FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019年10月10日(木)どんなもんヤ!25周年記念特番【2】



どんなもんヤ!25周年記念特番
『Youたち25年もやってたの!?KinKi Kidsどんなもんヤ!四半世紀スペシャル』



いつものオープニングの曲がながれていつものようにはじまります。

「KinKi Kids どんなもんヤ!」

光「はい、堂本光一です」
剛「はい、堂本剛です」
光「さ、え~、先ほどから随分しゃべってますけども」
剛「うん」
光「え~「Youたち25年もやってたの!?KinKi Kidsどんなもんヤ!四半世紀スペシャル」ということで夜10時まで2時間生放送でね、お送りします」
剛「はい!」
光「え~、今回何をするかっていうと、どんなもんヤ!25年分の放送を振り返り」
剛「はい、振り返ります」
光「ねぇ、先ほども言いましたけども、テープをいろいろと送ってもらったりとか、してるんですけども。4か月も前からその募集をしたんですね。ああ、こうやってCDに焼いてくれてくれてる人も・・ これ、お返しするの?・・・いらんて?!なんやねん、どういうことやねん」
剛「どういう・・どういうファン心理?」

いやいや、返却はしませんって言われたんやがな!
ちゃんとコピーして送っとるがな!







光「ふはははは(笑)」
剛「大事にしてたやつをいいですってどういうこと」
光「どういうこと・・なんで?これ、お手紙かな・・ああ、お手紙も、あぁ~~・・へぇ~~、ありがたいですね。でも返していらんねんな?」
剛「うん」
光「そうですか。まあ、正直ほんとに覚えてないですから、25年もやってたら」
剛「もう、覚えてない。そんなん覚えてる方が怖い!」
光「うん」
剛「覚えてないです。とにかく」
光「振り返って」
剛「こんなこと言ってたっけかなあ・・みたいなことも含めてね。この25年もやってますから。明日から26年目に入りますんで、歴史を」
光「振り返りながらね」
剛「ちょっと振り返ってみようかなと思います」
光「そして、せっかくの生放送なので、生放送らしくメールも募集したいと思います。募集したいことは3つ。まずひとつ目、どんなもんヤ!25年の思い出」
剛「うん」
光「ね、初めて聞いたどんなもんヤ!、あの頃こんなこと言ってましたよ、という過去の発言など、なんでもOKです」
剛「はい、なんでもいいです」
光「私が、初めて聞いたのはこんなことしゃべってましたとかね、あの回が、あのコーナーが、光一のF1の話が・・・とか」
剛「そこはもういいねん、F1は」
光「そういう・・」
剛「プライベートでやったらいい、F1は」
光「なんでもいいので、いろいろ、メールでね、送っていただければと思います。これ、アドレス言わんでええんかい?いつものやつ?」
剛「kinki@jorq・・・あ、違うの?」
光「違う、一応今言っといた方がいいやんな、アドレスな。言っとくよ。kinki25、25周年の25ですね、kinki25@joqr.neで送ってください」
剛「はい、こちらまで送ってください」
光「なんでもいいので、思い出をね。そしてふたつ目、どんなもんヤ!11年ぶりのジングルを作ろう。いや、なんかこの特番ので作ったやん」
剛「そうか、作ったか」
光「さっき・・・さっきっていうか、この前」←ちっさーい声で言うてます
剛「また作んの?工場長?すごい作りたがるね」
光「ふふ(笑)」
剛「もともと工場長やってた?文化放送の前。すごい作りたがるやん」

スタッフに言うてます。

光「工場長?ま、今日で25周年を迎えたどんなもんヤ!なので、あの・・来週からもレギュラー放送は続いていくわけですよ」
剛「はい」
光「だから、来週以降の放送。気分も新たに続けていくために、コーナーとコーナーの間に流れるジングル、これをリスナーの方のセリフを元に作りたい、だって」
剛「ああ、なるほど!それもいいですね」
光「うん」
剛「我々が考えるのではなくて、はいはいはい」
光「例えばがあるんだよね」
剛「例えば」
光「これ、今実際にやるの?」
剛「僕が言うの?」
光「実際に?あ・・・」

BGMがジングル用に変わってエコーがかかります

剛「だんこちんこな性格の2人が放送中」
2人「KinKi Kidsどんなもんヤ!」



光「なんやねん」
剛「なんなん、これ。何を言わせたん?」
光「だから、結局ほら、さっきの前振りやん」
剛「はっきり言った」
光「ふふ(笑)前振りやん」
剛「いや、別にこれは、あの(笑)方言だからね、アレなんだけど」
光「なんやっけ?・・・え?」
剛「互い違いみたいな、なんかちょっとそういう意味があったのかな」
光「互い違いの性格の2人が放送中・・こういったジングルを考えてくれってこと?」
剛「うん」
光「なるほどね」
剛「なるほどね」
光「まああの・・・この、だんこちんこな、といった部分?前半を考えろってことだよね。なんとかかんとか、なんとかかんとか・・」
剛「だんこの部分ってこと?なんとかちんこってことですか」
光「違うわ・・・(笑)いや、違う違う、違いますよ。だんこの部分じゃない」
剛「いやこれ書き方がおかしい、ん?だんこちんこの部分を考えろってこと」
光「そう・・一瞬オレもね」
剛「だんこちんこの、だんこの部分じゃなくて」
光「オレも、一瞬迷ったんですよ。違うみたいです」
剛「なるほどなるほど」
光「二人でケツに、あの・・KinKi Kidsどんなもんヤ!って言うじゃないですか」
剛「はい」
光「その前の、部分を考えてくれってことですね」
剛「なるほどなるほど、はいはい。それを考えていただいたやつで、採用されたものを」
光「そうそうそうそう」
剛「録りなおすってことね」
光「最近のは、2008年・・から使ってんの?そんな使った」
剛「へぇ~、11年間全く変えなかった」
光「へぇ~~~」
剛「なるほどね」
光「そして三つめ。お別れショートポエム、特番だろうがなんだろうが、エンディングはお別れショートポエムでしめましょうということらしいです」
剛「はいはい」
光「エンディングで1通だけ読む」
剛「うん」
光「ほぉ~~~・・え、どうする?1通も来なかったら」
剛「・・・・・あ、来てるのね?」
光「ほんまかぁ?!聞いてる人いる?!」
剛「いんねんて、だから。ファンの人は聞いてんねんから」
光「ふふふふふふふ(笑)聞いてるぅ?!」
剛「だから、ファンじゃない人も聞くラジオっていうラジオにしていかなアカンから、ここスピードあげていかなあかんよ」
光「ファンじゃないかたも聞いてるだろうけど・・」
剛「オレからしたら、もう・・7枚目ぐらい行ってたいもん、原稿」
光「いやいや、あの・・だいたい20分」
剛「どんどん行きたいから」
光「歌まで20分いくから」
剛「いやいや、もう、ポンポンポンポン!」
光「まだ大丈夫、まだ12分だから」
剛「もうちょっと(笑)ここが・・ここがあるからなあ、ここが」
光「そっか・・巻いた方がいいですか?ま、ショートポエム、これはある意味運試しと思って。読まれたらラッキーぐらいの感じで」
剛「そうですね」
光「送っていただければと思います」
剛「で、今夜?」
光「そして、メールを送ってくれた人にプレゼントが!これすごいよ・・」


♪メイクに疲れたその笑顔~~

(BGMにDUOのCMソングが流れてます)


剛「あっ!これか!あ、今日はですね、なんと、メールが読まれた人の中からですけども、抽選で25人の方に、DUO本兄弟でお馴染みのクレンジングバームDUOをプレゼントいたします」

DUO本兄弟が歌うCMソングをプレゼントするのかと思って悲鳴をあげたよね。
ちゃうかったね(笑)


光「でも25人も聞いてるかなあ」
剛「聞いてるって!」

細かくネタいれてくる光一さん(笑)コンビ芸・・・


剛「いや、聞いてへんかったら、逆にヤバいで、このラジオ。もう、今日やめた方がいいよ」
光「え、聞いてる?!」
剛「25人も聞いてなかったら」
光「ほんとに?」
剛「うん。何のために、ほんだらこれ僕らいつも文化放送さん入ってしゃべってんのよ、25人も聞いてないかもしれないラジオを(笑)」
光「オレねえ、あのね、この前梅田芸術劇場、大阪でずっと舞台やってて、あの・・だいたい入ったその日にみんなでお買い物行くのが定番なんですよ」
剛「うん」
光「で、このDUOのやつ、買いました」
剛「あ、買ったの?」
光「あははははは(笑)」
剛「僕いただいたやつ使ってるけど、買ったの?」
光「使おうと思って。買いました」
剛「気持ちいいよ、DUO、一回使ってみたら」
光「いや、なんかね、で、あの、買ったついでに共演者の梅ちゃん」
剛「うん」
光「も、買ってて、そしたら、光一さん、アレすごくいいですよつって、言ってた」
剛「評判がすごくいいらしいですよ。女性にもとても人気のある」
光「そうそう・・みたいです」

で、光一さんは使ったんですか?(笑)
どうだったんですか?


剛「これを、25人」
光「聞いてる?25人」
剛「そして、さらにですね、以前僕たちが」
光「無視された・・」

小さい声で言うてますけど、もう突っ込み飽きたらしい、剛さん
このあとも、聞き取れないけどぶつぶつ小さい声でぼやき続ける光一さん(笑)



剛「表紙を飾らせていただいた文化放送の広報誌、ね?」
光「はい」
剛「広報誌のフクミミ、大人気で在庫がもうわずかなんですけど、番組スタッフが今夜のために、5冊」

ここでBGMがDUOから元のどんなもんヤ!BGMになりました

光「まあ、5・・5人は聞いてるやろ」
剛「5人は聞いてるよ(笑)だから。この1月から確保していたということですので、フクミミ1月号はメールを送ってくれた方の中から抽選で5名の方にプレゼント」
光「めっちゃ(???)」
剛「今夜お送りいただくメールには住所と、お名前こちら絶対に忘れずに書いて送ってください」
光「もう一度アドレス言っときましょう」
剛「はい、もう一度アドレス言います。kinki25ね、kinki25@joqr.netでございます。いつものメールアドレスとは違いますんで、ご注意ください」



もちろん、このメールアドレスは今は無効なので気を付けてくださいねー!

光一さん、フクミミ見て、めっちゃ・・なんと言ったのか
イマイチ聞き取れないんですけど「ロン毛や」って言ったような気がする。
アーサイトでしたからね、フクミミの表紙

まだ、開始15分ほどですが、続く・・

| 25周年記念特番 | 19:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT