Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2017年7月20日(木)3時間生放送スペシャル【6】

すっかりご無沙汰致しました
オンエアからすでに1ヶ月以上経ってますが
こちらは、まだ始まって1時間弱です(笑)

途中で力尽きたわけではありません
地道に続きますのでお付き合いよろしくお願いします



CDデビュー20周年記念特別番組
『Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!~』




光「え~~、メールご紹介します」
剛「♪らららら~~」(Harmony of December くちずさんでます)
光「ラジオネーム兵庫県そなちゃん『KinKi Kids20周年おめでとうございます。横浜スタジアム2日間参加しました』あ、そうですか、ありがとうございます」
剛「♪ん~~」
光「『とても愛あふれるパーティで心がポカポカしてめっちゃ癒された時間でした。ありがとうございました。ところで私は内くんのその後がとても気になります』」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「『剛くんとの距離は縮まったのでしょうか』はい、これはあの、20周年のあのイベント参加されてない方の方が多いと思いますので、ことの経緯をね、言いますと、ワタクシが横浜スタジアムの方にいて、剛くんはね、さきほどオープニングからも話しましたけど」
剛「はい」
光「耳の調子のことを色々考えまして、剛くんは中継での参加ということになったんですけども。1日目、ゲスト来てくれましたね、長瀬が来て、斗馬が来て、んで、ふぉーゆーの4人が剛くんの方に」
剛「うん、来てくれました」
光「行ったんですよね、で、2日目その夜にですね、内が来るって話をワタクシ聞きまして、あ、そしたら内、剛くんの方に行った方がおもろいんちゃうかな?と思いまして、で、内にライ・・あの、連絡して」

≫ Read More

| 20周年「3時間生放送」 | 15:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年8月28日(月)

光「はい、堂本光一でーす」
剛「堂本剛です。まずは佐賀県のまなみさんです『12星座別のキスの傾向というのが話題。光一君の山羊座は恥じらい最低限派、剛くんの牡羊座はさくっと手軽派だそうです。この傾向当たってますか。ちなみに私の魚座は愛情味わいつくし派ということですがどんな感じなのかよくわかりません』」
光「いや、だからどんな感じなのかちょっとわかんないですよ。恥じらい最低限派ってどういうこと」
剛「一番意味不明やな」
光「恥じらい・・」
剛「恥じらって・・もうだから、ちょっと、こう・・小鳥くらいの感じかな」
光「じゃ、さくっと手軽派は?変わらんやん」
剛「もう歩きながらじゃないの、お疲れですっ、おはようございまーす・・みたいな」
光「おいっす!みたいな」
剛「おいっす!・・みたいなことなのかな?」
光「一番チャラいやないか(笑)」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「どうなん・・」
剛「いや、12星座でキスの傾向あるわけなくない?」
光「うん、あるわけないな」
剛「ん~、キスというものは学ぶものではないやん、まずな。ってことは、映画見たりとか、自分の経験みたいなことが重なっての話やから」
光「ん~、オレはアレやな、べろんべろんにするより、可愛らしいぐらいの方が好きなのは確かやな」
剛「何を急に言ってるのか・・ちょっと・・」
光「いやいやいや」
剛「何を急に言ってるんですか?」
光「キスの傾向の話ですよ。じゃあ、恥じらい最低限派っていうのちょっと当たってる可能性が」
剛「可能性あるよね。オレさくっと手軽派じゃないねんけどな(笑)」
光「うん・・」
剛「愛情感じたいって感じするからなあ、愛情も伝えたいしなあ、さくっとはちょっと違う・・けど」
光「まあ12星座では決められんってことやね」
剛「まあそうですね」
光「はい」

剛「ということでございまして、KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
番組は、さくっと1人ではじめちゃった(笑)光一さんにしゃべらせたら急にすごいこと言い出すからですか?(爆)


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さ、愛知県のりこさん、16歳『先日V6の岡田君がドラマがきっかけで習い始めた修斗という武術で日本人初のフルインストラクターに認定されました。ちなみにコレに認定された方は世界に岡田君を含めて11人しかいないそうです。また岡田くんは修斗の他にカリやジークンドーといった格闘技の師範の資格ももっているとのこと。昔同じ屋根の下で暮らしていた剛くん、自らも筋トレをされる光一くん、どんどんアイドルから武術家になってきてる岡田くんにかける言葉ありますか』いや、ないよ」
光「修斗ってあの総合格闘技の修斗かな?」
剛「うん・・」
光「へぇ~~、試合に出なくてもインストラクターに認定されるんだ?」
剛「ってことでしょうね」
光「その辺のあれはちょっとよくわかんないですけど、ジークンドーは錦さんがやってましたよね」
剛「ふーん」
光「錦織さん、ジークンドーね」
剛「へぇ~。僕はちょっといいですね」

剛「うん・・ラジオネームのんさんですね『某番組でやっていましたが日本人で自分のビジュアルに満足している人の割合が26カー・・26パーしかいないそうで、多くは何らかのコンプレックスを見た目に持っているそう。これは世界最下位で満足度1位のメキシコなどは74%も満足している。私ももう少し鼻が高かったらなと憧れますがお二人はコンプレックスだなと思われたことは何かありますか?』・・・身長欲しかったねー、うん・・」
光「身長は欲しかったなぁ~」
剛「身長欲しかったなー、うん。低い方がいいよ~・・って言ってみたかったわ、うん・・」
光「ふっふっふっふ(笑)うん、そうね。そうですね」
剛「身長あれば、もうちょっと色々やったなあって気すんな」
光「うん、メキシコの人74%も満足してるって、これはすごいことだね」
剛「すごいよねえ」
光「あの、海外の女のアスリートの人とか、めっちゃキレイな人とかおるもんな」
剛「メキシコ人?」
光「メキシコ・・だったり、ロシアだったり」
剛「ああ、ロシアの人キレイですよね」
光「え?スポーツ選手でこんなにキレイなの、みたいな」
剛「ああ、確かにそういう印象あるね」
光「っていう人が結構いるのよね、しかも陸上やってるからみんなさ、すらっとしてるやん、身体も締まってるからすごいキレイなんだよね」
剛「うん・・・うん」
光「びっくりするなあ。日本人は、日本人はだから最下位なんだ、満足度として」
剛「なるほどね」
光「まあ、でも日本人は日本人のよさがあるでしょう、自信もっていこー!」

剛「えー、愛媛県まりこさんですね『いきなりですがウンコ大好きなお二人に朗報です。先日某テレビ番組で日本ウンコ学会という実に真面目な団体の活動が紹介されていた。現在日々のウンコの状態で体調管理のアドバイスをしてくれるアプリを開発中、秋頃に配信されるそうです。是非お二人も活用してみてください』」
光「ほぉ~~、ウンコで救える命がある」
剛「命がある・・まあね、健康のバロメーターではありますから、それの今日のウンコどんなウンコやみたいなんで。送るんかなあ?」
光「いや、たぶんアレじゃない?あの・・ウン・・ウンチのタイプ別がこう色々細かく書いてるんじゃない?色とか堅さとか」
剛「ん~~~・・めっちゃ細かく書いてくれんと大変やけどな、逆に」
光「この前私人間ドック行ってきましたよ」
剛「あ、行った?」
光「行きました。まあ、胃カメラはやりませんでした、あの・・その場での診断は全然、健康ですと、いうことでしたけど。まあ、あと細かいこと?」
剛「そうねえ」
光「検査結果ってのはまだ来てないですけどね」
剛「だから、入院した時にプラス検査したいんですけどって言ったら、ちょっと今免疫力が落ちてる状態になるんで、ダメですって言われた」
光「ああ・・」
剛「あの、ステロイド打ったら免疫力一気に下がるんで。だから余計なことしちゃダメなんですて」
光「まあ、数値もちょっとちゃんと現れない可能性ありますよね、血液にしても何にしてもね」
剛「うん~~」
光「かもしれないね。はい」
剛「はい、ということでございまして、なんでも来いやのフツオタ美人でしたー」

【今日のポイント その2】
人間ドックの話をするアイドル・・・・(人間やったんや、しみじみwww)



《報告します》
光「報告しまーす。大阪府なおっぺさん『先日のキンキ生放送特番についての報告です。スマホやパソコンでラジオが聴けるradikoの放送中の再生回数が関東トップを3時間維持。瞬間最高シェアは59.17%でこれは文化放送歴代1位を記録したそうです』」
剛「おぉ~~っ!」
光「ありがとうございます『ちなみに、最高再生数を記録した時間は23時56分でおっぱいがいっぱいをBGMにお話されていたあたりですね。本当にいつも通りの放送だったので楽しかったです。これからも今まで通りお願いします』」
剛「すごいね」
光「ほら、おっぱいがいっぱい効果~!」
剛「すごいねえ」
光「おっぱいがいっぱい数字持ってるよ~やっぱり」
剛「すごいですねえ」
光「うん・・でもすごいですね、文化放送歴代1位の記録。あんな・・あんなので。申し訳ないね、逆に」
剛「あんなので・・いや、いいんですよ」
光「ふふふふふ(笑)」
剛「いいんです、ナチュラル」
光「逆に申し訳ない気持ちですけども」
剛「ナチュラルでいいんです」
光「ええ、ありがたいですね。支えがあるからこそと」
剛「そうです」
光「言う結果でございますかね。はい」

光「ラジオネームなしさん『この間テレビを見ていたらおっぱいプリンを作るおっぱい職人を紹介されていました。以前ブンブブーンで光一さんが作ったおぱぱーいにも負けず劣らずな綺麗なおっぱいを再現されていました。初めてのメールがおっぱいと迷いましたが、光一君にどうしても報告したくてメールしました。是非おっぱいプリン作りにチャレンジしてみてください』いやだから、オレそんなに別におっぱい好きちゃうからね?」
剛「結構言ってるけどね?」
光「おっぱいって響きはいいよね」
剛「うん・・」
光「なんか・・」
剛「うん。サウンド感ね」
光「サウンド感。おっぱい」
剛「うん」
光「母音から始まって、破裂音になるっていうね」
剛「ボインのおっぱい、っていう」
光「お、うまいねえぇ、うまいとこいったねえ、ボインから始まって、うまいこと言うよね」
剛「別に(笑)うまくもない(笑)たいしてうまくもない」
光「上手いじゃん!お、おの母音から始まるわけですよ、で、おっぱい、ボインってことで、上手い!」
剛「何回言ってる(笑)この数秒で何回言った、今おっぱい(笑)」
光「ふふふ(笑)上手いこというな~、オレ。全然意識してなかったけど。さすが!」
剛「いやいや、もう言ってましたもんねえ」
光「さすがその辺の、ありがとうございます。拾うところがっ」
剛「なんでオレ言われんねん(笑)」
光「拾っていくねぇ~」
剛「なんでやねん」

光「京都府あすなろの母さん『先日若葉の頃で剛くんの妹役を演じていた上脇結友ちゃんが結婚と出産を発表されました』」
剛「ねぇ~」
光「『若葉の頃や子役時代のイメージが強いので、その結友ちゃんがお母さんになるなんてそんなにも月日が経ったのかとびっくりしています。キンキのお二人もまさか結友ちゃんの方が先に結婚すると思ってなかったんじゃないでしょうか』」
剛「ほんまやわ」
光「上脇結友ちゃん・・どんな子やったっけ」
剛「僕の妹ですわ」
光「妹役の子か・・」
剛「そう。光一はだから・・シーン的には1回か・・」
光「そんなに絡みなかったんですよ、確か」
剛「2回・・ぐらいしか、オレの家に来るみたいな設定なかったような気がするね」
光「うん、まあでもね、そりゃそうでしょ、だって今おいくつですか?」
剛「にじゅう・・いくつやっけ?」
光「そこそこでしょ?」
剛「こないだ25みたいなこと言ってなかったっけ」
光「89年生まれだから、オレらの10個下だから・・・」
剛「28」
光「27,8ですね。ええ、普通、いたって」
剛「普通なあ、でもその頃はそんなん思ってないよねえ」
光「当時のイメージで・・特に剛くんは、止まってたりするでしょうから」
剛「うん、ちっちゃい、可愛い子って感じ、ずっと可愛い女の子」
光「当時とか、若葉の頃、15,6・・6,7だったよね?」
剛「7くらいかな」
光「だから、10違うってことは、5,6歳だったってこと?」
剛「そうそうそう」
光「そんな子がもう(笑)子供生まれてんねんで(笑)」
剛「っていうのがちょっとやっぱ、オレは特にやっぱね」
光「そうやんなあ」
剛「不思議な感じしてしまうわ。関わってたからね、長い時間」
光「そうやんなあ」
剛「うん」
光「時の流れですね」
剛「うん・・」
光「へぇ~、そうですか」
剛「焦れ、オマエらって話ね」
光「そうですね(インフォメーション)」
剛「それでは、今結友ちゃんの話出たんで」
光「そうですね」

剛「FRIENDS聞いていただきましょう、どうぞ」


【今日のポイント その3】
意識してなかったのを、天然っていうんだよ、光一さん(爆)そしてそれを的確に拾う剛さん♡ 


《今日の1曲》『FRIENDS』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエム。今週は東京都のストロベリーサンダースギヤマさんです『家族でドラマを見ていたら私と父と母の名前が全て役名に登場していた。しかしドラマの中では、父と母が・・父と私が夫婦で、母が父と不倫関係にあり、私と母が父を巡ってバトルしていた。ドラマで名前を呼ばれるたびに家族揃って複雑な気分になった』(笑)おもしろいね」
光「うん・・・へえ、すごいね。名前が全て役名に・・」
剛「ただ、娘と父が結婚していることになってたと」
光「なかなかのシェイクスピアの世界ですね、それはもう(笑)」
剛「すごいな」
光「ぐちゃぐちゃの世界ですね」
剛「ぐちゃぐちゃですね」
光「はい、というわけでお相手は堂本光一でした」
剛「堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみください」


【今日のポイント その4】
それはさぞかし複雑・・っていうか、全然ドラマが入ってきませんなw

| 2人どんなもんヤ | 12:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年8月21日(月)

光「はい、堂本光一でーす」
剛「堂本剛でーす。まずはですね、兵庫県のかえさんからのメールですけども『東京で通じない関西弁ランキング』っていうものがあって『まず5位が、いがむ、4位あて、3位がぐねる、え~、蚊にかまれる?』かまれるが通じへんってこと?『で、遠慮のかたまり、これが1位ってことなんですけど、遠慮のかたまりも通じへん?」
光「ん~~~~~っ」
剛「ウソでしょ?えぇ?だいたいわかるでしょ、こんなん」
光「ぐねるはあんまり言わへんかな」
剛「確かにな」
光「ぐねる・・・?」
剛「蚊にかまれるって言うな。あ~~、かまれた!っていう、うん。遠慮のかたまりなんてわかりやすいのに」
光「遠慮のかたまり自体が、関西弁ではないよね?表現・・表現」
剛「ん~~~・・」
光「通じる?・・でしょ?」
剛「うん・・・」
光「通じてるでしょ、たぶん」
剛「・・・・そんなにちょっと盛りあがらなかったということでね」
(スタッフ爆笑)
剛「いきますか、次ね」
光「うん・・」
剛「ほんなら、KinKi Kidsどんなもんヤ!(←エコーかかりましたw)・・・ふふふふ(笑)はじめまーーす(笑)」
光「まーす」


【今日のポイント その1】
光一さんだけでなく、剛さんのテンションがいつにも増して低いです・・地を這うテンションと滑舌です

《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人
剛「・・・ここで使いたかったやつやん(溜息)」←エコーのことですね?
光「えー、浅井企画エネルギー森さん・・・ほんとに?!・・ほんとに?」
剛「すごいなあ、森くん」
光「生放送スペシャルの放送中に来てた・・って」
剛「ふぅ~~ん」
光「『20周年おめでとうございます。浅井企画エネルギー森です。20年前若かりしお二人からのどんなもんヤ!放送中にかかってきたイタズラ電話は一生忘れません』(笑)そんなことやったんや」
剛「やったっけか~」
光「へぇ~~・・・いやいや、ありがたいね、わざわざ、そんな、放送中に送ってくれたんや。森くんと最近会ってますか?」
剛「ちょっと前に会うたかなあ?どんぐらい前やったかなあ?」
光「へえ・・ちょっと前のライブには来てくれてた記憶がありますけど」
剛「うん・・・(ぷるるるるる~)」
光「電話しとるんかい!」


森「もしもし」
剛「何してんの?」
森「あはははははは(笑)」
光「電話してるわ、今」
剛「何してるの、今」
森「明後日から舞台なんですよ、オレ~、劇場なんですよ」
剛「ああ、ヌードの・・」
森「違うって(笑)カンコンキンシアターっていう上品な舞台です」
剛「あれ?ヌードのヤツじゃなくて?」
森「○○のヤツじゃないですよ」
剛「例年やってるヌードのやつじゃなくて?」
森「ああ、ヌードのヤツです、ヌードのやつ(笑)」
剛「今ねえ、浅井企画のぉ」
森「ほお!」
剛「エネルギーの森さんって方からぁ、なんかメールが届いてたやつを今読んでたんですよね、ラジオで」
森「あはははははははは(笑)すいません~、先生~」
剛「んふふふふふ(笑)」
森「あ、今・・アプリで送ったんですよね、オレ、はい」
光「変わってねぇな(笑)」
剛「あの時送ってもらってたヤツを。で、なんか放送中にかかってきたイタズラ電話を一生忘れませんってコメントあったんで」
森「そうですねー」
剛「うん、で、今だから電話したんですよ」
森「えっ?!ありがとうございます、あれもう20年ぐらい前ですね、お二人から電話かかってきて、はい」
光「だから、今も、今もイタズラ電話してるんです」
森「えーーーっ?!」
剛「これ、オンエアのりますけど、いいですか」
森「えっ?!」
剛「たいした面白いこと言ってませんよ、今」
森「ちょっと待ってくださいちょっと待ってくださいちょっと待ってください、おっとっとっとー!ちょーっと待ってください、先生!」
剛「んふふふふ(笑)たいした・・」
森「またですか、20年越しの」
光「そうそうそう」
剛「20年越しのイタズラ電話」
光「浅井企画さんに全く通してへんけど、大丈夫かな」
剛「通してないけど」
森「ちょっと待ってください。ちなみにワタクシ今正座しました」
光「んふふふふふ(笑)」
剛「とりあえず・・」
森「ちょっとまって・・」
光「20年越しのイタズラです」
森「変わりませんな、お互い」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「ふっはっはっはっは(笑)お互い~(笑)ほんまですなあ、ほんまですなあ」
森「あれ?光一くんも?!」←今?w
光「そうだよ」
剛「2人で今ラジオ録ってるんで」
森「あははは(笑)ほんとに、あの節は後半1時間しか聞けなかったんですけど」
剛「ええええ、ありがとうございます、でも聞いていただいて」
森「いえ、とんでもないです、すいません」
光「じゃあ、オレの・・オモシロおかしい軽快なフリーザトーク聞いてなかったってこと?」
森「最初の2時間聞いてなかったですねー、でも、ワタクシのキンキ愛をちょっと今言っていいですか」
剛「うん」
森「あの、オレ横浜スタジアムの、球場には入ってないんですけど」
剛「うん」
森「あの・・外からちょこっと聞いてました」
光「うっはっはっはっはっはっは(笑)」
剛「ありがとうーー」←なんか照れくさそう(〃∇〃)
光「チケットとれへんかったファンの方みたいな感じやん」
森「ちょっと顔出さないといけないと思いまして」
光「いや、そんな・・ありがたいね。この前東京ドームにもね、来てくださっててね」
森「そうなんですよー」
光「ねえ、すいません」
森「いやいやいや、体調大丈夫ですか、あの、ファンの方も色々、ワタクシの方にもあの・・大丈夫でしょうかって」
剛「んふふふふふ(笑)」
森「連絡がありまして、あの・・情報はみなさんと一緒ですってことなんですけども」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「ふはははははは(笑)いや、正しい、正しい返答じゃないですか」
剛「うん・・いいんじゃない」
森「これからも、50歳60歳になってもよろしくお願いします」
剛「ええ、ほんとに・・」
光「あの、もっかい確認しますけど、浅井企画さんに通してないんだけど大丈夫かなあ」
剛「結構な尺・・」
森「はい、ワタクシから言っておきます。はい、浅井企画全面的にバックアップします」
剛「んふふふふふふ(笑)すいませんね、急に電話」
森「とんでもないです!これからも浅井企画もろもろよろしくお願いします」
剛「はい、んふふふふふ(笑)」
光「すいませーん」
剛「我々もどうぞ、よろしくお願いしますー」
森「&%#◎*▲@!」
剛「えぇ?」
森「なんでもないです!」
剛「なんでもないね」
森「なんでもないです、今のウソです」
剛「はーい」
森「すいません」
剛「じゃあ、また連絡しますねー」
森「ありがとうございます」
剛「はーい、失礼しまーす」
森「失礼しまーす」

光「変わってねぇな、森くん」
剛「森くんはね、変わってない」
光「ね」
剛「うん」
光「いいねぇ。いや、ありがたいねえ」
剛「あの人ほんと優しい人だから」
光「優しい人だねえ」
剛「うん」
光「ありがたいですね」
剛「ほんとに」
光「うん」

剛「ありがたまきん!」

フツオタ美人の途中ですが【今日のポイント その2】
剛さんのつぶやくような「あの人ほんと優しい人だから」に泣けましたよ。それを隠すみたいな「ありがたまきん!」も。っていうか、森くん、もうエネルギーじゃないんだね?去年解散したんですね、知らなかったよ・・

光「続いてラジオネームくるみと申しますさん『この間テレビ番組でゾンビと戦うならあなたはどこに並ぶか、並ぶかというテーマでトークしていました。5人の列があるとして自分はどこに置くのかというのを真剣に悩んで話し合っていました。私なら2番か3番の当たり障りのないところにとどまるなあと思いました。お二人はどこに並びますか。またジャニーズ軍団でゾンビと戦うならメンバー誰にしますか、もしゾンビに襲われた時のために考えてください』まあ・・」
剛「どうでもいいよ」
光「・・・まずそうやって一列に並ぶこと自体が間違っ・・てるよね」
剛「うんうん」
光「縦1列じゃなくて横1列の方がまだいいんじゃないですか」
剛「ん~~」
光「っていう、そもそも論になっちゃう」
剛「まあ、とりあえず足・・足いくか、まあ・・脳天ですよね」
光「ウォーキングデッドが好きな私からしたら、あの脳天を一突きで行くのが一番・・」
剛「武器何持ってるかよね」
光「まあ、武器は、ナイフだったらこう・・バスッと、やっぱ脳天ですね、ウォーキング
デッド好きな人ならわかると思います」
剛「バールがあると一番いいよねえ」
光「バールもいいですね」
剛「機能性が・・他にも使えるから」
光「バールもいいですよ」
剛「うん・・」
光「斧とかね」
剛「うん・・まあでも、こんな日はこないんで大丈夫です」
光「うん・・・ジャニーズ軍団でゾンビと戦うならメンバー誰にしますか」
剛「とりあえず松岡くん」
光「まあ、なんかその・・とりあえずジャニーズ軍団でとかって、その発想がしょーもない」
剛「んふふふふ(笑)言われてるやん」
光「なんかちょっと発想がしょーもない、なんか・・」
剛「くるみさん・・くるみと申しますさん、すいません」
光「すいません。なんでも来いやのフツオタ美人でした」


【今日のポイント その3】
物騒な話を淡々と静かにするキンキがコワイw リアル高杉やんw





《これってアウトかな》
剛「これってアウトかな? さ、これってアウトかもというみなさんのフェチ、紹介してアウトかセーフかジャッジしますが、神奈川県のいくさん『私は手や足の指と指の間に何かをはさまないと落ち着かないというクセがあり、手袋なども指の付け根のところまでしっかり入っていてほしくてぎゅうぎゅうに詰め込みます。ちなみに一番ベストな堅さ太さはこたつのコードです。こたつに入っていても無意識に指に挟んでいじっているので、2本はダメになりました。今ではダメになったそのコード2本を布団の中にしのばせていじりながら寝ています。そのおかげで手足の指も人より長くなっています』指・・長くなっ・・てるっていうか、ここが削れてんちゃうの、水かきが」
光「ん~~」
剛「長くならへんよね、これやっても」
光「まあ、電源のついたコードでやる場合はね、注意をちょっとしていかないと感電するかもしれないんでね。注意してくださいよ」
剛「ね。全く興味ないみたいなんで、えー、アウトにしておきましょうかね」

剛「栃木県のありすさんですね『ドル札のニオイフェチです(笑)私は外貨の両替をしてドル札を手に入れると必ずニオイをかぎます。インクのニオイなのか独特のニオイがあるので数分間はお札を束にしてかぎつづけます。これってアウトでしょうか』」
光「インクでしょうねえ、ドル札、ちょっとなんか甘いよね、ニオイが」
剛「ニオイちゃうもんね、まあまあ・・わかるけど。うん・・ま、かぎ続けることはオレはもちろんないけどね。うん、まあ害はないので、まあセーフですかね。そして鳥取県のようこさんがね『歯科医院に勤務していたこともあって、人の歯が気になる。芸能人は特に気になる、大きな口をあけていて、一時停止して左上の何番にかぶせあり、右下の何番に銀歯、矯正中、チェックします。もちろんキンキのお二人もチェックします。最近光一さんの歯の摩擦具合が気になるところです。こんな私はアウトでしょうか』歯ぎしりしてるってことか」
光「いや、摩擦はそうなんですよ、僕。ひどいんですよ、うん、結構削れてて」
剛「え、どういうこと?歯ぎしりしてるってこと?」
光「歯ぎしりっていうか、なんかまあ、あの・・グッと・・ぐっ」
剛「ああ~~、力を入れると」
光「力いれることが多いので」
剛「筋トレしてたら入るよね、しかも」
光「そうね。だから筋トレする時マウスピースする人いるもんね」
剛「ん~、そうか。マウスピースするまではちょっとやってほしくないですけどね」
光「とか、あとまあ、舞台中の、あの・・やってることとかで、結構食いしばること多いので、結構歯の裏のところが削れていっちゃってる感じは」
剛「へぇえ~~~オレは食いしばることはないからな」←食いしばってます
光「ふふふふふふ(笑)まあ、これはもう職業病ですね」
剛「歯ぎしりしちゃうんだよね・・そうそう」
光「歯ぎしり」
剛「歯ぎしりする」
光「歯ぎしりもだから削れていっちゃうでしょ」
剛「そう。だからマウスピースして寝てます」
光「あ、そう。あれ、オレももらったことあるけど、気持ち悪いな、アレ」
剛「あの・・気持ち悪いけど慣れますね」
光「ああ・・そう」
剛「長ちゃんが、寮で・・飴食ってんのかな、夢の中で・・すげえなと思ったら」
光「そうそう、歯ぎしりすごい人で」
剛「歯ぎしりで」
光「飴食ってるみたいな音するよね」
剛「で、何年後かにリビングで、ぼーっとして寝てたら、オカンが、アンタ飴なめながら寝てんのって言われて、なめてないよ・・ずっと飴ちゃんなめてたやん、ばりばりばり・・え、なんやろ?と思って、で、長瀬君のこと思いだして、あれ歯ぎしりかなと思って」
光「へぇ」
剛「で、歯医者さんに行って、すいません、僕って歯ぎしりしてます?って言ったら、ああ、してますね、ってなって。で、これマウスピースした方がいいですよって」
光「ね、削れちゃうんだよね」
剛「そう」
光「そうなんですよ、それはねえ・・ワタシも削れてるんですねえ」
剛「まあ、これは職業病ですね、この人も」
光「職業病です」
剛「まあまあ、まだアニメの歯とかじゃないんで、セーフですね。アニメの歯見だしたらアウトですから(インフォメーション)さ、それではThe Red Light聞いてください」


【今日のポイント その4】
剛さん、マウスピースして寝てるんですね!ワタシもです!仲間!ヾ(≧∇≦)ノ" 光一さんもすり減っちゃうから、してくださいよ、すぐ慣れるからー!


《今日の1曲》『The Red Light』

《お別れショートポエム》
光「お別れショートポエム。愛知県のまこさん『7歳の息子に、ママが僕より2歳わかければ結婚したかったな。僕年下しか無理なんだよねーと言われた。この年齢でも男は若い子がいいんだなと切なくなった』」
剛「んふふふふ(笑)なるほどねえ」
光「いやでも、年上が好きな時期ってあるんじゃないですか」
剛「そういうわけでもないねんけどなあ」完全に2人同時にしゃべりましたよ、やめてよ
光「きっと」
剛「うん・・」
光「まあ、年上が好きな時期もたぶんあると思いますよ?」
剛「だって、ねえ、年上の先輩に憧れるとかあるじゃないですか、ね、男子はね」
光「いいな、そういうの。そういうのいいなーーーっ・・そういうのいい」
剛「今ではね、なくなりました」
光「戻りたい」
剛「うん・・」
光「戻りたいです」
剛「まあね、お母さんそんなに落ち込まずにね、過ごされてください」
光「はい」
剛「さあ、ということでございまして、KinKi Kidsどんなもんヤ!来週も2人でお送りいたします。夏の終わりの2人どんなもんヤ!週のはじまりの月曜日に来週もお楽しみ下さい。この時間のお相手はKinKi Kids堂本剛と」
光「堂本光一でした。引き続きレコメンでお楽しみください」


【今日のポイント その4】
全体的に切ない話だったな・・・KinKi Kidsのお二人も落ち込まずに過ごされてくださいw

| 2人どんなもんヤ | 12:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年8月14日(月)

剛「どうも、堂本剛です。まずはですね、滋賀県のひゃんすさんですけどもね『最近暑いのでつい素麺ばかり食べてしまうと、バリエーションが少なくて困っています。何かオススメの食べ方ありませんか。ちなみに私のオススメはめんつゆ代わりにお椀に納豆をいれてそこに一口ずつ素麺を絡めて食べる方法です。他にオススメがあれば是非試したいので教えてください』ん~~~~、もうだからゆがかんと食べるですよね、もうね。うん、バリバリ・・いってまうっていう。うん、そうね。なんかちょっとこう・・あの・・束の、束ねてる紙とって、アタリかハズレかみたいな、ちょっとこう楽しんだりしながらね、うん・・もうゆがかんと、食べるっていうのがちょっとひとつ、1回やってみてもいいんじゃないかなというふうにはちょっと思いますけどね。はい、ということで、どんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
束ねてる紙がどうだったらアタリなのか、アタリだったらどうなるのか、そこんとこ今度ゆっくり話しませんかw


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さ、番組の前半は普通のお便りですけども、秋田県のちかちゃんですね、19歳の方で『先日のラジオで長電話の際にチューリップをたくさん描いてしまうというメールがありましたが、私は電話中にひたすらカステラの絵を描いてしまいます(笑)よりカステラに見える角度や色合いを研究し、最近は影もつけるようになりました。周りから驚かれますが楽しいのでオススメです。是非試してください』という・・うん。まあでも、なんていうのかな、こう・・カステラやから、ちょっとなんていうの?本来の・・思ってるほどまっすぐじゃないのよね・・・わかる?ちょっとこう、うねうね・・うねうねうねってさせた方が、カステラっぽいかなって・・・感じするね・・・オレが描いたカステラ・・・でも、カステラとか真面目に描いたことないもんなあ・・・うん・・・まあ、ちょっと思ってるほどカステラにならへんなあ・・難しいね、意外と。ここにちょっとお皿みたいなの描きだしたら、カステラ感さらに増したりとか・・・んふふふ(笑)これ、でもさ電話集中できへんな、意外とこっち集中してまうわ、カステラの方を。

ええ・・そして神奈川県のれいさんですね『突然ですがよく番組に出てくる虫のトラウマ。私にもあるので聞いてください。私は昔からトンボが苦手です。トンボというか、トンボの模様はなぜか恐くて仕方がない。昔住んでいた家の正面の家にはトンボの季節になると、外壁が見えなくなるほどのトンボがぎっしりとまっていて、ほんとに恐かったです。また小さい頃トンボが腕にとまってきて、大泣きする私にさらに大量のトンボが集まってきて、腕中トンボだらけになって、泣き叫んだことは今でも忘れられません。今思えば、トンボも私の泣き声にさぞ驚いたことかと思います。剛くんはトンボのことどう思いますか』って・・思ってるより気持ち悪いよね。あのちっちゃい目みたいなやつとか。で、口のあの動き方とか。オニヤンマとかほんまデカイし。どう思いますか、うん、気持ち悪いと思ってますね。実家っていうか、奈良の方もまあ・・よぉ飛んでましたからね、オニヤンマも飛んでたし、うん・・なんかやっぱり好きにはなれないですよねえ。うん、嫌いかと言われたら、嫌いではないです。そんなに害もないし。ハチの方がイヤです。嫌いと言い切れないんですけど、うん・・・好きでもない。ちょっと振り回してごめんなさいね、っていう感じですよね。

東京都ありちゃさんですね『ずっとベストアンサーに迷っています。その質問があるんですが、それは好きな人からの、元気?という質問です。私が彼のことを好きなのは認識されています。常に連絡を取り合ってるわけではなくて、たまにこの魔の質問が送られてきます。元気だよ、○○に会ってないから元気じゃない、などと返したことはありますが、ベストアンサーではない気がするので彼の気をひく面白い返事がしたいです。剛くん是非いい返しを教えてください』やる気・・・で、彼が(笑)いわきって返してくればいいですよね。やる気元気いわきでしたっけ?ね?ほんとはだから、彼がやる気で来てくれると、ねえ、元気で、いわきになるんですけどね。うん・・・そうね、ベストアンサーはそれなんですけどねえ。元気からの、うん・・いきなりいわき飛んでもいいですけどね、いきなり。え?やる気は?って返ってくるみたいな、ちょっとこう遊びもありますよね。うん・・ごめん今ちょっとお風呂上がりで身体ほてってるけど、いわき・・・・んふふふ(笑)そうすると、ちょっと想像、最初の何文字で、その子の、いわゆるありちゃさんのお風呂上がりとか、ちょっとほてった身体を妄想してちょっとドキっとすんねんけど、いわきになるから(笑)んふふふふ(笑)出てきちゃって、ごめんなさいねってたぶんなっちゃうかな。ちょっとなんか、今の自分を想像出来るようなコメントを入れるっていいと思いません?いやあ、お風呂上がりで、お風呂のお湯全部飲めるかと思ったけど、意外と飲めないね、みたいなね。うん、いわき・・・んふふふふふ(笑)みたいなことがあるといいですけどね。ええ、ということでございまして、なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
剛さんが描いたカステラをSNSでさくっと見れるシステムがあればいいのに・・・(遠い目)



《愛ゆえに》
剛「続きまして 愛ゆえに さあ、愛に関する悩みや相談を受けてまいりますが、茨城県のあやなすだけどナス嫌いトマト好き15歳さんからです『高校が別になる前に好きだった人に想いを伝えようと思って、伝えたらふられてしまった。本気で好きになったのはその人が初めてだったので、悲しくてその日からその人と撮った写真やメールのやりとりを見るクセがついてしまい、見ては泣いています。忘れようと思って、一度写真を全部捨てましたが、復元させてしまいました。それに登下校は途中まで同じ電車なので1日1回は顔を見ます。最初は出来るだけ見ないようにしていましたが、最近はその人をずっと見ていたいという気持ちが出てきたせいか、ストーカーっぽくなっている気も。自分でもヤバイなあとは思ってるんですが押さえられません。私はどうすればいいんでしょう。ちなみに私が通っている高校は共学なんですが女子しかおらず新しい恋をしたくてもなかなか進みません』と。うん・・・まあでも、そうねえ・・これでもね、新しい恋をしたから・・うん、終わる話でもないっていうかね、なんかこう、自分からやめなければいけないんですよね、その人を。誰かがきっかけをくれるわけじゃなくて自分から、この人をやめなければ、あきらめなければいけないと、いうところに入っていかなきゃいけないですよね。

でもそれで、また入ることによって視野が広がるので、電車の登下校してるその電車の最中、その人しか見えていない視野が広がるので色んな人が目に入ってくるので、何か恋にまで発展するかわからないですけども、なんかしかの今まで見えなかった景色とか、人とかが見えてきますから、うん・・それはもう家に帰ってもなんでもそうだと思いますけどね。やっぱその人だけを見ている自分というものを、自分からやっぱりやめなければ、うん、何も始まらないんじゃないかな。で、何か始まったはてに、その彼を見ても特にあの日の私何悩んでたんやろみたいになったりすることだって人生ってやっぱりあってね、今はそういう気持ちでしょうけどね、でもほんとに不思議と、何が良かったんやろ、あの人の・・みたいに思う時だって人間来ますから、うん、一番大事なのは、ほんとに自分からよしちょっとやめよと。自分にとって良くないかも、あの人は向いてないかも、とかね。うん、ちょっとポジティブにあきらめることをちょっとやってみたほうがいいかな、とは思うけどね。うん・・これがストーカーっぽくなってるかもって自分でもヤバイなと思ってる状態じゃなければね、まだ好きでいてもいいんじゃないっていう風に言おうと思ったけど、やっぱりこういう・・うん、新たな自分が出てきてしまってるっていうのは、悪い方向でね、新たな自分が出てきてしまってるから。元気やる気茨城いわき、でね、是非頑張って頂きたいと思います(インフォメーション)それでは聞いて頂きましょう、KinKi KidsでThe Red Light どうぞ」


【今日のポイント その3】
いつもなら、好きでいてもいいって言うのになあ・・って思いながら聞いてたら、そういうことでしたか。でもまあ、15歳の言うストーカーっぽくって、ただ可愛らしく思い詰めてるくらいじゃないのかな(*^_^*)

《今日の1曲》『The Red Light』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエム。今日は兵庫県のうみままさんです『テレビの特集で今年の水着は前から見るとワンピースで後ろから見るとビキニに見えるのがトレンドとやっていた。一緒に見ていたダンナがびんぼっちゃまだね、と一言。確かにずいぶん前に先取りをしていた』なるほどね、うん・・前はスーツで、後ろふり返ったら全裸っていう。うん、確かにびんぼっちゃまですね。世代ですよねえ。おぼっちゃまくんのオファー来ないですね、全然ねえ。うん、おぼっちゃまくんの実写化の話、全然来ないですね。へけけっしゅをね、1日100回言ってるんですけど。いやあ、これでもう前から見てワンピで後ろから見てビキニ・・お腹の方がえぐれてるんですかね、結構。でないと後ろから見てビキニってならへんよね?横の方まで前の部分が、それこそびんぼっちゃまぐらいまで来てるとビキニっぽくはないから、ちょっとやっぱり前にえぐれてんのかな・・なん・・どうでもええけど、別に。僕の人生にね、大きく影響する話ではないなと、今ちょっと話ながら、何を想像してんねん、オレの脳みそというね、うん、ちょっと無駄な時間を過ごしたなと言う感じですけど。さ、ということでございまして、みなさんまたお会いしましょうね、お相手はKinKi Kids堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみください」

【今日のポイント その4】
ワンピースを「ワンピ」と言ってしまう女子力というか、あまりのガーリーさに震えた

| 剛どんなもんヤ | 16:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年7月20日(木)3時間生放送スペシャル【5】


番組中に流れているBGMの曲名が間違えたり抜けたりしていると
読者の方からご指摘を頂きました。ありがとうございます
ラジオ起こしながら、正確なBGMを拾う自信がありませんので
今後BGMの曲名の記載はしませんので、ご了承ください。



CDデビュー20周年記念特別番組
『Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!~』


『全部だきしめて』のオンエアのあとCMが流れまして


ジングル
剛「YOUたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!」

剛さんのソロ、ややカッコつけたバージョン、
カッコつけたっていうか、藤岡 弘、的なw


CM

ジングル
2人「YOUたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!」
剛「3時間生放送スペシャル~~~!」
光「・・・ごめん(笑)」

途中で笑ったため、ユニゾンしそびれた光一さんのお詫び
可愛いっすw




光「はい、文化放送から生放送でお送りしてますYOUたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャルお送りしております」
剛「はぁいっ」
光「今から23年前のKinKi Kidsどんなもんヤ!第一回目の音声をオンエア・・したいと思うんですけど」
剛「いやあ・・」
光「もうね、あのすでにオープニングから始まってからね、15センチほどマイクから僕遠ざかってます」
剛「おぉ~、意気込みが遠ざかってますね、もうね、最初の」
光「やっぱり、もう始まって45分経ったんで」
剛「うん・・ああ、もう、そっか45分経ってんのか」
光「そうです。はい。これ一回目の放送こわいね、今のこの感じ・・このテンションとの差?」
剛「いやあ・・うん、すごい差でしょうねえ」
光「大丈夫かな?これ、音量・・音量の差的に。ふっははははははは(笑)」
剛「そうね、リスナーの人ちょっとボリューム下げた方がいいかもね」
光「ちょっと最初下げた方がいいかもしれん・・な?」
剛「うん」
光「ちょっとわかんないですけどちょっとみなさんに調整していただいて、ね」
剛「うん」
光「僕らの声も、うっすら生かしつつ聞きますんで」
剛「はい」
光「はい、というわけで、1994年10月10日初回の、どんなもんヤ!です」


≫ Read More

| 20周年「3時間生放送」 | 14:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年8月7日(月)

光「はい、堂本光一でーす、どんなもんヤ!3時間生放送スペシャルをね、やりましたけども、えー・・まあ、あっという間でしたよね、3時間。ただ聞いてる方はよく耐えたなっていうのが、僕の感想ですけど、やる方は全然別になんてことないですけどね。聞く方がよぉ耐えたなと、なぜか今スタッフがですね、マイクを3つ、僕の前にこう・・セッティングをし始めた、なんでこんな3つも、もっと声張れよという意味合いなのか、ちょっとわかりませんけど、政治家か!っていう・・なんか政治家の、会見かっていう感じの、マイクの置き方なんですけどねえ・・今までこんなことしたことない(笑)なんやろな、この3つ攻撃は。ま、いいや。はい、長崎県のぽんちゃんさん『私は頭の中で常にキンキの歌を歌いながら生活をしているのですが、最近は光一君が大好きなおっぱいがいっぱいが頭から離れなくて困っています。ヘタしたら口ずさんでしまいそうになります。職場の人に驚かれたら光一さんのせいにしてもいいですか』いやいやいや、どうぞ、堂本光一がラジオでかけてたって言っていただければ全然僕的には何の問題もないです。ちゃんと子供の頃、子供が見る番組じゃないですか、で、流れてた歌ですから。ただ、僕の頭の中では、大人になってから、僕が飲んで、妹も飲んだのに、で、パパも。。。っていう、ところパパはないよってずっと言われるんですよ。♪パパも・・・うん、この先はちょっと言われへんねんけど(笑)オレもその先は言われへんねんけど(笑)記憶がね、なんか大人になって曲がってしまったんでしょうね~、うん・・なんか、そうなんですよ。まあ、僕のせいにしてください、これは、しょうがないです。はい、KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
途中でガタガタとマイクのセッティングされてましたけど、こころなしかよく聞き取れるようになりました。ありがとうございます(笑)あの3時間を聞くだけでなく起こしてる人もいます(笑)

《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 神奈川県みさこさん『幸運なことにMTVアンプラグドの収録に参加させていただきました。独特な空気に最初はとても緊張していたのですが、2人が話し出すとすっかりいつもの調子でとても楽しく幸せな時間を過ごすことが出来ました。光一さんが今回はシュッとした感じでいくつもりだったのに、ファンの顔を見たらつい、とおっしゃっていましたが番組の方からこういった雰囲気でなど要望はあったんでしょうか。裏話などあれば教えてください』ま、要望は、全然ないですね。うん、まああの・・・普段の自分のライブのMCとかがテレビ的かっていうと、全然テレビ的じゃないので、そういった意味ではね、普段のライブとは違って、もう少し、あのちゃんと普通にオンエア出来るような体制にもっていこうかなと思ったんですけどね、スタッフって、優秀な方なんでしょうね、あの・・うまく編集されていたなっていう(笑)感じがしますけども。テレビ的になってたんじゃないですか。普段やってるライブとはまた違った雰囲気で。音楽、歌をお聴かせしてそこで勝負するしかないみたいな状況っていうのものね、それはそれで僕的には楽しかったかなあという気がしておりますけども。

ラジオネームのんさん『デートの際に女性が意外にもしてほしくない間違った優しさにどんなモノがあるかわかりますか?1位はバッグを持ってあげる』そうでしょうね、これね『他の人から見て女性がえらそうに見えるからいやなんだそう。2位が体調を聞いてくる。少しの気遣いは嬉しいけど、たびたび聞かれるとウザいとか。そして3位はやたらと話をあわすだそうです。反対にしてほしい気遣いは、歩くペースをあわせてくれる、さりげなくリードしてくれる、ざっくりした大人ワリカンをしてくれる』なにこれ?ざっくりした大人ワリカンってどういう意味?『だそうです。光ちゃん参考になりましたか』ざっくりした大人ワリカンってなんやろ?あ、こまかく何円ね、みたいな、までいかへんってことかな。バッグを持ってあげるっていうのはね、ちっちゃい、こう・・カバンを持ってる人たまにいるやん、男が。アレはね、ちょっと・・アレはアカンと思う。例えば買った、一緒にお買い物したものとか、それで
重そうなやつとかね、そういうのは持ってあげよって持って上げるのは、とても素敵な、スマートだと思いますよ?当然、それはそれぐらい持てやってそれは思いますし、うん・・ちっちゃい、肩からかけるカバンとかは、あの・・持ってる様は、ちょっとよろしくないですよね。女性からしてもそうなんですね。やっぱりさりげなくリードしてくれるとか、そういうのがいいんでしょうね。歩くペースを合わせてくれる、うん・・それは当然じゃないですか、きっと。要するに当然のことを当然としてやって・・やるのが一番いいということなんでしょうね。

はい、神奈川県ちかさん『うちの母は時々組み合わせが斬新な夕飯を提供してきます。例えばラーメンとみつ豆、赤飯と麻婆茄子、焼きそばと白米と枝豆、などです。なんか腑に落ちないけど、嫌いではないんです。光ちゃんはこの組み合わせ、変だけどクセになる、もしくは嫌いじゃないぜみたいなメニューありますか』うん、オレ普通がいいからな。なんやろ、この赤飯と麻婆茄子、絶対ないわ。麻婆・・茄子があんまり好きじゃない、置いといて、麻婆としてね、だって麻婆やったら、アレやん、ご飯と食べたくなるやん、そしたら絶対白ご飯がいいですね、僕的には。うん・・焼きそばと白米と枝豆・・・うん、この・・なんやっけ?関西の人はそば飯ってあるじゃないですか、そばを細かくくだいてご飯と混ぜて炒めるみたいな、アレオレしたことないんですよ、地元いた時も。アレの意味ちょっとわかんないですね。食べてると、どっち・・口の中でこれはご飯、これはそばってわからへんやん、なんか微妙に食感が変な感じの食いもんやなみたいな。あんま好きじゃないですね(笑)みつ豆ってなんだっけ、甘い豆?・・・なんでラーメンと一緒に出した?ちょっとお母さん、もうちょっと考えた方がいいんちゃうかなー、まあまあ、でも嫌いではないと言ってるならね、いいですけどね。娘さんが。

はい、東京都うねこさん『先日テレビを見ていたら今の若者に一昔前には当たり前だったものを教えるコーナーやってました。例えば麦茶に砂糖や牛乳を入れて飲む』あ、砂糖入れてる人いた、麦茶に『時報の117の存在』時報の117の存在だろ、だからこれ、あの・・知り合いがね、ものすごいケガした時にね、大丈夫大丈夫、救急車呼んでやるからってやるのが、119に連絡してやるから・・大丈夫117に連絡して死亡時間確認してやるから・・ふはははは(笑)うん、っていうための・・あ、違うの?ためのものじゃないの?時報って・・ちゃんと死亡時間を・・あははは(笑)今の話なんやっけ、ほんとは。植草さんだっけ?あ、ニッキさんがやったのか、錦さんかな。錦さんか誰かが、大丈夫だよ、すぐ電話してやっから、117に死亡時間・・って(笑)っとに・・・でもほんと、よく思いつくよね。え~『あと缶切りの存在』缶切りはないと、だって・・開けらんないじゃないですか、じゃあオレ、一昔前の人?になっちゃうの?これ。『光ちゃん後輩などと話していて、当たり前だと思うことが通じなかったりしたことありますか』缶切りはだって、ないと開けられないじゃないですか。缶切りなくても開くってこと?アレは練乳・・あれさ、両方開けてさ、片方だけ開けても出てこーへんねん。で、2カ所あけて、練乳こうな、ようやったやんな?・・・・練乳チューブしかない?ふざけんじゃねえよ、ばかやろう、ほんとによ。ふはははははは(笑)練乳と言えば缶でしょお!赤と白の・・で、この缶のさ、こっち側とこっち側開けんだよね。空気をちゃんと取り入れないと出てこないから。おいおい、知らないフリしやがって~~。当たり前だと思うことが通じなかったこと・・うん、なんやろ。まさに今それを感じてますけど。ね、はい、なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
MTVアンプラグドは編集してる人がものすごい苦労してたみたいですね、ってツイートを見ましたがw どんなライブしたんですかwww
ちなみに光一さんが缶の練乳をしってることよりも「ふざけんんじゃねえよ、ばかやろう」って江戸っ子なキレ方してるのがショックですw



《光一のオレファン》
光「光一のオレファン ラジオネームこるべんいはっかみざわさん、難しいな『近年に続き今シーズンもチーム順位1位を守っているメルセデスですが』そうですね、ドライバーはベッテルがドライバーズポイントは上なんですけど、チームポイントはメルセデスが1位なんですね、今ね『ドライバーの順位は、ベッテルがハミルトンを6ポイントリードしてますね』だからクオリファイング・・クオリファイング・・予選のことですね『予選ではメルセデスがまだ強いがレースになると、フェラーリが速いという傾向が見られるそうですがこれって単純にフェラーリのドライバー達がメルセデスより長いレースのドライビングをうまく運営しているということなんでしょうか。それともマシン的に何か原因があったりするんでしょうか』うん、メルセデスはですね、始まっ・・シーズン始まった最初の頃タイヤをうまく使えてなかったっていう部分があるんですね。特にサーキットが非常にスムーズな、路面がスムーズなサーキット、で、非常に柔らかいタイヤを持ち込まれた時、に、結構苦労してる印象があったんですね。その時にあの・・フェラーリが結構いい調子になっていたという傾向が見られたんですね。フェラーリの方がタイヤの使い方が上手、レースの距離になるとフェラーリの方が有利にレースを運ぶことが出来るという傾向が見られたんですけど、そこもどうやらメルセデスは、うん、克服してるような感じがしちゃってますね。あの、ハンガリーという国でのレースでは、非常に曲がりくねったコースなので、ストレートが長くないんですね、で、メルセデスは非常にストレートも速かったりするので、そういった意味ではハンガリーなんかはフェラーリの方が有利なんじゃないかと、それはどういうことかというと、メルセデスは非常にホイルベースが長いんですね、ホイルベースというのは単純に言うとタイヤとタイヤの距離なんですけど、前後のね、非常にホイルベースが長い車になってるんで、ホイルベースが長い車っていうのは、直線走行とかあまりこう、曲がる角度が多くないサーキットなんかで安定性を発揮するんですけど、モナコとか曲がりくねったコースでは非常にちょっと曲がりづらい、非常にっていうかね、曲がりづらい傾向にあるんですね、フェラーリの方がホイルベース短いですから、そういった意味では曲がりくねったところではフェラーリの方が速いんじゃないかなという話ですけどね。ただこの予選がなぜかメルセデスが一発がものすごい速いっていうのは、これは正直いって謎です、これはワークスチームとしての、なんか強みですよね。なんかメルセデスだけが持っている、エンジンモードを何か使ってるんやろなあっていう感じですけど。だけどそれをね、長い距離使っちゃうとたぶんライフが短くなっちゃうんで、長いことは使えないモードなんだと思いますけど、フェラーリはね、予選ですね。予選でもうちょっと、速くなってくれるといいなあと、・・・思いますけども(インフォメーション)歌でーす、KinKi Kidsで、どうしようかな、じゃあアレにしよ、The Red Lightのカップリングになるのかな、Shinyって曲がありますけどね、あの、どう・・なんやっけな?どうじ・・どう・・どう・・ん、なんとかって人が作った、どうじ・・ん?どうじ・・なんやったけっけな。Shinyです、どうぞ」

【今日のポイント その3】
堂島くん、美味しいなぁ~~~~(〃∇〃)

《今日の1曲》『Shiny』

《お別れショートポエム》
光「お別れショートポエムです。今週は東京都のひろよさんからです『会社の隣の部署にちょっとウザい上司がいる。部下に、Aくんはさ、温度が低いんだよ、Bさんが30度だとしたら、君は27度くらい、もっと熱く仕事しようぜ。ちなみにオレは34度くらいあるからと言っていました。全員どっこいどっこいだし、オマエも体温以下だな、もっと熱く仕事してみろよと思った』例えがよぉわからんな。温度が低いんだよ・・ね、確かに全員どっこいどっこいだな。はい、じゃ、終わりまーす。はい、お相手は堂本光一でした。引き続きレコメンでお楽しみくださーい」

【今日のポイント その4】
高温だと誤作動起こしますよ、上司w



| 光一どんなもんヤ | 10:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年7月20日(木)3時間生放送スペシャル【4】

「CDデビュー20周年記念特別番組
『Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!~』


『愛されるより愛したい』が流れたあと

ビジュードのCM

ジングル
光「文化放送から生放送 Youたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル」

(番組中に流れるジングルは色んなパターンがあるみたいです)

その他CM流れる中、ガキパラの番宣もありまして
KinKi Kidsの特番で流れるCMなので武田真治君のコメント
「デビュー20周年おめでとう、2人でガキパラにも遊びに来てねー」

ジングル
2人「文化放送から生放送 Youたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル」


なんやかんやインターバルありまして
番組開始から、約30分です
(長いんでお時間ある時にどーぞ)
(PCからご覧の方は畳んでます)



光「まさかの武田真治が・・・」
剛「えっ?」
光「今武田真治がおめでとう言うてた」
剛「あ、真治くん?今の」
光「うん」
剛「本読んで全然気づいてなかったわ」
光「あははははは(笑)」
剛「どんなもんヤ!の本読んでたから、今」
光「はい、真治くんと、ほら、岡部磨知さんがやってる番組だよね」
剛「あっ、おじゃました番組ね」
光「オレまだおじゃましたことないんだよね」
剛「そっか。僕おじゃまして、なんかしましたね」
光「そうそう・・すいません、言うこと忘れてた、文化放送から生放送でお送りしていまーす、Youたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル、私たち、明日7月21日で、CDデビューから20年を迎えます。あと1時間半ぐらい?」
剛「ん・・」
光「ね、迎えます。ここではそれよりも前の23年前からやっている番組なんですね、どんなもんヤ!」
剛「はい」
光「歴史をちょっとふり返ってみようと思います。というわけで、番組スタッフがどんなもんヤ!の歴史をざっくりまとめてくれたようです」
剛「うん」
光「それを元にトークしていきたいと思いますけども」
剛「はい」

≫ Read More

| 20周年「3時間生放送」 | 15:18 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年7月20日(木)3時間生放送スペシャル【3】


CDデビュー20周年記念特別番組
『Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!~』


番組開始から約15分
1曲目の「ジェットコースター・ロマンス」が終わったあとからです



ジングル
光「文化放送から生放送」
剛「Youたちいよいよハタチだね」
光「KinKi Kidsどんなもんヤ!」
2人「3時間生放送スペシャル」



(さっきまでは、いつものどんなもんヤ!のオープニング曲が流れてましたが
ここからはKinKi Kidsの曲がBGMとして流れてます。
BGMが大きいのか、KinKi Kidsが声を張らないからか時々聞こえづらいです


剛「YOUたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル、えー、番組放送前からメールが沢山届いていますんで、ここでさっそく紹介させていただきたいと思います」
光「もうちょっとジェットコースター・ロマンスかけてくれたら休めたのに」
剛「早かったねえ」
光「ワンコーラスやったなぁ~、まあ、いいんですけど。もうあの耳に効くメール来てます」
剛「来た」
光「すごーいねー」
剛「何が効く?」
光「岡山県エリザベスさん」
剛「岡山から」
光「はい『高い音の耳鳴りに効果があるそうです』と書いてるんですが」
剛「うん」
光「『手の薬指、はい、手の薬指と小指の間をたどっていき、指が止まるところを、押す』ツボですね」
剛「ここってこと・・」
光「はい、押してください。どうですか」
剛「経絡秘孔(けいらくひこう)ね」


※北斗の拳に出てくる、急所ですね・・

光「ええ、じゃあ今ツボを押してる間、夏の王様をお聞き下さい、ふはははは(笑)」

ちょっとボリューム大きくなります

光「ね、YOー!っていってる、あのね、そのね音あげちゃうとね、剛くん耳に良くないから、下げといてもらっていいかな、うん」

こ・・光一さん(T_T)
オレがオマエを護る的発言に胸いっぱいです



光「どうですか?」
剛「どうなんでしょうねえ?」
光「どうですか?ツボ・・・」
剛「ちょっとわかんないですねー」
光「ふははははははは(笑)そりゃそうやろ(笑)」
剛「ふふふ(笑)ちょっと・・ちょっとわかんないですねー」
光「そりゃそうだろ~~(笑)」
剛「うん、押してますけどぉ」
光「当たり前じゃないですか」

剛「ちょっとわかんない」

わかんないけど、楽しそうw

光「ペンネームもってぃさん、体験談なのかなあ?『私の体験談ですが、耳たぶをやさしーくタプタプするのが良いそうです(笑)」
剛「ちょお、ほんまか?安西先生のアゴちゃうで」
光「ふふふふふ(笑)」

笑いすぎてブタっぱなになってる光一さん
ちなみに安西先生は「スラムダンク」に出てくる先生ですね


剛「タプタプすんの?」
光「そぉんなんで治ったらよぉ(笑)」
剛「タプタプで治らへんと思うけどなあ~~」
光「そんなんで治ったら、もう鍼だのなんだのする必要性ない(笑)」
剛「だって鍼結構奥まで刺さってんねんで、めちゃくちゃ」
光「うん~」
剛「ほんま」
光「で、鍼ってどの辺に打つの?」
剛「見せよっか?写真」

光「いらんいらんいらん、そんな写真いらんわぁ~~(笑)」

このやりとり、めっちゃ素っぽかったな

剛「見せるわ、オマエにオレがどんだけ・・」
光「鍼・・え、鍼、中とかちゃうやろ?この辺やろ?」
剛「見したるがな、オレの・・・鍼・・・」
光「鍼・・おっ・・み・・感覚器に・・・おぉおおお~~~っ、すげ、ピアス大好きみたいな人になってるやん(笑)」
剛「やろ?南国の・・うん、この、目のこことか」
光「ああ、そういうとこな」
剛「がっつり。だから37本ぐらいですね」
光「オレも舞台中なんかは、こう・・・背中とか、肩のあたりとか、結構鍼やったりしますけど、ま、またそれとは違うもんな、なんかなあ」
剛「めっちゃ痛いっすわ。あのぉ、普通の治療やったら、0か1くらいのサイズなんですって。ここ5と10ですから」
光「なにが?」
剛「鍼の太さが」
光「あ、太さが太いんか」
剛「太いから痛さも5倍10倍ですね」
光「はぁ~~~~」
剛「それを1時間・・・」
光「なるほど」
剛「やってるんっすわ」
光「まあ、全然違う鍼やと思うねんけど、オレあの鍼やった時の走る感じ大好きやけどな」
剛「これもう、走るとかでさ・・」
光「ぎゅーーーんっ!ってやつ」
剛「爆破に近いですね、僕やってるやつ」

光「んふ(笑)それはもうチクっと痛いやつや、きゅっと、刺しましたみたいなやつ」



剛「なんやろ・・もう・・・ボン!って感じ」
光「うん・・そうですか」
剛「めっっちゃ痛いですね」
光「まあ、とりあえず」
剛「ミシミシミシっていいますからね」
光「とりあえず、まだ・・」
剛「ちょっと全然効果なかったですね、今のツボと耳のタプタプ」
光「即効性は、はい、ないのでまだ、もうちょっとですけど・・お待ちしておりますね」
剛「全然変わんないっすね」



あの・・だから、2人同時にしゃべるのやめてもらっていいっすか?(T_T)


光「はい、残念ながら」
剛「残念でしたね」
光「歌参りますか?」
剛「いきましょうか」
光「はい、明日9時から、僕らの勇気 未満都市」
剛「9時からか~」
光「放送になりますね。明日は我々の番組、ずーっと・・目白押しみたいな感じだよね」
剛「明日何あんの?」
光「いっぱい・・」
剛「ブラブラ?・・・・ブラブラ、なんですか、その番組」
光「え?」
剛「KinKi Kidsのブラ・・そんな番組あった?」
光「おっぱいがいっぱい?」
剛「なんでおっぱいがいっぱいやねん(笑)」
光「ふふふふ(笑)」
剛「好きやな、オマエ・・まあ、はなれへんけど」
光「そやろ?」
剛「LOVELOVEと?未満都市と?・・何あんねやろ?」
光「あと、朝からずーっと」
剛「あ、朝から出て。LOVELOVE 何時からですか?・・11時」
光「もうオレ全然把握してない、わかんない」
剛「ドラマが9時・・じゃ、ドラマが終わって、LOVELOVEが始まってっていう、あの、篠原が一生懸命頑張ってる、年齢を感じさせないように必死にしているあの姿とか」
光「そうね、無理してる姿ね」
剛「ね。うん、あの、拓郎さんから(笑)メール色々頂いてたんです、ずっと入院中とかも。ほいで、ついこの間、ブンブブーンの方で岩渕くん出たでしょ?」
光「うん、出ました。あ、そのメール来てた、オレも」
剛「そう、岩渕君変わってないなあ、嬉しいなあみたいなメール来てて」
光「うん、来てました来てました」
剛「拓郎さんもね、だから久しぶりにご一緒しましたけどね、お仕事」
光「そうですね」
剛「楽しかったですね」
光「やっぱこの感覚だー、みたいな感じがね」
剛「ねえ、あの番組ねえ、残念ですね、終わっちゃったのね」
光「ほんとですよ」
剛「ねえ」

光「それこそ、あの、この僕らの勇気 未満都市もなんかその、なんだろな、何度もご一緒してるスタッフのみなさんと、撮影したので、そういった意味ではLOVELOVEの時もそうでしたけど」
剛「そうねえ」
光「撮影中も、この感覚!みたいなね」
剛「だから、なんか・・この感覚もっと続けばいいのになあっていう感じが両方にありましたよねえ」
光「そうですねえ、ありましたねえ」
剛「ね」
光「あれっ?このラジオでは、この感覚!みたいなのが・・・」
剛「あ、そうですね、ちょっとない・・」
光「ま、ずっとやってるからかな(笑)」
剛「ちょっとないかもなあ」
光「ふふふふふふふ(笑)」
剛「ま、でも、このどんなもんヤ!がもしよ?もし終わりました」
光「はい」
剛「で、また久しぶりにどんなもんヤ!やりますってなったら、やっぱりそういう気持ちになんのかねえ」
光「この、ああ、この低い感じ、この感覚(笑)」
剛「ふふふふふふふ(笑)いやでも、どんなもんヤ!は、なんやろ・・ああ、どんなもんヤ!か~って感覚ないけどね。あの・・仕事してる時に。そう。すごく悪く言うと仕事という感じがないということですよね」
光「まあまあ、確かに確かに。それはあるかもしれん」
剛「すごいフリートークっていうか」
光「電波に自分の声のせてると思ってしゃべってないもんな」


って、ドヤ顔で言われましても!(爆)
(顔見えないですけどね。ドヤ声でしたよw)



剛「そう。今も生・・生なんでしょうけどね!って思ってるぐらいやもんね」
光「そうですね」
剛「これ生なんですよね?」
光「生ですよ。もう一度言いますけど」
剛「ですよね」
光「ええ、曲行きましょうか言うて、全然行ってへんから」
剛「そうでした」

光「しかも今バックで流れてる曲、全然・・」
2人「季節関係ない」

なぜそこでユニゾンが出来るのだ、KinKi Kids
相変わらずずっと、バックにはシンデレラクリスマスが流れてますがw



剛「真逆」
光「ふふふふふふ(笑)」
剛「何言うてんねん、こいつ、みたいなことになってますからね」
光「ねえ?(笑)」
剛「シンデレラクリスマス、はぁ?!みたいな」
光「ね、まあ、とにかく明日夜9時から僕らの勇気 未満都市放送ですので、そちらチェックしていただきたいんですが」
剛「チェックしてください」
光「その主題歌だった、愛されるより愛したいを聞いて頂きたいとおもいまーす」
剛「はい、どうぞー」



『愛されるより愛したい』


聞いて頂きたい・・をグダッと噛んでる光一さんに萌えながら続きます







| 20周年「3時間生放送」 | 13:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年7月20日(木)3時間生放送スペシャル【2】


CDデビュー20周年記念特別番組
『Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!~』


オープニングトーク終わって、いつものどんなもんヤ!のオープニング曲が流れて
いつものように始まります。


光「はい、改めましてこんばんは、堂本光一です」
剛「堂本剛です」
光「さあ、というわけで、僕たちKinKi Kidsデビュー20周年記念特番、YOUたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャルと、いうことで、深夜1時までの3時間東京文化放送から生放送でお送りしていきまーす」
剛「え?これ生放送なんですか」
光「ふふふふ(笑)お願いしますよ」
剛「あ、収録じゃないの?」
光「収録じゃないのよ~」
剛「えぇ~~っ」
光「3時間」
剛「ちょっと聞いてないよ~~」
光「長いですよ」

剛「3時間?」


まさかほんとに収録だと思ってた・・と、思ってませんよね?(笑)
光一さんじゃないんだから(爆)
(※仕事終わって帰れると思ってたらラジオの収録があってげんなりした事があるw)



光「はい、この番組・・」
剛「しゃべれるかな、オレ」
光「・・・たぶん、しゃべれると思う」
剛「ふふふふ(笑)」
光「すでにあの・・はじめましょうかってオープニング始まる前に8分くらい話してたから」
剛「ああ・・長いね、相変わらず長いね」
光「相変わらず長いんです。ね、この番組本日どんなことをしていくかといいますと、基本的にはいつもやってるどんなもんヤと変わりませんっ!」
剛「はい」
光「んふふふふふ(笑)」
剛「いい・・いいですね、いさぎいいですね」
光「いいね、この緩さがいいと思います」
剛「いいんですよ、ほんとに」
光「ええ、リスナーのみなさんから頂いてるお便り、ね、まあ、いろいろ脱線もしたりもありながらも」
剛「脱線しましょう」
光「時間のかぎり紹介していこうかなと、思っております」
剛「はい、はい」
光「もうあの・・いいんですよ、先ほどテーマ言いましたけどもね、テーマっていうか、とりあえず即効性のある、今治る、耳の・・」
剛「んふふふふ(笑)ほんまに今治ったらすごいけどね(笑)」
光「ええ、とりあえずそれを送って・・」
剛「オレのあの時間と治療なんやってんと思う・・あんだけ痛かったのにねって(笑)」
光「そしたらほんまにすごいことやね」

剛「生クリーム塗ると治りますよ(笑)みたいな・・そんなことで?みたいなね(笑)色々ちょっと送っていただければなと」


う・・うんそんな大喜利みたいなこと、まだ出来なかったよ、ごめんね


光「あとは、それにとらわれず何でもとりあえず受け付けてます」
剛「なんでもいいですよ、ほんとに」
光「とりあえずコレだけは言わせてくれっ、みたいなやつとか」
剛「すごいしょーもないのでもいいですから、はい」
光「よろしくお願いします。え~・・デビュー20年を記念した特番ということですので、私とキンキの20年、そして20年前何してたとか、そういうのもいいですね」
剛「そうですね」
光「そういったテーマもメールで募集していきたいと思います」
剛「はい」
光「えー、そういったメールを紹介しつつ、いつもそれぞれ担当週でやってるコーナーもいつも通りのテンションで、お届け出来たらなと」
剛「はい、やりますよ」
光「え?光一のオレファンもある・・?えぇ~~~っ?!」
剛「オレファンは、ちょっと申し訳ない、ないですねえ」
光「えぇ~~~っ!ちょっとぉー、なんでぇー・・・いやいやいや」
剛「ないんですよ、オレファンは」
光「通常いつも・・ほら、もうオレマイク遠いわ、あーーっ、もうマイク遠い」



すでにやる気なくなった堂本光一さんw


剛「いや、いいです、こっちゲインあげるんで大丈夫です」
光「もうマイク遠いわー」
剛「オレファンはないですね」
光「なんで?」
剛「ちょっとやっぱりなんか・・3時間っていう中には、あんまりあわないんじゃないですかね」
光「いやいやいやいやいやいや」
剛「たぶん、そんなにF1の情報いらないんじゃないですか、みんな」
光「いやっ・・いるよ~、つい先日イギリスが終わったばっかり、シルバーストーンが」
剛「・・・・シルベスタースタローン?」

光「終わったばかりで、一番こう・・」


剛さんのボケもスルーする熱量です、光一さん


剛「誰も・・まだ、シルベスタースタローンの情報の方が面白い」
光「いやいや、前半の集大成がそこに来るところ・・そうですか!ちょっとテンション下がったなっ」
剛「だぁれも今スタッフ、顔全然変わってないですもんね」
光「ホント失礼しちゃうなあ」
剛「全然変わってないですもんね」
光「ここカーテンねぇかな、カーテン・・」
剛「んふふふ(笑)」
光「ふはははは(笑)まあ、とりあえず担当週でやってるコーナーもやると、いうことで」
剛「やります」

光「いつもこの時間の番組を担当してるジャニーズのメンバー、関ジャニ∞の村上君、ジャニーズWESTの桐山くん、中間くん、今井翼くん、Hey!Say!JUMPのセクシー・・Hey!Say!JUMPそして、Sexy Zone、からの祝いの・・・お祝いのメッセージも」


ヘイジャンのセクシーゾーンはどこなのか、しばらく考えてしまったじゃないかwww


剛「なるほど」
光「届いてるということですよ」
剛「ありがとうございます」
光「後ほど番組のどこかでオンエアいたします」
剛「ね、お忙しいのにありがとうございます」



後輩にも丁寧な剛さん


光「はい。さらにオンエアする曲も20年分の私たちのKinKi Kidsの楽曲、ま、途中でおっぱいがいっぱいとか、ちょっと流す可能性が・・」
剛「なんで流すん?(笑)なんで?」
光「・・・いや、やっぱりこう・・胸一杯みたいなとこあるじゃないですか」
剛「ああ、なるほどね」
光「20周年」
剛「胸一杯やったら、そっち・・おっぱいがいっぱいやったらなんか・・おっぱいがいっぱいですからね、ちょっと」
光「まあ、近い位置にあるから」

剛「♪キレイだな・・って言われても」


やっぱり歌うんだね、剛さんも(爆)


光「うん、近い位置にあるかなぁ~っていうね」
剛「なるほど・・じゃあ、どうしても流したいんであれば、流してください」
光「ふふふふふふふ(笑)」
剛「いいタイミングで流してください、その代わりね。絶妙な」
光「あの・・そうね、12時またぎ」
剛「んふふふふふ(笑)そこで・・流す・・ひどいね(笑)」
光「またぎ・・やっぱり・・」
剛「そこで流すんや、自分らの曲ちゃうんや、硝子の少年聞いてくださいとかじゃないねんや」
光「11時59分10秒あたりぐらいから」
剛「最悪やな、もう・・」
光「2分間くらいちょっと・・」
剛「すごいな」
光「んふふふふふふ(笑)」
剛「おっぱいがいっぱい流すん、そこで(笑)すげぇな」
光「それやったらすごいと思いますけど・・・それはムリかなあ・・ムリかなあ・・」

剛「全然いいよ」


いいんかい!!(爆)


光「ま、ま、そんな感じで、何が起こるかわからんっちゅーことです。生放送ですから」
剛「はい。生放送なんでね。ちょっとメールは今からでも全然間に合いますんで、さきほどもお伝えしましたけど、メールアドレス、kinki@joqr.netでございます。このラジオ初めて聞いた、あるいはたまたま今聞いてますっていう方、どんな方でも大歓迎ですので、ちょっと送ってみよかなという人是非送っていただければなというふうに思っております」
光「ただ、もうちょっとテンションあげてくださいっていうメールとか受け付けてません」

剛「はい。読んだとしても上がりません」


スタッフ爆笑


剛「読んだとしても」
光「はい、それは受け付けてません、よろしくお願いします」
剛「それはもう、ムリでしょ、やっぱり。ま、今日はちょっといつものスタジオっていうか、広めのスタジオで、抜け感もいいですから」
光「スケルトンな感じね」
剛「うん、ちょっとテンションはいつもよりかは、上げ・・れるかなという」
光「いつものレギュラーより、オレ、あがってる方でしょぉ?」
剛「僕も、張ってる方でしょ?」

光「ふははははははは(笑)」
剛「張ってるほうでしょ?(笑)だって・・」
光「いかにひどいか(笑)」
剛「さっき・・さっき録ったやん?・・さっき録ったやん」
光「ああ、収録の方されたんですか、レギュラー回の」
剛「うん、それのテンションより上がってるでしょ」
光「そうですか、確実に2人とも」
剛「やっぱりこう、この日にね、かけてる思いというのがひしひしと声から伝わりますよね」
光「すでに普段から聞いてる方には伝わってるだろうね」
剛「伝わってるでしょうね。ただほんとに、たまたま聞いた人はこれでテンション高いの?と思ってると思いますけどもね」
光「はい」
剛「なんやねん、あいつらってなってますけども」
光「もう・・私のラジオ、私が一人でやってる時なんかはお経と言われてますからね」
剛「んふふ(笑)いや、ほんとにアレね」
光「はい」
剛「タクシーで聞いた時にね、うわ、こわ、この運転手お経聞いてるやんと思ったら、オマエのラジオやったからね」
光「はい」
剛「びっくりしたもんね」
光「どうもすいません」
剛「ほんとにすさまじいラジオですねえ」

光「さ、というわけで」
剛「はい」
光「記念すべき3時間特番の1曲目、参りましょうかね」
剛「いきましょう」
光「まああの、この番組でいうと、たぶん一番23年間の歴史の中で一番流れてる曲・・」
剛「流れたと思います」

光「なんじゃないかなと、思います。KinKi Kidsでジェットコースター・ロマンス!どうぞ」


『ジェットコースター・ロマンス』



ここまでで、15分です(笑)まだ15分です。細切れですいません

確かに、2人ともいつものどんなもんヤ!よりかは声張ってますよ。声張って、おっぱいがいっぱい言うてます(笑)

そして、本当に23年の歴史の中で一番流れてるのがジェットコースター・ロマンスなのか?!

検証しなくても、そうだと思います(爆)




| 20周年「3時間生放送」 | 16:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年7月31日(月)

剛「どうも、堂本剛です。まず大阪府のゆっこさんです『剛くん、ちょっと奈良情報、ちょこっと奈良情報です。奈良の天理駅に古墳をモチーフにした』・・これね『広場が出来たそうでドーム型の巨大トランポリン、大人も楽しめる健康器具などがあって野外ステージもある。街の魅力の1つでもある古墳の響き、市民がふふんと自慢げに思う語感・・』何言ってんねやろ『英語で共に楽しむ喜ぶという意味をあわせて、コフフン』んふふふふ(笑)何を言ってんの?情報過多やわ。古墳でいいよ?もう・・市民がふふんと自慢げに思う語感って何?ちょっとこの・・ここがアカンて。こんなん~~・・もうちょっとあったやろ、これ・・野外ステージで何やるんでしょうね。まあその市民の、天理市の人達がなんかこう、イベントやったりするのか。間違ってもコフフンダンスとかやめてくださいね、もう、ほんとに・・あの(笑)古墳に怒られますよ、こんだけ古墳やってたらもう、ね?

でもほんと、奈良、飛鳥とかもそうですけど、古墳の数がまだまだあって、お金がかかるからということで掘ってませんとか、調査してませんっていうのありますけど、これ調査しちゃうと、全部を。歴史変わっちゃうでしょうね。うん・・でも、僕はね、やっぱりね、外国人がめちゃめちゃ関わってるはずだと思ってるんでね、うん、だから、え?どこの国の人?って感じで、そういう古墳も中にいっぱいあるんじゃないかなーって思ってるんですけどね、うん・・コフフン・・うん、古墳でいいな、もう。古墳公園でいいわ、もう。あ?今どこにいんの?・・ん?今、コフフン・・みたいなことでしょ?いや(笑)最終的にみんなめんどくさいから、ん?古墳って言うと思うな。駅前の古墳・・・んふふふふ(笑)あ、駅前の?みたいな。わかった、じゃあ5分くらいで行くわ・・なんて?ん?なに?みたいな、コフン?いや、5分、みたいな。ああ、5分、はいはい、みたいな、ちょっとそういうのあるよね、たぶんね。うん・・ま、みなさん、めげずにがんばってくださいね、はい。機会あったら行きますけどぉ、ちょ、巨大トランポリンちょっと入ってみたいから。うん・・これ、飛んでたら耳治るかな?これ・・あ、治った、みたいな。ふふふふふ(笑)この市民が、ふふんと自慢げに思う語感をね、体感・・・市民がほんとに思ってるかなんですけどね。ええ、ということでKinKi Kidsどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
実はコフフンダンスの曲作ってたとか、やってそうですけども(笑)その前に奈良市の曲作ってください(*^_^*)


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さあ、長野県のちっちーさんですね『以前剛さんが人から言われて、ん?はぁ?ってなった出来事があったら送って下さいと言うのを言っていたので思いだしたことがありまして、メールします。それは高校時代の調理実習の時なんですが、エプロン姿で調理をしていた時に同級生に、制服よりもエプロンの方が似合うねと言われ、は?となりました。似合うのはいいんですが、制服よりもと一言入れることでなんだかとても複雑な気持ちになりました』確かにね、エプロン姿似合うね、やったらすんなりありがとうやけど、制服よりもって言われると、ん?ちょっと待って、制服・・似合ってへんってこと?みたいな、ちょっとそう言う気持ちになるっていうか、なに?エプロンひいきしてんの?みたいな。なんなん自分の実家エプロン作ってんの?みたいな、なんかちょっと色んなね、色んな憶測がちょっと出ちゃうんでね。難しいなと。

新潟県のぴのこさん『剛くんが人から言われて、ん?と思ったことあったらとおっしゃっていたのでメールします。以前務めていた会社を辞めるとき、当時なんとかロスという言葉が流行っていて、会社のお局さんに、もうホントに辞めちゃうの?おばさん、何々ちゃんロスだよと言われました。なんて言い返せばいいかわからず、心の底から知らんがなと思っていました。剛くんならなんて言い返しますか。ちなみに何々ロスなった経験ありますか』何々ロス?あんまないですけどね、うん・・なくなったらなくなったで、みたいな思ってるから余計にそうかもしれませんけどぉ、ま、心の底では、は?やけどな、これ。いやあ、剛くんロスだよ・・・は?ってなるけどね、これは。もうちょっと言葉あるやろみたいな。やめる人に。うん・・一大決心やもんなあ、ちょっと会社辞めようって・・何々ちゃんロスだよ~~・・そこにお茶あったらかけたいぐらいやけどな、っさい、思いながら。うん・・新潟か、新潟県やから米粒爆弾でしょう、バンっ、うっさい!みたいな、バン!知らんがな、言うて。美味しいやろ、新潟の米、やめたるわ、みたいなね。パン!いうて。うん・・

えー、ラジオネームのね、ともさんがですね『私は電話で長電話している時にお絵かきをするクセがあると。短い話の時は書きませんが母や姉と話をするとどうしても長くなるんで、自然とボールペンや鉛筆を持って、ちらしやメモ用紙などに書いてます。それもチューリップばっかり山盛り描いたり(笑)星を描いたり、特に決めて描いてるわけじゃないんですが、電話を切ったあとに見てみるとあまりにも描いたものが多くて自分でも引きます。剛くんは電話中に何かしてしまうクセありますか』オレはあんまないですけどね。うん・・すごいよね。チューリップ山盛りに描くことオレないからなあ、面白いな、チューリップ山盛りって言う、言葉が、描いたことないもんな、それチューリップじゃないんやろしな、もうなんか。山盛り描いてしまうと。途中一カ所たぶん、葉っぱにしてるところが、間違えてチューリップになってるときあると思うねんな、オレ。チューリップの上の三個とんがっててみたいな、で、茎描いて、葉っぱ・・で、シンプルなチューリップ、これをまあ連続してて、へえ、そうなんや~ってしゃべりながらやってるってことでしょ?だから、一個くらいこの葉っぱのところがチューリップになって、ああ、間違えたみたいになって、花のところが葉っぱ(笑)葉っぱになってとか(笑)たぶん、なってんちゃうの、これ。絶対なってるでしょ、山盛り描いてんねんから。それちょっと見つけてほしいよね。葉っぱがチューリップの頭になって、チューリップの頭が葉っぱになってみたいな。絶対あんねん一個くらい。ということで、なんでも来いやのフツオタ美人でした」


【今日のポイント その2】
「チューリップ山盛りに描く」がツボにはまったらしい剛さん。どこにツボがあるかわからない(笑)


《これってアウトかな》
剛「これってアウトかな? えー、これってアウトかもというみなさんのフェチ、アウトかセーフジャッジします。兵庫県うみままさん『なんか変なクセやフェチあるかなあと自分のことを考えていた。1日に最低5回は指を噛んで自分の歯形を見るという(笑)クセを発見しました。噛む感触も好き、その歯形をチェックするのも好きでやめられない。かれこれ10年はやってると思います。あと笑いすぎてこらえる時も指を噛む。たまに6歳の娘にママどうしたの?と聞かれますが、家の中限定なのでいいですよね。これってアウトですか』家の中限定なんで、いいとは思うんですけど、娘さんがこれやる可能性あるんですよ、何年後かに。それをもし、お母さん的にいやであれば、アウトなんですよね。大丈夫と。うちの子は全然噛んでもらっていいですと、それがうちのルールですと。ただ外ではやめてくださいと。ただ外ではやめてくださいと言われると、やっぱり思春期、育ち・・成長盛りのお子さんは噛む可能性は出てきますよね。やるなと言われたらやってしまうという、うん・・で、ヘタしたら他人を噛む可能性も出てきますから(笑)うん、これは気をつけなきゃいけないんじゃないか、今のウチに。うん・・アカン、わろてまう、ヤバイ、ちょっと指噛ませて、がぶっ・・て可能性がちょっとあるんで。それを考えるとちょっとアウトじゃないかと。今のうちにちょっと警告だけ出しておこうかなという感じですね。

愛媛県のあきさんですね『私はチケットオタクです。キンキのコンサートのチケットはもちろん、映画の半券、美術館のチケット全てアルバムに保存し、毎日眺めていると。その日あったことなどを思いだしていると軽く1時間は過ぎます。それだけではなく最近自分はチケットを集めるためだけに出かけているのでは?と思ってしまうことも(笑)あります。本来家にいるのが好きなんですがチケットをもらえるとなるとフットワークが軽くなります(笑)人から見ると紙切れ1枚に生活を左右されてしまう私、アウトでしょうか』チケット目当てでライブ会場に行ってるから、ライブは基本どうでもよくて、あ、あの曲のあとにあの曲きたか、みたいなことよりも、早くこのチケットをアルバムにしのばせたい、早くレパートリー、私のライブラリーに入れてみたいと。そういう気持ちを持ちながらライブ見ちゃってるから、ライブよりライブラリーみたいなとこあるから。だからちょっとこれは・・うん、こっちサイドとしては、ちょっとアウトかなあ。

ヘタしたらこの子アレですかね?誰もまだ、登頂したことのない雪山、その頂上にチケットあったら、登りますね、これ。おお、制覇したぞ、あいつみたいな。マジでか、っていう。いやチケットあったんで・・・何言ってんの、この子。どのインタビューも、チケットあったんで、チケットほしさに登りました、みたいな。いや、それ聞いてんじゃなくて、どうでしたかって聞いてんのよ・・いや、ほんとに、チケットあったんで・・ふふふふ(笑)こいつ大丈夫かっていうね。そうなる可能性がちょっとあるから、どうかなと思うけど、でもなんかさ・・・マグマとか入っていけんちゃう、これ。チケット燃えてんねんけど、じゃあ私も燃えるみたいな、大丈夫かな、極端な発想になってけぇへんかな、コレ。だって軽く1時間過ぎんねんで。あと何年後かには、マイクロチップとか体内にいれれるから、体内に入れるよね、チケット(笑)うん、チケット入れて。何の機能もないけど。ただ入れるだけやから(笑)チケット・・うん。チケット入ってんねん、ここ、みたいな。へぇ~~、みたいな。ま、そういう風にするとか、色々幅は広がるんですが、ちょっとアウトかなというとこですかね(インフォメーション)それでは聞いて頂きましょう、KinKi KidsでThe Red Light 聞いてください」


【今日のポイント その3】
最近、以前にも増してラジオにおける小芝居の頻度とクオリティが上がりましたねw


《今日の1曲》『The Red Light』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエム。今日はですね、高知県コロコロヒロコさんです『とある番組で蛭子さんがホースから勢いよく出ている水を浴びせられている映像に、ジェットコースター・ロマンスが流れていた。その映像で一足早く夏を感じた。でも蛭子さんには似合わなかった』というね。嬉しいですね、ジェットコースター・ロマンス(笑)蛭子さんとの共演ですね。誰が予想したことかという。まあ、蛭子さん似合ってないというか、むしろ似合ってると思うけどね。水かけられてる蛭子さんって面白いよね。あの・・なんやろね?蛭子さんって、困ってる蛭子さんとか面白いもんね。ご本人は大変やねんけどさ、見てる方は、うわ困ってはるわ、蛭子さんってちょっと面白いねんなあ。蛭子さんってでも・・すごいキャラですよね。ずーっとだって・・だって旅番組蛭子さんやってたら、絶対見るもんねオレ最後まで。何起こんねやろ、この後、みたいな。海外の人に結構失礼なこと言わはったな、今、みたいな(笑)ちょっと面白いもんね。さ、ということでございましてね、ええ、みなさん、7月終わりましたね。うん・・8月もこれ、9月も暑くなるでしょうから、みなさん是非、色々気をつけてくださいね。さあ、ということでございまして、お相手はKinKi Kids堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみください」

【今日のポイント その4】
剛さんが見てるなんて言ったら、蛭子さんの旅番組の視聴率がめっちゃ上がるんじゃないですか?そして蛭子さんが勘違いをしてしまいそうな気がする(爆)

| 剛どんなもんヤ | 10:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |