Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2005年5月26日『春のおハガキ祭 PartⅡ』(DAN)

※今回は、キー局のニッポン放送では野球中継延長のため
オンエアされなかった5月21日(土) 分で、
5月26日(水)26:30~ラジオ関西で放送されたものを
DANさんがレポしてくださいました。



光:はいどーも、光一です。

剛:どーも、剛で~~~す。

光:ええ、今夜はファンと、僕らの中で大好評の企画です。春のおハガキ祭 PartⅡ…

剛:はい、もういいですねえ~

光:もうネ、「いいですねぇ」って言うことをもう解っているかのように、作家も、

  この一応、原稿のほうに「いいねっ!」って書いてくれて…


剛:はい (ナイスガイ:ひゃははは~(笑) その通り~)

剛:その通りっ!ですね

光:その通りに言いました。

剛:いやもう、いいですもん。だって…、ええ

光:だからもうね、あのぉ、いらんことすんなっ!ちゅう話ですよ。

剛:そうですね。ふぅーむ…

光:あ~ははは~(笑) まあ、あの、おハガキ読みますんで皆さんネ、

  え~、今夜も楽しん…、楽し? 楽しいかなぁ!?(笑)

ナ:ひゃっはっは~、ひぃひっひ~(笑)

光:その辺、微妙ですけど

剛:微妙ですけどね。

光:ま~ったりと、気を抜いて聞いて頂けたらなと思います。 はい、では

  その前に、え~、こちらの曲を聞いて頂きましょう。「Anniversarry」です。どうぞ~



♪~「Anniversarry」~♪



光:はい、ということで、春のおハガキ祭 PartⅡ
でございます。

剛:はい

光:えぇ~~~っと、ペンネーム○○さん、岐阜県にお住まいの方…です。

  剛くん、光一くん、こんばんは。(剛:こんばんはっ)以前、剛君が

  コンビニで声の小さい店員に腹が立った…と言っていましたね。

剛:はい

光:ンな事言ってたぁ?

剛:「腹が立った」って言ってたか、イマイチちょっと、そこまで覚えてないですけど…

光:いつ?この番組で?(ナ:一人の時に…)

光:あぁ、一人の時にぃ? なるほど。私もこの前、すごく

  むかついたことがあったので聞いて下さい。

剛:なるほどぉ

光:ンま、聞くのやめま…しょう…か?

剛:いやいや、ちょっと聞いたったほうがええのとちゃうかあ? ちょっとくらいは、う~ん

光:買い物に行き服を見ていたら、少しうっとおしいと思うくらいベッタリくっついてた

  店員に「ワンサイズしか無いので試着してもいいですか?」と聞くと、

  「試着はできない」との事だったのです。 私が悩みはじめると、買わないと

  思ったのか、それまでベッタリだった店員は奥の部屋へ、他の店員も奥へ。

  唯一残っていた店員も私のことは一切無視! 剛君や光一君はこんな

  あからさまな店員をどう思いますか?

剛:うぅ~~~ん

光:ま、僕はあの、買い物に全く行かない人なんで(剛:そうですねぇ)

  こういうあれが全くわかんないんですけど、こんなことあるんですか? 実際…

剛:とりあえず「あっ、堂本剛だ!」ってことで来ますね。

光:なるほど

剛:基本は

光:基本は…コイツ…

剛:「あっ、買わせよっ!」みたいな感覚がある所もありますしぃ

光:「コイツ、金もってるぞ!」(笑)

剛:高いもん売ろ、みたいなんとか…。え、ホントに、あのぉ、良心的にね

  「何かもしあったら言ってくださいね」って言ってくれるショップもありますがぁ、

  う~ん、そういうところは問題ないんですけども、そうじゃないところとかは

  結構… 「何を探されてますか?」みたいな

光:ま、オレも基本的にもし自分が買い物行った場合「ほっとってくれ!」と思うタイプやからなぁ

剛:ふーむ、なんかまぁ、「いや、何々探してるんですけど」「あ、それやったら

  こっちに有りますよ」とかぁ、まあ、そんな風にしていく感じはいいねんけれども、

  その間に『ほんまにオマエ、思てんのか?』っていう言葉をはさまれると、

  どんどんイライラしてくるんです。だから「ああ、ベルトでしたらこちらにありますよ」

  って言うて案内してくれたらええやん?(光:うん)ほな「ありがとうございます」言うて

  それで別れてもいいし、「これ今回新作で、こうこうこういう感じで出してるんですよぉ」

  て言うて「もし良かったら、気に入られたらあの、是非お願いしますよね」

  くらいやったらええねんけどさあ。ま、新作やん?(光:うん) 新作を、

  まあそういう、タレントさんに着けてもろてぇ(光:うん)ま、宣伝にもなるしぃ

  みたいな匂いがプンプンしてくる感じのトークがあんねん!

光:あぁ、なるほど

剛:ん~、それをもう聞いてると、ああ、もうこの人はなんか…、わかんねんで?

  そう言わはんのは…。わかんねんけども、なんかその…、服が好き!とかさ、

  なんかそういう感じのあれがどんどん… その人に見えて来なくなってきて、

  醒めてきて、最終的にはあんま買いたくなくなんねん、いつも

光:もうもう、完全営業トークやな、と…

剛:「営業やん!?」みたいな…「私もこのベルト着けてるんですけど」みたいなさあ…。

  「オマエほんま好きで着けてへんやんけ、それ!」みたいな感じに見えてきたりとかさあ、

  なんかいろいろすんねんけれども、まあでもねぇ…(光:う~ん…) 基本的には

  僕、ベタベタ付いてくる人には「あ、すいません、大丈夫です」とかもう言うねん、先に…

光:オレも絶対、もし行ったら言うなぁ

剛:ほんなら、あの、自分で自由に選んで、有ったら「これ下さ~い」やし、

  無かったら「また来ますねぇ」みたいな感じで帰りますけど、うん

光:っていうか、さあ? 別に服屋とかでそんなん…、店員が…、そんなん説明要るぅ?

剛:まぁ、なんていうのかなあ

光:いらんやろぉ?

剛:単純に、だから「サイズ、なになに有ります?」とか(光:まあ、そういう時はな)

  そういうのは必要やけど、見るだけに関してぇ

光:だってさ、別にさ、これ新作でどうって別に関係無くねえ??

剛:ウン、そんな説明はまあ、僕的にはあんまりいらない

光:新作… だから何ぃ?って感じするけどな

剛:ま、営業トークですよね。「これ今回うちのブランドが出したベルトでぇ、

  どうこうこうでぇ…」みたいな、ん~

光:いやっ、く…車屋さんとかね?行くと、まっ、ちっと必要やで! 

  (ナ:ヒャハハハ~・笑) 「タイヤは何を履けるのか」とか(剛:う~ん) 

  「純正ではタイヤはこれですよ」(剛:う~ん)「あ、そうなんや」そっから、こう

  「なんか違うタイヤ、ピレリー、ミシュラン、えら…選べるんですか?」っていう話しとかね。

剛:うぅ~ん、ま、似たようなもんちゃあもんやけどな。(ナ:ひゃははは~ 笑) 

  服好きな人からしたらな。服が大好きな人からしたら、そらそうやわ。

  「これって、あと色なに有るんですか?」とかっていうのと似たようなもんやわな。

  (光:あぁ、まあなあ~)「これとこれとこれが有って、素材はこれを使ってるバージョンと

  使ってないバージョンも有るんですよ」みたいな…(光:な~るほどね)

  「あ、じゃあちょっと見せてくださいよ」みたいなんは有るかもしれんけど、

  なんかその、もう、「あ!?僕やっ~!!」って事に関してブワァ~ッと来られる時とかは

  ちょっとしんどいですね。(光:なるほどねぇ…)なんかもう、買わされる感じになるから。

  「いいですよ~、これはいいですよぉ~」みたいなかんじ…

光:ま、店員もね?まあ、みんなまあ人間ちゃあ人間ですからねぇ。

  この店はまあ、あなた行かなければいい、という話ですねえ。

剛:う~ん

光:はい、続いて、えぇ~、大阪府にお住まいの○○ちゃん。「剛君、光ちゃん、こんばんは」

  (剛:こんばんは~)今日は剛君に聞きたいことがあってハガキを書きました。(剛:はい)

  以前の放送で剛君は、光ちゃんと釣りに行った的な話をしてましたね?(剛:はいはい)

  どんな感じだったのか、もうちょっと聞きたいと思ってハガキを書いてみました。是非教えてください。

剛:ン~…ずいぶん前に、いろんなとこで言ったと思うんですがねぇ

光:いつぅ~? 行ったぁ?

剛:ずいぶん前やん。横須賀の…、横須賀やったかな?(光:ええ~?)

  オマエが「僕も釣り行く」言うて、後でボンボンボンボン来たやないかぁ

光:ああぁ~~! なんか、あの、どこや? あれ…

剛:横須賀やったと思うねん。ほんで、えっと、釣りして…。でぇ、オマエが

  イソメ付けられへんから「ちょっと付けてぇ~」(光:そ、そ、そう~)

  女のスタイリストの子に付けさせてぇ、で、釣って…

光:だって平気やて言う…

剛:で、釣れたら「ちょう、取ってぇ~」って魚をその女の子に取らせて、

  で、また「付けてぇ」って付けさせて(ナ:ひゃははは~ ヒィ~ヒィ~ ※高笑い)

  釣りをしていたという話ですよ。

光:そうそう(笑)

剛:そして最後には、その釣り場から、花火大会があって、花火が見れますって

  日やったんや。(光:ああ、ああ~) で、ちょっとだけ花火を見て帰ったんや、みんなで

光:そうそうそう、いや、オレは何で、いや魚は僕普通に触れるんですよ。

  でも何で触らなかったか?(剛:ん~)僕、自分の車で来てたんで…

剛:ハンドル、それで握りたくなかったんやろ?

光:そう!その手でハンドルを握りたくないっていう理由です。(※キッパリ言い切りました)

剛:そら、な? 解りますけど、まあ、そこがもう「ヤクザ」ですよね、ん~

光:ンふ(笑) ま、そんな理由だったんですけど

剛:えぇ、えぇ、えぇ~

光:でも、イソメは触られへん

剛:まああれは、抵抗あるやろなあ

光:絶~対! もうあんな、足一杯あんの、もう… ホンマもう…

剛:ぜんぜん余裕やけども。ん、オレも昔あかんかったけどぉ

光:なんで余裕になれんの? あれが…

剛:大丈夫やったなぁ

光:しかも噛むやん?! アイツら

剛:噛む。けっこう、ちょいと痛いかぁ

光:気ぃ持ちぃ悪う~~~!もう、それが冷蔵庫に入ってることが信じられへんわ

剛:エヘヘ、ヘヘ~(笑) 今はね、もう、ほんま釣り行ってへんから無いけど

光:冷蔵庫に入れてやで?入れたら他の食品も全部イソメに見えてくるわ

剛:絶対無い。(光:イヤやわぁ~) 他の食品は他の食品ですからぁ

光:いやいや~、なんか出てさあ、そのメシ食うてたらいややんなあ

剛:オレ大丈夫やったなあ(光:うわぁ、イヤやわ~)全然平気やった。

  お母さんは「アァ~ン… ちょっとイヤやわぁ…」

光:そりゃそうや、そりゃそうや~ (ナ:ひゃははは~ 笑)

剛:言っててんけど…、ねえちゃん、大丈夫やったでぇ。

光:ああ、そう…? 絶対イヤやわぁ

剛:「何ぃ?これ…、エサぁ?」て言うてたわ、お姉ちゃんは。「うん、エサ…」

光:普通、こう、さあ? 熱帯魚飼ってるやろ?(剛:うん)熱帯魚に、

  こう、イソメ、ぱぁ~っと入れると食う?

剛:いや、イソメは… あの、海水魚は食べると思うけどぉ、淡…
淡水魚に

  あげるっていうか、まああの、糸… 赤ミミズみたいなやつあったやろ? 

  それを冷凍したやつがブロックで売ってて、それを水に入れるとそれが

  ぶぁ~っと溶けて、それを食べるとかいうのはあるけど

光:で、冷凍してて解凍したら、そのミミズ生きてんのぉ?

剛:うーうん、死んでる、死んでる。(光:あ、死んでんのか)ま、要は鮮度が…

光:ま、新鮮や~っていう(剛:うん)なるほどね

剛:うん、生きてるうちに多分圧縮して、冷凍して、ブロックにして、

  っていう状況やと思いますけどね。

光:なるほどね、スゴイなあ。なんでそこまですんのん?

剛:でも、今は「ぎゅうはつ」ですよ。僕あげてるの

光:何?「ぎゅうはつ」て?

剛:牛のハツ。あの…焼き鳥とか

光:ああ、「ハツ」?

剛:なんか串焼きとか、「ハツ」ってあるやん?

光:贅沢やなぁ~

剛:あれを…食いますね

光:贅沢な魚やな

剛:冷凍ワカサギとか…

光:ほえ~ 普通にね、むかし金魚に…あげてた、あの緑のくっさいのでええやん(笑)

剛:コイとかは食べるかな。ハイギョとか…

光:あれ、あれ、臭いよな?

剛:あれ、臭いなぁ

光:あれ、なんなんやろなあ? 原料…

剛:なんなんかなあ、あれなあ… ほんま、コイ、コイ釣りのエサもほんま臭いわ

光:なんなんやろな?あれなあ…

剛:でも、植草さんはあれを丸めてる時が気持ちいいって言うてましたけど

光:あっはっは~(笑) いやぁ~、釣り好きの気持ちはわからん!いや、やると楽しいけどな

剛:いやぁ、植草さんも相当やってらっしゃったみたいで、相当こないだ熱弁されてましたねぇ

光:さぁあ~… もぉお1枚いくのぉ~~~!?(大声です)

剛:いくぅ?いいよぉ~

光:え~、埼玉県にお住まいの○○さん。(剛:うん)はじめまして、こんばんは。

  いつも楽しく聞いています。(剛:はい) 実は私にはすぅ~ごぉ~くぅ、重大な

  悩みがあります。(剛:どうした?) 私はこの前彼氏とケンカをしてしまいました。

  (剛:うん)その原因は、私が同じクラスの男の子と話をしていたら彼氏に怒られ、

  私が「話をしてっていいじゃん?」と反発したらすごく怒ってしまいました。

  それから話をしていません。話をしていた男の子とはただのクラスメイトで、

  何の関係も無いんです。キンキキッズさんはどう思いますか? 

  どうしたら仲直りできますか?

剛:ま、ヤキモチ焼きすぎるんや…な。

光:ま、だいたいね。この子13歳やて!

剛:おぉ~っつ…!?

光:13歳でなんで彼氏がおんねん!?(※興奮ぎみ 笑)

剛:おぉ~~~、なるほどぉ。じゃ、13歳やったら、まあなんとなく解るわぁ、

  そういうの…(光:まあなぁ、オマエ…)「なんでアイツとしゃべってんねん?!

   ボケェ~!」みたいなぁ、なあ?

光:オレ以外としゃべるなぁ!ぐらいの勢い…

剛:もう、好きで好きでじゃあないっていうなあ

光:あるけどねぇ((剛:う~ん…)ただね、この子年賀ハガキで送ってきてるわぁ。

剛:イッヒッヒッヒヒ~(笑) そうかぁ~、まあでもなぁ…。かと言って、なあ? 

  他の男の子としゃべらんと生きていくのなんて難しいからぁ(光:う~ん)うん…

  「私の事好きやったら、それぐらい許してえや」っていうか、ま、普通に、

  だって友達やねん、ということでね

光:まぁ、僕が思うのは、ええ、13歳で彼氏を作るな!ということですね!!

  えっへっへ~(笑) (スタッフ:笑)

剛:いい~~~じゃない…?(※声が裏返っています)出会いなんですから…。

  人と人とが出会ったんやから

光:まだ義務教育ですよぉ~?! あなた…

剛:え~ 神様のイタズラやないかぁ

光:じゅぅ~うさんさい!(※こちらも声裏返ってます)だって、ちょっと前まで

  小学校…、ランドセルですよぉ~!?

剛:いやいやいやいや、大丈夫。もう人様にね、迷惑をかけなかったらいい。

光:いや、ま、そぉ~うやけど、でも、アカンよお~、そんなん…

剛:彼氏っていうぐらいええやん、別に(光:いや、もぉ~)何してるかわからへんやん? 

  何もしてへんかもしれんしやなあ

光:ある意味、オレのひがみですけどねぇ(笑)

剛:手紙…、なんかメールの交換してるぐらいかもしれへんし

光:何度も言うてるけど、中学の時なんか「ウンコ!ウンコォ~!」言うて喜んでた時やあ

剛:まあ、そうですねえ。「オマエ、なに中やねん?おいっ!こらぁ~!?」

  (※めっちゃ巻き舌です) 言ってた時ですからねえ(笑)

光:そうそうそうそう(笑) 「オマエ、なに中やぁ?」

剛:うひゃはは(笑) しょうもない…、しょうもないなあ(笑) 今考えたら、中学校って…。

  「なんや?オマエ、メンチ切って、オマエ、こらぁ~!?」(※また巻き舌です)

  へっへ~(笑)。「なんや?オマエやんのんかっ?やんのか?オマエ、こらぁ~!

  やんのか?オマエ!?こらぁ~!」(※またまた超巻き舌です 笑)…

  しか言うてませんでしたからねえ。

光:小学校の時からねっ、中学になってなんか体もどんどん成長してね。

  「オレ、強え~!」みたいなね?(剛:うん)「オレ、大人~!」みたいな時期ですやん

剛:なんかあったなあ…(※しみじみ)ドキドキしたもんなあ、なんか、女の子見て…

光:… うそぉ!?

剛:なんかドキドキしたわぁ

光:ドキドキしたあ?(剛:うん、だってもう…)なんかそんなん無かったなあ

剛:いろんな想像がふくらむ時期やからさ、中学校って。やっぱ男からするとさぁ

光:まあね、まあね…

剛:もう、あれやこれや、これやあれやいうて

光:ま、いろんな興味が…

剛:いろんな興味があった時期やからなあ。ただ、この…、これはスゴイなぁ…。

  13歳で彼氏がいるっていう感覚が…(光:ほんまなぁ、もうあの…)

  今の子は、でも、ま、やっぱねぇ

光:う、うら…、うらやましいけどさぁ…

剛:社会のぉ、まあ~…なんていうの? 情報はバンバン入って来るしぃ、

  そういうものを見る機会があるやん?

光:だからさあ、あの~、なんていうの? こう、まわりも別に「ワァ~、ワァ~~~」

  みたいなもん無いわけやろ? もう今の時代…

剛:う~ん、無いやろなぁ

光:無いんやろなあ。だからもう、オレらの時代、そんなん彼氏彼女なんか

  できたいう話になったら「ワッ、ヒョ~、ヒョ~、ヒョオ~~~!」やん?

  (剛:まあなあ…)それがもう今は無い時代っていうか、もう、あの、

  別に普通やなぁっていうぐらいの…

剛:今はもう、テレビつけたらぁ、恋愛の仕方とかも、出てるワケやん? テレビに…。

  何かこんな風に恋をした時は、人はこういう感情になり、そしてこんな言葉を

  発するとすごくステキですよね、みたいなドラマが有ったりさぁ、いろいろするからぁ

光:自然が一番いいけどなあ

剛:なんかこう、覚えてしまうんやろねえ。自然と…、ついつい、好きな人を重ねて…

光:ま、勉強しろ!勉強!! (ナ:あっはっは~ ひゃっはっはっは~ 笑)

剛:いや、勉強してやると思うけどね

光:まあ、え~、こんな感じでおハガキ読みますんで、おハガキ送っていただければぁと思います。

剛:はい



光:は~い。え~(パッカ~ン… ※なにやら騒音) あぁっ?アンタ、うるさいっ!

剛:えへへへぇ~(笑) いや、ティッシュがぁ~(ガサガサッ…)

光:ティッシュ、無くなったなあ

剛:無くなってぇ(カサゴソ… ※引き続き騒音)今、ティッシュの箱のたたみ方が

  裏に書いてあんのを…(ガササ…ゴソソ…)

光:なんか、まだもう1枚行くらしい、ハガキ…。もうコーナーしめてもーたけどぉ? 

  ふひゃははは~(笑)

剛:は、いきまっか~?

光:もう1枚いくって…。 ○○さん、横浜市にお住まいの○○さん。突然ですけど

  光一君に聞きたいことがあります。私は右目0.7、左目0.3でコンタクトを作りました。

  でもコンタクトを作ってから1週間くらい着けてなかったら、着ける癖が無くなってしまい、

  え~、コンタクトに慣れなきゃいけないと思って、え~、最近また着け始めました。

  (剛:う~ん)なかなかうまく着けはずすことが出来ません。(剛:うん)着けるのは

  最低6,7分、はずすのに最低10分!近くかかってしまいます。まだ慣れていないと

  いうこともあると思うんですけど、どうしたら上手に着けはずし出来るようになるかっ、教えてください。

剛:ということです

光:え~、練習するのみ! っていうことで、え~…(剛:おっとぉ~?)こんなハガキで…

剛:終わりましたよォ~?大丈夫ですかぁ?(光:いいんじゃない?) 大人の方々…?  

光:これ、はずすのに10分やで~。はずすのはぁ…3秒やな

剛:ドキドキしてまうかなぁ…

光:…はぁっ!?

剛:いや、なんかぁ…

光:あ、怖いってこと?

剛:うん 

光:どう? 剛はどう? 剛はコンタクトせえへんけど

剛:ちょっと想像つかへんもん。だって…

光:あの、こんなん目ぇに入れるっていうのは

剛:やったことないから、ちょっと怖いもん、なんか。怖い…怖いにゃろ?

  痛ぁ~たたた~みたいになると思う

光:いや、こんなん両手でせんでも、こうやってこうやればピッと入ります

剛:ンなん、無理やな~

光:で、取るのは…、ハードの場合、この子もハードって書いてんねんけどぉ、

  ハードの場合は、こう、目尻んとこピッと引っ張って、まばたきピュッとすれば、取れる。

剛:あ?そうなんや~。こうピッと引っ張って~

光:その、なんていうの? ハードって黒目より小っちゃいねん、ハードコンタクトって。

  (剛:ああ、はいはいはい…)だから、ハードのコンタクトの大きさにこうやって

  引っ張って合わせてあげんのよ。(剛:うん)そうする事によって、ひっぱる事によって、

  しっぱる、しっぱる、しっぱりますよね? こう、しっぱって~(剛:ひっぱるっとぉ~)

  しっぱって、しっぱって、しっぱる事によってぇ、コンタクトの、この、なんていうの? 

  外側の大きさと同じになるわけです。マブタが…(剛:うん、うん)で、フッとまばたき

  する事によって、ポリッと取れるわけですよ、は~い

剛:ふう~ん、いや、想像がつかない

光:いやあ、着けるのにもう、何? 何分? 6,7分…? シュ~~~(※息を吸っています)

  まあ、そんなにかかんないはずなんですけど、ま、少しずつ慣れるしかないでしょうねぇ。

  (剛:ドキドキすんねや…)最初は怖いですけども

剛:いやあ、ちょっとオレは想像つかへんな、やっぱり…

光:あなた、目は悪くなってないの? 全然…

剛:いや、でも悪くはなってる

光:あっ、そう?

剛:うん、ちょっと「無双」をやりすぎた

光&ナ:ウヒャヒャヒャヒャ~(笑) 

剛:ホンマに~

光:「三国無双」なあ(剛:ふうん) ゲームなっ

剛:ほ~んまにやりすぎやで、あれ。こないだも何千人斬ったかわからへん

  (ナ:あっはっは~・笑)ほんま、昨日は『そうそう』(※曹操)に怒られたんや。

光:怒られたぁ?

剛:うん。「『かこうとん』(※夏候惇)! 先に行きすぎだぁ。自重せよぉ~!!」って

  すごぉ怒られた

光:『かこうとん』てあれやろ? こう、ちょっと青っぽい(剛:そうそう!)ヒゲ面の…

  (剛:髪長い…これこれっ)剣の人でしょ? あれが好きなの?

剛:怒られた…

光:『かこうとん』好きなの?

剛:『かこうとん』は基本的に好きですねえ

光:あ~ん、なるほどね

剛:ん…、バランスがいいですからね、『かこうとん』は

光:あ~ん、なるほどね

剛:????????(※聞き取り不能)けどね今は(光:ひゃはっはっは~・笑) 

  ほんとやって。何百人の中に入ってても負ける気がせえへんからなぁ。

  (光:あ、そう~?)う~ん、うちの『かこうとん』…

光:アノ、ま、オレはポータブルの方やけどさ。あの、『ろふ』が敵として…、

  『ろふ』でいいの?あれ…

剛:『りょふ』(※呂布)ね

光:『りょふ』? 『りょふ』が敵として出てきた時に、あいつを倒すのが楽しいねん

剛:『りょふ』を倒すのが?

光:そう。(剛:う~ん) 「そんなヤツを相手にするなぁ~」とか言われるんだけど

剛:そこで倒すのと倒さへんのと、またこれ微妙にイベントが変わってきたりするけども

光:そうそう。オレ、倒す。必ず…

剛:ああ、『りょふ』なぁ…

光:でも、めっちゃ強いけどなぁ(剛:強い強い…)「本気になってやろう!」とか言って急に強くなる

剛:今のオレの『かこうとん』やったら、もう、『りょふ』なんてウンコやなあ

光:ししし、ひゃっはっはっはっは~(笑)

剛:う~ん

光:そんな強いん?

剛:あいつがムカツクとこはガードしててもやなあ、ガツ~ンてつかみよるねん。

  (光:『りょふ』?) バン、バン、バン、バン、ドォ~ン! ………? 

  なに、キョトォ~ンてしてんの? ナイスガイ??

ナ:ひゃひゃひゃ~(笑)

光:もう多分ねぇ

ナ:やってないから…(笑)

光:ナイスガイのリアクションが(剛&ナ:うわっはっはっは~・大笑)ラジオを

  聴いてるリスナーの皆さんも、そんな反応やったと思う。今…

  (剛:あ、そぉ~お?)ずぅ~っとしばらくの時間ね

剛:あ、ホンマに? オレ、楽しかったわぁ~♪

光:僕らが何を言いたかったかというと…

剛:何の話してたっけ?(笑)

光:目は大切にっ!ということを(剛:あ、そうや)僕らは言いたかったんですね。

剛:コンタクトの話から、目が悪うなってぇ、で、「無双」の話行ったんやな

光:う~ん、うんうん。まっ、ほどほどに。ゲームもほどほどにせなアカンよ!と…

剛:でも、そろそろ「無双」のキャラクターにオレ入れてもいいと思うねんけどなぁー

光:もう、いいよ! その話は(ナ:ひゃっひゃっひゃ~・笑)

剛:ホンマ、全然入れてくれはらへんねん

光:ふはははは~(笑) え~、というわけで、目は大切に!という事でございました。

剛:はい!

光:はい、え~、おハガキコーナーでした。

剛:でしたぁ~!



光:はい、今夜のキンキラキンキワールド、いかがだったでしょうか?

剛:はい!

光:春のおハガキ祭 PartⅡ!ということで、ハガキずぅ~っと読ましていただきました。

剛:はい~っ

光:まあ、ある意味ね。一番こう、会話が出来るという意味では、このコーナーが好きという人も

剛:多いんですかねえ?

光:多いんではないでしょうかね。

剛:相当、会話しますからねえ。

光:はい。と言うわけで番組の方におハガキ送ってください。

剛:はい!

光:(あて先・インフォメーション)

剛:お願いいたします

光:送って下さいっ

剛:はい

光:では、また来週です

剛:また来週、お会いいたしましょう!

光:はい~

剛:バイバイッ♪

| キンキラKinKiワールド | 16:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT