FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年7月20日(木)3時間生放送スペシャル【9】


CDデビュー20周年記念特別番組
『Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!~』


CMとCMの合間にジングル入ります

ジングル
光「YOUたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!」

光一さんがお送りするジャニーさんのモノマネバージョン


光「文化放送から生放送」
剛「YOUたちいよいよハタチだね
光「KinKi Kidsどんなもんヤ!」
2人「3時間生放送スペシャル!」
剛「YOUたちいよいよハタチだね」

最後の剛さんのはジャニーさんw



剛「さあ、文化放送からお送りしております、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル ここからはですね、普段この番組、え~、普段はこの時間にですね、番組を担当していますジャニーズのメンバーから我々KinKi Kidsにお祝いのメッセージ」
光「すいませんね」
剛「いただいてますので」
光「みんなそれぞれファンのみなさん、すいません」
剛「はい」
光「今日は時間頂いております」
剛「すいません。じゃあ、さっそくですけども、セクシーゾーン、メッセージということで」
光「おっ!セクシーゾーン来た!」
剛「よろしくお願いします」




(さすがにセクシーゾーンの聞き分けが出来ませんので、だいたいで分けてますがだいたいで想像してお読み下さい、すみません)

冒頭は全員声を揃えてます。

「YOUたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!をお聞きのみなさん、こんばんは、そして、KinKi Kidsの光一君、剛君、デビュー20周年おめでとうございまーーーす!」


「ちょっと揃わなかったのは申し訳ないですけど、でも気持ちはね、でかく」
「ありますもんね」
「ほんとにおめでたい日ですから」
「僕らね、いつもこの時間レコメンの放送の中で、QRzone という番組やらせて頂いてるんですけど。KinKi Kidsさんの思い出というと、個人的にあったりしますか?」
「僕は、お二人によくラジオでお名前を出して・・お二人の愛されるよりも愛したい精神がすごく伝わってきました」
「曲名を入れて」
「先輩にも甘いですね」
「本日はお二人のデビュー20周年特番ということで、こうして僕らセクシーゾーンも5人でコメントを贈らせていただいております」
「僕らが一番好きなKinKi Kidsさんの曲をここで1曲あげたいと思うんですけど、シンデレラクリスマス」
「FNS歌謡祭、僕らがバックにつかせていただいて。いや、めちゃめちゃ緊張しましたねえ」
「したなあ」
「すごく好きな歌詞があるんでね」
「どこですか」
「12時までのドリーム」
「もうねえ、キンキさんは12時すぎてもドリームですよ」
「おぉ~~!」
「シンデレラクリスマスかな。失敗しなかった?大丈夫?」
「してない」
「めっちゃ練習したし」
「お二人に誓って言える?」
「言えます」
「この日は大丈夫でした」
「この日は(笑)」
「僕は・・・」
「やっちゃってる?」
「やっちゃ・・・」
「やってないでしょ?自信持って、自信持って」
「やってないです、はい」
「これからもね、KinKi Kidsお兄様に、僕らお兄様方に、追いつけるようにまたどこかでご一緒出来るように、精一杯頑張りましょう」
「頑張りましょう」
「いいですか、中島さん、そんな感じでいいですか」
「いやもうそうですね、これからも20周年以降も、キンキさんは沢山のファンにドリーム見せていくんでしょう」
「なるほどー!!」
「はい、僕らも頑張りたいと思います。以上」
「セクシーゾーンでしたー!」
「失礼します」



光「♪ここが~~、オレの~~、セクシーゾーン・・・ね」
剛「また歌ってますね、そのバージョン」
光「♪ここは~、オレの~~セクシーゾーン」
剛「好きですねえ、そのバージョン」
光「ええ、はい、やっぱりここは、ここはってなるとアンサーソングね」
剛「ふふ(笑)知らんわ(笑)」
光「ふふふ(笑)」
剛「何の話やねん。この、オマエのなんかさっきから、ちょいちょいあるオマエのこのコーナーが、ハガキを読めなくしてるから」
光「ふっふっふ(笑)」
剛「頼むで」
光「いやいやいや」
剛「この積み重ねでハガキがちょっと読めてないんでね?」
光「そうですか?」
剛「めっちゃハガキ・・サーバー落ちてんのに、ハガキ、これいっぱい来てますから」

ハガキじゃサーバーは落ちないから(笑)せめてメールっていうて剛さん。おじいちゃんやないか(笑)


光「そうですか」
剛「これ読んであげなアカンから」
光「まあ、セクシーゾーンのみなさんから」
剛「みなさん、ありがとうございました」
光「色々、ほんとに・・・お話をいただいて、シンデレラクリスマスを・・今流れてますけども」
剛「緊張したって言ってましたけど」
光「FNSの時だったかな、一緒にやって」
剛「そうですね、だからやっぱり我々もそうですけどね、先輩のバックになんかつくの、めちゃめちゃ緊張しますもんね」
光「セクシーゾーンくらいの世代になると、直接的に、なんだろうな・・・バックについたみたいな感じじゃないですからね」
剛「はいはいはい」
光「あの番組なんかでも、みんなでKinKi Kidsをもりあげてくれたみたいな感じでしたから。世代的にはこの前勝利くんが言ってましたね」
剛「うん」
光「バックについてたの、Hey!Say!JUMPとか」
剛「Hey!Say!JUMPか~」
光「の、バックとかによくついてたって話を彼はしてましたけど。だからそういう世代なんだ」
剛「なんですね、次がですね、そのHey!Say!JUMP、Hey!Say!JUMPの山田くんから」
光「山田くん」
剛「メッセージ頂いてますんで、こちらも早速聞いてみましょうか」



山田「KinKi Kidsの光一君、剛君、デビュー20周年おめでとうございます。どうもHey!Say!JUMPの山田涼介です。KinKi Kidsさんがデビューしたのが1997年ですから、僕がまだ4歳のころですね。ちょうど10年先輩なんですね。初めてお会いしたのは、実はジャニーズに入る前なんです。僕小さくてわかんなかったんですけど、箱根にお二人がロケに行ってて、母親とたまたま僕らも箱根にいて、撮影があるんだろうなってことで、僕がお二人に向かってバイバイってやったんですよ、剛くんが、ばいばーいって優しくやってくれて、光一くん無視でした」

光「ひゃっはっはっは(笑)」
剛「ふふふふ(笑)」

山「すっごい覚えてるんです(笑)僕それ。剛くん優しいって思っちゃいました。それがたぶん、僕キンキさんを生で見たの初めてですね。で、事務所に入ってからだと、いつだろうなあ・・堂本兄弟で、Hey!Say!JUMPでデビュー当時に出させてもらってるんですよ。Ultra Music Powerっていう歌を一緒に歌わせていただいたのが、たぶん、がっつりっていうのは初めてだったかな。去年の年末に放送された堂本兄弟のスペシャルでお二人と共演させていただいたんで、それはもうソロで出させてもらって、めちゃくちゃ緊張しましたね。僕がこう・・ソロでね、CDを出させて貰った時に、キンキさんの愛のかたまりをどうしても歌いたいなと思って、事務所の人を通してお二人に愛のかたまり、山田が歌いたいって言ってるんですけどみたいなことを言ったときに、お二人がもちろんいいよって言ってくださって実現したんですけど、その愛のかたまりを、堂本兄弟でお二人と歌わせてもらうという、こんなに嬉しいことないんですよね、やっぱり、後輩からしたら。声震えましたもん。今でもたまに録画したやつ見たりしてます。僕が人生で初めて買ったCDは、ちなみにフラワーです。初めて自分のお金で買いました。あの、まだCDが超ちっちゃくて縦長の時。これからもまた共演することがありましたら、よろしくお願いします。以上Hey!Say!JUMPの山田涼介でした。ありがとうございました」



光「ねえ・・・」
剛「嬉しいねえ」
光「♪僕はとてーも、カレー好きー、ね」
剛「・・・・うん、ちょいちょいそのコーナーやめてもらっていいですか、さっきからなんか。これのコメント言いたいんですよ、山田くんの」
光「いやいや・・それぞれのやっぱさ、みんなの歌をさ、歌っていかないと」
剛「ふふふふふ(笑)やっぱりさって、どういうことですか(笑)」
光「ふふふふふ(笑)」
剛「何の話してるんですか、さっきから」
光「やっぱり、みんなの歌を(笑)」
剛「いや・・箱根で会ってたんですね」
光「それは、初めて聞いた、あいつ・・」
剛「何のロケやろ」
光「ね、箱根・・」
剛「2人で箱根・・・LOVELOVEかな」
光「あ~~~、ん~~、かなあ?」
剛「でも、それやったらすごくない?LOVELOVEやったとして、そこでたまたま旅行行ってた時に会うてて、で、堂本兄弟のスペシャル出て貰ってとかさあ、なんかちょっと意味深いですよね」
光「Hey!Say!JUMPの世代も僕らのバックにはあんまりついてたという感じではないんだよね」
剛「うん」
光「さっきのセクシーゾーンの松島くんとか、マリウスくん?なんかは、デビューした時まだ生まれてないって」
剛「うわー・・・すごいね」
光「だって2000年生まれだよ、マリウスくん」
剛「2000年?!」
光「マリウ・・・マリウスくんって名前がすごいもんね」
剛「名前がいいよね、もう」
光「もう・・・レミゼかっていうね」
剛「んふふふふ(笑)」
光「ふふふふふ(笑)」
剛「レミゼかっていうねって・・」
光「うーん」
剛「いい名前ですよね」
光「マリウス・・」
剛「オレもカタカナみたいなやつが良かったなあ~」

何を言い出すんや、剛さん(笑)

剛「かっこいいなあ」
光「ね、まだ生まれてないんだよ」

しかし光一さんには、華麗にスルーされてる(爆)
うっかり、どんな名前が良かったですか?とか聞いちゃうとまた話が長くなるからコレで正解ですけども(笑)ただでさえ光一さんの歌うコーナーで尺とってるんでwww


光「だから、山田くんがHey!Say!JUMPでデビューしたの2007年?」
剛「7年」
光「つい最近だもんね、2007年っていうと」
剛「いやあ、すごいですねえ。なんかこうやって後輩の子たちから、色々お言葉頂くのも」
光「ねっ」
剛「うん、ほんとに」
光「山田君はね、ほんとさっきも本人言ってましたけど、愛のかたまりがすごく好きで、直接ね、歌わせてもらっていいですかっていう」
剛「嬉しかったですよね」
光「うん。それはもう、山田の愛のかたまりを歌えばいいんじゃないっていう話をしましたけどね」
剛「はい、ほんとにこうやってね、後輩の方々にメッセージ頂いておりますが、お祝いメッセージがですね、他にも届いておりまして、このあと12時台にもご紹介いたしますので、楽しみにしていてください」
光「はい」
剛「さ、ここで、じゃあですね、1曲聞いていただきましょう。その山田くんと一緒にコラボした曲です。KinKi Kidsで愛のかたまり聞いてください、どうぞ」


愛のかたまり


今でも録画を見返してる山田くん、可愛いですね。好感度アップしたよ。そしてワタシも録画を見返したくなったので、続くw

| 20周年「3時間生放送」 | 15:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT