FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019年4月15日(月)

光「はい、堂本光一でーす」
剛「はい、堂本剛です。まずはですね、埼玉県のゆうこういちつよしさんからのメールです『先日ミュージックステーションでMステ衝撃ハプニングランキング発表されて、5位が2006年の6月10日のキンキのビロードの闇での打ちひしがれ事件でした。Mステ全体で上位に入るほどのインパクトだったんですね。お二人はあの時のことを覚えていますか』」
光「覚えてますよ~」
剛「あれは衝撃でしたよね、なんか」
光「ねえ」
剛「アットホームな曲に急になりましたよねえ」
光「そうねぇ・・カッコつけててんけどなあ、曲が曲だけに」
剛「ふふふふふふ(笑)うん、良かったですよね、あれね(笑)」
光「2回打ちひしがれたからねえ」
剛「打ちひしがれてましたよねえ」
光「ええ・・」
剛「長い歴史のね、ミュージックステーションさんの長い歴史の中でも、6位に」
光「僕らが全然いないところで、このランキングが発表されて、っていうことはスタッフ的にも相当やった(笑)」
剛「相当だったんですよ」
光「だいたいね、いるゲスト・・オレらがいれば」
剛「いらっしゃるゲストの人、気を使ってっていうのもあるのかわからないけれど、いらっしゃる人の、ハプニングもしあればっていうことで」
光「そうねえ」
剛「優先的に選ばれると思うんですけど、我々そこにいませんでしたから、いない中でも、この打ちひしがれ事件が上位に残ると」
光「でも今アレよね、テレビ生放送にしても、なんにしても、ほんとにハプニングを嫌がるというか・・」
剛「ん~~、そうね」
光「手堅くいくよね」
剛「いい意味でのハプニングね、だから生放送ならではのというものを」
光「そうそうそう」
剛「さえも、なしでいこうっていう」
光「そう、ちょっとなしでいこう、それなしでみたいな」
剛「空気が」
光「あるよね、きちっとしたいみたいな」
剛「なんかあるから」
光「それ、生放送の意味ないんちゃうかな~、みたいなね」
剛「そうなのよね」
光「アレもあるけどね。だからMステなんかも結構攻めたセット、とかをさ、こうやってほんとにすごく覚えてんのは、ドライアイス使ったらやっぱり床が濡れるから、ばーって紙をこう・・」
剛「うんうん」
光「ね、みんなが投げて」
剛「投げて拭いて」
光「わーって拭いて、で、次のセットをがーーっとやって、ああ、ちょっと間に合わないなあみたいな感じの、中で生放送が進行してるとかね」
剛「なんか、ああいうの」
光「Mステでもあったからね、あれで良かったけどね」
剛「ね」
光「なんか生放送ならではの」
剛「うん。まあ、でもこの打ちひしがれ事件が」
光「これはもう、私が悪い」
剛「上位にあがるっていうことは、あの・・そういうものも求めてるのかもしれないよ、スタッフさんも」
光「これはただ単に歌詞間違いやからなあ(笑)」
剛「いやでも、これはすごくアットホームだったのよ」
光「どうもすいません」
剛「はい、ということでどんなもんヤ!はじめまーす」

【今日のポイント その1】
昔の生放送の話を懐かしくしている40歳のアイドル2人です(笑)



《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さあ今日はですね、前回2人での放送の時にバッチバチに討論になりました、この」
光「え?」
剛「ティシュケース問題」
光「ああ、はいはいはい」
剛「こちらにまつわるメールがね、たくさんいただいたということなんで、大阪府のさーさんが『ティッシュケースの回、楽しく聞きました。私もティッシュケース使っています。木製で箱ごと入れるタイプで完全に見た目重視です。なんかこぼしてシュッシュッシュとたくさん使いたいときに一枚だけシュッと出てきて終わるとめっちゃイラッとしますが』」
光「そやな、わかる、うん」
剛「『私は箱丸出しより、見た目をとる派です』と」
光「見た目かぁ~」
剛「この方はね。そしてラジオネームさーなさんは『ティッシュケースの話で盛り上がってましたが我が家は箱のまま開けるタイプです。箱から出していれるのもあるのかと驚きました。ケースに入れるのは見た目です。布のケースを使っていますが母がいらなくなった布でリメイクしたものを使っています。革製などカッコいいケースも売っているので光一さんもぜひ探してみてください』」
光「いやいやいや。うーん、いや、だって、だから見た目やろ?」
剛「これはもう見た目ですよね」
光「別に、だからティッシュを入れ替えたりとか、そのまま箱ごとはめるタイプもあるやろうけど、それによって気分なんも変わらへんもん、オレ」
剛「ま、光一さんはね」
光「気持ちが」
剛「うん、でもなんかこう、家具とかさ、いい感じに、ぱっぱっぱって揃えて、その上に、&%#っティとか、載ってるとなんかちょっとこう・・ありますやん?なんか」
光 「いや、あの・・まあ、先日終わりましたけど、舞台やってた楽屋にも、アザラシいましたよ」
剛「アザラシ、いました?」
光「アザラシいました」
剛「いや楽屋はね、ギリ箱でいいんですよ、なんか」
光「楽屋はね、ま、自分ちやろ」
剛「そう、自分ちの、ちょっとリラックスしてって、そういう空間になるじゃないですか、そこでやっぱりアザラシとかだと・・」
光「ふふふふ(笑)」
剛「なんかねえ・・」
光「あんま気にならへんなあ、いや、テーブルの上に置かへんからね、ティッシュ」
剛「どこに置きます?」
光「テーブルのある意味下」
剛「ああ、あの下ねえ・・下にアザラシがいる感じか」
光「そうそう。アザラシが潜んでるのよ」
剛「なるほどねえ」
光「そうするともう別に見えへんから、普段生活してたら」
剛「うん~~」
光「で、必要な時に、こうやってシュッシュッシュって取るから」
剛「なるほど」
光「うん、だから別にケースいらんなあ」
剛「そっか、僕は下じゃなくて、なんか上に置いてたりとか。なんかこうね、どんどん移動してますね(笑)旅してますね、家の中で」
光「まあね、ティッシュはね、たまーに、あれ?ない?あれ?ない?あるからね」
剛「ないないない・・ああ、ここかっていうね」
光「あるからねえ」
剛「結構旅してますけど。大阪府のしなんもさんは『ティッシュケース私は使わない派です。私は昔使ってたんですけど、ティッシュケースの入り口に次のティッシュが引っかかって出てこないなんてことがあるし、それを指でぐりぐり探すけど出てこないのが腹が立つと。あとインコがいるんで、あちこちにウンチするんでティッシュもあちこちに置いていて、ケースとかいうてられませんと(笑)あちこちに置いてるから、ケースいっぱい買わなアカンし、ケースの中のいっぱいのバージョンのティッシュがなくなるたびに箱あけてまた詰め替えてっていうのが面倒だと』ね、そして山口県のもーちゃんが『私の場合洗面所ではアクリル製のものを使い、そのまま素の状態だと湿気とか水しぶきでティッシュの箱がしわしわになったりすると、布製だと濡れたままになって衛生的によくない、その点アクリル製だと濡れても拭けばいいし、中身が見えるのでなくなる前に足すことも出来る、シンプルでインテリアにもいいので光一さんおススメです』」
光「あの~~、アクリル製の見たことあるよ、たまーにさ、あるやん、アクリルんん中にティッシュ入ってて、その上に蓋もなってんねんけど、その蓋がちゃんとカチッとしてないやつあるやん」
剛「うん、うん、ある」
光「そのなんか、ティッシュの上にぽんと置いてるだけみたいなの」
剛「あの、スタジオとかにたまにあるやつね」
光「あるある、そうそうそうそう!あれさ、ガコン!ガコンって」
剛「なるなるなる」
光「ガホンって、蓋がさ、なったりすることあるやん」
剛「あるし、あの、誰かが失敗してんなっていう時に、全然出てないときあるよね」
光「あ~~」
剛「ぴたーってなってて、またそれをなんか取るのに、んん~~ってなるときあるよね。んでまた、ガコンってなんのよね」
光「だからいらんやん(笑)」
剛「んふふふふ(笑)」
光「いらんのちゃうん~~」
剛「いやいや、そしてまだあるんですよ。えー、みどりさんが『ティッシュケース断然使う派、とにかく商品名が書いてあるティッシュというのがイヤだ、なので私はリレーのバトンを一回り大きくした筒形のスリムなティッシュケースを使っている』あ、これいいですね『これだと部屋や洗面所の隅とかテレビの横とか、スマートにおいてみても邪魔にならない。直径も5センチくらいで目立たない。便利ですよ』これいいなあ」
光「いやいや、商品名が書いてるティッシュっていうのがイヤですって書いてるわりには、めっちゃこれ、写真はってくれてるねんけど、 Tissue case!って書いてるからね(笑)」
剛「うん、これ書いてるなあ」
光「あっはっはっはっは(笑)」
剛「これは・・うん。これは書いてるなあ」
光「 Tissue case!って書いてるよ、Bottle type!って」
剛「でもこの、筒形は、いいですね、なんか」
光「筒形ねえ。こういうものが売ってるってこと?入れ替えるとかそういうわけではなく・・・」
剛「入れ替えるんでしょ」
光「え、入れ替えんの?!」
剛「うん、詰め替え方って後ろに書いてあるから・・・これめんどくさそうやな」
光「え~~、めんどくさいよ」
剛「これだってさ、箱から出してさらに丸くせなアカンねんもんな」
光「丸くして・・」
剛「で、筒ん中に、すんって入れるってことか。で、真ん中の方からとっていきましょってことかな、これ。なるほど・・」
光「 Tissue caseって書いてるけどね」
剛「書いてるよね」
光「まあ、確かにちょっとオシャレにはみえるけどぉ」
剛「そして、長崎県のソフトクリームなおみさんです。そんななおみもいるんだね『私は強いて言えば嫌いなティッシュケースがあると、それはぬいぐるみタイプのやつ。お腹からティシュが出てくるっていう理由がわからない。周りもなんだかふわふわして取りにくい。我が家のティッシュケースは子供が幼稚園で母の日に描いた絵を飾れるティッシュケースを使用しています』こういうのはいいなあ」
光「なるほど」
剛「そしてまささんが『私は箱ごとケースに入れる派です。バリ風の木で編んだ箱、剛くんの話で中身だけを入れるケースがあることを初めて知りました。ちなみにお金がたまる人はティッシュをケースに入れているとテレビを見て以来、私は入れるようにしています。これを聞くと光一さん、ケースに入れたくなってきましたか』」
光「大丈夫。お金貯まってるから」
剛「んふふふふ(笑)言いますねえ」
光「ふふふふふふふ(笑)」
剛「言いますねえ、お金にはストロングスタイル」
光「おかげさまで、ありがとうございます」
剛「これ、でもちょっと入れてみよかな、みたいな感じにならないですか、やっぱり。ならない?」
光「全然ならん!」
剛「どうする?もし、自分がこの子めちゃめちゃ好きやっていう子で」
光「うん」
剛「その子とデートして、あ、光一くんオシャレな部屋住んでんなあ、ああ・・アザラシか・・・っていう、そのアザラシのポイントでなくなる恋もあると思うねん」
光「いや、ないよ!!」
剛「んふふふふ(笑)」
光「ないよー!!」
剛「その逆もあるよ。 Tissue case!」
光「こういうのに入れるタイプなんや~って」
剛「え?って、それでなくなる恋もあるんだけども!でも、女性の方が、わざわざ入れ替えてるような気もせんでもないかなあ、どうなんやろ。だって男と女でいったら、やっぱり女の子の方が・・」
光「うん、あ、これ可愛いからこれに入れてみよう」
剛「ようっていう、心理は男より働くと思うんですけどね」
光「じゃあ、女性の気持ちからして、男の家に例えば行った時に」
剛「うん」
光「まあ、彼かな、男が、初めて行ったとしよう。男の人がきれいにティッシュを入れてた時に、どう思うか」
剛「うん、清潔感は感じませんか、なんか」
光「ふふふふふふ(笑)うん、まあまあ・・」
剛「あの、無造作にどんって、箱よりかは、あ、なんかそういうの気にしはんねんなって、で、ここで、さらになんていうの、ほこり一つ落ちてへんやんとか、なんかそういうのに発展していくと、ちょっとしんどいかもなってなるかもしれへんけど」
光「うん」
剛「バランスが良ければいいんじゃない、ティッシュケースもなんか」
光「バランスな、バランスは大事よ。でもなんか、なんかね、あ、そここだわんねんや~~って」
剛「いや、わかるよ。だからそれで、僕があんまり好きじゃないブランドがあるんですよ」
光「ティッシュケースの?」
剛「ティッシュケースじゃなくて、これもう、靴なんですけど」
光「ブランドとして、靴の」
剛「靴なんですけど。で、もうなんかイヤなんですよ、そのマークとか」
光「へぇ~」
剛「デザイン感が。なんかイヤだなっていうのがあるんですね。んで、すっごい好きな子がその靴はいてたら、ちょっとテンションめちゃめちゃゼロに近く落ちるかもっていうぐらい」
光「そんなイヤなんや」
剛「なんかね、えぇ~~・・これをよしとするんだ・・・っていう」
光「ふぅん」
剛「なんか・・ないですか、細かいポイント。なんか、これ・・・ティッシュケースも、だから危ないのよ、そういう意味では」
光「そういう意味ではね」
剛「選択を間違えると(笑)なくす可能性はあるっていうか」
光「なんでこの人わざわざティッシュここに入れたんやろ」
剛「とかさ」
光「思うやん~(笑)」
剛「なんで、このデザインのネックレスっていうか、ペンダントみたいな、イヤリングみたいな感じとか、なんかこう・・え~、それをよしとしてるんだ・・っていう、ポイントで」
光「オレ、全然思わへんなあ」
剛「なんかちょっとイヤやなあってなっちゃうのよ」
光「はぁ~~~」
剛「僕は結構その辺が細かいっぽくて」
光「うん、まあまあ、ある意味そういうところも性格がちょっと出てる部分でもあるかもしれんからね、もしかしたら」
剛「うん、そうそう、センスっていうかさ、感覚っていうかさ、それやと、このセンスとこの感覚やったら、ちょっと長く一緒にいることは出来ないんじゃないだろうかみたいなさ」
光「ほぉ~~~」
剛「ティッシュケースも、結構危険ではあるんですけど」
光「いや、危険やと・・」
剛「でもシンプルやったらいいと思うのよ」
光「オレ、ない、逆に考えれば、ないわ。これだけはやめてくれみたいなの」
剛「ない?」
光「オレないわ」
剛「ココナッツの皮ブラジャーになってても大丈夫?」
光「いや(笑)それがもう、その子が可愛けりゃいいよ」
剛「あととか、めっちゃついてる、まるーく、ココナッツのあととか」
光「うん・・とりあえず、ちょっと話すかな?それは、なんでココナッツなん?」
剛「んふふふふふふ(笑)ちょいちょい、カランカラン・・ちょいちょいカランカランってなるけど」
光「なんでそれなん?って聞くかなあ」
剛「ネックレスとかしてたら、ネックレスとそのココナッツ当たって(笑)カランカランって楽器みたいになっちゃうけど」
光「まあ、ある意味個性的やけどなあ」
剛「ふふふふふふ(笑)」
光「なんか、オレあんまないわぁ」
剛「寛大ですねえ」
光「まあでも、ほんとに、家、全く片付けられてないとか、片付けられないとか、そういうのはちょっと」
剛「そういうのはしんどいよな」
光「だらしないのは、ちょっとイヤ」
剛「ちょっとイヤですね」
光「だけど、ティッシュケースにまで入れる、几帳面さ(笑)」
剛「んふふふふふ(笑)」
光「そこはね、なんかね(笑)ちょぉ真逆やけど」
剛「真逆やけど」
光「真逆やけど」
剛「ちょっと自分に問いかけてしまうとね」
光「そうそうそう」
剛「うん。これ今選んだお葉書・・メールは、断然使ってる派の方が多かったですかね、ちょっとね、割合としては」
光「うん。そうね」
剛「まだまだこれは白熱しそうでもありますからね」
光「だから、さっき言った、その付き合いたての彼とかがティシュケースに入れてたら、どう思うかっていう、のをちょっと送って・・・」
剛「あ、そうね。なんかそういうのも聞いてみたいかも」
光「聞いてみたいですね。すごく私はいいと思う」
剛「思いますとか、こういう風なものだったら、逆にティッシュケースに入れておいてくれた方が、テンションあがりますとか」
光「テンション上がる(笑)うんうん・・」
剛「いや、なんかときめくっていうかさ。キュンってちょっとなるみたいな」
光「うん・・そうね。そのご意見を」
剛「ぜひよろしくお願い申し上げます。(インフォメーション)さ、それでは、えー、会いたい、会いたい、会えない。聞いてください」


【今日のポイント その2】
合間に細かくツッコミ入れようかと思ったんですけど、そうすると突っ込みだらけになってしまうのでやめました。ツッコミどころしかない(爆)っていうか、そんな細かいこだわりのない寛大な光一さんだから、剛さんとやっていけてるねん(笑)


《今日の1曲》『会いたい、会いたい、会えない。』

《お別れショートポエム》

光「お別れショートポエム。今週は兵庫県のかえさんからです『映画に行く相談をしていて、ブルーノートが見たいという母に、はいはいグリーンブックねと平然と返せた私。やっぱり娘は母の一番の理解者だと思った』」
剛「なるほどね」
光「このいま、ブルーノートが僕は違う文字に見えてしまいました」
剛「何に見えました?」
光「ブルーノセナに見えました、一瞬」
剛「ブルーノセナ?」
光「うん、アイルトン・セナの甥っ子ね」
剛「・・・・・・・・・全く見えないけどね」
光「ブルーノまでいった時点で」
剛「いやもうブルーノートですけどね、普通に。全然その、セナとはつながらないですけどね」
光「見えてしまいました。はい。終わりましょ」
剛「終わりましょうか。さあ、ということでKinKi Kidsどんなもんヤ!来週も2人でお送りいたしますので、二人のどんなもんヤ!週の始まりの月曜日、来週もぜひお聞きください。この時間のお相手は堂本剛と」
光「堂本光一でした。それでは引き続きレコメンでお楽しみください」
剛「すいません、最後にマイク当たりました。失礼しまーす」
光「まーす」



【今日のポイント その3】
そして最後にマイクにぶつかって終わる剛さん・・・何年やっとんねん(爆)

| 2人どんなもんヤ | 10:46 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/04/18 16:47 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/04/18 17:14 | |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT