FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年3月20日(月)

剛「どうも、堂本剛です。神奈川県のまこちさん『以前ラジオで独り言についてO型の友だちに多いとおっしゃっていましたがものすごく納得です』きましたね『私もO型でもともと独り言が多い、今年1人暮らしを初めてからは独り言を通り越して、よく1人で話している』んふふふふ(笑)すごいね、乗り過ごしたんですね『最近はまだ使い始めて半年の電子ケトルが壊れたと思ったらただのボタンのオンとオフの向きを間違えただけだった、それに気づいた時思わず、えー、そっち、もう言ってよーと大声で電子ケトルに突っ込んでしまいました。剛くんも1人でツッコミ入れちゃうこととかありますか?』という、僕ないですよ。AB型は。西の方の人なので、例えば犬がシートからはずして結構なところにウンコをしてる時に、なんでやねん、とかは言いますよ、ウンコ見て。言いますけど(笑)まず、オンとオフを間違えることがないんですよ。自分のルール、自分の解釈が正しいと思うんですよ、O型の人、純粋に。コレだ!私がこう思ってる、オレがこう思ってるんだから、こうだ、こうに決まってる、ってピュアにそう思ってる時間がたぶん人より多いと思います。なので、先々週のご飯粒のヤツありましたけど、こっちが親切と思って、それボタンのオンとオフ間違ってんちゃう?って言ったときに、え?ってあまり見る傾向がない気がしますね。いやなんか、壊れてんっていうことを純粋に主張してくるんです。他の血液型の人が調べてやったら、あれ、ついたで?みたいなことが多いような気がしますね。うん・・・まあ、ちょっとその、心配ですね。独り言を通り越してよく1人で話しています、これ、サンドイッチマンの手紙ですからね。うん・・僕は昔から独り言が多かったよね、最近では独り言を通り越してよく1人で話ています・・器用だな、みたいなコントですよね、これね。うん・・普通出来ねーだろ、なんか賞取れよ、みたいな。そういうツッコミが入るようなコントが始まってますからね。お気をつけて頂きたいと思います。それではどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
独り言を通り越して、1人で話すのが、そのツッコミなら、関西人はだいたい独り言通り越してますよねw

《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも・・来いやのフツオタ美人 ちょっとね、今バグが出てね、AIかという疑惑が出てしまうようなバグがちょっと僕の中で出ましたけど。えー、神奈川県のななこさんです『ある雑誌で先生がジャニーズのメンバーだったら誰に何の科目を教わりたい?というジャニーズメンバーを対象にしたアンケート、剛くんが音楽の教師の1位に選ばれましたよ。剛くんに票を入れたABC-Zの戸塚くんが、授業が教科書を燃やすところから始まりそう・・(笑)と言っていましたが、剛くんがもし音楽の先生だったら生徒にまずどういったことから教えますか』うん・・燃やしてみたいねえ。じゃあ、教科書をまず机の上に出してください、で、ちょっとバケツ用意してくれるかー、よし、みんな前来い、じゃあ、今から燃やしまーす!・・ばっさー燃やしていくみたいなね。いや、確かに音楽の授業で何を学んだのかというと、ちょっとハテナなところあるんですよ。あの・・例えば昔の童謡の、その歌とか、教えるのならば、この歌がどんな時に出来たかとかですね、なぜこの歌が歌われたかみたいなことを含めないと、あの・・古懐かしいメロディと歌詞って歌えないっていうか、恥ずかしいんですよね。でも歴史を知れば、ああそう言うときに出来た歌なんだということで、歌いやすく、子供はなると思いますね、その・・音符だなんだこうだ、正直自分で勉強出来るレベルかなと言う風に思いますよね。だから、なんか曲を1人1人1ヶ月時間あげるんで作ってきなさい、みたいなんちょっとおもろいかもしれないですね。歌詞があってもいい、し、歌を入れてもいいし、インストでもいいし、とりあえずなんか作ってこいと。テーマを一個決めて、それを音にする、みたいな。で、そういうのをなんかこう、発表会みたいなところでね、みんなでじゃあこの曲を演奏しようみたいなってやったりすると、面白いかなあっていうふうに思いますけども。やっぱちょっと燃やしてみたいよねえ、ちょっとこれ面白いね。はい、なくなりました。さ、これから教科書はすべて自分になりますっていう、なんかそういうのがいいですね。なかなかいいじゃないですか、とっちーのこの、想像力いいですねえ。

さあ、そして、長野県のですね、ひろみさんですね『先日の放送、なまはげがエスカレーターで去っていったというシュールなお便りがありましたが私も思い出しました。昔近所のスーパーで行われたヒーローショーでもヒーローの入退時はエスカレーターでした。私は小学生の時仮面ライダーが大好きでそのショーを見たんですが、暴れる怪人を前にお姉さんのかけ声でライダーを呼ぶとなんとエスカレーターから降りてきたんです。手を挙げながら子供ながらに、バイクどうした?と思ったんですが、大人になってから考えればエスカレーターが現実的なんでしょうが、なんかこうもっとなかった?と思います。夢と現実って難しいですね』これはもうほんとに、夢と現実は難しいです。例えば僕がね、結婚する人、ね?結婚する人、別に僕ファンの人とかでもいいなあみたいな話をしたことがあるんですが、これはファンの人の票を獲得したいから言ってるという感覚のアレではなくて、どこでどう出会うかなんてわからないよね、人生はっていう解釈なんで。ファンなんですって言われたら、距離置くかっていうと、別に、あ、ありがとうございますぐらいで終わるイメージなんで。ただその人がめっちゃ鼻毛出てるとか、え~、なんでしょう、語尾がすごいクセあるなあ・・・とか、なんか気になる点があったら(笑)それはファンの人とか、ファンの人じゃない関係なく、人としてちょっと距離おくみたいなんあるかもしれへんけど。うん、なんかこう夢と現実を・・・あ、そう!だから、夢を生きたまま僕にファンですって言われるとキツイんやろなと思うんですよね。現実をその人ははっきりと生きていて、ファンなんです、ファンでしたみたいな。でしたってなんやねん!みたいなこと出来るんで。なんか・・そんなんでええのになみたいな感じがしますよね。そこからまたね、教えてもらうこともありますからね、そんな風に見えてたんや、みたいなんとかありますから

そういうこう・・なんていうんですかね、夢をもってこられると、夢を生きてあげなきゃいけないのかなみたいな親切心が僕はないから、結構夢でぶわーって来られると、まあ・・・EndlessSHOCKでしょうねえ~、うん・・階段ぶわーーっ、落ちて血だらけになるでしょうね。うん、ぐるぐるぐるぐる~~いうて。太鼓叩いたりしてるでしょうね。だから仮面ライダーもね、これね、ほんとはね、階段とかあったと思います、案はね。ただ手すりから飛び降りるというのは、マナー的にどうでしょうとか。色んなことがやっぱり百貨店とか、イベント会場側からあるんだと思うんですよ、ここは走ってはいけないと。子供がマネしちゃいけないんだと。うっさいなあ・・・って仮面ライダー的に思うこともあったと思います。色んなことがあって、仮面ライダーも、じゃあ、はい、いいっすよ、もう。エスカレーターで・・っていうことですよね。ポーズ、バッて決めて、ほなウィーンって動くから。何秒でたぶん、やったと思うよ。何秒ぐらいで、下みたいな(笑)やったと思うよ。確認はしてるよ、やっぱあれ危ないから。うん・・だってライダーが急にエスカレーターバイクでぶっこんできたら、それもう族みたいな話やからね(笑)おらぁ~、みたいな(笑)それはさすがに、ちょっと厳しいやろと。うん、色々なことあったんやということでね、飲んで頂きたいと思います。そういうことで、ま、みなさん、色々ヒーローだったりね、ヒーローじゃない人であっても、色々な事情かかえて生きてますから、みなさんね。ま、夢を見るということは、とても素晴らしいことですけど、現実というものもね、しっかり見ていくということも大事ですね。さ、ということでございまして、以上なんでも来いやのフツオタ美人でした』

【今日のポイント その2】
EndlessSHOCKになるくだり、吹き出してもうたわ(爆)っていうか、今度SHOCK見るときに思いだしニヤニヤしてしまうやん!!(〃∇〃)



《愛ゆえに》
剛「続きまして 愛ゆえに 愛に関する悩み相談を受けています。栃木県まゆさん『いきなりですが私は年上の男性にばかり惹かれます。私は今高3です。同い年の男の子にあまり興味がありません。社会人の男性などにキュンとします。特に30代の男性が私的にはベスト。大人の余裕や色っぽさ、同級生の男の子にはないものを求めます。芯を持っている男性がとても好きです。友だちに言ってもほんとにおじさん好きだよねなどと言われます。友だちには言いづらい、私としては年上の男性にしかない魅力があるからこそ好きなだけで、ヘンだなとは感じていないんですが、これはおかしいことでしょうか』まあ、おかしいこととおかしくないことで分けると、おかしいことではないですけど。数字にとらわれていないということですかね。あとは時の流れ、年月みたいなものには捕らわれていなくて、バランスなんですかね。30代の人とか、年上の男の人が持ってるバランスに惹かれるんでしょうから、逆に言えば同い年くらいの子でも、バランスがとれてれば好きになれるんじゃないでしょうかね。でも女の子には多いのかなって気はするけどなあ。年上の男性の方がいいという・・うん、まあ僕なんか、結局10代から仕事してるじゃないですか。これだから気が付いたら仕事してたみたいな感じなんですよね。最初はジャニーズに入って、色んなこと勉強して、ってやってたら、気が付いたらコレが仕事なんだ、になってたんですよね、高校卒業して。あ、社会人ってことか、みたいな。あの感じがすごく、良くも悪くも気持ち悪かったですね。ふわーっと仕事になったんで。で、そこでなんか持たなければいけない責任感というものがあるのかという、はい、こっから社会人ですよって言われた覚えがないなかで、ふわーっと入ってったって感じなんで。そうしていくと、同年代の人としゃべりにくいんですよね。なんかイマイチ話が噛み合わなかったり、うまくいかないって経験、結構したなあ、と思って。それがいい悪いではないんですよ、やっぱ自分の経験だったり、自分の感情に近い人っていうのはいいと思いますし、僕の周りも、年上多いですからねえ。僕も年上の人としゃべってる方がラクなんで。同年代年下とか、ほぼいーひんから。たまに話すかな、くらいですけどね。それはそれで、あの・・勉強になるし、何悩んでんねやろっていう、その悩みが新鮮やったり、オレもあったなあとか。そんなことで今の若い人悩むの?!とか、おじさんでもここ悩むんや、とか。うん、生意気言いますけど、僕で良かったら相談してくださいねとか言って。なんかそういう風にして、年を重ねると意外と年齢って関係なかったり・・するんですけどね。そういう年齢とか周りはすごく意識するし、社会は意識するけど、そんなに意識しないで生活してればいいんじゃないかなって、僕は思いますよ。だから、高校卒業して、なんか自分の恋愛がもっと幅が広がっていく時にね、じっくりゆっくり考えたらいいんじゃないかなと言う風に思います(インフォメーション)さ、それではKinKi Kidsのバラードセレクション・・・ん~・・to Heart聞いてください」

【今日のポイント その3】
剛さんが「今の若い人」っていう年になってしもたんやなー(笑)ウソみたいやけど、アラフォーやもんなあ(〃∇〃)

《今日の1曲》『to Heart』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエム。今週秋田県かなこさん『おばあちゃんが、おじいちゃんの仏壇にお供え物として、カルシウムせんべいを置いていた。骨になってまでカルシウムを摂取しないといけないおじいちゃん、がんばれ』シュールですねえ・・うん、おばあちゃん、たぶんね、カルシウムせんべいのカルシウムは気にしてないと思いますよ。おじいちゃんせんべい好きやったなってことで置いてるはずなんですけども。なかなかついてきますね、骨になってまでって、うん、僕やったらここ、ちょっと隠しますけどねえ。うん・・カルシウムを摂取くらいでいいと思うんですけど。そうねえ、でも時が経てば骨も水になりますからね。骨を維持しようと思ったらね。でもこれから僕らが、不老不死、永遠の命を手に入れるみたいなテーマよくありますけど、子供の時って、この身体のまま永遠の命って思ってたけど、現実的には、この身体の中にあるデータを別の乗り物に乗り換えることで生きていくことになっていくんでしょうね。記憶が残って居るんであれば、それにインストールして、今回の身体これか・・っていう状況は、まあほんとに出てきますよ。そうすると、ぱっと会ったときに、話してたら、あれ?ちょっと待って、オマエさってなった時に、うんうん、そうそう。久しぶり、全然身体違ったからわからへんかった、みたいな、すごい遠回りな、おう久しぶり、が・・感じになるんでしょうね。車のようにあの・・ナンバーかっこいいところにつけたいですよね、でも。おでことかちょっと・・・イヤやんなあ。で、キスしようってなった時に、キスする時に、『ぬ』って。。。って思ったりするやん。『ぬ』の・・って、『ぬ』ってって思ったりするやん。シリアスやねえ・・・車のナンバープレートのひらがなの部分・・ぬ、みたいな。ぬ、かあ・・そういうね(笑)ことも今後ありますから、みたいなことを想像させてくれたおじいちゃんとおばあちゃん、そしてね、かなこさんに感謝ですね。ポジティブにとりましたね。さ、ということで、KinKi Kids堂本剛でした。引き続きレコメンでお楽しみ下さい」

【今日のポイント その4】
剛さんはAIで、光一さんがアンドロイドで、永遠の最先端デュオやったのね(何の話やwww)

| 剛どんなもんヤ | 10:46 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT