FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019年7月15日(月)

剛「はいっ、堂本剛です。まずは神奈川県のはるちゃんです『中学生のころどんなもんヤ!を聞いていて、子育てが少し落ち着いたのでどんなもんヤ!を聞き育った私はスマホで久しぶりに聞いてみました。オープニング、エンディングの音楽や声が恐ろしいくらい一緒で一気に中学生のころにタイムスリップしました。子供の寝た横で聞くどんなもんヤ!も最高です』へぇ~~、なるほどね。とはいえ、最初のころはね、もうちょっと覇気ありましたよ。うん・・アタック感あったよ、声に。うん・・マイク割れるんちゃうかぐらいのアタック感あったと思うよ。そっか、中学生のころに聞いていただいてたんですねえ。今後もね、どんなどんなもんヤ!になっていくかわからないですけど、一番ふわっとしゃべってるラジオですよね、これが。でもこのどんなもんヤ!をやってることによって、あの・・ゲストで呼んでいただいたりするラジオ?・・・ちょっとだけ構えてしゃべってるかもしれないけど、もうちょっとゲストっぽくいけよって思われるようなしゃべり方になっちゃってるかな~っていう。どうしたん?オフ?みたいな。ライブのMCとかでもこれぐらいやし、うん、基本コレやからね。この番組がだから軸になってるのかなあ。この声のトーン・・うん、あんまり張らない、口角をあげない。口をほぼ開かない。だから(笑)ライブDVDとか、口パクに見えるもんなあ。でも口開けへん方が・・ま、僕のこれは手法ですけどね、口開けない方がマイクの中心に向かって声が飛んでいくっていうのが、なんとなく僕にはあるんでね、マイクのセンターに声を広い塊でぶつけるんじゃなくて、なるべくちょっと細い塊で届けるっていうのもあって、だから、あ~って口を開けなくても、あ~って言っちゃえば、この鼻腔のところが鳴ったりするんですよ、鼻のところの。だから、あ~っていうとちょっと抜けちゃうけど、あ~っていうと、あの、なんていうの、ミッドハイみたいなね、真ん中のちょっと上みたいなのが、ブゥーって鳴るみたいな。それでマイクにドンって、のっていくから、というのも手伝ってて、まあほぼ口開けずに歌ってるみたいなところはあるんですけど。なんかたまに思うなあ、DVD出来ましたっていうて、見て、すごい口パクみたい・・・みたいな(笑)イメージでなんとなく見る時ありますけど。うん・・それもたぶん、このラジオが軸になってるんでしょうねえ。うん、そんなどんなもんヤ!でございますけど、今日もぜひ楽しんで聞いてください、それでは始めます」

【今日のポイント その1】
いやあの、最初のころも、そないにアタック感はなかったですよ?(笑)活舌は悪かったですけどね、二人ともwww

《何でも来いやのフツオタ美人》
剛「なんでも来いやのフツオタ美人 さあ、栃木県ゆりゆりなさん、16歳の方『最近弟の足が臭すぎて困ってます。部活帰りで疲れているし、臭いというと傷ついてしまうのはわかっています。普段は思ったことを口に出してもケンカにはなりませんが、足の臭さについてはケンカになります。どうしたら解決すると思いますか』まあ、これは、ニオイの素はね、あの・・要は汗ですからね、足の。え~っとこれ、某関西の大人気番組でやってましたが、その臭いモノ、香水はそもそも臭いものをいろいろ色を混ぜることでいい匂いに変わるというね。なんか、猫でしたっけね?ウンコを混ぜて、そのウンコに、いい匂いをちょっと足していくことによって、ニオイがフルーティになったりとかっていう作用が、香水ってそもそもあるから、その臭いものに対して、いいバランスでいい匂いをふりかけたところ、あれ?めっちゃいい匂いやんになるっていう。だから、なんかその原液みたいなものがあるとねえ、ほんとはいいんですけど。めちゃめちゃいい匂いになりますよ。だからくっさい足が。めっちゃ・・ちょっとかがして、もっかいかがして・・みたいになるぐらい、いい匂いになるはずなんですけど。うん・・・ま、確かに臭いからやめてー、臭いねん~・・って言われたら、10代ぐらいの時は、臭いって言われると傷ついたり、なんやねん、ごるぁみたいな、すごいしょーもないケンカみたいになるんですよね、あの・・臭いねん・・やめろや、そういうこと言うの、なんや、オマエ~、みたいな。いや臭いねん、うるさい黙れ、くっさ・・うわ、くっさ・・おい!ちょぉ待て!オマエ・・くっさ・うっさい黙れやオマエ、みたいな。しょーもないケンカ、たぶんなっちゃうのよ、これ。まあ、これでも足のニオイなあ・・これまちがって、香水をつけない方がいいみたいですね。余計くさなったりするみたいやから、なんか・・成分が難しい配分なのかもしれませんけど。臭いフェチやったらよかったのにねえ。まあちょっと傷つけやすいからさ、臭いことは仕方がないと。ただ、もう我々に悪影響を与えていると。で、ここでどうだろう、弟ということで。密封できる袋に、靴を入れさせて欲しいと。家に帰ってきた時は、とか。靴は入れれるよね。足は、洗っても臭いの?洗っても臭いは、水虫とかですか?わかんないですけど。それやったら薬局で解決する話だし。うん・・・まあ、足 臭い なおるとかで調べてみてください(笑)んふふふふ(笑)それが一番速そう、部活・・とか、うん。弟、10代、いろいろ調べてください。

兵庫県かずよさん『やすともさんのお買い物の番組で天竺鼠の川原くんが金色のお弁当箱を見つけ購入していました。そこで仲良しということで、剛くんの分のお弁当箱も』オレの分も買って買ってたん?(笑)え?オレまだ受け取ってないけど『剛くんにあいつ頭おかしくなったと思われへん?と心配されながらも、結局ともこさんが二つともお支払いしてました』あ~、ともこ姉さんすいません、ありがとうございます。いや、ダサいやん、金色の弁当箱ダサいやん。なんかね、川原くん、ちょっと金好きなのよ。なんか知らんけど。金色のお弁当箱ダサいなあ。ダサいから使いたいなあ。ふふふふふ(笑)おもむろに現場で出して、あ、弁当作ってきたんすよ、みたいな・・弁当作ってきたことに驚く前に、ダサいなあってみんな思うわけやから、いいですねえ。まだちょっともらってないんで、ちょっと聞いておきます。

そしてラジオネームあやかさんが『駅の階段のど真ん中に牛丼が二つも落ちていました。剛くんは、なぜここにこんなものが?という落とし物に今まで遭遇したことがありますか』あったかなあ?・・・あったかな?ちょっと記憶にないけど、あ、でもロケとかしてて、橋の上にパンティ落ちてましたね、なんか土まみれになってるパンティ、大阪のロケしてた時ですけど。でもおそらく、干してたものが風で飛ばされて橋の上に落ちて、あれ?パンツどこ行ったんやろ?って時間が長くて、雨が降ったりほこりが舞ったりしているところでの、こういう状況なんじゃないかという判断に僕はしましたけども。女性のカメラマンがインサート撮ってました。結構長い間。いろんなバージョンのインサートいらんねんみたいな。寄ってみたり、もう寄ってるやつ、引いてるやつ、こっちの横からみたいな、何を撮ってんねんみたいな。いろんなパターン撮ってましたけど、この牛丼が二つも(笑)落ちていたのは面白いですねえ。シュールですねえ。でもこういうのってちょっと不審に思うと怖そうやしね、食品で急に落ちてるってちょっと怖いもんね。だからまあ、自分で持っていく前に、駅やったら駅員さんとか、交番にちょっと届け出て、なんか落ちてるんですけどっていうのが、一番いいのかもしれませんね。さあ、ということでございまして、何でも来いやのフツオタ美人でした」

【今日のポイント その2】
足臭いによるしょーもない姉弟ケンカを再現までしたわりには、結果ググれという着地点になってコケたよね(爆)


《愛ゆえに》
剛「愛ゆえに さ、愛に関する質問、京都からきております、きなさん『大学1年生です。高校3年の時に失恋をして以来未だに虚無感から抜け出せずにいる、ということで、もうその恋自体は割り切ったつもりで大学に入ったら充実したキャンパスライフを送ろうと意気込んでいましたがいざ始まってみても、あんまり周りのことに興味とか関心がわかない。なんとなく過ごしている毎日です。大学生と言えば人生の中で一番色んなことが出来る時期だと周りの人が言ってくるのを聞くとプレッシャーを感じてしまいます。私は今人生の貴重な時間を無駄にしてしまっているでしょうか。剛くんどう思いますか』ま、これは厳しく言うと、無駄にしてるのかなとも思うね。でもそれは、要は自分のとらえ方次第やから、あの、というのはやっぱりその若さの中で出来ることとか、その若さの中で、吸収できるものって全然違うなというとこなんですよ。ん~、例えば僕で言えばさ、こういう仕事をしていて、こういう経験できませんでした。でも、こういう経験出来たこと、とても幸せに思います、っていうことも言えるけど、その逆もあって、いや不幸せじゃない?と。あの中学校、高校、僕は大学行きたいって言ったらダメって言われたんで、大学行かなかった、そういう人生、うーん、それがじゃあ本当に幸せでしたかって言われたら、その歳歳によって幸せか不幸せかっていうの、ちょっと変わってくるかもしれないね。あとは出会う人によってね。

だから、例えば僕が結婚して、子供を作るのかわからないですけども、そういう家庭になった時に、ああオレ大学行っとけば良かったかなと思うことがあるかもしれないよね。うん・・だから、その時々によって、幸せか不幸せかというのは、ちょっと変わるかもしれない、という意味では、やっぱり自分が、こうしたい、こうしてみたい、って思うこと。この年齢でしか出来ないし、今やっておきたい、と思うことは、やっぱり率先してやれた方が良かったんじゃないかなっていう。これは僕の考えやから、別にそんな経験できなくても、こういう経験できたから幸せですってほんとに思う人もいるだろうし。例えば言うならば、夢はきっと叶うよみたいな、夢は叶えるためにあるんだ、みたいな言葉あるけど、それをほんとにそう思える人と、僕みたいに、いや叶わない夢もあるよねみたいな。そんな甘くないよねえ、とか、自分の努力が足りなかったよ・・いや、努力をすごくした結果、叶わない夢もあるよね、みたいなね。僕は結構そういう感覚でいるから、まあ大学で、その・・一番色んなことが出来る時期、うん、確かにそんな気もするし、ただ僕が大学生の時、色んなことが出来るかっていったら全く何も出来なかった時期でしたからね、僕はね。

だから僕はもうちょっと歳をほんとにとらないと、自分の好きなことが出来る人生っていうものを送ることは出来ないんじゃないかなとは、思ってます。で、それをなんていうのかな、前向きに、はとらえていないというか、寂しいなあとか、は、思ってますよ。でも、なんていうのかな、そんな中でも、どうやったら自分らしくいれるかなあとか、どうやったら幸せって思える時間が増えるかなということを、考えてる。だからその人にとっては、それ幸せなの?と思うことが、僕にとってはとても幸せに感じる時間もあるし、うらやましいなあってみんなが思ってても、いや全然不幸ですよ、こっちの方がって思う時間もある。それはもうしんどいし、とか、大変なんよみたいなのが、うん・・だから、今はちょっと失恋して、なんかこうやああやって言ってる時期。うん。じゃあ、恋人がいないからこそ得れるもの、っていうものを得るべきじゃないかなと、それを栄養として動いてるうちに、人を好きになれるかもしれないし、恋に憶病にならずにこの人とだったらっていう、そんな人に出会えるかもしれないしね。恋というものを照準合わせて生きるよりかは、恋を照準から一回外して違うものに照準をあてて生きることの方が、なんかより自分らしくいれもするし、いい未来につながるんじゃないかなという風に思いますんで、今の自分の胸の高鳴りに、素直にいろんなものを選択していかはったらいいんじゃないかなというふうに思います。頑張ってください(インフォメーション)そして10月10日文化放送さんで放送予定、どんなもんヤ!25周年特番へむけ、過去の音源、ノベルティなどご協力していただける方々から、メールをお待ちしております。詳しくはどんなもんヤ!のHPをご覧ください。こちらへのメールはkinki25@joqr.netでございます。さ、それでは永遠のBLOODS聞いてください」

【今日のポイント その3】
そんな剛さんが、やりたいなと思えるファンクを鳴らせていますように(←今日ライブに行く人w)ただ、この相談してる人は、胸が高鳴らなくて困ってるんやろなあ?って思いますけど(笑)ライブに行けばいいよ、ライブに(爆)

《今日の1曲》『永遠のBLOODS』

《お別れショートポエム》

剛「お別れショートポエム。今週三重県のトマトさんです『テレビのB’z特集をみていた息子が、この人たち知ってるよ、ウルトラソースと声を高らかに歌いだした。食べたらすごそう』ウルトラソース!って言うたんですね。うん・・カッコいい歌やけどな、ウルトラソース、めちゃめちゃファンクっぽいな。ウルトラソウルは、ちょっとロックなよりのにおいするけど、ウルトラソースはもろファンクですね。ウルトラソース!♪べっつべっべべ~~・・ウルトラソース・・デッデデデ・・とってもとってもソース・・デッツデッデツッデレレ・・いけますね、ウルトラソース、でもこのメールの後にウルトラソースって曲作ったら、根源がB’zさんやから、ちょっと・・よくないな。うん。いいタイトルやな、でもウルトラソース・・ふふふふ(笑)めちゃめちゃいいですねえ。なるほどね。お子さんの解釈っていうものは、時にハッとさせられますね。おもしろいもんでございます。ということでお相手はKinKi Kids堂本剛でした。引き続き文化放送さんレコメンでお楽しみください」


【今日のポイント その4】
いつかアルバムにさりげなく、ウルトラソースが入ってますように( ´艸`)

| 剛どんなもんヤ | 10:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT