのコーナー、本日をもって最終回!ふははははは(笑)あ、最終回だったんだ、じゃ最終回でちゃんといいことが言えて良かったね。ええ、あ、リニューアルするんだ、新コーナー題して、光一のどSでアドバイス、ああ、そうですか。以前ポジティブシンキンのコーナーをどSで光ちゃんにリニューアルしてみてはというメールがあった、ああ、そっか!ありましたね、そのメールも参考にしつつ、相談コーナーをリニューアルさせようということですね。ちなみにこのどSのSには、サディスティックという意味の他にも、ずばっと答えるという意味の、ストレート、親身にお悩みに答えますよ、という意味なども含まれていると、ふはははははは(笑)なんでもええやんって話やん、これやったら、別にドSじゃなくたってええやんって話になってくるわけでしょ。まあまあ、ポジティブシンキンもそうでしたからね、ある意味では。まあ、でもちょっと気持ちを切り替えて、このタイトルにすることによって、もっとドSで、あの・・斬ることもあり得るってことだもんね。斬られたい方はどんどん・・ああ、そうですか。はい、わかりました(インフォメーション)」

光「はい、お知らせです、KinKi Kidsでございますが、シングルやアルバムの曲の中からバラード作品を厳選したアルバム、バラードセレクションを来年1月6日にリリースすることが決定しております。今日はバラードセレクションから、雪白の月、お聞き下さい、どうぞ」



【今日のポイント その3】
うわーー!!びっくり!!ここに来て、あのメールの提案が採用されるとかっ!剛JAPANでありながら、光一さんのコーナータイトルにも関われるなんて、感無量すぎます!ありがとうございます!感涙!!
っていうか、斬られたすぎる(萌)

※参照

2015年8月11日のどんなもんヤ!

2015年11月2日のどんなもんヤ!


《今日の1曲》『雪白の月』


《お別れショートポエム》
光「お別れショートポエム。愛媛県のぶひいちさんからです『最近ルパン3世に出てくる銭形警部の年齢が29歳だと知りとても驚いた。勝手に50代くらいだと思っていたがまさかの20代だったとは』そうなんだよねー、そうなるんですよ、サザエさんも27とかでしょ?マスオさんもそれぐらいってことだよね。考えられへんよな・・ふはははは(笑)だから僕らからしたらマスオくんやねん。うん・・おい、マスオくんって言っていい年齢なわけでしょ。やっぱマスオさんやねんなあ。・・誰?サザエさん?・・えぇっ?!24?!女子大生・・大学卒業してすぐぐらいなん?え?全然いける~!・・ふははははは(笑)全然いける、サザエさん・・ちょっとイヤやけど、おばちゃんやもんな、あの頭。僕もね、もうすぐ、あと数年で40になるわけじゃないですか。そうするともう・・初老という言い方になるわけですからね、40歳。初老だぜ?ふはははは(笑)あー、かっこ悪い。はい、お相手は堂本光一でした。引き続きレコメンでお楽しみ下さい」

【今日のポイント その4】
光一さんはアレですか?!見た目じゃなくて年齢でいけるかいけないか決定するんですねっ!!!

| 光一どんなもんヤ | 10:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |