Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2004年11月13日『魚釣り企画3』(りい)



どもっ!Kinki Kidsの 堂本 剛です。え~・・・ま、ちょっと先週とですね、

先々週とですよ。スタッフが忙しかった僕を癒してくれる、30分丸々魚企画というものが

有ったんですけれどもぉ、結局竿を置いたままですね、引っかかった獲物をナイスガイが

連れてくるという・・・(スタッフ笑)ま、魚(うお)釣りとはちょっと明らかに違ってた

企画をやってくれた訳で。ん~・・・「やっぱり、沖に出ないと」みたいなことも

ちろっと言ってしまった訳で。今夜はですね、そのお陰で沖に出るということです。

え~・・・。沖って、あの・・・海の沖って僕言ってた訳で、スタジオの廊下とか、は、

僕求めてないんだけども・・・。ま、ここはね?そんな海が周りにあるスタジオでもなく。

お台場やったらあったんやけども。とりあえずですね、ほんとに言わなきゃ良かったと

思ってぇ。(スタッフ笑)あのね、も、気の毒でね?作家さんとか、色んな人が

拾っては入り、拾っては入りで。えらい申し訳ないなと言う気持ちの中

やっとった訳ですけども。とりあえずこの後、沖に出て僕は釣りをしたいと思います。

え~・・・。え~・・・・・ほんとに非常識な大人だと思われようが、僕は今日・・・

いっぱい釣りたいと思います。(スタッフ大笑)この後ですね、竿持って沖に

出ますので、皆さん今日は海が多少、時化(しけ)ったりしますので、

気ぃつけて行きたいと思います。それでは、その前にですね、魚(うお)釣りの前に

この曲聴いて下さい。Kinki Kidsで「カナシミブルー」



 ♪~ カナシミブルー



(音の響く、ざわついた場所に移動したようです)

さ、それではですね、仕掛けに餌付けて、(スタッフ笑)へへへっ(笑)

釣りますけどっ(笑)ふつーの廊下に椅子をだけ置いて、壁のコーナーの所に

隠れながら釣ってます。魚っていうのは、防波堤にいる人間を見ますからね。

だからほんとに、自分の姿を隠しつつ釣るというのは、非常にいいんですけれども。

ま、その手法ですね。いまやってるのは。(スタッフ笑)壁に隠れて、収録しつつ、

餌を付けて投げる、と。今日は餌がいっぱいあるんですよぉ。まず、1000円、5000円、

そして、10000円。そして後、タバコっていうのが有りますね。しかも、さらピンです。

新品のタバコが落ちてるときに、人はどうするか。ま、僕はタバコをもう吸わないんで

あれですけども。ま、タバコを吸ってる人からすればちょっと得した気分で(スタッフ笑)、

え~取りたい気分になると思うんですけれども。まず、どうしましょうかね?

タバコから行く?ぅん。軽~いタバコから行こうよ、まずは。じゃ、餌をいま投入しました。

これで何が釣れるか分かりませんけども、とりあえず、釣れたらここに呼んで、口じゃんけんして、

ということです。・・・・大丈夫ですか?こんなルーズな。(スタッフ笑)

「あ!おはようございます(笑)ど~も(笑)」へへへっ(笑)ふつーに知り合いに

会ってしまってる今日この頃ですけど。「ちょっといま、仕事中で。すみません(笑)」

じゃ、その釣れる間にですね、ハガキを読みたいと思います。

あ、これ奈良県の方ですね。奈良県の○○子ちゃんです。光一ちゃん・・・

え、こーいっちゃんて(スタッフ笑)「光一ちゃん、剛くんこんばんは、番組10周年」

ピンポーン♪ あ、いまエレベータ来ました。(スタッフ笑)「番組10周年おめでとうございます。

この間リスナーの」あっと!魚が!掛かっ・・・あっ!掛かりました!掛かった、

んんっん(咳払い)。チリチリン♪(鈴)(人(女性):「えっ?」)鈴、鳴らへんか?

(人:「え?なに、なに、なに?」)どうぞ、どうぞ、どうぞ、魚掛かりましたね~。

チリチリチリン♪ (人:「お疲れさまです~」)どうも、お疲れさまです。

いま、なんで拾ったんですか?(人:「え、誰かが落とされたのかなと思って」)

なるほど。どうぞ、ま、座って下さいよ。(人:「え~っ!あ、すみません」)

いまちょっとラジオの収録してまして。(人:「え~っ!は~、どうしましょ」)

タバコで人が釣れるのかと言う。(スタッフ笑)(人:「こんな格好ですみません」)

意外にタバコで釣れてしまいましたけども。いまラジオ聴いてる方が、え?誰ですか?みたいな

状況になってますので、どなたかと言うこととですね、どういうお仕事をされてるかと

いうのをですね、ちょっと皆さんに伝えて頂いてもいいでしょうか?



(以下 剛:剛さん よ:よこづかさん)



よ:制作部のアルバイトのよこづかです。

剛:よこづかさん。今日、いまちょっと買出しですか?(スタッフ笑)

よ:(笑)えーーーーっ!!この番組の為に買出しして来たんです~! (スタッフ爆笑)

剛:この番組の為の買出しを?あ、という事は、これは僕が飲んでもいいやつを?

  いま、買うて来てくれはったんですね?

よ:飲んでもいい、も飲んでもいいものを。(スタッフ笑)

剛:あ~、なるほどね。それなのに、なんか・・・。

よ:なんか、とんでもないことに(笑)

剛:拾ってしまったんですねぇ?ま、ちょっとあの~、ただ拾って頂いたのに、

  ありがとうございましただけでは申し訳ないので、ま、「えっ?」って言いましたけども、

  お金はあげないですね。僕の手元にありますけども、図書券500円。(スタッフ笑)

  これ、ありますけども、図書券500円をですね、僕と口じゃんけんして頂いて、

  勝ちましたらこれを差し上げます。

よ:やった(笑)

剛:ちなみに、この500円図書券が有ったら、いま買いたいものありますか?

よ:え、なんだろ?・・・なんだろな?トラバーユ(補足/就職情報誌です)買います。

剛:んふふふふっ(笑)トラバーユ買いますか?

よ:今日で最後なので。

剛:あ!そうなんですか?

よ:そうなんですよ。はい。

剛:記念すべき日に・・・拾ってもぉたんですね?分かりました。じゃ、折角なんで

  勝っていってもらいたいと思いますんで。それじゃ、最初はグーで、じゃんけんなになにで。

よ:はい。分かりました。

剛:行きますよ?

2人:最初はグー、じゃんけん  剛:チョキ よ:パー

よ:あ、負けた(笑)(スタッフ笑)

剛:ん~・・・。ここは・・・最後やのにねぇ(笑)ここは、ちょっと、ん~・・・

  勝たしてあげたかったんですけれども。

よ:再就職の道が絶たれました。トラバーユが買えない~。

剛:やっぱ現実ってね?厳しかったりしますから。とりあえず、これは・・・。

よ:え~、没収?あ~ん(T_T) (スタッフ笑)

剛:無かったことになりまして。申し訳ないんですけれども。

よ:あ~ん、分かりました。残念~。

剛:ま、その買出しして頂いたやつは、キレイに飲みますから。

よ:はい、是非是非。

剛:じゃ、ここに置いてもらっていいすかね?

よ:ちょっとお水がね、小さいサイズが無くて

剛:あ、はい。ありがとうございます。すみませんね、なんか買出し行っていただきまして。

よ:この・・・誰のなんですか?

剛:いや、知らないですね。餌ですこれ。タバコじゃなくて、餌です。(スタッフ笑)

よ:ふふふふ(笑)

剛:ありがとうございました。

よ:頑張って下さい。

剛:はい。ありがとうございました。

よ:お疲れさまでーす。

剛:お疲れさまです。どうも~。



ねぇっ?餌、タバコでも釣れたんですねぇ?このコーナーの弱点は、あの・・・

ハガキが読めないことです。(スタッフ爆笑)ほんとに。前もやったけど、

大事なとこで釣れたりするんねん。ぅん。この人的にはね、だから、

「リスナーの要望すべて聞いちゃいますスペシャル聞いたんやけれど、

私の要望としては、この10年の名珍場面集みたいのをやって欲しい」と。

「総集編みたいな感じで。後は、カリフォルニアマンレディにも、もう一度

登場して欲しい」と。(スタッフ笑)「あのコーナーかなりツボヒットでした」

と言うことで。ま、確かにカリフォルニアマンレディは良かったですよ。

できは、ほんとに良かったと思います。(まだスタッフ笑ってます)ま、これは

ひとりの方と交渉次第なんですけどね。その方がOKであれば、

カリフォルニアマンレディは、いつでも戻って来れますけれども。

とりあえずその、そういうふうなね?名珍場面的な音、聞いてもいいんじゃない?

っていう。ま、それも有りですよね。とりあえず次の餌付けて。ねぇ・・・

次はじゃぁねぇ・・・どうする?図書・・・図書カードでもいいよね?これね?

だって、これ絶対釣れるもん!10000円とか。(スタッフ笑)絶対釣れるもん。

ま、それでも釣れると思うけどね。じゃ、2投目投入しまっす。

さ、いま餌を投入しました。じゃ、次のハガキを読んでいきましょ。

ペンネーム○○ちゃん。岐阜の方です。「こないだ携帯のアドレス変えたんですけれども

友人とかに変更のお知らせをするのってなかなか大変ですよね。あと1つ問題なのは、

元カレに教えるかどうか」あ!なるほど!「お互いにちゃんと話合って、

納得して別れてその後なんとなく友だち関係を続けてる場合、お2人だったらこの場合

どうしますか」ってことなんですよ。ん~・・・どぉやろね?これはさ、男はさ、

その別れた女に対して。女って意識あるでしょなんか。でも女の子の方は、

別れた男に対しては終わってるのよねそこで。それを理解した上でぇ、

男は生活していかなあかんと思うけども。ぅん・・・。これはでも、女の子の場合は

教えたとしても、ん~・・・ま、彼氏がもしそゆふなモーション・・・って言うかさ、

「オレやっぱり・・・」みたいなことになったとしてもぉ、そういうつもり無かったら、

いやもうそういうつもり無いねん位でいいと思うけどね。私はそんなつもり無いし

っていうか。それでいいと思うし。ま、そんな感じじゃない?これやっぱ、女の子の場合の方が、

ちゃんと出来てるよね?こゆう所は。男はいつでもさっ、ああやこぅやああや

言うてまうけども・・・ピンポーン♪ いまエレベータ来ました。(スタッフ笑)

ポンピンッ♪ あ、2つ来ましたね~。「どうも、どうも、お疲れさまでーす」

(エレベータ:「ドアが閉まります。ご注意下さい」)ねっ?んっとにもぉ、知り合いに会い

・・・会うてしもてね、やりづらいですけども。まとりあえず餌付けて、ちょっと捕獲を

待つということで。この後もですね、ぇ~・・・ふははは(笑)(スタッフ爆笑)

びみょ~なフィッシング企画、続きます!(笑)



さ、ということでですね今夜はですね、まぁ・・・全然魚(うお)釣りが出来なかった僕を

スタッフが癒してくれると言う事で、魚(うお)釣り企画やっとりますけれども。

今夜はですね、なんと沖に出ております。沖と言いましても・・・「おはよございます!」

(スタッフ笑)え~、スタジオの廊下に出て竿を立てて待っております。

沖の方に、いま図書券500円を餌として、廊下に放ちそれを釣った人と、トークをし、

じゃんけんで僕が勝ったら無しなんですけど、その参加してくれた方が勝ちましたら

図書券そのままプレゼントということをやっておりますけれども。ま、10000円のときは

2人ゲットしてるんですよ。(スタッフ笑)これ、やっぱ拾うねぇ?やっぱ一番

痛々しかったのはぁ、その10000円あったら何しますか?って言うことに関して、

「歯医者行きます」って。(スタッフ笑)ん~・・・その気持ち分かるわ。と思って。

歯医者って高いからね。病院関係高いよね?だから歯ぁ痛くてもね、えぇ~これ

ちょっと高いなとかさ、色いろ気ぃ遣いながらさ直して行く訳やんか。時間も無いしさ。

だからちょっとそれは痛々しかったんですけども、ぅん。とりあえずですね、

ちょっと待つ間にハガキをじゃ、また読みますけれども。次はですね、千葉県に

お住まいの○子ちゃんですね。「以前赤西くんファンの子からハガキでお父さんの

セクハラに悩んでいるという悩みがありました。が私もお尻などを触られて

物凄く嫌でした。でも私は対策を考えました。私も父親のことをベタベタ触るんです。

すね毛とか、女の私にとっては意外と新鮮です。そんなこんなを繰り返していたら、

触られるのが面倒くさくなったのか、私のことを触らなくなってきました。

光一くんや剛くんはお父さんになって21歳にもなる娘にベタベタ触られたらどぉしますか?」

・・・って言うか・・・・触らへん・・・・・・・・。(スタッフ笑)かな?っていう感じ?もともと。

微妙でしょ?だって。自分の21になる娘のケツ触んねやろ? ピンポーン♪ 

んっ・・・ま、正解はして無いですけどもぉ。(スタッフ爆笑)正解では無いと思いますけれども、

え~。なんっ・・・でしょうね?その感覚っていうのは?ま、冗談でってことでしょ?

オイオイ!みたいなことなんでしょ?触られたらどうしますか?って・・・・

あの、変な意味じゃなくて、嬉しくない?多分、「お父さ~ん」言うてさ、

「ぉん、なに?どうした?」みたいな。多分嬉しい思うねんけど。ん~・・・・。あの、ほんとに、

見事にハガキを読める状況もどうかと思うよ?(スタッフ爆笑)綺麗にいまオレ、

ハガキ読んでるけど、ほんならもぉスタジオでハガキ読んで・・・やって良かったやん(笑)

てことになってるやんこれ(笑)引掛かからへんな。分かった、じゃ餌1回回収してさ、

5000・・・あ、1000円にする?あぁ~どぉしよっかな?5000円とか10000円とか

絶対釣れるもんな。ちょっと、回収してさ、1000円にしようや。んっとに、人は・・・

現金やな。 シャンシャンシャン♪ 釣れるかなぁあ~~~ん、ほら。

ほんとにだって、オレ見事にハガキ読んでもぉてるからさぁ。(スタッフ笑) 

ピンポーン♪ んふふっ(笑)いまのは正解やで?(笑)(スタッフ笑)見事に

ハガキ読んでる。じゃ、次も・・・(エレベータ:「ドアが閉まります。」)

んふふっ、うるさいっ(笑)ポンピンッ♪ うん。うるさいのも正解(笑)(スタッフ笑)

愛媛県の○×ちゃんですね。「Kinkiのお2人、初めまして。私はいま1人暮らしを

している短大1年生です。今まで生きてきて初めて1人で生活をしていると、

毎日不安と寂しい気持ちで一杯だ。Kinkiのお2人はいま1人暮らしをしていますよね?

もうだいぶ慣れましたか?寂しいと思わないですか?慣れないんで、

私にアドバイスを下さい」と。「たまに親や家族に会いたくなるんです。こぉ言う思いは

どうしたらいいですか?」ということなんですということなんですけどね。ぅ~~~ん・・・。

ま、寂しいものだと思うことじゃないですかね。1人暮らしって。1人で・・・

まぁ屋根の下でね?炊事洗濯まぁ色いろやって、世間にまた出て仕事してとか

バイトしてとかやるわけですからぁ。これはも、寂しくて当たり前じゃないかと。

じゃぁ寂しくないためにはどぉするってなったときにぃ、友だちであったり仲間・・・が

居るという事が、紛らわしてくれるとは思いますけれども。ご飯食べに行ったり、

飲みに行ったりみたいなこと、なんか、やって・・・家帰ったらなんか寂しいものだと。

ぅん。そんな感じぐらいで?寝りぁ終わるしみたいな感じで。やって行くのはどうでしょうかね~。

この・・・家族に会いたくなるっていうのは、これやっぱり地方から出てきてる

子からすると、そう簡単にはね?帰られへんとか、向こうも来られへん時間無いって

ありますけども、ま、でもそういう思いの時はね?電話をしてあげるっていうのも

いいんじゃないですか?またこれ、普通にハガキを読み終わってしまいまして。

(スタッフ笑)次のハガキ行きたいと思いますけど、京都にお住まいの×子ちゃんですね。

「突然ですが、私には悩みがあります。それは好き嫌いが激しいことです。

友だちに言うとおかしい!と言われます。光ちゃんはなすびが嫌いなのが

有名ですが、私も嫌いなんです。魚も嫌いやったけど、剛くんも魚好きやから、

私は頑張って魚克服しました。」偉いね~。「一部だけやけど、克服した。」と。

「でもなすびは光ちゃんも嫌いなので克服する気がありません。好き嫌い(笑)無くすには

どうしたらいいのでしょうか?」(スタッフ笑)「結構真剣悩んでいます。に剛くんは

嫌いな食べ物はなんですか?」ということで。これはだから光一くんが茄子を

食べればこの子茄子を食べるんですよねっ、ぅん。じゃぁ、今度光一くんに

茄子を食べてもらうっていう企画が・・・決定しましたけれども。(スタッフ笑)

ま、それで光一くん食べたら、この子茄子食べる、という。ちなみに、僕の好き嫌いは

ほとんど無いんですよ。で、まぁパクチーてあるでしょ?まぁパクチーもねぇ・・・

最近ねぇ、大丈夫やね。めっちゃ嫌いじゃないねん。好きではないけど。

あと、カラスミ?を、なんか食べされられたことがあって、食事の席で。

美味しいて言うからさぁ食べてんけど、ちょっと苦手やった、カラスミは。

後はぁ・・・・蚕の大和煮かな。この番組で食った。(スタッフ爆笑)タガメとか・・・んふふふ(笑)

初期の頃よく食ったけど。え?こないだ釣った人がまた!あぁ・・・ん、釣れたら

面白いのになぁ。また、君かいなみたいな?(スタッフ笑)

これでも、10000円やったら確実に釣ってたんやろなぁ、同じ人。

ほんとに、1人だけやねぇ・・・。餌、変える?どぉする?やってみる?

ま、10000円でやったら絶対釣れるて。10000円なぁ・・・いや、普通拾うよ。

10000円あったらん。来た?来た?来た、来た、来た。来た来た来た拾った! 

チリン♪ はい!拾った~! シャンシャンシャン♪ (スタッフ笑)

はい!拾った!早いなぁ。あ、どうも。拾いましたねぇ。(人:「拾いました」)

さっきから僕、2回ぐらい会ぅてます。(スタッフ笑)(人:「ああ、たぶん」)

ねぇ、1回ちらっとあそこで会ぅて、さっきここで会ぅて、なんで拾うてもぉたんですか?

なんか、(人:「お金だったから」)んふふふふっ(笑)いや、なんかやってんなぁみたいな、

なんか無かったですか?(人:「やってるのは、分かったんですけど。お金・・・

10000円」)10000円・・・や、て思って拾ってもぉたみたいな。

(人:「10000円は大切です」)あの・・・・拾わせて申し訳ないんですけど、

何をやってらっしゃる方かというのですね、お名前と教えていただけたらと思うんですけど。



(以下 剛:剛さん あ:あらきさん)



あ:あの、アルバイトなんですけども。あらきと申します。

剛:あらきさん。拾ってしまったっていう、ん・・・ねぇん。ふんふんふんふん。

あ:拾ってしまいました。

剛:いや、これ誰でも拾いますよ。(スタッフ笑)こんなもん。

あ:ほんとですかね。

剛:いや、10000円落ちてたら普通に拾いますから、そんなに凹まないで下さいよ。

あ:そうですかね。

剛:なんか、私拾ってもぉたみたいな、そんな凹まんで大丈夫です。(スタッフ爆笑)

あ:これはどうすれば・・・。

剛:いや、これはもう返して貰います。(スタッフ爆笑)

あ:(笑)はい。

剛:返してもらいますけども。あのですね、いまこちらに、図書券、500円。

  もし、図書券500円あったら、いま買いたい本ありますか?

あ:買いたい本。本・・・・かぁ・・・。

剛:んふふふふふふ(笑)あの、お気に召さないかもしれませんけど、

  なんとか搾り出して頂いて、買いたい本。

あ:えぇ~・・・本かぁ・・・。

剛:いま、特に欲しいというのは無い、と。

あ:雑誌とかのが欲しい。

剛:あぁ~、ファッション誌とか、ヘアカタログ的な感じのものを買って・・・ということですね?

あ:そうです。

剛:じゃぁですね、僕と口でじゃんけんして、勝ったらこの500円差し上げます。

あ:ほんとですか?

剛:ええ。最初はグーでいきますから。最初はグー、

2人:じゃんけん 剛:パー あ:パー  (スタッフ笑)

剛:おぉ~~~っ!やりよるな、プーマ(笑) (スタッフ大笑)

あ:あはははは(笑)

剛:じゃ、行きますよ?

2人:最初はグー、じゃんけん 剛:パー あ:チョキ

剛:ふっ(笑)(スタッフ笑)

あ:やったぁ!

剛:勝ちましたね。

あ:やった、勝った。

剛:そんな要らないでしょ?でも。(スタッフ笑)

あ:いや、500円も大切です。

剛:大切ですけどぉ、そんなねぇ?なんか活気が感じられない、さっきからなんかねぇ?

あ:本、買いますよ。読書の本。

剛:買いますか。ぅん・・・。?読書の本買います??? (スタッフ笑)

あ:あ、本買います。

剛:本買いますね、うん。本買ぉて、読書の秋に向けてっていうことでね。

あ:買います、はい。

剛:じゃぁ、その500円で本買って頂いて。すみませんね?仕事中に10000円拾わせて。

あ:いや。

剛:まぁまぁ、でも500円の図書券返って来ましたから。

あ:ありがとうございます。

剛:これでなんか、おもろい本買ぉて下さい。

あ:ふふふふふっ(笑)はい、買います。

剛:ありがとうございました、ねっ。

あ:ありがとうございます。



ということで、得意料理は肉じゃがだ・・・・と聞きましたけども(笑)(スタッフ笑)

え~・・・そんな感じの子でした。(スタッフ爆笑)なんかとりあえずぅ、

やっぱ10000円は早いね。っていうことが分かったよ、ほんまに。(スタッフ爆笑)

タバコでも釣れるっていうことが分かったけど、10000円は即効釣れんねんな、これ。

だからこれが釣りの難しいとこやねん、ほんまに。(スタッフ大爆笑)

も、活き餌にはかなわへんねんて。これ実証されたわ、今日で。ま、とりあえずですね

この後スタジオに戻って、あの・・・落ち着いてトークしたいと思います。(スタッフ笑)



さ、ということで今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。

ねっ、今日は、ハガキ読め過ぎたなっていうのがありますね。

ぅん・・・やっぱり人は10000円っていうものに弱いんでしょうかねぇ?

ついつい、拾ってしまったって言いましたけれども。ま、とりあえずですね、

魚(うお)釣りだったのかな?って未だに悩みますが(笑)(スタッフ笑)

まぁ、魚(うお)釣りだった・・・・・・・んだろぉな、と言う事で。終わらせて頂きたいと、

ふーっ(溜息)・・・思いますけどもねっ。ま、とりあえずたまにはね?

ちゃんとハガキ読みますから、どんどんハガキ送って頂きたいと思います。



 (あて先)



ま、そんな感じでね。また、機会がありましたら、やってみたいと思います。

ということで、お相手はKinki Kids 堂本 剛 でした。また来週~、ばいばいっ!



| キンキラKinKiワールド | 19:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT