Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018年4月23日(月)

光「はい、堂本光一です」
剛「堂本剛です。まずは埼玉県さくろんさんです『私は1月から1人暮らしをしていますが1人暮らしの意識調査で1人暮らしで部屋にいる時に恋人が欲しいと思った瞬間というアンケートがありその結果1位が休日に予定がない時、2位が料理を作っている時、3位が就寝時、4位がテレビを見ている時、5位インターネットをしている時、6位お風呂に入っている時で、私は今のところ寂しいと思ったり恋人欲しいとも思っていないので納得出来ませんでした。お二人はいかがですか、寂しくなる時ありますか』」
光「この、お風呂に入っている時になぜ思うか」
剛「・・・なんか、2人でいちゃいちゃ入りたいって感じなんかな、わからへんけど。料理ねえ・・自分のために作るっていうね」
光「ああ、自分のためにね、皿にも盛らず、もう、向こう持っていくのもめんどください、もう台所でそのまま立って食おうとか。剛くんは絶対しないでしょ」
剛「オレ立って食おうはしてないですね」
光「オレもそんなしないけど、究極そう・・それでもいいやと思うことあるね、究極、ほんとめんどくさい時」
剛「そう・・・うん、絶対持っては行くけど、鍋のままでいいやの時はある」
光「洗いもん・・なあ」
剛「もう・・もういいや、もう、と思って」
光「洗いもん増やすのもな」
剛「うん」
光「それこそ・・インスタント・・なんていうの?あの・・カップじゃなくてさ、袋の、さ、ラーメンとかさ、ああいうのとか、鍋のままでいいよね、そんなことない?」
剛「まあね。移すと移したで、ちょっといいんですけどね。確かにめんどくさいと言えば、めんどくさい」
光「洗いもん減るし」
剛「うん・・そうね、やっぱり1人暮らしの知恵とかね、リズムっていうもんが出来ちゃってるからねえ」
光「そうなのよ。だって1人暮らししてもう、18からだから・・21年だよ、1人暮らしが」
剛「うん~・・そんななるのか」
光「そうよ!」
剛「鼻血出るな、ほんま・・・鼻血出るわ」
光「すげぇな、残念なトークだね、オープニングから」
剛「うん・・いやなんかこう、身体壊した時とかさあ、やっぱこう、1人でお粥作ったりね、ああいう瞬間切ないよね。あ、そうや・・洗濯物たまってた・・・って、洗濯物まわしたりとか、またそれ畳んだりとか、なんかしたりとか・・ちょっと切ないよね」
光「そうね」
剛「その時くらいかなあ、なんか・・寂しいなあ、恋人いればいいなあとか」
光「うん。あまりにも1人暮らしが長すぎて、何をしてても、なんか・・その寂しさを感じる瞬間があまりないな。それが当たり前になっとる」
剛「うん、ほんと普通に当たり前やもんな」
光「あと、変な話、ペットもいればね」
剛「うん・・そうね」
光「そうそう」
剛「気が紛れたりね」
光「あんまり・・全然明るい話にならんかった」
剛「ならなかったですねえ」
光「ええわ、はい」
剛「それではKinKi Kidsどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
ペットもいればね・・のあとの剛さんが切なかったなー(T_T)
っていうか、全体的にもの悲しい話やったな(^^ゞ


《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さあ、番組の前半ではですね、普通のお便り紹介します、神奈川県のみきさんですが『こないだお手本なしでも上手に描けるアニメキャラランキングというので、1位がドラえもんで2位がアンパンマンで、そして3位がHey!Say!JUMPの山田くん主演で映画化された暗殺教室の殺せんせー?』
光「ころせんせい・・」
剛「『という結果でした』」
光「ころせんせいは知らんな」
剛「殺せんせー、黄色い顔のやつやんな?1回見たけど、覚えてないなあ」
光「アンパンマン描けるかなあ?ドラえもんは描けるよ」
(描いてるようです)
光「アンパンマン・・」
剛「これもうコツあんねん、ドラえもんも・・・・すごい単純なメカニズムがあるよね」
光「アンパンマン・・・こうやろ・・違う?」
剛「ちょっと違う」
光「違う?・・・えぇ?!」
剛「ドラえもんはこうやろ」
光「ドラえもんは上手よ、みんな」
剛「アンパンマンは・・・・・」
光「ドラえもんは描いたもんねえ」
(かきかきかき)
剛「これアンパンマンとドラえもんでしょ」
光「そうか!!」
剛「うん」
光「こう・・これがないんや!これがあれば成立・・あっ、まゆげもあんのか」
剛「あれ、まゆげもある」
光「あ、こう・・ちょっと足りんかったんやな。ドラえもん上手でしょ?」
剛「全身バージョン(笑)昭和の時のドラえもんのニオイがあるね」
光「やっぱりね、大山のぶよさんだよね」
剛「うん、そうね」
光「イメージとしては。殺せんせーはちょっとわかりません」
剛「オレわかんないですね」
光「描けるかなシリーズでいくと、ミッキーとかも難しいんだよね、意外と。スヌーピー描いて、スヌーピー。剛くん・・あ、パーマン」
剛「あ~・・パーマン、全然パーマンじゃないなあ」
光「いやでもパーマンってわかるもん」
剛「わかる?」
光「うん。スヌーピー描こ、スヌーピー・・・・スヌーピー・・」
剛「いや、スヌーピー・・ちょっとざっくりしすぎててオレわからへん」
光「そやろ?・・・意外と・・」
剛「あ~、なんかスヌーピーじゃないな、これ・・・普通の犬」
光「ふふふふふふ(笑)」
剛「は~~~、難しい・・・あ、そっか・・」
光「オレのスヌーピー、ひどい(笑)」
剛「なんやねん、それ!」
光「普通の犬・・これな、見えるラジオやったらおもろいのにな・・・え?意外と近いじゃん」
剛「いや遠い遠い遠い、オマエ遠いよ、オレの方がまだ近いわ」
光「ああ・・・・」
剛「スヌーピーは1回ここに口がこう入ったらいいのか・・」
光「意外と剛くんも普通の犬ですね」
剛「これ最初に描いたやつやから・・すごい普通の犬」
光「オレも意外と上手やと思うねんけど・・・ほら」
剛「オマエ犬やから、だから。4本足やん、まず、4足歩行してるやん、2足歩行やからスヌーピーは・・」
光「難しいですね・・」
剛「スヌーピー難しいね、意外と」
光「難しいですね。はい、次いきましょう」

なんて楽しそうなんですか、39歳のオッサン2人がw放課後の中学生みたいなノリでしたよ!!(爆)

剛「さあ、えーーーっと、茨木のならこさんで『番組の企画で嵐の大野君が小型船舶の免許2級にチャレンジするそうです。沢山の資格にチャレンジしていた光一さん、そして剛さんはもし今何か時間があってチャレンジするとしたらどんな資格にチャレンジしたいですか。何か欲しい資格ありますか!』ありません!」
光「特にないなぁ~。今、小型船舶、昔は4級まであったよね。で、あの・・要するにジェットスキーと言われる水上バイク、アレは4級とってれば乗れたんだけど今もう別になっちゃったんだよね。そう。で、昔取ってた人は関係なく乗れるんだけど、今は別にとらないといけないっていうね。で、今1級と2級しかなくて、大野君2級・・」
剛「うん・・資格なあ、興味ないなあ」
光「まあ、普通免許?・・・ぐらいですか?」
剛「あ、僕ですか?」
光「はい」
剛「僕普通免許と、あとアレですね、ガーデニングの免許持ってますね」
光「えっ?!なにそれ」
剛「ウソですウソです」
光「ウソかい!!なんや今、みんなたぶん信用したよ。持っててもおかしくなさそうやもんね」
剛「ウソですウソです。そんなんとりにいかへんから」
光「あ、そう」

いやいや、信用した光一さんが愛しいわ(笑)みんな気づくってばw



剛「続きまして千葉県のシュークリームは飲み物さんですね。いいですね、いい響きですね『先日テレビでチンチンポテトという冷凍食品が紹介され、キンキのお二人を思い浮かべていました』」
光「なんで?」
剛「『調べてみると1988年頃に光GENJIがCMをしていて、メンバーが思いっきりレンジでチンする、チンチンポテトと連呼していました。お二人はチンチンポテト覚えていますか。また好きな冷凍食品とかありますか』これ、チンチンポテトオレ結構食べた記憶あるねんな」
光「チンチンポテト、歌まで覚えてるわ」
剛「♪レンジでチンする~」←エコーかかったw
光「♪チンチンポテト~」
剛「♪チンチンポテト~」
光「ね、覚えてる覚えてる」
剛「♪チンチンポテト、マイクロマジック~~ って歌です」
光「そうそうそうそう、覚えてるわ」
剛「レンジでチンするチンチンポテト!!・・言うてましたね」
光「うん・・ものっすごい舌っ足らずでしたね」
剛「んふふふ(笑)すごいね、舌が届かなかったですね、なんか」
光「いや、まあね・・」
剛「好きな冷凍食品、意外とオレアレ好きですよ、アルミの・・・うどん」
光「アルミの?・・・・あぁ~!」
剛「鍋かけて、そのままぐつぐつぐつ、高校の時よお食べましたわ」
光「でもあの、うどんも、ほら水さらすだけで食べられるやつとかもあるやん、冷凍から」
剛「うんうん」
光「美味しいよね、ああいうのもね」
剛「すごいよね、冷凍食品ほんとにすごいなと思う。ピラフとかさ」
光「美味しいよね」
剛「あの辺うまいよね」

そんなに清々しく「チンチンポテト」連呼していいもんなの?(笑)そんなの売ってたっけ?記憶にないわ・・・


剛「静岡県ぷーまるこさんが『先日仕事場でつけているテレビのローカル番組でおっぱいタオルという商品が紹介されていて、仕事中だったのでなぜ紹介されたのか、どんな商品なのかわからず、思わず二度寝・・・して・・』え?二度見やんな、これ」
光「二度見やろうな、たぶんなあ」
剛「思わず二度寝するってすごいよな『思わず二度見してしまいました。おっぱいが大好きな光一さんへの次の誕生日プレゼントにいかがでしょうか』」
光「いや、オレおっぱい全然好きじゃないから、好きじゃないって言ったら語弊があるけど、全くオレそんな、全然ですから」
剛「なにこれ?タオル地のブラジャーのようなもの・・・ああ、夏場にね」
光「へぇ~~」
剛「これはでもさあ」
光「おっぱい大きい人用でしょ、これ・・この下の」
剛「確かに・・アンダーって言えばいいのかな、が、少ない人は、プリ~~ン!ってなっちゃうってことでしょ」
光「引っかかりがないもんね」
剛「うん・・すっ・・ていっちゃうってことでしょ」
光「乗るぐらい、ないとアカンってことやんな」
剛「なるほど」
光「うん・・」
剛「こっちの方が汗かかへんのかな、生地を巻き込んで」
光「まあ、吸ってくれるから・・・っていう」
剛「うん・・・・なるほどね、こんなんもあるのね。いつかでも、あの・・おちんちんタオルみたいなの出てこないですかね」
光「ねえ、ここ・・首からかけてさ、ここ・・・このきん●から持ち上げる感じで(笑)」
剛「包み込んで」
光「まあ、ちょっと変態仮面的な、ねえ、それは私のちまきだ、みたいな」
剛「夏場は・・やっぱ汗ばむじゃないですか、男性も。オチンチンタオルいいかもしれないですよね。ラクで、なんか、洗濯とかもラクそうじゃない、オチンチンタオル」
光「まあ、それも・・それなりの重量、重量感がないと、プリ~ンっていってまう(笑)ふはははははは(笑)」
剛「いや、そんな!!それはないんじゃないですか、そのやっぱり袋を巻き込みながらいけばいいわけですから」
光「そうね、だからその袋の重量感がそれなりにないと」
剛「うん・・・」
光「うん・・」
剛「まあ、販売されてきてなかったということは、あんまりやっぱアレなのかな」
光「需要がないってことでしょうねえ」
剛「ないのかな。ちょっとでも期待してみたいもんですけどね。はい、ということでなんでも来いやのフツオタ美人でした」

チンチンポテトはいいけど、キン●マはダメなんですね?久々にピー音入りましたよ(笑)

【今日のポイント その2】
ツッコミどころ多すぎて、小分けにしてみました(笑)なんなんこの人達!!(爆)



《報告します》
光「はい 報告します。みなさんからの報告を受けるコーナーです。群馬県ちゃぼまりさん『先日寝る前にダンナさんと2人でジグソーパズルをしながらどんなもんヤ!を聞いていました。番組が終わった直後のダンナさんの一言が、え?終わり?なんだこのグズグズなラジオは、でした。ちょうど2人の回で私は充分楽しんでいたのですが、初耳のダンナさんには衝撃的な番組だったようです。以上報告でした』」
剛「なるほど」
光「え?どんなグズグズな回やったんやろ」
剛「ね、何しゃべってたんやろ」
光「今日のその・・ね、おっぱいタオルとか、キン●持ち上げるとか、夫婦で聞いててどう思うんやろな(笑)」
剛「まあ、ノイズでしかないでしょうね」
光「ふははははは(笑)ノイズでしかない(笑)ノイズでしかないラジオ、ひどいね(笑)」
剛「うん・・」
光「ヒドイ」

光「え~、長野県うみさん『飲食メーカーのカゴメが調査したところ子供の嫌い野菜ナンバーワンに選ばれたのはナスなんだそうです』お!オレと一緒や」
剛「ふぅ~ん」
光「『理由はあく、ぐにゃっとする食感、皮が口に残るの3点でした。克服するためのレシピとして天ぷら、揚げ浸し、グリルなどが紹介されていましたが光一さんは相変わらずナス嫌いなままですか?』基本嫌いですね。串揚げにすると、まあ、好きかな」
剛「グリルはやっぱナスしちゃダメですよね。そうすると水分出てきて焼けんねんけど、ぐじゅぐじゅになってて、冷めんのめっちゃ早いやん」
光「あ、そう?」
剛「最初なんか、うまそ~ってなんねんけど、他のヤツとかと食べながら食べてたら、うわもう冷めてるやんって感じやから、ナスはやっぱり・・」
光「串揚げのナスは、なかなかの凶器よ」
剛「あれは危ない。アレほんま気ぃつけへんかったら、アレ・・」
光「ベロッベロになるからね、裏・・」
剛「アレはホントに危ない。だからまあ、天ぷらか、煮浸しみたいなんとか、お味噌汁に入れるとかっていうのんとかは、いいかなと思うけどね」
光「まあでも・・オレと似たような人が」
剛「1位なんですね」
光「要するにオレ子供やいうことですね。アクひどいやん、アク。なんか」
剛「まあね、アクっぽいやつは、ほんとアクっぽいよね」

光「神奈川県みかねさん18歳『先日授業でバイクのエンジンを分解して組み立て直す実習をしました』いい~ね、楽しそう!『分解と破壊の違いというのを実感し、ブレーキやギヤチェンジなど色々仕組みがわかって楽しかったです。男子が機械にハマる気持ちが少しわかった気がします』」
剛「ふぅ~ん、女子なのに珍しいですね」
光「ねえ。まあ、ブレーキ、ディスクとキャリパーをこう挟んでとかね。バイクのギヤってどういうアレになってるんだろうなあ、ちょっと車じゃないからちょっとわかんないですけど。でも楽しい授業ですね、こういうのはね」

光「はい、愛媛県あかあおきいろさん『今年の4月から消防士になりました』」
剛「あ、すごい」
光「『私の中では初の女性消防士です。訓練頑張ります』」
剛「ほぉ~~」
光「『私の市では』ね、ごめんなさい『私の市では初の女性消防士です。訓練頑張ります。4月から10月までは消防署の寮での生活で、どんなもんヤ!が聞けなくなるのですが、父は毎週聞いてるので父に内容を報告してもらいます』」
剛「んふふふふ(笑)お父さん聞いてんの?!お父さんが、おっぱいタオルが出たらしいぞ~っていう、ことを・・」
光「キンキの2人が、キン●タオルもいいんじゃないかって言ってたぞ・・っていう」
剛「これ身になる?」
光「ならんな・・」
剛「消防士の、一生懸命寮でやってて」
光「なあ?厳しい訓練があるでしょう」
剛「すーごい厳しい訓練、消防士なんて。大変やねんから。ノイズでしかないわ、こんなラジオ」
光「ふはははは(笑)また。またや」
剛「さまたげるよ、この訓練をね」
光「またや・・」
剛「うん・・」
光「(インフォメーション)では、歌ですー、KinKi Kidsで月光どうぞ」

【今日のポイント その3】
いや、光一さん、キン●タオルじゃなくて、オチンチンタオルやから(笑)KinKi Kidsのグッズになりそうな勢いやわwww 


《今日の1曲》『月光』

《お別れショートポエム》

剛「お別れショートポエム。今週栃木県のもとやまからのポエムです『お手洗いの注意書きに、このトイレは便秘気味です。一度に沢山の紙を食べさせないでください。2,3回にわけていただくと便の通りがよくなります。と書いてあった。これ以上ないほどわかりやすく面白かった』」
光「ね、詰まりやすいっちゅーことでしょ」
剛「なんやったっけ?もう・・もう一歩前へ・・」
光「あ、女性にはあんまりわからんアレかもしれへん」
剛「一歩前へ」
光「オマエのは」
剛「オマエのはそんなに大きくない、みたいなやつ」
光「そうそうそう。ね、なんでオレも知ってんねやろ」
剛「オマエのはやったかな。それはロケで行ったところのトイレでしょ」
光「あったっけ?オマエのモノはそんなに大きくない、みたいな。どうもすいません、って一歩前に出るよね」
剛「すって出るみたいな」
光「ふはははははは(笑)」
剛「そういうのんは、ちょっと新しいなあと思って読んでたんですよね、おもろいなあと思って」
光「お相手は堂本光一と」

剛「堂本剛でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみ下さい」

【今日のポイント その4】
今週も一段とグズグズでノイジーでしたよ(爆)全国で聞けるようになってタイミングでこの内容って、ほんとすごいわwww

| 2人どんなもんヤ | 11:51 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT