FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1995年4月10日(月)

光「福島県ペンネームだんちんぐくいーん『こんばんは、光一君、剛君。私の友達はお店やさんなので光一君、剛君の誕生日の時に安売りになってお買い得です。でも光一君んの誕生日の時は2日にやってまーす。あ、バナナも安く売ってるよ』すごい店やね」
剛「・・・・」
光「ふふふふ(笑)」
剛「おお~すごい」


光「え~~~KinKi Kids堂本光一です」
剛「堂本剛です!」
光「ま、今日4月10日、誰かの誕生日」
剛「誰や」
光「誰や」
剛「誰や」
光「誰ですか」
剛「僕も今日で・・・・」
光「晴れて」
剛「じゅう・・・ろくか」
光「なんで考えなアカンねん(笑)」
剛「んふふ(笑)最近歳忘れんねん」
光「自分の歳や」
剛「ええ、僕もやっと16歳なりました」
光「抱負は。16歳なって」
剛「は・・まあ、高校行きだしますから、まあ、仕事だけに、こう・・ね、目を向けないで、学校の方にもですね、目を向けて、学習し・・」
光「学んで」
剛「両立していこかなって」
光「ほぉ~」
剛「思ってるだけ!」
光「だけ」
剛「だけ、うん。だからまあ、その辺はね、どないなってるかわかりませんけど。出来るだけ僕は勉強の方も頑張りたいなあと」
光「あぁ~」
剛「ええ、思っておる今日このごろです」
光「おお、みんなも見習え」
剛「みんなもね、ちょっと一緒に勉強しましょう。高校1年生の人は」
光「ね、僕もな、頑張ろう」
剛「頑張ろう~~」
光「KinKi Kidsどんなもんヤ!」
剛「はじめましょ~!」


(ジングル)
剛「今日の誕生日の人、ハッピーニューイヤー!」
「KinKi Kidsどんなもんヤ!」


「ツヨシズルームの月曜日」

剛「みんなの恋のお悩みに、僕らが恋のレスキュー隊となってアドバイスするこのコーナー、第1回目です」
光「そう。第1回目」
剛「お葉書を・・用意・・」
光「これね、2枚あんねん」
剛「用意してくれたまえ」
光「どっちにしようかなあと思ってるのよね。じゃあね・・兵庫県にお住いのペンネームさっちゃん『光一くん、剛君こんばんは』」
剛「こんばんは」
光「『私はこの前無事中学卒業しました』おめでとう『私には何でも話せる男友達がいるんですが、いつしかその子のことが好きになってしまいました。しかしその子とはあまりにも親しすぎて、好きですなんて真面目に告白できません。たとえできたとしても、もし答えがノーになったら、今の仲がつぶれてしまう、と考えると絶対できません。卒業式にどうせ第二ボタンもらってくれる子おらんやろ、仕方ないから私がもらったるわと言うと、すぐくれました。もう卒業してしまったので会う機会も少なくなります。私はその子といる時が一番楽しいんです。こういう時私は思い切って告白するべきでしょうか』」
剛「するべきだ」
光「それでおしまい?(笑)」
剛「え?いやいやいや」
光「ふくらましてや」
剛「え~、でもアレでしょ、会うことないんしょ?」
光「少なくなるらしいな」
剛「だ・・高校がだから別ってことでしょ」
光「そうそうそう」
剛「僕は、アレですね、そのいろいろごちゃごちゃごちゃごちゃ悩むよりも、自分のほんとの気持ちを伝えることなんですから、告白っていうのは」
光「おう」
剛「だから、それは早めに、ぱっと言って、それで答がノーでも、ね、イエスでも、それは・・その、向こうの相手の答えなんですからね」
光「うん」
剛「それは僕はいいんじゃないですかね、言っちゃえば」
光「という・・とのことでした!」
剛「まあ・・」
光「ハガキをくれたペンネームさっちゃん」
剛「このコーナー、やっぱやめます?」
光「健闘を祈ってるよ、オレは」
剛「うん、まあ・・自分の、本当の気持ちを彼に、ウソをつかないで、本当に好きだっていうことをね、彼にアピールすれば、彼もわかってくれるんじゃないですか、今までそうやって仲良かったんですから」
光「ええ・・・ま、まあね、一応募集しますか?」
剛「ええ」
光「恋に悩む人からの相談をね、受けつけます」
剛「はい、採用の方には元気で健やかに生きるための必需品ベビーグッズをプレゼントします。あて先は郵便番号160の02、文化放送KinKi Kids・・・へくしょん、どんなもんヤ!」
光「よいしょ」
剛「ツヨシズルームまでです、ようさん送ってください」
光「送ってください。今日の歌は、GO WESTです」
剛「どうぞ」

『GO WEST』


(ジングル)

光「いつもたくさんのお葉書、ほんっとにありがとう」
「KinKi Kidsどんなもんヤ!」


光「(今日の放送どうだったでしょうか)」と言ってるはず
剛「今日は・・」
光「まあ、第1回目ツヨシズルーム」
剛「仲のいい男の子と女の子が・・・」
光「いきなり説明でましたね(笑)」
剛「女の子の方が男の子のことを好きになり・・・ね、告白したいけども仲が崩れるのが嫌だ」
光「そうそう、それはよくあることやね」
剛「まあ、でもねえ・・・自分は仲が崩れてもいいから、彼に、好きだということを伝えたい、そういう気持ちが大きいならば、告白すればいいし、私は仲が崩れるのが嫌だという気持ちが大きければ、それはもう、そのまま、徐々に徐々に、こう・・・」
光「はい、お相手はKinKi Kids堂本光一と(笑)」
剛「堂本剛でした(笑)」
光「さよなら」
剛「ばいばーい」


『今日のポイント』
16歳の剛さん・・勉強をがんばりたいという初々しさに涙ちょちょぎれる!!
そして、恋愛相談のグダグダっぷりに、これまた涙ちょちょぎれる(爆)
♪ほんまの気持ちを見せたらええねん(fromボーダーライン)・・という歌詞に反映されてますなw

| 90年代のどんなもんヤ! | 20:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT