FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2018年7月30日(月)

光「はい、堂本光一です」
剛「はい、堂本剛です。まずは長野県のうみさんですが『昔今日もらえる千円と1年後にもらえる1万円、どちらをもらう?という問いに対して、嵐の二宮くんが1年後にもらえる1万円、ぼーっとしてると1年あっという間だからと即答していました。私は確かにと思ったんですが、お二人は今日もらえる千円と1年後にもらえる1万円どちらを選ぶとしたらどうしますか』どっちもいらないですね」
光「うーん・・・」
剛「そもそもいらないですね」
光「今日もらえる千円と1年後にもらえる100万やったら、1年後の方がいいけど」
剛「うん、まあそうやね、1万円と千円やと・・うん、いらないですね」
光「ふふふふふふ(笑)う、うん、そうねえ」
剛「どっちでもいいですわ、逆に言えばね」
光「まあ、タダでもらえる金はないですよ」
剛「うん・・・まあでもいらないですね」
光「うん」
剛「頑張って働いて、していきましょうということですね」
光「そう。働こう」
剛「働きましょう。働こうということで、どんなもんヤ!はじめます」

【今日のポイント その1】
1年後に100万やったら・・と思ってたら、光一さんに言われたので、爆笑してもうた(笑)


《何でも来いやのフツオタ美人》
光「なんでも来いやのフツオタ美人 東京都ベルリンさん『テレ東音楽祭お疲れさまでした。去年お二人で歌えなかった愛されるより愛したいを改めて歌ってくれて凄く嬉しかったです。ジェットコースターロマンスでの、光一さんのハーフアップの髪型も気になりました。そのほかに何か裏話などあったら教えてください』」
剛「なんかありました?裏話」
光「いや、なんかありましたか?」
剛「ナンにもなかったけどねえ」
光「まあ・・・」
剛「うん・・・」
光「ハーフアップっていうの?髪をむすぶこと、ハーフアップって言うねんや。オールアップってあんの?ハーフがあるのであれば・・へぇ~~」
剛「まあ、どっちも・・どっちでもいいですね」
光「そうなん・・そんなんがあるんや」
剛「どっちもいらないですね」←突っ込んであげて(笑)
光「いやもう、伸びてきたんでね、普通におろしてると非常にウザったいんですね。オープニング結ばずやってたんですけど、うちのメイクが、もう結びます?って言ってきたんで、じゃ、もう結んでつって。で、ジェットコースターロマンスで結んでたんですけどね。最近は結ばないとウザったいです、はい」

光「新潟県ひろさん『毎朝近所で見る小学生は、ほぼみんなダッシュしています。ただ走りたいのか時間に追われてるのかわかりませんが、小学生の時から時間に追われたくはないなあと思いながら見送っています。お二人の小学生の頃はどんな子供でしたか。ダッシュする派でしたか』」
剛「たいして走んなかったですねえ、僕は、うん」
光「時間が、もう間に合わないからダッシュしてるってこと?」
剛「いやいや、たぶん遊んでる時でも、なんか目に入ったら、なんか走ってるってことを言いたいんじゃないかな」
光「ふーん・・まあ、子供やから走るやろ」
剛「うん・・」
光「うん、と、思うねん」
剛「僕はずっとすり足でしたからね、小学生の時は。能のアレでやってたんで、うん・・」
光「なるほどね」
剛「ずっとすり足でね。ちょ、砂利道厳しかったですけど、うん」
光「幼稚園の時はハダシでしたけどね」
剛「ほぉ」
光「どこへいってもハダシ、うちの幼稚園の変な習わしみたいな」
剛「ああ、そうですか」
光「素足でウンコ踏む人たくさんいましたよ」
剛「ああ・・切ないですね」
光「はい、いました。次の日から、そいつあだ名ウンコやもん」
剛「まあ、そうなりますよね。非常に悲しいお話、ありがとうございました」

光「北海道図書館しそ・・司書歴21年『某テレビ番組で身長の高い女性がデートでヒールをはいて男性の身長をこえてしまうのは男性的にアリかナシか話題に上がっていました。最終的にスタジオではデートをしている時点では男性は身長のことを気にしていないという結論でしたが、いつも自分の身長を嘆いているお二人は自分より身長の高い女性は恋愛対象としていかがですか』」
剛「どうでもいいですね」
光「うん・・・そうですね、どうでもいいです」
剛「うん、まあ、2メーター超えてこられるとちょっと・・色々考えますけどね」
光「チェホンマンか!・・ってね」
剛「ちょっとやっぱり色々、2メーター超えてこられると・・」
光「チェホンマンか!ってね、うん」
剛「考えますよね。なんかこう・・寝る時とかね、足出てるやろうからね」
光「チェホンマンか!ってね」
剛「まあ、でもそれ以外は大丈夫かな」

光「えぇ~、栃木県青赤バケネコ『ワールドカップも終わりましたが日本代表の試合はご覧になりましたか。ワールドカップの事前練習の時、日本代表の選手達がもう君以外愛せないを歌っていたそうで、まさかサッカー選手が試合前にキンキの曲を歌うなんてとびっくりしました。長友選手がSNSにあげていましたがお二人はご存じでしたか』」
剛「なんで歌ったんですかね」
光「見せてもらいましたよ~」
剛「へぇ」
光「なんか、事前練習終わって、帰って行く・・・光景?みたいな動画でしたけどね」
剛「ふ~~ん」
光「♪もう~きみいーがいってみんなが歌ってました」
剛「たまたまテレビで見はったんですかね」
光「ね」
剛「どういう心境で、もう君以外愛せないいくかですよね。君が一瞬でも・・不安になると・・・ちょっとその先出てこないんですけどね」
光「ふふふふ(笑)出てこなかったか(笑)」
剛「出てこなかったですね、やっぱ読むと出ないですね」
光「うん・・まあありがたい。嬉しいですね」
剛「なんらかの・・アレになってたら嬉しいんですけどね」
光「いやあ、ワールドカップ見てましたよ。残念ながらさすがに最終戦は見れんかったなあ」
剛「あぁ~~・・・釜本さんでしたっけ」
光「・・・・・え?」
剛「あれ?釜本さんっていなかったでしたっけ?」
光「・・・・ぁえ?誰ですか?・・・だれ?」

(スタッフざわざわ(笑)昔・・昔・・言うてる)

剛「え?釜本さんですよね?・・釜本さん、出てなかったですか?あれ?なんか釜本さん、どうしてはるかなと思ったんですけど」
光「誰のことをおっしゃってるのか・・ちょっと、僕には・・」
剛「いや、サッカー選手なんですけどね。釜本さんは出られてなかった?」
光「たぶん出られてないんじゃないですか」
剛「そっかそっかー・・申し訳ないっ」
光「はい、以上なんでも来いやのフツオタ美人でした」


【今日のポイント その2】
ボケが古すぎて伝わってないシュールなコントになってる(笑)そうか・・光一さん、釜本さん知らないか?つか、>剛さんが知ってるのが不思議なのか(笑)
アルシンドくらいにしておけばよかったねえwww




《これってアウトかな》
剛「これってアウトかな? えー・・愛知県の黒猫ママさんが『私は鰻丼のタレフェチです。ご飯に鰻丼のタレだけをかけて食べるのが大好きです。卵かけご飯も食べますが、ほぼほぼ朝は鰻丼たれかけご飯です。別に鰻自体はあってもなくても全然かまいません。こんな私はアウトでしょうか』まあ・・気持ちはわからなくでもないっていうか、焼き肉のタレと同じ感じですね。焼き肉にかけて食べて美味しいけど、焼き肉のタレだけでも、結果もしかしたらいけるんじゃないかっていう。そういうことですよね」
光「まあね、まずめの肉だろうが、まずめな鰻だろうが、タレうまけりゃ旨くなるからね」
剛「っていうような、タレの信仰がすごいですよね」
光「ふふ(笑)信仰してんの」
剛「うん。タレの信仰がすごいですから、まあ、そのうちこの人はタレをね、家で奉るんでしょうけど、あの・・これは全然アウトじゃないと思いますよ」
光「うん」
剛「うん、今日のゆりあんの水着から出てるニップレスに比べたら全然アウトじゃないですね」
光「うん・・すごかったなあ」

剛「広島県のねねさんですね『私はわさびによる刺激フェチです。私はわさびが大好きです。家でご飯を食べるときは基本的に何にでもワサビをつけないと気が済みません。しかもワサビは匂いで涙が出るくらいのレベルでつけます。泣きながらワサビを食べるのが快感。いつも泣きながら食事をしています。これってアウトですか』まあ、好きな人いる・・辛さ好きとかと似てるんでしょうけどね」
光「でも、どうやろ?」
剛「ちょっと身体には悪そうな気しますけど」
光「そこまでいくと、味うんぬんちゃうんちゃうん」
剛「確かにね」
光「感じになりそうですけどね。ほら、あの、堂本兄弟じゃねえや、ブンブブーンにも来てくれた、ジェジュン・・ジェジュンくん」
剛「あのさあ」
光「から・・あの、辛さね」
剛「じぇじゅんじゃないの?」←イントネーションが違う
光「ジェジュン・・ジェジュン・・」
剛「ジェジュンくんなの?じぇ・・ジェジュンくん?じぇじゅんくんじゃないの?」
光「ふふふふふ(笑)」
剛「オレずっと、じぇじゅんくんって呼んでてんけど」
光「じぇじゅんくん・・・」
剛「ジェジュンくんじゃないかっていうふうにちょっと、友だち界隈で言われまして」
光「ジェジュン・・オレは、ジェジュンと思ってる」
剛「ずっとじぇじゅんって呼んでましたよ・・え?じぇじゅんくんじゃないの?いやいや、関西弁丸出しみたいな、そんなんじゃないですよ、ジェジュンくんですよ」
光「うん・・」
剛「え、じぇじゅん・・・ジェジュンですよっていう、ちょっと口論になったんですけど、ジェジュンくんなんですね」
光「じぇじゅんでしょうね・・いや、じぇじゅんじゃない、ジェジュンですよね」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「もう、頭アホウになってんねん、もう」
剛「ちょっと心配するよね、あそこまでいくと、全然からくない、大丈夫って言われると」
光「辛いのが好きだつってね、そうそう。いるんですよ、そう言う人いるんですよ」
剛「ちょっとねねさんもね、ちょっと心配してるよという意味もこめて、アウトにしときますね。まあ、ほんというと、どっちでもいい、どうでもいいんですけどね、アウトにしておきます」

剛「富山県のえりかさんですね『耳かきが大好きで1日最低1回はしないと気が済みません。さらに綿棒を鼓膜に軽くあてるくらいの深さで掃除するのが好きで、シャワーを浴びたあとに耳の奥に水が染みて、痛いのが快感になります。これってアウトですか』」
光「あぁ~~~っ」
剛「これやめたほうがいいんじゃない」
光「これはアカンやつやな」
剛「だって、痛いんでしょ?水が、しみるんでしょ?」
光「ねえ?」
剛「本来染みないですから」
光「綿棒を奥まで、ほんとに奥まで毎日のようにやるのは」
剛「よくないって言ってたよ」
光「アカンって・・そう」
剛「先生言ってたよ、これ」
光「これはアウトですよ」
剛「アウトにしておきましょうね」

剛「最後に奈良県のあにゃんさんがですね『能面フェチです。なんだかわかりませんが(笑)小さい頃から能面が好きで』」
光「すごいね」
剛「『何をするわけでもありませんが』変なリンクですね『ずっと見ていたくなりますと。もちろん般若のお面をかぶったイケメンも好きで、昔山Pがコンサートで般若のお面をかぶって登場し、そのお面をとるという演出がたまりませんでした。単体で見てこのお面は何を考えているんだろうと思うのが一番好きなポイントです(笑)こんな私はアウトではないですよね』」
光「すごいね」
剛「能面、僕も嫌いじゃないですからねえ~、怖いっていう人いるけど」
光「何かを感じるんやろうね」
剛「何かを感じるんでしょうね」
光「能面に」
剛「ま、結婚してからとかが勝負かな、急に嫁がね、なんか能面買ってきて、リビングに1枚1枚。。月1で増えていったらちょっとやっぱり離婚とかの問題になる可能性あるから」
光「でも、やっぱそういう能面とか、そういう方向性じゃないとグッと来ないのかね、仮面ライダーのお面とか・・」
剛「・・は、違うでしょうね」
光「それは違うのか、やっぱ」
剛「ちょっとこう、不気味さっていうか、その奥にある神秘みたいな、たぶんそこにグッと来ちゃってるんだと思うんですよね」
光「その奥にあるやつね」
剛「そうそう、なんか・・」
光「ちょっとわからんでもないな」
剛「奥深いとこに行っちゃう可能性あるよね」
光「全然ちゃうかもしれへんけど、なんか、はい・・廃墟に感じる何かみたいな」
剛「そうね、奥の中にある・・神秘という意味では」
光「そう・・それと似たような部分、気がしないでもない」
剛「自分の、なんかこう、心の目で見るような感じね。これちょっと将来のこと考えるとアウトって言っといてもいいかもしれないけど、まあまだ・・そういう感じじゃないのであれば、セーフっていうところでいいんじゃないかな。ま、この奥深い世界にのめり込むのも悪くないですからね、ということで、セーフということで(インフォメーション)それでは、もう君以外愛せない、聞いてください」

【今日のポイント その3】
ジェジュンは、まだ関西はオンエアされてないんで、その辺も楽しみに見ますけども、未だに堂本兄弟って言ってしまう光一さんラブ


《今日の1曲》『もう君以外愛せない』

《お別れショートポエム》

光「お別れショートポエム。静岡県のゆうりさんからのポエムです『先日今小学校では、タンバリンのことをタンブリンと教えていることを知った。とたんにモンスター感が出るのはなぜだろう』うん・・」
剛「あれ?タンブリンってドラゴンボールいーひんかったっけ?」
光「タンバリンや」
剛「あれは、タンバリン?」
光「タンバリン」
剛「シンバルンとタンバリンか」
光「シン・・シンバルとタンバリンね・・タンブリン、なんで?」
剛「へえ・・ちょっとオシャレにしてるね」
光「ウソでしょ?タンブリンで検索したら出てくるってこと?」
剛「出てくると思う」
光「あ、アナタはタンバリンと間違ってませんかって出てこーへん?大丈夫?」
剛「もう、わかって打ってんねん!って時あるよね。なんか、うん」
光「タン・・ブリン・・おおっ!楽器として出てきたぁ~」
剛「ふぅん、じゃあ、タンバリン世代とタンブリン世代で、これまた分かれてくるよね」
光「そうね」
剛「え、タンバリン・・え?タンブリンって言いましたよ、みたいな。なんやねん、タンブリンって。うちタンバリンやったでみたいな、どうでもいい話が繰り広げられることになりますね」
光「タンブリン・・タンバリン・・・タンバリーンと発音する、が、英語ね」
剛「うん」
光「どっちでもええんですよ」
剛「タンバリン、タンブリン・・たぶんもうあと10年ぐらいしたら、タンボリンぐらいいきますね、このままいったら」
光「そうね・・・タンバリーン、タンブリーンになる・・」
剛「んふふふふ(笑)」
光「タンバリーン・・りーんですから」
剛「なるほどね、今日のゆりやんの水着姿みたいな感じですね、タンブリーンみたいな」
光「タンブリーン!ねえ・・タンバリンが活躍する曲まで出てきましたけど」
剛「ふうん・・ま、情報としてはいらない」
光「いらないですか」
剛「はい」
光「関ジャニ∞の楽曲も載ってます」
剛「タンバリン?」
光「ばり・・バリンタン・・っていう曲があるらしいです(笑)」
剛「うぉおお、それはちょっと、ブリンタンに変えなきゃいけない可能性出てきますよね」
光「ブリンタン、そうやんなあ、そういうことですね」
剛「なるほどね」
光「はい、タンブリン情報でした」
剛「ありがとうございました。さあ、ということでございまして、KinKi Kidsのどんなもんヤ!来週も2人でお送りいたします。週の始まりの月曜日、来週も2人のどんなもんヤ!でお楽しみください。KinKi Kidsの堂本剛と」
光「堂本光一でした」

剛「さよなら~~」

【今日のポイント その4】
っていうことは、ゆりやんがゲストでブンブブーンの収録したあとなんですかね?何の説明もせず平然と話題にするKinKi Kidsクオリティ(笑)

| 2人どんなもんヤ | 11:23 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT