FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年7月20日(木)3時間生放送スペシャル【10】

CDデビュー20周年記念特別番組
『Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!~』



ジングル
剛「YOUたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!!」

剛さんのジャニーさんバージョンw



ジングル
光「文化放送から生放送」
剛「YOUたちいよいよハタチだね」
光「KinKi Kidsどんなもんヤ!」
2人「3時間生放送スペシャル」
剛「YOUたちいよいよハタチだね」

最後の剛さんがジャニーバージョン
・・さっき流れたのと同じかな?



光「はい、文化放送からお送りしております、KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル。メールを、紹介しまーす」
剛「はい」
光「ちょっとね、テンションあげすぎたんで、下げます」
剛「・・・・・・・勝手やな、なんやねん、それ」
光「ふはははははは(笑)」
剛「めっちゃ勝手やな」
光「いやいや、ちょっと上げすぎちゃったんで」
剛「なんやねん、それ。一定でいってくれよ」
光「なんか、っぽくないね」
剛「っぽくない・・」
光「うん。どんなもんヤ!っぽくないね、やっぱり」
剛「なにを・・何を急に言い出したん?」
光「ちょっと、ちょっと下げよう」
剛「いや、もうあともうちょっとやから(笑)まんま行ってくれる?」
光「ふふふふふふ(笑)」

剛「あとちょっとやねんもう、あと1時間10分や、もう」


言うてもそれだけあったら、もう「ちょっと」じゃないよw
普段お経の人が、1時間10分テンション上げてるのしんどいよ、きっと(笑)





光「うん、すいません(笑)そっかそっか」
剛「おう」
光「じゃあ、ちょっとメールを」
剛「読みましょう」
光「埼玉県かおるさん」
剛「はい」
光「『20周年おめでとうございます』」
剛「ありがとうございます!」
光「『私も20年間KinKi Kidsと共に歩み、素敵な思い出をたくさん作れました。そんな思い出の中で19年前、どんなもんヤ!のクイズ10人に聞きましたのコーナーに参加させていただき』」
剛「ああ・・あったなあ」
光「『お袋の味と言えば?の問題で剛くんと対戦しました。緊張で声が震え手も震え、アタマが真っ白になりながらも剛くんに勝ちました。どんなもんヤ!も当時の初々しさが薄れていくなか、今は光ちゃんのトーンの低さとけだるさ感が私は大好きです。30周年に向けて新たな気持ちでKinKi Kidsを応援していきます。お二人も身体に気をつけて頑張ってください』」
剛「ありがとうございます」
光「10人に聞きました・・どんなコーナーやったかオレ覚えてへんわ」
剛「10人に聞いたんでしょうねえ」
光「ふふふふ(笑)まあ、電話で」
剛「電話して・・」
光「やる、コーナーですよね」
剛「これファンの方がね、参加型のコーナーが多かったですね」
光「ねえ、やってましたよね。ま・・剛くんに勝ったんだって」
剛「そっか~、負けたんか~~~」
光「・・・・・・・・・・・・」

広がりようがなかったか(笑)コーナーも覚えてないですしね。


剛「続きましてはね、20年前なにしてた・・ということで、愛媛県のずどーんさんですかね『キンキのお二人こんばんは、そして20周年おめでとうございます。20年前私はまだ保育園の年長さんでした。その頃ちょうど友だちとの間でバリキンセブンが流行っていて、私たちは何故か伊集院さん扮するミドリブタに注目して、お母さんごっこならぬミドリブタごっこというものを夢中でやっていたのを覚えています。お二人はバリキンセブンでの思い出ってありますか』」
光「バリキンセブンねえ」
剛「バリキンセブンがだから、1996年の10月から97年の9月・・ああ、そんな感じだったんだねえ」
光「あれだからさ、今は映像技術がものすごいCGにしても進んでるけど、当時ある意味すごい革新的というか」
剛「そうでしたねえ」
光「な、ことをやってたんだよね」
剛「やってましたねえ。柳沢慎吾さんとかが出てて、で、バリキンセブンだからCGの合成が多かったんで」
光「時間、待ち時間長かったね・・」
剛「待ち時間がめちゃめちゃ長いんですよ。で、そこでちょっと寝たいなあとか、休憩したいなあっていう時に、じゃあ、映画撮ろう・・・って慎吾さんが言い出して。映画撮るつっても、カメラも別にティッシュペーパーの箱とかで、ヨーイ、スタート!とか言って、なんかもうずっと(笑)ふふふ(笑)TBSさんの廊下とか、色んなところで、全然ね、映像にも残らない映画を、延々撮ってたりとか」


それは、映画撮影「ごっこ」というやつです(爆)

光「全然休ませてくれないんですね」
剛「ね、そんな中、高田純次さん、ずっと本読んでたりとか」
光「うん、寝てたりとかね」
剛「なんか色んな思い出ありますね」
光「まあでも、なんか大変だったイメージは」
剛「大変でしたね。アレ1回撮るのに、結構しんどかったですよね」
光「そうね」
剛「あとフェンシング大変でしたよね」
光「フェンシング、あったねえ。やってましたねえ」
剛「ね、やりましたねえ、ああいうのね。ま、そういう思い出もあるなあ」
光「当時はね、色々バラエティもたくさんやらせてもらって」
光「・・てる中、ドラマがあったりとか。非常に忙しい」
剛「そうでしたねえ」
光「時期だったなという記憶でございますねえ」


その甲斐あって、未だにバリキンセブンは記憶に残ってますよ、楽しかったよ、アレ!チッチッチッバリチッチとか(笑)


光「ラジオネームやっちさん、兵庫県21歳の方です『KinKi Kidsさん、20周年おめでとうございます』」
剛「おめでとうございます」
光「『20年前私は・・』」

剛「おめでとうございますじゃない(笑)ありがとうございます(笑)」

・・だよね?聞き間違いかと思ったんだけど、
やっぱりうっかりおめでとうございますって言うちゃってたな(笑)
そろそろ剛さん、頭回ってないころかなw


光「『2歳でした』」
剛「んふふふふふふ(笑)」
光「『当時の記憶はほとんどありませんが、1つだけ覚えてることがあります。2歳の私はある日公園で遊んでいました。そこで大きな木の枝を見つけたので、その枝を拾って楽しく遊んでいました。するとその姿を見た母親から、ちょっと何してんの、アンタが持ってるの犬のウンコやないの、と怒られました』」
剛「んふふふふ(笑)」
光「『知らぬ間にウンコを触ってしまったショックとあの時の母の驚いた顔は今でも鮮明に覚えています。ウンコで遊んでいたあの日から20年、今では母と私、妹と家族でキンキを応援しています。これからもずっと大好きです』」
剛「ふふふふ(笑)」
光「まあ、あの・・この番組にはよくあるウンコメールですけど」
剛「ウンコネタがね、来ましたね」
光「はい、よく来ます」
剛「らしいメールでしたね」
光「よく来ますー」
剛「よく来ます」
光「まあでも、いいんですよ、そんなん。今だってさ、野良犬がまずいなくなったっていうのあるやん」
剛「うんうん」
光「だから道にウンコが落ちてることも、ないよね。まず見なくなったよね」
剛「確かに、そうかもね。寂しいですねー」
光「いやいや(笑)いいことなんだけどね」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「いいことなんですよ」
剛「寂しいですね」
光「すごくいいことだと・・だから、コレも何度も話してますけど、僕らが中学時代とかはさ、あの・・男女で付き合ってる人なんて、学年に一組か二組なんですよ。で、一緒に帰ってるカップルがいようもんならね、ウンコ投げてましたからね」
剛「うーん」
光「おら~~、オマエ、なんや、オマエら~~!つって」
剛「んふふふふ(笑)ね、それだけやっぱり時代がウンコと密だったってことですよねえ」
光「ひゃははは(笑)ひどいな・・・ね、あっ、いいですね」

また「おっぱいがいっぱい」流れてきました(笑)

剛「また・・・(笑)」
光「これが流れたっていうことは、もうすぐ時間を・・」
剛「そうよ、あとだって5分もないよ」
光「カウントダウンですよ」
剛「5分もないよ・・なんでおっぱいがいっぱいでカウントダウンしてんねん」
光「やっぱりこの曲でまたごうよ」
剛「・・・いや、オレらの20年なんやったん、これ(笑)これでまたぐん?」
光「ふはははははは(笑)」
剛「すごいなあ。硝子の少年とかじゃないねんや」
光「いや、やっぱり・・いいんじゃない」
剛「KinKi KidsForeverとか・・」
光「やっぱり胸がいっぱいってことでね・・さっきと同じコト言って(笑)」
剛「何を言ってんの?!もう・・」
光「いやいや・・」
剛「すごい短時間のデジャブやんけ」
光「もうすぐほんとに、完全に、満20周年」
剛「に、なるんですね」
光「全然そんな気がしてない」
剛「そう言う気がもうしないね」
光「ね」
剛「ちょっと眠いもん、だってもう」
光「ふふふふ(笑)」
剛「んふふふ(笑)」
光「みんなで、みんなで迎えましょ」
剛「うん~~」
光「ね、まだまだ続きますよ」
剛「続きまーす」

曲もちょうど終わったところでCMへ(笑)


これは文化放送の方でしょうか・・
ジングルというか、コメントというか。


「お経のようなトークと言われる堂本光一くん、ぼやきばっかりの堂本剛くん、そして急にエンジンがかかる2人のテンションが大好きです。これからも文化放送でしゃべり倒してくださいね。KinKi Kidsのデビュー20周年まで、まもなくです」


剛さんのは、ぼやきやったんですね(笑)


学研POTATOが0時をお知らせしたところで、続きます

| 20周年「3時間生放送」 | 18:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT