FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2014年10月20日(月)

光「はぁ~い、堂本光一です」
剛「はい、堂本剛です」
光「うぃ~~!うい~~!うい~~!」
剛「まずはですね、東京都のひろちゃん・・」
光「おい~~、うぃ~~!」←ずっと言うてますw
剛「・・・・メールです(笑)えー、ちょっと残念ながらKinKi Kidsの、ブンブブーンの収録が先ほどありまして、まあ、オンエア見て頂くとわかるんですけど、なぜこの状態なのか、という」
光「うぃ~~・・ういぃ~~」←ずっと言うてます
剛「これはちょっとほんとに、全部言うと面白くないので、オンエアを見て頂いて、あ、なるほどなと。ええ、詳しくは第2回目の放送を見て頂くとありがたいです」
光「ふふ(笑)ただの酔っぱらいや」
剛「さ、それではそんな酔っぱらいと、今日も楽しく愉快にトークしていきますけど」
光「うぃ~~」
剛「ひろちゃん『お二人は全く気づいてないと思われますが、どんなもんヤ!がこの10月で20周年を迎えた(笑)ようです』」
光「わ、すっげーな」
剛「『おめでとうございます。今年はどんなもんヤ!が20歳の大事な年なので、何かスペシャルなことはやらないんですか?個人的には24時間どんなもんヤ!とかやっていただきたいです。ご検討のほどよろしくお願いします』スタッフ補足によりますと、1994年10月10日に番組スタートなので無事20周年を迎えてますよと。10日前に」
光「へぇ~~~」
剛「すごいね。長寿番組やん」
光「ありがたい・・ありがたいですね」
剛「どうする?やる?24時間」
光「・・・・・・・・・ぷわっ・・もう眠いわ」
剛「聞いた?聞いた?ひどくない?ラジオまだ始まっても、間もない・・ぷわ~って言うたで、うん・・オレ初めてのバージョンやな、ぷわーって」
光「しゃーないやないか、オマエ。空きっ腹に紹興酒ほとんど1人で1本開けてんぞ、オマエ。じゃあ、帰っていいっすかね」
剛「でも今帰るとしたら、オマエ髪の毛切られながら帰ることになって」
光「ほんまやなあ」
剛「今オマエ髪の毛切られてるからね」
光「とりあえずまだオープニングやから」

剛「そう、オープニングやから、進もう。ということでどんなもんヤ!検討していきましょう。はじめまーす」

【今日のポイント その1】
ブンブブーンの2回目をいったいいつ見れるかわかんないんでね、教えていただけて良かったですよ。酔っぱらってるんですね、リアルに(笑)


《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタびじんっ
剛「フツオタびんってつった」
光「神奈川県むらさきしくぶ」
剛「しくぶって言ってる」
光「15歳の方から」
剛「んふ(笑)酔うたジジイやないか、オマエ(笑)」
光「『TOKIOの番組、ザ・鉄腕DASHで無人島を開拓するきーかくを見ていたのですが・・(笑)』しゃべれてへんわ(笑)」
剛「オマエ、なんやねん(笑)」
光「オレ、完全にしゃべれてへんわ(笑)」
剛「しゃべれ、オマエ(笑)」
光「ちょっと、アカンわ~~(笑)」
剛「オマエ、仕事をしろよ(笑)」
光「ちょっと待てぇ」
剛「じゃあ、オレが・・これは、オレが読む、な?」
光「ちょっと・・」
剛「だからオマエ一回整えてくれ」
光「うん」
剛「神奈川県のむらさきしきぶさんね、15歳の子」
光「しゃべれてへんわ・・・」
剛「これねえ、僕も知人から聞いてびっくりしてたんですけど『TOKIOの番組のザ・鉄腕DASHで無人島を開拓するという企画を見ていたらその島の海岸でなんと、おでこに漢字で堂本と書かれたマネキンが発見されていたと。これは光一君のですか?剛くんのですか?』というので」
光「なんやろ、これ」
剛「あの、美容師さんの髪の毛切るマネキンあるやん」
光「あぁ~~」
剛「アレが無人島に流れ着いてて、そこに堂本って漢字でおでこに書いてんねんて。で、いつも山口くんとか松岡くんがなんかこう、つっかえしなアカン時とか、に、その堂本はちょっと頼むわって、支えになってたり(笑)なんかする感じで本来の使い方とは全く違う(笑)堂本は結構地味に助けながら無人島開拓してるっていう」
光「DASHの中で?」
剛「中で」
光「いや、そうなん?たまに出てんの?」
剛「出てんねんて、そのマネキンの頭の。ゴムのヤツあるやん、美容師さんがカット練習する。アレのおでこに堂本って書いてんねんて」
光「なんやろな」
剛「すごく謎なわけよ。なんなんかっていう。でもかなりの頻度で出てるらしい、堂本は」
光「へぇ~~~」
剛「じゃ、次光一君お願いします」
光「はい、大阪府ゆきぴめさん『3年ぶりにスマホを新しくしました。おふたりは何か新しいモノを買ったとき、とりあつかいせつめいしょって読みますか、私は全く読まずに使っちゃうので、きのう~を全部はあくできないままのことがおおいです』」
剛「んふふ(笑)」
光「『イメージは光ちゃんきっちりみて、剛くんちょっかんでさわりそうなイメージです。実際どうですか』読めてた?」
剛「読めてる(笑)ふはははは(笑)読めてた?って聞くんや(笑)」
光「よめてた?(笑)」
剛「読めてた読めてた、うん・・・これは僕は昔からそうです。ファミコンからも、何もかも」
光「あい」
剛「読まないタイプです」
光「あー、オレも読まないのよ」
剛「あ、そう?オマエ読んでそうやけどね」
光「意外と」
剛「だからファミコンでも裏技とか全く知らん・・あ、こうやったら早く走れるんや、とか、そういうふうなんしょっちゅうですわ」
光「んー、ちょっとね、慣れた頃にちょっと読むとか・・」
剛「はいはいはい・・慣れた頃に読むね」
光「そうそうそう。逆にね、そしたら新たな発見がそこにあったりするんですよ」
剛「確かに慣れた頃に読むは、結構急ピッチに、ぱっと進むよね」
光「そう」
剛「練習ごともそうやん、最初からがっちり読んでやってたら進まへんけど、何となく触って、ちょっとつまった時にもういっかい教科書読んでみよかみたいな感じで読むと、そういうことか!って」
光「何事もそうやね」
剛「うん」
光「何事も、習い事も、何事もそう」
剛「声でかい(笑)カットインがでかいよね、今日」
光「うん、何事もそう、改めてもっかい1に戻るのだいじ!」
剛「光一さん・・髪の毛切りにくそうですよ」
光「ぇえ?そんな動いてる?オレ?」
剛「何事も、の時すごい動いてたよ(笑)」
光「なにごとも・・」
剛「ふははははははは(笑)アップダウンが激しいよ」
光「よーーーっし!なんでも来いやのフツオタ美人でした!」

剛「でした!」

【今日のポイント その2】
ろれつが回ってない光一さんが可愛すぎて内容が全然入ってきませんけども(爆)20年前はまさか酔っぱらってラジオ収録するとは思ってなかったですねえ(爆)



《これってアウトかな》
剛「これってアウトかな? これってアウトかもというみなさんのフェチを(笑)アウトかセーフかジャッジしていきます」
光「ふはははははは(笑)」
剛「群馬県のやきにく・・やくたろうさん。いいですねえ、焼き肉焼くたろうさんですね、16歳の方『僕は名前フェチです。顔にすごくあってる名前の女の子だとすごく気持ちいいと思って好きになりそうになるし(笑)顔に合わない名前でもその違和感が気持ち悪くて気になってしまい、好きになってしまいます(笑)でもよくある名前の人はあまり好きではないんです。これってアウトですか』」
光「んお~~~~~~」
剛「うん・・これ、ちょっといいアウトじゃないですか(笑)結果だって、違和感が気持ち悪くて、気になって、好きになる(笑)んですから、両方なんか、オッケーっていう感覚がちょっとこれ、だんだん年を重ねていくとアウトの気配はありますよ、うん」
光「そっか・・ごめん、そこはわからへん」がん!
剛「オレも・・・うっるさい・・うるさい、怒り出したぞ、なんか。荒れ出したぞ、荒れ出したぞ。とりあえずあとにしましょう」
光「そんなわからん!!」
剛「アウトにしましょ」
光「梅子がさゆりとかやったらちょっとな」
剛「・・・・・すいません、ちょっとわかんないですね」
光「梅子・・まさに、オマエ梅子やなってばあちゃんが、さゆりって名前やったら」
剛「はいはい、ああ、まあまあまあね・・」
光「めっちゃ固定されてんねんけど、大丈夫かな、オレ」
剛「あの、今ですね、残念ながら、おでこがめちゃめちゃ光ってますよね」
光「にゃははははははは(笑)」
剛「でこ全開ですから」
光「もう、動くな!って感じで固定されました」
剛「ええ、もみあげともみあげをもたれてね、固定されてますけどね」
光「そうですか、よし、終わろ」
剛「明日朝起きて酔いさめて・・・」
光「ごめん、これまだ1週目?」
剛「まだ1週目っていうか、1日目ですから、まだ」
光「なーげぇえなあ、おい」
剛「いや・・・次行こうと思ったら、結構ヤジ入ってくるんで、止まってるんですよ」
光「あ、そうか。いこいこ」
剛「(インフォメーション)」
光「ごほごほっ・・ごほっ・・・」ずっとむせてますwww
剛「それでは聞いてください、KinKi Kidsで11月12日リリースの新曲、鍵のない箱です、どうぞ」

【今日のポイント その3】
まだ始まって10分経ってないのに、なげえなあって言われましても(爆)頑張ってくださいwww

《今日の1曲》『鍵のない箱』

《お別れショートポエム》
光「おわかれそーとポエム。今日は・・」
剛「そーとぽえむ(笑)」
光「・・ごこんっ・・かな~~げぇっほっ・・」
剛「っはははははははははははははははは(笑)あはははははははは(笑)」
光「かな・・神奈川県の」
剛「だれ?(笑)」
光「みさこさん・・みさこさん」
剛「いやいや、オマエが誰?って聞いてんねん、オレ。みさこさんじゃない」
光「みさこさんだよ、うん、ごほっ・・・」
剛「あははは(笑)か~~ながわけんのって、クレッシェンド使う?普通、神奈川県に」
光「『光一さんが家でコーヒー豆を自分でひいたりすると話しているのをきいて、そんなマメなことするんだーとつぶやいてしまった。ふとダジャレになってることに気づき1人で恥ずかしくなった』」
剛「コーヒー豆だけに」
光「&%#◎*・・ちょーつまんねー!」
剛「あははははははははははは(笑)ひどいですね」
光「くっそつまんね!これ」
剛「あはははははははは(笑)ひどいですねーー」
光「くっそつまんねーーー」
剛「今日はほんとにひどくて楽しい時間でしたね」
光「くっそつまんねーだろ、こんなの(笑)」
剛「へへへ(笑)ということでね、相当ご立腹なので」
光「ほぉんとに(笑)」
剛「それでは、みなさんまた明日お会いしましょう、おやすみなさい」
光「バイバイ」


【今日のポイント その4】
いやあ、いいねえ、鍵のない箱っていうか、タガの外れた光一でしたね(爆)今週楽しみだ(°▽°)

| 2人どんなもんヤ | 10:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT