FC2ブログ

Radio★kids

このブログは『KinKi【WITH】Kids』のコンテンツです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019年10月10日(木)どんなもんヤ!25周年記念特番【5】


どんなもんヤ!25周年記念特番
『Youたち25年もやってたの!?KinKi Kidsどんなもんヤ!四半世紀スペシャル』


2014年10月20日放送の光一さんが泥酔した回の音源を
聞いた直後からです。


光「いやあ・・もうこれは、謝罪ものですね」
剛「暴れてる・・暴れてるねえ」
光「ひどいなぁ」
剛「うん、これが・・えーっと、だから割と最近、5年前ですもんね」
光「5年・・いやでももう5年前かって感じする・・」


そう、アレがもう5年も前だったのね!!
いつ聞いても大爆笑ですけどw






剛「ロケで、ちょっと泥酔してしまって、そのままね、収録となったわけですけど。この日がね、レコード会社の会議室で収録してたらしいわ」
光「ああ、覚えてる覚えてる」
剛「うん、ちょっとその・・オフモードになっちゃってるかな」
光「うん~」
剛「文化放送さんに来て収録じゃなかったから」
光「それもあるし、まあ、なんやろな、この番組はほんとに、あの・・もう、作らない、作らない自分で常にやってるんですよねえ、うん・・・」
剛「なんかよくわからん感じで言うてますけど(笑)」
光「いや、ちょっと(笑)後ろで流れてる、曲に雰囲気に合わせてみよかなと(笑)ふはははは(笑)いい曲やなと思って」

ちなみに、BGMとしてキンキさんの曲がずっと流れてますが
この時は『まだ涙にならない悲しみが』が流れてました。


剛「この番組は確かに作ってませんよね」
光「そうそうそう。ま、あとね、紹興酒飲むとね、オレすごい楽しくなるんですよ」
剛「へぇ~~」
光「なんか。わかんない。あってんだかあってないんだか、自分にね。わかんないです」
剛「まあでも、楽しく飲めるんだから、合ってる方、でしょうけどね」
光「楽しくなるんですよねー。まあ、しかしひどい内容でしたね、これが何?一番投稿多かったの?・・あはははははは(笑)」
剛「すごいラジオやなあ」
光「なぜ(笑)なんで?!」
剛「なんでやろなあ」
光「これかぁ~」
剛「じゃあ、要は、だから毎回紹興酒飲んでやった方がいいってことじゃないの?逆に」
光「逆に」
剛「だってそれが1位になっちゃってるんだから」
光「さっきほら、ノリさんが、その、おっしゃってましたよね。あの、レコメンは基本的に飲み物が出ないですがって。この番組KinKi Kidsどんなもんヤ!はあるんですかって、一応あるんだよね」
剛「一応あります」
光「あの、これは何?レコード会社が用意してんのかな?いつも・・・そうだよね?」
剛「うん」
光「そうだよね。まあ、ありがとうございます」
剛「だから、この中に」
光「ここに紹興酒を置いとけば」
剛「入っておけば、またちょっと・・ねえ?」
光「ふはははははは(笑)」
剛「アレンジいれて」
光「いや、でも酔う・・酔うまでに時間かかるからね(笑)」
剛「だから、ラジオの前の段階で飲んどいてもらわんと困るよね、こっちとしては」
光「いやいや・・それはまたね、ブンブブーンのきっかけがあればかなあ、あの番組のあととかに、うん。なんだって?」
剛「もうちょっと」
光「もうちょっとだけ酔っ払い音源がある?どういうこと?!なに?」
剛「次の日ぃの・・・あ、そうか(笑)そういうことな」


************
翌日2014年10月21日の放送もまだ酔っぱらってます(笑)



光「あいっ」
剛「ふふふふふふ(笑)おいーっす、おお、長さん、来たね。どうも堂本剛です」

(光「あ、2本どり?!」) ←これは今の光一さん

光「はい、堂本光一です・・ぉいっ」
剛「いや、ハガキ読んでくださいよ(笑)」
光「おい・・剛くん、堂本剛ですでしょ?」
剛「僕堂本剛ですって言ったあとに、オマエが、堂本光一です」
光「うそだーー」
剛「言ってますよ(笑)言ってますよ!」
光「うそだよぉ~~、オマエ、ふざけんなよ~」
剛「オマエが(笑)オマエがふざけてんねん、さっきから(笑)」
光「いい加減にしろよー」

(光「いい加減にしろ(笑)」)

剛「さっきからオマエがふざけてるからね」
光「大阪府のゆうこはん、オマエまた来たか、オマエ~」
剛「酔うててもわかるんや、ゆうこはんは、なあ?インプットされてる」

光一さん普段なにも言いませんけど、ちゃんと常連さんの名前は覚えてるんやね

《お別れショートポエム》
剛「『ダンナが隠しているつもりでいるエッチなDVD何枚かを捨ててやった』と。あれ?すいません・・あの、すいません・・・本番中です」
光「聞いてる聞いてる」
剛「机におでこをごりごりするのやめてもらっていいですか」
光「聞いてるよー・・んあ~~」

(光「眠くなっちゃったんだね」)

剛「腹かきながら、あぁ~~もないですけど、いやこれは夫婦あるあるでしょうね」
光「せやなー」
剛「捨てられるんですね、こうやってね・・」
パンッ!
剛「うん・・太もも叩きだしはじめましたね」
光「うん・・いっし」
剛「いっしって言いましたね、じゃあ・・・終わりましょうか。ということでみなさん・・」


************

光「いやあ・・・」
剛「うん」
光「ひどいね」
剛「すごいね。これくらいの質感でいいってこと?このラジオ。これが1位ってこと」
光「ほんまや。そういうこと?まあでも、たまにこういうのがあったから楽しかったのかな」
剛「うん~」
光「あ、メールでもね、ちょっと来てるんですけど。つなこさん『どんなもんヤ!初放送の時、まだ生まれてないんです』」
剛「うわーー」
光「どんなもんヤ!のね、さっき募集した25年の思い出のメールなんですけど、生まれてない『初めて聞いたどんなもんヤ!の内容は光一さんが酔っぱらった時のあの回(笑)』初めて・・」
剛「初めてで!あ~、すごい衝撃やな、それは」
光「ひゃははははは(笑)『ラジオで、うえぇ~とか、いえぇ~とかずっと言っててびっくりしました。その伝説の回、今までずっとスマホの中に保存して毎日聞いて寝てます』寝れるか、これ(笑)」
剛「なんでやねん(笑)どういう趣味・・」
光「いやぁ~~」
剛「すげぇな」
光「そっか、人気あんねんな。ま、普段見せない感じをこう・・ね、ラジオでお届けしたという感じが良かったのかな」
剛「うん、まあそうなのかな」
光「うん・・いやいやほんとに申し訳ないですよ」
剛「いや、すごかったね」
光「いやそれこそ、あの、スポンサーさんがついてて、やってる番組やったら、めっちゃ怒られてると思うわ」
剛「うん、ダメね」
光「ひゃはははは(笑)」
剛「ダメよ、それは」
光「ほんまに。いや、まあでもそれを文化放送さんも、あの・・許してくださった・・」
剛「まあ、仕事でね、ちょっとその前の仕事での流れもあるからね」
光「うん。まあまあありがたかった」



ちなみに、このころは月、火、水のオンエアでしたが
22日の水曜日になると、だいぶ酔いも醒めてて、反省してましたね(笑)

今度は是非、剛さんへべれけでお願いします



参考までに当時のレポはこちら
2014年10月21日
2014年10月22日


25周年特番は、まだまだ続く


| 25周年記念特番 | 15:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT