Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2005年10月29日『ハガキ祭り』(りい)

光:はーい、こんばんは。堂本 光一です

剛:はい、堂本 剛です

光:え~、まもなく僕らのニューアルバム「H」アルバムが発売となりますね

剛:はい

光:2年ぶり、の、Kinki Kidsのアルバムと(剛:そうですねっ)、

  なる訳なんですけれども(剛:はい)剛さん的にはどぉ・・・・・セールスポイントは?

剛:セールスポイントですか?

光:えぇ

剛:そうですねぇ~・・・やっぱり、え~・・・・煮てもよし。焼いてもよし(光:んぅ)、

  生でもよし(光:ふふふっ(笑))。そんなアルバムになってるんじゃないかと


光:じゃぁ一緒にお風呂に入ってもいいわけ? (スタッフ大爆笑)

剛:んふふふふふふふっ(笑)出ましたね~(笑)久しっぶりに

光:えぇ。久しぶりって言うか(笑)最近出すぎやけどねっ(笑)(スタッフ爆笑)

剛:んはははははっ(笑)出ましたね~っ 

光:出すぎやけぇどぉ~ (あくび?)

剛:おう。なかなか出ないですよ?

光:えぇ。だからこう、こ、「CDと一緒にお風呂入ってもいいわけ?」って

  聞いた訳ですよ(スタッフ爆笑)こ、繋がってないようで繋がってますから

剛:んっふっふっふっ(笑)それはっ(笑)ダメです(笑) (スタッフ笑)

光:ダメですか?

剛:普通に考えて、CDと一緒にお風呂入ってダメですから(笑) (スタッフ爆笑)

光:いえ、えぇ。そぉふうに煮てもよしならそうしてもいいんじゃないですか? 

剛:あ~、なるほどね?(笑)その暖かい湯ぅ入っても(光:そ~ですよ。そうそう、そ)

  いいんちゃうか?って言うですね??そらダメですけどね(笑)

光:あ、ダメですか?

剛:まぁまぁ、あの、色々っ。なんでしょうね?ま、あの、ですからあれですね。

  今回のアルバムは、色んなジャンルが結構ね、織り交ざっておりますし

  (光:そうですね)、今までKinkiがアプローチしてない楽曲もあるし(光:ふん)、

  あとはね、あの~、お互いのソロ曲は無いんですけども(光:ふん)、

  提供して頂いたソロ曲があったりとか。で、この後もちょっと聴いて頂こうと

  思いますけれども(光:ふん)、僕が詞を書いて光一くんが曲を書いてと言うね?

  (光:そうですね)合作も1曲入っておりますし(光:えぇ)。

  これはい~アルバムになってますよっ。


光:このぉ・・・・あの~・・・歌ってるときに気づいたんですけど(剛:うん)、

  この、ま「恋涙」と言うね?

剛:れんるい。恋に涙と書いてね?

光:いま説明してる剛くん詞書いて、僕が曲書いたやつですけども(剛:うん)。

  ・・・・またぁ、ちょっと過激な詞を書いて来たなぁと僕は歌いながら(剛:うん)

  思ったんですけど。でもそぉつもりは無かっ・・?

剛:全く無いですねぇ(光:ふはははっ(笑)かっかっかっかっ(笑))。

  あの光一さんの脳みそが過激なだけですねぇ 

光:いや、僕びぃっくりしましたもんっ(笑)

剛:いやいや。それやったら僕、そのまま書きますからね、大体

光:あ、そぉっかぁ(剛:うん)。じゃ、深読みし過ぎか、オレ・・・

剛:し過ぎですね(笑)

光:でもそぉとれるやん!なんか

剛:いや、ま、言われたらとれますけどぉ・・・。

光:でしょぉっ?

剛:えぇ。まぁでも・・・・

光:も、どうかとか言いませんけども

剛:全く僕はそんなつもりは無く・・・(ぼそぼそ)

光:あ、そうですか

剛:ま、言われたら「あぁ、なるほどな」と・・・

光:とても人間の神秘と言うか(剛:えぇえぇえぇ)、生命の神秘を

  書いてんのかなぁ???と言うふうにも、思えたんですよ。

  こ、ちょっと裏をかいていくとですけどね?

剛:なるほどね

光:えぇ

剛:や、僕はそのまんま・・・あの、運命と言うかね?

光:あ、なるほど。うん・・・

剛:キミと・・・・・。あぁ、私とあなたが出会ったときみたいなのですね?

  (光:うぅん)書かして頂きましたけれども

光:あん、なるほどね?そぉことですね?

剛:恋(こい)涙(なみだ)と書いて「れんるい」と言うね?歌を書いたんですけどもね

光:じゃ、その曲をまずはっ!

剛:聴いて頂きましょうか?

光:聴いて頂きましょうか

剛:はいっ

光:はい、「恋涙」です。どうぞ~



 ~♪ 「恋涙」

 

光:さ。おハガキ読みましょっか?

剛:読みましょ。

・・・・・

剛:さぁっ、それではですね、え~・・・こちらからいきますけど、○○ちゃんですね。

  え~、兵庫県にお住まいです。え~・・・「聞いて欲しいことがあります。

  この前休日に家族と外食することになってて、それまで友だちと遊んでいた私は、

  母と一緒に食事したこともあるその友だちを誘ったんです」(光:ん)

  「○ちゃんも一緒に行くから、て、連絡したら、突然弟が帰ったんです」・・・・

  帰ってきた、と。中3の弟が。(光:ぅん)で「顔にニキビが出来てるからって、

  意味の分からない理由で」・・・なんか帰ってきた、と。で「なんで?男子校に

  通ってるせいもあると思うんですが、思春期の男の子ってそんなに女の子に

  会うときに、意識をするもんなんですか?それか、ただうちの弟が自意識過剰な

  だけかなぁ?」(剛さん、字面を追うのに必死で棒読み気味^^;)


光:いまいち意味が分からんハガキ!ふははは(失笑)

剛:うーん・・・ただ、まぁ、食事を・・・するときに、友だちのその女の子の名前を

  (光:うん)出して「一緒に誘ってもいい?」って言ぅたら、弟が帰って来た。と

  (光:うん)。(ス:「帰った。帰った。その場から」)あっ!その場から帰った?

  (ス:「それまでは一緒に居たわけよ」)あ、それまでは一緒に居てんけども、

  そのお姉ちゃんの友だちが(光:なぁんや、いま分かった)来るとなったら、

  その場から帰ってもぉたんや。で「にきびオレあるから」って帰ったと。

  (光:ん)(スタッフ笑)あーーー!なるほどねっ。やっと分かったわ。でもっ・・・


光:うん。この「母と一緒に食事をしたことがあるその友だち」ってのがちょっと惑わしてんねん

剛:うん、うん

光:要するに、母の知り合いの子も誘ったでいいんですね?

剛:そやな。私の友だちってことやな?

光:そ、そ、そ、そ。んんんっっ(咳払い) 

剛:なるほどねっ。オレでも・・・・・あったかなぁ?(光:うん)別に・・・無いけどな。

  でもあの、友だちの中でもキレイと言われてる友だちって居るやん?

  (光:はいはいはい)お姉ちゃんの友だち・・・うちも姉ちゃん女子校なんですよ(光:えぇ)。

  だから、あの、男がまぁ言ぅたら幻滅する世界が広がってるんですけれどもね?

  (光:ふん)あの、行ったら・・・あの、なんですか?あの、小学校で言うさ?

  あの給食袋下げるところとかにさ(光:うん)、思いっきり

  トイレットペーパーがロールでぶっ刺さってたんですね


光:あぁ~~、それガーーーーッやって使えるんやろ?

剛:うん。ガラガラガラッみたいなとか(光:うん)。えぇ、まぁまとにかく

  凄ぉかったですわ。色々見に行くとね?(光:うん)あー、内部は

  こぉなっとるんだ。と思いましたけどね。


光:なるほどっ。女の花園なんて存在しないぞ!と

剛:うーん。こらぁちょっとなんだ?と思いましたけれどもっ(光:うん)。

  ま、そう言うのはあるでしょう。お姉ちゃんの友だち同士の中で

  かわいいと言われてる人。(光:うん)て言う、その意識があるから・・・

  お姉ちゃんがそぉ言ぅてるから(光:うん)。「めっちゃかわいい子やねーん」とか

  言いながら、で「今日うち来るからぁ」とか言われると「え、ちょっと!ちょっと、

  どうしたらいいの?」って言うのはあったわ。(スタッフ笑)


光:あ~・・・・

剛:で会ぅたら、「あぁ~、さすがにやっぱかわいいな」って言う(スタッフ笑)

  (光:あぁ~・・・)ほんでやっぱそのかわいい子はね、早く結婚してるわ。(スタッフ笑)

  でいま子ども何人もおって、海外で住んでたりとかさぁ。いや、その

  めっちゃかわいかった子な?で、めっちゃ金持ちの人やねんけどな?

  は、そんなんだったな。


光:なるほどな

剛:うん

光:んんんっ(咳払い)知り合いの姉ちゃんとかさぁ?(剛:うん)

  なんか妙にかわいく見えたり・・・する・・・・・こともあるやね?

剛:そやな

光:うん

剛:だから、自分の姉ちゃんは別に思わへんけども(光:£#%&そうそうそ)、

  友だちの姉ちゃんが、あ、友だちが「お前の姉ちゃんかわいいな?」って言う

  感覚が分からへんよな(光:うん)「え?そうか??」みたいな


光:そやろな?

剛:うん

光:不思議なもんですよね。ま、思春期いっぱい色々あるんじゃないんですか?

剛:色々あるね?

光:ね?

剛:うーん

光:という訳で、神奈川県にお住まいの○○○さんです

剛:はい

光:「早速ですが、我が家では日常茶飯事のように、姑問題。嫁姑問題が

  勃発しています。なので事が起こっても、結構慣れてはいるつもりなのですが、

  それに加え最近両親が夫婦喧嘩をしているので、たまに母の八つ当たりが

  私に飛んで来たりして、トリプルパンチと言う最悪な状況です。

  夫婦のことは夫婦にしか分からないだろうし、どうしようもないと・・・

  どうも、しようとは思わないのですが、食事時などの空気がもう耐えられません。

  喧嘩と言うこと自体がキツクて堪らないんです。光一くん、剛くんこう言う状況に

  出くわしたこと、もしくは誰かと喧嘩したことありますか?」うーん・・・

剛:ま、どぉやろねぇ?これはでも親の責任やろな?ちょっとな?

光:うーん・・・

剛:親が・・・な?子ども嫌がってるの分かってんねやったら、

  ご飯食べる時だけはちゃんとしようや。って言うとかな?

  親同士がそう言う話し合いするとかな?


光:うーん・・・

剛:うーん・・・。色々あるとは思いますけれどもね(光:喧嘩をする・・・(ぼそぼそ))。

  ま、オレやったら単純に一緒に飯食わへんとかするからな?


光:・・・そやな

剛:「んっも鬱陶しいわぁ」って言って

光:オレもさ、「も鬱陶しいわぁ。もうこの場に居たぁないわい」って。んひゃひゃ(笑)

剛:ま、そうすると気ぃ付いてくれて、2人が話し合うきっかけになるかもしれへんし

  (光:うん)。ちょっと分からへんけれど。ま、そんなふうにしたりとかはするかな?


光:うーん・・・

剛:うーん・・・

光:夫婦喧嘩はやってるわ。嫁姑でなんかやっとるわ

剛:うーん・・・

光:ねっ?

剛:大変やなっ?

光:大変やな、そういうの

剛:これはでもね?女同士とかね?男・・・が女に挟まれたりとかね?

  (光:うん)やっぱもぉ面倒くさいのよっ。


光:そやな

剛:うーん。これはもう永遠の人類のテーマじゃないですか?(光:うん)

  女同士もなに、なにぃほんとのこと言ぅてるか分からへんもんっ。

  女の子同士で「なんかなになにちゃんがどうこうやねん」って、別に

  そんなんオレに言われてもやな、みたいな。「へー、そうなんや」言ぅて

  みんなでね?ご飯食べてて(光:うん)。で、そのなになにちゃんが

  たまたま飯食ぅたときに居て。で、そのなになにちゃんはまた、こないだ

  悪口言ぅてた女の悪口言ぅてたりとか(光:ふはははは(失笑))(スタッフ笑)

  知らんがな!そっちでやったらいいがな!!とか思いながら

  「へー、あ、そうなんや」言いながら飯食ったりとか(光:ひゃははは(笑))

  よぉ分からへんのぉ・・・思いながらね?


光:なるほどね(笑)そう言うのありますね

剛:ありますわな、な

光:さ。と言う訳で

剛:はいはい

光:この後も

剛:はいっ

光:まだハガキ読みまーす





剛:はい

光:後半戦でぇっす

剛:神奈川県のねぇ、ペンネーム○○○○ちゃんですね。えー・・・

  「剛さんは、よくバラエティー番組でボーリングをしていますが、

  私はボーリングが大の苦手です。スコアもいつも50とか40ぐらいしか出ません。

  ボーリングの上達方があったら教えて下さい」


光:ぶはっ(笑)オレらに聞く方が間違いやな (スタッフ笑)

剛:なんで僕に聞いたのかが、ちょっと分からないですね。僕のあの

  プレイを見て(光:ふふふふふっ(笑))、なぜ僕なのかも分からないですけれども


光:まぁ、でもスター性はあったじゃないですか?あのダウンタウンとやったときもね?

剛:あぁ・・・・

光:最後に。最後にストライク出してこぉ・・・

剛:あぁ、出しましたねぇ

光:えぇ

剛:やぁ、ま、あの辺もねぇ?・・・なんかあれはでも客・・のね?

  (光:うん)プレッシャーが真横にあるっちゅうのはね?

光:あれ、やりづらい

剛:ちょっとやりづらかったですけれども。でもね、ボーリングは

  やっぱりね?(光:うん)・・・・・・難しいねぇ  (スタッフ爆笑)

光:ふふふふふふっ(笑)そこかよっ。

剛:やっ、難しいっ

光:「やっぱりね」ってなんか来るんかなぁ?思ったら「難しいなぁ・・・」

  (剛さんの口調真似)(スタッフ笑)

剛:いや、例えばね?(光:うん)あの~・・・僕がまぁ、ね?過去

  色々なボーリングして来ましたよ(光:うん)。ね?稲森いずみさんとか、

  あと菅ちゃんとかやりましたけどぉ。稲森さんは、あの・・・年下のね?

  男の子がかわいらしいわ!ぐらいのタッチでボーリングしてたんですけど、

  菅ちゃんはねぇ・・・そぉなるかな?と思ってたんですけど、菅ちゃんは

  意外に意外に、オリジナリティー溢れるスタイルでね(光:うん)

  ボーリングされるんです(光:うん)。それがまたかわいらしいは

  かわいらしいんですけれど。斬新でね、あの・・こぉ、後ろで振るときに、

  後ろに飛ばしたんですよ、菅ちゃん。(スタッフ爆笑)


光:あー・・・よく、ある。漫画であるパターンですね?

剛:あれは芸人さんが狙ろうて、「あぁ、ごめんごめん」とかよぉやるよね?

  さんまさんとか「すまんすまん」言ぅてやるやつやねんけど、

  あれを普通にポン!て「あ、ごめんなさーい」て普通に飛ばしたから(笑)(スタッフ笑)

  この子は天然な(笑)こんなんだなって(笑)


光:あぁ・・・天然な感じでな

剛:うーん(笑)や、でもね?いろんな人のボーリング見たけど、僕は・・・

  まぁちょっとむらはあるけど(光:ん)、まだ・・いけるかな?と(光:んー)。

  でもね、ボーリング1つ僕は思った(光:はい)。その菅ちゃんや稲森さんの

  ボーリング見て思った。男はねぇ・・・例えばその玉鉄(たまてつ)ね?

  玉山鉄二くん。玉鉄と、ボーリング一緒にやったんですけどぉ(光:うん・・・)

  あの、玉鉄みたいに、あの・・・二枚目路線で行ってる男の子って言うのは、

  あのやっぱストライク決めてかなあかんと思うねんっ(光:ぅーん)(スタッフ笑)。

  カラーがあるから。


光:キャラ的にってことやな?

剛:キャラ的に。で、男はたぶん不利やねん、ボーリングって。絶対に。

  で、オレが「あーっ!ちっ(舌打ち)あかんかったわー」て言ぅてたらええねん。

  あかんかっても(光:うん)。で、女の子は・・・かわいかったら大丈夫

  (光:そらそやな)・・・って言うことがもちょっと分かりましたよ。


光:女の子で逆に、物凄い上手くても・・あぁー・・・って(スタッフ笑)

剛:まぁなっ。カラコローンッ!とか言われたりすると

光:「よっしゃーーーっ!!」とか言ぅててもなぁ?

剛:「じゃぁ・・・えっと」みたいな、両サイドに1本1本のやつとかをさぁ?

  めっちゃ真剣な目でカーブ掛けて、カラコローンッ!!みたいな 


光:ちょっとなぁっ?

剛:引くけど(光:うん)。女の子はね、下手ぐらいがかわいいんですよ

光:そうだね。そらそう思う

剛:そらぁね?あの、色んな女優さんとボーリングやらしていただいて

  (光:うん)、あの・・思った(光:うん)。女の子は・・・

光:ただそれをなんかわざと売りにするようじゃちょっと(剛:そ!)、

  「ふざけんな!ぅおらぁ~!!(巻き舌)」と思うけどな?

剛:思うけど(光:ん)。や、ほんまにね?あの・・・まぁ・・・・

光:一生懸命やって下さいっ!

剛:そ。ほんまに。これね?あのー・・・仕事とわかってても

  「あ、かわいいな~」と思いますからね?

光:ん。一生懸命

剛:ちょっとこぉ、ど、ドジな感じのとかね・・・

光:そうね。一生懸命上手くやろう。と

剛:そうですよ

光:一生懸命すればいいんじゃないですか?

剛:だからそんなにもうね、40、50でいいですよ

光:ねっ?

剛:うん

光:えぇ。と言う訳で、もうちょい行くぅ? 

剛:うん

光:もう、な、なんかアルバムぅ・・・・出る直前やし、1曲掛けて

  終わりにすればいいんちゃうの? (スタッフ笑)

剛:んふふふふふ(笑)優しいヤクザがまた(笑) (スタッフ爆笑)    

光:なぁっ?

剛:優しいヤクザが出て来ましたよ♪(笑)

光:なっ?なぁっ??うん・・・ (スタッフ爆笑)

剛:ちょっとっ(笑)あのねぇっ?(光:んっ?)いまの言い方もねぇっ・・

  んふふふふふっ(笑)(スタッフ爆笑)

光:ん??

剛:あのっ(笑)(光:なに?(笑))優しいヤクザがねっ?(笑)

光:あんっ

剛:「ほれじゃお前ぇ・・これお前、傷ついたお前ぇ・・・お前直せば

  ええんちゃうんか?お前」(光:あはっ(笑)かっかっかっ(笑))(スタッフ爆笑)

  『いや・・・』(光:関西のヤクザや(笑))「いや、だからお前いま、

  コツン、コツーン当たったやろ?いま。お前が」『えぇ・・・えぇ・・・』

  「だからお前がこれなぁ?5万ぐらい・・・金くれたらええんちゃうんか?」(スタッフ爆笑)

  『や、じゃ、それでっ。お願いしますっ!』「なぁ?これでええやない。

  それやったらお前なんもせぇへんがな、こっちもお前」(スタッフ爆笑)言ぅて(笑)

  優し~~い感じの、いま(笑)それじゃ、もう1曲行きましょうかっ!!


光:んっふっふっ(笑)(剛:優しかったなー♪)優し~い・・・けどぉ(笑)

剛:ヤクザなんや(笑)

光:ヤクザみたいな(笑)うん(笑)

剛:じゃ、そうしましょっか?

光:うん(笑)そうしよ?

剛:何掛けましょうじゃぁ?

光:じゃぁ・・・「99%LIBERTY」んじゃないですかね?

剛:はいっ。分かりました。そうしましょ

光:それとも今日は違うのにする? (ドサン、ドサン紙の束を直すような音がしてます)

剛:・・・・・・

光:「Arabesque」とかにしとくか?1曲目の

剛:うん

光:あ、そうや。音源が無いってこと?

剛:音源はある

光:あー、じゃ「Arabesque」にしようや。じゃぁ、え~・・・

  今日はこの番組ではまだ掛けてないですね

剛:はいっ

光:今日は、この番組ではまだ掛けてないですね?(剛:はい)

  えー、「Arabesque」を(剛:聴いて下さい)聴いて頂きましょう。どうぞ。



 ~♪ 「Arabesque」



  

光:はい。今夜のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか?

剛:はい、いかがだったでしょうか?  

光:おハガキ3枚も

剛:3枚も読まして頂きましたね~

光:読んじゃったよ~・・・ 

剛:僕らからしたら凄いですよ 

光:3枚ね?(剛:うーん)読んじゃうんですから(剛:凄いっすね)。

  最近ちょっとハガキがまた・・・いい感じに増えてるらしくて

剛:あ、ほんまですか?

光:えぇ

剛:やっぱりその・・・ハガキを読んでるからですね?

光:いえ。違うと思う(笑)んはははは(笑) (スタッフ笑)

剛:違いますか?(笑)

光:あの、なんか(笑)突撃テレフォンとか結構効果的・・らしい

剛:なるほど。やっぱりみんな・・話したいって言うね?

光:うん。そう思ってくれてるうちが華やで?

剛:華ですよ、ほんまに。でも、前なんでしたっけ?や、あの・・・

  「書いたんです」みたいのあったやん(笑)なんやっけっ?んふふっ(笑)

  滝・・(笑)タッキー(笑)


光:タッキーカード?(笑)

剛:そ、そ。お母さんにハガキを書かされた女の子がいたんですけど(笑)(スタッフ爆笑)

光:なんや、それ~(笑)

剛:そこにはな?凄い剛くんのこと好きで(光:あん)・・・みたいなこと

  いっぱい書いててんやんっ(光:あぁ、あん)(スタッフ笑)な?そいでな?

  こっちはさ、心でな?「あ、そうか?」(光:そやな)って思い込んで掛けるやんっ。

  素直に受け取るやん、そのハガキを。で、掛けてさ。も、こっちはそのつもりで

  喋ってるやん(光:あぁ)、「や、て言うか。別にあたし、あの剛くんのファンとかじゃなくてぇ」・・・


光:まじでーーーーっ?!(笑) (スタッフ爆笑)

剛:え?なに???どしたの?書いてるやーん!みたいな。「いや、あたし」

  『誰のファンなの?』「滝沢くんのファンです」みたいな。

  すっごいテンション低いねんっ (スタッフ笑)


光:それ・・・ちょっとショックやなぁ?

剛:だから、あ、そのテンション、だからか。と思って・・・

光:あぁ・・・・・・

剛:オッケーやってんけどね?光一さんも以前

光:あ、有りました、有りました。V6のファンの・・・

剛:んふふふふふっ(笑) (スタッフ笑)

光:子、居ましたねぇ

剛:ほんまですか。剛(森田 剛)くんの

光:剛(ごう)が好きだって言うね。居ました、居ました

剛:なんかね。ま、ま、いいんですよ?全然いいんですけど、なるべくぅ!

  (光:うん)傷がつかん程度にね(光:そうね)?


光:なんで、なんでー?この子に「なんで番組にハガキ送ったん?」言ぅて

  (剛:んふふふふっ(笑))、なんとなくこのローテンションさんで

剛:なんとなくローテンションさんて(笑)(スタッフ笑)もうあのね?

  堂本 光一、堂本 剛関係なくね、ローテンションに、

  食いついてるだけですから。(スタッフ笑)えぇ。そやったらローテンション

  誰でもええんか?みたいな・・感じかもしれませんけれども


光:誰でもええ。斬新やと思った、みたいですよ

剛:あー、確かに斬新過ぎますけどもねっ

光:ふははっ(笑)

剛:言いたいこと言ぅてるだけですから

光:ま、でも突撃テレフォン今後もあるかと思います(剛:そですね)。

  ハガキ読むこともあると思います(剛:そうですねぇ)ので、送って頂きたいと思います

剛:宜しくお願いしたいと思います

(あて先)

光:えー、という訳でお知らせは今日も曲の方2曲掛けましたけれども

  (剛:はいっ)、Kinki Kids もうすぐニューアルバム「H」アルバムが

  出ますんでね(剛:出ます)、是非みなさんチェックして頂ければなと思っております

剛:宜しくお願いします。はい

光:ではまた来週でーす

剛:はい、さよなら~

光:ばいばいっ



| キンキラKinKiワールド | 14:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT