FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年8月28日(月)

光「はい、堂本光一でーす」
剛「堂本剛です。まずは佐賀県のまなみさんです『12星座別のキスの傾向というのが話題。光一君の山羊座は恥じらい最低限派、剛くんの牡羊座はさくっと手軽派だそうです。この傾向当たってますか。ちなみに私の魚座は愛情味わいつくし派ということですがどんな感じなのかよくわかりません』」
光「いや、だからどんな感じなのかちょっとわかんないですよ。恥じらい最低限派ってどういうこと」
剛「一番意味不明やな」
光「恥じらい・・」
剛「恥じらって・・もうだから、ちょっと、こう・・小鳥くらいの感じかな」
光「じゃ、さくっと手軽派は?変わらんやん」
剛「もう歩きながらじゃないの、お疲れですっ、おはようございまーす・・みたいな」
光「おいっす!みたいな」
剛「おいっす!・・みたいなことなのかな?」
光「一番チャラいやないか(笑)」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「どうなん・・」
剛「いや、12星座でキスの傾向あるわけなくない?」
光「うん、あるわけないな」
剛「ん~、キスというものは学ぶものではないやん、まずな。ってことは、映画見たりとか、自分の経験みたいなことが重なっての話やから」
光「ん~、オレはアレやな、べろんべろんにするより、可愛らしいぐらいの方が好きなのは確かやな」
剛「何を急に言ってるのか・・ちょっと・・」
光「いやいやいや」
剛「何を急に言ってるんですか?」
光「キスの傾向の話ですよ。じゃあ、恥じらい最低限派っていうのちょっと当たってる可能性が」
剛「可能性あるよね。オレさくっと手軽派じゃないねんけどな(笑)」
光「うん・・」
剛「愛情感じたいって感じするからなあ、愛情も伝えたいしなあ、さくっとはちょっと違う・・けど」
光「まあ12星座では決められんってことやね」
剛「まあそうですね」
光「はい」

剛「ということでございまして、KinKi Kidsどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
番組は、さくっと1人ではじめちゃった(笑)光一さんにしゃべらせたら急にすごいこと言い出すからですか?(爆)


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さ、愛知県のりこさん、16歳『先日V6の岡田君がドラマがきっかけで習い始めた修斗という武術で日本人初のフルインストラクターに認定されました。ちなみにコレに認定された方は世界に岡田君を含めて11人しかいないそうです。また岡田くんは修斗の他にカリやジークンドーといった格闘技の師範の資格ももっているとのこと。昔同じ屋根の下で暮らしていた剛くん、自らも筋トレをされる光一くん、どんどんアイドルから武術家になってきてる岡田くんにかける言葉ありますか』いや、ないよ」
光「修斗ってあの総合格闘技の修斗かな?」
剛「うん・・」
光「へぇ~~、試合に出なくてもインストラクターに認定されるんだ?」
剛「ってことでしょうね」
光「その辺のあれはちょっとよくわかんないですけど、ジークンドーは錦さんがやってましたよね」
剛「ふーん」
光「錦織さん、ジークンドーね」
剛「へぇ~。僕はちょっといいですね」

剛「うん・・ラジオネームのんさんですね『某番組でやっていましたが日本人で自分のビジュアルに満足している人の割合が26カー・・26パーしかいないそうで、多くは何らかのコンプレックスを見た目に持っているそう。これは世界最下位で満足度1位のメキシコなどは74%も満足している。私ももう少し鼻が高かったらなと憧れますがお二人はコンプレックスだなと思われたことは何かありますか?』・・・身長欲しかったねー、うん・・」
光「身長は欲しかったなぁ~」
剛「身長欲しかったなー、うん。低い方がいいよ~・・って言ってみたかったわ、うん・・」
光「ふっふっふっふ(笑)うん、そうね。そうですね」
剛「身長あれば、もうちょっと色々やったなあって気すんな」
光「うん、メキシコの人74%も満足してるって、これはすごいことだね」
剛「すごいよねえ」
光「あの、海外の女のアスリートの人とか、めっちゃキレイな人とかおるもんな」
剛「メキシコ人?」
光「メキシコ・・だったり、ロシアだったり」
剛「ああ、ロシアの人キレイですよね」
光「え?スポーツ選手でこんなにキレイなの、みたいな」
剛「ああ、確かにそういう印象あるね」
光「っていう人が結構いるのよね、しかも陸上やってるからみんなさ、すらっとしてるやん、身体も締まってるからすごいキレイなんだよね」
剛「うん・・・うん」
光「びっくりするなあ。日本人は、日本人はだから最下位なんだ、満足度として」
剛「なるほどね」
光「まあ、でも日本人は日本人のよさがあるでしょう、自信もっていこー!」

剛「えー、愛媛県まりこさんですね『いきなりですがウンコ大好きなお二人に朗報です。先日某テレビ番組で日本ウンコ学会という実に真面目な団体の活動が紹介されていた。現在日々のウンコの状態で体調管理のアドバイスをしてくれるアプリを開発中、秋頃に配信されるそうです。是非お二人も活用してみてください』」
光「ほぉ~~、ウンコで救える命がある」
剛「命がある・・まあね、健康のバロメーターではありますから、それの今日のウンコどんなウンコやみたいなんで。送るんかなあ?」
光「いや、たぶんアレじゃない?あの・・ウン・・ウンチのタイプ別がこう色々細かく書いてるんじゃない?色とか堅さとか」
剛「ん~~~・・めっちゃ細かく書いてくれんと大変やけどな、逆に」
光「この前私人間ドック行ってきましたよ」
剛「あ、行った?」
光「行きました。まあ、胃カメラはやりませんでした、あの・・その場での診断は全然、健康ですと、いうことでしたけど。まあ、あと細かいこと?」
剛「そうねえ」
光「検査結果ってのはまだ来てないですけどね」
剛「だから、入院した時にプラス検査したいんですけどって言ったら、ちょっと今免疫力が落ちてる状態になるんで、ダメですって言われた」
光「ああ・・」
剛「あの、ステロイド打ったら免疫力一気に下がるんで。だから余計なことしちゃダメなんですて」
光「まあ、数値もちょっとちゃんと現れない可能性ありますよね、血液にしても何にしてもね」
剛「うん~~」
光「かもしれないね。はい」
剛「はい、ということでございまして、なんでも来いやのフツオタ美人でしたー」

【今日のポイント その2】
人間ドックの話をするアイドル・・・・(人間やったんや、しみじみwww)



《報告します》
光「報告しまーす。大阪府なおっぺさん『先日のキンキ生放送特番についての報告です。スマホやパソコンでラジオが聴けるradikoの放送中の再生回数が関東トップを3時間維持。瞬間最高シェアは59.17%でこれは文化放送歴代1位を記録したそうです』」
剛「おぉ~~っ!」
光「ありがとうございます『ちなみに、最高再生数を記録した時間は23時56分でおっぱいがいっぱいをBGMにお話されていたあたりですね。本当にいつも通りの放送だったので楽しかったです。これからも今まで通りお願いします』」
剛「すごいね」
光「ほら、おっぱいがいっぱい効果~!」
剛「すごいねえ」
光「おっぱいがいっぱい数字持ってるよ~やっぱり」
剛「すごいですねえ」
光「うん・・でもすごいですね、文化放送歴代1位の記録。あんな・・あんなので。申し訳ないね、逆に」
剛「あんなので・・いや、いいんですよ」
光「ふふふふふ(笑)」
剛「いいんです、ナチュラル」
光「逆に申し訳ない気持ちですけども」
剛「ナチュラルでいいんです」
光「ええ、ありがたいですね。支えがあるからこそと」
剛「そうです」
光「言う結果でございますかね。はい」

光「ラジオネームなしさん『この間テレビを見ていたらおっぱいプリンを作るおっぱい職人を紹介されていました。以前ブンブブーンで光一さんが作ったおぱぱーいにも負けず劣らずな綺麗なおっぱいを再現されていました。初めてのメールがおっぱいと迷いましたが、光一君にどうしても報告したくてメールしました。是非おっぱいプリン作りにチャレンジしてみてください』いやだから、オレそんなに別におっぱい好きちゃうからね?」
剛「結構言ってるけどね?」
光「おっぱいって響きはいいよね」
剛「うん・・」
光「なんか・・」
剛「うん。サウンド感ね」
光「サウンド感。おっぱい」
剛「うん」
光「母音から始まって、破裂音になるっていうね」
剛「ボインのおっぱい、っていう」
光「お、うまいねえぇ、うまいとこいったねえ、ボインから始まって、うまいこと言うよね」
剛「別に(笑)うまくもない(笑)たいしてうまくもない」
光「上手いじゃん!お、おの母音から始まるわけですよ、で、おっぱい、ボインってことで、上手い!」
剛「何回言ってる(笑)この数秒で何回言った、今おっぱい(笑)」
光「ふふふ(笑)上手いこというな~、オレ。全然意識してなかったけど。さすが!」
剛「いやいや、もう言ってましたもんねえ」
光「さすがその辺の、ありがとうございます。拾うところがっ」
剛「なんでオレ言われんねん(笑)」
光「拾っていくねぇ~」
剛「なんでやねん」

光「京都府あすなろの母さん『先日若葉の頃で剛くんの妹役を演じていた上脇結友ちゃんが結婚と出産を発表されました』」
剛「ねぇ~」
光「『若葉の頃や子役時代のイメージが強いので、その結友ちゃんがお母さんになるなんてそんなにも月日が経ったのかとびっくりしています。キンキのお二人もまさか結友ちゃんの方が先に結婚すると思ってなかったんじゃないでしょうか』」
剛「ほんまやわ」
光「上脇結友ちゃん・・どんな子やったっけ」
剛「僕の妹ですわ」
光「妹役の子か・・」
剛「そう。光一はだから・・シーン的には1回か・・」
光「そんなに絡みなかったんですよ、確か」
剛「2回・・ぐらいしか、オレの家に来るみたいな設定なかったような気がするね」
光「うん、まあでもね、そりゃそうでしょ、だって今おいくつですか?」
剛「にじゅう・・いくつやっけ?」
光「そこそこでしょ?」
剛「こないだ25みたいなこと言ってなかったっけ」
光「89年生まれだから、オレらの10個下だから・・・」
剛「28」
光「27,8ですね。ええ、普通、いたって」
剛「普通なあ、でもその頃はそんなん思ってないよねえ」
光「当時のイメージで・・特に剛くんは、止まってたりするでしょうから」
剛「うん、ちっちゃい、可愛い子って感じ、ずっと可愛い女の子」
光「当時とか、若葉の頃、15,6・・6,7だったよね?」
剛「7くらいかな」
光「だから、10違うってことは、5,6歳だったってこと?」
剛「そうそうそう」
光「そんな子がもう(笑)子供生まれてんねんで(笑)」
剛「っていうのがちょっとやっぱ、オレは特にやっぱね」
光「そうやんなあ」
剛「不思議な感じしてしまうわ。関わってたからね、長い時間」
光「そうやんなあ」
剛「うん」
光「時の流れですね」
剛「うん・・」
光「へぇ~、そうですか」
剛「焦れ、オマエらって話ね」
光「そうですね(インフォメーション)」
剛「それでは、今結友ちゃんの話出たんで」
光「そうですね」

剛「FRIENDS聞いていただきましょう、どうぞ」


【今日のポイント その3】
意識してなかったのを、天然っていうんだよ、光一さん(爆)そしてそれを的確に拾う剛さん♡ 


《今日の1曲》『FRIENDS』

《お別れショートポエム》
剛「お別れショートポエム。今週は東京都のストロベリーサンダースギヤマさんです『家族でドラマを見ていたら私と父と母の名前が全て役名に登場していた。しかしドラマの中では、父と母が・・父と私が夫婦で、母が父と不倫関係にあり、私と母が父を巡ってバトルしていた。ドラマで名前を呼ばれるたびに家族揃って複雑な気分になった』(笑)おもしろいね」
光「うん・・・へえ、すごいね。名前が全て役名に・・」
剛「ただ、娘と父が結婚していることになってたと」
光「なかなかのシェイクスピアの世界ですね、それはもう(笑)」
剛「すごいな」
光「ぐちゃぐちゃの世界ですね」
剛「ぐちゃぐちゃですね」
光「はい、というわけでお相手は堂本光一でした」
剛「堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみください」


【今日のポイント その4】
それはさぞかし複雑・・っていうか、全然ドラマが入ってきませんなw

| 2人どんなもんヤ | 12:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT