Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2007年3月24日『おかしなおハガキ企画』(りい)

はい、どうも。光一で~す。キンキラキンキワールドです!

え~、私がしばらく・・・しばらく休んでたってどんくらい休んでたかな?ラジオ。

3・・・4ヶ月ぐらい?3ヶ月、4ヶ月ぐらいですかね?まあ、休んでいた間ですね、

大人気企画ができたそうなんですね。おハガキコーナー!ほんとに大人気なんですか~ん?!

ただのおハガキコーナーでしょ~?え~、ま、ハガキをただ単純に読むだけじゃなくて、

様々なものとコラボしていく画期的なコーナーです。

・・・・・・・・・・いや。剛がやるから成立してたんじゃないんですか?

なぜかスタッフは力強い手応えを感じているそうなんですけども。

うーん・・・。普通に読めばいいじゃないですか~!おハガキはっ!

ボクはそう思いますけども。まあこれをね?いつっも聴いてくださってる

リスナーの方は分かってるのかも・・・ボクは全くよく分かってませんから。

まあどんな風におハガキを読むのか、ま、分かりませんけども。ま、後程ね。

まあ・・・普通に読めばいいと思いますけどね。

はい。え~、その前に歌を聴いていただきましょう。KinKi Kidsのアルバム、

Iアルバムからですね。「藍色の夜風」どうぞ



 ~♪ 藍色の夜風



はい、おハガキコーナーで~す。普通に読もうよ!なんかやらなあかんのでしょ?

えぇ、まあ・・・何かしら手間をかけて、めんどくさい事をやりながら、

おハガキを読むと。まずなんですか?

(以下 光:光一さん ス:スタッフ)

ス:はい、まずはですね、えっと、い、1発目はおハガキヘリコプターですね

光:ふふふふふっ(笑)

ス:おハガキヘリコプター!

光:お、おハガキヘリ・・・(笑)

ス:ヘリコプターです

光:・・・・いい、いいっすよ。読めば

ス:いやいや、あの今日はすごいデカいスタジオ。ま、imagine studioといいまして、

  ま、学校の小さな体育館くらいの大きさのスタジオなんですけども、そこで

  向こうっかわに見えますあのヘリコプターに

光:・・・はい

ス:下にハガキが付いておりますので

光:はい

ス:このヘリコプター、ラジコンヘリを運転してもらって、ハガキをこっちまで

  持ってきてもらってそれを読んでいただこうと

光:いやいやいや・・・ (スタッフ笑)

ス:いうコラボ、コラボ企画なんですけどもっ

光:いやいやいや。最初から机の上に置いとけやっ!ちゅう話ですよ

ス:いやいやせっかく広いとこ、ま、このね、運転して欲しいがために

  こう広いとこ取ったんで、ぜひともちょっと

光:あぁ・・・まあまあ。・・・ま、楽しそうやからいいよ!

ス:楽しそうですね、これ

光:うん、楽しそう楽しそう。これをあそこに・・・あの、これラジコンやんな?

ス:ラジコンですね

光:これどうやんのこれ?!こ、これ、これはあかんの?うおおおおお~っ、

  お~!すげえ~~っ!!いっくぞ~っ♪さ、ヘリコプターが・・・。

(ラジコン音♪)

光:お~~~っ!!おおおおっ?!(スタッフ爆笑)(ス:物凄い風が(笑))

・・・・・・・・・

あ~~~~っ!!!墜落!墜落っ!!(←絶叫) (スタッフ爆笑)(ス:ハガキが墜落・・・(笑))

これどうすんのこれ?・・・これ、くるっくる、くるっくる回るで??これトリムが合ってないんか?

(トリム/速度・重心・舵など全てがつり合い、安定飛行するよう各舵の角度を

合わせるための送信機の微調整装置。)(大きなラジコン音♪)

光:どこ行くねん?!(スタッフ笑)こっち来いや!こっち来い、こっち来い!

  こっち来てくれへんっ!!ぐるぐる回っとる。でもほんま飛ぶねんな~?

  あっ!来た来た来た来た!ああ~っ・・・来い来い来い来い!

  お~~っ、来た来た来た!あっ!あっ!!怖い怖い怖いっ・・・あああ~~っ!!

  あ~っ!来た来たっ!OK、OK、OK

(スタジオ内、拍手♪)

光:いいよね?いいよね?? (自慢げ(笑))(スタッフ笑)(ス:上手い!)

  あのっ・・・「あっ!ん、あ!!」とかしか言ってへんけどこれラジオ的に大丈夫か? (スタッフ笑)

  ものっ凄いこれ、あの、絡みますけど。ねっ。このヘリコプターが、連れてきたハガキは・・・

  大阪府の○さん。え~「光一さん、剛さんこんばんは。光一さんはよく

  「忙しいとメシ食うの忘れる」と言っていますが、腹減ったとき、ぐ~って鳴りませんか?

  私はめちゃめちゃ鳴ります。テスト中でも鳴るんで、めちゃ恥ずかしいです。

  止め方があれば、教えてください」・・・苦労、苦労して持ってきた割、には・・・

  地味~な内容ですね。(スタッフ爆笑)いやいや、いいんですよ?こういう地味~な

  内容を送ってくれることがいいんですよ。ラジオにねっ。あ、腹ぁ、腹減った時に

  ぐ~って?あんまり鳴らへんかな~?い、いま、いまちょっと喉が鳴った。

  喉が鳴った。ぐる~言ぅた喉が。 (スタッフ笑)腹・・・う~ん・・・・腹減ったという感覚、

  まあ、もちろんない訳じゃないんですけど。特にあの~、やっぱ、舞台とか運動量が

  多くなると、食えなくなるのはこれはしょうがないですね。ま、でもあの~、ま、

  頑張って食べるようにしますけど。う~ん・・・なんやろ?・・・・・・わっ・・・忘れ・・・る

  ・・・・・?ひゃはは・・かかかかっ(笑)(スタッフ笑)う~ん。まあ女の人はさ?

  やっぱり、食欲あるじゃない?甘いものとかさ、大好きでしょ?オレだからそういう欲が

  ないからね。だからあんまり腹減ったな、っていう感覚に陥らない、ですよね?

  ま・・・止め方はない!止め方は、忘れろ!腹減ったことを。うん。それぐらいしかないわ。(スタッフ笑)

  さ。も1回飛ばすの?ふはははははっ(笑)(スタッフ笑)

  このABCっていうのなんやろ?あ、これリモコンのアレか。Fはなんや?

ス:ちょっと速めになる

光:あぁっ。速くなんの?これトリムが・・・合ってへんと思うなあ(ボソ)

(ラジコン音♪)

  うぉ?!おおおおおお、おおおお~、おおおお~!お~・・・・・・

  (「お」の言い方が上がったり下がったり(笑))

  おぉ~~っ!・・・なんかぐるぐる、ぐるぐる旋回してらっしゃるけど?

  お~~~っ!怖い怖い怖い怖い怖いっ!!

  うははっ(笑)おおおお~っ!(笑)いいんじゃない?(自慢げ)

  これ上手いも何もさ・・・方向舵がまったく利かへんねんけど? (スタッフ笑)

  ただ単に、上に上昇させてるだけやねんけど?オレ。

  でも飛ぶもんやな?あの・・・・めんどくさいな。う~ん・・・これどうやったら

  方向を上手く飛ばせるのかな?はい、埼玉県の○○さん。

  「私はいままで、お風呂で椅子を使ったことがありません。いつも立ったまま

  頭や身体を洗っています。我が家にも椅子はあるのですが、使ったことがありません。

  しかし最近、いままでよりも少し高い」え~・・・高さがね。高さが「高い椅子に

  変えたのですが、なんとなく使ってみたらとても楽でした。お風呂に入るのが

  面倒だったのですが、少し気持ちが変わりました。光ちゃんの家のお風呂に

  椅子はありますか?」無いっ!!(即答)(スタッフ笑)

  無いよ。お風呂はね、なるべく物を置かない方がいいです。と、ボクは思う。

  やっぱりほら水気の多い場所だからさ。ああいふ(あくび ^^;)・・・、ふぁっあっ、

  ラジオやりながらあくびすんじゃねえよ!ほんとにもうっ!ふふふふっ(笑)(スタッフ笑)

  自分にダメ出ししてますけど(笑)あ・・んの・・・風呂場とかってやっぱり水、湿気の多い場所でしょ?

  だからその椅子とかさ置くとさ、ある日突然さ、椅子の裏とか見るとびっくりすることに

  なってたりするわけでしょ?それが怖くてああいうの置けないの、オレ。絶対嫌やわ!だから。

  もうシャンプーやらボディーソープやらそういう、ん、も、最低限のものだけしか置かない。

  んー。ま、椅子なあ?・・・オレ必要ないな。胡座かいて、かいてる。

  立ちっぱな時もあるし、後はもう床にべちゃって座って。うん。体洗うとき。床に座ってるな。うん。

  であの、うちのお風呂はなんや、水弾きのいいナントカみたいな、そういう床だから。うん。

  だからね、オレ、なんかもう、なるべく物は置かないようにしますね。風呂は。うん。

  あの~・・・・うん、何でもない (スタッフ笑)あのね~、ちょっと・・・あのう苦労してる割には

  地味やねん! (スタッフ爆笑)ふっ(笑)話そんな膨らまへんやん!うん。

  でもお風呂にはいるのが面倒っていう人多いよね?オレ面倒ってあんまり思わないんだよな。

  何分ぐらいかな?だから湯船に浸かる時と浸からん時あんねんけど、湯船に浸かったら

  30分ぐらい入るけど、浸からんかったら・・・ま、20分かかるかかからんか、ぐらいかな。

  うん。っで、風呂でさ、歯磨く人いるやん!あれ分からんねん!

  分からん!あれは。(スタッフ笑)分かる~?なんで風呂場で歯ぁ磨くん??

ス:めんどくさいから

光:風呂で?う~ん。分からんわ。洗面台でしょ、普通。だって風呂は風呂じゃん!

  いるよね~。風呂なぁ・・・。あんまり膨らまん・・・風呂。あのね、帝劇の楽屋の

  風呂がすごい綺麗になってね。いいんですよ

ス:広い?

光:いや広いっていうか、あの、まあ大浴場もあんねんけど。

  大浴場もあんねんけど、ま、でも自分は楽屋にあるから楽屋で入んねんけどね、

  綺麗になってね、とてもいい感じ、ですね。うん。

さ、こんな地味でいいんですか? (スタッフ笑)

ス:これで派手ですから

光:派手って言うか、だってこれ聴いてるほう「うわっ!うわっ!ああっ!!」とかしか

  聞こえてへんわけでしょ?ね。まあ、この後もおハガキコーナー続きま~す





あ~い。ちょっとシュワーッ!て音してるかもしれんけどちょっとごめんなさい。

炭酸飲料を私コップにちょっと入れてるんでね。これを飲みながらのトークするんで。

これええ音でしょ?シュ~~~ッ♪ねっ。ちょっと聴きづらいかと思いますけどもこれ。

シュワ~~~!言ぅてます。 (スタッフ笑)おハガキコーナーでございますけど、次は何とコラボすんの?


(以下 光:光一さん ス:スタッフ)

ス:はい、次はですね、おハガキフリスビーですね。ま、いわばね、

  公園でやってるフリスビーとおハガキがコラボした・・・

光:はい

ス:感じなんですけども

光:はい

ス:でボクがですね、向こうの壁の方から投げますんで

光:はい

ス:光一さんには、ぜひともキャッチして読んでいただきたいなと

光:んー・・・あ、そう

ス:はい

光:ここに居んねんからそのまま渡してくれれば・・・

ス:いやいやいや。この飛ばして受け取る楽しさ、ですか?ヘリコプターを操縦してんのと同じくらい

光:ああ・・・そう

ス:じゃちょっと行きますんで

光:じゃ、こ、ここに投げてくれればいいよね?はい、バッチコーイ!!

  あ、これ動かなあかん。これじゃぁ・・・

ス:じゃ、行きますねー。行きますよー?

光:はい、いいよ~

ス:はい!

光:あ~っ!落っとしてもうた~・・・ (スタッフ笑)

ス:じゃあちょっと、次・・・2度目、行きます

光:あの、あまり運動させないでよ~

ス:はい!

光:はいっ!OK~っ!!・・・・・・なんやこれ・・・。(スタッフ爆笑)

  オレも「オッケーイ♪」って言ってるオレもオレやわ (ス:言っちゃった?)

光:言ってもうた。オッケーイ!って言ってもうた。・・・・・はぁっ(ため息) (スタッフ爆笑)

  はい、大阪府にお住まいの○○○ちゃん。「光ちゃんこんばんは。私は幼稚園の

  先生をしているのですが、お2人は幼稚園の頃の記憶ってありますか?

  私は自分自身の記憶がなく、漠然と楽しかった記憶があってこの仕事をする

  きっかけになったのですが、キンキのお2人はどうですか?

  最近少しでも、え~、子どもたちの記憶に残りたいなと思い、何かインパクトの

  あることをしようと考えています。何かインパクトのあることを是非2人で

  考えて頂けないでしょうか?子どもは当然ながら『うんこ』『おしっこ』『おなら』など

  大好きです」ふふふふ(笑)「この辺りで何か面白いことを考えていただけたら

  嬉しいです。よろしくお願いします」ふふっふっふっふっ(笑)(スタッフ笑)

  あの~・・・「この辺りで」と言われてもねえっ?(スタッフ爆笑)どの辺りですか?

  オレのねぇ・・・生まれて最初の記憶は、公園で・・・あの~・・・迷子になって、

  「あれ?おかぁはんいない」ってドキーッ!ってした記憶?ま、ほんまにちっちゃい頃ですよ。

  も、何歳かも分からん。も、やっと歩けたぐらい。うん。なんかそのドキーッ!っとした感覚が

  残ってる。まあ実際は全然迷子にもなってなかったんですけどね。すぐそこに、親、いたんですけど、

  「あ、いない!」って思った瞬間的な?それを覚えてる。幼稚園の記憶は・・・

  嫌で嫌でしょうがなかった。も、幼稚園、迎えのバスが来んねんけど、もうそれが来ると

  すぐ「おなかいたい」言ぅてた。もう「おなかいたい、おなかいたい」(スタッフ笑)

  すぐお腹痛くなる子だった。でも強引に行かされてたけどね。う~ん・・・・・

  あといい記憶・・・・あ~っ!うちの幼稚園ね、あの、裸足だったんですよ。

  校庭とかも。・・・校庭とは言わないか。運動場?で、野良犬が出現してね。

  野良犬がこう・・・原っぱみたいなとこにうんこしていったんですよ。

  (スタッフ笑)それをねぇ・・・友だちが裸足で踏んだんですよね。(スタッフ笑)

  その記憶が・・・強く・・・・残ってます。「なんじゃ!こりゃぁぁぁぁっ!!」言ぅてましたからね。

  ほんとに。松田優作かと思いましたから。えぇ。その記憶が残ってるかな~?

  でも、あんまり~・・・好きじゃなかったかな?なんとなく幼稚園。う~ん、

  何やればいいかなあ?まあねぇ、子どもたちの記憶に。うちの姉ちゃんはさあ、

  保育士やってたからさ。あ、幼稚園だもんね、保育士って言わない。保育園じゃないもんね?

  この子はね。何をやったらええんやろ?うんこ、おしっこ、おなら・・・・

  ここはまず離れよう!(スタッフ笑)うん。これ!これで、うんこ、おしっこ、おならで

  思い出作っても、これ小学校のちょっとまで続くから。だからあんまり、逆に

  残らないと思うんですよ。違うこと・・・えぇ・・・・なんやろな~・・・?何しよう?

  じゃあっ、フリスビーに(スタッフ笑)、書きたいことを書いて、飛ばしてみれば

  いいんじゃないですか(笑)ふっはっはっはっはっ(笑)ね~っ。ま、でも素敵・・・

  だよね?この人ね。この、子どもたちの記憶に少しでも残りたいなと思って、

  子どもたちのために何かやってあげたい、って思った。このきっかけが大事じゃないっすか?

  ええ。この○○○さんにとってね。ええ。まあ、ごめんなさい、わたくしなんぞは

  全然ね、アドバイスはあげられないですけども。あの~・・・ぜひね子どもたちがこう、

  とても色々感受性豊かでねっ?色々影響受ける年頃でもございますでしょう。

  ねえ、色々吸収する時。色んな遊びを覚える時。ねっ?ですから。ぜひ子どもたちに

  いい思い出を残してあげてください。よーしっ!

ス:じゃ、2投目のほう行きますか。じゃ、またボク離れますんで。キャッチをお願いしまーす!

光:は~・・・(ため息)

ス:じゃ、行きますねー?

光:はいはい。はーい。はい。あーっ!!あ~・・・ダメだった!あかんかった。

  いや、よかってんけどな~?。いまなぁ?いま・・・よかってんけどな~、

  取れへんかった。はい。

(コツコツと靴音♪)

ス:はいっ!

光:っほ~い!ナイスキャッチ。フリスビー対象年齢6歳以上って書いてある (スタッフ笑)

  ふっ(笑)でもこれ思いっきり速く投げたら怖いやんな?スパーンッ!来るやんな?

  はい。・・・はぁっ(ため息)これフリスビーに貼ってるからどこの子かわからへんやんけ!

  ふふふふっ(笑)う、(笑)裏に書いてるから(笑)新宿区にお住まいの○◎ちゃんですね。

  え~、「この前、学校のストーブの上にハート型で青色のでこぼことしている紙が

  あったので「何これ?」と近くにいた友達に聞いたら『うんこ』と言われました。

  それは象のうんこが・・・うんこででき・・・・それは象のうんこでできた紙らしいです。

  うんこでできた紙って見たことがありますか?」

  や。無いです。(即答)(スタッフ笑)・・・あの、なんでこのハガキを選んだんや? (スタッフ爆笑)

ス:飛ばす方に、力入れてまして

光:くっ(笑)こ(笑)この、これ、このハガキを選んだ理由が(笑)オレにはよく分からん!

ス:苦労して読んでもらって、よかったかなと(笑)

光:でもなんでストーブの上に、象のうんこでできた紙があったんや?!

  それが気になる。学校のストーブにやで?・・・・な?そやんな?なんで燃えへんねん??

  象のうんこやから燃えへんの?んはははははははっ(笑)もう、ようわっかりませんやん

  このハガキ!!(笑) (スタッフ爆笑)もうっ(笑)膨らましようないしぃ!!

  どうせえゆうねんこれ!!!ひっどいわ~、なあ?

  まあ、もうこんなとこやろ、これ。もうしゃあないわ。(スタッフ爆笑)

  というわけで以上「おかしなおハガキ企画」でした。





はい、今日のキンキラキンキワールドいかがだったでしょうか?

ま、「いかがでした?」と聞くのも・・・申し訳ないような、感じですよね。(スタッフ笑)

いかがもどうもこうもねえよ!っていう感じですけども。

ええ。ま、あの・・・先程はね、「なんでこんな内容のハガキを選んだんや?」とボクは言いましたけど。

・・・・さっきも言ったけど、こういうハガキ、いいよ(笑)(スタッフ笑)

オレ嫌いじゃないよ(笑)かっかっかっかっ(笑)オレ嫌いじゃないこういう内容(笑)

何が言いたいんや?っていう内容、面白いよね(笑)

ですから、まあ、あの・・・こんな形で使われる可能性もありますんで、

どんな内容でもいいんでおハガキ送っていただけたらと思います。

(あて先)

はい。今日はこの辺でさよならいたしまーす。ばいばい!

| キンキラKinKiワールド | 12:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT