Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2005年5月28日『『ビロードの闇』もうすぐ発売記念。素人の闇』』(りい)

はい。どうもっ。Kinki Kidsの堂本 剛こと堂本 剛です。 (スタッフ笑)  

っふふ(笑)みたいなことで。ま、6月ですよ、もう。ほんま言ぅても。あと~・・・

何回かうんこしたら、6月になるわけです。ねっ?(スタッフ笑)

これはもぉ~・・・1年のうちの半分となる訳ですけれども、早いですねぇ、

ほんまなんかあっちゅー間にこれぇ・・・月日が経っていきよるなって言うね?うん・・・。

ついこないだ誕生日祝ってもらったのに、もう6月かい!?みたいな話でね?

ま、溜め録りだからですけどもねっ。(スタッフ笑)ま、あの~・・・そ、ですね。上半期。

僕の一番のニュース・・・なんですか?っていうことですけど、え~・・・となんっかあったかね?

・・・世間的に特に無いよね?オレの、「これやりましたよねっ、剛さん!」みたいなの。

無いよね?(ス:「ファンタスティポとか」)あ!ファンタスティポか!!あ、ファンタスティポ

そうか、今年か。えらい前の気ぃするわ。(スタッフ笑)こないだ熱帯魚屋行ってさぁ、んで~

・・・まぁちょっとあの~、噛み癖のある魚がいんの、一匹。滅多にそぉいうケース少ないねんけどさ、

おったからぁ、これはちょっと隔離しなきゃいけないということで、仕切り板を買いに行った訳よ。

水槽で、あの、壁を作れるわけ。仕切り板。で、あの~・・・「夏子と冬子の部屋」って言う

仕切り板があんねんけどさ、(スタッフ笑)・・・んっふっふっふ(笑)あのっ(笑)

古~いっ・・・あのほんっと日本の古~い女の子がプリントされてるダンボールみたいやつ

入ってる仕切り板があねんねんけど、ま、それを買いに行ったわけよ。

で、「いや、実はこうこうこうで、こうでね~?」って説明をさぁ、店員さんにして。

ほんともののぉ、何秒やろなぁ・・・?ほんっとにね、ものの3秒とかやねんで?

その前は誰っ・・・なんや曲忘れたけど、コーダーに差し掛かっててんな?

ほれでぇその話をしてたら、てぃてぃてぃ~ん♪ってさ、ファンタスティポ掛かり出してさぁ

(スタッフ笑)、なんて言うのかな?まだAnniversaryとかやったら?ん~・・・

無視しやすかったけどさ(スタッフ笑)。ファンタスティポって結構無視しにくいな、あれねっ?

(スタッフ笑)んで店員さんもちょっと気ぃ遣いながらさぁ、「ファンタスティポですね」って感じやってんけどさぁ

(スタッフ爆笑)、ちょっとまぁ・・・いま魚の説明聞いてるし、まじめに行かんとみたいなところの

なんかびみょ~な空気?微妙な空気でね、なんか魚の話してたんやけども。ん~・・・

ま、確かにファンタスティポはちょっとデカイか。色んなことしたもんねっ。

ま、でも太一くんとも言ってますけども、年末の音楽祭?ま、色んなものに関してやっぱ、

出ますけどもね。ま、オファーも来てますから。局の方から・・・ま、これはもちろん

ファンタスティポ出たいところなんですけどもね。ま、来年はイノッチが参加。と言うことでねっ。

(スタッフ笑)えぇ・・・んふふふふふっ(笑)イノッチが参加しますけどもねっ(笑)

え~、どうなることか分かりませんけども。まぁ、そんな感じかなぁ~?ん~っ。

そんな特に無いなぁ、オレ的に「こんなんありましてん」みたいな、無いわぁ~ん。

ま、誕生日はね、ほんま祝ってもらったんですよ。バンドメンバーに。ん。ドッキリで。

なんか「ドラマの打ち合わせです」みたいな感じでさぁ、店行ったらさぁ、いつも

よぉ行ってる店でさぁ、入ったら・・・みんな居てくれて、「ハーピバースデートゥーユー♪」って

やってくれたん。ドッキリで。そんなことありましたけどね。凄い嬉しかったですけど。

ま、ま、あの~・・・とりあえずですね、今日ちょっと1つ企画用意してるということなので、

その企画に行く前に、こちら聴いて頂きたいと思いますっ。6月15日発売ですね。

Kinki Kidsの21枚目のシングルでございます。『ビロードの闇』



 ~♪ ビロードの闇



はい。それじゃハガキ読みますね。え~・・・長野県の○○ちゃんです。「こんばんは。

いつも楽しく聞いています。私はいま大学生で1人暮らしをしていますが、去年の6月に免許を

取ったんです。実家、愛知に帰らないと、運転する機会がありません。2ヶ月か、短くて

1ヶ月かに1回運転する程度です。車の学校では、S字もクランクも縦列方向転換などなんでも

バッチリだったんですが、今ではさっぱり感覚がありません。いつも親や兄が一緒に

乗るんですが全員に怒鳴りつけられています。悲しいです。お2人はお忙しくて車に乗る機会が

少ないと思いますが、どうですか?どうしたらいいんでしょうか?」ん。これはもぅ勘ですよね。

養ってもらわんとあかんですけれども。もっ、こんなん経験ですからっ。まぁ、あの~・・・

よくカーブ。僕は車乗りますよ、ちょいちょい。ん。普通に乗ってますけどぉ。車はねぇ、

正直日本は左ハンドルの方が絶対乗りやすいですよ。確実に乗りやすいですよ。

なぜ日本は右にしたのかって、いまだに分からないですね。だって、左にした方が

寄せんのも簡単やしね?縦列もえらく簡単なるしぃ・・・って感じ?単純に、曲がるときとかはね、

ミラーが曲がり角の角にきたらハンドル切れ、みたいなとかあるじゃないですか。

あとは駐車するときはその、車と車の間に入れたかったら、その車の、止まってる車の

ヘッドライト近辺なったら、1回グワァーーッって回して、ほれで逆に切って、ケツから

入れるとか。なんかそのコツはありますからねっ。その辺覚えたらええですけど。

ま、一番僕やっぱがいらいらするの、右折ですね。・・・東京の右折はほんっまくそ遅いっ!

も、ほんまに・・・関西は早い!!(スタッフ笑)これまた右折したときに、あの~・・・

右折した先が2車線、3車線の場合ね。も、これ東京はね曲がったことろの車線にしか

行こうとしよらんわけです。「4本あんねやったら4本行けよ!」みたいな。分かる?

左折とかでも。右折とかもそうですけれども。左折でね?例えば、左折の場合やったら、

T字でね?え~・・・例えばなんでしょうね、あの~・・・「骨董通り」(港区南青山)から

「246」(国道)に抜けるときあるでしょ?あぁいう状況でぇ、左に・・・折れますよね?

だから、一番先頭の人は、一番奥に行けばいい話なんです。分かる?それを、一番近い左の

・・・あのパスタ屋の近辺の左を(スタッフ笑)・・・行こうとすると、も、詰まるわけですよ、

そこで、ねっ?だから歩行者なんやっていうのは待つのはあたりまえですけれども、

一番先頭の人、奥行けばとりあえず4台行くじゃないですか。それを繰り返せばええ感じに

いい感じに短時間で多くの車が曲がれるわけですよ。その辺はねぇ・・・ちょっとね、なんかこぉ・・・

関西と違うなぁって。関西結構そういうのちゃんとやりよりますから。う~ん・・・東京来て

運転してるとやっぱりその辺はうーんと思ったり。あとだから半端に譲らへんねんな、東京って。

関西結構「あぁ、ええで。行ったらええやん」(スタッフ笑)って感じとか、分かりやすいねん。

「あ、ごめんごめん。ちょっとオレいま行くから、ごめんごめんごめん!」とか、「あぁ、いい、

行ったらええやん、行ったらええやん」とか分かんねんっ、運転してても。(スタッフ笑)

東京はさぁ、なんかタクシーとかなんでもそうやけどさ、「あ、すんません。ちょっと入れてもらっても

いいですか~?」ったらなんかズズズズーッって来たりとかさ(スタッフ笑)。で結局なんか

頭突っ込んだらさ、ブレーキ踏んで入れるみたいな。中途半端な、なんていうの?プライド?

ケンカの売り方も中途半端な、なんかその「絶対入れたらへん」とか、「ごめんごめん、

ちょっとオレ急いでんねん」とかも無いし、「なんで入れな・・あっかん・・ねん・・・けど、ま、ええわ。

入れたるわ・・・」(スタッフ爆笑)みたいな感じの、入れ方されるから、なんかもう余計

いらいらするみたいな?ありますけれどもね。(ここまで熱弁してます)

ま、でも・・・S字クランクってあんま無いからねぇ~。あんっな道っ(笑)(スタッフ爆笑)

どぉ思う???カクッ、カクッはあるで?色々。僕経験した中でいくと、カクッカクッはあるわ。

あんっなS字みたいなん無いやんっ!(スタッフ笑)どこ歩いてんねん?みたいな。

あの界王様んとこ行くときみたいなさっ(笑)(スタッフ笑)あんな道かいっ!?みたいなさ

そなぁ無いであんな・・・S字っぽいの。あんのかなぁ?世の中にはあんのかなぁ???

まずあんな道やったら避けますけどね。んっふふふふふっ(笑)大通り行ったほうが

頭ええみたいなね。だからその、車の経験ある人ととかにぃ、横乗ってもらって重ねることですよね、回数をね。

それが一番いいと思います。この後ちょっと新曲に関する企画があるということですので、

みなさんちょっと楽しみに期待して頂きたいと思います。



「『ビロードの闇』もうすぐ発売記念。素人の闇」 BGM:ビロードの闇

・・・・・う~ん・・・全く意味分からん。(スタッフ笑)あのね、言ぅておきますけど新曲は

「ビロードの闇」ですから、素人ではないですよね。そなっ素人の闇ってシングルを出して

売れる気はしませんけれども。(スタッフ爆笑)ん~・・・まだその玄人さんの闇の方が

いいと思いますがぁ。えぇぇっ!?なに、これ?これはぁ・・・え~・・・え?その前に

「ビロードの闇」の曲の説明をいきなりここでするわけね?とりあえず。

あの~・・・しづらいけども(スタッフ笑)、まとにかく今回、林田健司さんに書いて頂きました。

ですからほんと~・・・な、なん、なんでしょうね?非常に林田健司っぽいメロディーにですしぃ、

ん~・・・それをKinki Kidsが歌うとこぉなりますよ!って感じですけども。

まぁ、21枚目に相応しい。あの~・・・いままでのKinki Kidsも保ちつつ、また新たな

Kinki Kidsを発掘していただいた感じ。ま、で、今回も仕上がったと。毎回、あの、

ほんとおんなじようなこと言ってますけども、毎回毎回やっぱりね、いままでのKinki Kidsらしさを

残しつつ、更に新しいことを・・・こういうのちょっとスパイスとして入れてみよう。

みたいなことを、やっぱりアーティストの方々はね考えて色々やって下さるんですけども。

今回も非常にそれが見事にマッチングした作品になったと思いますのでね、

え~6月15日発売ですから、皆さん是非買って頂きたいと思いますけれども。

ま、とりあえず、何をやるかと言うことです。いまからね?で、何をやるかと言うと、

素人の闇ということやりまして、スタジオにですね、ニッポン放送に出入りしておられます

素人の方に、いきなりとりあえず入ってもらいまして、その方の抱えてきた闇をですね

僕が三択で・・当てた・・い・・くは無いです。別に。(スタッフ笑)当てたいとは思います

っても書いてますけども。(スタッフ笑)んー?そんなに当てたくはないですね。そんなあの、

闇を暴露されても・・・みたいなとこありますけれども。ん~・・・ま、じゃ、当てて。当てなきゃ

帰れないので、当てますっ。それでは来て下さってるみたいなので、素人さんいらっしゃーい!



(以下 剛:剛さん 素:素人さん)



(スタッフ爆笑)

剛:あ・・・あ、ども。こんにちは・・・。えー・・・今日は赤いスカートお召しですけども

素:はい

剛:えー・・・あの~・・。初めまして、堂本です

素:初めまして

剛:えー・・・あのー・・お名前っと・・・お歳なんかをおき・・伺ってもよろしいでしょうか?

素:はい。○○○26歳です

剛:○○○さん。あれっ、タメですか?

素:同い年ですね

剛:1979年っすか

素:あ、78年です

剛:あ~、なるほどっ。78パターンですね。なるほど (スタッフ笑)

素:あははははははは(笑)

剛:いえいえ(笑)ありますからぁ(笑)「あ!お~!タメやん!」て言ぅて、

  「えー?せん・・79年?」「え、78年・・・」みたいなパターンたまにあります。(スタッフ笑)

  ナナパチ・パターンだなと思ったんですけれども。ま、とりあえずじゃぁあっ・・・

  え、その闇を告白していただいて、でまぁ・・僕が三択で答えるということでいいんですよね?

  ちなみに、あの、何をやってらっしゃる方なんでしょうか?

素:えっと、製作部のデスクです

剛:製作デスクですね。

素:はい

剛:セイサックデスクですですね?

素:・・・です、ですね。(スタッフ笑)

剛:なるほど(笑)

素:デスクですね?

剛:んふっ(笑)製作デスクですですね?

素:うふふふふっ(笑)

剛:なるほど分かりました。なんで僕製作の「せい」を変えたのか

  分からないんですけれど(笑)(スタッフ笑) 

  とりあえず、じゃあその闇を告白して下さいっ。

素:はい。「3年前、私が23歳のとき私に好意をもってくれた男性に対して、

  私がさせてしまったことは次のうちどれでしょう」

剛:なるほど、はい。

素:1.「毎日毎日車で送り迎えをしてもらった」2.「クリスマスプレゼントに

  欲しいものをもらって、それを別の好きな男の人にあげた」

  3.「プレゼントには飽きてしまって、毎月の公共料金を払ってもらった」はい。

剛:う~・・・ん。・・・・う~・・・ん? (スタッフ笑)

  ま、でも1番は別にあれじゃない?・・・闇って言う程でもないけどねぇ・・・?

素:アッシーですね

剛:ま、ちょっとこき使ったっぽい感じ?ん~・・・・1番おもろいところで、

  2番で行きますよ。うん。・・・じゃ、いいですか?

  じゃ僕は2番で行きますっ!



ブーーーーッ♪ (不正解ブザー) (スタッフ笑)



剛:あれっ?違う?・・・え?なんなんですか?正解は

素:正解は、3番です

剛:3番?!こらまた結構ね?え、これどういう状況でそうなるんですか?

素:え、なんか洋服とか宝飾品とかプレゼントしてあげるってよく言われてたんですけど、

  なんか身に着けるもの嫌だったんです。

剛:はいはいはい

素:好きじゃなかったのでっ。

剛:んははは(笑) (スタッフ爆笑)

素:なんか、身に着けたくなかったんですよ

剛:まぁ、確かにね。

素:そうそう(笑)

剛:嫌いな男から貰ろたものを身に着けてるぅ・・・のは嫌ですわな 

素:消耗品がいいなと思ってて

剛:はいはい

素:消耗品・・色々化粧品とかもお願いしてたんですけど、もっと、

  すぐ無くなっちゃうものがいいなと思ってぇ

剛:もっと効率がいいなんかね?

素:そうそうそう!

剛:も、こいつの存在自体そんなに感じずに、有効に使えるもの

素:で、ある日ご飯食べて家に送ってもらうときに、「あ!ごめんっ。

  コンビに寄っていい?」って言って、なんか色々雑誌とか

  飲み物とか買って、ついでに「あ!これも払わなきゃ」って振込用紙を・・・

  うふふ(笑)一緒に出して

剛:・・・はいはい

素:その人女の子にお財布出させない人なんですね?

剛:あ~・・・

素:だから、そんときに「あ、いいよ、いいよ」って。うふふっ(笑)

剛:あぁ~・・・(笑)それで、払わしてっ (スタッフ笑)

素:電気ガス水道、電話

剛:全部っ?

素:うん。インターネット代とかも

剛:インターネット代もっ!? (スタッフ爆笑)

素:あははははは(笑)

剛:え?え?額ってか、ぜん・・・全部で

素:月々2万・・・いや、もっと。2万5千ぐらいかなっ?

剛:毎月にーごー・・・ (スタッフ笑)

素:で、その人は名古屋に転勤でずっと居て、私に会いに来るために

  1ヶ月に1回来てたんですけども、毎っ回毎回それを(笑)あはははは(笑)

剛:えぇーーーーっ!????(苦笑)うそぉ~っ・・・? (スタッフ爆笑)

素:支払い続けてたんですよ(笑)

剛:うそぉ~???

素:月に1回の逢瀬のときにぃ(笑)あはは(笑)はははははっ(笑)

剛:はー・・・・。よっぽどじゃぁ、もぉ・・・・好きやったんやなぁ・・・その男の人は

素:だかっ、あんまり女の人と話せない人でぇ (スタッフ笑)

剛:・・・まぁ、2、3年前の僕ですよねぇ (スタッフ爆笑)

素:あはははははっ(笑)

剛:う~・・・ん。なるほどねっ。ま、だから好きやったから・・・まぁまぁ。

  でも、なんて言うのかなぁ・・・?

  嫌われて会えなくなるよりかはね?いいということで・・・(ため息)。

素:あはははっ(笑)

剛:なるほどっ。・・・まぁまぁ、でもぉっ!・・・・・う~・・・ん?なんやろ?

  ん・・ま、いいんじゃない?(呆)(スタッフ爆笑)

素:あはははははっ(笑)

剛:んふふ(笑)うーん、どっちが悪いぃ・・・やなんやって言うことでもないやな、

  これは。う・・・ん。ま、よかった。・・・かな?

素:うふふふっ(笑)

剛:まぁ・・・あの、ほんとにっ・・闇っぽいですね。 (スタッフ笑)

  ・・・闇。っぽいところ・・・でしたわ。う~・・・・ん。すいませんでしたね、

  なんか急に来て頂きまして・・・

素:はい。ありがとうございます

剛:闇を暴露して頂いて(笑)ありがとうございました (スタッフ爆笑)

素:ありがとうございました。

剛:はい。じゃぁ、頑張って下さい

素:はい

剛:ありがとうございまっすー。どうも~・・・

カラカラカラン♪/氷

いやー・・・あれ、ちょっと。あ、えっ?1人ですか? (ス:「うん」)

凄くゆる~い企画ですねぇっ?(スタッフ爆笑 「しー、しー、しーっ!」)

1人の方に、来ていただいて、暴露さして、「お疲れさんでしたー!」みたいな?

あ~・・・。 (ス:「レギュラー化を」)レギュラー化ですか?いいですね~。

これちょっとおもろいですわ(笑) (スタッフ爆笑)

んふっ(笑)ははははっ(笑)人の闇を暴露していくの、おもろいですね(笑)

ま、でもあの~・・・これ2、3人いらっしゃったら、もぉ、勇気持ってね?

「私もぶっちゃけたろか!」みたいなありますけども、これ1人で来て、1人で・・・

ぶちまけてぇ、かなり勇気いる。ねぇ?(スタッフ爆笑)ほんっとに申し訳無い企画ですよ、

ほんまにぃ。ま、とりあえずこんな感じでですね、とりあえずまぁ、あの・・・皆さんもほんとに、

楽しい心の闇をお教え頂きたいと思います。ねっ?ま、だからハガキで

「こんな闇ありまんねんよ」言ぅことで送って下さい、皆さんね?ハガキですから、まぁ~・・・

暴露しやすいでしょう。ん。腹割って話しやすいと思いますけど、今日のそのほんとに

その、第一陣来て頂いた○○ちゃんはですね・・・ほんっとに勇気のある・・・

子ですよね?(スタッフ笑)あれはびっくりしましたよ。ま、とりあえずこんな感じで

やっていこうと言うことでもありますのでね、みなさん、もしありましたらハガキで

送っていただきたいと思いますっ。よろしくお願いいたします!ということで、以上、

もうすぐビロードの闇発売記念、素人の闇でした。



さ、今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか。ま、あの素人の闇という

企画をやらさして頂きましたけどもねぇ、え~・・・ま、色々あるねっ!男と女。

ほんっとに、めんどくさいねっ。(スタッフ笑)男と女っていうなんか・・・その感じ?

ま、でも今日は面白い闇聞かしていただきましたのでね、皆さんも「私は負けませんよ」

と言うもの是非送ってきて頂きたいと思います。え~、番組におハガキ待っております。

(あて先)

お知らせといたしましては、先ほどもかけさして頂きましたけれども、Kinki Kids 

21枚目のニューシングル6月15日に「ビロードの闇」というタイトルで発売さして頂きますので

是非みなさんチェックして頂きたいなと、思いますっ。ということで、また、来週・・・

お会いいたしたいと思いますっ。ということで、お相手はKinki Kidsの堂本 剛でした。

さよなら!ばいばいっ!!

| キンキラKinKiワールド | 16:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT