FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2013年12月10日(火)

光「はい、KinKi Kidsです」
剛「です」
光「大阪府のゆうこはんさんからです。ゆうこはんよぉ来るね」
剛「よぉ来んなあ。そしてよぉ選ばれるなあ」
光「『間寛平さんは毎朝8時半に必ずわらびもちを食べるそうですよ。以上、間寛平さん情報でした』」
剛「誰が知りたかった、この情報を。寛平ちゃんが8時にワラビ餅食べてかいーのしてるって」
光「アレかな?走るとかかな」
剛「あんのんかね」
光「お餅って、持久力にいいっていうんで」
剛「へえ」
光「お餅を食べるランナーの方は」
剛「だから高橋英樹さん○○やってんねや、だからか」
光「それは違うよ、桃から生まれた桃太郎だよ」
剛「やっぱこう・・なんかやらなアカンから」
光「・・・ふふ(笑)」
剛「しかしあの設定謎やで、今思うけど(笑)どこの、なんのクイズ番組かもわからへんし(笑)」
光「オレの、今の会話も成り立ってなかったから。桃から生まれた桃太郎からやろ・・って、だからなんで餅なん?って(笑)自分で言うててわからへんわ」
剛「んふふふ(笑)そんな時もありますわね」
光「ね、はい、どんなもんヤはじめます」

剛「はじめます」

【今日のポイント その1】
会話がものすごい楽屋トークで(楽屋だけど)聞き取りづらいこと甚だしい(^^ゞオンエアしてる意識ないでしょ、君ら・・・


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さあ番組の前半は普通のお便り紹介します。びっくりした、これ、名前がタイちゃんなのね、タイからと思った。千葉県のタイちゃん『我が家では小さい頃からシチューの時にご飯が一緒に出てきました。たまにパンの時もありますがほとんどがご飯です。周りにはそれはありえへんと言う方もいるんですがお二人はご飯でもシチューを食べれますか?』」
光「おお・・」
剛「オレはちょっと無理かなあ」
光「うちの家、出てた気する。ただ、オレがホワイトシチュー嫌いで」
剛「うん」
光「うちの父親も白いものが嫌いで」
剛「白いものが嫌い?」
光「ま、ご飯別にして」
剛「その子?その子?・・その子とかホワイトタイガーとかですかね。木下大サーカスに行けないですね」
光「白い・・白い食いもんや!」
剛「白い食いもん・・・ホワイトなんとかやったら、じゃ、ホワイトチョコレート・・」
光「クリーム系やな・・ホワイトチョコレート・・(笑)」
剛「なんやねん(笑)オレ今見つけた、大発見したやんけ、歴史上の」
光「クリーム系やねんな、カルボナーラとかもあんまり・・」
剛「はいはいはい。ソフトクリーム」
光「あ、まあまあ好きよ」
剛「難しいな(笑)」
光「ホワイトクリーム系やな」
剛「オマエな、説明書作ってくれ、そろそろ。難しいわ(笑)それはOKが難しいわ、ラインが・・ねえ、これはちょっとアレかな。そしてね、愛媛のね、&%#◎*▲@~~!『突然ですけども、うちの家ではウンコっていうより、ゴリラっていった方が家族みんなで盛り上がります。KinKi Kidsのお二人はゴリラのこと好きですか?是非ウンコと言いたくなる時に代わりにゴリラと言ってみてください』」
光「ちょっとゴリラ行ってくるわ」
剛「ああ、盛り上がりますね、確かに」
光「強そうやな」
剛「強そうですね」
光「ゴリラ出そうやな」
剛「便器あふれそうですね」
光「・・ゴリラ踏んでもうた!」
剛「あ~、なるほど。盛り上がりますね。ということは、ゴリラーマンはウンコマンってことですね」
光「ほんまやな」
剛「ねえ・・」
光「ウンコ投げてくるゴリラもおるけどな」
剛「いるよね、ゴリラがゴリラ投げたっていう、ともなげ」
光「ゴリラかわいそうやん~」
剛「確かに、あの(笑)ゴリラなんも悪くないですし」
光「ゴリラは知的やねんで」
剛「そうそうそう。非常に愛嬌があるんですけど」
光「そうですよ」
剛「人間が悪さすると凶暴になるというね、ゴリラってそういうイメージが。あの、キングコングのせいでしょうね、映画の。まあ、ちょっと悪者っぽいイメージがついちゃったっていう」
光「うほうほ・・うほうほ・・うほ。以上何でも来いやのフツオタ美人でした」
剛「でした」


【今日のポイント その2】
堂本光一の説明書ね、剛さんの説明書とセットで販売してください( ´艸`)


《報告します》
光「続いて 報告します。みなさんからの報告を受けていまーす。岐阜県のアンディさん、20歳の方『高校のクラス会に行ったら女の子たちがKis-My-Ft2やHey!Say!JUMPの話で大盛り上がりでした。みんな若いなあと思った』若い子はそうなんじゃないですか」
剛「クラス会・・まあ、正しくはきすまいふっとう~~ですけどね」
光「あ、そうなんですか」
剛「ちょっと発音がよくなかったです。へいせいじゃんっぷですけどね、正しい発音は(笑)」
光「若干・・玉置さん入ってる」
剛「へいせいじゃん~~っぷ、~~っぷ」
光「玉置さんになるっていう」
剛「正しくはね(笑)きすまいふっとぅ~~」
光「なるほどね、みんな若い」
剛「まあ、でも二十歳ぐらいだったらそらそうでしょう」
光「そうじゃないですか。続いて山梨県のななさん、18歳の方『今日学校が終わったあと渋谷に行ったら髪の毛がライオンみたいな男の人にナンパされました。髪の毛がライオンすぎて無視しているのに、笑いをこらえるのがとても大変でした』」
剛「なるほど。これライオンキングのオファーでしょうね、うん・・」
光「♪エンヤァ~~~っ」
剛「えん~~~~っ・・えん~~~っ」
光「あれ・・なんでそこ・・なんで玉置さんに(笑)違うよねえ。違う・・ちょっと違うでしょ、そこは」
剛「え?・・いや別に玉置さんやってないですもん」
光「あ、そうなん?」
剛「今ライオンキング・・らいおん~~っきん~~~っぐ やってましたから」
光「とりあえず、んって出てきたら、とりあえず言うっていう・・ナンパやて、ナンパ」
剛「なん~~っぱ・・ねえ、大変ですねえ」
光「ラジオネームあやさん『最近寒くなってきたので制服のスカートを少し長くしました。しかし風邪を引きました。つらいです』いや、女の人はスカートはね。冬でも結構さ、足出してる人いるやん」
剛「いますね」
光「ながーいブーツ・・絶対領域っていうんですか?出してる・・絶対寒いよな、あんなん」
剛「まあ、よぉやりますね、あんなん」
光「うん・・おしゃれしたいんかなあ?」
剛「僕が女やったら普通にパンツはいてますね、そんなん。スカートはかないでしょうね、すね毛出ちゃうんでね」
光「いや、そこはだから、女やったらって話をしてるんやったら、そこは処理しましょうよ」
剛「いや、僕ちょっと濃いんで、やっぱりすごい出ちゃうかなっていう」
光「そのままの体で女やったら・・発想が違うやん(笑)」
剛「ちょっとねえ」
光「そら、パンツはいてほしいな」
剛「いいかなって、なっちゃうんでね」
光「(インフォメーション)歌、えー、KinKi Kidsで、スピード、どうぞ」

【今日のポイント その3】
玉置さんが出てきすぎて、話の内容が全然入ってきません(爆)

《今日の1曲》『スピード』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエム。今日はですね、愛知県のりいさんからのポエムです『昨夜3歳と6歳の娘とお風呂に入りながら、ウンコとちんちん、おっぱいの話で盛り上がった。とてもとても盛り上がった。キンキのお二人と3歳、6歳の脳内レベルは全く同じなんだと実感した。ウンコ、ちんちん、おっぱいに感謝して今夜もお風呂に入ります』女子が言ってるんですよね、お母さんと」
光「ちゃうねん、だから・・なんやろな、キンキのお二人と脳内レベルが全く同じだって言ってるけど、こういうね、こういうメールだのを、ね?送ってくるからその話をしてるわけでしょ?」
剛「まあ、そうですね。さっきのウンコをゴリラと言い換えたらとか」
光「そうそうそう」
剛「あるからしゃべってるだけであって」
光「そう。抗議したい」
剛「お、出るとこ出るぞと」
光「うん。黙ってないぞと」
剛「なるほどね。あまりにもオレらにウンコ、ちんちん言わせすぎちゃうかと」
光「そうだよ」
剛「この人に関しては、おっぱいまで言わせてるからね」
光「ほんまやで」
剛「もうちょっと言葉選んでね、パイオツにするとか。パイオニアにするとか、もうちょっと・・」
光「さっきもウンコをゴリラって言ってたところやったやん」
剛「ほんとに失礼しちゃうわ」
光「ほんと・・・」
剛「うん・・こういう時にちっちゃいわがいいんでしょうね。あなたね~・・&%#◎*▲@」
光「はい、お相手は堂本光一でした」
剛「なんなのアナタほんとに~」


【今日のポイント その4】
最終的にはデヴィ夫人が出てきたよ・・剛さん、どうしたんですか。小喜利やりすぎて、芸人枠に食い込んでますか?w

| 2人どんなもんヤ | 09:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT