Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2005年1月29日『ファンタスティポ公開記念 トラジ☆ハイジ選手権!』



どうもっ!Kinki Kids 堂本 剛ですっ。え~、本日はですね、まもなく公開の

映画『ファンタスティポ』に関しました企画、やらせて頂きたいと思いますっ。

まぁちょっと、どんな企画なのか、と言うのが非常に不安が募るばかりでございますけれども。

その前にこちら聴いて頂きたいと思いますっ。1月26日にリリース致しました。

トラジ☆ハイジで『ファンタスティポ』



 ~♪ ファンタスティポ



さ、それではですね、まずは普通のおハガキ読ませて頂きたいと思います。

千葉県にお住まいの○○ちゃんです。え~「こんばんは。毎週楽しく聴かせてもらっています。

こないだ友だちとの間で、自分の名前について話をしました。私の友達には、

ホリリホちゃと言う子がいて、その子はダジャレで名前を付けられたらしいです。

気になって私も母に由来を聞いたところ、冷たく「忘れた」と言われました。剛くんは

自分の名前の由来とか知ってますか、教えて下さい」ホリリホ?(スタッフ笑)

上から呼んでも下から呼んでも山本山?ま、山本山は違うんですけどね、あれねっ。

えぇ~っ!これはちょっと辛いですねぇ。うそぉ~ん。みたいな話でね。僕はね、

あの~、強い子になって欲しいから、剛だったみたいですよっ。えぇ。家のおっさんが

付けたみたいですけど。(スタッフ笑)え~・・・母は、「アキラ」がいいと言ってました。

ドウモトアキラ。今じゃぁピンと来ないですけどぉ(笑)(スタッフ笑)俺がそもそも

アキラとして過ごしていればぁ、アキラですからね。ドウモトアキラですけれども。まぁ・・・

強い子に育って欲しいということで付けましたけれども。でもちっちゃい頃は

よく「弱し君」て呼ばれてましたねぇ。(スタッフ爆笑)えぇ~(笑)弱~~い感じでねぇ、

体もそんなに強くないですしねぇ。「弱し君、弱し君」て言われて育ってきましたけれどもねっ。

なかなかこぉ、逆に行くよね?親の願いとは。これ、不思議やよね?ほんま名前とかってねっ?

次行きます。練馬区の○○○ちゃんです。「もうすっかり冬ですね。この冬お鍋しましたか?

私は先日1人鍋を初めてしました。そして剛くんが言っていた1人鍋。の淋しさが

分かりました。1人で灰汁を取って、1人で「あつっ!」とか言ぅて。剛くんは何鍋が好きですか?

教えて下さい」僕も去年のケツから今年にかけて何回したかなぁ~?

(背中、のびのび~しながら喋ってます?(笑))7、8回したで?1人鍋。もぉ、あの~、

水炊きもしたし、あの~・・・チゲ?キムチチゲもやりましたし。その2つぐらいかな?

を7、8回行ったり来たりしながら。で~、普通の水炊きとかにすると、おかゆ・・・ってか、

おじやにするかせぇへんかのタイミングだけが、微妙ですね。普通に鍋は食えますけど、

その後におじ・・・「おじやとか、するぅ?」みたいなテンションが1人だとやっぱ厳しいでね。

やりましたけどね、先日も。やって、え~、韓国キムチ海苔をかけてまして、食べましたよっ。

ん~、ちょっと卵の賞味期限が切れそうだったんで、ちょっと早いとこなんか料理に使ってね、

はけさせたいなということで、そんな風にもしましたけども。まぁまぁ、でも。慣れれば。

全然おじやにも行けますよ。ま、みなさんも是非、水炊きやったときには、

おじやまで1人で行って頂きたいなと思いますけどもねっ。え~、続いて行きますよっ。

滋賀県のねぇ、○○ちゃんです。「剛くん、光一くんこんにちは。毎日お仕事お疲れ様です。

私はこのお正月どんな初夢を観るかと楽しみにしていたのに、実際夢に出てきたのは

学生でもないのに、学校で先生に課題をされられている自分の姿でした。かなり残念です。

出来れば、Kinkiの・・・・夢を観たかった。お2人、最近どんな夢を観ましたか教えて下さい」

全然覚えてないよな、夢。(スタッフ笑)観てる・・・ねんで?絶対。観てんねんけどぉ。

・・・こればっかり覚えてんねんなぁ~。昨日もなんか観たような気ぃすんねんけどぉ?

思い出されへんて言うかぁ。ま、だから大した夢観てへんねんな?覚えて無い言うことは。

しかも今回も、その初夢と言う意識もなかったからぁ・・・あっ!1日の夜観るのが

初夢か!という事は・・・オレ1日何してたっけな?って言うねっ?(スタッフ笑)

えへへへへへっ(笑)ライブ終わった後にぃ、たぶん呑みに行ってるんですけどぉ・・・。

「やっと終わった」みたいな。(スタッフ笑)でも光一くんは次の日のお昼から。

SHOCKの稽古を。「んっも、リハやらな間に合わねぇよ」(光一さんの口真似してます(笑))

って言ってかなり・・・緊迫した空気の中。(ス:「あぁ~・・・」感嘆)ま、僕は

もう終わりましたしと言うことで。それは仕方ないですよねっ。(スタッフ笑)

今もやってらっしゃいますけど。僕はとりあえずね。ま、知り合いのダンサーさんとかも

出てますし、翼くんも出てますしねっ。僕もちょっとお伺いしようと思ってるんですけれども。

まぁねぇ・・・・なかなかやっぱ年明け・・・・年末年始はちょっとねぇ。なんやろ?

気にしてる暇無くてね。もぉね、年末のね?30、31、1日をKinki Kidsで

やらせて頂くと・・・30日の本番やるでしょ?で、本番終わったら、

皆で来る訳ですよ。タレントさんが。で、え~・・・Kinkiのコンサートの

そのセットの上で、カウントダウンライブのリハをやって。で、夜中お疲れさんでしたって帰って。

で、31日また本番前にリハやるんですよ。で、紅白行く人も居れば、違う番組出る人も居て。

で僕らは本番やって。ほえで終わって、カウントダウンライブ本番やって。みたいな

スケジュールなんですよ。で1月1日も本番あるから、そうとうヘビーでね。

でまたこれステージが同じぃなだけに、段取りが混乱するんですよね、本編と。

この曲でここ行って、こぉして。とか色いろあるでしょ。それが本編とねぇおんなじセット使ってて

おんなじ機材使ってるからぁ、たま~に危ないっ。も、ふぁ~・・・・ってぼーってしてると、

違うとこ歩いて行きそうになったりするよねっ。その辺がね、結構いつも闘いで。

プラス、光一くんSHOCKが近いからねぇ。SHOCKもだから、2月からに

してあげればいいのよねぇ。できれば。そうすればもぉちょっと余裕持ってね?

取り組めるけども。1月のこれ8日からでしたから、今年。ねぇっ。ライブ終わって

これ一週間みたいなことでしょぅ。まぁ、そら厳しいと思うわぁ・・・・。まぁほんとにね、

あの・・・怪我とかね、病気とかせぇへんように。あの・・・・最後まで気ぃつけて

頑張って欲しいですけれどもね。ま、チケット当たった方もいらっしゃるでしょうから。

是非、暖かい声援をね?眼差しを、パワーを送ってあげて欲しいなと思いますけれども。

あの、こんな感じでハガキ読むときもありますからねっ。あの皆さん是非ハガキ

めげずに送って頂きたいと思いますっ。さ、それではですね、この後はいよいよ。

ファンタスティポ公開記念の。特別コーナー、やりたいと思いますので、お楽しみに。





「ファンタスティポ公開記念 トラジ☆ハイジ選手権!」 (BGM♪『ファンタスティポ』)

さ、間もなく公開でございます、ファンタスティポ。ねっ。このファンタスティポという映画

どういう映画かと言いますと、国分 太一さんと堂本 剛が兄弟役で出ますが、

え~太一くんがトラジという役をやりまして、堂本 剛がハイジという役をやります。

え~、僕が弟で太一くんがお兄ちゃんな訳ですけれども、コメディー映画・・・・

のつもりだったんですが、撮影進めていくにつれ、コメディーではなくなってしまいまして。

ポジィティブ&ネガティブみたいな。えぇ。ま、なんかその人間の行ったり来たりの

模様をですね、描いているような映画です。とりあえず、僕のやるハイジくんって言う

役はですね、まず繊細すぎましてね。えぇ~、なんかやっていくうちにね、

どんどんどんどんそのなんかあの~・・・深~~い芝居を要求され始め、

最終的にはね、ちょっとあの・・・・ほんとにあの、変わった空間の映画に

なったんですけれども。あの、キャッチコピーとして、「わかってもわからなくても、いいと思うよ」

というキャッチコピーがあるんですけれども、正にそんな感じの映画ですね。

なんかその時の状態によって、どぉいう映画やった。っていう感想がね、

各々変わってしまう映画だなと思います。まぁ、あのとにかくですね、

今回ちょっと新しいお芝居をね?2人とも。太一くんと堂本 剛ね、チャレンジしておりますので

是非、興味があるという方は、観て頂きたいと思いますので宜しくお願いしたいと思います。

さ、そこにですね、とりあえずトラジ☆ハイジ。ねっ、先ほども言いましたが兄弟が

出てくるんですけれども、今回の企画はですね、兄弟・姉妹限定でリスナーに

出て貰います。その兄弟にですね、1分以内にしりとりをして頂きます。

しかしその1分以内にですね、その弟もしくは妹さんに「ファンタスティポ」という

言葉を言わせなければなりません。つまり「フ」で終わるように、お兄ちゃんか

お姉ちゃんが最終的にかえしてあげればいいというわけですけれども。

そこで見事、弟もしくは妹が「ファンタスティポ」と言えれば、ファンタスティポグッズを

差し上げる。そういう企画でございます。電話が繋がっている。

ということなので、呼んでみましょうっ。



 (以下 剛:剛さん あ:姉リスナー い:妹リスナー 2:姉妹)



剛:もしもしっ!

あ:もしもし。

剛:もしもし、どうもっ。堂本 剛です。

あ:こんばんは!

剛:えへへっ(笑)こんばんはっ。え~、お名前を教えて下さいっ。

あ:○○○です。

剛:お姉ちゃんが○○○ちゃん。

あ:はい。

剛:で、妹さん?

い:えっと、○○ですっ。

剛:○○ちゃん。えっと、お姉ちゃんの○○○ちゃんは15歳で、○○ちゃんは12歳。

あ:はい。

剛:ん~。と言うことですけれども。滋賀にお住まいですねぇ~。そうですか。

  現在お姉ちゃんが中学3年生で、○○ちゃんが中学校1年生ということですけれども。

あ:はい。

剛:2人は仲、いいですか?

2:はい。

剛:おぉ~!口を揃えて即答でしたけれども。仲いいですか。

あ:はい。

剛:あの~、今日ちょっとね、あの・・・・ラジオ出てもらってますけれども、

  ルールは1分以内に、○○○ちゃんからしりとりを始めて貰って、

  最終的に○○ちゃんが「ファンタスティポ」て言えれば、ファンタスティポグッズを

  プレゼントします。ですんで、ま、○○○ちゃんは1分以内に○○ちゃんに・・・・

  「フ」で終わる言葉を捜して、で、最後○○ちゃんに「ファンタスティポ」て

  言わして上げないといけないということです。大丈夫ですか?

あ:はい、大丈夫です。

剛:もぉ、分からへんかったらもぉ、なんかどんどんどんどんさリレーしてって。

  最終的に「フ」が出てくるかもしれへんし。とりあえず1分あるから。

  なんとか頑張って、最終的に「ファンタスティポ」言って下さい。

2:はい。

剛:じゃ、行きますよ~。いいですか、準備は。

2:はい。

剛:よしっ。じゃ行きますよ~。じゃぁ、まず僕がひとつ何かを言います。

  で、お姉ちゃんに言いますので、お姉ちゃんはその最後の言葉を

  取って、始めて下さい。いいですか?さぁ、それじゃぁ僕から行きますっ。

  え~まず、僕からっ。「国分 太一」

(カーン♪ (ゴング))

剛:「ち」

あ:チョコレート

剛:「と」

い:とんぼっ!

剛:「ぼ」

あ:ぼ、ぼ、ぼうし

剛:「し」

い:し・・・・鹿!

剛:あっ!か、か、か!!

あ:か?カラス?

い:すずめ!

あ:めぇ・・・・めだか

剛:めだかっ。んふふっ(笑)(スタッフ笑)

い:カンボジア!

剛:んふふっ(笑)ふふふっ(笑)

あ:アイスクリームっ

い:虫!!

剛:ふふふふっ(笑)

あ:し・・・・シカゴ?

剛:シカゴ

い:ごりら

あ:らくだっ!

剛:らくだ

い:だちょうっ!!

剛:だちょう(笑)

あ:う・・・牛っ?

剛:牛

い:えっ?しまうま

剛:しまうま。「フ」言わせな、「フ」、「フ」 (スタッフ爆笑)

あ:マントヒヒ?

剛:マントヒヒ

い:蹄っ!!

剛:蹄

あ:め、め、め・・・めがね!

剛:めがね

い:ねずみ

剛:ねずみ

(時間切れ~)

剛:あーーーーっ!あはははははははっ(爆笑)終わってもぉたやんっ!(笑)

  終わってもぉたやん!これね、おしかってん。

2:えっ!?

剛:「チョコレート」→「とんぼ」→「ぼうし」→「鹿」・・・・「鹿」の後に、これっ。

  『看護婦』って行けば、ファンタスティポて行けたよね、これね?

あ:あ~っ!

剛:後ね、「めだか」でもあったやろ?『主婦』とかね。「虫」の後に『主婦』とか。

  「ごりら」の後に『ラフ』とかね。

2:あははは(笑) (スタッフ笑)

剛:ふつーのしりとりを今、僕ぅ・・・あの(笑)んふふふふふっ(笑)

  聞かせて貰いましたけれども(笑)んふふふふ(笑)

  ま、なかなか出て来ぃへんなぁ(笑)

あ:はい。

剛:焦るとね、ちょっとこれ出て来ないですけれども。ま、今日はね?

  出てもらいましたので、「愛の光り物」。はプレゼントさしてもらいます。(スタッフ笑)

2:ありがとうございま~す!!

剛:いえ、とんでもない。そんなに光ってないですけれども、「愛の光り物」をですね

  プレゼントさしてもらいますんで、楽しみにじゃぁ、待っとって下さいねぇっ。

あ:楽しみにしてます。

剛:まぁ、ほんま寒いから。気ぃつけて。勉強頑張って下さい。

2:はぁい。ありがとうございます。

剛:ありがとうねぇ、出てくれて~ん。

あ:いえいえ。

剛:んふふふふっ(笑)じゃ、またなんかあったらハガキ送ってね?

2:はい。

剛:ありがとうね。

い:はい、ありがとうございま~す。

剛:いえいえ~。

あ:お仕事頑張って下さいっ!

剛:ありがとうね~ん。じゃ~ね~ん。

2:さようなら。

剛:はい、さようなら。ばいばいん~。



明るいですねぇ。明るい姉妹で。非常に・・・・なんでしょ?可愛いらしいなぁ。うん・・・。

なんかねぇ、いま25でしょ?最近思うことがあってね?やっぱりね、18とか、

からぁ・・・ま、20歳(はたち)21ぐらいにかけて、の、女の子とかと喋ると、

若いな~とか思うよね、やっぱり。(スタッフ笑)ん、わ、若いねんで?

でもほんっとわっかいなぁと思ったり、後ねぇテンションが違うねんな、やっぱり。

なんか1つのことに対してさ、全然テンションちゃうねん。なんか、「ぉん、これ美味いなぁ」

って僕らが言うことを、「これ、美味しくな~い?↑」(女子高生風喋り(笑))

みたいな。(スタッフ爆笑)「え?そんなに・・・。ま、ま、美味しいけどぉ」みたいな。

感じあるよね、ちょっと。も、だってさ、光一が26やで!!おっさんやん。(スタッフ笑)

考えられへんっ、ほんとに。だって~、中居くん、木村くんがもうね?

30を!・・・越した訳ですからぁ。僕らが・・・えぇ~、ちょうどお世話んなり始めたときが、

中居くんと木村くんが僕らの歳ですよ。25、26ぐらいの感じですよ。ねっ?ほんっ・・・・

でもちょっと不思議やねんなぁ、ほんっとに。(スタッフ笑)だからもぉ、

「ああそっか、30超えてはんねやなぁ」とかさ。太一くんだってさ、30ですよ。

えぇっ!?みたいな感じがあるよねっ。で、気ぃついたらもぉこれさ、僕らが・・・・

30なる時が来る訳でしょ?そしたらリーダーもう40なってるん。(スタッフ爆笑)



え~、今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。トラジ☆ハイジ選手権

やらして頂きましたけれどもね。惜しくもちょっと正解出来なかったですけれども、

○○○ちゃんと○○ちゃんにはですね、「愛の光り物」プレゼントしますので楽しみに

待って頂きたいと思いますっ。え~、ま、トラジ☆ハイジがね、『ファンタスティポ』という歌を

1月26日にですねリリース致しまして。え~、そして、映画の公開が

2月5日でございますけども。ほんとはねっ、歌ぁ出すどうのこうのも無かったですからね。

とりあえず「2人で映画やりませんか?」ということでね。「あぁ、じゃぁ是非やりたいです」

と言うことで映画やってる訳ですけれども。そっから、1年が経ち。・・・・

「まだ公開しないんですねぇ?」って話がね、ず~っと言いましたら、

「ちょっと追撮をしたい」ということで、追撮をしたりしたんですけれども。

「ちょっと歌もやっぱり」。ってことで、「えぇっっ!?」みたいな話になり、

で「歌うだけですよね?」「まそうです」みたいな感じで、レコーディングしたらですね

「ちょっと振り付けもつけようと思うんですけど」ってまた始まってぇ、振り付けつけて。

で、歌番組出るって話になり・・・なんやもぉよく分かんないです。あの・・・

大人と大人の間で、どんどん繰り広げられてってですね。ま、僕らも

ええ大人なんですけれども。(スタッフ笑)全く分からない感じで、ですね、

進んでる、このプロジェクトでございますが。ま、皆さんにほんとにね、

太一くんとも言ってたんですけれども、ま、気に入って頂ければ、あの~・・・・

ま、「なんかちょいちょいまたやってもいいですよね~」みたいな話を

してたんですけれどもねぇ。ま、是非あの・・・映画でもですね

ほんとの兄弟のようにやっておりますので、お芝居の方も皆さんに

是非見ていただけたらなと思いますので、『ファンタスティポ』宜しくお願いしたいと思いますっ。

そして、キンキラキンキワールドの方にもどんどんハガキを送って下さい。(あて先)

まぁねっ、ちょっと光一くんが・・・・え~、ショッキングしてますからね今。

なかなかSHOCK中でね、えぇ~。足を運べないんですけれどもねっ。

まぁ・・・運ぼうと思ったら運べますからね?・・・もぉその辺ですからね?えぇ。(スタッフ爆笑)

まぁ、一週ぐらいね、楽屋乗り込んで録ったってもええですけどねぇ。

えへへへへへへっ(笑)もぉ、あの、あれは?(笑)SHOCKの、一幕と二幕の間とかで

録るの面白いですよねぇっ(笑)へへへへへへっ(笑)(スタッフ爆笑)

あの~まぁ、ね?(笑)僕らからしたら面白いですけれど、向こうからしたら

「ふざけんな」って話でねっ(笑)一幕ね、芝居して踊って歌って帰って来たときにねっ?

「キンキキッズ キンキラキンキワールド~」言って、録音して(笑)(スタッフ笑)

ほんで「じゃ、行きます~」言ぅて行ってね。残りを楽屋で僕が録るみたいな。ね(笑)

もれなくねぇ?翼くんとかね、秋山くんもねぇ、ついてくるかもしれないですからね。

それも面白そうですけれども。ね、今日もねちらっとここ入る前に、SHOCKの

紙袋みたいなやつ持って歩いている人が居ましてね。全然気づかれなかったですけれども、

えぇ。(スタッフ笑)んふふふふ(笑)まぁまぁ、ほんとにね?身体にね?

光一くんもそうですけれども、皆さんもね気ぃつけながら、寒さちょっと乗り切らんと。

ほんまね、変な気温でねぇ。寒ぅなったり暑ぅなったりしてますからね、身体気ぃつけて

頂きたいと思いますっ。さ、それでは皆さん、また、お相手宜しくお願いしたいと思いますっ。

Kinki Kidsの堂本 剛でした~。それではまた~。ばいばいっ!





| キンキラKinKiワールド | 14:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT