FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

1995年4月3日(月)

光「『学校の掃除の時間で終わるときに、終わりですよってしるしの曲が流れますよね、その曲は私の学校はなぜか「高校3年生」なのです。ちなみに私は中学生』そんな曲はうちの学校は鳴らん!」
剛「掃除の途中は流れてるで」
光「あ、そう」
剛「♪君は~うつくしい~ って、歌あるやん」
光「し~らん(笑)♪君は~何を今~ なら知ってるけど」
剛「ああ、その辺、その辺の・・」
光「♪君は~うつくしい・・知らんわっ(笑)」
剛「その辺の歌のは流れとるけども」
光「は~ダサいねぇ」
剛「あとは・・」

(ここでテーマ曲が流れて)
ジングル「KinKi Kidsどんなもんヤ!」


光「KinKi Kids堂本光一です」
剛「堂本剛でーす」
光「まあ、今日は4月3日いうことで、名古屋レインボーホールのコンサート終わってね。まあ、今スタジオにダッシュで駆けつけてきたというわけやけどもね」
剛「ほんまかよ」
光「まあ、ウソですけど。一昨日4月1日大阪城ホール、コンサート、みんなほら、ね、盛り上がってくれたし、ね。次のコンサートもね、いつになるかわからへんし」
剛「はいはいはい」
光「まあ、楽しみにしといてほしいと思います」
剛「ええ」
光「まあ、あの、ほら横浜アリーナで追加公演」
剛「ええ、決まりましたんでね」
光「その時にみんな来て欲しいと思います」
剛「色んな人つれて、来て頂ければ」
光「ね」
剛「嬉しいと思います」
光「ということで始めましょうか?」
剛「え?」
光「始めましょうか?」
剛「そうです・・ね」
光「KinKi Kidsどんなもんヤ!」
剛「はじめましょう」


(ジングル)
光「友達にもこの番組宣伝してや」
「KinKi Kids どんなもんヤ!」


光「いつもはここで 商店街の月曜日~ と叫んでましたが、今日は重要なお知らせが2つ!ありますね。まあ、1つは今日からこのKinKi Kidsどんなもんヤが」
剛「ええ!」
光「大阪でも聞けるようになったと。まあ、要は東京のファンと大阪のファンの違いとか。取材とかでもよぉ聞かれんねん、これがまた」
剛「あ~ん、どうなんですかねえ。東京のファンと大阪のファンの・・」
光「基本的にはほら、やっぱ僕ら応援してくれてるわけですから一緒ですけども。ねえ?」
剛「なんか笑いが違うっていうんですかね、うん。だからMCとかでも大阪でウケるネタが、東京でウケなかったり、東京でウケなかったネタが逆に大阪でウケたりってパターンはよく見られますけれどもね」
光「それは、あるな」
剛「だから、まあその辺は2人は一番感じてる部分じゃないですかね、うん」
光「はい」
剛「そしてもう一つのお知らせはですね、来週から商店街に変わってですね、新コーナーが誕生します。勝手に・・オレが言ったのが、なんか」
光「コーナーになってしまったね」
剛「コーナーになりました。その名もツヨシズルームです
光「一応エコーね」
剛「エコーかかってますね。まず、これはですね、簡単に言えばみんなの恋の悩みにですね、僕らが恋のレスキュー隊となってアドバイスしていくコーナーなんですけども」
光「ほうほう、まあ、実際に恋の相談を受けたことが・・剛は多いみたいね」
剛「僕は多いよ、うん」
光「オレはない」
剛「友達がね・・」
光「オレは全然ない」
剛「あんま信用されてへんねん」
光「ああ、オレは、聞かれても、ああ・・知らんっ」
剛「それがアカンねん」
光「ふふふふ(笑)」
剛「冷たい人ってなんねん」
光「はい」
剛「な?」
光「はい」
剛「こう、人の意見もちょっとこう取り入れるっていう。まあ、みなさん、リスナーの方で、ああ私ちょっと最近ちょっと、ちょっとちょっとちょっとぉ~~!って感じの人は、みんなさん、どんどんハガキ送ってください。で、まあ、宛先はですね、郵便番号160-02 文化放送KinKi Kidsどんなもんヤ! ツヨシズルームの月曜日までです。ぎょうさんくださーい」
光「くださーい」
剛「ぎょうさんくださーい」
光「はい、今日の歌も~・・・たよりにしてまっせ」
剛「どうぞ!」

『たよりにしてまっせ』

アルバムじゃない、もちろん
声が若いヤツw 



(ジングル)
剛「今夜は君のためにだけ、しゃべるぜ」
光「ぷっ」
剛「え、えぇ~~っ?!」
光「ふはははは(笑)」
「KinKi Kidsどんなもんヤ!」

(ショートポエムのBGM)

剛「みなさん、もっともっと・・・」
光「剛、新作はないの?」
剛「新作?新作って、オレの塾長で中川しんさく」
光「かん・・(笑)」
剛「関係ないの?」
光「関係ない(笑)」
剛「このタマゴが・・(鼻を鳴らす)うるさいねん」
光「あっはっはっはっはっは(笑)」
剛「鼻うるさいっちゅーねん」
光「あっはっはっはっはっは(笑)」
剛「ほんまうるさいで、タマゴ持ってな」
光「うん」
剛「ここが地球儀としますね・・(鼻を鳴らす)ってずーっと、1時間ずーっと言っとんねん。ほんまうるさい。かなりね、汽笛のように」
光「1回、気になるとな。新幹線しゅっしゅー!」
剛「って、感じでね、はい」
光「はいっ、というわけで、お相手はKinKi Kids堂本光一と」
剛「堂本剛でした」
光「さよなら」
剛「ばいばーーい」


【今日のポイント】
声が若いけど、しゃべるトーンは同じかなあ。光一さんの笑い声が屈託なくて、カワイイですよ。大爆笑しとるやん。
(2019.6.13)




| 90年代のどんなもんヤ! | 14:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT |