Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2006年5月27日『プレゼント祭り』(りい)



は~い、キンキラキンキワールドで~す。今夜は、特にスペシャルウィークでもないのに、

どこにも売っていない、Kinki Kidsグッズ大放出すると。たま~にやっているあの・・・

「だんだん、邪魔になってきたんで」(スタッフ笑)「早くはかせーろよ、これ」っていう、コーナーですね。

えっへへっ(笑)プレゼント祭りでございます。まぁなんか、番組の棚をなんか掃除してたらね、

なんかいっぱい出てきたらしいんで。まぁ、あの~・・・・だったらねぇ?最初っからさぁ、

そのなんかあげるときとかに、「じゃあ、ごめ~んっ」みたいな感じで言わんと、

それ、全部はかしてまえば?なにを~勿体ぶってんねん!て話ですよねぇ?まぁでも、

あの、そんなん、出てきたということなので、え~・・みなさんに大放出しちゃおうと

いうことでございます。どのようにプレゼントするかはまたのちほど。でございます。

ではその前に歌っ。なにいこうかな~?じゃ、フラワー、いきますか?どうぞ。



  ~♪ フラワー



ではプレゼント祭りの始まりでございま~す。非売品でございます。だからこれをタダで

あげるわけにはいきませんので、なにかを!正直に答えてもらおうと、いうことでございます。

それに答えてくれたら当選ですね。プレゼント差し上げます。というわけで、

電話していきましょうか。娘さんとかね、いる。ちょっと・・・主婦層の方々に電話を

してですね、あることに、色んなことに答えて頂こうかな?と思います。

まずは文京区にお住まいの○○さん。○○さんいっとこ。

いやむ(186)・・・ボタン押し中・・・・・・・・・OK!



 (以下 光:光一さん 母:リスナーお母さん 子:リスナーお子さん)



子:はい?

光:あ、もしもし?

子:もしもし?

光:○○さんでしょうか?

子:母親なんで代わります

光:どうもすみません。お願いします

母:もしもし?

光:あ、○○さんでしょうか?

母:はいっ!

光:あっ、どうも~。Kinki Kidsと申します

母:・・はいっ!!

光:堂本 光一と申します

母:うそっ、ほんとですか?!

光:嘘でーす!(スタッフ笑)

母:あはっ(笑)ちょっと、いっぱいいっぱいなんで、すみません

光:だいじょぶです。僕もいっぱいいっぱいなんで

母:あっ・・

光:大丈夫です。○○さんにですね、ちょっとあの~・・・今日は

  プレゼント祭りということで、あの、このキンキラキンキワールドの番組からね、

  プレゼントさしあげたいな!と。思って電話さして頂きました

母:はい

光:えー、いま、娘さん近くに?

母:はい。居ます

光:あ、いらっしゃってるんですか?どうも。Kinki Kidsです、娘さん

母:娘さんだって(笑)

子:もしもし?

光:どうも~。堂本 光一です

子:まーじですか?

光:まーじなんですよ (スタッフ笑)

子:えぇっ?!

光:すみませんね、突然電話さしっ・・・てもらっちゃってね

子:いえいえ

光:あの~、今日ちょっとね、お母さまにちょっと用があって

子:はいはい

光:電話したんで。んじゃ、もっかい代わってもらっていいっすか?

子:はい。お母さん!

光:あ、あのっ・・・あ、代わっちゃった

母:もしもし?

光:じゃぁあの・・娘さん○さんですね?○さんには、側に居てもらって下さい

母:分かりました

光:ただ、いまプレゼント差し上げると言いましたけど~・・・

  ただで差し上げる訳にはいきませんので

母:はい

光:いま質問しますんで。それに~・・・答えれば上げるよ~。って言う、凄く簡単な・・・

母:あ、そうですか

光:簡単だと思いません?

母:ちょっといっぱいいっぱいなんで。どうだかちょっと分からないですけど

光:答えれますよ。ふっつーの質問ですもん!

母:分かりました。はい

光:え~、例えば、今日なに食べましたか?って。・・・聞いたら、答えられま、す?

母:はい。答えられます

光:えぇ。だからそいった感じです

母:はい

光:答えれば~・・・プレゼント貰えるわけですから

母:はい

光:はい。では答えて頂きたいと思います。質問に参りまーす

(SE)

光:いや、そんなに盛り上げる~・・・・感じでも無い。(スタッフ笑)ま、いっか。

  ズバリ!お母さんの初キスはいつですか?

母:えーと、19歳です

(パフッ♪)←握って音が出るラッパみたいな?

光:あ!これ、しょっぽい音鳴ったな~いま。もうちょっとちゃんと音・・・ (スタッフ笑)

(パフパフッ♪)

光:あ、こんな感じかな

(正解ファンファーレ♪)

光:こういうの使い慣れないんでね~・・・どうしてええか分からん。

  ナイスガイ2、これ鳴らしてぇ?もし当たったら。盛り上げてぇ?

  お母さん、結構すんなり答えましたね?

母:あ、はい。あの~、はい。思い出深い・・・だったので。はい。

光:娘さん、横に居るのに

母:あ、はい(笑)娘はちょっと、まだ、だと思うんですが

光:そんなことないですよ~もう

母:いや、いや、もう17なんですけど、結構あのおとなしめのタイプなので

光:え、そういう子に限って、なにしてるか分かんないんですよ (スタッフ笑)

母:や。いやぁ、そんなことは無いと思います。多分。これも娘の携帯だし、

  あの(聞き取り不可)することは無いと思います

光:いやいやいや。お母さん、そういうのってやっぱりショックですか?もし・・

母:あ、別にショックは無い・・・・ですけど

光:ま、ヘンなのに引っかからなきゃな。っていう。

母:そうですね~。

光:そうですよね

母:うんうんうん

光:お母さんはそうでもないかもしれないけど、お父さんは結構ね?色々・・・ (スタッフ笑)

母:いや(笑)

光:淋しい・・・よね?

母:いやいや。うちの主人もまじめですので

光:や、だからこそ娘さんが彼氏とか出来ると淋しいなぁ、とお父さん思うんじゃないですか?

母:あぁ~、そうですねぇ。多分、ショックでしょうね~

光:ね?オレが父親やったらそうやもん

母:あぁ~。なんでも買ってあげちゃいますもんね

光:多分淋しい・・・

母:娘にはね

光:あ、そうなんや!

母:はい

光:あ~、そっか~

母:私をさておいて

光:なるほどね

母:なんでもホイホイと

光:で、お母さんは19歳だったと。初キッス

母:はい

光:ヒュ~!ヒュ~~! (スタッフ笑)

母:信じられないっ(笑)

光:ヤッホ~、ヤッホ~~。ちょっと、ちょっと娘さんに代わってもらっていいですか?

母:はい。ちょっと待って下さい

子:もしもし?(母:やだーーーっ!も~~~っ!!)

光:すみません。19やって

子:何を?!

光:お母さん

子:ファーストキス?

光:そうそうそう (スタッフ笑)

子:えぇ~?!

光:19歳だったって

子:19歳・・・

光:うん。○ちゃんは?

子:まだですね

光:ほんっとかよ~~~? (スタッフ笑)

子:ほんとですよ

光:ほんと~?好きな人とか居らへんの?

子:光ちゃんですね

光:ま~た、お世辞が上手で

子:本気ですね!

光:ま~じで~?もう~ドキッとしちゃったいま~

子:テレビん中から応援してます

光:テレビん中からちゃうやろ? (スタッフ笑)

子:あ、外からです(笑)

光:それはオレやなぁ。テレビの中はオレやからぁ・・・ (スタッフ笑)

子:あぁそっかそっかそっか(笑)テレビの前で、か

光:そうな?ありがとうね。でも、これからね、○ちゃんも恋愛とか

  すると思うわ。お父さんとかショックやと思うで?

子:うーん

光:でもお母さんは、「まぁ別に・・・」って言ってた

子:あ、そっか

光:うん

子:じゃあ、お父さんにバレないように

光:そやな。お父さん可哀想やな。男として、なんか凄い同情するわ

子:ふふ(笑)

光:まぁまぁまぁ。じゃお母さんに代わってもらえますか?

子:はい。ありがとうございました

光:はい、どうも~

母:はい。もしもし?

光:まだ、ですって

母:あ、だと思いました。やっぱり。信じてよかったですね

光:ふははははは(笑)まぁまぁ、でも・・・ねぇ?17歳ですから。

母:うーん。主人とか長男・・息子が、優しめだったりするので、

  家で充分満足しちゃうって感じもあります

光:なるほどね。ちょっと勉強になりました。幸せな家庭を・・・これからも。

  ノベルティー、って言うか、Kinkiグッズあげますんで

母:ありがとうございます

光:お送りしますんで、待ってて下さい。どうも失礼します

母:ありがとうございました。頑張って下さい、応援してますので

光:はーい。ありがとうございまーす

母:すみません、失礼します

光:どうも~



はい。と言うわけでね、正解しましたね。正解っていうか答えただけですけど。

ねっ?さ、それではもう一方(ひとかた)行きますか?え~、京都府にお住まいの

○○○さん。この方には11歳の娘さんが、いらっしゃる。ではかけてみましょう。

いやむ(186)・・・ボタン押し中・・・・・・OK~



 (以下 光:光一さん 母:リスナーお母さん 子:リスナーお子さん)



母:はい、もしもし?

光:えー、○○○さんでございましょうか?

母:はい

光:あっ、堂本 光一と申しまーす

母:あ(笑)光一くんですか?

光:はい!!

母:えーーーっ?

光:光一で~す

母:ほんものですか?

光:こんばんは~。やな。

母:こんばんは・・ですね

光:あ、娘さんはいま?

母:あ、はい。居ます。

光:居ます?ちょっと一瞬代わってもらっていいですか?

母:宿題やってます

光:あ、宿題やってるの?邪魔しちゃうかな?大丈夫かな??

母:全然大丈夫ですよ

光:あ、じゃちょっと代わってもらっていいですか?

母:はい。ちょっと待って下さいね

光:はい

子:もしもし?

光:もしもーし?どうも初めまして

子:初めまして

光:え~、お名前は?

子:○子

光:○子ちゃん!

子:はい

光:なん歳?

子:11歳

光:11歳か~!わ~おっ!! (スタッフ笑)いま、宿題やってたん?

子:はい

光:なんの宿題?

子:漢字

光:漢字か~!そっか。勉強好き?

子:あんまり好きじゃない(笑)

光:そやんな~。○子ちゃん、ごめんね~?邪魔しちゃって

子:はい

光:ね?じゃ、お母さんに代わってもらっていい?

子:はい。ちょっと待って下さい

光:うん。はーい

母:もしもし?

光:どうもすみません。宿題の邪魔しちゃって

母:光一くんですよね? (スタッフ笑)

光:はい。そうですよ。偉いですね、ちゃんと宿題やって。こんな時間から

母:そう・・・ですかね。最近やっと言わなくてもするようになりましたね

光:あぁっ!偉いっ!!ねっ。いま○子ちゃんは横に居る感じで?

母:はい

光:えぇ。じゃ、側に居させて下さいね

母:はい

光:というわけで、今日はですね、プレゼントをリスナーの方に

  あげちゃおう!と言う、コーナーをやってまして。あの~・・・お母様に、

  あの~・・・簡単な質問をですね、答えて頂ければ、そのプレゼントあげますんで

母:あ、はい

光:答えて頂けますでしょうかね?

母:頑張ります

光:というわけで。じゃ、質問しますね?

(SE)

光:いやだから、盛り上げる必要ない・・・・し。さっきと同じ質問やから (スタッフ笑)

  ズバリ!お母さんの初キスはいつですか?

母:えーっと・・・(笑)いつだったかなぁ?

光:いつやったかな~ん♪

母:にじゅう・・・・2(22)?

光:え?!22??

(パフパフッ♪)

光:ほぉ~~~

(正解ファンファーレ♪)

光:あ、電話落ちた。いま・・・おいくつなんですか?

母:ほほほほ(笑)いま

光:いま

母:43です

光:あ、43で

母:はい

光:ま、そ、それまでね?大事な人・・・・に出会えるまで、ちゃんと・・

  とっておくのも、素晴らしいことでございますから

母:そうですね

光:ねぇ?・・・それ、相手はお父さん・・・・・・・じゃあ・・・ない?

母:そう・・ですね。そうです、そうです

光:嘘や~。(スタッフ笑)嘘でしょ?

母:え、ほんとですよ

光:違うでしょ?

母:いえいえ、ほんとほんと。いま主人居ませんけど、ここに

光:え~・・・?ほんとですか~?

母:ほんとですよ

光:あ、そうなんや。そら素晴らしいなえ?じゃあ、お父さん以外の

  人とちゅーしたことないわけですか?

母:・・・・・はい

光:いま、溜めましたね~~~ (スタッフ笑)いまのは有りますよ、

  いまの。いまの感じは

母:ま、無い・・・ということで

光:じゃあ、無いということにしといてあげます

母:ありがとうございます

光:ねっ?あの、いまねこんな話を○子ちゃんに改めて話す・・・

  あの、あれはボクは無いんで (スタッフ笑)

母:はい

光:あの、○子ちゃんには宿題をそのまま続行しておいて欲しいな、と思います

母:はーい。分かりました

光:多分いまこの会話なに話てるか分かんないですもんね?○子ちゃんね

母:あ、そうですね

光:ねっ

母:はい。内容聞かないと

光:宿題・・・宿題頑張ってね!って言って下さい

母:はい。分かりました

光:はーい。じゃ、どうもすみませんお母さん。あの~・・・ちゃんと

  ノベルティって言うか、そのKinkiグッズあげますんで、お送りしますんで

母:はい

光:待ってて下さい

母:楽しみにしてます

光:しょーもないもんですけど。ねっ。じゃ、どうも失礼します

母:お身体に気をつけて、お仕事頑張って下さい

光:はい。ありがとうございます。では失礼いたしまーす

母:失礼します

光:はい~  



ねっ。さすがに11歳の子に、改めてそうやって話す・・・・のは、

オレ、どうかと思うねんなぁ?(スタッフ笑)ふはははははっ(笑)

ねっ。え~、もう1組いきますか?あ、1回CMいきま~す



と言うわけで、プレゼント祭りやっております。電話して、その人に質問に

答えて頂けくと、プレゼントあげるよ~!っていう感じでございます。

もう一方(ひとかた)だけいきましょうね。

いやむ(186)・・・・ボタン押し中・・・・・・8っ!神奈川県のかたですね。

○◎さん。35歳の主婦の方でございます





 (以下 光:光一さん 母:リスナーお母さん 子:リスナーお子さん)





子:もしもし?○◎です

光:○◎さんのお宅でしょうか?

子:はい

光:えー、○◎さん・・・いらっしゃいますか?

子:はい

光:あ、○◎さんですか?

子:違うんですけど、いま代わります

光:すみません

母:もしもし?

光:あ、どうも。お母様でございましょうか?

母:はい

光:Kinki Kidsと申しまーす

母:あっ、どうも。こんばんは~

光:どうもこんばんはです。いま出たの、誰でしょう?娘さん?

母:あ、長女の○○子と言って、娘です

光:あーっ、娘さん。そうですか。というわけで今日はですね、

  ま、プレゼント大放出という企画やってまして。ちょっとした質問に答えて

  頂ければ、プレゼント差し上げます

母:あ、そうですか?

光:はい。答えて頂けます?

母:簡単な問題ですか?

光:や、もう簡単な問題です

母:あ、それなら・・・では

光:あの、いま娘さんて、は側に?

母:あ、居ますけど

光:ちょっと代わってもらっていいですか?

母:はい。ちょっと待って下さーい

子:もしもし?

光:もしもし?ごめんね。いま、電話に出てくれたよね?

子:はい

光:すいませんね。お名前と年齢、教えてもらっていい?

子:○◎○○子10歳です

光:10歳?いま、電話出たとき、もの凄いしっかりしてたね

子:はい

光:オレ全然10歳と思わなかったもん (スタッフ笑)

子:ありがとうございます

光:小学校・・・5年?4年?

子:5年生です

光:学校、楽しい?

子:楽しいです

光:好きな子いる?

子:一応・・・

光:おー!いる?!学校に?う~~~~いっ♪(スタッフ爆笑)

  え、向こうは○○子ちゃんのことどう思ってんねやろ?

子:分かんない

光:分かんないか~。そっか~。そうか。でも好きな子いんのいいな。

  そっかそっか。いまなにしてた?

子:いま?遊んでました

光:あ、なにして?

子:オセロ

光:オセロ~!オセロやりてーな。強い?

子:分かんない・・・

光:分かんない(笑) (スタッフ笑)誰とやってたの?オセロ

子:お母さんのお友だち

光:お母さんのお友だちと。そっかそっか、ごめんな?

  邪魔してな。じゃ、お母さんに代わって

子:終わったんで大丈夫

光:あ、終わったんで大丈夫。そうか。よかったよかった。

  じゃ、お母さんに代わってもらっていいですか?

子:はい

光:はーい

母:もしもし?

光:ものすごいしっかりされてますね、お子さんね

母:あぁ、そうですか?ありがとうございます~。

  親に似てないのかも。親がしっかりしてない分

光:そうでしょうね~ 

母:はい(笑)

光:いや、冗談ですよ!(スタッフ笑)いまのボク、冗談ですからね?

母:あぁ~、でもね、ホントのことなんですよ。だから(笑)

光:いえいえ、とんでもないですよ。こやって少し話すだけで分かりますから

母:そうですか?

光:あの~・・・あ、しっかりされてる方なんだな。と。そんなん分かりますんで

母:ありがとうございます

光:いえいえ。あの、では質問!いきますよ?

母:はい。お手柔らかにお願いしまーす

光:はい。いきます!

(SE)

光:こういうの慣れへんから!(スタッフ笑)やっぱり、SEの後にバーン!て

  行けない・・・のね~ん。なるっ・・ダメなん。なんか。じゃあ行くやん・・

  ふはははっ(笑)(スタッフ笑)ズバリ!お母さんの初キッスはいつですか?

母:わっ、そういう話ですね?えーとですね・・・・・にじゅう・・(光:えぇ~っ?)2(22)歳

(パフパフッ♪)

光:おぉ~~~っ???

母:あらっ?

(正解ファンファーレ♪)

光:さっきね、あの~、○◎さんの前っに・・(ごくっ/・・・唾?!)

  お電話さしていただいた方も22歳って言ってましたね

母:え、そうなんですか?

光:あ、そうなんや~。え?その相手というのは

母:あっ!もちろんお父さん。あ、お父さんじゃないですね。私の主人(笑)

光:う~っそ~っ

母:そうですよ~

光:うっそ~だよ~

母:いえ・・・・

光:いまどき、そんなんちゃいますよ? (スタッフ笑)

母:そうですか?いや、ほら、初心(うぶ)だったもんで

光:え~?ほんとですか~?いまどき、もう小学生かららしいですよ?

母:あ、そうなんですか?じゃあちょっと逆に今度、心配になっちゃいますね~、母としては

光:ねぇ。だって、好きな子いるって言ってましたよ。さっき

母:ですよね~。まぁでも、いないのも困っちゃうかなっていうのもあるんですけど。親としては

光:そうですね。やっぱりそういうのから学んでいく部分てね?あるでしょうからね

母:はい

光:ま、でもちゃんと答えて頂いたんで・・・えぇ。あの~、プレゼント送ります

母:ほんとですか?ありがとうございます

光:はい。あの・・そんな・・・しょーもないもんなので(小声でごにょごにょ)。

  申し訳ないですけど(スタッフ笑)

母:いえいえ。嬉しいです

光:いずれ届くと思いますんで。えぇ。

母:楽しみにしてます

光:はい。では、本日失礼致しまーす

母:あ、頑張って下さ~い。応援してます

光:はい。ありがとうございます。どうも失礼します



ねっ。結構、22ってみんな遅いね。ちなみに~・・・ナイスガイ2は?

(ナ:それくらいです)ぶっ!!(ゴチン!!/机にぶつかった?)

(ナ:いや違います、違います!)まだでしょ?(ナ:いやいやいや)

え?ナイスガイ2、いま何歳?いま26?え?それ22のときは誰とちゅーしたの?

(ナ:ははは(笑))え?隠すことないやん。(ナ:まぁ、仲の・・仲の良かった人と)

「仲の良かった人と」ってなんやねん!!え~・・・ね?え~、というわけでっ。

え~、プレゼント大放出でございました





というわけで。今日のキンキキッズキンキラキンキワールド、いかがだったでしょうか?

ま。プレゼント祭りということでね?え~、初キスは、じゅう・・・ん?22歳、

22歳?19ぐらいって言ってたかな?ね。結構みなさん、奥手な方が、

多かったんじゃないか、いう感じでしたね。はい。というわけでおハガキ送って下さ~い。

私だけのヘンな癖や、クラスでいま流行っていること・・・やら、など。あと、F1の話・・・いらないです?

F1の話、オレとしようよ!って言う人とか。なんでも構いません。



(あて先)



お知らせとしてはわたくし、獣王星というね、アニメ。トールという役、声優やってますんで、

是非観て下さい。チェックしてみて下さい。

では、また来週で~す。ばいば~いっ。



| キンキラKinKiワールド | 14:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT