FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年7月20日(木)3時間生放送スペシャル【5】


番組中に流れているBGMの曲名が間違えたり抜けたりしていると
読者の方からご指摘を頂きました。ありがとうございます
ラジオ起こしながら、正確なBGMを拾う自信がありませんので
今後BGMの曲名の記載はしませんので、ご了承ください。



CDデビュー20周年記念特別番組
『Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!~』


『全部だきしめて』のオンエアのあとCMが流れまして


ジングル
剛「YOUたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!」

剛さんのソロ、ややカッコつけたバージョン、
カッコつけたっていうか、藤岡 弘、的なw


CM

ジングル
2人「YOUたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!」
剛「3時間生放送スペシャル~~~!」
光「・・・ごめん(笑)」

途中で笑ったため、ユニゾンしそびれた光一さんのお詫び
可愛いっすw




光「はい、文化放送から生放送でお送りしてますYOUたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャルお送りしております」
剛「はぁいっ」
光「今から23年前のKinKi Kidsどんなもんヤ!第一回目の音声をオンエア・・したいと思うんですけど」
剛「いやあ・・」
光「もうね、あのすでにオープニングから始まってからね、15センチほどマイクから僕遠ざかってます」
剛「おぉ~、意気込みが遠ざかってますね、もうね、最初の」
光「やっぱり、もう始まって45分経ったんで」
剛「うん・・ああ、もう、そっか45分経ってんのか」
光「そうです。はい。これ一回目の放送こわいね、今のこの感じ・・このテンションとの差?」
剛「いやあ・・うん、すごい差でしょうねえ」
光「大丈夫かな?これ、音量・・音量の差的に。ふっははははははは(笑)」
剛「そうね、リスナーの人ちょっとボリューム下げた方がいいかもね」
光「ちょっと最初下げた方がいいかもしれん・・な?」
剛「うん」
光「ちょっとわかんないですけどちょっとみなさんに調整していただいて、ね」
剛「うん」
光「僕らの声も、うっすら生かしつつ聞きますんで」
剛「はい」
光「はい、というわけで、1994年10月10日初回の、どんなもんヤ!です」





初回オンエアを流しつつ、現在の2人もしゃべってるのでちょっと前後したり、聞き取れなかったりしてますがご了承下さい。
初回オンエア分は色と大きさを変えています。

(赤ちゃんの泣き声のSE)

光「いよいよ!今日僕らの新番組が誕生しました!」
剛「僕ら、ラジオのパーソナリティとして、今日デビューするわけやけども、絶対おもろい番組にしなアカンな!」
光「じゃあ、この子にどんな名前つける?」
剛「ん~~、そうやな・・ん~~っと、じゃ、これにしよ、あの・・KinKi Kidsどんなもんヤ!」


剛「すごい原稿読んでるやん・・」
光「ふふふふ(笑)もうええんちゃう?」
剛「ひどいなあ」
光「うん・・」

光「うわ、テープが若干伸びてる!あ~~、そっか」



光「改めましてKinKi Kids堂本光一です」
剛「そして僕が堂本剛です」

光「ふふふふ(笑)」
剛「(なんか言ってます)」


光「いやあ、なんかさっき、どんなもんヤ!言うとったけど・・」
剛「うん」
光「今考えたみたいやけど」
剛「やけど、あの2週間か、ちょい前くらいに全てわかっておりました」
光「はい、そうです。暴露しましたー」
剛「暴露しましたー」
2人「いえーい」
光「ということでですね、今日から始まりました」




剛「なんやねん、これ・・しょーーーーーもない、トークしてんな、これ」



光「今日から始まりました。毎日この時間はね、関西出身の僕らが相手つとめるんで、よろしく・・」
剛「よろしくお願いします。あのね、ドラマ人間・失格みんな見ててくれたでしょうか。僕ら2人とも生徒役で出てたけど、あの赤井さんの息子役を演じていたのが、誠の堂本剛、僕なんですよ」
光「へぇ~~~っ!そうやったん!」
剛「そうなんですよ、どうもはじめまして」



光「ふふふふふふ(笑)」
剛「おいおい、しょーもないぞ、なんやこれ~」


光「僕はあの、りゅうか・・りゅうかじゃないですよ、これ、間違ってますね」
剛「なに・・何言うとるんですか?」
光「留加という名のね、僕、あの、荻野目さんの息子役、僕留加なんですよ」
剛「あ、そうなんですか」
光「そうなんですよ」
剛「全然わからなかった、僕あの、ネズミが留加なんかな、思ってたんですよ」
光「ちょぉ待ってくれ(笑)」



光「なんか・・なんかしゃべらなアカン意識がありましたよねえ」

光一さん、若干他人事ですw


剛「同じ堂本っていうから、みんな兄弟ですかとか、双子ですかとか言う人もいんねんけど、全然・・」
光「実はオレの孫やから」
剛「うん、全然ちゃうから、夫婦なんですよ」
光「なんでやねん」
剛「えへへ(笑)はい、じゃあ、KinKi Kidsどんなもんヤ!ほな、はじめよか」

光「はじめましょ」

ジングル
KinKi Kidsどんなもんヤ!


光「おい、ひどいな・・(笑)」
剛「ひどいひどい」
光「ああ、懐かしい・・」

光一さんが懐かしがってるのはジングルと音楽ですね


光「それでは」
剛「今日月曜日はなんでしょうか、光一さん」

光「滑舌が悪いっ」


光「まず月曜日は、もう、これがすごいねん!」
剛「すごいねん、これが」
光「もうこれがすごい」
剛「これがごっつすごい」
光「すごい」

2人「商店街の月曜日」


光「ふふふふ(笑)」
剛「揃えろ、ちゃんと揃えていけ、オマエ」


剛「なんかえらい単純やな。どこの街にもユニークなお店とか、名物とかおっちゃんとか、名物おばちゃん、いい味出してる商店街があると思うねんけど」
光「まあ、そんな情報をハガキでよせてもらうコーナー」
剛「僕の商店街っていったら、大仏さんの手」
光「手?!」
剛「あんねん」
光「あ、そう」



光「商店街にあんの?」
剛「ありません、岡本太郎さんの題材にこういう・・」
光「へぇ~~」

23年の時を経ても騙されてる光一さんの愛しさよ・・


光「じゃあ、目とか耳とか売ってへんの」
剛「あ、ほんでな!」
光「思いっきり、なんか、段取りっぽいぞ(笑)今の」
剛「え?何が?別に、何がですか?何がですか?」
光「あはははは(笑)」
剛「あのさあ・・耳で思い出しました」

剛「耳かんでくれる?って言われてんやん」
光「カメラマンが・・耳噛んでくれる?」



剛「あったねえ」
光「忘れもしない」


剛「とか言うて、え?耳ですか?とか言ったら、うん、そう。耳!とか」
光「あはははははは(笑)」
剛「はっきり言われて、なあ?!」
光「うん!そう!みみーーっ!」
剛「目線はずしてくれる?とか言うたから、目線はずしたら、うん!うまーいっ!とかなんか言うねん」
光「写真の世界だ!」
剛「誰やねん」
光「オマエ誰やねん」
剛「どこ出身やねん」
光「思いっきり話ずれてるけど」
剛「話ほんま・・ほんまずれたけども。まあ、こういう感じで商店街に・・」



剛「何を言ってんの?!この子達
光「子供ですから」

自分にキレる剛さんに、なだめる光一さんw




剛「光一君、今日の曲紹介を」
光「あん?曲紹介?」
剛「曲紹介をお願いします」
光「曲紹介はもう・・さいもんあんどがーふぁんくるですか」
剛「そうですね」
光「ね、もう、人間・失格」
剛「2人と言えば・」
光「♪たーいむたーいむたーいむ、いうやつ」
剛「♪しーわっつびこほーみーってやつね」



剛「なんなん!!もう~~

おかんむりですよ(笑)

光「ひどいな・・」
剛「全然おもんないやん、なにトークしてんねん」
光「やっぱり聞くと色々ありますね」

剛「ガーファンクルサイドからクレームけーへんかな」


昔のジングル
剛「友だちにもこの番組宣伝してください」
2人「KinKi Kidsどんなもんヤ!」



剛「ふっ・・もうちょっとしゃべれ、ちゃんとー。ちゃんとしゃべれるやろー」



光「はい~、第一回目のKinKi Kidsどんなもんヤ!ど~~~でしたか」


剛「んふふふふふ(笑)」
光「どうもこうもねえよな(笑)」
剛「オマエらがただしゃべってるだけ、しょーーーもないことしゃべってるだけやないか!」

光「オマエらがどうやねんって話や(笑)」


剛「まあ、そうですね、今日はけっこう話ずれたけど」
光「ずれましたね」
剛「ずれたけど。まあ、こういった感じで、タバコ屋さんのおばちゃんがローラースケートはいてますと」
光「そうそうそう」
剛「そういう色んな変わった情報を、あの、こっちの方にどんどん」
光「耳!」
剛「耳!とか言ってる人がいますとかね」



剛「タバコ屋のおばちゃんでローラースケートはいてる人いる?」
光「ふふふふふふ(笑)」


剛「そういうの色々、2人で楽しみに待ってますんで」
光「商店街の月曜日、ね」
剛「ハガキどんどん、送っていただきたいと思います」
光「楽しみに待ってます」
剛「はい」
光「はい、お相手はKinKi Kids堂本光一と」
剛「堂本剛でした。ほな、さいなら」
光「さようなら」
剛「さよなら、さよなら、さよなら」



剛「んあぁ~~、もう、ひどい、ひどいわ~~」
光「はぁ~~~~っ、いや・・」
剛「キツイ」
光「どっと疲れたんですけど~」
剛「疲れた、めっちゃ疲れたわ」


ワタシもどっと疲れました。4人が同時にしゃべったらアカン(T_T)


剛「いや~~~、ひどい」
光「よく・・よくスタッフの方も、リスナーの方も、お付き合い頂きましたね」
剛「ほんとに、これによくお付き合い頂きましたね。いや、ひどすぎたわ」
光「こんなスタート・・いや、逆にわからんよ?周りの人達は、いやいや、昔の方が頑張ってる感あって良かったんじゃねえかという意見も(笑)」
剛「んふふふふふふ(笑)」
光「中には」
剛「なきにしも、あらずですけれども!」
光「とにかくなんかしゃべらなアカンっていう・・がんばり感がね、出てましたね」
剛「ありましたね。いやあ、ひどかった」
光「いやあ・・・キツイな~~」
剛「めちゃめちゃキツイですねえ」


テープが伸びてて、よけいにまったりしてましたしね(笑)
ほんとはもうちょっと15歳らしくピチピチしてたはずw



光「あ、それに対する感想が来てんの?早いなぁ~~」
剛「早いねえ」
光「みんな、レスポンスがすごいね。はい、東京都ペンネーム梅干しさん『初回の音声、すごいテンション高いですね。でも私がまだ生まれる前のラジオ、なんだか変な感じがします。初々しい感じがかなり好きです』っていうな。生まれる前だって」
剛「生まれる前、衝撃ですねえ」
光「衝撃やなあ」
剛「うん・・」
光「生まれる前なんですよ、それからやってるんですよ」
剛「いやあ、コワイね」
光「東京都ききさん『お二人は当時のラジオ、しょーもなーって言ってますが先ほどからの、おっぱいトークもなかなかしょーもないですよ』あははは(笑)」
剛「んふふふふ(笑)」
光「ははは(笑)すいませんねえ」
剛「いや、おっぱいトークっていうか・・まあ、おっぱいがいっぱいトークですけどね」
光「そうそうそう。別におっぱいの話をしてるわけじゃない、おっぱいがいっぱを言ってるだけです。ねっ。えー、こんなご意見も」
剛「なるほど」
光「昔の方が初々しくていいじゃないっていう意見も中にはあるんですよ」
剛「いやあ、でもちょっと、さすがに・・さすがにですね」
光「いやでもホントに・・・先ほども言いましたけど、色々とありがたいと言うことですね」
剛「いやあ、ほんとありがたいですよ」
光「こんな感じを、からスタート、あんな感じからスタートして、今もこうやって続けさせていただいてるというね」
剛「ほんとひどかったね・・悲しいぐらい」
光「ありがたいですね。はい・・」

曲が流れてきました

光「あっ!えぇ~~~っ?これは」
剛「まさかの?このタイミングで?」
光「まさかの~~」
剛「せっかく、59分10秒でかけようとしてたのに」
光「♪僕が飲んでっ」
剛「♪妹も飲んだのに」
光「♪妹も飲んでっ、パパも・・・・」
剛「パパは飲んでないでしょ?」
光「え?いや、言ってない、そんな・・・・ほらきた」


『おっぱいがいっぱい』が流れてます

剛「♪妹も飲んだのに」
光「♪妹ものんでっ パパも・・」
剛「♪ちっちゃくならないママのおっぱーい、でしょ」
光「ふははははは(笑)」
剛「パパも、はないと思うけど」
光「パパもなかっ・・オレの記憶じゃ、パパも・・」
剛「ふふふふ(笑)パパもないです」
光「ほんとぉ?おかしいな~~」

光「これさあ、またさ、20年後にこんなトークしてましたよっていうの、あったらコワイから、もういいんじゃないですか(笑)」
剛「んふふふ(笑)」
光「いや、このね、なんかね、コード感ね、マイナーの。名曲やと思う」
剛「♪んんん~~・・こっからね・・」
光「はい、きたー、サビ・・・」
剛「♪いっぱーい・・タタン・・タタン」
光「なんでいっぱいにしたんだろうね・・ちょっとかけんの早かったな、まだ~・・23時59分あたりでよかったんですけど」
剛「♪(ずっと鼻歌うたってます)たった~~たららん」
光「まだそこまで1時間くらいありますからね」
剛「すげえ覚えてんなあ」
光「とりあえずもう流しとかな、アカンな思たんでしょ?いいですよ、先に終わらしとかな、ほんまに時間またぎで言い出すと思ったからでしょ?いや、アンコールあるよ」
剛「んふふふ(笑)アンコール・・」
光「からの、Harmony of December っていうのも、なかなかのものですけどね」
剛「すごいね」



BGMが「おっぱいがいっぱい」から「Harmony of December 」に変わりましたが、この辺りで1時間弱!やっと3分の1・・・足らずですが、続く・・




| 20周年「3時間生放送」 | 14:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT