FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018年6月11日(月)

光「はい、堂本光一です」
剛「堂本剛でーす」
光「今週はですね、このレコメンの中で流れているジャニーズアーティストの番組のコーナーを全シャッフルしてお送りするスペシャル回」
剛「はい」
光「いうことなんですね。我々が普段やってるコーナー、ワタクシがやっているコーナー、どSでアドバイスをHey!Say!7がそして剛くんの時にやっている、これってアウトかなをKis-My-Ft2が。そして剛のフィッシング天国をSexyZoneがそれぞれやると」
剛「へぇ~なるほど」
光「あれ?なんでF1のコーナーは誰もやらないんですか?」
剛「まあ、ちょっと・・なんでしょうね、聞き心地が良くないのかもしれないですね」
光「ふふふふふ(笑)おかしいですね」
剛「あの~やっぱこう、タイヤがどうみたいな話じゃない方がいいっていう判断じゃないですかね」
光「あ~、そう・・そうですか、まあまあいいんですけどね。お別れショートポエムを各番組でやってくれると」
剛「ああ、嬉しいですね」
光「なかなかちょっと面白い企画でございますね」
剛「はい」
光「こんなお便りが来ております。『番組スタッフです、この春から関ジャニ∞の村上くんが卒業し、ジャニーズWESTの2人がレコメン、木曜日の生放送を担当しています。そこで番組の中で使っていく挨拶をリスナーのみなさんから送っていただいてるのですが、お二人にも考えていただけないでしょうか』と」
剛「なるほど」
光「ありますか。剛くん」
剛「あいさつやね」
光「うん、そうそうそう」
剛「ローラだよ!っていうのは、ちょっと違うか」
光「うん、それは完全にローラになってしまいますから」
剛「ん~~、そうか、ん~~~・・・なんかあるかなあ・・・」
光「んふふふふふ(笑)全然思い浮かばへん。今日もう朝からずっと仕事してるから、全然思いつかへん」
剛「頭まわらへん・・元気っき」
光「元気っき」
剛「みんな、げんきっき?」
光「まあ、ぽん・・」
剛「いやあ、くそダサいですねえ」
光「ポンキッキ的な」
剛「いやあ、すーごくダサいですね。ポンキッキ的な感じもあって、ちょっと、ん?ってなる感じもあって、みんなげんきっき?!これは一番ダサいですよね」
光「ダサいですね。ダサくていいんじゃないですかね」
剛「え~~、あと何かありますかねえ」
光「じゃあ、レコメンをなんかこう、もじるってのもありますしね・・レコメン」
剛「みなさん、今日も1日おつかれこめんですよね」
光「ああ、それもいいじゃない(笑)みなさん、おつかれこめん」
剛「おつかれこめん、いかが、今日はどんな1日でしたか、さあ、それではいってみたいと思います、今日もみんなで、せーの、げんきっきー!ダサいですねえ(笑)」
光「2ついれてきた(笑)」
剛「ダサいですねえ」
光「いいんじゃないですか?」
剛「ヨウメーンつって、オツカレコメーン」
光「そうね、色々言い方がね、日によって言い方を変えていく」
剛「そうそうそう、うん、いいんじゃないかな。みんな調子どうぅ~?オツカレコメーンつって、うん」
光「ふふふふ(笑)」
剛「これぐらいがいいんじゃないですかね」
光「適当すぎます」
剛「適当で申し訳ない。ということでKinKi Kidsどんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
意外と「おつかれこめん」がいいですね(笑)たまにラッパーになるんですねw 適当なのに、長いKinKi Kidsクオリティだったwww


《これやってみてゾーン》
光「これやってみてゾーン」
剛「はい」
光「普段、SexyZoneがやってるコーナーだそうですよ。ブースにいるメンバーにやってほしいことをなんでもいいので送ってもらうというコーナーだそうです」
剛「なるほど」
光「まぁ、SexyZoneがね、やるのと我々がやるとではもうほんとに」
剛「全然違うけどね、うん、やってみましょ」
光「逆に・・逆に申し訳ない感じがしますけどね」
剛「やりましょ」
光「神奈川県あみふるさん『あぶりカルビって10回言ってみてください、噛まずに言えたら成功です』」
剛「難しいでしょ、あぶりカルビでしょ?」
光「うん」
剛「あぶりカルビ、あぶりかぶるび・・ああ、もう噛んだ」
光「もうアウト」
剛「もう無理」
光「もうアウトでしたね」
剛「うん。地味に2回目」
光「行きますよ、あぶりカルビ、あぶりカルビ、あぶりカルビ、あぶ・・・うん、ねっ、栃木県角砂糖さん」
剛「はい」
光「『以前放送されたブンブブーンで、剛さんが朝の光一さんのモノマネをしていたのを拝見させていただきました。他にもお互いにしかわからないようなマイナーな相方モノマネ、あるのでしょうか、あるなら是非ともおねがいします』」
剛「いや、だって・・ラジオで?って」
光「そうねー、なんかこう」
剛「あれ、映像付きやから」
光「言葉とか、なんか・・そういう、なんか、発するっていうよりなんかこう・・」
剛「ん~~~~」
光「表向きの部分やからね、どっちかというと」
剛「あ、でもよく、あの、控え室とかで言ってんの、あ、これ100万やるわってよく言ってるよね」
光「え?」
剛「あ~、これ100万やるわってよく言ってるよね」
光「ふふふふふ(笑)言うてへんわ(笑)」
剛「あれ?言ってない?」
光「誰が言うねん(笑)100万くれや、じゃあ。逆に」
剛「あれ?言ってない?あれ?なんか言ってた気ぃしたけど。あの、その人のおでこに、ぽんぽんってやって、これ100万やるわ」
光「それ、アレやん」
剛「東MAXさん?」
光「東MAXさん」
剛「100万やるわとは言ってない、東MAXさんは汗拭くねん」
光「そっかそっか」
剛「札束で汗を拭くっていうネタやねん」
光「しませんよ~」
剛「あれ、言ってなかったか」
光「しませんよ~」
剛「これもよく言ってるよね、これダンプどこ停めたらいい?っていうのもよく言ってるよね」
光「ふふふ(笑)」
剛「スタッフに現場来たとき」
光「なんでオレがダンプで登場するんですか」
剛「んふふふ(笑)この辺ダンプどこ停めれる?どこ停めたらいい?ってよく言ってるのも聞くなあ」
光「大型特殊免許は持ってるけど、大型免許は持ってないから」
剛「あ~、そうなのか」
光「残念ながら、特殊の方やから」
剛「アレ、オレ誰と間違ってるのかな」
光「そうね・・まあ、次行こうかな」
剛「うん」

光「新潟県ひろさん『よくテレビでタレントさんやアナウンサーの方がスキップ出来ないと世間をざわつかせていますが、お二人はまさか出来ないなんてないですよね。お二人やってみてください』」
剛「いやもうスキップくらい出来るって」
光「出来る出来る、スキップは出来る」
剛「やらんでもええぐらいよ」
光「うん、スキップは出来る」
剛「いやスキップ出来へん人ほんといるよね、なんか、トトトントトトンの人」
光「はぁ~~・・やればいいの?はい・・(足音してますw)」
剛「うん・・・すごい普通やもん、スキップ・・・これ、ちょっとマンガの、マンガのやつ、ちょっと上のほうのやつ、上にトトントトン・・前じゃなくて」
光「見えるラジオやったらいいけどさあ、我々がやってるの見えへんラジオやから」
剛「そやねん」
光「うん」
剛「さっきからそれ多いな」

光「佐賀県まなみさん『人間には絶対出来ないことがあるそうです。イスに座っている時に正面に』これ知ってる!『正面に額を人差し指で押さえられると立ち上がれない。壁の身体に片側の側面をくっつけて立つと片足をあげられない、あごにヒジをつけられないなどです。実際にお二人やってみてください』」
剛「あごにヒジはやったことあるわ、つけられへんかった」
光「うん、アゴにヒジはね。壁の身体の側面をくっつけて立つと、片足を・・・」
剛「こういうこと?」
光「うん・・・」
剛「え?どういうこと?」
光「こうやってあがっちゃう、全部、全部くっつけて」
剛「全部ね。それはだって構造的に無理やん」
光「うん」
剛「うん」
光「こうなっちゃいますからね」
剛「うん、そう構造的に無理。人がどうとか、体幹がどうの話じゃ・・」
光「額は立てないの知ってるでしょ?」
剛「うん、知ってる知ってる」
光「立てないんだよね」
剛「アレもだから、アレでしょ、建築上というか・・」
光「建築て!構造上ね、身体の」
剛「図形、図形でいくとここに力が働くと立てないよってことね」
光「そうそう。必ず人間は前のめりになって」
剛「で、あがるから」
光「ここ押さえられちゃうと立てなくなっちゃうんですね」

剛「はい。神奈川県のゆうしんさんね、19歳の方で『この前バラエティ番組でやっていた心理テスト、2人もやってみてください』」
光「はい」
剛「『ぱっと思いつく四字熟語を書く、で、次に思いつく四・・字熟語を?書く?思いついたあとに、もう一個書くってこと?』」
光「思いついた・・」
剛「天真爛漫って?四字熟語?」
光「うん」
剛「じゃあ、天真爛漫・・・何やってんねん、マネージャー」
光「外で立てる、足あげられるかみたいなことやってるわ(笑)」
剛「何をやってんねん」
光「足あげられへんみたいなことやってるわ」
剛「えーっと・・一個しか浮かばへんやん、もう」
光「なんやろ?」
剛「え~~~~、支離滅裂?」
光「支離滅裂(笑)」
剛「ある?」
光「まあいいんじゃないですか」
剛「はい、この2つやわ、オレ」
光「いいと思いますよ」
剛「なんでもええわ、ぱっと、思い浮かんだもんや・・・魔貫光殺砲は違うか」
光「気円斬・・3文字・・ふふふ(笑)狼牙、風風拳、5文字や」
剛「あー、無理やな」
光「ん~~~」
剛「太陽拳・・これも無理や」
光「じゃあ・・・・これやな」
剛「1個目なんですか」
光「2個目はこれやねん」
剛「2個目がそれ」
光「ふふふふふふふふ(笑)」
剛「どういうことやねん。1個目がないのに2個目がそれってなんやねん」
光「ふふふふふ(笑)1個目は・・」
剛「どんな脳みそしてんねん。決めました?1個目」
光「はい、1個目国士無双」
剛「ああ・・麻雀?」
光「うん」
剛「うん、国士無双、2個目が?」
光「四字熟・・女、熟女じゃない、ふははははははは(笑)」
剛「ちょっと待って、4歳で熟女ってどういうこと」
光「四児熟女」
剛「どういうこと」
光「いいじゃん、四児熟女」
剛「頭おかしなるわ」
光「四児熟女にしとくわ、じゃ」
剛「四児熟女ね」
光「うん、四児熟女」
剛「オリジナル」
光「オリジナルをこう・・」
剛「答えがですね、1,最初に書いたのが、僕自身だと」
光「ああ、あなた自身を」
剛「僕の人生を表すモノだと、で、2番目に書いたのがあなたの恋愛観を表すもの(笑)」
光「いや、ごめんなさい、それはないわ、オレ」
剛「四児熟女ってどういうことよ」
光「ごめんなさい」
剛「あ、四児の、お子さんを持った」
光「熟女(笑)」
剛「熟女ってことかな」
光「ちょっと待ってそれ」
剛「その熟女と結婚して、4人の子供を育てたいという恋愛観を持っている」
光「いやいや、ないです。全然ないです。ごめんなさい」
剛「ちょっと、支離滅裂ってどういうことやねん、どういうこと」
光「え、1個目が?」
剛「1個目が天真爛漫」
光「1個目天真爛漫」
剛「光一、国士無双なんでしょ(笑)」
光「オレ国士無双」
剛「国士無双はなんなん?」
光「国士無双って、すごいいいことだった気がする。なんかこう・・すごくいいアレやった気がする」
剛「オレの恋愛観、支離滅裂か」
光「恋愛観が支離滅裂・・・うん」
剛「まあ、いいんじゃないですか」
光「というわけで、以上これやってみてゾーンでした」

【今日のポイント その2】
ツッコミどころしかないんですけども(爆)ちなみに「国士無双」はバラバラの牌を集めるやつなんで、支離滅裂にかなり近い気がします。



《知らんがな!》
剛「知らんがな」
光「いきなり言われてもな」
剛「はい、普段NEWSの番組でやってるコーナーです」
光「知らんがな。それが知らんがな」
剛「どうでもいい質問に知らんがなと叫ぶというコーナーです」
光「それが知らんがな」
剛「本家では最終的にキレながらもちゃんと答えるのがお約束ということでどうなるのかわかりませんが、メールご紹介します。大阪府のスローさんです」
光「我々の場合ほんまに知らんがなで終わってしまう可能性がある」
剛「あるよね『ハッシュドポテトが好きすぎて、最近毎日のように近所のコンビニで買ってしまいます。そろそろコンビニの店員さんに裏でハッシュドポテトの人と呼ばれていそうですが止められません。やめられません。どうしたらいいと思いますか』知らんがな・・これ、ほんとに、やめへんかったらいいんちゃう?」
光「うん・・結構太る系ちゃう?」
剛「ポテトで揚げてますからね」
光「揚げてるからね。ふーん、身体との相談ですよ。来た、ハッシュドポテト来た、言われてるから、たぶん」
剛「うん、言われてるよ。あきらめて」

剛「福岡県のちはるさんですね『おにぎりの具、今日は昆布の気分なんですけどいつものシャケも捨てがたくて決められません、どっちにしたらいいですか』知らへん、もう。たぶんこれ、知らんがなじゃなくて、知らんよ、もうになっちゃってるね」
光「知らん、知らんよ」
剛「これはもう、どっちも買えばいいんじゃない、じゃあ」
光「シャケも捨てがたくて・・・じゃ、もう2つ買い」
剛「それでいこ」

剛「東京都ののぞみさん、17歳ですね『最近嬉しかったことは、なんですか。ご存じの通り私は最近・・あ、最後の乳歯がやっと抜けてくれたことが最近嬉しかったです』」
光「17歳って遅くない?!」
剛「え?乳歯ってもうちょっと早めに抜けへんの?」
光「ねえ、小学校、中1、中2・・遅くても中2くらいかなあ」
剛「やっと抜けてくれたっていってるから、ほんとにずいぶんと粘ったんですね、乳歯が」
光「ね」
剛「知らんがなとも言いたいけど、すごいねと言いたいよね」
光「そうそうそう(笑)逆に、そんなに知らんがなと思われへんかった」
剛「すごいねと言いたかった」

剛「ラジオネームシリンダーヘッドさんがですね『森山直太朗さん、結婚のニュースを見ました。堂本ブラザーズのメンバーが次々と結婚することに対し、正直今どんな心境ですか、是非お聞かせください』」
光「直太朗くん、メンバー?!」
剛「メンバーではないけどね」
光「メンバー・・レギュラーメンバーっていうわけでは」
剛「あの、よく出てくださってたというのはありますけど」
光「そうだね」
剛「堂本ブラザーズバンドっていうことではなかったですね。♪うぉ~~っていうてね、歌ってはりましたね、この間はね」
光「うん」
剛「駐車場やなあ、いうて」
光「駐車場のうた」
剛「直太朗くんが結婚したことに関してはとても喜ばしいことですよね」
光「ねえ。これ知らんがなとは言われへんよ、おめでたいことやもん」
剛「おめでとうやから・・」
光「うん」
剛「どんな心境ですかっていわれても、そりゃおめでとう!・・おめでとう!!いう感じですよね。はい」
光「誰?今の」
剛「西川きよしさんですね」
光「ああ・・」

剛「群馬県のですね、相棒はこまちゃん『実家の母からいつも日記のようなメールが送られてくる。今から市場に行ってくるよ、今日はネコのこまちゃんも外で遊んでいるよ。こまちゃんとみけがケンカしてたけど、こまちゃんが勝ちました、など。どうしましょう』これはもう」
光「いいやん」
剛「教えたいっていうか、その、交流やんな」
光「そうそう、お母さんもさ」
剛「子供が家にいーひんくて、ちょっと寂しいから」
光「そうよ」
剛「ちょっと構ってじゃないけども、ちょっとセッションしよっていう」
光「そ、いやでも親離れするときは来るんだから」
剛「来るから、うん」
光「それは大事にした方がええ」
剛「だから、基本的に知らんがなっていうことがなかったな」
光「そんなになかったねえ」
剛「うん、いい話やん」
光「いい話やった、最後のも」
剛「いい話やから。さあ、ということでございまして来週からまた通常のコーナー、そしてフツオタ美人をお送りしていきます。お便りをお待ちしております(インフォメーション)」

【今日のポイント その3】
盛りあがった乳歯のやつですが、「ご存じの通り」のところを突っ込んで欲しかった気がするけど何もかもスルーしてもうたなw


《Hey!Say!ワーズ》
光「最後もちょっと違うコーナーですよ」
剛「あー、そうですね」
光「Hey!Say!ワーズ、普段Hey!Say!7の番組の中でやっているコーナー、メンバーに言って欲しいセリフを募集するというアイドルらしいコーナー」
剛「はぁ~なるほどね」
光「我々に読んで欲しいセリフ、どんなものが届いてるか。兵庫県最近アラームよりも早起きなアラサー女子『2人も仕事を終え、自宅でご飯を食べ終わったあとの一言』じゃ、剛くん、読んどく?」
剛「わかりました・・・・あとはやっとくから、早くフロ入ってさっさと寝ろよ」
光「ふふふふふ(笑)すいません、滑舌悪すぎて何とも言えない・・・」
剛「んふふふふ(笑)いや、こんなん、普通に言う?あとはやっとくから、早くお風呂に入ってさっさと寝たらって・・」
光「まあ、2人での生活みたいなね」
剛「さっさとって・・」
光「ちょっと、なんかその、突き放してる感があるんやけど、言ってることは優しいみたいなところが」
剛「が、いいの?」
光「いいんでしょ?今の子たちは」
剛「ふぅ~ん」
光「あはははははははは(笑)」
剛「んふふふふふふふふ(笑)」
光「ものすごい顔くっしゃー、なってたで。うーん・・そう、そうなんやと思うよ」
剛「なるほどな」
光「このさっさとに、ちょっとなんかグッとくるところが」

剛「配慮が足りひんかったな。大阪府の藤井のスニーカーさんのやつ、ちょっと光一くんいって」
光「そんなに食べたら太るよー!お相撲さんにでもなりたいの」
剛「なるほどね、お相撲さんの目線から」
光「そうそうそう」
剛「言ってますね」
光「そうそうそう」
剛「あの・・オレと付き合ったことによって、オマエ最近食べすぎちゃう?と。オレは力士やからいいけど、オマエまで力士になる必要ないよという、そういう優しさ」
光「そうそうそう」
剛「深いね。東京都のね、もぴもぴさん『お好きなのを選んで言ってください。ってことだそうですね。2人が言ってくれたら笑いが止まらない自信があるっていう』」
光「なんやねんそれ、失礼やな」
剛「中島健人くんの名言です」
光「なんでオレらが言ったら笑いがとまらんねん」
剛「じゃあ、僕いきますね・・・たぶん・・・ん~~~、オレ、ん~~~、アナタのために生まれてきたぁ?!」
光「ふふふふふふ(笑)そうね、疑問系だったけどね、最後、生まれてきたぁ?」
剛「僕がいうとこうなるなあっていう」
光「じゃあ、そうですねえ・・どっちにしようかなあ・・・・ずっとお姫様でいてください!」
剛「食べすぎるからね」
光「うん」
剛「しゅっとしててよってことね」
光「そうそう。さっきのお相撲さんがまた出てきた」
剛「お姫さんでいてよと、食べ過ぎよ、最近と」
光「そうそう、さっきのお相撲さんの感じが」
剛「なるほど。非常にドラマがありました。さあ、ということでKinKi Kidsどんなもんヤ!が来週も2人でお送り致しますが、週のはじまりの月曜日、来週も2人のどんなもんヤ!でお楽しみください。この時間のお相手はKinKi Kids堂本剛と」
光「堂本光一でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみください」



【今日のポイント その4】
どんな風に言って欲しいかが必要やったな、KinKi Kidsには(笑)
っていうか、なんか全体的にBGMがハイテンションで疲れたよ、パトラッシュ・・・(^^ゞ

| 2人どんなもんヤ | 11:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT