Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2004年7月17日 「Kinki Kiss2 発売記念初めてのKissハイ&ロー」クイズ(りい)



はぁい、こんばんわ~。堂本 光一で~す。キンキラキンキワールドで~す。

剛くんはおりませ~ん。んま、どんぐらいいないかな?3ヶ月ぐらいいないですか?

この前のオレと、どっちが休んだ?同じぐらいか、そろそろ。よぉ~っしっっ! (スタッフ笑)

休みではな・・・張り合うなよな。え~っと、14日にKinki Kiss2 

Single SelectionというのがDVD・・・ま、ビデオもありますけれども。

発売されました。こちらは~、ま、ビデオクリップ集になっております。

え~内容的には、「情熱」から「ね、がんばるよ」までの曲をねっ、

え~・・・ま、プロモーションビデオが入ってま、プロモーションビデオっていうのは

なかなか・・・んっ、全部目を通すっていうのは、なかなか無いと思うんでね、

え~、皆さんも是非観ていただきたいなと思いますが。

ま、今夜はそのキンキラキンキワールド。Kinki Kiss2にかけた、新企画をやろう!

ということでございます。ま、どうせながら・・・どんなんやかなっ。という訳で、

その前に歌を聴いてもらいましょうかねぇ~。剛くんの歌で~す。「スクリーン」どうぞ。



 ♪~ スクリーン



「Kinki Kiss2 発べぇ・・・い記念(笑)初めてのKissハイ&ロー」



 ♪~ 「はじめてのチュウ」(アニメ:キテレツ大百科より)



いや、タイトルコールで躓いてしまいました。言えてなかったからね・・・。

え~・・・これ、ま用は、なんや?ちょっと~同じ企画をちょっと変えただけですよね。

えぇ。ついにちょっと、企画自体を考えるのも面倒くさくなったスタッフという

感じもしますけどもね。 (スタッフ笑)前回、なんか・・・ええ話・・・ええ話じゃないけども

なんか、自分を見つめなおすいい機会になったんですよね。

もぉ、ダメですよ。 (スタッフ笑) そんなええ方向に行くと思ったら、も~無理ですよっ。

同じこと2度狙えません。ねっ。ま、あの・・・Kinki Kiss2 Single Selectionという

DVDの発売を記念しての企画ということです。え~このDVDはねっ、ま、先程も

言ったようにね、すんっ・・(軽く鼻をすすってます)ま、そのビデオクリップ。

そして、え~・・・・・ま、スペシャルリールと言いますか、にですね、え~なんか、

剛くんはずぅっと、すんっ・・・(鼻)なん、ギター1本持って歌ってるところがなんかは、

はい・・・入ってるみたいです。ふふふっ(笑)ん、んで、ボクの方はですねあの、

ずっと一日を密着してね自分でカメラ回して撮ったりとか。だから、あの自分ちの・・・壁!

というかが見えたりなんかもねっ、しますし。

お得な内容となっておりますんで、皆さんも是非チェックなさって下さい。(ここだけすごい早口です)

え~ま、あの、このハイ&ローなんですが。ま、先程も言いました。

初めてのKiss。ということなんでぇ~・・・ま、その女性の初めてのKissの年齢を、

ハイかローかで調査する。調査なんてそんな偉そうなもんじゃないですよね、これ。

ん~、多分ちょっとなんか、スタッフの下心が見えてるんちゃうか?ええっ? (スタッフ笑)

ま、どのように当てるかは先程もタイトルコールにあったようにハイ&ロー。

え~前に出てきた人よりその年齢が上なのか下なのか。こぉ、当てるということですね。

よしっ!1人目。初めてさん、どうぞ。



 (ジャジャジャン♪)  (以下 光:光一さん り:リスナー)



り:もしもし

光:はぁい、どうも。え~、お名前と年齢宜しくお願いしま~す。

り:○○です。18歳です。

光:○○ちゃん、18歳。どこにお住まいですか?

り:埼玉県です。

光:埼玉け~~ん。えぇ。今彼氏はいるの?

り:(笑)いないです。

光:いない。ま、18歳。まぁ大学生か、今。今まで彼氏がいたことはある?

り:はい。

光:なるほどぉ。・・・・。よぉし。ま、別にね、あの○○ちゃんに関しては

  別に当てるもくそもないんで。普通に聞いてもいいんですけど

  なんとなく普通に聞くのも胸くそ悪いんで、あの~、当ててやろうかなっていう気になってます。 

り:お願いします(笑)

光:自分自身早いと思う? 

り:いや、そんなことないですねぇ。

光:そんなことないと思ってる、自分で。

り:はい。全然そんなことないです。

光:なるほど。ま、別にこれはあ、あの先程もいったように当てる当てない、

  べつっ関係ないんですけどもね。あの~、ちょっとゲーム性を高めるために

  ボクも当てたいと思うんで。

  ボクが思うにぃ~、あなたは、16歳であ~る。どうだっ?

り:当たりです。 (スタッフ「おぉ(笑)」)

光:おっ?!当たったぁ。すげぇ、オレ。はぁ~~ん、これ、誰と?

  16歳んとき、彼氏?  (スタッフ笑)

り:はい。

光:んっも、めっちゃスタッフが「どこや、どこやっ」ってもぉ、めっちゃうるさいねん(笑)

  どこで? (スタッフ爆笑)

り:っと・・・、踏み切りです。

光:なにをしとんねや、おまえ!踏み切りはちゅうするとこちがう!(大声です)

り:はぁい。すみません(笑)

光:踏み切りは電車が通り過ぎるの待つところでしょ!ねぇ、あなた。

り:はい(笑)

光:はぁ・・・・。どうやった?初ちゅーんときの感想は。

り:困りましたね。向こうからだったんでぇ、なんやねんこいつ!って思った。

光:そう。カンカ~ン言うてる所で。赤いランプが点滅し~の、自分のランプも

  点滅し~の・・・・意味分からんやん。 (スタッフ爆笑)ぶははははっ(笑)

  いいな、いいな~。っ、でも16歳て早いんちゃうかぁ?

り:いや~、そんなことないと思いますねぇ。

光:なんで、早いよぉ。

り:あ、でも中助のうちにもう終わっちゃってる子って結構、多いじゃないですか今。

光:ぅおい、おぉい。そういう・・・・ちょっとおじさんが悲しくなるようなこと・・・・

  言うなよ  (スタッフ爆笑)

り:はい(笑)

光:そうか。で、で、今彼いないの?

り:はい。

光:ま、いい彼がまた出来るように。

り:はい(笑)

光:え~、別に祈ってへんわっ。んはっはっはっは(笑)  (スタッフ笑)

  うそ、うそ(笑)ま、いい彼、出来るといいな。

り:はい。頑張ります。

光:頑張ってちょ!はぁい、じゃありがとね。ほれじゃ~ね。

り:はい。失礼しま~す。

光:はぁい。ばいちゃ!



よしっ。ま、これを基本としてね、ハイかロー当てていくわけでございますね。



 (ジャジャジャン♪) 



光:もしもし?

り:もしもし

光:え~、お名前と年齢宜しくお願いしま~す。

リ:××、22歳です。

光:××さん、22歳。どこにお住まいですか?

り:え~っと、埼玉県です。

光:職業は?

り:薬剤師をやってます。

光:彼氏は?

り:い・・・ます。一応。

光:おぉっ!お医者さんじゃないのぉ? (スタッフ笑)

り:違いますよ(笑)そんな玉の輿狙ってないですよ。

光:あ、そうなの?看護師~?

り:いや、あの~。結構前から続いてる人なんで。

光:あ、全然職業関係ない感じなの。

り:同じ学校だったんですけど。

光:じゃぁ、彼氏も薬剤師なんだ。

り:はい。

光:へぇ~~~。じゃぁねぇ、個人、自分的に・・・・・・

  ちゅーは、早かったと思う?遅かったと思う?

り:う~ん・・・遅い方だと思います。

光:何歳やろなぁ。ま、先程の子が16やったんで。これはもう簡単でっすよ。「ハイ」です!

 

 ~ピンポンピンポーン♪~  (正解チャイム)



光:ねっ。ここはまぁ、間違わないでしょう。

り:簡単すぎましたかね。

光:ボクはね・・・××ちゃんはね、ボクの推理18やと思う。

り:あ?!なんで分かるんですか?  (スタッフ笑)

光:んふふふふっ(笑) オレすごくね?

り:なんか、悔しい。 (スタッフ笑)

光:凄いやろ?なんか、分かる。

り:えっ、なんで?

光:やっぱりなんさか、薬剤師・・・ま、そういう、そういうところで

  なんか色んな偏見持つのおかしいけど、薬剤師で、ねぇ、しっかり学校出て、

  国家試験受けてっていう、そういうねっ?なんかん~、自分の道を

  あの~・・・ここに行くんだって向かってる人だなってっていうふうに感じたんでね。

  こぉ、早からず遅からずなんか、順当なラインいってるんちゃうかなっ?って

  思っただけ。ただ単に。

り:う~ん。なるほど。 

光:18やったな。えぇ、それはなに、え~、そんときの彼?

り:え、今の同じ彼です。

光:おいおーーーーーーーい!もう~。結婚しちゃえ、もう。 (スタッフ笑)

り:(笑)え~、まだそれは分かんないですよ。

光:4年付き合ってるんだ。

り:3年半ぐらいですかね。

光:3年半ぐらい。あぁっ、で、18歳。そうですか。はい。ま、ありがとうございました。

り:あ、はい。ありがとうございました。

光:じゃ、失礼いたしまする。

り:はい。これからも頑張って下さい。

光:どうもありがとうございます。

り:失礼しま~す。

光:はいはい~、さよならっ!



いや、おもしろいねぇ。 (スタッフ笑) う~ん。18歳。この後もハイ&ロー、続きます。



という訳でKinki Kiss2 Single SelectionというDVDの発売を記念して

リスナーのファーストキスの年齢をセクハラのように聞く・・・というスタッフ趣味の

コーナーをボクは付き合わされてる感じなんでございますけどもねぇ。(スタッフ笑)

はい。続いての初めてのちゅーさん。

 

 (ジャジャジャン♪)



光:はい、もしも~し?

り:もしもし・・・。                               

光:おほっ?!名前と年齢お~願いしま~す。

り:△△、19歳です。

光:19歳か、なんだ。もっとじゅう・・・・・3、4歳かと思ったよ。なんか。 (スタッフ笑)

り:すみません(笑)

光:「もしもし」って言った瞬間

り:あぁ、よく言われます。

光:な、なんか幼く感じましたぁ。 (スタッフ笑)

  え~、ねっ。先程の薬剤師さんはですねぇ、18歳が初めてのちゅうだったんですね。

  え~っと、△△ちゃんはどこにお住まいですか。 

り:私は福岡です。

光:福岡・・・ですたい。

り:えっ?

光:「えっ?」って言われちゃった。 (スタッフ笑) よ、よかぁ~・・・とか言うんでしょ?

り:あ、言いますねぇ。

光:うまかぁ~・・・とか。

り:(笑)バカにしてます? (スタッフ爆笑)

光:バカにしてないよ~!好か~ん・・・とか。

り:言いますねぇ。

光:出ないね、でもね。出していいよ。

り:あぁ。は・・・なんか、バカにされそうなんで止めます。 (スタッフ笑)

光:いやいや。バカにしてへん。だって家のじいちゃんばぁちゃんが長崎やったからぁ・・・

り:あ、近いですね。

光:そう。そっちの言葉慣れてるもんオレ。うん。今、彼氏は?

り:一応。

光:いる。ん~、ま、さっきの子は18歳ということでございましたぁ。

  え~、△△ちゃんは19歳なんでぇ・・・

  う~~~ん・・・福岡。どうなんやろ?自分では早いと思う?遅いと思う?は、は、初ちゅーは。

り:ん~、そうですね友だちに言ったら早いって言われましたけど。

光:んぉおおおっ?! ゴチン!(机を叩いた?) ちょっと待てよぉ。

  ま、でもこれはとにかく答えは合ってますよ。ローです。

 

 ~ピンポンピンポーン♪~  (正解チャイム)



光:ん・・・・。これは分かります。答えは分かりますけどもぉ、

  何歳かも、これちょっと当てたくなってしまうんです。   

り:じゃ、当ててください。

光:当てるよ!さっきまでも当たってたもんね?オレね。えっとね・・・じゅう~7です!



 ~ブーーーーーッ!~ (不正解ブザー)



光:あ、外したぁ~。答えは?

り:13です。

光:っ! カランッ(ペンを転がした?) おい、ちょ・・・・#&*@、

  おまえ早いわぁ、それわぁ~。 (スタッフ笑) 

り:(笑)そうですか?

光:中~学校ぉ???

り:そうですよ。

光:1年!

り:いや、2年です。

光:2年で、13っ・・・・・!生まれてまだ13年しか経ってへんねんでぇ?

り:あっはっは(笑)そうですね。

光:ねぇ?どこでしたん、そんな中学んときに。

り:もちろん学校ですよ。

光:ふっ(笑)・・・・・・・・ちょっと、ボクに・・・・教えて。どういう状況だったんか。 (スタッフ爆笑)

り:あははははっ(笑)

光:うわ~、詳しく教えてっ!

り:え~・・・放課後。ですね。

光:学校の、どこ。

り:教室。で。

光:他に人がいるやろぉ。

り:いや、放課後で、部活終わった後なんでぇ、いなかった。

光:教室の中で、んっも、ドキドキやろ?(笑) 授業中もドキドキやろ?

り:いやっはははは(笑)ちょっと、へんに・・・変な感じですよね。 (スタッフ笑)

光:うわぁっ。めっちゃ、羨ましい。全くそぉいう感覚って味わったことないもん。 (スタッフ爆笑)

り:いやぁ、どう・・・・・(笑)おかしい。 (スタッフ笑)

光:なにがおかしいんやっ!!笑うなよ、オレの人生!んふふふふっ(笑) (スタッフ爆笑)

  オレの人生、笑われたで。19の小娘にぃ。

り:(笑)バカにしてるじゃないですか。

光:ふふふっ(笑)いや、13は早いで。

り:え、じゃあどのぐらいならいいんですか?

光:え?

り:何歳ならいいんですか?

光:結婚するまでとっとき!!!

り:あははは(笑)今時いません、そんな人。 (スタッフ笑)

光:んはははははっ(笑)そら、そうやな。そらそや。ま、でもぉ13・・・

  中学生は早いよ。だめだめ。まだ義務教育も終わってないねんで?

  義務教育ってどいういことか知ってるか?親が、バシン(机を叩く)

  子ども・・・・ん・・・・が、学校に行かな・・・・行かせなきゃいけないという。ねっ?

り:知ってますよ。

光:その・・・・その学校で!バシン(机を叩く)親が行かせなければならない学校で! 

  (この間机を連打!)君は勉強するやなくて、ちゅーをしたっっっ!!! (スタッフ爆笑)

り:(笑)勉強してましたって。

光:んっとにぃ。なんや、それ。

り:おかしいですよ。

光:その人とは、付き合ったんか。

り:あ、勿論です。

光:どんぐらい。

り:え、聞きたいですか?

光:ちょっと待って~~~。ちょっと待って、ちょっと・・・・ちょっと、ちょっと待ってなぁ。

  これ、ありがちなパターンちゃうか? (スタッフ爆笑)

  当てたろか?

り:はい。

光:5日。

り:違いますよぉ。

光:あ、違うか。どんぐらい?

り:えっと・・・・1ヵ月ちょっと。

光:あぁん、似たようなもんや。5日も1ヵ月も変わらへん。30日くらいしか変わらへん(笑)

り:30日って、結構でかいですよ。

光:でかくねぇや。ちょっと待って、計算するから。 (スタッフ笑)

り:でかいですよ。

光:720時間や、たったの。

り:でかいですって!

光:君はまだ19年しか生きとらんからなっ!ああん。だからぁ、

  だった19年の中の1日っていうのは長いんだよ。(スタッフ爆笑)

り:また、バカにされそう。

光:君、弄るのおもしろい!なんか、虐めたくなるなぁ。

  え、なんか話してて面白い子やなって。 (スタッフ爆笑)

り:ああ(笑)どうも。

光:こ~、とってもこう、愛嬌あるなって感じがする。

り:あ、それはありますね。

光:ふっ(笑)自分で言うなや。んふふふふっ(笑)自分で言った。あ~、ま。幸せになってよ。

り:光一くんもなって下さい。

光:あぁ・・・ありがと。 (スタッフ笑)

り:ムリだと思いますけど(笑)

光:んっはははははははは!(爆笑) (スタッフ大爆笑)

  面白い、君。ほんと、面白いよ。

り:どうも~。

光:オレ、あんたスキだよ。

り:(笑)

光:ゴメンな、剛いなくてなぁ? (スタッフ笑)

り:ほんと、残念ですぅ。  (スタッフ笑) 

光:ふははははははは(笑)あ~ぁ、オレ君スキだよ。うん、スキ。はい。じゃ、ありがと。

り:ありがとうございました。

光:なんのコーナーだか分かんなくなっちゃった、オレは。

  ねっ、じゃぁ、また。Kinki Kids宜しくお願いしま~す。

り:はい。どうも。

光:はい。失礼いたしま~す。



はぁ~・・・・面白かったなぁ今の子は。弄りがいのある子やったです。

え~、13はちょっとねぇ?ビックリだなぁ。でも、自分も普通や言うてたし。

こぉいう世の中かぁ~、なんか淋しいねぇ(ボソッ)

最後の人かな?

 

 (ジャジャジャン♪)



光:はい、もしもし

り:もしもしぃ?

光:んふっ(笑)今のもしもしで分かった。めっちゃ、友だちみたいな言われ方したな、今。 (スタッフ笑)

  あはははっ(笑)え~、お名前と年齢をお願いします。 

り:×××、20歳です。

光:仕事は?

り:コンビニで、バイトしてます。

光:今、彼氏いんの?

り:いないです。

光:いないんかぁ。

り:はぁい。

光:さぁ!という訳でねぇ、あなたの初ちゅうですよ。これは、もうねぇ、

  さっきの子13歳やったんで、も、これはもう

  プスプサーッ!!って、い、今もう答えちゃいます。ハイ!



  ~ピンポンピンポーン♪~  (正解チャイム)



光:そりゃ、そうやろぉ。さっきの子・・・じゅ、13ですよ!13より

  下っていうのあり得ないでしょ?ちょっと。ねぇ。

  だから、あなたのぉ初ちゅー、ボクは今から当てますよ。

り:はぁい。

光:それは、ちゃんと彼氏としたの?

り:はい、そうです。

光:あぁ~。いい恋やった?

り:うん!いい恋でした。

光:うぅぅぅん。そか。分かったよ。あなたの初ちゅーの歳が。15!!



  ~ブーーーーーッ!~ (不正解ブザー)



光:んっく、く く く く くっ(笑) 何歳? (スタッフ笑)

り:きゃっはっはっは(笑)え、17です。

光:あ、17か。結構順当だね。

り:あ、ほんとですか?

光:あんまり、あんまり早いとなんか~・・・・なんか、焼きもち妬くやん?

  んふふふふふっ(笑) (スタッフ爆笑) 25歳の男がなぁ。

  んっな、焼きもち妬くやん。そんな、そんな若くしてさぁあ、さっきのじゅう、13歳の子なんか

  ・・・・・ほ・・・放課後に~。・・・・・・・教室でちゅうをした言うてたもん。

り:あ~、いいですねぇ。

光:ムカツクわぁ。

り:すごぉい(笑)

光:自分も高校生でしたね。それはど、どこでしたの?学校か?

り:遊園地で、初デートでした。

光:なぁん、おまえもムカツクなぁ。それもまた、ムカツクでぇ、十分。 (スタッフ笑)

り:いやぁ、ごめんなさい。

光:ん・・・なに、遊園地。観覧車か?

り:帰り際に。

光:ちゅーは帰り際か。

り:はい。

光:あ~、どっちから。

り:・・・・・・・・・・。

光:どっちからした?

り:向こうからですね。

光:んぁ~。と゜う思った、自分。

り:なんか・・・よく覚えてないです。ドキドキしてきて。

光:・・・・・・・・・・・・・・・・・・。えぇ~なぁ、そぉいうの!!(大声) (スタッフ大爆笑)

り:(光ちゃんの声に)ビックリした(笑)

光:そういうのぉ、無いわ~。そういう経験。で、今・・・・・

り:えっ?!無いんですかぁ?

光:そんな経験無いぃ!!んっとにぃ(怒)

り:うそぉ?

光:だって、もう、だって、働いてるもん。

り:ああ、そっか。すみません。

光:12歳ぐらいから働いてんねんで?

り:あ~、そうですよね。

光:そうすると、そんな学校で、なんか恋して、教室にいるだけでドキドキ♪みたいな。

り:でも、近々絶対いいことありますよ!(スタッフ「みんなに励まされてるの(笑)近々(笑)」)

光:無いよ。無いっ!

り:ありますよ~。大丈夫ですよ~。

光:無い無い。んんっ・・・。

り:あります。きゃはははっ(笑)

光:オレ、無いよ。仕事が楽しい。

り:そぉんなこと言わないで下さいよ。

光:ええやん。仕事楽しいの一番やんなぁ?一番と思うわ。まあ・・・ (スタッフ笑)

り:頑張って下さい。

光:でも、自分も彼氏いないんやろ?

り:今いないですねぇ。じゃあ、お互い頑張ります。

光:あぁ、そやな。頑張ります。ん・・・・・、頑張れや。 (スタッフ笑)

り:はぁい(笑)頑張ります。

光:好きな人はいるのか?

り:好きな人は・・・・・・あの~、え~、やっぱ気になる人が。

光:ぅん・・・それだけで楽しいやん。

り:そうですね。楽しい。

光:そやろ?ま、頑張ってくれ。

り:きゃはははっ(笑)はい。頑張って下さい。

光:はい。はいはいっ。そいじゃぁね。

り:はい。さようなら。

光:さいなら。

り:はい、失礼します。

光:失礼します。



いや~~~~っ。なぁんだろ・・・・・・・・感想もないね。別に感想はないっ!! (スタッフ笑)

(笑)という訳で。え~、以上。クイズ「ハイ&ロー」でした。



はぁい、という訳で。今日はなんか、終始おかしな気分でございました。 (スタッフ笑)

ただね、あの~1つ思うのはね、やっぱりなんか、青臭くてさぁ。

なぁん、どっちかって言うとなんか~幸せな話じゃない。どっちかって言うとよ?

だからまぁ、悪い気はしないけどねっ。 (スタッフ笑)

んえぇ・・・・ただ、コメントは・・・はぁ(溜息) 差し控えさしていただきます。 (スタッフ笑)

さ、という訳で。たまにハガキ読みますので、こちらまで。



 (あて先)



では、また来週ですっ。ばいばいっ!!



| キンキラKinKiワールド | 11:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT