FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2015年4月20日(月)

光「はい、堂本光一でーす」
剛「堂本剛です。まず大阪府のななつぎさん『私は去年の10月頃からキンキさんのファンになった新規ファンです。ファンになってどんなもんヤ!を聴いた時に驚いたことがあります。それは最初のタイトルコールのお声が大変若いことです。あのコールはどんなもんヤ!が始まってからずっと変わらないのでしょうか。若かりしお二人の声が聞けるのと、今の低く大人になった声のギャップが感じられてとても大好きです。出来れば変えずにあと10年、20年使い続けてほしいです』」
光「今は・・ね・・初回やったん?」
剛「初回ですね」
光「何年前?」
剛「もう、昔のだから、文化放送のね、あそこから」
光「そうそう・・・・20年前・・」
剛「20年前の声、16才?」
光「はぁ~~~~~っ」
剛「貴重と言えば、貴重ですよねえ」
ス「マスターテープがないです」
剛「あっ・・マスターテープゼロ?!」
光「そうやなあ、あの時だってまだ普通のテープやったもんな」
剛「おお、そっか・・なるほど。オープンリールもなし?面白いですねえ、そんなに・・。僕ねえ、よくバラエティでもね、10年20年続く番組ってすごいなっていつも思いますよ、堂本兄弟でもそうですけどね、LOVELOVE愛してるからしたら、スゴイ年数だったわけですから。でもラジオがね、これで続いてるのが・・とんでもないことやね」
光「申し訳ないですね、あの、そう言う話をすると、一応反省するんですよ、一応ね」
剛「一応ね、なんとなく、ああ、なんかこれは、どうなんだろう」
光「もうちょっと、ちゃんとした方がええんかなとか、思うねんけど、出来へんねん」
剛「出来へん・・うん。で、この、この感じを愛してくれる人もいるわけやんか。という、甘えが出てくる(笑)」
光「まあ、だから・・ね、文化放送さんには、ほんとに」
剛「ほんとに」
光「頭が上がりませんっ」
剛「上がりません」
光「ありがとうございます」
剛「このカラーで頑張っていきたいと思いますんで」
光「今後も長いお付き合いよろしくお願いします」
剛「お願い申し上げます」
光「はい、KinKi Kidsどんなもんヤ!」

剛「はじめま~す」

【今日のポイント その1】
えええっ?初期のどんなもんヤ!マスターテープがないんですか?!それは持ってる人貴重ですねえ。関西は送れてオンエアだったんで、最初の数ヶ月は聞けてないんですよねえ(^^ゞ


《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 富山県のいずみさん『北陸新幹線が開通しましたね。東京から富山・金沢間が約2時間で行き来出来るので嬉しいです。キンキさんも是非北陸新幹線に乗って富山・金沢に遊びに来てみてはいかがですか。以前キンキさんは富山はだんこちんこしかイメージがないとおっしゃっていたので富山はどんなところか目で見て確かめてください。お待ちしています』」
剛「だんこちんこ・・・・だんこちんこしかイメージないというか、だんこちんこ中毒だったんですかね」
光「それはまずい中毒ですねえ」
剛「ついついなんか、言いたくなっちゃうみたいな感じが」
光「まあでも、富山、金沢、行くことあんまりないもんなあ」
剛「いや、ないですよ。ほんとに。全くもってないでしょう」
光「まあ、開通されたので利用者はね、もちろん増えてそうすると富山・金沢もね、発展して人がもっといっぱい増えて、ってなればいいですけどね」
剛「うーん」
光「んーー」
剛「まあ、なかなかね、だんこちんこドームが出来ない限りちょっと行けない・・」
光「だんこちんこってなんやったっけ?」
剛「それすらも忘れて今しゃべってますからね」
光「・・・互い違いか!」
剛「あ、互い違いか」
光「絶対ちんこって意味じゃない・・・」
ス「断固ちんこ(笑)」
剛「もしそうだとしても、もしそうだとしたらすごい言葉ですよね。どんな状況で、断固としてちんこですって言う時ないから」
光「もうやっぱほら、オープニングでも言ったように、反省しよ!」
剛「そうそう。こういうのんが、ダメなんです、雑で」
光「オープニングでも反省したつもりやってんけど」
剛「ただね・・ただ、こういうのが好きな人もいるんですよね。こういうのが好きな人もいる、これは事実。だんこちんこの事実ですね。さ、はい」
光「以上、フツオタ美人でしたー」

【今日のポイント その2】
ブンブブーンで行ったらいいじゃないですか!だんこちんこの謎を探しに!(笑)ブンブブーンなのに、新幹線で!(笑)


《これってアウトかな》
剛「続きまして これってアウトかな? これってアウトかもという皆さんのフェチ、アウトかセーフかジャッジします。東京都の裏起毛さんです、18才の方『私はかさぶたはがしフェチです、キレイにぺりっとむけるか、それともまだ傷口が乾いておらずに出血してしまうかといったスリルがたまらない。はがさないで大事にとっておくといつのまにか勝手に完治してしまっていたりするので、タイミングがとても難しいです。軽く擦り傷が出来た時なんかはテンションが上がります。キレイにはがせた時の達成感はスゴイのでオススメですよ』というね、すすめられちゃったわけなんですけども。まあ・・・」
光「かさぶたを作ることが・・最近減ったなあ。最近っていうかほぼないよね」
剛「まあ、血糊でね、お腹一杯でしょうからね」
光「まあ、血糊は一杯浴びてますけど」
剛「お腹一杯なんでしょうから」
光「なんかこう・・なんやろ?擦り傷的なのあんまり・・切ることはまだ・・」
剛「うんうんうん」
光「たまにあるけど。あんまないねえ。昔はやっぱほら、こう・・走り回って、半ズボンで走り回ってた頃は、膝なんかしょっちゅうやってましたけど」
剛「すりむいてとかね、そういうのあったけど。36で半ズボンはいて、走って膝すってたら恥ずかしいですからね(笑)」
光「ちょっとなあ、どこまで、まだやんちゃなんかいっていう」
剛「ちょっと切ないですけどね(笑)ま、かさぶたはがしフェチ・・まあ、裏起毛って名前が僕ちょっと好きなんでね、これは名誉としてアウトを与えましょうよ」
光「アウトが名誉なんだ」
剛「アウト名誉です。だってあのタイミングはかってたりする、これちょっとなかなかの上級者ですからね。愛知県のチンピラごぼうさん、いいですね、チンピラごぼうさんもやっぱりいいですね、前も読んだんですけどね、いいですね、チンピラごぼうさん(笑)『私は恐怖症フェチです』すごいですね『実は○○恐怖症なんだよね、と聴くとその状況に陥ったときにどんなリアクションをしてくれるのか想像してわくわくする。いつも平然と生活している人がなんてことないのに怯えてる姿を見るとキュンキュンします。これってアウトですか?』」
光「どSやな」
剛「どSですねえ。だって実は○○恐怖症なんだよね、と言われた時に、ああ、じゃあこの子とか、この人がそういう状況に陥った時は気つけといてあげななみたいな、友達としてね、知り合いとしてみたいな。でもその状況に陥ったらどうなんねやろ・・これペットとかもそうやん。犬はこう、猫はこう、これが苦手みたいなやつを、わざと、ぴゅって、これやっちゃうことになったら・・」
光「ちょっと嫌がってる様が・・可愛い」
剛「可愛いとか。赤ちゃんでもそうやん、なんか顔の前で、手ふわ~~とかさ、なんかやったらさ、なんかやめてや・・って可愛いなって。でも向こうからしたらえらいストレスやから」
光「そやねんなあ」
剛「チンピラごぼうっていうのが、すごく気に入ったんでねー、これもアウトということで、名誉で(インフォメーション)それではKinKi Kidsで、僕の背中には羽根があるです、どうぞ」

【今日のポイント その3】
あ、やっぱりアウトが名誉だったんですね(笑)そして、内容よりもラジオネームで名誉頂いてますか?www

《今日の1曲》『僕の背中には羽根がある』

《お別れショートポエム》

光「はい、お別れショートポエム。兵庫県のこころちゃん『アンパンマンを見ていたら、ドキンちゃんが素で、ダメよ~ダメダメと言っていた。狙っているのか、まぐれなのか、すごく気になった』どっちでしょうねえ」
剛「狙ってるよね、ドキンちゃんは、だって、ダメよ、ダメダメって言わへん気すんねんけど。誰に言うてんの?あ・・・ジャムおじさんかな・・いやいや、エンドロールの一瞬やねんけど、子供は見たアカン・・実は、の話やから、うん・・実は、あそこ出来ててんで、みたいな」
光「出来てたんか~」
剛「ドキンドキンしちゃう~みたいな」
光「結構ね・・」
剛「パン焼いてる間に、コンコンって来て・・・ドキンちゃん、ダメよ~ダメダメっていう話ですからね」
光「まあ、アンパンマンも結構ね、有名人が出てきますからね」
剛「そうですね」
光「狙ってるかもしれません」
剛「これは、狙ってるでしょうね」
光「はい、お相手は堂本光一でした」
剛「堂本剛でしたー」
光「バイバイ」


【今日のポイント その4】
剛さんの大人のアンパンマンを遮ってまとめた光一さん(爆)早く終わりたそうな感じがめっちゃ出てるところも反省してくださいw

| 2人どんなもんヤ | 10:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT