Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2004年10月30日『魚釣り企画』(りい)



どもっ!堂本 剛です。ま秋もね、深くなっていますけども、みなさんいかがお過ごしですか?

言うことでね。ま、僕は秋になると・・・今はねぇ1年中食えますけどぉ、秋刀魚を

食べたくはなりますよね、なんか。多めに。でまぁ、僕はさ・・・さ最近ねぇ、全然やってないんですよ。

釣りを。もぉ・・・1年ぐらいかなぁ?もいいことなんですけども、忙しいということは。でもねぇ~・・・

全然釣りが出来てないということでぇ。でまぁその今夜の企画なんですけども、今年忙しかった

僕をですねぇ、スタッフが癒してくれるという。で、それで30分丸々魚企画・・・

魚(うお)企画をやっていいですよ、ということなんですよ。ぅん・・・ほんとにいいのかな?て

僕はいまでも思ってますけどもぉ。魚好きな人はね、ちょっと食いつけますけども。

ねっ?興味ない人、もしくは嫌いな人ね?ん・・・どうなんだって話ですけども。

ま、とりあえずですね、まぁちょっと~・・・今年のカウントダウンコンサートでね?

今年の目標みたいなのちょっと書いたんですよ。習字して。そんときに僕は「魚」て

書いたんですよ。でも見事にそれができてなくて・・・光一くんはま「車」と書いたんですけれども。

ま、光一くんはちょいちょいできてるとは思いますけれどもね、ぅん。ま、とりあえず今日はぁ、

魚をやるということなんで。ま、言うてもそんなに真剣にやらないでしょ?・・・・だって、

ここ魚釣れへんからね。(スタッフ笑)いや、ほんま(笑)マイクあるやん。

こんな電気ばんばんあるとこで魚釣れませんからねっ。ま、とりあえずこの後魚企画・・・

だそうなんで。まぁ、さらっと楽しもうかなと思っておりますのでみなさん、最後まで

お付き合いよろしくお願いします。それではここで1曲聴いて下さい。Kinki Kidsで「薄荷キャンディー」



  ♪~ 薄荷キャンディー



さ、ということで今夜は今年全然魚・・・ねっ、釣ることができませんでした僕をスタッフが

癒してくれるために、魚(うお)釣り企画を用意してくれたみたいなんですけども・・・・

え~、竿がねぇ・・・ありますよ。今、このスタジオに。(チャリン♪)ねっ?(チャリン♪)

チャリン鳴ってるんですけども、なんかこぉ・・・鈴が先端についててぇ、まぁいわゆるカレイ釣りですわな。

(チャリン♪チャリン♪)こ、置き竿して、で魚掛かったらこカカカカカーン(竿を振って鈴の音をさせてます)てね?

カレイとか釣るときに、ね、したり。ま、アナゴなど釣るときにもやりますけどもぉ。ま、とりあえず

これで何を釣ればええねん?て言う話なんですよ。ほんま言うたら、これロケでぇ・・・・

釣りさして!って話よ。(スタッフ笑)なんとか海釣り施設いっぱいあんねんからさぁ、

そぉとこでもええやん。そぉとこ行って、釣りしてるとこで、「どぉですかぁ?」ふっふっふ(笑)

(スタッフ笑)「いや~、釣れないですね」っへへへへ(笑)(スタッフ笑)言うてる・・・のは、楽しいけど(笑)

どぉ~やろな?これ、んだってもぅスタジオやしな、と思いながらぁ、もぉこのねぇどぉしよ思うんですけども、

とりあえず釣り糸の先に・・・・図書券が500円ついてるんですよ。で、それのぉ・・・

「魚(うお)釣りを楽しんで下さい」て言われてもぉ・・・魚はね、図書券いらんと思うんですよね~。

(スタッフ爆笑)本、読まへんし。ぅん・・・。ま、ちょっとルールでいくと、このスタジオから廊下まで、

だいたい何メーター?これ?4、5メーターあんねんけど、思いっきりねスタジオのメインの扉

開いてんのよ、今。で、開いてて、その向こうに廊下があって、人がばんばん通ってんねんけどもぉ。

ま、えぇ~っと、向こうでですねその廊下の方で餌に食らいつく人がいると、スタッフが網で・・・

タモって言うんですけどもね、タモですくってくれると。フォローして、こちらに持ってきてくれるという。

ことなんですよ。ぅん・・・全然釣りっぽくないけどねぇ。ん~。も、全然っ・・・・人・・・でしょ?要は。

なんか、こぉ魚っぽい顔とかそういうわけでもなく、なんの捻りもなく。人・・・を、図書券で

釣るっていうことですね?ぅん・・・。もっとなんか考えへんかったん、企画ぅ?(スタッフ笑)

んふふふふっ(笑)もぉちょっとなんかさぁ、これ図書券で・・・竿。これ結構すぐ用意できるもの・・・

で、固めた感じあるけども。(スタッフ笑)じゃ、とりあえず?これ投げればいいの?(シャンシャンシャン♪)

よしっ!じゃ、投げるか(少しマイクから離れたもよう)あっ!?これっ!でぇ・・・・えへっ(笑)

なんやねんこれ(笑)(スタッフ笑)段取り多いわ。それでっ、ん~っ、釣れるまでハガキ読むねんて。

(マイク前に戻る。息が乱れてます^_^;)ん~と・・・じゃ、この子にしよか?広島県の○○子ちゃんね。

え~「光ちゃん、剛くん、こんばんは。私は中高と女子校に通ってるせいもあって、男の人と

どう接していいか分からないんです。今私が唯一同年代の男の人と接する場所は塾なのですが、なるべく

目を合わせないようにしたりして、避けています。このままじゃ社会に出ていけないかも。

いつも友だちと一緒にいるんですが、この前同じ講座に友だちが誰もいなくて、1人で授業を

受けていたら、突然知らない人に友だちになってくださいとメルアドを書いた渡されて

困ってしまいました。私はビックリしたんで断る間もなく、はい。と曖昧に返事をしていましたが、

正直知らない人とメールしたりするのは苦手です。でも友だちになってくださいと言われて

断る理由も見つかりません。こういうとき、どうしたらいいんですか。対処方法を教えてください。」

ぅん・・・これはもぅ、「私は携帯持ってないんで」とか、ははははっ(笑)

さらぁっと言うたったらええねん、んなもん。こんなもん、ねぇ?(スタッフ笑)

まぁね、友だちはねぇ・・・あの、僕も友だち作る番組やっててなんですけども、そんな多くは

いらないですよ、ほんとにぃ。友だちはね、やっぱり・・・ま、若いうちはいいかもしれないですけどもぉ。

まぁ25で言うのもあれですがぁ、どんどん歳とっていくごとにね?決められてくるでしょ?

あの、知り合いはいても・・・こいつにしか打ち明けられへんのやなぁ、オレの素直な気持ちみたいな、

あるじゃないですか。ん。だから、友だちというよりかは、そぉゆー・・・同性で十分ですけど。

同性でそぉゆう自分のこと理解してくれる人とねっっんんん!(一気に喋って、唾が溜まったの?(^^ゞ)

なんかちょっとあの~・・・・シャンシャンシャンシャン♪ 喋ってんねゃ、いま~。(スタッフ笑)

掛かったわぁ、人ぉ。(スタッフ笑)あ!(笑)ど~もっ(笑)おはよございまぁす!(スタッフ爆笑)

(スタッフ:「すみません、ちょっとお願いします」)シャンシャンシャン♪ (人:「これ、落し物?」)

(スタッフ爆笑)あ、ありがとうございますっ!すみません。ちょっと~・・・お仕事中・・・

シャンシャンシャン♪ほんっとに申し訳ないんですけど、あの、も・・・あの、堂本ですぅ。

 

   (以下 剛:剛さん 山:山本さん)



山:こんにちは。本番、まだ?

剛:初めまして、ど~も~。

山:意外に初めましてじゃなかったりして、オレ(笑)

剛:あっ!?ほんまですか???

山:えっ、声だけ、いつも。むか~~~し(笑)

剛:あっ!ほんまですか!!ありがとうございます。いや、あのちょっとですね・・・

山:なんですか?よく状況がつかめてないんですけど。

剛:いま、あの~・・・図書券を、まぁ、言い方悪い・・・言い方すると餌にしてですねぇ、

山:ぶははっ!(噴出)

剛:で、まぁ、あの~、人が釣れるか釣れないかて実験をちょっとしてまして・・・。

  これ、釣れてしまいましてですねぇ・・・。

山:思いっきり・・・・

剛:んっふふふふふふっっ(笑)

山:掛かっちゃいました(笑)

剛:あの~・・・じゃ、お名前とですね(笑)お名前とご職業を。

山:どうも、あの~・・・通りすがりのニッポン放送の 山本 元気といいます。

  アナウンサーやってます(笑)

剛:んふふふふっ(笑)え~・・・山本さんがですね、掛かりました(笑)

   見事に、掛かりましたけれども。

山:はいっ(笑)

剛:え~、これをですね、延々今日やっていかなきゃいけないという・・・ことなんですよぉ。

山:へへへへへっ!(笑)ええ、ええ(笑)

剛:ええ。えっとですね、ちっと今図書券・・・・を手に持ってらっしゃると思うんですがぁ、

山:見事にデグスがついてましたね(笑)

剛:そうなんです。テグスで寄せましたがぁ。ま、ちょっとこの図書券をですね、

  この番組に協力していただいたという事で、差し上げたいのは、やまやまなんですがぁ・・・

  いかんせんこの番組予算がないということでぇ・・・

山:あぁ~っ、やっぱりねぇ!

剛:じゃんけんに勝ったら・・・

山:あ!じゃんけんにっ!?それでも勝ったら貰えるんですかぁっ?

剛:はい。

山:嬉っしいな~。500円も貰えちゃうよ~!!

剛:えへへへへへっ(笑)僕はちなみに、じゃんけんはぁ、そんなに強くないんですよ(笑)

山:強くない?何回勝負ですか?1回?1回こっきり?1回勝負?

剛:1回こっきりですね。あ、じゃんけんはですねぇ、く、口じゃんけんで。

山:あ、口ね。そうよね。ラジオですもんね~!(笑)

剛:んふふふっ・・んはんはんはははは(笑)よぉし!じゃ、口で最初はグーで

  いきましょうか。ほいで、出すじゃんけん。

山:グーも言いましょうか。手も・・・っていうことね。はい、分かりましたっ!

剛:いきまーすよぉ?それでは図書券じゃんけん、いきます!

2人:最初はグー!じゃんけん 剛:パァー! 山:グー!

山:あぁーーーーーーーっ!!!弱え~っ!

剛:んふふふふっ(笑)

山:うっそ~~~~ん・・・・

剛:あぁ~、申し訳ないですねぇ、もぉ。かっ・・・オレ自分で勝ってびっくりしてるんですけどねぇ。

山:だって剛くん、よ、弱かったんじゃないんてすか?

剛:僕、ほんっと弱いですよ?

山:あれぇ?

剛:ほんとに弱いですよ?

山:なんで負けたんだろ?(笑)

剛:んははははは(笑)

山:っちゅうことは、これは単に届けに来た人

剛:そうですね。落ちてたもん、届けてもろうたみたいな。え?

  なんか、同僚の方でしょうか?あの・・・

山:次の仕事で呼ばれてるみたいですね。

剛:「なにしてんの、早よ来いや~」みたいなプレッシャーがいま

山:なに図書券持って、じゃんけんしてんだ!ぐらいの勢いで(笑)クールな目線でしたけど。

剛:んふふふふふ(笑)すみません。ほんと。じゃ、すいませんでした。

山:ありがとうございました~。(席を離れたようです)

剛:ありがとうございます、ほんとに。

山:釣られたよ~。(遠くから聞こえます)

剛:あの、落ちてるものあんま拾っちゃだめですよ(笑)

山:そうですね。また。良かったのか悪かったのか。

剛:えへへへへっ(笑)

山:ありがとうございました!お疲れさまでした。

剛:ありがとうございました(笑)ど~もっ。



いやも、ほんまにねぇ。いいの?こんなことして。(スタッフ笑)忙しい人捕まえて、

大丈夫?ほんまにぃ。ちょっとハガキの続きいかんとね。これね、男の人どうしても苦手で、

どうしたらいいんですか?ってことなんですよ。んっもそのまんまでいいがな、そんなもん。

ん。て、僕は思うけど。そんな別にぃ~・・・・ねぇっ?男得意な女も、オレは嫌いやな。

も、ほんま。大嫌いやな、そぉゆーのは。まぁまぁね・・・・あの~、でもね、自分が

ほんとにそうしたいと思うんやったら、男の・・・ま、友だちの・・・さ、友だちとかでさ、

ご飯一緒に食べに行ってみたりとか、そういうこと、ちょっとちょっとやるぐらいでいいと思うよ?

それでどんどん慣れる・・・・っちゃ慣れるやろし、慣れへん人は、慣れへん。

僕はもう、週1回・・・だいだいのペースで女の人とデートする番組やってて、今

正直全然緊張しない。ぅん。大して。まぁ、仕事ってのもあるけども。普通になってきたよね、

なんか知らんけど。ま、そんなもんやからさ、みんな。みんなていうか、○○子ちゃんね。

だからちょっと友だちと、その男友だちと、ご飯行ったりとか、遊びに行ったりっていうことを

ちょいちょいやるぐらいでいいと思うよ?そっからほんまに「あ、やっぱり男の人の友だちも

おったほうが私にはいいかも」と思ったら友だちになったらええし。で、そのお友だちに

なって下さいって言われた人に関しては、友だちになりたいと思ってんやったらいいけども、

なりたくないんやったら「あ、すんません。ごめんなさい」でいいんちゃうかな?

そこはもう、意思表示はっきりしてったほうがね、うん。しんどい思いせんでいいから、

そうしたほうがいいと思うわ。



で?・・・・・・・・・・・まだ?まだ人釣んの?いや~、もうええんちゃうかぁ?(スタッフ笑)んはは(笑)

いや、ハガキ読んだほうが・・・(スタッフ笑)えっ!?この後もおかしな・・・

こっ、やんのかいな?分かりました。じゃ、この後もおかしなこのフィッシング企画、まだまだやります!



さ、え~、今年忙しかった 堂本 剛 をスタッフが癒してくれるということで、

魚(うお)釣り企画を考えてくれましたっ。釣り糸に、いまどき500円の図書券を付けまして、

え~、ニッポン放送の廊下にえ~、1枚だけぶちまけております。

え~、そしてその図書券を拾った人が・・・釣れます。その人がスタジオに来て、僕と話をします。

んっもぉ、とんでもない迷惑な企画なんですけれども、とりあえずですね今また餌放ちました。

500円図書券をね。そして、獲物が掛かりましたら、え~、竿先に付いております鈴が鳴りますんで、

それまでハガキを読んでいくということでね。ハガキを読んであげた方がよっぽど

いいんじゃないかと思うんですけれども。宮城県の○○ちゃんですね。「私はやっと20歳になり、

お酒も解禁となりました。どうやら私は飲める口らしく、皆がどんどん潰れていくのに

私はあまり変わらないのです。唯一テンションが高くなりますが、でも私の飲むお酒というのは

殆ど酎ハイ中心です。ビール、焼酎の味などはまだよく分かりません。Kinkiのお2人は

お酒強い女の子はどう思いますか?」って言うことですね~。これ、女の子はたまになんか、

悩むっちゃ、悩む・・・ことかもしれませんけども。こんな~んね、強いにこした事無いと思うけどね、うん。

女の子は特に。も、男はさ、別に潰れようがなにしようがさ、なんも無いと思うから

大丈夫やと思うけど、女の子でねぇこれ弱いとぉ・・・例えば彼氏・・・・やったら心配でしゃーないよね?

なんか。でも強ければ「皆で飲んで来るわぁ」っていってもそんなに気にせんでもいいけど、ぅん。

まぁ、僕なんかもすぐ酔えるからねぇ?ぅん・・・ほんっとちょっと飲んだらも、

ふわ~っとなるから、楽は楽ですよ。金掛からへんね、酒は。ほんまに。最近では、だいたい

梅酒ですね。昔、焼酎でしたけれども・・・梅酒のロック。をなんか飲むようになりましたねぇ、

ぅん・・・。こないだのバンドメンバーがね、結構梅酒、皆飲むんですよ。

それでねなんか、梅酒になっちゃって。えぇ。で皆で梅酒よく飲んでますけど。

女の子は・・・・弱いと。ぅん~~~~、ちょっと大変じゃないかな?女の子は。ぅん、

世の中に悪い男が、もぉっ!わんさかしてるからねっ!もぉ、飲ませて潰して、

飲ませて潰してでしょ?で後なんや、終電まで引っ張るんでしょ?も、ほんまにねぇ・・・・

帰したれ思うけどね、ぅん。ほんとにその子のこと、好きやったらよ?潰さんでもええやん。

ねっ?終電まで引っ張らんでもいいのよ、そんなもん。どうでもいいから男それすんねやと

思うねんな?たぶん、その女の子に。あと~・・・一番腹立つのが、「酔っちゃったみたい」って

言われる・・・感じ?(スタッフ笑)酔うてへんやないかと思うし、帰れやと思うね。なんかちょっと、

「送ってって下さい」的ニュアンスをさ、こ、男にぶちまけ始めるわけよ。っんなも、そいつはちょっと、

今後もう「なし」やみたいなさ。なんかせっかく楽しく食べて、飲んで、でその後になんかそんな

テンションで来られても、ちょっと面倒くさいて言うか・・・帰って寝るっちゅーねん思いながらねっ。

ま、僕にはほんと帰って魚・・・の、その~、世話をせなあかんわけですよ。軽~い掃除をして、

電気消して、「おやすみ」いうことやらなあかんの、色いろあるんでねぇ。まぁ、でもちょっとねぇ・・・

そう考えるとミュージシャンと飲んでるとそんなん殆ど無いから、いいかもね。女の・・・・

女バンド?の人たちとかはさ、結構もぅ。ま、女の人やけど、男っぽかったりして、逆にオレが気ぃ使かれてる

からね。「剛くん、だいじょうぶ?飲みすぎないで?」みたいな。

「あぁ、大丈夫です。このへんで辞めておくんで大丈夫ですよ。」みたいな感じでね。

タクシー拾ってくれたりとか(笑)「いやいや僕拾いますから」言いながらね?そんな感じしますけど(笑)

大体、でもねぇ・・・そやなぁ、皆彼氏とか連れてきたりとか、そゆうの多いからぁ、楽なんですよ。

あの、そのバンドのやってる人たちとか。まぁ、ミュージシャンやからどうこうって訳じゃないけどぉ・・・・

女の人って、決まってぇ、自分より可愛い子なかなか呼ばないじゃないですか。ねっ?

自分が一番にいたいから。で、男ってあんま関係ないのよね、そのへん。

まぁ、ね、お酒はとりあえずね、強いことにこしたことないと思うけどな。女の人は。

将来的にも。色んな人とお付き合いできると思う、そっちのほうがね、お酒の席でも。

しっかし、なかなか掛からへんねぇ~。これまたぁ・・・ぅ~ん。ま、ちょっとね、プランクトンの量が

ちょっと今日少ないんですよ。だから、魚もそんなに回遊してないんだと思いますけれども。

え~・・・なかなか回遊魚も拾えず、寝魚も拾えず。ま、この時期やっぱり寝魚を狙ってく・・・

も、じっくりじっくり。ま、カレイなんかをね、狙ってったりしますけど。

なっかなか釣れないですねぇ?・・・・ねぇ、っていうことでねぇ?あの~・・・・こんな女は

嫌だという話を僕は延々して今週終わるわけですけれども。(スタッフ爆笑)え~・・・・

いや、ほんとにねぇ、難しいよね。も、このテーマだけはねぇ、難しいわけですよ、僕の中で。

飲みに行こうが、食べに行こうがね。ま、こないだもあの~・・・ポルノの昭仁くんとぉ、一対一で飯食いに

行ったんですよねぇ。で色いろま、話して、楽しかったですけども。横のねぇ、女・・・団体3人がね、

「松井に会いた~い」てずーーーっと言うてんやぁ。(スタッフ笑)で、会いに行けやほんだら、

思いながらぁ、もふふふふっ(笑)ずーーーっと言うてんねん。

「も、松井、松井かっこいい~よね~、んも~っ」ずーーーーっと言うてて、テンション上げて。

で、ちょっと静かになったなぁと思ったら、え~?誰やったけな?青木さやかがどうやとかね?

あいつはなんやこうやとか。お前、青木さやかの何知ってんねん思いながら聞いててんけども、

ああやこぅやああや言うて、も、女批判ですよ。延々やってん。で、「松井に会いた~い」て

絞めよんねん、いつも。ま、とりあえずあの~・・・・・お酒はさ、回りに迷惑かけずに、楽しく。

自分たちだけで楽しくこぉね?場を盛り上げて、お店にも迷惑かけず、やっていけば

いいんじゃないんでしょうかと思いますけれどもね。あんまりね、お酒ぇ・・・でも酒乱にならないように

気をつけて頂きたいと思います。とりあえず○○ちゃん、お酒は強いことは

悪いことじゃないですから、誇りを持って今後も皆さんとワイワイ楽しくやって下さいっ。

さ、ということで、以上。丸ごとじゃなかったですけどぉ・・・え~ちょっとだけ魚企画でしたぁっ!

(スタッフ爆笑)



さぁ、今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。いかがだったでしょうか、

と言うか、これはちょっと怒られるで?んはははは(笑)(スタッフ爆笑)誰かに、怒られるで?ほんまに。

ま、今日はちょっと一匹。元気さんしか釣れなかったということで。元気アナウンサーも、

2、3分ですか?滞在して下さいましたけども、お忙しい中、ありがとうございましたね。

ま、後はですね、僕が単純にこんな女、どうやねんという話してただけなんですけども。

喫茶店の女の子が一瞬引っ掛かりそうだったんですけども、「あ、ちょっと私仕事中なんで

すみません」てね、ちょっとムッとされた感じで、退室されましたけどもね。(スタッフ笑)

え~、また。え~・・・また、やらないですよぉ。ぅん、また、やらないと思いますけどもねぇ。

ま、たまに・・・まぁ、釣りの間に読むハガキ。えへへっ(笑)や、ハガキだけ読んでもいいけどね?(笑)

ぅん、ほんまに。(スタッフ笑)ハガキだけさらぁっと読んであげる回も作ってもいいと思いますけども。

とりあえず皆さんね、ハガキをどんどんこちらまで送ってください。



 (あて先)



さぁ、そしてKinki Kidsがお知らせなんですけども、ドームツアーを2004~2005にかけてやります。

え~福岡ドームが12月18日、19日。名古屋ドーム12月22日、23日。大阪ドーム12月25、26。

東京ドーム12月30、31。1月1日と、え~日程はなっております。



 (コンサート事務局電話番号)

 (JE:HPアドレス)



え~、来週はまともな回になると思うんですけども。今週は、怒られるで。んふふふっ(笑)(スタッフ笑)

え・・・ちょ・・・え、また、違う人が来ましたけどもね。えぇ、この人はね、釣れたわけじゃないんでね。

え~、単純に仕事中の人ですね。「どーも、こんにちは!」(スタッフ笑)「どもっ、ご苦労さんです!」・・・

「はぁい。ありがとうございま~す」ねっ。普通に喋ってしまいました。んふふふっ(笑)

あの人、釣れたんじゃなくてね、ご飯持ってきてくれはったんですけどもねっ。

さ、ということで皆さんまた来週お会いいたしましょう。お相手はKinki Kids 堂本 剛 でした~っ。





| キンキラKinKiワールド | 19:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT