Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年7月20日(木)3時間生放送スペシャル【11】


CDデビュー20周年記念特別番組
『Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kidsどんなもんヤ!3時間生放送スペシャル!~』





日付が変わりまして、7月21日になりました。


どんなもんヤ!第一回目に流れた、おぎゃーと赤ちゃんの泣き声からの、
全シングルをメドレーで繋げたモノが流れております。圧巻!
時々イントロドンみたいなのが混ざってて、結構好きw


そして、いつものKinKi Kidsどんなもんヤ!の音楽が流れて、いつもの感じで始まってます。


光「ラジオぶっ壊れたんちゃうかっていう」
剛「いやあ、すごかったね、だって、えっと・・」
光「アレ意外と編集大変だったと思うよ(笑)」
剛「2曲・・Secret Code と、夏の王様かな、声ないもん」
光「てーん!やもん(笑)」
剛「ふふふふふふ(笑)」
光「てーん、だけ(笑)永遠になんか、♪え~~ だけ」
剛「♪え~~~・・つってたね」
光「ひゃははははは(笑)」
剛「うん、♪え~~~って言ってた」
光「でも、わかる・・わかるからな」

剛「わかるけどね」

そうそう。わかるんだ、これが(笑)

光「ね、ここからは、全国でございます」
剛「全国になりました」


あ、そっか。ネット局は0時からってところが多かったですね、
だから、いつものどんなもんヤ!の始まり方だったのね





光「はい、全国のみなさん、こんばんは、KinKi Kids堂本光一です」
剛「堂本剛です」
光「というわけでKinKi Kidsデビュー20年と、なりました」
剛「はい」
光「ね、日付が変わって7月21日、シングル硝子の少年、そしてアルバムA albumでCDデビューをしてからちょうど20年の記念日となります。まああの、全国放送じゃなかった、12時超える前」
剛「うん」
光「最後に我々聞いた曲、おっぱいがいっぱい」
剛「いっぱいでした。ありがとうございました」
光「ありがとうございますー」


ここから聞いた人は何言ってんだ?と思ったでしょうけど、ホントに流れてたんですよね~(笑)

剛「はい。ということで、ねじゅ・・20年ですよね、デビュー20年を迎えたと言うことで冒頭で38枚のシングルを一気に聞き、どんなもんヤ!デビュー前から放送開始で23年目、生放送でお送りするのがなんと初めてということなので、今日はそのスペシャル、ね、タイトルコールは23年前の声のままということで、ちょっと初々しいタイトルコール聞いて頂きましたけど」
光「はい、もうあの・・世もふけてまいりましたので」
剛「うん~~」
光「ここから全国放送で、ここから聞かれてる方も多いとは思うんですけど」
剛「はい」
光「あの・・・ひどいラジオです。先に言っときます」
剛「いやあ、ひど・・かったかな、うん、謎のコーナーがちょっとちょいちょい入るんでね、今日は」
光「今日はねー」
剛「謎の歌のコーナーみたいなやつがちょっと入ったりするんで」
光「んふふふふ(笑)いや、もうないんちゃうかな(笑)」
剛「もうないですか?」
光「たぶん」
剛「ああ、もうないんであればいいんですけどね」
光「いつもでしたらこの時間関ジャニ∞の村上くん、ジャニーズWESTの桐山くん、中間くんのレコメンをお送りしております、今夜は私たちのKinKi Kidsのデビュー20周年記念特番YOUたちいよいよハタチだね、KinKi Kidsどんなもんヤ!スペシャルを文化放送をキーステーションに全国35局をつないで生放送でお届けしてまいります」
剛「はい」
光「デビュー20年を迎えたお祝いとしてですね、スタジオに鏡開きの・・これ、酒・・」
剛「ああ」
光「うわ、すごいねえ、これ~~」
剛「これ、ほんもんですか?」
光「うん・・」
剛「あの、僕らのデビュー会見の時、お水でしたもんね」

声が遠くなってるので、酒樽の近くに寄ってるようですよ。


光「水入ってるやつね、割りましたよね。POTATOさんが、POTATO編集部さんが」
剛「あっ、嬉しいねえ」
光「くださったそうですよ」
剛「おおきに~~」
光「そう、20年前は水、だから18歳の頃だから」
剛「はい」
光「水だった。これはもうお酒でしょ、たぶん、おそらく、いきましょ」

剛「はい、わりまーす」
2人「せーのっ」 

光一さんの声がやたら低いですw


がんっ!


光「おぇ~~っ・・・・これ、耳アカンやつちゃうん」

とっさに剛さんを気遣う光一さん萌え
ナイトっぷりがハンパない・・・


剛「今ちょっと・・してるんで、大丈夫です、フタしてるんで」
光「あ、フタしてるんで、大丈夫ですか」


フタて。耳栓ですね


光「あ?」
剛「あれ?」
光「ちょっと・・・え?」


困惑するKinKi Kids、どうしたどうした?


剛「いやいやいや(笑)通りで割れへんなと思ったら」
光「割れへんな思った・・」
剛「ジャガイモだらけやん、中・・POTATOやからって」
光「・・・こんな・・」
剛「どうすんの?このポテト」
光「こんなジャガイモいっぱいもらってどうすんの?」
剛「持って帰って・・みんなで持って帰んのか、そっか」
光「そうですか・・」
剛「すげえな、立派なポテトやな・・・って、どういうことやねん、これ。鏡開きなんかな、これ」
光「うん・・・」
剛「ポテト開き」
光「どうもありがとうございます」←棒読み
剛「なんか(笑)あの・・なんやろ(笑)変なテンションやな・・あの、バッシャーってなんのかなとか、めでたい雰囲気やなってなんのか思ったら、イモ出てきたから・・」
光「どうもありがとうございますー」
剛「あれ?・・・・」


わき起こる拍手

2人「あぁ~~~~っ!」
光「どうも・・・燃える燃える!燃えちゃう燃えちゃう」
剛「燃える燃える」
光「火事になっちゃう、火事になっちゃう、ケーキケーキ・・はい、20年」
剛「いっこ・・・いいか・・」
光「・・おめでとうございます」

剛「はい」

ふーーっ・・ろうそくを吹き消してるもよう


光「はい、吹きましたー」
剛「あぶねー、あぶねー」
光「これ大丈夫煙?感知せーへん?大丈夫?」
剛「おぉ~~・・・・」
光「これ、ウゥ~~~~っ鳴ったらもう・・20年にして大変なことになるよ」
剛「大変になるよー」
光「ありがとうございます。ケーキまで・・スタッフのみなさんに用意していただいて・・ね」
剛「すいませんね、色々と。ほんとにありがとうございます」
光「ありがとうございます。みなさんに祝っていただいております、今」

剛「ねぇーっ」

「祝 KinKi Kidsデビュー20周年」と書かれた酒樽の中には、
ほんとにジャガイモがびっしり入っていたし、ケーキにはろうそくが20本燃えさかってましたよ(笑)
。。って画像はどこで見たんだっけな?POTATOさんのツイッターだっけな?
ラジオなのに、がっちり仕込んでいただいてありがとうございますm(_ _)m



光「恐らくラジオを聞きながらね、そのスピーカーの前で」
剛「はい」
光「KinKi Kidsおめでとうという思いで、今聞いてらっしゃる方も多く・・」
剛「そうですね」
光「ありがとうございます」
剛「みなさんにも見せたいですね、このスタジオの外にスタッフがたくさんね」
光「ほんとだねー」
剛「色々と来てくださってるという」
光「まるでこう、猿山のサル状態ですね、我々が」
剛「見事にオジサンだらけなんですけど。オッサンしかいません(笑)」
光「ほんまやな(笑)」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「オッサンしかおらへんやん」
剛「僕らもオッサンなんですけど、まあ、オッサンのこの絶景ですよね」
光「オッサンがオッサンを見つめてる状態」
剛「んふふふふふふ(笑)」
光「ガラスの中を」
剛「なんという不思議な画なんでしょうっていうね」
光「そんな中、硝子の少年がかかっている」

剛「かかってると言うね、シュールな画ですけどもね」

オッサンに見守られている20周年を迎えたオッサン2人
なんでオッサンしかいないんや!(爆)



光「でもこの曲を出してから」
剛「はい」
光「20年という」
剛「経つんですね」
光「未だに、その硝子の少年、この曲をレコーディングしていた時の、光景というか、すごく覚えてますけどね」
剛「うん」
光「山下達郎さんご自身がディレクションしてくださった」
剛「そうですね」
光「レコーディングということ自体もね、全然経験がなかったのでこれでいいのかなあと思いつつやってたの思い出しますけど」
剛「ま、この曲はだから、いまっだに僕緊張しますけどね」
光「歌うときでしょぉ?」
剛「はい」
光「わかるー」
剛「♪あめが~って、その、わかってんねんけどね、身体でもこんだけ覚えてるし、わかってんねんけど、脳みそなんやねやろね、アレ、何かがちょっと緊張してんのよね」
光「わかる」
剛「これはほんとにだから、そういう風に、なんていうのかな、20年ね、歌を歌ったりとかさ、ミュージシャンってね、歴史の中で、本来20年歌ったら」
光「慣れとかね」
剛「緊張しない、でもそれだけやっぱりハイレベルな曲を」
光「そうだねー」
剛「当時にこの僕たちにプレゼントしてくださったっていうのが、何よりも感謝じゃないかなと思いますけどね」
光「それだけ我々にとっても、思いの深い曲だと」

剛「うん、いや、ほんとそうですね」

未だに「硝子の少年」を歌うのは緊張する・・という剛さんに「わかるー」って相づちをうつ光一さん萌え。2人で同じ感覚を共有してる美しきかな

光「はい。深夜1時までですね、今日はお送りしたいと思いますけども、あの、いつもこの時間レコメン出演してる今井翼くん、関ジャニ∞村上くん、ジャニーズWESTの桐山くん、中間くん、からのお祝いメッセージも届いてると」
剛「ありがとうございますね」
光「いうことなので、いつもレコメンを聞いてくださってるみなさんも、そちら楽しみにしていて欲しいなと、思っております」
剛「はい、生放送ですので、今からでもメール、まだ間に合いますので」
光「ちょっとサーバーが・・」
剛「メールアドレス・・サーバーちょっとアレですけど」
光「頑張って送って下さい」
剛「kinki@joqr.net までどんどん送って下さい、お待ちしております。さ、ここで1曲、じゃあ聞いて頂きましょう」
光「はい」
剛「えー、まだね、歌番組で歌えてなくてすごく残念で」
光「そうねー」

剛「色々ご迷惑をおかけしておりますが。久保田利伸さんに素晴らしい楽曲提供していただきました、7月12日先週の水曜日にですね、リリースされたばかりの新曲です、KinKi Kidsで、The Red Light 聞いてください」

The Red Light





| 20周年「3時間生放送」 | 11:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT