Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2004年9月4日『あの頃 お母さんも無茶してたクイズ!』(りい)



はぁい、こんばんは。堂本 光一で~す。夏が、過ぎるのもねっ、早いですよね。

え~・・・新学期が始まった、今ね、宿題に追われてるリスナーも、中にはいるんじゃないか。と。

中には、新学期がもう始まってい、いるのに、実は宿題まだやってない。そんな人も中にはいるでしょう!

僕ぅ?僕この夏で・・・の思い出を絵日記にするなんてその一枚は、てんてんてん(・・・)

ってこう、原稿にあるんですけども別に無いですねぇ(笑)(遠くで誰かが喋ってます)

あ!クーラーの掃除は・・・したねぇ!!(スタッフ笑)した、した!そういえば、クーラーの掃除、したよ~。

詰まってましたよ~、ホコリが。(スタッフ爆笑)空気中にこんなにホコリがあるんだ!?というくらい。ぉん。

さ、今夜のキンキラキンキワールドはも、またまたスペシャルというふうに言ってるんですが、

あの人気企画の再び登場。びっくり・・んっ、マーク、びっくりマーク、びっくりマーク(!!!)

みっつもついてるんですけども(笑)え~、耳を覆いたくなるようなお母さんのあの衝撃発言が

連発しちゃう。と、いうことでございます。

では、それいく前に歌で~す。剛くんのアルバム[si:]から。See You In My Dream、どうぞ。





  ♪~ See You In My Dream



あの頃 お母さんも無茶してたクイズ!



  ♪~ あの時君は若かった (ザ・スパイダーズ)



さ、え~・・・・まぁ、スタッフが、非常に気に入ってるこのコーナーなんですよ。

特に、ナイスガイが!っていうことでいいかな?んふっ(笑)頷いてる。ま、まだやるということで。

今回は、え~前回に続いて夏バージョン。ん~、とても娘さんの前では答えられないような、

ものばかりとなっている。まぁ、非常に際どい・・・問題でしたよね、前回確かに。

えぇ。ま、このクイズ。そんな無茶してたかもしれないお母さんに出てもらいまして、あらゆる問題に

答えてもらいます。とにかく答えてもらえれば正解になりますので、しかも、答えられない訳がない

問題ばかりとなってますんで、え~・・・恥ずかしい。言ってみれば、キケンな恥ずかしい問題に

なってるわけですね。ご本人は絶対分かる問題となってます。

えぇ。え~、これ全問正解すれば、愛のヒカリモノ100枚をプレゼントしま~す。

1問でも不正解だと、だめですよっ。・・・愛のヒカリモノ、ほんとに何枚あるんすか?

これ・・・ひゃ、100枚。ねぇっ? (スタッフ笑)んっふふっ(笑)あと何枚あるの?

んっふふっ・・・気になるんだけど。(笑)

箱に~、だーーーーーっ!ってあったりすんの?んっはははははっ!(笑)

いい加減、替えたいんでしょ?これを。 (スタッフ爆笑)だからこんだけあげちゃうんでしょ?(笑)

ま、いいや。え~・・・という訳で、先ほども言ったように一問でも間違えると

一枚も貰えないというわけですからね。頑張ってもらいましょう。

え~、クイズに出てもらう挑戦者の、す・・・推薦人!リスナー呼んでみましょう。



(以下 光:光一さん り:リスナー 母:リスナーの母)



光:もしも~し

り:もしもし?

光:はい、お名前お願いいたしま~す。

り:○○○です。

光:○○○さん。おいくつですか?

り:16才です。

光:夏休みは楽しかったですか?

り:あ~、部活ばっかりで。

光:部活なにやってんの?

り:バレーボールです。

光:お~~!?大山 加奈?

り:あ、はい。ふふふふっ(笑)

光:パワフル加奈?

り:パワフル加奈で。

光:スーパー女子高生?

り:スーパーじゃないです(笑)

光:っと・・・・木村・・・・沙織。

り:あ、はい。

光:ちっ(舌打ち(^^ゞ)すげぇな。オレもよく知ってるな。後・・・竹下!

り:はい(笑)

光:え~・・・○○○ちゃんはどういうタイプですか。

り:え、ブロックをやってる。

光:ブロック!

り:はい。

光:え?ブロックをやってるっていうことは~・・・

り:センタープレーヤーです。

光:あとさぁ、リベロってなに?

り:リベロは、あの~遠くにいくボールを取る、カット専門の人です。

光:へぇ~。後は、あのユニフォーム色違う人いるやんか。あれ、間違えちゃったの?

り:いや、あれがリベロなんですよ。

光:へへへへへっ(笑)あ、あの人は~、アタック打ったらあかんのやろ?

り:だめですね。

光:それは、ルール違反なやろ?

り:はい。

光:トスは、上げてもいいの?

り:トスは上げていいんですよ。

光:ぁあ。アタックはあかんねんな。

り:はい。

光:へ~。難しいな。いやね、全然知らねぇなぁ。

り:頑張ってください。

光:いや~、悔しいな。なんか。

り:うふふっ(笑)

光:もっと知りたいなぁ。

り:ひひひっ(笑)

光:あぁ、そう。なるほど。はい。○○○ちゃん、身長はどんぐらいなん。

り:163です。

光:ズズッ・・・からん♪(氷)(ストローで?飲んでます)なんだよ、ちっちゃいじゃん。 (スタッフ笑)

り:失礼な。

光:え、それはその~、周りと比べてもどお?

り:でも2番目ぐらいですよ。

光:からん♪(氷)嘘ぉ!?じゃ、ちっちゃいチームやな。

り:ちっちゃいチームですよ。

光:んははははっ(笑)強いの? (スタッフ笑)

り:いや!聞かないでください(笑)

光:んふふふっ(笑)そうか、ちっちゃいんだ(笑)

  いいじゃん、でも。竹下だってちっちゃいんだから。(参照/公式プロフィール/159cm)

り:そうですよね。

光:ちっちゃいのに、日本代表で頑張ってるんで?

り:ほんとですよ。

光:なっ。ああいう姿、オレ素晴らしいと思うね。

り:あ、そうですよね。

光:ん、素晴らしいと思う。○○○ちゃんもそういう風になってや。

り:(笑)はい。

光:さ、というわけでお母さんクイズなんですけども。あの~、

○○○ちゃんはお母さんの昔。よう知ってる?

り:いや。あんまり知らないですね。

光:こぉ、お母さんが付き合った人とかさ。

り:あ、それは知らないでする

光:お父さんとの出会いとかさ。

り:あ、ちょっとだけ聞いたことがある。

光:ほぉ~、なるほど。

り:はい。

光:え~・・・お父さんとは仲いい?

り:うん。多分。

光:いま、仲いい。

り:うん。

光:おぉ!そっか!ならよかった。

り:うふふっ(笑)

光:まぁ、あの。凄い、耳覆いたくなるようなね?ん、ま、

  質問というか問題もあると思うんですよ。

り:あははっ(笑)はい。

光:ええ。許して?

り:(笑)はい。



光:はい。じゃあ、え~、そのお母さん。

母:もしもし

光:もしもし、あっ、お母さん。お名前と年齢を・・・。

母:あ、○○子です。

光:○○子さん。はい。

母:39才です。

光:あ、なんだお若いですね。

母:はい。若いですよ。

光:なんだ、23のときに・・・

母:そう・・・22・・・ですね。

光:○○○ちゃんを。へ~・・・。お若くして、お父さんと出会い。へぇ~~~~。

  ま、ちょっと恥ずかしい、子どもに聞かれたくない問題出てくると思うんですがぁ、

  答えられない問題は、出てきませんので。恥ずかしくても答えられる問題ばかりなんで、あの~、

  愛のヒカリモノ100枚!差し上げますんで。え~、不正解にならぬよう、頑張って下さい。

母:分かりました。頑張ります。

光:え~、1分間10問となります。え~、そのクイズに全て、全て、答えて下さい。

  一問でも不正解になると、一枚も貰えません。

母:はい。

光:じゃ、頑張って下さい。では、いきますよ?いきま~す。

  「お母さんも無茶したかもしれないクイズ」スタート!~♪

  「お父さんと運命の出会いをした場所はどこ?」

母:えっと、中学校の2年生のときに彼が転校してきたことです。(ピンポンピンポン~♪ 以下 ~♪)

光:うぉ~~~~っ、すげぇ~~~!「お父さんとのデートで一番よく行った場所は?」

母:え~っと、車で千葉の浦安・・・のディズニーランドが出来たくらいですかね。

  そこあたりをぐるぐると周ってました。~♪

光:いいねぇ~。(クスンッ)「お母さんが初めて男性と唇を重ねたのはいくつのときだった?」

母:え~、20です。 ~♪

光:遅いですね、案外ねぇ。「お父さんの肉体で一番堪らないのはどこ?」

母:え~・・・と肉体でそうですね、最近横に割れてきたお肉でしょうかね、ウエスト。 ~♪

光:よ・こ・に・割れてきた・・・?三段腹や言うことですよね。

母:うふふ(笑)縦じゃなく横で(笑) 

光:へへへっ(笑)えぇっ~(笑)、「お父さんと最近唇を重ねたのはいつ?」

母:え~っと、今日の10時ぐらいですかね。 ~♪

光:うおおっっ!?(笑)「お母さんが勝負するときに身につける下着の色を教えてください」

母:え~っと、ピンクのシルクのパンツです。 ~♪

光:んふふっ(笑)「お父さん以外に抱かれるなら誰がいい?」

母:え~っと、じゃぁ、光一くんがいいので、光一くんお願いいたします。 ~♪

光:ふふふっ(笑)ありがとうございます(笑)え、「お母さんのボディで一番感じてしまうのはどこ?」

母:ボディで。う~~~ん、首。ですかね、うなじ。 ~♪ 

光:あぁ・・・。「大福の中に入っているものの名前を色っぽく言って下さい」

母:大福ですか?

光:はい。

母:う~~~ん。あ~~~~ん、こ。かなぁ? ~♪

光:イチゴでもよかったと思いますけどね、僕ね。

  「感情込めて、おとうさ~んっ(光一さんが感情込めてます)・・・お父さん!

  愛してる(普通に、言い直してる)と言って下さい」

母:お父さん!愛してまーーーす!!(エコー) ~♪



  ファンファーレ ~♪  



光:え~・・・お母さん、頑張り過ぎや。 (スタッフ笑)

母:え(笑)頑張り過ぎですか。頑張りました。 

光:(笑)お母さん、頑張り過ぎましたよ。

母:子どもがなんか、顔を覆ってます。

光:そらそうですよぉ。えぇ・・・。お父さんとの、運命の出会いをした場所。

  中学校2年生のときにお父さんが転校してきた。

母:そうなんです。

光:これ、すごいですね~!そっからず~っともうお父さんと付き合ってたんですか。

母:付き合ってるっていうか・・・そうですね。学校の先生が、担任が

  面倒見ろって言われたんで、それで面倒みてて、いつの間にか。

光:へぇ~。それで、いつの間にかくっついちゃった感じで。

母:そうですね。いつの間にか。

光:へぇ~。その間他の男性と付き合ったりとか無かったんですか?結婚するまで。

母:あ、私は無いです。

光:・・・・・・わ・た・し・は?

母:はい。たぶん主人はある。と思いますよ。

光:おっと!?なんで?

母:いや、「ここ行ったね?」っていう話がでると、私が「知らない」って答えると、

  「あ~、じゃ友だちと行ったんだ」って感じでね。

光:んはははははははっ(笑)ありがちやな~(笑)それはもう、お母さん気にされて無いということですか?

母:そうですね。

光:気にしてないんだ。あ、じゃぁもう信頼関係の篤いご夫婦。そ感じでございますかね。

母:ええ。

光:「あ~~~んこ」と、「あ」を伸ばしてました。ま、ここにはあんま触れんとこ、オレは。 

  ということで、お母さん頑張ってくれたんで、愛のヒカリモノ100枚、プレゼントしますけども、

  ○○○ちゃん!色々初耳のところもあった?

り:はい。

光:なにが初耳やった?

り:なんか、初めてのキス?

光:おん。初ちゅー20やって。随分・・・遅い感じしない?

り:ですね。

光:中・・・2で出会ってんねんで?お父さんと。

り:ふふふふふ(笑)そうです。

光:ね?お母さん?

母:そうですね。20まで・・・

光:6年ぐらいあった言うことですよね?

母:ええ。その時までは、友だちっていう・・・感じですかね。中学3年のときに、

  卒業するまでは友だちっていう形だったんですよ。

光:ぉぉん。

母:空気みたいな感じで・・・

光:高校も一緒の高校だったの?

母:高校違います。

光:あ、違う高校だったんだ?

母:ええ。それで、卒業するって居なくなっちゃうときに、ああ、もしかして

  それは好きなんじゃないかな?って。

光:それは、中学卒業?

母:ええ。

光:あ~・・・。素晴らしいっ!!

母:あはははは(笑)

光:ねぇ!○○○ちゃん?○○○ちゃんはもうちゅーした?

り:してないですよ。

光:ほんとかよ?お母さんの前から言ってへんちゃうんか?

り:ほんと違いますよ。

光:あっそう。好きな人とか居ないの?

り:いまは、居ないですね。

光:そっか。じゃ、出会えるといいな。

り:はい。

光:うん・・・。

り:光一くんも頑張って下さい。

光:んっははははははははっ!(笑)応援されちった。なぁ、頑張るわぁ(笑) 

り:頑張って下さい。

光:頑張るわ、オレも。ほんと。ね、という訳で○○○ちゃん。

  お母さん頑張ってくれたんで、愛のヒカリモノ100枚プレゼントします。

り:ありがとうございます。

光:ほんまにいらんもんやけど、許して。

り:(笑)

光:捨てるなり、なんなり・・・

り:いやぁ(笑)

光:してください。

り:捨てませんよ。

光:ま、売ってないものなんでね、貴重かと思いますけども。

  はい。という訳で、お母さん、○○○ちゃん。どうもありがとうございました。

母:ありがとうございました。失礼しま~す。

り:ありがとうございました。頑張って下さい。失礼します。



光:いいご家庭ですよねぇ。ひじょ~に、なんか、家族。円満。っという感じが伝わって来ました。

  はい、え~、という訳でこの後もキケンなクイズ、続きます。





え~、ということで、「あの頃 お母さんも無茶してたクイズ」やっとりま~~~す。

ま、先ほどは非常にお母さん頑張ってくれました。え~、では、もう1人お母さん、挑戦してもらいます。

まずは挑戦者の推薦人である、○×○ちゃ~ん。



 (以下 光:光一さん り:リスナー 母:リスナーの母)



り:こんばんは~。

光:もしもし、はい、どうも。。○×○ちゃんはおいくつですか?

り:15才です。

光:15才。中学生ですか?

り:はい。3年生です。

光:中学3年生。夏休みはいかがでしたか?

り:宿題が多すぎます。

光:宿題が多い。

り:はい。

光:なぁ。宿題とか多すぎるとさ、何のための夏休みや?と思わへん?

り:ああ・・・

光:夏休みの。もうやった、全部。

り:いや。まだ・・・

光:んふふふふっ(笑)まだ(笑)

り:まだ。

光:あぁ~、そっか。ま、頑張ってや。  

り:はぁい。

光:オレは宿題、なにもないで。

り:いいなぁ(笑)

光:はははははっ(笑)んっま、もう25やからなぁ。 (スタッフ笑)

り:羨ましい。

光:ふっはははは(笑)頑張ってや。

り:はい。

光:という訳で、お母さんのプライベート、詳しい?昔のこと。

り:たまに聞くけど、あんまりちゃんと聞いてないかも。

光:あぁ、そう。お父さんとの出会いとか知ってたりする?

り:ちょっと聞いたことあるけど。

光:お~。そっか。あんまり知らないことやな。今日は色々聞ける・・・と思うわ。

り:はい。

光:ぉん。お母さんとお父さんは仲いいですか?

り:仲、たぶんいい方やと思います。

光:いい方。そうか。ならよかった。まぁ、いらん・・・キケンな質問もくると思うんで、許して下さい。

り:はい。

光:じゃ、お母さんに代わってくださ~い。



母:もしもし~?

光:あ、どうもはじめまして。こんばんは。

母:こんばんは。

光:え、お母さん、○子さん。で、よろしいですね?

母:そうです。

光:今日は、ほんまあの~・・・恥ずかしい質問・・・・いっぱいくると思うんですよ。

母:うふふふふふっ(笑)

光:ただ、これ1つでも答えられないと、商品をあげられませんので。

母:はぁ、そうですか。

光:はい、全問、全問正解というか、答えていただくのが条件となっておりますんで。

  宜しくお願いいたします。

母:はい。わかりました。

光:では、1分間10問となりますんで。え~、全てにお答えくだ・・・さい。

   よろしいでしょうか?頑張って下さいよ?

母:はい。

光:はい、では。「お母さんも無茶してたかもしれな~~~いクイズ」スタート~♪

  「お父さんは何人目に付き合った人でしたか?」

母:初めてです。 (ピンポンピンポン~♪ 以下 ~♪)

光:「お父さん(笑)と運命の出会いをした場所はどこ」

母:運命の出会いですか?

光:はい。場所ですね。

母:小学校の運動場かな? ~♪

光:おぉ~・・・。「お母さんが初めて男性と唇を重ねたのはいくつのときだった?」

母:19才。 ~♪

光:「ちなみに、場所はどこで?」

母:車の中。 ~♪

光:お~~~~っ!(笑)カーちゅーですよ、カーちゅー。

  え~「お父さんと最近唇を重ねたのはいつ?」最近です!

母:夕べで・す。 ~♪

光:お~っ、素晴らしいっ!パチパチパチ(拍手)「お父さんと結婚することにした決め手はなんだった?」

母:やさしいところ。 ~♪

光:「お父さん以外に抱かれるなら、誰がいい?」

母:え~・・・・歌手の、五木ひろしさん。 ~♪

光:おぉ~、五木ひろしさん。え~「鯛焼きの中に入っているものを、色っぽく言って下さい」

母:色っぽく?

光:はい。

母:あ~~~ん! ~♪

光:んふっ・・・はっはっはっはっはっ!(笑)なるほど(笑)間違いない。(ものまねした?)

  「お母さんが触ると、お父さんが一番感じてしまうところは(笑)どこ?」なんだ!?この質問(笑)

母:・・・・・っと、わきの下。 ~♪

光:ん、くすぐったいですからね。「感情を込めて、お父さん愛してると言って下さい」

母:お父さん、愛してるよ!(エコー) ~♪



  ファンファーレ ~♪



光:なんの照れもなく、恥ずかしさもなく「お父さん愛してるよ」と言う、今のえ~・・・

  言い方というか、なんというか、え~・・・なんかこう・・・素晴らしい、家庭像というか、

  そういうのがちょっと見えましたえ~、ま、色々すみませんね、変な質問ばっかりで。

  恥ずかしい質問もいっぱいあったかと思います。まぁ、そのお父さんとの出会いと

  いうのはですね、運動場だったということなんで。

母:はい。そうです。

光:これ、おいくつのとき?

母:それは、先輩ですので、小学校1年生のとき、お父さんは5年生だったので・・・なんか

光:はい、あ!なるほど!

母:ドッヂボールかなんかしてくれたような気がするんですよ。

光:はぁ~~~~~、なるほど、なるほど、なるほど。・・・・・はぁはぁ、なるほどね。

  それでまぁ、別にそん時は好きとかそういう感覚・・・でも、っていうわけではないですよね?

母:大きくなってから、色々と話も合いますし。

光:はぁ~。学校とか、ずっと一緒だったりしたんですか?

母:そうです。先輩ですから。

光:ほぇ~~~。なるほど。でも、あれですよね?小1と小5だったら例えば

  中学に上がっても・・・お母さんがね、中学に上がったとしても、

  お父さんはもう・・・中学卒業されてる。

母:そうです。学校では会いませんけど、やはりどこか。あの~、あまり遠くは

  離れてないので見かけたことはありました。

光:あ~、なるほど。はぁ・・・でも、素晴らしいでございますよねぇ。

  えぇ、はい。という訳で、娘さんの○×○ちゃん。

り:はい。

光:ま、色々ちょっと、聞きましたけども。え~、初めて知ったこともあったんじゃないでしょうか?

り:はい。そうですねぇ。(笑)

光:車の中でちゅーしてんて、お母さん。

り:あぁ~、想像したくないですね。

光:んっはっ!!(笑)そんなん言うなよ!(声が大きい(^^ゞ) (スタッフ笑)

り:(笑)ちょと~・・・。

光:美しいやないか!!(声大)・・・・・・あかんか?(ぼそっ)あかんかなぁ?ん~・・・でも、

り:美しいです。美しい。

光:な?美しいやんなぁ?でも、凄いと思わん?しょ、その小学校の頃あの、

  知り・・・知り合ったというかどうか、ねぇ?同じ学校だった人と、

  ずっと大人になって結婚してっていう。凄いよね。

り:はぁ、凄い。

光:○×○ちゃんは、いま彼氏とかおらへんのかい。

り:いません。悲しい~。

光:いないんかぁ。好きな人とかいたりしなかったん?

り:ずっと同じ子ばっかりで学校来てたんで、あんまりそんな・・・

  なんか、おじさんとか好きなんですよ。 (スタッフ笑)

光:ふははっ(笑)ちょっと待って。それ、危ないこととちゃうよねぇ?

  え、あの・・・おじさま好き。っていうことでいいんかな?

り:あ、あのちょっと年上の人というか。

光:年上。それは、何歳ぐらいっていうことかな?おじさんっていうのは。

り:お兄ちゃんとか歳離れてるから、もぉ20上からで、ダンディな人やったらもう・・・

光:ん・・・。そうか、おじさま好きなんや。

り:はい。

光:へぇ~~~。じゃ、まだ~、○×○ちゃんはちゅーもした事無いんや。

り:ない。

光:ほぉか。じゃい~~い人現れるといいな?ん。

り:はい。

光:いい人現れて、いい恋愛してさ。ま、でも先ほども言いましたけども。あの~、

  お母さんがお父さんに愛してると言う言葉ですね、ほんとになんか、非常に。

  軽~く言った感なんですけども、それが逆にですね、長く付き合ったお2人の感じがでてて、

  非常に印象深かったですけどもね。ねっ。

り:はい(笑)

光:というわけで、あの~、お母さん頑張ってくれたんでぇ、愛のヒカリモノ100枚!プレゼントします。

り:やったーーー!(笑)

光:そんな「やったー!」言うほどのこ、ものでもないんで。ほんまに。

り:いえいえ。

光:まぁ、お母さんに感謝して。お母さん頑張ってくれたからさ。

り:はい。

光:あの~、お母さん!

母:はい。

光:どうもありがとうございました。

母:ありがとう(笑)

光:すいみせん、こんなコーナーに参加してもらって。

母:いや、もう普通の・・・(笑)頑張って下さい。

光:はい!ありがとうございます。じゃ、あの~、またラジオの方も応援していただき。

  Kinki Kidsもこれからもよろしくお願いいたします。

母:・・・・・・・(沈黙)

光:・・・・・ねっ。し・か・と・言うことで、っははははははは・・・んはははははっ!はは(爆笑)

母:聞いてました(笑)

光:2人ともありがとうございました。

り:はぁい。

光:どうも、失礼いたします。



あぁ、いいなぁ~。こういう家族、いいなぁ。なんかね、家族像見えた。

え~~~、というわけで、ありがとうございました。まぁ、あの、このコーナー、まだ続くんかな?

はい。では、「お母さんも無茶してたかもしれないクイズ」でした。



はい、今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。「お母さんも無茶してた・・・クイズ」。ねっ。

なんか、今日は結構いい感じの・・・なんか温かみのあるコーナーになっちゃったな。って気がしますけども。

ね、いらん質問もあるけどねっ?えぇ、というわけで、「お母さんも無茶してたかもしれないクイズ」。

もしも、うちのおかんもにこのクイズやって欲しい!これ、反響がまたあればやるだろうし、

出たいという方、推薦したいという方、ハガキを送ってください。

ま、ハガキに関してはなんでも、受け付けております。



    (あて先)



それでは、また来週でございます。ばいばいっ。

| キンキラKinKiワールド | 11:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT