Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2017年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2017年12月25日(月)

光「はい、堂本光一でーす。クリスマスですね。ね、えー、まずは長野県のゆみさんからのメールです『光一さん、毎年恒例今年の漢字一文字を決める時期がきました』めんどくさい、一番めんどくさいやつやねん、こういうの『昨年は1年を漢字一文字で表すのは無理ということで、無理がランクイン。今年は、もう漢字一文字でなくてもいいです。今年を表す漢字を教えてください、よろしくお願いします』・・だって。んふふふ(笑)ちなみに、これワタクシでしょ?2012年、舞う、舞台の舞、ね、これよく考えましたね、ずっと舞台立ってたな、みたいな漢字から、舞台の舞にしたんですね。2013年は、宿、1年のうち丸2ヶ月はホテル暮らしだったから。ね、宿。2014年・・えー、内・・ほんと?2ヶ月毎日一緒にいたから。ふざけてんな。たぶんめんどくさくなってんだよね、考えるの。2015年(笑)無・・・うん、無と答えていました。で、2017年。2016年に関しては、オレもう無理だって言ってたんだ。じゃ、2017年何だったか?んーーーーー、なんだろうなあ・・・じゃ、難しいの、難、あんまりいい漢字じゃないかもしれないけどね。まあその、20周年の年でしたけど、いろんな難しい状況にも、え~、あたりながらね、やってきたなあと、まあでもそれも我々らしい20周年だったのかなという気もしてるので、ええ・・なんだろうな、決して後ろ向きの意味での難ということではなくて、それを乗り越えられ・・乗り越えて、ええ・・また何年後かに、アレがあったから、あの難しい状況があったから、今があるよねって言えるようにね、する、2017年、なかなかいいこと言うでしょ。だったらもっと前向きな文字だせよって話だね。ふははは(笑)ま、それを、この漢字一文字を考えることも難しいなという意味合いも含めての難です、いろんな意味を含めて。うん・・ね、そんな感じ。はい、KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
いろんな意味も含めた「難」っていうか、突発性難聴の難だなあ・・と思ったけど、もちろんそれも含まれてるよね?天然だったら、すごいけど、さすがにまさかだよね?w

《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 佐賀県まなみさん『内君のWEBの日記に博多座のSHOCKが終わって久しぶりに自分の家のベッドで寝たら13時間くらい寝たと書いていました。ホテルだとやっぱり寝付けないとも書いていました。光ちゃんも東京に帰ってきた日はいつも以上にたくさん寝られたんですか』いやあ・・逆にね、やっぱりなんか舞台中やったら、明日何時開演やから、この時間には寝なとか、いう思いとか、何時になったら、あ、やべえ明日何時開演なのにっていう風な感じでね、思うことがあるんですけど、舞台がない状況だとその身体的、フィジカル部分も余裕が生まれるわけですよ。そうすると、まだ起きててもええな、まだ起きててもええなと思って起きてしまうんですね、それがだいたい、朝8時?とか・・昨日も寝たの朝8時くらいだったので。ってなってしまうんですよね。で、今日起きたのが、12時ちょい前とか、そんなぐらい、だったんで、だから4時間寝てないぐらいなんですよ。変な話仕事がもっとゆっくりで、もう起きなくてもいいのに、朝8時に寝たとしてもなんか12時くらいには、ほって目が覚めたりするんですよね。それはやっぱりなんか、舞台がずっと1時開演っていうのを続けてたから、しばらくはその、身体が、起きな!ってなる状況なんでしょうね。だからね、逆になんか終わって家帰ってきたからいっぱい寝れてるなあっていう感覚は、あんまり僕的にはないですねえ。

はい、東京都うねこさん『この番組でもよくでる光ちゃんの博多好き話。博多好きの男性は確かに周りにも少なくないです。好きの理由はさんざん語られてる通りだと思うんですがそんな博多好きの方でも、あの甘い醤油だけは許せない人が多いです。光一君はどうですか。ちなみに私は博多ではありませんが、九州出身なので上京して今も地元のメーカーの甘い醤油を使っています』あの・・あの甘い醤油はものによっては、とっても美味しいです。あの・・お刺身にしても、これは、この甘い醤油で食べると美味しいなみたいな。全部が全部アレやと、ちょっとダメですね。たとえば卵かけご飯食べようと思った時に、あの甘い醤油かけようとはちょっと思わないですね。ものによっては全然すごく美味しいと思いますね、僕的には、

はい、埼玉県わかめさん『私は職業柄食べるのがかなり早いほうなのですがこの間ついにラーメン屋で相席になった食べ盛りまっただ中であろう男子高校生2人組を追い抜いてしまい、これはさすがに、と思ってしまいました。光ちゃんは自分で、あ、これって職業病だなと思うことってありますか』職業病だなと思うこと、まあ、これ何度か話したことあるかもしれませんけど、やっぱりどんな舞台やどんなライブを見に行っても、いろんな裏の部分を見てしまいますね。見てしまうっていうか、一生懸命裏の部分を見てやろうっつって見てるわけじゃないですけど、色々考えてしまいます。あ~、これはこういう流れで、ああ、ここスタッフ大変やったやろなあとか。っていうふうに思ってしまう自分がいて、はい、ダメですねえ。まあ、やっぱり照明、どういう風にあの・・なんていうの、たて込み、設置してんのかなあとか、そういうとこ見てしまいますね。ま、そういうとこかなあ。

はい、神奈川県かぽたんさん、17歳『この間修学旅行でカナダに行ってきました』今修学旅行ってカナダとか行くの?!『すごく綺麗な街で毎日楽しかったです。記念にお土産を買ったのですが自分に物欲がないのか、帰ってきてみると思ったより買っておらずすごく後悔してしまいました。光一さんは海外に行ったときお土産はたくさん買う派ですか、それともあんまり買わない派ですか』まあ、あんまり買わないっすねえ。考えてしまうんですよ。これ・・貰ってもなあ、困るやろなあとか、いらんやろなあ、とか、そっちで考えてしまうんですよね。で、結局なんか、買わずじまいとか、ってこともあるよね。なんか、お土産とか、変な話だから、逆に頂いたりするじゃないですか。あの・・そういうのは、正直いらんよって、いらんよって感じ。ふはははは(笑)もらったらお返しせなアカンやん。ねえ、いらんよって感じ。ふははははは(笑)うん、そうすると、この人なんか・・ひどい人やなと思うんかな。思われる?違うねん、気つかっ・・気つかわんで、って。そんな気遣いいらんよっていう優しさ。ふはははははは(笑)違うかなあ?うん・・違うかなあ・・この人人間の心持ってへんのちゃうか・・って思われんのかなあ。いやいや、違うんですよ、苦手なんですよ、その、お土産とか。この人に何買ってってあげたらいいんやろなあって。そんな悩む必要性ないやん、こんなんでええねんっていう人いるやん。っていうのと、いやでもさ、あの人こんな感じやからこれ貰っても絶対困るやろ。だったら、アレ・・あれ・・なんやろ、これかな、違うな・・って悩むのと、ええねん、そんななんでもって言ってるのと、どっちが優しい?前者?なんでもええからなんかモノ、菓子折の1つぐらいの感じ?イメージ?・・形があった方が・・・ふはははははは(笑)うん・・でもほら、そこに形があった方が、人はこの人優しいってなるでしょ?そういうとこやねん。だから前も話したやん、その・・なんやろ、バスで座ってて、あの・・譲って感謝される、のと、最初から自分座らんと、そう言う人に譲っとこと思って立っとく。そしたら、そのもとから立ってる人っていうのは、感謝されない。さあ、どっちの優しさが・・・別に感謝されなくていいんですよ。別に感謝されたいがために譲ってるわけではないだろうしね、譲る側も。でも、世の中そういうもんなんだよね。優しさ部分っていうか。本質に気づけるか気づけないかっていうのもね、あるよね、ほんとの優しさみたいな部分ね。ええ、まあ、もう何度も、何度も!最近ずっとこの話してますけど、僕は何にせよ、言葉が足りんということですね、ふはははは(笑)言葉が足りん!はい、すいませんー!」

【今日のポイント その2】
なんだか後ろで食器の音?みたいなのが聞こえる気がするんですけど、気のせいかなあ?スタジオじゃないの??自分には言葉が足りないという自覚が生まれた年でしたね。うん、わかるけどなー(笑)


《報告します》
光「報告します。千葉県めぐさん『肉体改造で筋肉バキバキの光ちゃんですが、ボディビルの大会では、熱いかけ声があるんだそうです。例えば、肩はメロン、ハムだせ!肩にちっちゃいジープ載せてんのかい、三角チョコパイ、マルワンのチョコが食べたい、マッチョのインベーダーゲームなどなど、その時のノリで言うそうですが、背中に羽根がある!というのもあるそうですよ。光ちゃんならば、腕の筋肉にどんなかけ声があつまるのでしょうね』知らんがな!ふふふ(笑)だから、何度も言ってるみたいに、オレはボディビルダーになりたいわけでもないし、あの・・見せたい、見せる筋肉を作ってるわけでもないし、見せたいわけでもないので、そこはちょっと僕わかんないですね。ええ、面白い、背中に羽根がある!って聞いたことある、これは。なんか・・そうそう、こうやった時にね、ってめっちゃ説明してるやん、オレ(笑)ここに、羽根が出来る、この、ここの部分ですね、広背筋ね、うん・・まあ、面白いよね、こういうのね。まあでも、ボディビルダーも大変だと思いますよ、アレだけの身体作るっていうのは。うん・・見せる筋肉を作るっていうのも大変でしょうね。

はい、東京都うっちゃん『以前光一君と長瀬君がもう人生の折り返し地点だという話をしたとラジオで話していましたが、ロンドンのある教授の話によると日本人の平均寿命は1979年生まれだと最終的に95から98歳くらいまで伸びるそうです。光一さん達が今の倍の、76歳になるころには、まだ若いねと言われてるかもしれませんね』うん・・あ、そう?でもほら、日本人の平均寿命やろ?女性の方が圧倒的に長いので、そこよりも男性はたぶん短いんですよ、95から98より。うん・・そう考えると、え~・・ま、そこそこやな。たぶん80・・・7,8?男性は。うん、ぐらいかな。まあまあでも、なんかいろんな意味で、こう・・ね、長瀬とそんな話をする年齢になったなというのはね、ふふふふ(笑)まあ、そこまで年取ってないですけどね、まだね。はい(インフォメーション)」

【今日のポイント その3】
そこまで年取ってないと思ってたら、あっという間だから!ほら、もう40代も目の前だから!ぎゃーー((((;゚Д゚))))


光「では歌です、KinKi Kidsで来年1月24日に両A面シングルとしてリリースします、TopazLOVE/DESTINYより、DESTINYです、どうぞ」

《今日の1曲》『DESTINY』

《お別れショートポエム》
光「お別れショートポエム。今週は神奈川県のあみふるさん『手で切れますと書かれた詰め替えパックが、手で開けられたためしがない。うすうす気づいていながら、お風呂で開けようとして結局開けられず、びしょぬれのままハサミを取りに、そんな自分が悲しくなった』たまにあるよね。あと詰め替えのやつね、びゃって、ふふふふ(笑)びゃって出ていってっちゃうやつ、あと容器を倒してしまうやつね。ありますよね。うん・・でも、まあ開けられへんってことはそうないけどなあ、たまにここからのどこからでも開けられますみたいな、やつあるやん?アレが開けられへんことあるけどね、たまに。開かへんやないかい!結局、歯で、キッてやったりすることありますけど。うん・・ね、KinKi Kidsどんなもんヤ!今日の放送が2017年最後の放送となりましたね、2017年はKinKi Kidsにとって20周年ということもあったりですね、番組初の生放送、特番もやりました。やったね、そう言えば。ね、はい、まああの、2017年もみなさん、お世話になりました。どうか2018年も、いい年にね、みなさんと出来ればいいなと、思っております。というわけで2017年ありがとうございました。よいお年を!堂本光一でした」

【今日のポイント その4】
あ、ほんとだ、クリスマスが今年最後だ。ってことは、元旦が来年最初になりますか?!誕生日で始まるんですね(笑)

| 光一どんなもんヤ | 10:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年12月18日(月)

光「はい、堂本光一です」
剛「堂本剛です。東京都のこうちゃとパンさんです『スマホのアイコンの未読の赤い数字のマーク出てると気になりますか。(聞き取れず)でやっていましたが気にならない人は出たままずっとそのままらしいです。メールも何百件何千件と未読のままらしく、迷惑メールなどを読まず5年ぐらい放置してると10万件以上に達することもある、お二人はこまめに迷惑メールを捨てたりするタイプですか』」
光「そもそも迷惑メール届かへん」
剛「そこまで届かんくない?そんな届く?」
光「え?迷惑メール、どんな迷惑メールがあるの?・・・そんなん来たことなーい!」
剛「気持ちわるっ」
光「えっ?!・・・うわあ!3000件」
剛「ほったらかした方がいいの?・・あ、めんどくさいからね、ほお、なるほど」
光「んあ~~~~~」
剛「そっか、オレやったら消してまうかもなあ、めんどくさい・・っていうか、なんかその、また迷惑メールか、ってやってるうちに、本当に大事なメールを読みすごしそうな気がするとか」
光「迷惑メールは、こーへんな」
剛「するから」
光「ただ、なんやろ。ネットで1回これ買いましたよ、とか、そういうアレが来たりする・・・のよ、でも、それも解除したりすると来なくなるし、あとはなんかカード会社とか?そういうのがちょいちょい来るだけで。で、オレパソコンと・・(ピンピン♪)あ、ごめん・・・」
剛「すぐ来たやん、メール、なんや、どついたろか、もうほんま。ピンピン♪ちゃうわ」
光「で・・・ぱす・・携帯は、しょっちゅう触るやん、だからこう来たら、必要ないって、ふえ~って消すけどパソコン側と同期してるから、パソコン側を消すのがめんどくさいねん」
剛「ん、なるほどね」
光「わかる?言ってる意味。パソコン側が、うるるるるるら~~ってなってる。だから、なんやろマネージャーから来たメールとかも、こっち携帯側で見て、パソコンで見る必要ないやん」
剛「うん」
光「それもうパソコン側ほっといちゃってたりするから」
剛「うん、そっちが溜まってるってことね」
光「そうそうそう。あと、アレやって、パソコンのデスクトップ。すごい散らかってる人、アレはやっぱり部屋も片付けられない人やって、あそこがちらかってる人は」
剛「うん、そらそうやんな」
光「なんか、そこがこう・・」
剛「共通点あるよって」
光「共通点としてあるらしいよ。ね、はい、というわけでまいりましょうか」
剛「はい、KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
何の音がなりましたん?光一さんが受信したんですか?っていうか、いつも光一さんの擬音が独特で、文字にしづらいんですけどwww


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 栃木県のゆりゆりさんです『最近ブランコに乗るのにはまってます。高校の帰りに友だちと小学生の時以来のブランコに乗ったら、幼い子供のような気分になりやみつきになって、今では塾の帰りの夜10時くらいに1人でブランコで遊んで帰るのが日課です。お二人は子供の頃どんな遊びをしていましたか。成長した今その遊びをしてみると新しい発見があるかもしれませんよ』と。いやもう、30代後半でブランコ・・・毎日乗ってたら、ちょっとヤバイからアレやけど」
光「今思えば子供の頃にやってた遊びって危ないことだらけやわ」
剛「オレ何してたんやろな、オレたいしたことしてないなー」
光「例えば自分の・・自分に子供が出来て、自分と同じような遊びさせると、それやめとけ・・ってやめさせてしまうかもしれん。危ないもん。ブランコにしても、一回転出来るんちゃうかっていう思いで、めちゃめちゃ高く立ち漕ぎするっていうこととか、やってたしょ?危ないやん、それも」
剛「それは危ないな・・・」
光「やってたよ、でも」
剛「あ、そう?」
光「うん」
剛「オレやってないなあ」
光「あと、チャリンコでドロケイとか・・・ケイドロ?どっち?わからんけど」
剛「それは、チャリではやってないな。普通に、走ってやってたけど」
光「そうでしょ、チャリでやるとめっちゃ危ないねん」
剛「いや、危ないからな?」
光「めっっちゃ危ない」
剛「そのめっちゃ危ないことやってないから、オレ」
光「あ、そう~?」
剛「うん。一切やってない。そやなあ、あんまり遊んでないな、だから」
光「それこそ、秘密基地とかもさ、なんか、入ったアカンよって言われるところに入っていって作るやん、で、結構傾斜のところにあって、その傾斜の下はなんやろ、人工的に作られたような、奥深い川だったりするのよ。だから、落ちたら危ないのよね。今考えたらほんまに、あそこ入ったらアカンかったなと思うし」
剛「何をやってきてん、オマエは~」
光「いやでも、そんなんばっかやって!」
剛「オレすごい平地に作ったぞ、基地は」
光「ああ・・・平地に?」
剛「もう隣の家の人に丸見えのところに秘密基地」
光「それ秘密ちゃうもん」
剛「作ってるから、オレは」
光「ふふふふ(笑)秘密ちゃうもん」
剛「歩いて・・30歩ぐらいで道路出れるから」
光「やっぱ金網を乗り越えていくような・・そう、やっぱ秘密ですから」
剛「オレは登ったら怒られるし、入ったらアカンから、入ったアカンなあ、ここ入ってもいいなあ、怒られへんなあ・・よし!ここに作ろう!」
光「秘密ちゃうもん、それ」
剛「っていうタイプやったから、オレは」

光「ラジオネームのんちゃん『恋人同士で話している間でも、ながらスマホをしていて付き合っている私よりもスマホの方が大事なの?と一度でも感じたことのある人が調査した人の83%にも及んだそうです。また子供の話を聞きながら、ながらスマホをする親もめちゃめちゃ多いとか。この最近のながらスマホ現象、お二人はどう思いますか、お二人はながらスマホしちゃう派ですか』これはもうTPOに応じてでしょう」
剛「ん~、まあだから結局なんかその・・・仕事のアレとか、色々ね」
光「危ないのが、目上の方と食事に行って、そういう時に、スマホしながら、ね・・途中?」
剛「うん」
光「アレはね、アカンねん。やったら。そう、それは絶対やったらアカンことで、でもなんかそれが当たり前かのような時代になっている、ちょっとコワイ話をね」
剛「うん」
光「だから、例えばね、後輩がいて、自分一緒に、目上の方と食事しにいって、もしも後輩がね、携帯使ってたら、そこは注意しますけどね、もちろん。アカンで、今アカンでって」
剛「うん、僕はほっときますねー別に(笑)そいつの話やし、みたいな、オレは・・」
光「いやいや、それはね、注意してあげないとわかんないから」
剛「注意してもわからへんやつおるしなあ」
光「それかもう、食事はいる前に、言う・・言いますね。今日ダメよ~って」
剛「ん~・・あんま、目上の人と僕は食べてないからなあ、それもあるけど。逆に僕がされてるときとか、何も言わへんしなあ、うん」
光「ま、自分ぐらいやったら、全然、全く問題ないけどね。でもほんとに、どっかの・・・ねえ、どこどこの会長とか」
剛「会長と食事?!」
光「そう・・そっちじゃない(笑)」
剛「や~~ばい食事してるやん」
光「そういう~~(笑)ご苦労さんです!!みたいな、そういうアレじゃないよ」
剛「わ~~、ヤバイ食事してんな、オレ会長と食事したみたいなんて・・」
光「や、例えばほら東邦の会長とかさ」
剛「オレが一生会食せーへん人やな、たぶんな」
光「それでさ、こう・・ねえ?席囲んで食事してるときに携帯・・やってたら、ヤバイでしょ」
剛「まあね」
光「それは・・教育はしないとね」
剛「普通に考えたら、まあ、いじらへんからなあ」
光「うん、まあでも、恋人同士ですよ、こののんちゃんは、のんちゃんが言ってるのは」
剛「うん、そやな」
光「恋人同士で、まあ・・・そうなあ、恋人同士やったらなあ」
剛「これはまあ、恋人同士なんでねえ・・・」
光「はい、というわけで以上なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
後輩の指導はするけど、恋人同士はスルーです。光一さんも。罵詈雑言なかっただけでも良かったよwww


《報告します》
光「はい、報告しまーす。ラジオネームマッチョドラゴン『アメリカでは体内にマイクロチップを埋め込み、手をかざすだけで鍵をあけたり、自販機の飲み物の購入、パソコンのログインなどが可能になりつつあり、実際に数万人の人が利用しているとこのと。人体には無害で安全らしいので、普段から荷物が少ない光一くんも是非やってみてください』なんか見たことあるな、これ。でもこれすると、ほんまに・・なんやろ、1人1人にその、独特のチップを埋め込んでしまえば、ね?まあ・・」
(鼻すすって咳してるのは剛さん?)
剛「そうねぇ~・・」
光「人にナンバーをつける以上に、こう・・管理されてしまう感じになるよね」
剛「管理には絶対なっちゃうから」
光「うん・・まあ、便利やけどね。この、例えば携帯のさ、なんやっけ?ウォレット?うん・・」
剛「財布」
光「財布、お財布ケータイみたいな、あれも便利ね。使うと。それこそこの前話したおつりとか考えなくてええねんもん」
剛「まあなあ・・」
光「コンビニとかでも、フィンフォンってやるだけ。便利」
剛「ちょっといややな、オレは。どう考えても、気持ち悪い、まずどこに入れんのよ、手首?」
光「マイクロチップ?どこやろな?」
剛「手をかざすだけやから、手首やな、だいたいな」
光「まあ、人体には無害って言ってますけどね、どうなんでしょうね」
剛「いやあ、これはちょっとね」

光「千葉県あまおとさん『この番組でもヘビーローテンションで流れるおっぱいがいっぱいについて、気になってしまって色々調べてみましたので報告します。作曲三木たかしさん』」
剛「おー、三木さんなのか~」
光「『代表作に津軽海峡冬景色、夜桜お七、アンパンマンのマーチなど』おお~、幅広いですね」
剛「ねえ」
光「夜桜お七もそうなんだ、津軽海峡も・・名曲じゃん『作詞が冬杜さん、え~、花代子さん、冬杜花代子さん、宇宙刑事シャリバン!』シャーーリシャーリシャリ、シャーリバン、シャーン♪やな、そうやって、そんなんやったと思う」
剛「シャリバン?」
光「シャリバン」
剛「アニソンを手がけてらっしゃるね、結構」
光「アニソンの作詞、そして編曲、馬飼野さん?!」
剛「馬飼野さんですね」
光「マークデイビス?!」
剛「ふふふふふ(笑)」
光「またの名をマークデイビス」
剛「馬飼野さんですねえ」
光「馬飼野さんは、我々、ね、すごくお世話になってるので、そう、愛されるより愛したいとかね、このまま手をつないで」
剛「このまま手をつないでとかですね」
光「我々ずっとお世話になってる馬飼野康二さんの、お兄さん」
剛「すごいねえ」
光「すごいね、おっぱいがいっぱい」
剛「うん~~」
光「すげぇ、豪華ラインナップ」
剛「馬飼野俊一さん・・」
光「やっぱおっぱいがいっぱいすげぇ」
剛「・・・・ふふ(笑)すごいかはちょっと僕もわかんないですけど、すごいん・・とは思いますけど」
光「やっぱ名曲なんだよ」
剛「耳には残りますよね」
光「名曲(インフォメーション)歌でございますけども、来年1月24日に両A面シングルTopazLoveとDESTINY、をリリースいたします。TopazLoveに関しては剛くん作詞で、ワタクシが曲を作りました。久しぶりの2人の共作」
剛「はい」
光「という形になってます。これがタイムボカンシリーズのね、アニメ第2クールの1月から3月のエンディングとして使って頂くということになっております。そしてDESTINYの方は、結構オンエアでは流れてたと思いますけども、これもタイムボカンシリーズの、オープニングで、での曲ですね。このDESTINYは剛くん1人パターンと光一くん1人パターンと、2人パターンと」
剛「はい」
光「っていうふうな収録の形になっているのでね、その辺もなんかちょっと違う雰囲気も味わえると思うので、是非チェックなさってください。というわけで、今日はTopazLoveを聞いて頂きます。どうぞ」

【今日のポイント その3】
ヘビーローテンションはミスタッチではなく、光一さんが言ったはず(笑)ローテンションは光一さんやけどw そして自分で「光一くん1人パターン」って言っちゃうの可愛すぎ

《今日の1曲》『TopazLove』

《お別れショートポエム》

剛「お別れショートポエム。ちーちゃんです『雑誌の秋冬のトレンド特集を読んでいた。今年の秋はボルドーを着るべき、レオパード柄が可愛い』」
光「れおぱーど・・?」
剛「『秋はやっぱりチェック柄、今年はマスタード色に注目、などなどもうわからないから、私は何にもとらわれず着たいモノを着ようと思った』うん・・」
光「まあだから、それぞれの雑誌・・」
剛「が、決めてることなんで」
光「勝手にトレンド決めてるだけでしょ」
剛「そ。だから、別に振り回される必要もないし、自分の着たいモノをただ着てりゃいいだけです」
光「いやあ、流行りはほんまわからんわ」
剛「うん、まあこんなんほんま、気にせんでいいと思うけどね。ま、ファッション業界の人は逆に気にせーへんかったらアカンのかもしれんけどね」
光「剛くん、アレはどうなん?あの・・ちょっと80年代っぽいのが今流行ってるやん、男の子も」
剛「うんうん」
光「すごいハイウエストで」
剛「はいはい」
光「こう・・中に・・」
剛「はいはいがちょっと今恥ずかしかったな」
光「中に入れてるやん、みんな」
剛「うん」
光「若い子とか。ちょっとハイウエストで、ちょっとだぼっとした感じ、入れてるあの感じ、どう?」
剛「いや、いいんじゃないですかね」
光「ああ・・・そう?」
剛「ただ、みんなもう一緒やから。ちょっともったいないけどね、個性が」
光「それにちょっとオシャレメガネして」
剛「して」
光「なんか、ベレーっぽい帽子かぶって」
剛「うん、かぶったり、キャップかぶったり」
光「そうそうそう。見るよねえ」
剛「だいたい、一緒やね」
光「アレちょっとわからへんねん~」
剛「いや、光一もだから思い切ってやってみたら」
光「いやだから、ジュニアの子なんかでも、多いのよ、こうやってすごいだぼだぼな感じ入れてて、だ、これ・・オマエチェッカーズかって言ったの」
剛「あぁ~~・・」
光「80年代ね」
剛「チェッカーズよりも、ちょっと細い気はするけど。でもまあ、ジャンルっていうかね」
光「ハイウエストで中に入れてって感じやとね、ある意味中居君の時代じゃない?」
剛「あ、そうですね」
光「ふふふふふ(笑)」
剛「中居先輩そうでしたね」
光「中居くんの時代だよね。はい、というわけで、お相手は堂本光一と」

剛「堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみ下さい」

【今日のポイント その4】
話が盛りあがって、編集されてるなあ、もったいない。せっかく光一さんがファッションにちょっと興味を持ってるっぽいのに。可愛いな( ´艸`)今度ファッション特集してみてほしい。剛さんがすごいめんどくさいと思うけど、頑張って!(笑)(でも光一さんがファッションを語り出したらもっとめんどくさいなw)

| 2人どんなもんヤ | 11:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年12月11日(月)

光「はい、堂本光一です」
剛「堂本剛です。神奈川県のみきさんです『先日とあるテレビ番組でお会計が680円だった時1180円を出すのはアリかナシかと言う話題になっていた。おつりを500円玉でもらって財布の中をすっきりさせたいという魂胆が気持ち悪いというのが反対派の意見で、私も1080円出すならわかるけどもこんな細かい出し方する人やだなと思ってしまいました。お二人はどう思いますか』」
光「オレはアリですね」
剛「ん~、僕はやらないですね」
光「たまにやってまうなぁ~」
剛「なんかその計算もめんどくさいのと、700円出したり1000円出したりでもいいやみたいな」
光「おつりがね、ワンコインで返ってくるのは効率いいなあと思ってしまいますね」
剛「うん・・」
光「だから・・ちょっと、ちょっと違うかもしれんけど、飯行くなり飲みいくなりいいんですけど、だいたいビールの人多いじゃないですか」
剛「うんうん、とりあえずビールですね」
光「ね、の、人多いじゃないですか。ああいうのも、オーダーする時にビール以外の人って聞いた方が早いっていう・・それを、あの、ビールの人・・1,2,3、4、5って数えるより、ビール以外の人、あ、じゃ先言って、あとはビールですって言えば効率がいい」
剛「やらしい頼み方してんなあ」
光「なぁんでよ(笑)」
剛「チンピラみたいやな、やっぱな」
光「なぁにがチンピラよ、相手にも、そうそうオーダーする側にも、あの・・ウェイターさんにも」
剛「いや、結局その人また数えるから。あとビールですって言ってる自分は気持ちいいけど」
光「それが、何人って・・」
剛「・・2,3・・じゃ、4人様がビールですね、になるから、結局一緒やん、そこは」
光「いやいや、人数多い場合ですよ」
剛「いやでも、数えるやん(笑)だから、ビール、あと、残りのビールを」
光「8,9人やと、9人ぐらいやとするやん、で、ビール以外の人が3人ぐらいおったとするやん」
剛「うん」
光「ね?そしたらビール以外の人3人やったら・・ね、あと6ビールですで早いやん」
剛「でも絶対店の人やから、数えんねんて、ちゃんと。間違ったら絶対くそしばかれるから。おい、オマエ何間違ってんねん、オマエー!って、厨房でクビになるから」
光「いやいや、意外とそれね、早いですよ、ほんとに」
剛「絶対おもてるだけやってー。そか、僕の友だちがとりあえずビールで、の人が少ないねんな」
光「あ~~」
剛「それもあるわ。なんかみんな、レモンサワーで、とか・・じゃ、ウーロンハイで、とか、みんなバラバラやな、みたいな」
光「うん・・」
剛「そう、それはあるわ。みんなが、ほぼビールやったら、ビール?って聞いて、何人っていうて、先に聞いとくかな。で、店員さんに7人ビールで、っていう感じでなると思うねんけど、みんなバラバラやから、先にじゃ、言ってくださいって感じになって(笑)先に言ってもらって、最後僕じゃ、お水くださいとか、そんなんで終わってるな」
光「なにかと効率いい方がいいと思ってまうなあ」
剛「うん・・効率いいの裏側に実は効率悪いもあるやん」
光「いやいやいや、ないない。めっちゃ効率いい」
剛「オマエだけちゃう?それ思ってんの、効率いいと思ってんのー」
光「いやいや、そんなことないよ」
剛「またあいつ来たで・・・効率いいと思って頼むやつ来たわ、またー・・オマエいいよ黙って、いいから早く、ビール・・はい、すいません」
光「たぶん店側的にも、この500円玉で返せるのはありがたいんちゃうかなあ?」
剛「100円玉、10円玉だなんだ、色々のアレが減る率は減るからな」
光「そうそうそう。あの、自販機でもたまにやりますよ、オレ」
剛「・・・・500円を出すために?」
光「そう、とか。駐車場のさ」
剛「あ、駐車場のやつ」
光「コインパーキングとかの時とかに」
剛「うわ、ないわー」
光「ふふふふふ(笑)」
剛「なるほどな。なんかあの、コンビニで、海外の人が最近増えてきたから、どっちが親切かが、もうわからへん、なと思ったりもするねん。この500円返すような計算をさせたらちょっとアレかな、とか」
光「あ~~!店員さんね」
剛「そう」
光「うんうん、まあでもレジ打ちはるやん、いくらいくらって」
剛「いや、ねんけど、テンパるかなと思ってさ、なんかこう、これは1000円で、これが100円でとか、もちろん頭に入れてはるやろけど、これちょっと、この出し方したら、ちょっとアレかなあ」
光「あ~~・・」
剛「テンチョウ、テンチョウ・・ってなるかなみたいな」
光「オレ1回本気で、あの・・ファミマかな?に、行ったら、名札にローソンって書いてる外人さんおったで。びっくりしたもん」
剛「しゃあないやんなあ」
光「ローソンくんやん」
剛「めっちゃワロタやろな、みんなで。ローソン来たぞ、言うて」
光「ふっふっふ(笑)オレそういうのちょっとビックリしたよ」
剛「オレはね、1回ね、あ、海外の人か・・・&%#になります・・はい?・・・*▲@になります・・ちっちゃいなあ、と思って、ちょうど出したげよ思って、ちょうど出して。名札見たら、小さんで。あ、だから声ちっちゃいんか(笑)めっちゃちっちゃかってん、小さん。大さんでお願いしたかったなってくらい、まあちっちゃくて、&%#になります・・ますは聞こえんねんけど(笑)その大事なとこ聞こえへんねんけどみたいな」
光「多いよね」
剛「多いよね、まあでも最近ほんとに多いからね。こういう効率がいいであろう議論がなされたということですね。これはまっぷたつにわかれるやろな」
光「わかれると思います」
剛「さ、ということでどんなもんヤ!はじめます」


【今日のポイント その1】
ものすごい雑談の応酬をありがとうございます( ´艸`)ただ、文字では伝わりづらいけど、光一さんのテンションはものすごく低いですwww




《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 和歌山県のかよこさん『先日放送された鶴瓶さんのAスタジオに生田斗馬さんがゲスト出演されていました。そこでジュニアの頃キンキのバックをしていたという話になり、番組が急きょ用意したジェットコースター・ロマンスにあわせて踊っていました。完璧に踊り終わって色んなことが蘇りますね、僕の目の前にKinKi Kidsが見えましたと話していました。お二人はジュニアの頃バックについていて、この曲は今でもすぐ踊れるとか思い出の曲ってありますか』ま、よく話すけど、やっぱり我々はSMAPのみなさんのバックについていたことが長いので、笑顔のゲンキとかね、サビの部分」
剛「うん、踊れますね」
光「ちょっと、ちょっと踊れるよね」
剛「♪てーんてん・・」
光「♪ゲンキなきみがすき~~ってところね」
剛「やりましたね、こうやって・・♪てぃりりり~~」
光「とか・・」
剛「$10とか・・」
光「ああ、そうねー・・・」
剛「♪A~わんだら~、B~つーだーらーみだら~~」
光「間奏の部分とかね、ロッキーに入るんですよね、ちょっとね」
剛「うん・・」
光「とかなんか、そういうね、やっぱりなんか覚えてるなってありますね」
剛「うん」
光「これはもうジャニーズあるあるだと思うんですけど、結構自分らの曲はすぐ忘れるけど、その当時のころのフリは未だに覚えてたりするっていうのはね、よくあったりしますよね」
剛「うん」
光「斗馬も覚えてんだね。まあでも斗馬も踊る機会ないやろからなあ、なかなか」
剛「そうでしょうねえ」
光「立派に役者やってますから」
剛「うん」
光「ジェットコースター・ロマンスな・・全然覚えてへん。ジェットコースター・ロマンスのフリ、覚えてへんわ」
剛「え~~・・・♪だだ~~・・・タンタン、タタ、タンですよ」
光「あぁ~~~~~っっ!!♪ボックスはーいって」
剛「うん」
光「なんか、パッセぽくやって・・・」
剛「そうそう」
光「ああ・・・はいはい、なんかそんなんあった」
「完璧には覚えてないけど、なんとなく覚えてんなあ」
光「そうね、そんな具合ですね」

剛「まなみちゃんですけどね『嵐のみなさんが自分の軍団に入れたい人、えー、二宮が、関西ジュニアの西畑くんを入れたくて、マツジュンが錦戸で、桜井が、KAT-TUNの上田くん、相葉ちゃんが松岡くん、で、大野くんが岡田と答えていました。お二人は今からイチから軍団を作るとしたら、入れたい人っていらっしゃいますか』」
光「軍団・・」
剛「とりあえず自分の軍団があって、その軍団に必ず、とりあえず絶対的に入れたい人誰ですかって話なんじゃないの」
光「ああ・・そういうことかぁ・・・まあ、誰でもいいかな」
剛「ふふ(笑)」
光「ジャニーさんかな!(笑)」
剛「うん・・・そうねえ。僕はホント興味ないなあ、この軍団みたいな響きすらもね、芸人さんとかでも、僕はちょっと無理やな、その感じ。だから僕もジャニーさんかなあ・・・あいつ、あいつかな」
光「ジャニーさん」
剛「あいつと、やっぱり・・そやな、ちょ行こけ、どっかって言うて。いや、もう、しんどいわ、僕もう・・その・・いやちょうど帰ってきたとこだから・・・いや、行こうぜ、どっか、ちょ、乗れや、とりあえず・・・・そう、乱暴に扱わないでよ!!・・・ちょお乗れや、行くで・・ぶい~~~ん・・・すいません、2名なんですど、空いてます?、あ、ちょっと今・・・・えぇっ?!ジャニーが来てんのに?!・・あ、ジャニー様ですか、今すぐ席を・・・・いいよ、その空けないでよ、僕そんなエライわけないんじゃないから、・・・ほんとすいません、なんかこんな良い部屋用意してくれて・・・ジャニーさん、何食べる?・・僕もう、最近ご飯アレだから、何もいらないよ・・じゃ、ステーキ300グラム、ジャニーさんに・・・・もうやめてよ!食べれないよ、そんなのー」
光「あの、ごめん、これどこに向かってるの(笑)ずっと、ずっとジャニーさんの・・」
剛「それぐらい(笑)いじりたおす1日めっちゃおもろいなと思って(笑)」
光「ね」
剛「ライス大盛りでいいやんな。。いや、そんな、食べれない・・・じゃライス大盛りで・・やめてよー、もうーちょっともう~~・・・みたいなんやりたいな。延々いじれるやん、ジャニーさん。やったら、1日おもろいから、やるけど(笑)軍団はちょっとアレやなあ。みんな、これもテレビで聞かれての話やろうけどな」
光「ああ、そっか、そういうことかもね」

剛「栃木県のさえきさんですけども『少し前にうんこ漢字ドリルが話題になりましたが、今度はなんとおなら漢字ドリルが出た。毎日かぎたくカッコ書きたくなるドリルだそうです』」
光「ほぉ~~」
剛「『うんこ、おならと来て今度はどんなドリルが出るのか気になって仕方ありません。2人はどんなドリルだったらやってみたいですか』」
光「もうそんなん次●ンコドリルしかないやん、もう」
剛「そこになっちゃいそうやね」
光「だってもう・・●ンコでドリルで、ある意味おもろいやんな」
剛「おもろいかは、ちょっとアレですけど・・オマエ次第やけど」
光「なんか・・なんかまさにね、毎日かぎたく、書きたくなるっていうよりもね、全然●ンコドリルの方がおもしろいですよね。ふはははは(笑)」
剛「面白いかは、それは人次第やから」
光「うん」
剛「不快を感じる人もいるからね」
光「いや、まあまあ・・・うん。いやでも・・」
剛「まだやっぱ、次おっぱいドリルとかかもしれないですね、出ても。おっぱい系の商品は、まあ出るじゃないですか、ゆるいじゃないですか、もうちょっと」
光「まあねえ、おっぱいがいっぱいやからなあ。ちょっと、なんかよくわかんないな、おっぱいドリルやと・・なんでドリル?にした?●ンコドリルの方が、ドリルに引っかかってる・・」
剛「いや(笑)そもそもおならもドリル関係ないから。そのドリルとかかってないし、おならも」
光「そうぉ?そうかしら~~」
剛「なんで急にオネエになんのか、よくわからん、●ンコでオネエになって、よおわからへん」
光「そうかしら~~」
剛「そうかしらじゃないわ、もうほんまに。じゃ、出して。自分のそのお金で。そんなに、そんなに悩むんやったら」
光「うん・・・」
剛「出版したらええやん、もう、な?●ンコドリル」
光「ともだちんこってあるぐらいやから・・ね、やっぱりそこから」
剛「子供は好きやけどね」
光「そこから、グッと・・・もう、この●チンコドリルとドリルとともだちんこ」
剛「何をさっきから言ってるんですか・・さっぱりわかんないですよ、さっきから」
光「うん・・」
剛「目の前のオネエが何を言ってるか、ちょっとよくわからなくなってきました」
光「わからん・・そっちのがいいわ」
剛「ということで、フツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
KinKi Kidsとジャニーさんの3人で軍団ごっこしてください(笑)そして●ンコドリルですが「●(チーン)」っていう音が入ってますが後半は、音がずれて丸出しになってますwww オネエが出版したら買うよw



《これってアウトかな》
剛「これってアウトかな? えーーーっとですね、岐阜県の田中さんちのぶーちゃんです『私は毛抜きフェチです。特に好きなのが指毛を抜くことです。毛抜きは使わず自分の爪を深爪になるまで切って、親指の爪と中指の爪で指毛を挟んで・・』えー、もうアウトでいいです。ちょっとややこしいです、なんかもう」
光「あの・・読むの拒否するの(笑)めんどくさがるの(笑)」
剛「めんどくさいっ、なんかもう指毛とか、親指とか、爪とか、こんな似てるようで似てへんやつ、パズルされたら、最後までちょっと完走出来なかったですね。だって自分の指毛全部抜いてんねんで、今。で、生えてこなくなってて、友だちの指毛抜いてんねん、これアウトやん」
光「うん・・そうね」
剛「うん・・」

剛「宮城県のぽてぽてぽてよさんは『美容室で髪を染める際のカラーリングの匂いフェチです』」
光「うわあ、アレかぁ~」
剛「『あの独特のニオイが好きで、最近は髪を染めに行くよりも、カラーリング剤のニオイをかぎに行くという方が正しい。そのために2週連続日曜に違う美容室に髪を染めに行ったこともあります。美容師さんに、今日はどの色にしますか?と聞かれるまで全く何も考えずにお店に行った時はさすがにヤバイと思いました。これってアウトでしょうか』もうこれアウトです。薬品ですもんね」
光「ほんまかいな、これ」
剛「僕は嫌いではないですね、別に」
光「キライ・・うん、オレもキライじゃないけど、もろなんやろ、鼻の奥にガンって来る時は、わって思う時あるけど、うん、ものとしては別にキライじゃないから。終わった後に痛みを和らげるんかなんかわからんけど、なんかシュッシュってやるやつが、めっちゃイカ臭いやつがあって」
剛「なんやねん、そのシュッシュでイカ臭く・・」
光「ほんま、めっちゃイカ臭いねん」
剛「なんやねやろ」
光「そう。あんねんあんねん、なんか」
剛「どこやろ」
光「アレはアカン」
剛「そんなん(笑)それが気になるな」
光「アレはアウトや」
剛「なんやねやろみたいな。全然ちゃうとこでアウト出したやん、今」
光「アレはアウトや、アレアウト」
剛「何違うところで・・試合ちゃうやん」
光「アウト」

剛「神奈川県むらさきさんで『私は人が苦手な食べ物を食べてるのを見るのがとても好き』もうアウトですね。見てて楽しくなってるから。人のちょっと不快感を楽しんでるから」
光「まあでも、あの、人が臭いもの臭ってる時に、くさっ!って言ってるのおもろいよね」
剛「それはもう西の人の癖というか」
光「ふふふふ(笑)それも西なんかな(笑)」
剛「いやあ、そうでしょ。クサっ!って・・すげえ言うのは、やっぱり西でしょ。変なモノを面白がる、臭いものを面白がるみたいな、面白がる方にスイッチ入れるのが西の人の文化やから」
光「それとちょっと似てる部分あるのかなと思いましたけどね、まあでも・・・」
剛「これちょっとアウトですね」
光「今日は全部アウトですね」
剛「はい(インフォメーション)ここでお知らせです。KinKi Kidsですが20周年を記念したベストアルバムThe BESTをリリースしたばかりです。今回新たにシングルのリリースも決定しております。KinKi Kids39枚目となるシングルTopaz Love、そしてDESTINYを来年1月の24日に両A面シングルとしてリリースします」
光「ん、決まったんや。1月24日」
剛「1月24日ですね。ということでございますので、さっそくオンエアさせていただきましょう、ということで、今日はこちらお聞き下さい。来年の1月24日リリース、両A面シングルTopazLove/DESTINYより、DESTINYどうぞ」

【今日のポイント その3】
シングルリリースを今知った光一さんですが、剛さんが「クサっ!」って言うてるのが好きなんですよね?w


《今日の1曲》『DESTINY』

《お別れショートポエム》

光「お別れショートポエム。千葉県のゆうこういちつよしさんからのポエムです『母があの時はバジルだったと感慨深そうに言った。話の流れからバジルではなく、バブルの間違い。お母さん、バジルは食べ物です』」
剛「いいね、面白いねえ」
光「あの・・バブルを謳歌したお母さんやってんな」
剛「うん・・意味不明やからな、あの時はバジルだった」
光「最初からポエムとして読み始めた時、何言うてんねやこの人はと思ったもんね。バブルは我々は知らんもんな」
剛「知りませんしねえ」
光「なんとなく景気良さそうやなっ、ぐらいなんとなく・・」
剛「うん・・」
光「知ってるぐらい」
剛「うん。でしたね。お母さん、バジルは食べ物です。さ、ということで、KinKi Kidsどんなもんヤ!来週もですね、2人でお送りいたします。今年最後の2人でお送りするどんなもんヤ!週の始まりの月曜日に来週もお楽しみ下さい。この時間のお相手はKinKi Kids堂本剛と」
光「堂本光一でしたー。引き続きレコメンでお楽しみください」


【今日のポイント その4】
バブルな時代を生きましたが、全然バブルは謳歌出来てなくて、まあ、バジルくらいですよ(遠い目)

| 2人どんなもんヤ | 11:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年12月4日(月)

剛「どうも、堂本剛です、まずは神奈川県のあいさんですが『剛さんに相談があります』ということで『私は今ワサビが食べられないことで悩んでいます。からいのがダメで、お寿司にのってる少しのワサビでも食べられません。もう18になりあと1年半でハタチなのでそろそろワサビを食べられるようになりたいです。どうしたらいいですか。また剛さんはいつ頃からワサビが食べられましたか』なんか気ぃついたらですね。寝てる間に・・・食べたんかなあ、ちょっと覚えてないですけどね。気ぃついたら食べれるようになってたんで・・お風呂、お風呂入ってる時やったかな、ちょっと忘れましたけどね、なん・・なんかのきっかけでね、うん、食べれるようになってましたよね、だから僕ももともと、アナゴとか、じゃないと、玉子とか、要はそのワサビが、ジョインしないお寿司、うん、とかを子供の頃は食べてましたよね。でもある日を境に・・・・寝起きすぐやったかな、ちょっと忘れましたけど、なん、なんかの時なんですよね、なんかの時に、あ、大丈夫やなあ、みたいなね、それで食べれるようになったんですよ。まあ、食べれない人は食べれないでいいと思いますよ。あの、身体がだって欲してないんでしょ?苦手やねんから。あとは、あの・・やっぱり身体の、それこそぜんそくの方とか、は、結構辛いの苦手やからイヤとか、なんかちょっと刺激のあるものが苦手みたいな、そういう人達もいますね、僕の周りのお友だちとかでも。だから、それを無理矢理ね、じゃ今日辛いモノ食べに行こうぜって誰も言わへんやんか。辛いモノあったら、食べたるわ、とか避けとかいっていうふうにしてやっていけばいいだけなんで、お寿司も、お寿司大好きな友だちと行けば、ワサビのとこだけ、ね、5,6粒シャリをとって、いいよ私食べたるわっていう、そういう友だちがいればね、別に一緒に食べる必要ないし、なんかの拍子で、食べれるようになるとは思いますよ。どうしても食べたいっていうんであれば、寿司屋の、あの・・弟子レベルじゃなくて大将ですよね、大将口説き落としてほしいくらいですね。で、店のっとって欲しいですね。ふふふ(笑)店の権利ワタシですみたいな、それぐらい乗っ取るぐらいの、ちょっと大きいストーリー生きてほしいなというふうに思います。それではKinKi Kidsどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
真ん中のちょっとまともなことを、盛大なボケでサンドしました・・ってオープニングになっております(笑)


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 えーっとですね、ラジオネームぽこんぬさんがですね『昔剛くんが好きなマンガの女の子の話で、電影少女あげていましたが来年の1月にスペシャルドラマとして実写化』あー、されるんですね?!『主演が野村周平くん、ビデオガールのあいちゃんも出てくるようですよ。剛くんが好きだと話していたことがきっかけで、私もこのマンガを全部読みましたが少女マンガとは思えない深い内容が盛り込まれているなと感じたのを覚えています。剛くんはまだ実写化されていない作品で演じてみたいマンガのキャラクターはありますか?』・・ないですね、僕、別に(笑)忙しくなるのイヤなんで。んふふふふふ(笑)うん・・(ス「おぼっちゃまくん・・」)あ、まあ、おぼっちゃまくんね、おぼっちゃまくんは、まあちょっと面白そうですけど・・まあでもやっぱり、そうですなー、忙しくなるから、正直・・・めんどくさいかなあ~、うん・・・いや、なんかあの、マンガ読んでる人で、それこそデスノートは、キンキのこと思って描いてんちゃうん、あれって言ってる人多いですね、なんか知らんけど。オレ読んでないんでわかんないですけど。うん・・・僕、読んでるノートつったら、ジャポニカくらいしか読んだことないから。うん、デスは読んだことないんで。うん・・僕がフィットするアニメの実写ってなんやねやろって考えたら、自分でもよぉわからへんな。うん・・・え?あれをやんの?みたいなやつやりたいですね、どうせやったら。誰が見んの?!・・んふふふ(笑)マンガ自体ヒットしてへんけど、誰が見んの、アレ?みたいなやつの方が面白いかもしれないですよね。ということで、僕は、あの、疲れるんで大丈夫です。

えー、そして東京都ちーさんですけどね『先日ラジオでドロンは未だに使える言葉なのかという話がありましたが、私は20代ですが結構使います。友だちとケータイでやりとりしている時、お風呂に入るのでドロンしますみたいな感じで使います。今は個人的にドスコイにはまっています』と、うん、使いどころ自由なんですね。うん、ドスコイいいですね。いつ使ってもいいってことですから。告白されたあとでもいいですね、ドスコイ・・え?どっち?どういうこと?・・・ドスコイ、みたいなね。いいってことよね?・・ドスコイ・・ねえ、どっちなの?・・ドスコイ・・・・これはもう、ま、それで、上手く行くカップルもいるでしょうね。うん・・ドロンはでもほんと使わへんなあ。まあ、ちょっと世代的に上のイメージがあるんで、上の人には使うけどね。使ってあげたら喜ぶみたいやから。あ、じゃ、すいません、お先にドロンしますっていうと。うん・・・彼はでも、きさくで話やすいなあ・・ふふふふ(笑)いや、みたいなもんでしょ、世の中でもこういうちょっとしたテクを使って生きてるやつとか見るとイライラしますねえ。本心のない、プチ接待みたいな。ドア閉めたとたんに、アホやな、あのオッサン・・みたいな感じとか。うん・・ドスコイはでも、だいたいの大人に、あの子はちょっとユニークすぎて絡みづらいな、って(笑)なる可能性はちょっと高いですね。

そして最後すももさんですけども『健くんが、自身のラジオで剛くんの呼び方について語っていたと。剛くんは同い年やから剛って呼んでもいいけど、一番最初に剛くんって呼んでしまったから今もくん付けが続いている。もう今さら剛と呼ぶのは気持ち悪くて出来ないと言っていました。同い年だけどお兄ちゃんみたいな感覚が強いとも言っていました。剛くんは今健くんに剛と呼ばれたらどう思いますか』いやなんか・・恋したんかなって思うくらい急やよね。あれ?急に呼び捨てされてるやん・・っていう。ちゅくちゅーん♪みたいになっちゃうかもね。いやあの、健はねえ、そうやねんなあ、寮に来たときはよく剛(ゴウ)とつるんでたから、で、ゴウもあんな感じやし、で、まあ僕は僕で、なんかちょっとあんまり・・なんていうのかな、ああいうゴウみたいなタイプ?ちょっとワルい感じの・・そこに対して話すことが、ゴウに関してはほんとなくて。たまにチラチラしゃべるぐらいやけど、あいつシャイやから。どシャイやから、ぽろぽろ・・ぽろぽろ・・って返す感じ。で、ゴウも、オレ上やけど、ゴウくんって呼んだことないもんね。ゴウ・・うん。んで、健は、健なのよ、なんか。なんか知らんけど。で、なんとかなんとかやんなあ、って上やけど、ゴウには言ってるよね。でも長瀬くんは、長瀬くんやから、最初から。長瀬くんやねん、僕の中では。長瀬くん、長ちゃんって感じ。岡田は下やしっていうのもあるけど、岡田は岡田やねんけど、だからその、カミセンに関しては呼び捨てですよね、全部ね。で、ゴウに、オレの名前呼ばれたことないんちゃうかぐらい。ゴウは。オレはなんか、ゴウって呼んでたような気がするけど・・・・呼ん・・・でないかもな、あいつは。なんか。あのさ・・とか、ほんと年に1回くらい・・・・わ、しゃべった!みたいな。ノリやな、オレの中では、ん?ってしゃべったりとかしてたかなあ、ぐらいですよね。

これねえ、ジャニーズの中でも不思議でね、色々。なんか、くん、さん・・・うん、だって、なんやろ、へん・・なんなんでしょうね、意識の中で例えば中居君、木村君・・って、バックでつかせてもらってた時っていうのは、なんかそういう呼び方っていうか、なんか、お兄ちゃん、で、中居君、木村君みたいな。今なんかこう、中居さん、木村さんになっちゃうな。っていう、なんかどっかで変わったんですよね。まあ、たぶん、それは僕が歳をとったからってことなんでしょうけど。うん・・ま、もちろん尊敬の意味を込めてっていうのもあるし。特別な、やっぱ存在なんでね、やっぱりそうなっちゃうんでしょうね、どこか。うん・・でもやっぱりなんかこう、お兄さん方に教えてもらってた頃の、なんか先輩後輩みたいな関係って、すごい気持ちいいなあって僕は未だに思いますけどね。だからまあ、ちょっと健は急に剛って呼ばれると、ちょっとリズム狂うから、あの・・くんでお願いしますって感じですね。はい、ということで、なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
中居君と木村君の名前しか、もう出せないのかなあと切なくなりつつ、健に呼び捨てされたら「恋したんかな」って発想がすごいな。突然始まっちゃうのか(笑)っていうか、健くんって言われて、中島健人くんが思い浮かんじったよ(爆)


《愛ゆえに》
剛「続きまして 愛ゆえに 広島県ひかるさん14歳の方ですね『私は小学校5年で生まれて初めて好きな人が出来、中1の夏に告白しましたがフラれました。その後その人とは友だちのように接していますが中2になり、私がちょっと学校に行けなくなりました。理由は軽い嫌がらせのようなことで、夏休み明けから行こうと思っていたんですが、その男の子からその件についてメールが。オマエ学校来れとらんみたいやけど、大丈夫なん?無理するなよ。元気なのが似合ってるわと送られてきて、キュンときてしまいました。その子のことを考えると胸が苦しくなります。しかしその子にはもう彼女がいてそんな気はないにしても、こんな文送ってくると思いますが男の子はどんな思いでこんな文を送ったのか、私はどう思われているのか、私はどうすればいいのかわからず、是非男性の方に答えをいただきたくメールしました。よろしくお願いします』と。これ、かん・・たんで、二通りかなっていうぐらいですよね。1つは、ほんまにただ心配してるだけ。え~・・愛情はない。人として。もう一つは、ただ単純に女性として、ちょっとやっぱ気になってるみたいな、感覚がどこかある。でもその彼の中に答えは出てないと思うけどね。出てたら、もっと強引な文章になると思うんですけど。まあ・・お見舞い行こか、とか。急にちょっと強引な、接触の方向にいくと思いますけど。うん・・この2つかなあっていう感じしますよね。ひかるちゃんの、その人間性にただただ、惚れている。女性というわけじゃなくて、ただ単に人として良い子やなと思ってたりするフシがあるんであれば、うん・・告白されたという過去もありつつ、大丈夫なんかなあとちょっと思って、1人で引きこもって悩んでるんかもしれへんしって、思って、こういう文章ちょろっと送るみたいな、ことなのかもしれないけど、でも考えると胸が苦しくなるってね、うん、でも彼女がいるということは、そこはまっすぐシンプルに受け止めて、ちょっと胸が痛いからこそ、距離をおく、距離をとることで自分にとってその人が本当に胸が痛めるほどの人なのか、いや意外とそうじゃなかった、なのかっていうのも、自分もやっぱり距離をつめるとわかんなくなっちゃうから、距離を離した方がいいかな。それでなんか、うん、彼は彼で、ひかるちゃんに対して、どういう気持ちなのかっていうのは文面でだんだんわかると思うけど。ほんとにただただシンプルに心配してくれてるだけなんやなと思ったら、そういう文面になるでしょうしね。うん・・まあ、自分を見失うのは、苦しいから・・っていう感じかな。まだまだ14歳ですから、いろんな経験されたらいいと思うし。この悩みもいつか自分のためになりますからね。いっぱいいっぱい悩んでほしいなというふうに思っております(インフォメーション)さ、KinKi Kidsですが、明後日12月6日にコンプリートベストアルバムTHE BESTをリリースいたします。硝子の少年からThe Red Lightまで45曲収録されております。通常盤にはボーナストラックとして2曲を新曲として収録しております。その中からシンガーソングライターの宮沢和史さん、ご提供頂きましたNext to you こちらを聞きながら、まだお別れしません、聞いてください」

【今日のポイント その3】
曲を聴きながらお別れするのはbayfmの方ですからね(笑)ついお別れしそうになりましたね(爆)


《今日の1曲》『Next to you』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエム。北海道のよこちゃんです『隣の部屋で昼寝をしていた姉が、なんで助けてくれないんだよとキレながら私の部屋に入ってきた。どうやら金縛りになり、私に助けを求めてきたみたいだ。ホント使えないと言葉を残し部屋を出て行った。いやいや、知らんがな』というね。ま、この金縛りの時に、つ・・たわらないからね、あの、周りに・・叫んでるようで、聞こえてないみたいなのあるけど、変な現象。相当怖かったんでしょうね。うん・・・寝てる方はもっと怖いけど。急にばたーんってね、なんで助けてくれないんだよ!・・ほんと使えない、バン!・・・いやいや、知らんがなって。なんやねんってなるよね。この兄弟の金縛りのやつ、オレもあったような気するな。僕金縛りになった時も、助けてくれへんかったもんなあ、誰も。お姉ちゃんが金縛りになった時も、僕下のベッドで、二段ベッドで寝てた時期あって、上でお姉ちゃん寝ててんけど、全然助けてくれへんって言われた。急に、めっっっちゃ寒くなってきて、雪がぶわーって布団に降ってくるくらい寒くなってんて。なんで助けてくれへんのみたいな。そういえば言われたな。いや、寝てたしって話やねんな、こっちは。上で何があったか知りませんけど、みたいな。うん・・という感じの話も思い出しましたがね、ということでございまして、えー、もうますます寒くなってきますので、みなさん、ね、どうぞお身体お気をつけください。お相手はKinKi Kids堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみください」

【今日のポイント その4】
お姉ちゃんが話に出てきたとたん、一人称が「オレ」から「僕」になる剛さんたら(〃∇〃)

| 剛どんなもんヤ | 11:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |