Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2017年2月27日(月)

光「はい、堂本光一です」
剛「はい、堂本剛です、まずはですね、京都府の日々が愛のかたまりなのでクリスマスなんていらないよって言ったら怒られましたさんからのメールです」
光「うん」
剛「ね、次から短めでお願いします『突然ですがこの間テレビで2017年最も運がいいランキングというものをやってて、1位が1月28日、2位が2月13日、3位が10月1日という結果で、366位まであるとこれが、366位が4月10日のワタシということでね」
光「すごいね」
剛「『何を持ってこういうランキングがついたのかわかりませんが、2017年頑張ってください、応援しています』光一君は196位という感じだったそうですね」
光「うん・・まあ、なんとも言われへんな」
剛「何を持ってなのか、ちょっとさっぱりわかりませんけどね」
光「運か・・」
剛「テキトーにがんばろかっというところですかね」
光「そうですか」
剛「まずそんなに跳ねなかったですね、ええ・・という・・」
光「いやあ・・でも、今日今オレの気持ち聞いてもらっていい?」
剛「いいですよ」
光「仕事終わって・・」
剛「まだ言ってんの?」
光「家かなと思ったらラジオ局だったんですよ」
剛「まだ言ってるやん」
光「で、まあ二人の時って、だいたい1週録りだったりするな・・2週録りだったんですよ」
剛「そこもや。そこもやってんねや。なんや、一個ちゃうやん」
光「おいおい、2週・・え、2週録り?!」
剛「いや、2週録りますよ、そんなん~」
光「びっくりしました」
剛「二人でせっかくここ入ってんから、2週録りましょって話ですよ、これはね」
光「びっくりしたぁ~」

剛「ということでね、張り切っていきましょう!KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
2週目を意識して、もう一度説明してくれる光一さん(笑)そしてその分張り切ろうと慣れないことをしたら、若干噛んでしまった剛さん(萌)


《何でも来いやのフツオタ美人》
光「読むもん多いなこれ(笑)なんでも来いやのフツオタ美人! 多いねん、読むの」
剛「多いね、今日」
光「普通のおたよりとかいって・・」
剛「196位ですから、がんばりましょう!」
光「大阪府すろーさん『遅くなりましたが紅白初出場お疲れさまでした。家族で楽しく拝見させて頂きました。事前の番組でパフュームのあーちゃんが舞台裏は人がすごすぎて迷子になったりはぐれるとおっしゃってました。また西野カナさんも実際にスタッフとはぐれてしまって出番に間に合わないのではと焦ったというお話をされていました。お二人はスムーズに本番を迎えられましたか。舞台裏のお話などあれば聞きたいです』」
剛「普通にスムーズ・・」
光「いたってスムーズでしたね」
剛「はい、舞台裏の話もさほどないですかね」
光「まあ、あとはスタンバイ声かけられるのが非常に早い段階で声かけられるので・・」
剛「うん」
光「うん・・・まあ、間に合わなくなるぞーみたいなことは」
剛「もう、なかったですね」
光「なかったですよね・・」
剛「相当前に呼ばれましたからねー」
光「そうねー・・、まあ、すいません、特にエピソードなくて」
剛「ええ、そんなに跳ねなかったですね」
光「ふふふ(笑)いや、今日・・・車ついて、家やと思ったらラジオ局で」
剛「それさっき聞いたんで!!!」
光「え?」
剛「それ、さっき聞いたんで」
光「あれっ?」
剛「気持ちはもうわかってるんで」
光「ほんとに?!」
剛「でもそれ、やらんと家にも帰れませんしね」
光「そうやんなー・・びっくりしてん、あれ?なんかうちの門ちゃうなと思って」
剛「うん・・文化放送ですからね」
光「なんか、うちの近くに線路ないぞと思って」
剛「いやもう行きましょか、神奈川県の」

光「神奈川県の(笑)」
剛「あいねちゃん」
光「あいねさん『先日東京ドームのコンサートをV6の三宅健くんが見に行った話を』」
剛「はいはいはい」
光「『グループでしていたのですが、その中で健くんは自分がジャニーズに入った時はもうすでにKinKi Kidsというグループが出来ていたので自分にとってはお兄ちゃんみたいな感じ、何年経っても光一君、剛君になってしまうと言っていました。お二人は健君のことをなんと呼んでいますか、気になったのでメールしました。ちょいちょい語られる同級生話がほほえましくてすごく好きです』」
剛「まあ、健ですね」
光「そうねえ・・」
剛「普通に、健」
光「オレ、健の、履歴書ジャニーさんに見せられたのすっごい覚えてるんですよ」
剛「ほぉ~~」
光「ジャニーさんちで、YOU!これどう思う?って言われて、うん・・僕にはわからんって答えて(笑)」
剛「んふふふ(笑)」
光「ほんまわからんねん、やっぱジャニーさんの眼力っていうかさ」
剛「感性ね」
光「見抜く目って言うのはすごいよね」
剛「うん」
光「写真見てもわからんかったもんなあ」
剛「そうやね」
光「まあでも、V6にせよ・・剛、健、岡田、とかっていうのは、V6の中でも若手の方じゃない、だから、オレらにとってもちょっと後輩というような部分が若干あるけど」
剛「はい」
光「でも、そのV6にしてもTOKIOにしても、何かこう同じ世代を生きてきた・・感覚はあるよね」
剛「うん」
光「ジャニーズとして」
剛「はいはい」
光「なんか同じ世代を生きたなあみたいな」
剛「なんかそういう感はありますよね、だから坂本くんとか長野くん、イノッチに、あーだこーだを色々教えてもらったりしながら」
光「そうね」
剛「とかもあるし、逆にカミセンにはね、あーだーこーだ僕らも教えてみたり」
光「うん」
剛「刺激もらったりみたいな、V6はだから、ほんと独特の感覚がありますよね、僕らにとってもね」
光「うん・・・そうね」
剛「そうですね、だからまあ、健と呼んでますね」
光「なんやろ・・なんやろな、戦友とは言わんけど、同じ時代を生きてきた人達だなという感じですね」
剛「感じですね」

光「ラジオネームりーたろさん『私はもうすぐでハタチになります。そのお礼にお母さんに何か贈りたいのですが、お花を仕事で扱ってる母に、花を贈るのもなあと思います。母は何が欲しいとかもないようで、サプライズで感謝を伝えたいので、何か記念になる贈り物にとても悩んでいます。どのようなものを贈るといいと思いますか』」
剛「いやもうそれは・・」
光「自分の思ったものがいいと思うんですよね」
剛「うん、親はそれで嬉しいと思うけどね」
光「我々がこんなんいいんちゃうんって言ったものを贈るよりも、アナタが考えたものを贈る方が親は嬉しいんちゃうかな」
剛「それが一番ですよ」
光「うん。でもエライね、祝ってもらうんではなく、母に感謝の想いを、自分のハタチの誕生日で伝えると」
剛「これはエライですね」
光「素敵なことですよ」
剛「なんでも嬉しいと思うよ」
光「それだけでも素晴らしいことです」
剛「うん、でもお花でも嬉しいと思うけどね。あの花言葉とか色々あるから、そういうのちょっと調べて重ね合わせてプレゼントするのもいいとかもいいような気もするけどね」
光「うん、そうね」
剛「自身で選んで、これかなとピンと来たものが一番お母さん喜ぶと思うけどね」
光「うん、その気持ちだけでもほんとに素敵なことだと思います!」

光「千葉県ひかりさん『この前間違えて男子トイレに入ってしまいました。しかもトイレに男性が入ってくるまで気づきませんでした。男性と目が合い、事態に気づいた私は男ですがなにか?という感じでドヤ顔をしてトイレから出ました。ミニスカートをはいている女子大生がドヤ顔でトイレから出て行くかなりシュールな状況だったと思います。お二人はもし間違えて女子トイレに入ってしまったらどうごまかしますか。これからもお仕事応援しています』」
剛「いや、普通に・・・こんにちはーって言う」
光「ふふふふ(笑)」
剛「うん、しゃあないもんね、間違えてしまってるし・・」
光「そのトイレ・・」
剛「間違えたんですよっていうのもアレやし」
光「まあ・・」
剛「あるかな?」
光「大変やな、みんな、人間はトイレに行かなアカンから」
剛「・・・・・こいつの設定たまにヘンになるねん、人間・・じゃなくなる瞬間がちょっと出てくんねん」
光「大変やわ」
剛「オレはアイドルやから、おしっこもうんこもせーへんっていって・・うん」
光「ほんまに・・大変やな」
剛「うん・・なんか・・」
光「僕、オレとしては、女子トイレに、間違えて入ってもうた、やべっ!出ていくとき、どんな顔しよかなーっていう衝撃よりも」
剛「うん」
光「あの、さっきここついた時に、あれ?オレんちちゃうやんけって思った衝撃の方が・・」
剛「ふふ(笑)まだ言うてるやん・・まだ言うてるやん」
光「その衝撃の方が大きかったですよ。あれっ?!」
剛「そら大きいと思うわ、今日仕事終わりや思ってて、もう一個あったら、それは。オレは理解した上で前の仕事やってるから」
光「衝撃やったわー、ほんまに」
剛「だから後半ちょっと早めにたたみ込まんとアレやなとか、色々思いながらやっててんけどな?」
光「はい!以上なんでも来いやのフツオタ美人でした!」

【今日のポイント その2】
あー、ついに自分で言っちゃいましたね。アイドルというよりも「人間はトイレに行かなアカン」ってことは、人間じゃないってことですよね。まあ、みんな知ってますけどね、アンドロイドってことは( ´艸`)


《これってアウトかな》
剛「続きまして これってアウトかな? これってアウトかもというみなさんのね、フェチをアウトかセーフかジャッジします」
光「アウトアウトアウト、アウト!アウトアウト!」
剛「いや、やりますよ、ちゃんとね」
光「アウトー!」
剛「広島県のかずえちゃんですけども」
光「もうアウトや」
剛「『以前献血の針を刺す時の痛みフェチという方がいましたが、私は昔から注射をさされる時に注射針がささるのを見るフェチです。針が皮膚の中にすーっと入っていくのを見るとなんとも言えない気持ちになります』ね、アウト!」
光「アウト!」
剛「これは・・アウトやわ。うん、なんか肉の中に埋もれていく感じが好きとか、ちょっとワードが」
光「すごいね・・この子すごいね」
剛「ワードがヘンです。ラジオネームるんさんですね」
光「ふふふふ(笑)結局全部読んでへんもんな(笑)いや、面白い、その感じいいよ」
剛「『サラリーマンがしている結婚指輪フェチ』アウト!」
光「ほぉ~~~」
剛「うん、アウト!え~、そうね、サラリーマンの指に、そのギャップ・・」
光「でもこれ絶対不倫に走る系ちゃうん、この子」
剛「『指輪を一点見つめて、家族のために頑張ってんねんな。今日は帰ったら奥さんの手料理食べるんかな、お子さんと風呂はいるんかなと勝手に妄想して、勝手にほっこりしてる』うん、まあまあ、アウト!」
光「え?そういう人の方になにか、恋心を抱く系かなあ?家庭持ってる人の方が」
剛「どうなんでしょう、恋心を抱くのか、ただなんか、ほっこりしてるのかちょっとわかんないですけども」
光「ちょっとでも危ない感じあるなあ」
剛「まあ、ちょっとアウトにしましょう。和歌山県のなおちゃんですね『私がこれってアウトかなと思うフェチ、それは愛犬のウンチのニオイをかぐ。もちろんウンチですから臭い、しかしどうしてもかいでしまう。2匹飼っているので、ニオイの違い、フルーツを食べたあとなどは、少しいい匂いがする、そういう変化も楽しめる。今では私だけでなく、家族みんなで今回のウンコはこうやったとなど、ウンチの談義をしている。こんな一家はアウトでしょうか』」
光「まあ、我が子やからな」
剛「ま、これは健康面チェックという意味では全然アウトじゃないのでね」
光「我が子よねえ」
剛「うん・・いいんじゃない」
光「ふふふふふふ(笑)あえてかごうとは思わんけどな」
剛「うん、それはないけど」
光「あー、臭いっ臭いっ臭いってね、思いながら」
剛「たまにティッシュでくるんでとろうと思ったら、ティッシュが届いてなくて指でいってるときあるけどね」
光「あるあるあるある」
剛「おいぃぃ~~~~の時あるけどな」
光「ある(笑)同じ反応や、おいぃ~~~ってなるよな」
剛「っていうのはありますね。でも我が子なんで、全然そんな汚いもんではないんですけどね」
光「我が子ですから」
剛「はい(インフォメーション)さ、それではKinKi Kidsのバラードセレクションからですね、薄荷キャンディー聞いて頂きましょう」

【今日のポイント その3】
家じゃなかったショックを引きずる光一さんのために、ばさばさアウトにしていく剛さん(笑)

《今日の1曲》『薄荷キャンディー』

《お別れショートポエム》
光「お別れショートポエム。今週は埼玉県のゆうこういちつよしさんからのポエムです『渋谷にある電話ボックスの前で嬉しそうに写真を撮っている外国人がいた。もしかしたら観光名所なのかなと思い検索してみたが全くわからなかった。写真を撮っていた理由が気になる』」
剛「まあ電話ボックス自体が珍しいというか」
光「ある?電話ボックス、今も」
剛「だから、その渋谷の、あの・・裏の、百貨店の裏とか、交番の前とかありそうな気する」
光「今の電話ボックスもテレフォンカード?」
剛「ふぅん」
光「テレフォンカードってどこで買うの?コンビニで売ってんの?」
剛「いざというときにはね、まあいいよね」
光「まあまあ、確かになんかあったときには」
剛「いいのかもしれないけど、たぶん日本の電話ボックスのスタイルが珍しくて、撮ってるというのもあるかもしれないですけど。ただ、僕はそんなことよりも、このゆうこういちつよしさんの、全然僕何にもかかってないっていうか」
光「まあ、ゆうこやろ、ゆうこのこと、コウイチを」
剛「ゆうことこういちを、かかってるから・・僕なんかちょっとシャッとしてるよね、最後」
光「そうね(笑)」
剛「うん、これの方がちょっと僕気になってるけどね」
光「気になるねえ」
剛「なぜ僕の、最後につけたのかって理由そっちの方が気になってるけどね」
光「そうね」
剛「さ、ということでね」
光「はい、お相手は堂本光一でした」

剛「堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみください」

【今日のポイント その4】
2月6日でも採用されていた「ゆうこういちつよし」さん、剛さんしつこく自分の立ち位置気にしてますねw、光一とくれば、剛なんだからいいんですよ、それで!(笑)

| 2人どんなもんヤ | 11:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年2月20日(月)

光「はい、堂本光一です」
剛「堂本剛です。まずはですね、栃木県のもとやまさん『この前どんなもんヤ!の昔の音源を聞いていたら、すさまじい頻度でジェットコースター・ロマンスが流れていました』」
光「ああ、あったね」
剛「『今さらですが何があって、あんなにジェットコースター・ロマンスが流れていたんですか、教えてください』これなんでやっけ?」
光「なんかもう、とにかく曲なにしよ・・ジェットコースター・ロマンス!みたいな感じだったでしょ」
剛「なんかノリ・・ノリで。なんでそのノリが出来たのかがちょっと・・覚えてないんですけど」
光「だから、ほらアレやん、帯番組やったから」
剛「うん・・・ああ、そっかそっか、なんかこう」
光「月から金まで、でも毎日曲どうしようかなーっていうのがめんどくさくなって、ジェットコースター・ロマンス!っていうのが、こう」
剛「っていうノリがでちゃったんですな。大人の悪い、アレです、理由はそれしかないです」
光「そやなあ」

剛「ええ、ということでKinKi Kidsどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
昔の音源っていうから、いつのかと思ったら、ジェットコースター・ロマンス縛りはついこの間な気がしてた(笑)そして微妙にジェットコースター・ロマンスを噛む光一さん


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 えー、番組の前半は普通のおたよりですけども、千葉県こばりんさん、17才の方で『以前嵐の大野くんがラジオでキンキさんの曲で好きな曲はなんですかという質問に対し、たよりにしてまっせが好きと答えていました。ジュニアの頃にコンサートでキンキのお二人のバックで一度だけ踊ったことがあって、それがすごく嬉しかった、振り付けが斬新で面白く、でもそれをうまく踊る二人がすごくかっこよくて忘れられない、もう一度みたいなあと言う風に話していました。お二人は先輩や後輩の曲の中でこれが好きだという曲はあったりしますか』僕はやっぱ・・10$かなあ。なんか、アレを踊ってる時を覚えてるなあ・・で」
光「オレ覚えてんのが、森君が、10$をソロでやってたのをすっごい覚えてる」
剛「ああ、あったねえ・・」
光「元々そう・・森くんがさ、10$ソロでライブでやってらして・・」
剛「うんうん!」
光「その後SMAPとして、10$シングル」
剛「そっかそっか」
光「出したもんね」
剛「林田健司ね」
光「そう。。それなんかすごい覚えてて、すげえセクシーな曲だなっていうね、記憶がありますね」
剛「なんか10$はね、めちゃめちゃ覚えてんのな、色々。画がいっぱいあるっていうか、その時に兄さん方が着てた衣装とか・・」
光「うん」
剛「こんなんやったな、あんなんやったな・・結構覚えてんな。あと、雪が降ってきたで、バスケのゴールあったやん」
光「うん」
剛「アレでシュートをなんか、出来るならばキメなきゃいけない・・」
光「それの球拾いをね、我々してたりしてましたけど(笑)」
剛「で、ああいうのんとか、緊張するよね、なんかね」
光「そう、変な方向に球飛んでいくと・・」
剛「行くと変わっちゃうから」
光「そう・・」
剛「ああいうプレッシャーがねえ」
光「ありましたね」
剛「ドキドキしたなとか」
光「ドキドキしましたね」
剛「うん、ありましたけどもね」
光「スパッツにバッシュっていう衣装でしたね」
剛「いやあ、斬新でしたね」
光「青と白のなんか、シャツ・・」
剛「青と白の、うん、サテンのシャツで」
光「サテンのシャツ」
剛「それにスパッツはいて」
光「バッシュ」
剛「バッシュ・・ユーイングだったかな、バッシュは」
光「ふふふふふ(笑)懐かしいなあ~、ユーイング」
剛「確かユーイング・・だったと思います、ユーイングとリーボック二つあって、それどっちかはいて、みたいな」
光「やっぱバックをやっていた時代って忘れられない思い出がたくさんありますよね。逆にデビューしてから自分らの曲やってるの、覚えてないのいっぱいあるもんな」
剛「ありますからね」
光「不思議なもんで」
剛「不思議なもんですけどね」
光「はい」

剛「さ、そして神奈川県のあやびーさん、17才の方で『この前テレビで生の味噌を白いおにぎりの周りに塗った、生味噌おにぎりがアリかナシかの調査をしていて西日本がナシ、東日本がアリと別れた。10代から東京でお仕事をされていたお二人、どちら派ですか』」
光「いや・・どっちも食わへん」
剛「ど・・・・っちやろなあ・・」
光「ふははは(笑)どっちも食わへんわ、オレ」
剛「うん・・まあ、僕の人生の中で考える話じゃないかなあ、うん」
光「ふふふふ(笑)」
剛「うん、でも、だからということは、別に僕は食べれると思うねんけど」
光「味噌つけるんやったら、ちょっと焼けやっていうのが、ひが・・あ・・」
剛「西なんかなあ」
光「西なんかな」
剛「焼いてもいいけど、焼かんでも、まぁ・・みたいな」
光「美味しいとは思うけどね」
剛「美味しいとは思うねんけどなあ、うん・・どうでしょー」
光「ふっはっはっはっはっは(笑)」
剛「ん~~」
光「どうでしょう(笑)すまそか、もう、すまそ」

剛「兵庫県のうみままさんですね『先日逆上がりが出来ない娘に手本を見せてみようとやってみたら全く出来なくなっていたと』」
光「あぁ~~」
剛「『何回チャレンジしても出来ない上、ひどい筋肉痛になるという悲しい結果に終わる。一応まだ20代だし楽勝で出来るでしょうと言っていた自分に悲しくなりました。お二人は気持ちと身体がついていかなかったことって今までにありましたか』なんかあったかなあ?」
光「あの・・走ることってさ」
剛「ああ、走る事減ったなあ」
光「そうないやん、しかも全力疾走」
剛「全力疾走ね」
光「だから、最近全然やってへんけど、前、昔野球やってたころ、打って全力疾走した時に、自分の足のついていかなさ?」
剛「うん」
光「これ、びっくりしたよ」
剛「なんかやっぱ全力疾走で出ると思うね、その感じは。言ってることわかるわ」
光「そう、いやもっとオレ、え?なんで、足こんなついてこーへんのか・・って思ったね、あの時は」
剛「気持ちがグイーン出てるけど」
光「そう、気持ちは行ってるのに足がついていかへんねん。全力疾走することないやん」
剛「ないよ、全力疾走は。毎朝パンくわえて遅刻せーへん限りないもんな」
光「全力疾走ね・・」
剛「普通に行くもんな」
光「そらもう感じますよ」
剛「感じるんですよ、うみままさんね」

剛「熊本県のね、おもちのうさぎさん16才の方ですけど『先日あるテレビ番組でね、トイレの後に手を洗うかという話題だったのですが、洗わない人の割合が15%いると。中でも小便の時だけ洗う人が7.3,大便の時だけ洗うという方が3.0%、番組を見ていてウンコの話が好きなキンキのお二人の顔が浮かんだのでメールしました。お二人はこの結果についてどう思いますか』でもこれさ、ばい菌っていうのは、水道の水を20秒くらい、だだ流しして手にかけることで、だいたいの菌が落ちると言われてるんですよ。石けんでしゃーっとやって、例えば5秒ぐらいでやったからといって、あまり落ちてないという結果も出てるんですよね。だからソッコーで菌を殺すくらいのものやつで石けんで洗って、やるとそれはばい菌はとれてるけど、それは果たして肌にいいのかというね?・・こともあるから、だから、本当はトイレ行きました、おしっこしました、ウンチしました、どっちにしても、本当は20秒ぐらい水をばーーっと流してることで全部の菌は落ちてるんですよ」
光「だって、あの・・お尻ふいた手って大腸菌くんってトイレットペーパーごしにも来るらしいからね」
剛「いや、来ますよ、そら。あの海外の人って・・」
光「さらっと流したよね」
剛「海外の・・いや、海外の人の、トイレットペーパーの短さすごいよね」
光「短さ?」
剛「調べてみ、ネットで、海外の人」
光「使わへんねや、そんなに」
剛「これ・・切れ目から切れ目あるやん」
光「うん」
剛「これぐらいでいくで」
光「ほぉ~ん」
剛「で、日本人がちょっと巻いたりするやん、んで、拭くやん、そんなすごいウンコしてるのか?あっはっはっていうてんねん、海外の人は」
光「ああ・・そうなんや」
剛「そんなに・・重ねんとアカンウンコしてんのかみたいなことやねんけど、向こうの人達の概念は、もうほんまにちょっと」
光「へぇ~~」
剛「でも大腸菌のすごさ?」
光「ふふ(笑)・・すごさね」
剛「があるから、やっぱ何回かはゲート作りたいよね」
光「うん・・」
剛「重ねて」
光「まあ、何よりもその手で触られたくはないな」
剛「まあでも・・・みんな、例えば舞台してても、ウンコしたあとにね、手ちょっと洗って、光一を触ってることもあるからね」
光「・・・・・・・舞台中人に触られへんもん、共演者は触られるけど」
剛「共演者を、触る?」
光「それは、共演者は」
剛「ああ、じゃ、もう共演者は大腸菌すごいわ」
光「ふははははははははは(笑)」
剛「それはもう・・・これはもう、ほんとにエレベーターの横とかに紙貼って、大腸菌ついて・・」
光「でも、なんやっけな、科学の方がおっしゃってた、握手することは菌と菌の交換をしてることだって」
剛「ああ、なるほどね!あの、アレあるやん」
光「そう。人間同士で」
剛「バクテリアとか、菌が、菌に恋をしてる説あるやん」
光「んあ、そうそう、そういうところもね」
剛「だから、その進化をアップデートしたいから、自分にはない何かを持ってるって菌が判断していて、あ、あの人かっこいい、可愛い・・」
光「そうそう、剛くん、よく知ってるね!」
剛「うん、それで・・」
光「そうらしいよ」
剛「人間は何か愛し合っていくみたいな。シェイクハンドは、それのちょっと手前やね」
光「そうそう。肌があうとか言うじゃないですか、そう言う感じ?握手とか、肌があったりした時に、あ、なんかこれなんやろ?みたいなのって」
剛「もしかしてそういうことなのかもね」
光「って、話だったりね」
剛「でもこれでホントにアップデートしてんのかね、これして、シェイクハンド握手して、菌が例えばつきます、自分が本来持ってない、例えば海外でもいいよね、海外にはあるけど、日本にはない。海外の人と握手をした、それで何かつくじゃないですか」
光「そう、お互いに持ってない菌が必ずあるからね」
剛「これは、なんかやっぱ作用すんのかな?」
光「どうなんやろなあ」
剛「わかりやすくしたらいいのにな。ちょっとこう・・身長でかなるとか」
光「だけど、あの、おへそにはその人特有の菌が必ずいんねんて」
剛「ヘソに」
光「おへそに。だから、その菌を、めちゃくちゃ研究してる人がいるらしいよ」
剛「ヘソ菌を?」
光「ヘソ菌を」
剛「そのヘソ菌とヘソ菌を何回にも、なんがけにもして、すごいかっこいい菌とか出来へんかなあ」
光「うん、出来る可能性があるよね」
剛「あるよね」
光「うん」
剛「で、そのカッコイイ菌を売って・・」
光「まあ、何かにすごい効くモノになる可能性が」
剛「なったりとか・・」
光「研究してる人いるらしいよ」
剛「将来オレそれやろかな」
光「ふへへへへ(笑)ヘソ菌研究者」
剛「ヘソ菌研究者です。うん、ちょっとおへそいいですか?ん~、なるほど、みたいな」
光「ね」
剛「うん、だからやっぱ、ウンコしたあとは手洗うか洗わへんかっていうの、ちょっと考えたいところやね」
光「いや、洗いましょ(笑)ふはははは(笑)そこは、お願いします、洗ってください」
剛「ね、ということでなんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
菌の話って、乳酸菌とかそっちかと思ったら、大腸菌ね(笑)っていうか、剛さん・・身長でかくなりたいんだね・・・そのサイズ感が好きなのにー



《報告します》
光「続いて 報告しまーす
剛「ちょっと待って・・し・・死ぬんですか、今から」
光「もうねえ・・」
剛「死にますっていうんかと思った、すごい暗かったよ、今」
光「あのねえ、オレの気持ち聞いてもらっていい?」
剛「うん、いいですよ」
光「今からラジオがあるってことを全く、ごめんなさい、たぶん伝わってたと思うんですけど、把握してなくて、めっちゃ落ちてます、今」
剛「いや、ラジオですよ?」
光「ええっ?・・・ついたと思ったら、家ちゃうやんってなって」
剛「いや、ラジオです」
光「・・・・・びっくりしたぁ」
剛「今日は最後ラジオです、はい」
光「東京都ももさん」
剛「ももさん」
光「『この前久しぶりに22年前のキンキの武道館ライブのビデオを見ていた時のこと』」
剛「わー、見やんといてぇ」
光「『最初の挨拶で光ちゃんは、後ろの人ばっちり見えてるでと言ってました』」
剛「あ、言ってた、うん」
光「嘘つきやったもん、その頃」
剛「なるほどね」
光「『今では後ろの人は全く見えなく感じている、光ちゃんなので、思わず見ながら突っ込んでしまいました。久しぶりにガチガチに緊張してる二人を見てほほえましたかったです』」
剛「いやもう緊張以外にないでしょ」
光「あの時はね」
剛「急に、YOUたち武道館でやるよ・・って言われたから」
光「剛くんに関しては知恵熱みたいなもの出してましたしね」
剛「出してた?オレ」
光「そうですよ!オレ、忘れもしないですよ、なんか熱っぽくなって、知恵熱っぽくなってたの覚えてますよ、僕は」
剛「その知恵熱も手伝って、光一よろしくぅ!って言ってるんでしょうね」
光「そうですよ、着替えてないのに、ね、3分は欲しかったですね。3分もMC持たせられなかった(笑)」
剛「あの時はね、もう・・だって、生徒会とか例えばよ、そんなレベルでも人前でしゃべったことないのに、急になんかめっちゃ人見てるやんっていう中で、え?何しゃべったらいいの?みたいな、その時はまだ、なんていうの?関西弁でベラベラしゃべって人わかす、みたいな、そんなニュアンスないから。ちょっと、なんやろ、ちょっと・・関西人やけど、まだアイドルみたいな、ムードで行かなアカンなあ、みたいな。でも、ということは逆に話がもっと上手くないとアカンし」
光「ある意味ね」
剛「ある意味、普通のスマートな話して、え、そうなんだ、剛くん~、光ちゃん~。・・みたいな、そういう話せなアカンねんけど、何話していいかわからへんよね、ウンコってその時に言えてたとしたら、これ、もう17,8分いけてました、ウンコの話で」
光「ただ(笑)ウンコの話さんざんされた後に、光一~!って言われても」
剛「んふふふふふふふふ(笑)」
光「ぜん・・オレ、めっちゃ出にくいよ、それ(笑)」
剛「ま、ウンコは出やすいでしょうけどねえ(笑)」
光「それはそうだと思いますけども(笑)」
剛「いや、でもね、あの時はほんとにガチガチやったね」
光「そうね、そんな時代もありました」
剛「ありました」

光「はい、香川県るしゃとりえちはるさん『40代になると顔はわかるけど名前が思い出せないということが増えるそうです。お二人はまだ大丈夫だと思いますが例えばてじなーにゃ・・」
剛「なーにゃ」
光「『で、お馴染みの手品師のコンビ名、出てきますか。ちなみに中居君は堂本兄弟と答えてました』」
剛「んふふふふふふふ(笑)なんでやねん」
光「なんでやねん」
剛「なんでやねん。これ、もう兄さん目の前にいたら、なんでやねん!!って言いたいですね」
光「そうね。んふふふふ(笑)」
剛「いやあ・・・」
光「え?てじなーにゃ?」
剛「てじなーきゃで覚えちゃってる」
光「てじなーにゃでしょ・・違うの?」
剛「だって、今ぱんって出てくんの工藤兄弟と、LL BROTHERS」
光「やんなあ、二人組と言えば」
剛「うん、なんかその二人がパンと出てくるよね・・なんやったっけ?中山・・?えっと、三味線が吉田兄弟やね、津軽三味線がね、吉田兄弟さんで」
光「え?なんとか兄弟?」
剛「で、まんが宇宙兄弟・・・」
光「じゃあ、中居君・・」
剛「他の兄弟いっぱい出てくるやん」
光「中居くんの堂本兄弟、そう遠くはなかったっていう」
剛「ふふふ(笑)そう、なんか苗字やねん」
光「そっか・・・」
剛「吉田とか、山田?!・・・山田が近い」
光「やまい兄弟・・やま」
剛「山内」
光「え?他に山、何がある?」
剛「山仏・・・んふふふふ(笑)」
光「やま・・・・やま・・・え?他に山、何がある?」
剛「え~~、山根!山城!・・・」
光「ああ・・ちょめちょめ」
剛「ちょめちょめ・・・違う?白馬童子じゃない?」
光「山・・山・・・山下!」
剛「やまうえ・・やまがみ?!」
光「うわ、全然・・・むしろ知らんかったぐらいの感じなんですけど」
剛「え?あの人達山上さん?」
光「もう結構いい大人になってるよね。イケメンになってたよね、確か」
剛「なってたなってた。うん、トランプマンと勝負してた」
光「ふはははは(笑)」
剛「トランプマンも変わらんなあってそっちのが、ちょっといっちゃったけど、オレは」
光「トランプマンな(笑)まあ、白く塗ってればそう変わりはしない」
剛「全然・・いや、ちゃうねん、スタイルとか、イキフンですよ、なんか、全然変わらへんのよ、トランプマン」
光「さすがですね」
剛「山上さんね、うん、これで覚えたよ」
光「山上・・はい(インフォメーション)歌、ジェットコースター・ロマンス!」


【今日のポイント その3】
家かと思ったら、ラジオ局に運ばれた光一さんの悲哀が、今日一番面白かったです(爆)

《今日の1曲》『ジェットコースター・ロマンス』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエム。今日はですね、栃木県のもとやまさんです『デパートでもれてたまるかと叫びながらトイレに走っていく子供達を見た。その後ろ姿は少しだけ勇者のように見えた』」
光「えらいっ!・・ね、もらしたらアカン」
剛「もらしたらアカン・・もれてたまるかぁ~~!っていって、可愛いな、走ってる勢いでもれそうやけどな、ちょっとずつ・・ピッピ・・」
光「だけど、あの・・誰とか言いませんけど知り合いで、いい大人ですよ?ウンチもらしちゃったんですって、家で」
剛「家で?!ああ、家やったらまだ良かったやん」
光「もう・・もうなんやろな、アカンっ」
剛「アカン、出る・・はいはい・・」
光「こう・・下げたところで、ばーん」
剛「出た」
光「バーンいってもうてんて、ほんとにトイレ目の前くらいで。そんな時どうするかっていうと、やっぱとりあえず座ってするよねって(笑)」
剛「ま、そうやよね」
光「こぉれがおもしろくて(笑)人間ってそうだろうなって(笑)とりあえず出てもうたの処理をするよりも、まずは、そのまま残りするよねっていう」
剛「いや、だって、出たやつを処理するということは、かがむから処理しながらまた出るもんね」
光「そうそうそう。まずは出し切らないとっていう(笑)のが、人間・・ああ、人間そっちに働くんだな」
剛「オレは、前・・どっかで話してると思うけど、ちっちゃい頃に中学生ぐらいの近所のお兄ちゃんが坂の上の家でした、で、坂の下の空き地で遊んでてん。そしたらヤバい、ウンコ出そうやって言い出したから、ちょっとトイレ行ってくるわっていって、ヤバイもれるって、ぶわーーってそのお兄ちゃん坂の上まで走っていっててんけど、何を思ったか、坂の上で1回Uターンして戻ってきちゃったのよ。無理やって、なんか・・間に合わへんって言うて、坂上って右ちょっと行ったら家やのに、坂上ってタッチアンドゴーぐらいで戻ってきちゃって」
光「ああ、戻ってきた」
剛「あれ?と思って、もう無理や、無理ーっていうて、空き地の方ばーっといって、急にケツばーん、出して、ぶり~~~ってウンチ出してんけど、急いでたわりには、すごいゆっくり、すぅ~~~」
光「そのサマもオマエ見てたんだ、すごい」
剛「アレは焼き付くよ、おい、ちょっとなんか拭ける葉っぱ持ってこいって言われて(笑)」
光「あはははは(笑)」
剛「で、近くの拭けそうな葉っぱをね、幼少期に探すって、なかなかの・・・なかなかのもんでしたよ」
光「いや、なかなかの体験ですねえ」
剛「葉っぱで拭いたことないから、強度とか、もしかして切れるんちゃうかとか」
光「パリッパリやったらなあ、また困るし」
剛「そう!だからその辺に落ちてる葉っぱを見繕って、これでいけると思う・・みたいな、渡して、ありがとう言われて」
光「でもね、もれてたまるかとか、そうやって健全にトイレに行ける環境っていうのはね、いいと思うよ」
剛「ああ、そうね。隠れて虐められる対象になるから、隠れてやるとかよくないもんね」
光「ほんとに小中学校の時にはね、トイレに大きい方いくのでも必死こいてた・・」
剛「あったよねえ・・」
光「ね、時代もあるでしょ」
剛「行くと上から降ってきたりとかする・・うわあ、ウンコしてるみたいな」
光「そうそうそう」
剛「ウンコマンって名前ついたりね」
光「そうじゃなくて堂々と行ける環境っていうのは、世の中作るべきだと思いますね」
剛「ね、関西人は多いよね。ちょっと今からウンコ行ってくるわとか、おしっこ行ってくるって、告知してから・・」
光「そうね」
剛「ちゃんと告知して行くもんね。番宣してから、うん、ちょっとウンコ行ってくるわ・・ああ、ウンコなんやみたいな」
光「だから、アラレちゃんの千兵衛さんとみどりさんもね」
剛「そうね」
光「千兵衛さん、ちょっとわたしウンチしてきます・・みどりさんが、しっかりねって言うのね、あの夫婦すばらしいよね」
剛「いいよね。みなさんもね・・」
光「すげえウンチトーク」
剛「ウンチのトークは長くなっちゃうね、申し訳ない」
光「ふふふふふ(笑)」
剛「それだけなんかあるんでしょ、魅力がね、はい、KinKi Kidsどんなもんヤ!来週も二人でお送りしますけど、二人のどんなもんヤ!週の始まりの月曜日来週も是非お楽しみください。この時間のお相手はKinKi Kids堂本剛と」
光「はーい、光一でした」
剛「さよならー」

【今日のポイント その4】
光一さんに生き返ってもらうためには、ウンチトークをするしかない!・・・ってことでしょうか(爆)

| 2人どんなもんヤ | 11:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年2月13日(月)

光「はい、堂本光一でーす。熊本県あいちゅうはねむってるさんからです『19年連続のドーム公演記録おめでとうございます。しかしそのコンサートで光一さんはクリスマスを恋人と過ごさないキンキファンが多いことを知り、ファンに向かって寂しいオマエら発言をしていましたね。しかし現実は一部の余裕のある女子をのぞきキンキのコンサートのために仕事やバイトのシフトをずらしたせいでクリスマスイブ、またはクリスマス仕事をするハメになっているのです。まさにクリスマスなんていらない状態。そこのところを是非わかってやってください。東京ドームコンサートお疲れさまでした』これは、クレームやね、ふふふ(笑)クレームでしょ、オマエふざけんなよって(笑)どうもすいません、ほんとに。恋人いない人ってあの時聞いたかな?確か・・それでも、ものすごい手があがったような印象が(笑)あったと思うんですけど。まあ、いいんじゃないですか。これはなぜそれが言えるかっていうと、別にオレ寂しいと思ってないですけど、うん、同じやからってことを言ってるわけですよ。同士やっていう、ことを言ってるわけですよ。ね、まあまあでもそう言う人も中にはいるってことですよね。コンサートのために仕事をずらしたから、その分クリスマス働いてるんだと。でもこの人が言う・・・あ、熊本の人?熊本からわざわざ来たのかな?これはありがたいね、でもこの人明言してない、自分には彼いるよってことは明言してないです、ふふ(笑)だからこの文章だと、ちょっとした強がりなんちゃうん、っていうふうに思ってしまう部分も、若干なきにしもあらずですけどね。いるんやったら、ほんと申し訳ない、それはありがたい、何よりもありがたいことです、すいません。はい、KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
クレームに謝罪しつつも、強がりなんちゃうんって付け足してしまうドSな光一さんw 

《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 東京都ばしこさん『遅くなりましたがFNS歌謡祭第2夜見ました。ジャニーズのクリスマスメドレーで後輩グループを引き連れてのパフォーマンス、とてもかっこよかったです。そして特に光ちゃんの身体にガムテープを貼り付けた西川さん風の衣装最高でした。終わったあとはがす時乳首へのダメージ大丈夫でしたか。後輩くんたちの裏話も含めエピソードがあれば教えてください』ま、後輩くん達とのエピソードは特にないんですけども、まあ、あの日はほんとにね、長い1日だったんですよ。午前からフジテレビに入って、一発目シンデレラ・クリスマス、オープニングのね、リハーサルをやって、そのあとすぐランスルーといって本番同様のリハーサルが、頭からずっとやっていくわけですけども。んで、オープニングやるじゃないですか、そしたらそのあと出番が、最後なので約3時間ぐらいあくわけですよね。3時間ぐらいあいて、んで自分らのコーナーやって、終わって、そこから2時間くらいあいて本番を迎えるわけですよ。で、オープニングシンデレラ・クリスマスやって、で、また3時間あくわけですよ。もうね、開きがね、長くてね、楽屋でだんだん、うえっ、あーっ、あーーーっ!てなっていくわけですよ。あーっ、もうヒマやっ、ヒマやっ!とか、なっていくわけですよ。で、そんな中で、ちょっと西川さんのところで、ちょっと出て頂きたい、バナナ持って出て頂きたいんで、って言われたの、最初。じゃあ、HOT LIMITやんって、HOT LIMITで、ガムテ!ガムテ!・・もう、さっきの、あーっ、あーーって状況やから、ガムテ!ガムテ!ってそのノリでガムテいったわけですよ。で、ガムテ貼ったものの、なんか、なんかの話のすれ違いで、提供バックやって言われて。西川くんの歌ちゃうんかい!西川くんの歌の時に来るんちゃうんかい、オレHOT LIMITやった意味全くなくなるやんってなってんけど、もう貼ったから、ええわ!これでいく!つって、スポンサーの方には申し訳なかったのかもしれないですけど、ガムテ状態で、あの提供バックをやらせていただいたというね、そんなことでございますよ。

で、まあ、その本番全部終わったあとに僕らのね、最後の歌の所ね、♪ちかえば遠のく・・・ああ、手を打ち足踏み踊り出せ・・ね、その曲をね、アカペラで歌う感じだったんですけど、色んなことが起きて、いつも自分が普段歌ってる方の、誓えば遠のくって歌ってしまい、それが剛くんと混合されたら、誓えばとしふみ踊り出せみたいな、よくわからん歌詞になってしまい、ええ・・・まあ、てんやわんやの1日だったですねえ。それがあったあとに、僕らカウントダウンに、東京ドームの方に行くことは出来ないので、VTR出演ということになって、そのあとに2曲歌の収録をですね、するという、なかなかの長い1日だったんですよね。そんなこんなで、あの日一番頑張ったのはHOT LIMITの部分だったな・・特に何を頑張ったかって、楽屋で違う、違う、このバランスが違う!・・ちがっ、ここは、ここやろ、みたいな感じで一番楽屋で頑張ってた。あの日一番頑張ったのはあそこです。ただ、はがすときはオレのセクシーゾーンが大変なことに・・痛かったです、アレは。こう・・背中の方はかなり雑に貼ってたんですけど、終わったあとに、楽屋帰ってる時に、後ろから急にビーってはがす・・やつが、いって!誰や!と思ったら、たかみなで。何すんねんっ!・・うっはっっはーって笑ってましたけど(笑)ええ・・僕のね、セクシーゾーンが痛めつけられました。

はい、ラジオネームゆきこさん『毎年マッチさんが開催していたディナーショーを昨年はタッキーが開催していましたね。光一君はディナーショーやりたいですか?もし開催するならやはり六本木あたりの高級ホテルでやってほしいなあと想像してるんですが、光一くんはもしディナーショーやるとしたらどんなことやってみたいですか。いつか開催していただきたいです』いや、まあ話があれば、って感じですけど、どうでしょうねえ、あまり、想像もしない、してないですねえ。しないですねえ。うん・・・でも、どうなんやろ?ファンの方ってディナーショーやる・・よりも、ライブやってほしいんちゃうん?どうやろ、ディナーショーみたいなもうちょっと近い感じで・・感じられるっていうのもいいのかなあ?でも高いでしょ、ディナーショーって、高いよね?食事代も・・また、オレ・・やばいMCなりそうやわ。ディナーショーやると。そんなもん食うてるから、そうなんねん~・・って、ディナーショーやのに(笑)MCで・・ディナーショーのMC・・なに?今食うてんの?それ・・えーーっ、食うてんの?今食ってみて?それ食ってみて?うわっ・・食えんの?食えんの?その一口がっ・・・みたいな。そんなMCのディナーショーいかがでしょう(笑)

次、兵庫県プテラノドンのつばさ『今から6年後の2023年に宇宙旅行についに行けるようになるというニュースを見ました。地球の丸さを実感できる高度100キロで約5分間の無重力体験ができると。旅費はトータル90分で約1400万、宇宙が好きな光ちゃん行ってみたいと思いますか』いやあ・・いい。今の飛行機ぐらい安全性が保証されてるなら、ちょっと行ってみたいなと思うけどね。まあちょっと安全的にちょっと不安やん、なんかまだ。うん・・これも前話したことあるかな?アポロ、何号?月面着陸したじゃないですか、あの時代の・・この話したよね?あの時代のコンピューターってファミコンぐらいの頭脳しかないっていう話をね、聞いたことがあって。そんなんでよぉ宇宙行ったなあ・・ね、すごいですよね。

福岡県ちえさん『先日のブンブブーンのゲストに出ていたGacktさんが5年前から東南アジアに移住しているとおっしゃってましたが、もし光ちゃんが将来海外移住するならどこの国がいいですか。また日本国内でしたら東京以外でどこに住んでみたいですか。私が住んでいる福岡はどうですか。光ちゃんもSHOCKで滞在していて気に入ってもらってるみたいですが、海も山も温泉も近くにあり自然がいっぱいで食べ物も美味しいし最高ですよ』その通りですね。ええ、福岡いいですねえ、ほんとに。まあ、去年は行くことが出来なかったんですけど、ま、ツアーでは行きましたけどね、長い、長期の滞在ってのはしなかったですけども。ここ数年ね、福岡での1ヶ月滞在っていうのはさせてもらってたりもしてたので。いいとこですよ、福岡は。それこそ休演日には、レンタカー借りて温泉行ったりとか、ほんとに車でちょっと行くとそこには海もあるし、ちょっといくと山もあるし、ほんとに大好きな土地ですね、食事にしても。海外は・・まあ、アメリカ圏かなあ、アメリカ圏か、ヨーロッパ・・でも、うん、ヨーロッパもいいなあ、F1いっぱいやってるし。F1目的ならヨーロッパ、なんか色んなショー見たり、そういった意味ではやっぱアメリカ圏かなあ、って思ってしまいますね。でもまあ、私は自分の家が好きです。日本が好きです。はい、以上なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
ちょうどFNSを昨日見てたんでタイムリーでしたが、この話もコンサートのMCでしてましたよね。で、ディナーショーって、食事終わってからショーじゃないんですか?食事してる最中に出てこられたら色んな意味で食べられませんよw


《光一のオレファン》
光「光一のオレファン 大阪府僕の友だちはたこやきさん、ま、ちょっと古いメールになってしまいますけども、収録上すいません『チャンピオン決定から5日後になんとニコ・ロズベルグがF1引退を発表しましたね。このニュースを聞いた時は非常に残念でしたが、ロズベルグの後任が誰になるのかとても気になります。光一君はロズベルグの後任は誰になると思いますか』これがオンエアされてるころには、恐らく決まってると思うんですよね。だから・・ちょっとみなさん、タイムマシンに乗ってる気持ちでこの話を聞いて(笑)いただければいいと思うんですけど、まあ、非常に気になります。僕としてはやっぱりハミルトン、って非常にいいドライバーなんですね。それのもう1人のドライバーということになるので、そこにロズベルグよりも劣るようなドライバーが乗ってしまうと、面白くないんですよ。僕的には、今一番最有力なのが、ウェーレインとか、その辺の人言われてると思うんですけど、その辺だとちょっと非力ちゃうの?と思ってしまうんですよね。また有力なところで行けば、ボッタスという今ウィリアムズにいるドライバーがいく・・だけど、ボッタスはウィリアムズと契約がある、しかもウィリアムズはボッタスの経験が絶対に必要なので、その経験値がないチームになってしまうのがイヤなので、じゃマッサが引退発表して、引退しましたけど、マッサを呼び戻すんじゃねえかってことを言われてますけどね。まあ、どうなるか非常に私的には気になるとこです。まあ、この・・オンエアされる頃には、もうすぐ開幕ぐらいだもんね。いいなあ、今これを聞いてるみんなは知ってるわけでしょ。今の僕は知らないので、まだね。だけど、これがオンエアされてる時に、そこに存在してるオレは知ってるけどね・・ふふふふ(笑)話がわけわからん、あはははは(笑)話がわけわからないので、この辺にしておきまーす(インフォメーション)歌でーす。KinKi Kidsバラードベスト出しました、その中からですね、今日は・・あ、これにしよう、山下達郎さんのカバーになるんですけどね、いのちの最後のひとしずく、どうぞ」


【今日のポイント その3】
オレファン聞くまでロズベルグが引退するのも知らなかったですが、後任はボッタスになったみたいですね?それより、途中でゴロンってハデな音がしたのが気になって気になって・・何転がしたんですか?w

《今日の1曲》『いのちの最後のひとしずく』

《お別れショートポエム》
光「お別れショートポエム。今週は東京都のひろよさんです『ハンバーガーショップに行った。レジで頼むときになったら奥の厨房から、あっちあっちーという叫び声が絶え間なく聞こえてきた。なんか恐くて注文出来なくなった。奥でいったいどんなことになっていたのか、非常に気になる』なんか熱かったんかなあ・・それか、あの、先輩が後輩に、おいオマエあっち!あっち!って言ってるだけかもしれへんしね、ま、どっちにしてもコワイよね、はい、じゃあこの辺でさよならしたいと思います。堂本光一でした。引き続きレコメンでお楽しみ下さい」

【今日のポイント その4】
先輩が後輩にヤキいれて・・って言うのかと思ってドキドキしちゃったよ(笑)穏便にまとめて良かった( ´艸`)

| 光一どんなもんヤ | 10:39 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年2月6日(月)

剛「どうもー、堂本剛です。まずはですね埼玉県の伝書鳩えりさんからのメールですが『文化放送の番組、ぺぺぺラジオを聞いていたらトレンディエンジェルさんが堂本兄弟に出演した時の話をしていました。コンサートに招待していただいて一緒に歌わせてと話したら剛さんがOKしてくれたので絶対に歌いたいけど仕事で行けるかわからなくてツライツライとのことでした。さらに紅白にキンキが初出場するので会場に応援に行きたいけど吉本のカウントダウンライブがあるからキャンセルしてでも行きたいと話していましたが、たかしさんの説得により断念していました。また機会があれば是非誘ってあげてください』と、いうことでございます、まああの・・アレですね、紅白はでも一瞬来られてまして、楽屋裏で会いました。それでちょっとちらっとご挨拶させていただきましたけども。ライブの方は残念ながらね、毛量の方も、うん、ちょっと色々あって、風邪引くんじゃないかとかね、色んなこと寒い季節ですから。まあでも、堂本剛軍団がブンブブーンに来たんですよ。堂本剛軍団をね、彼はずっとやってくれてますから、今は物まねの方に出て、なんとか色々したらいいやん、みたいな話とかをちょっとしたりもしてまして、是非頑張りたいと思いますって。あのB'z軍団いるじゃないですか。うん、B'z軍団対堂本剛軍団みたいな(笑)ちょっとおもろいよね。色々そういうのもあるし、おもろいんちゃうかーみたいな話してたんですけど。今年はまた斎藤さんとね、色々絡めることがあればいいななんて思ってますんで、是非よろしくお願いします。それではどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
B'z軍団対堂本剛軍団・・・ちょっと見てみたい(笑)いや、対決してどうすんだ?って話ですけどwww

《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さあ、番組の前半は普通のお便り紹介しますが、東京都のよつばさんが『先日SNSを見ていたらとてもほっこりする写真発見しましたよ。キンキのお二人が出演されていたドラマ若葉のころで剛さんの弟、妹役を演じていた、類家大地くんと上脇結友ちゃんが再会されたそうでツーショットの写真とともにいつか僕らのお兄ちゃんの剛くんとスリーショット撮れるようにがんばりますと、お兄ちゃんに思い届けとコメントされていました。若葉のころは私がキンキファンになるきっかけになった大好きな作品、いつか一緒に写真が撮れますように』と。そ!これが、僕もね、知ってまして、2人再会してるやんと思って。ほんでもって2人顔変わってヘんなあという印象なんですけど。うん・・20年ぶりに勇太と幸が再会したというね。だから・・なんかのきっかけでお仕事する時あるかなあ。ほんとだから、めちゃめちゃちっちゃかった時ですから、2人とも。僕も若かったですからねえ。こうやって、あの頃のドラマのね、弟、妹がこんなに大きくなったんか、みたいな。自分も弟とか、妹いたらこんな感じに見んねやろなあというような感覚で見てましたよ。うん・・いつかスリーショットでね、MYOJOの表紙飾りたいと思います。

埼玉県のプロンプターさんです『バラエティ番組を見ていたら千鳥のノブさんが占い師の方に、本名を剛、もしくは強い弱い、強弱の強のつよしに改名した方がいいと言われてました。でも個人的にはノブさんはつよし感はないですし、逆に剛さんにもノブ感はないなあとも思います。もしノブさんとお名前がお揃いになってしまったら何か一緒にやってみたいことありますか』おお、漫才やりたいですよねダブル剛で、ふふふふ(笑)まあ、半年くらいやってみたらどうですか。ちょっとおもろいじゃないですか。全然僕はいいですよ、剛にしてもろてね。うん

ラジオネームパイナップルってご存じですか、16才の方ですね、大人を相当舐めきったペンネームですけど『突然ですが剛くんが嫌な思い出があったり、トラウマがある虫はいますか。私はバッタがトラウマです。5,6才ぐらいの頃に幼稚園の友だちと草むらでバッタを大量に捕まえました。するとその日の夜大量のバッタに襲われる夢を見て、目を覚ましても周りのちょっとした模様や影などが全てバッタに見えて、半分パニックになりながら1人で泣いていたら泣き疲れていつの間にか眠っていた、ということがありました。そのことがあってから、バッタを見るとまた夢に出てくるかもしれない、関わりたくないと思うように。剛くん、こんな体験ありますか』という、僕はあの・・アレですけどね、カブトムシを臨海学校みたいなやつで、背中に、Tシャツの中にパンって入れられたんですよ。で、そうすると中でうにうにしますよね、で、それから虫の裏側がダメになったんですね。なんか固い感じ。裏のグロテスクな感じみたいなのが虫全般ダメになって、それで虫はちょっと嫌いになりましたねえ。未だにやっぱ、いやですもんね、虫。

あとは、小学校の木にカミキリムシが大量発生した時があって。ずっとチーチーチーチー言うてて。で、一匹がね、襲ってきたんですね、ぶわーって顔の方に。で、カミキリムシの、長い触角、アレがランダムに動くシステムでしょ、アレ、なんか。あの感じがもう・・気持ち悪いよね、なんか。統一感がないから、どうすんねん、みたいな。何考えてんの?なんなん?みたいな、あの感じが(笑)ちょっといやなんですよねえ。見たことある人はわかると思うけど、すごいのよ、なんか・・何億パターンあるよね、あれ、触角の動かし方が。アレが気持ち悪いし、鳴くしね、チーチーチーチー。うん・・で、鳴きながらそれをやるから、なんかすごい、なんなん?!って思ってまう。どうしたいの?なんかすんの?なんなん?みたいな。その割にはなんもせーへん、その場で動かしてるだけやから・・何をやってんねん、みたいな。カミキリムシの模様もね、うん・・・ちょっと、ちょっと嫌いかなあ、あの感じ。そう、だから裏側とか、カミキリムシ、みたいなこのワードがあまり好きじゃないですね。みなさんも、それぞれ虫のほんとにイヤな思い出、人は絶対あるよね、うん・・もしあれば、まあ、送ってみてくださいよね。さ、ということで、なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
昨年末に根津甚八さん亡くなったしなあ・・若葉のころ、見返してみようかな。なんか色々すごいドラマでしたね?



《剛のフィッシング天国》
剛「剛のフィッシング天国 魚や釣りに関する質問ですが、長野県のうみさんですね『年末の食卓にワカサギの佃煮が上ったときのこと、私が剛さん鯉は食べられないと言っていたけどワカサギ食べられるかなあとつぶやいたら父が食べないだろう、ワカサギは川魚臭さがあるからなあと一言。そんなことわからないよとちょっとした口論になり、じゃあ剛さんに聞いてみると言っていました。剛さん、ワカサギ食べられますか』(笑)何の話やねん(笑)何の話やねん、口論するほどのもんじゃないがな、これは。いや、食べれますよ。うん、全然。ワカサギはフライとかして、お塩ふってその場で食べるとか、そういうのもあるじゃないですか。全然食べれますよ。鯉ってやっぱ、フナ寿司とかね、ちょっと池臭さがあるじゃないですか、たぶんそれなんだと思うんですよ。魚臭い感じというよりかは、池臭い感じがダメで。だから普通にトラウトとかは全然食べれるでしょ、川魚やから。でも、ちょっと鯉ってなると・・鯉とか、あとドジョウ?ドジョウも土臭いっていうんですかね、ちょっとクセあるんで、卵とじとかにして、どぜう鍋とかね、あって、食したことはありますけど、うーん・・すごい好きって感じになれなかったっていうか。うん・・ま、お父さんだから、そういうことなんでね、ワカサギは大丈夫です。口論しないでくださいね。

滋賀県のひゃんすさんですね『以前の放送で剛くんが琵琶湖でバス釣りをされた話をしていましたがもう少し思い出話を詳しく聞きたい。滋賀県民として剛くんが釣り好きと聞いたときから琵琶湖に釣りに来てくれたらいいのにと思っていたので、実は知らないうちに来てくれていたことにとても喜んでいます。なかなか関西でも存在感のない滋賀県をどうぞよろしくお願いします』と。うん・・滋賀はいいとこですよ。なんか北の方ですよ、なんか行ったん、なんか岩がちょっと2,3個ぽんぽーんと出てるような、ちょっとこう・・あの、神聖な感じのするね、なんか異様な場所でしたよ、そっちの方がバスの個体が大きいよということで、じゃそっち行きましょうって行ったんですけど。僕乗り物得意じゃないんでね、バスボートってめっちゃスピード出んねん、アレ。そんなにスピード出す?ってくらい出るんですよ。でも琵琶湖大きいから、何十分ってそれ乗ってるんですよ。で、ケツぼーんぼーん打ちながら。途中で、ブーンブーンってなったり浮いたりとか、アレしてたらなんか気持ち悪くなってきて、途中で、すいません、ちょっとオレダメですね・・っていって。遅く行っちゃうとずいぶん時間かかっちゃうからやっぱ速く行かんと、なんですけど、ちょっとこのバッシャンバッシャンずっと?みたいな。

最初はなんか楽しいっすね、気持ちいいっすねぐらいの感じやったけど、20分以上続くと不安に変わって来るよね。いつまで走んの?これで・・っていう。で、30分超えたくらいで、コレ、さすがに・・どうかしてるなあ?みたいな。40分行かへんかくらいの時に、ちょっとすいません、ちょっと僕気持ち悪くなってきたんですけど・・(笑)気持ち悪くなったら釣りどころじゃなくなるんでね、うん・・まあ、あの・・気持ちよかったですよ、すごく。なんかひろーいところで。で、琵琶湖って湖やけど、アレ海やねっていうぐらいの広さやし、波もたってるんでね、風とかでね、贅沢ですよね、ボートに乗って水の上で、なんか寝ころんだり入ったり、釣りしたりみたいな。贅沢やなあっていう・・なんかああいう大自然の中でぽつんといるのがすごい好きなんで。まあ、でも琵琶湖やったら色んな人、それこそミュージシャンの人とか釣りする人多いから、結構色んな人行ってるって話聞きますけどね。まあ、ええとこでしたわ。また行けたらなと思うんですけどね。ということでございまして(インフォメーション)さ、それでは、1月6日にリリースしましたKinKi Kidsのニューアルバムですね、バラードベストアルバムより、じゃあ、ちょっと久しぶりに聞きたいから、むくのはね、どうぞ」

【今日のポイント その3】
さすがキンキの水瓶琵琶湖!(笑)海は船酔いするけど、湖だからって油断しましたね、剛さん・・・そんなにボート乗せられるとは思わなかったんですね


《今日の1曲》『むくのはね』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエム。今日は埼玉県のゆうこういちつよしさん・・からです、これ、ゆうことこういちは一緒になってるけど、オレに関しては普通につよしがついてるだけの、アレですけどね・・『ベルトを美味しい美味しいといって食べてる夢を見た。思い出すと気持ち悪くなるが夢の中ではサクサクしていて美味しかった。夢ってすごい』すごいですね。革やからね。ベルトをサクサクと・・クッキーの感じで食べてるのかな・・うん、これこそトラウマになるよね、なんか・・ベルトを見ると食べてしまうんじゃないかみたいな。なんかねえ、ベルトしがんで、味出てきて美味しいみたいなイメージはありますけど、絶対ばい菌だらけですからね。うん・・あんなもん、ね?ほんとみなさん、美味しそうやな、でも言われてみればって今ラジオを聞いて思った人、やめてくださいね。絶対なんか、病気・・音もせーへんし、決して美味しいわけじゃないから。うん、是非気をつけてその辺は。今はっと、我に返ってくださいよ。今手にとって、今か今かと食わんばかりの勢いでね、これ聞いてた人いるかもしれないんで、気をつけて頂きたいと思います。ということでお相手はKinKi Kidsの堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみください」

【今日のポイント その4】
いやいや、ベルトは食べへんわ!と思ったけどオンエア時間に寝ぼけて聞いてたら、つい手にとって・・・・食べへん!(爆)

| 剛どんなもんヤ | 10:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |