FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2019年11月4日(月)

剛「どうも、堂本剛です。まずは青森県のさきさんですが『日本語ラップの元祖と言われる吉幾三さん、9月に津軽弁満載のTSUGARUという曲を配信』これ知ってますよ、ただまだ、拝聴しておりませんが『ミュージックビデオが200万回以上』すごいですね『癖になりそうなメロディーとネイティブな津軽弁、そして吉さんのファンキーなカッコ、ロケは吉さんの家の前、広い田んぼのあぜ道なので吉さんの地元愛に感動してしまいました。是非一度ご覧になってみてください』でんわこかげるね、もどればな、う”ぁっう”ぁっう”ぁっ・・・・めちゃめちゃいいやん。え~、なんか一緒に仕事したーい、TSUGARUバージョン2とか出さはらへんかなあ。TSUGARUファンク、♪んふふふ~~・・めちゃめちゃええやん・・めちゃめちゃいいなあ・・かといってオレが奈良ファンクっていってこんなん出してもなあ。奈良弁のインパクトが、じゃ強いかっていうとそういうわけじゃないからね。やっぱこういう意味でローカル弁っていうのかな、強いねえ。好きやわあ。いいわぁ。うん・・いやあ、ちょっといつかご一緒出来へんかなあ、もし吉さんがファンクでもいいよって言うんやったらTSUGARUファンク絶対出した方がいいですね。めちゃめちゃカッコいい、やっぱあの・・うん、ローカル弁のこの理解不能?その土地以外の人だったら理解不能だみたいな言葉って強いね。で、あのこういうワンコード的なものとかに、乗せやすかったり、コードチェンジ少ないものにも乗せやすいし、一瞬これ外国の人が聞いても、え?何語?みたいな感じで、面白く聞こえてますよね。いいなぁ~~。濁点も多いし、なんかその、キャッチーやな。子供も好きなんじゃない、こういうの。またオケがねえ、いい感じのゆるさですね、うん。ただ私に頼んでいただければ、もっとファンキーに、もっとカッコよくやりますけど。すごいな、作詞作曲、いや、メロディーめちゃめちゃいいですよ。いやちょっとこれは、一回・・もし吉さんがこのラジオ聞いてくださってたら、で、ご興味あったらね、是非お願いします。いや、ご一緒したいわ、絶対いいもんなあ。いやあのね、演歌・・僕好きではあるんですよ、で、ファンク感じるんですよね、演歌って。同じフレーズ繰り返したりもするし、何ていうのかな1曲の短さっていうのかな、なんかそういうのも色々踏まえてですけど、日本のファンクって感じしますよね。だから吉さんほんと普通にファンクやっても、お歌もめちゃめちゃお上手な方なんで、めちゃめちゃいいのになあとか、こういうの聞くと吉さんのファンク聞いてみたくなるなあ。うん・・ちょっと是非いつか、ご一緒出来る時がありましたら、よろしくお願い申し上げます。それではどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
津軽弁ならば、高橋優くんをプロデュースするのもいいんじゃ?演歌じゃないけどさ、うん。吉さんは完成されてる(笑)


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さ、奈良県のゆかさん『先日千鳥ノブさんの電子ドラム、メール採用いただきありがとうございます。まさか放送中にノブさんのドラムが剛くんの自宅行になるという、びっくりです。同時に私もとても嬉しかったです。その後電子ドラム剛くんのもとにたどり着いたんでしょうか』まだね、たどり着いてないんですけど、やりとりはちゃんとしてますんで。うん、届きます。ノブドラムが。このノブドラムで、吉さんのTSUGARUファンクやりましょか、もうなんか、アイデアしか浮かんでこないもんね。TSUGARUファンクに関しては。湧き出てくんねんけど、ほんまに。でも僕がもし、吉さんだったりそちらの方のご出身ですってなったら、完全に使ってますからね。聞いてわからないよっていう日本語だと、キャッチーさはないのかもしれないけど、その方が今グローバルに感じるよね。だから、もちろんありきたりな使い古されたみんなが誰もが知ってるフレーズをちょっと変えてうまくキャッチーにして、ヒット出そうっていうふうな試みももちろん絶対的正解ではあると思うんですけど、ヒットを出そうというところではね、うん。何を普段お聞きになって、このアレンジされてるのか、僕はめちゃめちゃ今、盛り上がってるんですよ、今一人で。いちミュージシャン、いちプロデューサーとして、いちアーティストとして、すごい盛り上がっちゃってるんですよ。また、このね、服がいいですねえ。田んぼのシーンのこの服いいですね。うん・・これをチョイスしてはるところとかが、すごくいい。センスがいい。このお方はもっと世の中にフューチャーされるべきだと僕は思いますねえ。吉さん。うん・・吉幾三ですよ。名前もめちゃめちゃ本来ファンキーなんですよ、吉幾三っていう。すごいですね。なので、そのノブドラムでやります。

神奈川県なつみさん『剛さんが靴がきれいな人は部屋もキレイだと思う。私は靴は汚れたらキレイにしておくが、部屋は汚れていても気にならないタイプです。ちらかってきて限界と思ったら掃除をするので、つい差が激しくなります。典型的な外見は気にするけど、人に見られない部分は手間をかけないというタイプです。剛さん、こんな予想がはずれる女性どう思いますか』いや、でもこれ例えば、じゃうち行くねーになった時は片付けるわけじゃない。それはそれでいいんじゃないかなと思うけど、結果論自分しかその部屋に基本いないのであれば、自分が過ごしたいように過ごせばいいじゃないですか。うん、とは思いますよ。ただ、その衛生面とかさ、この出したもの、ちょっとの距離やん、ここ置いたら片付くやんみたいなやつがずっと出てるとか、そういうのは、なんかちょっとアレやなとは思いますけれども。うん・・・・ま、全然いいんじゃないと思いますよ。

そして長野県のうみさんが『奈良の鹿せんべいが増税にあたって値上げをされた。修学旅行生が買うものだからと値段を据え置きにしていたが、この度値上げに踏み切ったという。ご理解いただくシカない』の、シカがカタカナですね『ご理解いただくシカないとのこと。剛さん、鹿せんべいを最近買ったのいつですか』いつやろ?4年前ぐらいじゃないですか(笑)うん・・鹿せんべい買って鹿になにかあげるっていうの、あまりそこまで奈良の人はしてないというか。修学旅行生の人がやっぱりやったりするようなことかなと思うけど。もちろんね、あの、余計なもの与えるくらいだったら、鹿せんべい買いますよ。うん、それこそ、お弁当とか、なんかあげても、化学調味料とかいろんなの入ってるじゃないですか、だからよくないなと思うから、普通に鹿せんべい買って、っていうふうにはしますけどね。そうですかー、ご理解いただくしかないということで、鹿せんべい値上げ。・・・・・なんなん、増税って。ずいぶん税金も払ってんねんけどな。何に使うん?もうちょっと、なんか、気持ちよく払えたらいいよなあ、払うにしても、税金も。なんなんやろな・・・なんかね、年末の急な工事とか見ると、なんか・・うん~~と思ったり、なんかみんなやっぱりするよね、不思議なもんで。まあということでございますけれども、みなさんいろいろあると思いますが、TSUGARU、是非聞いてください。何でも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
いやだから、吉幾三は、すでにフィーチャーされてるから(笑)東京さいぐだで一世風靡してるから。そして、なんてタイムリーに税金の話しちゃうんだ(爆)



《愛ゆえに》
剛「愛ゆえに さあ。愛に関する悩みですが、福岡県さやぴさん27歳『私には高校生のころから付き合って8年付き合った彼がいました。大学、そして社会人と青春も困難も一緒に乗り越えてきて、彼の東京への転勤が決まったのをきっかけに、式場見学の予約をしました。ですが彼が上京して1ヶ月もしないうち、突然他に好きな人が出来た、別れようという電話。何度折り返しても着信拒否、8年一緒にいたのにお別れが一瞬で残酷でした。幸い周りの人に励ましてもらって元気を保っておりますが、別れて2年経った今でも思い出さない日は1日もないほどです。いつか忘れられる日は来るのでしょうか』これは難しい問題ですが、人の心変わりというものは、ん~・・・どうもできないです、はい。だから、好き、その人のことを好きだと思うなら、その人の気持ちを尊重してあげるというのも、愛じゃないかなと僕は思ったりはします。うん、やっぱり自分がそう思ってたけど、相手の気持ちが変わっちゃった時ほど、苦しいものはないけども、うん・・しゃあないよね。その場合もちろん僕も同じような状況になると思うんですよ、そうね、だから恋愛という上では、叶えたいように叶えてこれなかった人生ですから、好きな人と一緒に手をつないで、外を歩くなんてこと、人生で一回もしてないですからね。うん、もし僕がそんな日が来た時には、たぶん手をつないで歩きながら泣いてしまうんだろうなあと思うぐらい、僕の中では、そういうことが大きいことなんでしょうね、っていう、だからそういう人生歩いてきてるので、自分がそうしたくてもそうできなかったり、その人の気持ちを引き止めたくても出来なかったり、うん、色んなことがやっぱりあるなあと思うと、でもいつもやっぱり、その人がそうだと思うんだったら、そうさせてあげたいなという気持ちの方が強くなるかな。なるべくその気持ちにこたえてあげようと努力はしますね。うん・・で、それでその人が幸せなんだったらいいし、とか思うかなあ。でも例えばさ、すごい好き、どうしても好き、付き合ってほしいと言われて、うーん・・って、僕も、いやでもまだあなたのことよくわからないしなあと思いながらも、うーん、まあ、じゃあ、はいって付き合ってあげることも出来るじゃないですか。で、付き合っていくうちに、その人のこと好きに、さらになっていくかもなって。人間的に好きはクリアしていても、異性として好きかどうかっていう確認が出来ていないけども、すごいプッシュによって付き合うみたいな。それで好きになれればいいけど、やっぱりそうじゃないのよと思ったら、ゴメン、そうじゃないわ、やっぱりって・・言うしかないっていうか。うん、言っても・・言われたとしても、それを受け入れるんやったら、そういう気持ちのうちにつきあってもらうことも出来たりするけど、うん、気持ちってほんまわからへんから、もしかしたら急に、あの・・さやぴさんの方に気持ちが行くときだって来る可能性もあるじゃない、でも上京して一ヶ月でこういう状況だとすると、ちょっとその可能性は低いけども、でもこのさやぴさんが、ずっと好きだなと思ってることは、何も罪ではないと思いますよ。ただその好きだと思ってる感情が相手に対して負担になったり、迷惑かけちゃうなっていう状況までもってっちゃうのはよくないかなと思うけど、そうじゃないのであれば、ずっと好きなままでもいいような気がする。酷だねえ、でもねえ。うん・・福岡美人、さやぴさん、福岡でまたいい人が見つかるかもしれないし、これはわかんないよ。自分の人生一度きりだからね、自分の気持ちも大切に育てていってください(インフォメーション)」

(ジングル)

剛「さ、歌でございますけども、その前にお知らせでございます。KinKi Kidsコンサート決定しております。12月の14、15が東京ドーム、そして大晦日の12月31日と2020年1月1日、こちら京セラドーム大阪となっております。それでは歌でございます。KinKi Kidsのですね、1年ぶりのシングルリリース決定いたしましたので、12月4日リリースいたします、41枚目になるんですね、41枚目のシングル、それではこちら聞いていただきましょう、光の気配、どうぞ」

【今日のポイント その3】
えーと、「忘れられる日は来るのでしょうか」という質問には答えてない気がするんですけど・・忘れられる日はきます。忘れたらアカンことまで、忘れる日が来ます・・・


《今日の1曲》『光の気配』

《お別れショートポエム》

剛「お別れショートポエム。今週茨城県のりょんりょんさんです『同僚のベテランが聞いてきた。今昭和何年だ?タイムスリップしてきたのかもしれない』すごいね・・どういう脳だったんでしょうね。今昭和何年だ?・・昭和でいいますと~ってなっちゃうよね。なかなか大変な計算になるよね。なんか令和っていう実感もちょっとないけど(笑)あの時はすごい騒いでたな、みんな。令和令和言うて。なんでも令和書いてたやん。まあそれぐらい時代が変わるということはすごく大きなことだからね、でも今となっては、もう令和がある種馴染んでしまってるということなんでしょうね。やっぱ最初ってね、ちょっと違和感というか、不思議な感覚ありますけどね。さ、ということでございましてね、みなさん是非、TSUGARU聞いてください。お相手はKinKi Kids堂本剛でした。それでは引き続き文化放送レコメンでお楽しみください」



【今日のポイント その4】
KinKi Kidsの新曲を推さずに、TSUGARUを推してますけども(笑)
ちなみに、TSUGARUはこちらです。普通にカッコいいですw

https://www.youtube.com/watch?v=UVAWjRnMQfM

| 剛どんなもんヤ | 10:24 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |