FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年7月20日(木)3時間生放送スペシャル【1】

こちらは7月20日のどんなもんヤ!特別番組のレポです。
いつもと違うところがありますので、色々ご了承くださいませ。

何しろ3時間なので、細切れにアップしていきます。

通常だと一度起こしたあともう一度チェックするのですが
特番では、その作業を省きますのでもしかしたら微妙に間違いがあるかもしれません。
あまりにもヒドイ間違いがあった場合はご指摘下さいませ。

合間合間にワタシの心の声(ツッコミ)が入ります。ご注意ください。

2人がしゃべってるバックにKinKi Kidsの曲がBGMとして流れていますが、拾い損ねたり曲名間違えたりしてましたので記載をはぶきます。色んな曲が流れてます。

以上ご了承の上、お楽しみくださいませ



CDデビュー20周年記念特別番組
『Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!~』




光「はい、堂本光一でーす」
剛「堂本剛でーす。えーっとですね」
光「このテンション・・」
剛「いつもでしたらこの時間は、関ジャニ∞のね、村上君、そしてジャニーズWESTの桐山くんと中間くんのレコメンをお送りしていますが、今週は我々KinKi Kidsのデビュー20周年・・記念の特別番組を深夜1時までの3時間お送りさせていただこうという次第でございます」
光「3時間だよ、明日はえぇんだよなあ」
剛「そう、明日早いねんなあ。オレほんまに」
光「ほんとっとに」
剛「全然寝さしてくれへんやん」
光「明日何時や?」
剛「ほんま」
光「何時?明日・・6時入り?はっはっはっはっは・・っはっはっは(乾笑)」
剛「んー、約束するけど最初の番組オレ笑ってないと思うけど、大丈夫?」
光「いや、まあまあ・・でもね」

剛「頑張って笑うけども!」

翌日は朝から日テレの番組ジャックでしたもんねー。
平日に深夜まで聞くの大変・・って思ってたけど、やってる方が大変だったね



光「あの~、この番組はさ、僕ら20周年、KinKi KidsCDデビューね、この番組自体は23年?」
剛「すごいねえ」
光「ええ、すごい、デビュー前からずっとやらせて頂いてるわけですよ、1994年の10月から」
剛「うん」
光「やってるわけですね」
剛「なるほど」
光「で、生放送こうやって3時間スペシャルみたいな感じでするのは、このどんなもんヤでは初めてということなんですね」
剛「そうね」
光「まあ・・・ま、確かにあんなテンションでずーっと、20年ぐらいやってたら、まあ、生放送は危険やなってスタッフも思うでしょ」
剛「思うでしょうねえ」
光「はははは(笑」
剛「危険ですからね、実際は」
光「実際に、もうあの、番組始まって、まだ1分、2分足らず」
剛「うん~」
光「剛くん、もう、あのPOTATO読んでますからね(笑)」
剛「そう・・こないだ撮ったやつやぁ、と思って」
光「あはははははは(笑)そうね・・」

優しいっ、笑い方が優しいんだ、光一さんの!
全く責めないぜ



剛「あとドラマのね、ちょっとした写真が載ってるんで」
光「うんうんうん、あ、そういうのを見たりしてね」
剛「ああ、こういうのあったなあ、みたいなね」
光「この番組の特番のお知らせをね」
剛「うん」
光「あの、したときに、3時間の特番でこれぞラジオというものを聞かせるとかね」
剛「うん~」
光「今までが逆に演じていたんですっていう、この番組にかける、今日の思いについて言ってたらしいんです、僕ら」
剛「へぇっ?!」
光「ふははははは(笑)」
剛「あん?」
光「まあね、それすら覚えてないっていう(笑)」
剛「いやもう覚えてないですよね、昔のことすぎて」
光「まあまあ、でも、我々らしく、どんなもんヤ!らしく、3時間お付き合いいただければいいかなと」
剛「それでいいと思いますよ」
光「思いますけども。まあ、あの・・ね、この番組聞いてらっしゃる方、剛くんの近況についてもちょっとご心配されてる方もいらっしゃるでしょう」」
剛「うん・・・あれっ?・・・・・はい」


剛さんの「あれっ?」は独り言っぽいです。
光一さんがしゃべってる間、何か探してましたか?w


光「剛くんの口からその辺もね、お伝えいただければと思うんですけども」
剛「はい。まあ、あの・・ごらんの通りね、特に治ってないですけど。んふふふ(笑)ええ・・だから・・」
光「まあ、そんなすぐには治りはしない・・ね」


すぐさまフォローに入る光一さんが、優しすぎるんです、ほんまw

剛「あと、あと1週間はとりあえず爆音とでっかいオナラ禁止って言われてるんで」
光「なるほどー」

で、剛さんはボケてくるっていう優しさね(笑)

剛「はい、あと一週間後の状態で、そっからまあ、ちょっとどういう作業とか、どういうことが出来るかわかんないですけど、ちょっと音楽のこともやっていかないと間に合わないこともあるのと」
光「うん」
剛「あとは・・ま、今漢方・・苦いヤツとか、飲んだりとかしてますねえ」
光「ありとあらゆることを試しながら」
剛「めっちゃやってます、ありとあらゆること」
光「うん、大事ですよ」
剛「今日は取材やってたんですけど、取材のライターさんが耳のマッサージのやつとか(笑)くれたんで、耳のマッサージして血流よくしてみたりとか。難しいのが、安静にしてなさい、でも身体動かしなさい」
光「はいはい・・うん」
剛「どうすればいいの・・」
光「まあまあ、適当な運動は必要ってことでしょうね」
剛「しーよってことなんですけど」
光「例えば、身体なんかでも、どっか痛めたとかなったとしても、ちょっと痛くても、ちょっとそこは動かさないと、治りが・・」
剛「動かしなさいよみたいな。固まっちゃうしね」
光「そうそうそう、遅くなるとかね」
剛「そう、だから、ちょっと真逆のことを言われつつも、とりあえず治療に専念してね、色々やってみようと思ってますんで」
光「そう、あの・・」
剛「ただまあ、この状態でも、このテンションのしょーもないラジオずっとみなさんに聞いていただくという至福の時は」
光「しょーもないって言ってしまうところがまた怖い(笑)」
剛「提供させていただけるんでね、このラジオ、今誰が(笑)どれくらいの人が聞いてるのかっていう・・・いや、ファンの人はもちろんね」
光「まあまあ、聞いてくださってるでしょう」
剛「聞いてくれてると思いますけども」
光「20周年、時間をまたいでね、20周年をみなさんと迎えようとってことですから」
剛「そうなんですよ、だからみんなやっぱり今おうちなのか、みんな集まってる部屋なのかわからないですけど、そういうところでちょっとこうテンションあげてくれてると思うんですよ」
光「そうですね」

剛「ただ、その、たまたま聞いた人ですよね」
光「うん・・」
剛「たまたま聞いた人からするとやっぱり他のラジオとのテンションもすごい差でしょうから」
光「ん~、今僕もね、一応3時間あるぞという、すぺされだぞということで構えて、かなりマイクの前でこう、頑張ってますけど」
剛「うん・・」



ちょっと光一さん、甘噛みしましたよね「スペシャル」を( ´艸`)


光「だんだんこれがね、崩れていってマイクから離れていって、声が遠くなりますから」
剛「うん、遠くなるでしょうね」
光「あはははは(笑)ええ、まああの」
剛「3時間ってね、ちょっと長いですから」
光「な~がいですよ」
剛「頭からとばしてるとね、息切れしちゃうから」
光「そうそうそう。ね、何が起こるかわかりません」
剛「わかりませんけども」
光「それも生放送のいいところだと思いますけどもね」

剛「はい」

何か起こすフリかと思ってましたけどそうでもなかったな(笑)


光「どんなことしていくか、のちほどお伝えしますけど、せっかく生放送なので、リスナーの方にメールで募集・・」
剛「そうですね」
光「聞いてみたいこととか、今言えば、なんかこういうの来たりとか・・」
剛「はい」
光「ありますよ。例えばなんかこんなん送ってくれみたいなのあります?剛くん」
剛「何があるかな?ん~~~・・・なんかある?」
光「例えば・・(笑)そやなあ・・あ、早速?これ、メール?」
剛「メール?」
光「ひかりさん」
剛「ひかりさん」
光「『キンキさんの声が最初から低くて思わずボリュームあげました』ときました」
剛「ああ、あげてよ。ゲインどんどんあげて」
光「あっはっはっはっは(笑)すいませんね(笑)」
剛「スピーカーがもう耐えられへんぐらいのね」
光「すいません、ほんとに」
剛「ゲインどんどんあげてもらって」
光「うん・・『キンキさん、変わらずこのままでいてくださいね』ということでございます、すいません」

キンキさんのラジオは、イヤフォンで聞くのがデフォルトですよ


剛「今日はアレなんですよ、歴代スタッフさんが集結してくれてまして」
光「そう~~なのよ、人が多くて・・」
剛「これ仮面ライダーでいうと胸熱くなるところでしょうね」
光「そやなあ」

なんで仮面ライダーで例えた?(笑)
んでまた、疑いもなく同感する光一さんよ!


剛「うん、集結してくれてまして、だってさっきもちょっと話してたんですけど、18年前ですね、みたいなね、話したけど」
光「18年ぶりくらいのとか・・」
剛「そんな経ってんのか~とか。だから未満都市の時もそうやったでしょ、スタッフさんとか」
光「うん、そうですね」
剛「いろんな人と会って」
光「だから、この20周年を迎えるにあたって、なんか昔のね、お世話になった方ともお会いする機会も、色々ありましたけどもね」
剛「ちょっと不思議な感じやな~と思って。そんなに経ってんのかって。当たり前やねんけどね。なんか感覚としては、そんなに経ってないねんけどなあ、みたいな。顔を見てしゃべるとそんな感じになっちゃうっていうね」
光「うん・・そうね」
剛「不思議な感覚がいっぱいありますけども」

光「ええ、どうですか?あの・・今この生放送中になんか送って欲しいっていうのあります?」
剛「え、なんかあるかな?・・・じゃ、なんか耳に効くやつ、なんか」
光「あはははは(笑)」
剛「教えてください」
光「これ・・もう、超即効性あるやつね」
剛「うん」
光「もう、今!」
剛「今、なんか、今効くやつ、みたいな」
光「そう。なんかね、アレを飲むといいですよ、とか、そんなんじゃない」
剛「うん」
光「もう、今!まさに今!ここで出来ること」
剛「これやったらいいですよってやつ」
光「コレで治ったらすごい」
剛「すごいことやん、ファン・・ファンのね、愛はパワーだよですよ、ほんとに」
光「ほん、どんなもんヤのおかげってことになりますよ」」
剛「おかげで・・そしたら耳の裏にどんなもんヤってタトゥーをいれなければいけなくなりますけど」
光「そうねー、刻まないとね」
剛「刻まないと。で、それでまた耳悪くなるっていうね。入れんとけばよかったー。。」
光「それをちょっと募集しますんで。これやってみてください」
剛「ひとまずそれを一個募集しましょうか」

光「それ、いいと思います・・ね」

これは・・・ちょっとまだシャレにならんかったなあ・・って気がする
言うても治療中の人に、いらんことして欲しくないっていう気持ちの方が大きくなってしまうので



光「そういうのをですね・・メールでも・・メールで受け付けております、アドレスkiki@joqr.netでございます」
剛「ネット」
光「送ってください。即効性のある」
剛「即効性のあるやつ」
光「やつ・・はい、さ、では、そろそろね、はじめましょう」

剛「はい、はじめましょうか」

始まってなかったんかい!!!(爆)

いつものオープニング曲が流れてきます。
ああ、どんなもんヤ!やな~~~・・ってしみじみしながら、続きます。




| 20周年「3時間生放送」 | 16:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT