Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

1998年3月某日 『中居兄さん乱入』(のりこ)

【ここまでのお話し】

以前の光一VS剛の対戦で、剛が負けた為、堂本でなく「田村」と呼ばれることに(笑)

でも、「田村」じゃかわいそうなので、復活戦。光一に関する問題を出して

正解すれば「田村」はヤメテあげよう・・・という、わけわからんコーナーです(爆)

題して堂本光一常識クイズ・・・の最中に中居君乱入します。



光「第1問、僕が今一番嫌いな食べ物はなに?3択でございます。

①タガメ②レバー系③パセリ」


剛「おまえ全部嫌いやないか、それ・・」

光「一番嫌いは」

剛「タガメちゃうの?」

光「おっ、せいか~い」ピンポ~ン

剛「(笑)そら、あれだけ嫌がってる・・・・あっ中居くん!・・・中居くんじゃないですか~」

光「今現在中居君が、外を通って・・」

剛「中居君おはようございます」

光「どうも、おはようございま~す」


中「おはようございます・・なにやってんの?」

剛「ラジオを一応・・」

光「ラジオ、KinKiKidsラジオ。。」

中「KinKiKidsって、おまえ田村だろう?」

剛「はい・・これはぁ、長いときに、髪の毛色を入れてまして、ちょっと

仕事の為に切りまして、色をまだいじってない状態なんで・・ええ」


中「なんなのよ、これ・・アレみたいだよ・・アレグリア」

光「なんっすか、それ~(笑)あっ、ああ~、アレグリア~」

剛「ちょっと待ってください。どこがアレグリアなんですか、これ~」

光「サーカスじゃないですか」


中「光一髪の毛なんか、おばちゃんぽくなったよなあ」

光「(笑)でも、僕切りましたよ」

中「おっ切ったジャン、もっと切っちゃえよ。短毛にしろ、短毛に」

光「いやあ~(笑)」

剛「短毛って・・短髪っていいません?」

光「中居君昔から変わりませんよね」


中「オレパーマかけたんだよ」

剛「いつも見てます。こうふわっとした感じですよね」

中「剛のまねしたんだよ、一回パーマかけただろ?あのマネしたの」

剛「それ、絶対ないと思います(笑)」

中「なーんだよ、田村~。なにやってんの?」

剛「このままだと僕はコンサートで田村って呼ばれちゃうんで、

それを取り消すために、堂本光一の常識クイズをやってるんですよ」


中「5問やって3問正解すればセーフなの?OKOK。最後の問題

オレの問題にしよう」

光「あっ、いいですよ」

剛「あ。あ~。。。。今1問正解してるからな」

光「じゃあ・・どこにしましょうか・・ここ・・最後の問題にするんで」


中「ここ・・じゃ、光一いけ」

光「じゃあ、第2問いきます。僕が堂本剛の許せないところはどこ?

①名前。。②もみあげからミサイルが出るところ・・これ困ると

③存在、存在がイヤと」


中「(笑)ちょっと待てよ、おまえ達、なあ、光一ぃ。正解存在だったら

かわいそうだろう~」

剛「正解存在だったら、僕奈良帰ります」

光「ひゃっひゃっひゃ(笑)」

剛「奈良帰って、ゆっくり・・」

中「拠点が奈良になるわけ?奈良から通うの?」

剛「いや。。東京にいること自体がなんか圧迫された気分で・・

やっぱ、奈良帰って・・」


中「(笑)そうだよな、存在って言われたら、存在だぜ?」

光「ええ、KinKiKids二人組ですから」

中「もう生理的にダメってことだから」

剛「われ死ねってことなんで・・」

中「だいたいコンビになると、仲悪くなんだよ。仲悪くなっちゃうと、なにから

何まで・・存在自体じゃなくてね、その顔とかむかついてきちゃうんだよね。

靴の置き方とか、着替えるタイミングすら、むかついたりするんだよ。別に

そんなこと気にしなくていいのに・・」

光「SMAPそうなんですか?どうですか?」

中「・・・そう言うこと言うなよ~思われてる方なんだから・・・」

光・剛「はっはっはっは(笑)」

剛「まあ、いろんなタイプの方いらっしゃいますから。。」

中「そうKinKiKidsはKinKiKidsだから」

光「さ、正解はどれでしょう?」

中「でも、わかるでしょ~?ずーっとやってるんでしょ?こんくらい

わかんないと、逆にショックだよな」

光「そうですよ」

剛「いや、こいつと1回コンビ組んだら、こいつまったくわからない~」

中「なにがわからないんだよ(笑)」

剛「プライベートは僕、ほんと知らないんで・・」

中「なんで知らないの~」

光「KinKiKidsよくわかんないですよ」

中「後にも先にも光一しかいないんだよ?」

剛「・・え?後にも先にも?」

中「もう、相方は光一しかいないんだよ、剛にとって」

剛「そうですよ、でも、全然わかんないです」

中「なんでわかんないの?」

剛「あのねえ・・スタッフもわかると思うんですけど、ほんとわからないんですよ」

中「な~んでわかんないの?」

剛「難しいんですよ、すごい」

中「なにが難しいの?」

光「はっはっはっは・・・難しくな~い」

中「どこに住んでるか知ってる?」

剛「どこに住んでるかは知ってるんですけど」

中「電話番号知ってるでしょ?」

剛「電話番号も知ってるんですよ」

中「かけたりしないの?今なにやってんの?って」

剛「いや、そんなしないですよ」

中「なんでしないの!」

剛「そんなん仕事気分から離れたいじゃないですか。なんか、仕事一緒で

仕事終わってからちょっと食べに行こかってイヤじゃないですか~(笑)」

中「いいじゃん!光一は・・・剛が照れくさいところあんだよ、そう言うときは

光一がさ・・剛ちょっと焼き肉二人で行こうかって、そういうのはないのかい?」

光「あ~・・・ないですね」

中「なんでだよ~!光一にとって後にも先にも剛しかいないんだよ?」

光「・・なんか、迷惑かな?って・・誘うの」

中「なに?光一は好きなの?」にやけモードの中居(爆)

光「え・・」

中「光一は遊びたいの?」

光「いや・・そ・・あ・・」マジで詰まる光ちゃん(笑)

中「遊びたいんだろ、ちょっと~」

光「ひゃひゃひゃ~(笑)」

中「なに照れてんだよ~おまえ」

光「照れてませんよ~」

中「誕生日とかどうしてんの?」

剛「全然関係ないです」

中「なんでだよ~4月10日と1月1日だろ?」

光「よく知ってますね」

中「オレ、林家ペーパーだもん」

光・剛「(大爆)」

中「なんでないの、1月1日、光一・・これ買ってきたんだけどってあげたり

しないの?」

剛「絶対しませんよ」

中「うわ、さむ~」

剛「いや。あげてから僕さむくなりますもん(笑)」

中「なんで~?光一はあげないの?4月10日」

光「あげませんよ」

中「もう、ぼちぼちだよ、あげてみな、おもしろいから」

光「ひゃははは(笑)」

剛「おもしろいからって(笑)」

中「ちょっとおもしろいだろ?」

光「おもしろくないっすよ~」

中「なんで、あげればいいじゃん」

光「なんか・・・・・^^;」

中「おめでとうくらいは言うんだ。これはオレの約束、約束守ってくれよ」

光「わかりました」

中「ふたりっきりの控え室で、マネージャーもいないのに、剛に・・

誕生日おめでとう(がさがさがさっ)・・これ」

光「ひゃはははは~いや、それはしないっすよ(笑)」

剛「しないっすよ~(笑)」

中「なんでよ、いいじゃん」

光「だいたい何あげていいかわかりませんもん」

中「剛君何あげたら喜ぶのかなって考えるんだよ」

剛「リアクションに困りますよ~」

中「なんで、ありがとう、じゃん」

剛「いや~・・なんか・・・なんでしょうね~?」

中「なんでよ~」

光「なんかねえ、貰った方も、ああ・・どうもって」

中「堂本達は後にも先にも堂本しかいないんだよ?」

光「ほんまにやってるんですか?」

中「やってるよ~、11月12月1月2月って、この4連ちゃんが

きついんだよ(笑)」

光「ほんまやってるんですか?」

中「やってるよ、好きなんだもん」

光「なにあげるんですか?」

中「洋服とか・・アクセサリーとか・・皮パンがいいかな?あ、シルバーがいいかな?」

光「で、領収書で落としてるんですか?」

中「落とさねーよ!何代だよ、これ。そうするとあっち、おもしろいじゃん

リアクションが~。俺らなんか一回りして渡してるからね。まだ一回りしてないんだろ。

照れくさい?ね、ね、剛、剛、光一好き?」に。。にやけてるぞ、中居(笑)

剛「好きですよ」ぼそっと即答・・・

中「・・・・・・・・」声にならない笑い(爆)

光「ひゃはは(笑)好きとかそういう感情じゃないじゃないですか~」

剛「なんつーんですかね、二人じゃないですか?だから・・・」

中「どこが好き?どこが好き~?」誰や?中居?(笑)

光「何を言ってるんですか・・(笑)変なおばちゃんみたいですよ」え?私のこと?(爆)

剛「好きor嫌い・・・・じゃないんですよ」

中「どんなんどんなん?」

剛「だから、もう・・感じ悪いですけど、どうでもいい」

光「ひゃはははは~(笑)あ、でも、そうはそうですよ」

剛「だから、こいつも絶対どうでもいいと思ってますから」

中「そんなことないって~」

剛「いや、それは、だいぶ・・」

中「まだむなぐそが開いてないよ」なんじゃ?そりゃ?

剛「いやいや、確かに崖っぷちに来たときには、オレは助けますけど」

中「おっ・・・・ちょっと嬉しい顔すんなよ~おまえ(笑)」

剛「でも、別に崖っぷちに来るまでは、こいつの人生やし、こういう人間やし

オレはオレの人間オレの人生やから、まあ、プライベートとかは別に・・

だからと言ってやらないんじゃないですけどぉ・・」


中「光一、光一・・剛好き?」

光「えっ、もう、ILOVEYOUですよ」

中「違う違う、剛に好きだよつって」なんだよ、中居~(爆)

光「好きだよ」また光ちゃんも素直に・・(笑)

中「(爆)な~んか、リアクションしろよ~おまえ~。

ありがとうとか、オレもだよとか。とりあえず、光一は今度の剛の

誕生日になにかあげる」

光「いやいやいや(笑)」

中「なんでだよ!」

光「だって、今年もらってませんもん」

中「だから、だから、光一が剛にあげるのがきっかけで、毎年いくんだよ。

ちょっと楽しみじゃん」

剛「楽しみって~(笑)」

中「どんなことがあってもな、毎年毎年どんなことがあっても、喧嘩しようが

仲悪くなろうが、ね、相手がどういう状況であろうが、毎年誕生日だけは。

だから、これでもいいんだよ・・誕生日だから、ジュース買ってきてやるよ

なにがいい?って」

剛「・・・・なんか、さぶい・・」

光「寒すぎますよ」

中「あとにも先にも堂本しかいないんだから」

光「そうですね」

中「で、答えなんだっけ?」

光「長いっすよ~(笑)」

剛「答え・・もみあげ2番」

光「ピンポン、正解ですね」

剛「すげー、オレ当たったやん」

中「いいなあ(笑)ピンポンって。もみあげ嫌いなの?なんで許せないの?

あ、でも、存在は許せるんだ」

光「そりゃ、存在ないとKinKiKidsないですからね~」

中「そうだよな(笑)なんで、もみあげイヤなの?」

光「もみあげからミサイル出しやがるんですよ」

中「なに?ミサイル出すって?」

光「こう・・なんか、自分が危機に迫ったらぶぉ~・・って」

剛「クジャクの羽と一緒ですね」

光「威嚇・・・」


中「わけわかんねーな、次行くぞ」

剛「(笑)」

光「第3問。僕が今10日間オフになったらどうするでしょう?

①白馬で出かける②星に帰る③寝る」


中「ちょっとたんまたんま。これは簡単すぎるじゃないか~」

光「簡単ですか~?」

中「だって、堂本剛にとって後にも先にもこいつしかいないわけだよ」

光「そればっかじゃないですか(笑)」

中「もっとえぐい問題だしたって絶対わかるような状況じゃないと・・」

剛「でも、これちょっと・・・ボケてくるのか・・っていうのが・・^^;

ストレートに行けば3番寝る」

光「違うんだな。ブーッ」

剛「これ、ウソついてるな・・なんなんですか、正解は」

光「白馬で出かける」

中「そりゃわかる、そらそうだ。なんでわかんないかな?」

剛「いや・・(笑)僕白馬乗ったことないんで・・」

中「剛はな」

剛「中居君は乗るんですか?」

中「おれ、乗んないよ。白馬じゃないもん」

剛「なに乗るんですか?」

中「言えないよ(笑)スターだよ、悪いけど、オレおまえ達より先に生まれて来てるからね。

先に生まれて、先生って読むんだよ・・ま、これちょっと弱かったな」

光「さあ、第4問いきます。次の中で新曲のタイトルとして僕が一番いいと思うのはどれ?

①硝子の少女②光一のKO-YA③愛したいより愛されたい」


中「光一のKO-YAってのは、堂本剛のDO-YAにひっかかってるわけね(笑)」

光「そうですね~、やっぱあれがしゃくに触ってるかもしれません、僕にとっては」

剛「なんでしゃくに触んねん。おまえ、大変やってんぞ~あの番組、一人で」

中「そう、たいへんだよな」

剛「そいでね、こいつ来ないんですよ」

中「うわっ」

剛「テレビの前では、『おまえ、オレ呼んでくれよ~』って」

光「呼んでくれないんですもん」

剛「いいですよ、来てください来週ってたら、いや・・それは・・って言葉止まんねん」

中「やらしいなあ、おまえ。なんで行ってあげないんだよ」

光「さあ、どれでしょう!(笑)」

剛「うーん・・僕的には・・どやろな?光一のKO-YA」

光「あ、正解!やるねえ!」


剛「そんな力まれても(笑)」

中「っちゅーかさ、今4問やったわけだろ?」

光「3問正解しました」

中「だよね~?そしてたらもう・・田村は・・」

光「じゃあ、最終的に中居君の問題を間違ったら田村」

中「最後の問題は・・2億点」

光「いや、点数関係ないですからね」

中「もし、不正解の場合は、マイナス2億点ですから。

では、問題です。僕が・・・・・【しばらくお待ちください・・の曲】

ぶぶ~っ残念、田村でした~」

光「え?正解は?」

中「正解は言えません」

光「にゃっはっ(笑)」

剛「え~っ!」

光「正解聞きたいなあ」


中「田村~・・今度ドラマやるときも、名前は田村剛」

剛「なんで、ドラマで田村なんですか~、やめてくださいよ(笑)」

光「GWまで田村で過ごしてください。と言うわけで、超飛び入りゲスト

中居くんでした」

中「これ、ちゃんと金くれな」

光「いや、乱入ですから」

中「違うよ、さっき書いたもん契約書に」

光「ありがとうございました(笑)」

中「それいけとか見てるよ」

剛「今度コントとかやるんで見てください」

中「コントやんの?ちゃんと自分で書けよ」

光「お疲れでした~!」

| キンキラKinKiワールド | 12:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT |