FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015年1月21日(水)

光「はい、堂本光一です。兵庫県のあすかちゃんさんからです『朝晩が寒い、肌寒い季節になってきましたね。そろそろ光一君のラジオの溜め録りが始まる頃だなと思いメールしてみました。時差もまたこのラジオの楽しみです。ちなみに今は何月ですか』もうね、今は1月21日ということで。でも意外とこの番組にしては離れてない・・ね、現在12月1日・・ふははははは(笑)まだ年も明けてないんですよね~。ええ、ええ、ええ。ね、でも、いつものよりは意外と近いような気もしてるんですけ、ど、も。いやほんと寒いよね。みなさん、風邪引かないように。僕この前扁桃炎になってしまいまして。微妙にね、扁桃炎がクセになりつつあるんですよ、ワタシも。なんか、同じ時期に同じ風になるなあ、みたいな。強烈に喉痛くなるんで、もう自分のつばを飲み込むだけでも地獄になるんですよ。まだまだ自己管理がなっていねえなと、自分で反省すべきところだなと、思ったりもしたんですけどね。またインフルエンザも流行ってるでしょうし、みなさん体調管理はしっかりと、なさってください。はい、KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
おや、FNS前なんですね、これ(笑)扁桃炎になったのは、これより前だったんですか・・

《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 鹿児島県ぐみまろさん『突然ですが光一さんは笑いをこらえなければいけない場面ではどうしますか?私は一度笑いをもよおすと顔の筋肉が笑いの形状になってしまい、誰が見てもニヤニヤした表情になってしまいます。いい方法があったら是非教えてください』いい方法なんてないわ!アカン時はアカンからね。笑いをこらえなければ・・舞台上とか、そう言うときとかはね、こらえなアカン時あるからね、ま、笑いにしてしまってもいいシーンもあんねんけど、それをぐっと引き戻すのも、やっぱり私の役目だったりすることもあるので、引き戻す時とかね、そういう時はね、かーんと頭真っ白にさせます。んで、ぐっと緊張感をもってやると、それしかないっすね、特にいい方法なんて見つかりません。はい、なんでも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
座長のお役目ご苦労様ですm(_ _)m


《光一のオレファン》
光「光一のオレファン どうしよかな・・神奈川県のみさこさん『KinKi Kidsのブンブブーンいつも見ています。番組内で運転した車にたいして見た目は可愛いけど運転しづらかった、運転していて楽しい車が好きなので、好みと違ったと取材で答えてらっしゃいましたが運転が難しい車と運転していて楽しい車はどう違うんですか。難しい車を乗りこなすのが楽しいのかと思っていたのですが、光一さんにとって運転していて楽しい車ってどんな車ですか』やっぱり・・なんやろな、運転していて楽しいのは、自分・・の、想像よりもはるかに、機動性と制動力を持っている車、それを自分でぐっと押さえつける、みたいな。かといって僕はほんとに公道では全然とばさないんですけど、でもこの前ブンブブーンで乗った車っていうのは、アクセルを踏んでも進まないし、ブレーキをかけてもすげー、ブレーキ甘いし。そうするとね、楽しくないんですよね(笑)自分の思ったとおりに車が動いてくれないんですよ。ちょっと自分の思ったよりも、いき・・いきすぎてしまうくらいの強い車の方が、僕にとっては、ちょっと楽しいかな。

佐藤琢磨さんがおっしゃってたのは、なんやろ・・サーキットも、サーキットで回りも同じレベルで闘ってて、その、なんやろ、サーキットレベルのスピードで、カテゴリーレベルのスピードで走るわけでしょ?そうすると、その車を限界で走らせてるわけですよ、もちろん。公道は公道に見合った車で限界で走らせるのが楽しいから、なんか変な話ミニクーパーくらいの感じの車を押さえつけて走るのが公道では楽しいって、佐藤琢磨さんがね、おっしゃってましたけどね。ああ、なるほどな、そういう意見ももちろんあるなと思うんですけど。でも最低限やっぱりね、自分の思う通りに、進んでくれる、思うとおりに止まってくれる車の方が、絶対的に楽しいと思うんですよね、僕的には。その方が安全だし。みんなほんとに使い方を間違っちゃいけないのが、スピードが出る車イコール危ないんじゃないんですよ。例えばトルク・・トルクっていうと発進の、くっとすごく強い、トルクの強い車の方が絶対的に危険回避に使えるでしょ、ブレーキもその分強いブレーキがついてたら、くっと止まれるんで、危険回避に使えるので、だからそっちの方が僕は安全に運転が出来るんじゃないかなと思うんですよね。

自分の思ったよりも進んでくれへんわ、ブレーキを踏んでも、うわうわうわ・・止まらへん止まらへん止まらへん・・っていうのが、一番面白くないし怖いし、と思っちゃうんですよね。例えばね、こう・・大きい車が右側にいてさ、自分が・・逆や、逆の方がいいかな、追い越し車線として、左側にね、大きい車がいて、で、高速道路で結構大きい車が遅いから、じゃあ右側に追い越し車線に入って追い越そうと思った時にさ、ブーンって追い越そうと思って真ん中くらいに、来たときにさ、大きい車が左に、あ、右に、自分の車の方によってきたとするやん。そうすると危険回避行動としてね、ブレーキを踏むか、前に行ってしまうか。僕はどっちを選ぶかっていうと前に行く方を選ぶんですよ、ブレーキを、もしもそこでぐっとブレーキ踏んだ場合、後ろに車がいたら余計危ないし、前が空いてるんやったら、前に行った方がいい、だったらその時にぐんって、ちゃんと走ってくれる車の方が危険回避に使えるでしょ?ええ、というわけで何が言いたいかというと、安全運転が、ふはははは(笑)よろしいんじゃないかと、ワタシ的には思うわけでございます(インフォメーション)歌、KinKi Kidsで僕らの未来、どうぞ」

【今日のポイント その3】
っていうことは、光一さんは、自分の想像よりもはるかに、機動性と制動力を持っている女性をぐっと押さえつけるのが好きなんですねw

《今日の1曲》『僕らの未来』

《お別れショートポエム》
光「お別れショートポエム。兵庫県のこころちゃんからです『職場の人にKinKi Kidsが好きという話をしていたら、KinKi Kidsって芸人ですよね。堂本光一ってタイヤが好きな変な人ですよねと言われた。否定はしたがまあ、あながち間違ってはいないと思った』うん、間違ってへんな。ま、芸人ではないですけどね。バリバリのアイドルです。ええ、タイヤが好きな、タイヤが好きなタイヤを語らせると何時間も話すバリバリのアイドルです。ええ、そして、ファンに現実をつきつけるバリバリのアイドルです。ふふふ(笑)今後ともよろしくお願いしまーす。はい、お相手は堂本光一でしたー」

【今日のポイント その4】
自分でバリバリのアイドルって言うようになったら、もうアレですねwww

| 光一どんなもんヤ | 11:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT